fc2ブログ

万が一「がくお」が感染していても

IMG_2512.jpg



スタジアムでのゲートの荷物検査

発煙筒持込「検挙」が目的ではない。

それは手段なのだ。

防止としての「予防」が真の目的である。

ほんの悪ふざけ(使用する気はない?)で

持参したいと思っても

「あれだけ厳重にチエックされては

もち込むことはできない・・」

そのことを広く周知すること。

結果的に

「もって来てはいけない」を啓蒙することだ








となると

どれほど的確に丁寧にチェックしたか

それを感じてもらえたかが重要だ。

缶ビール何本没収したかは問題ではない。(笑





さて今回のコロナ騒動の規制に置き換える

ソーシャルディスタンスを取ることが目的でない。

それは予防手段であり

感染を100%防ぐ手立てではない。

次善と思われる「手段」を

観客に求めているに過ぎない。





目的は「感染拡大の防止」である





「何がいいたいか??」・・というと

だだっ広いピカスタに

ソーシャルディスタンスを確保し

スカスカに

しかしいっぱいに広がった観戦環境・・

それを目指しても意味がない‥と思う。






万が一感染が起こり

それがクラスターだったとしても

感染経路不明者を増産するだけである。







重要なのは

「誰がどこに座っていたのか」

「その時近くにいたのは『だれ』なのか」

それが事後、追跡されなければならない




何時何分発のどこ行き高速バスで

どのあたりに座っていた・・・というデータあるから

同乗者に感染者が出ても

速やかに通知してくれて

濃厚接触と認定してもらえて

保健所でもPCR検査が叶うのである。





つあり感染拡大防止が叶う





結局スタジアムでも同じで

誰がどこで座っていたか

終始管理下に置く必要がある。

観戦座席の管理、

つまり万が一の感染箇所の確定は必要である。

速やかに近隣者に連絡せねばならない。




・・・であれば

残念ながらバックスタンドは長椅子である。

これではだれが座っていたか

いや自身がどこに座ったのか

どこに移動したのか

全く把握できない。

座席番号がないのだ。

ソーシャルディスタンスという

不確かな予防効果にのみ頼ることになる。

大変危険である

IMG_4853.jpg


提案する

感染拡大の防止を第一に考えるなら

しばらくはメインスタンド1Fのみ使用し

観戦者全席指定で行えばどうだろう


な~~~に

その容量は西日本屈指の巨大ピカスタ

隅から隅まで使えば

1Fだけで3000人程度充分入りきる。

そして観戦場所管理の必須の席番号が

全ての席に記されている。






万が一「がくお」が感染に気づかず観戦しても

発病後にその回りの方々に連絡可能である。

そして適切な治療を受けることができる。

IMG_3816.jpg






残念なことは

大旗やコールリードができない

最初何戦かは我慢かもしれない。


そこは割り切って

「ではヨーロッパスタイルの観戦スタイルで!!」

この際に楽しんでもいいかもしれない

全試合はつらいけど

2~3戦は致し方ないとも思える。




コロナと戦いつつ

日常を取り戻す

その一方

「Withコロナ」という新しい日常も楽しむ。

そのタフさサッカーフリークにはあると信じる







いや

楽しもうぜぇぇえええええ~~~!!!









好きな讃岐をもっと上に

かまたまがすき






にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村





コメント

非公開コメント

プロフィール

がく 

Author:がく 




コチラから




2013年6月30日以前のブログはこちらです
とあるサポーターへの追憶~カマタマーレサポーター日記~




にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 


いつか出会う未来の仲間たちへ


暑苦しく独断と偏見入に満ちた

私の素直な感情を書いています

(笑)

そこに探しているモノの匂い

感じたなら

是非スタジアムに来てください。

いつまでも大歓迎です。



カマタマーレ讃岐サポーター 

がくお








にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 

最新トラックバック

月別アーカイブ

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR