アウェイ富山戦観戦記 その5 ~裏天王山とは言うけれど~



裏天王山と言われてますが、

まぁ・・・・間違いなく死闘でした。

終了のホイッスルが鳴った瞬間、敵・味方双方の選手が崩れるように

ピッチに膝ををついたり、倒れたりした。


サポーターも同じく・・・・


自身、終了の笛が鳴ってただ呆然と立ち尽くしたことは初めて

記憶も飛んでいる

応援した方も(カターレ・カマタマーレ双方)エネルギーが尽きるまで戦ったのだと思う。

それほどラスト10分位はいろいろなドラマがありました。


それでは残り30分の回想を・・・

明日は早くも岐阜戦なんでもうこのあたりで(笑)


カマタマーレは失点後、厳しい時間が続く

失点直後も岡村のパスをカットされ

中島から西川へとつながれ決定的な場面を作られる。


さすがに凍りつく


失点後、ガラガラと崩れる落ちるシーンを正直今シーズン何度も見た。

おまけにW杯の日本代表でも同じようなものを見た。(笑)

混乱しているのがわかる。

それほど決定的で強烈なシュートを再度浴びた。


その窮地を救ったのは

守護神森田のファインセーブ!!


GK森田は本当によくセーブしたと思う。

これまでなら決められて敗戦へ一直線だったかもしれない。

このセーブはMOM級のビックセーブだと個人的には思う。


さらに木島にーさんはここまで

足はまだ完全でないのだろう。


本当に闘志あふれ、仲間を鼓舞する姿には頭が下がる。

故にここでの交代は正直痛い

心細い。

交代選手が我那覇であることを差し引いてもちょっと不安になる。


しかし・・・そういってばかりもいられない。

試合は続くのだ

が逆に考えればここで元代表「我那覇」が出てくれるのだ。

わがチームも立派になったものである。


彼の数奇なサッカー人生を考えてみて「もなにか持ってる」選手に思えてならない。

開幕戦のゴール・瀬戸大橋ダービーのゴール


前節、あの激戦下で終盤に岡山から得点している我那覇


覚醒の時が来たのかもしれない。

実は個人的に(勝手ながら・・笑)相当期待していた。

彼にパスを供給できる小澤・沼田・大沢にもスタミナが残っているようにも見える。


ここからが勝負だ

自身の気合を入れなおす


しかし、エブソンがファールでイエロー

そのセットプレーのセカンドボールを拾われぽっかり空いたゴール前スペースに

ドフリーの9番 白崎選手に決定機を作られる



「ぎゃぁぁぁあぁあああああああ!!!!!!」



しかしカマタマーレに勝利の女神は味方しているのか??

そのシュートは枠を外した


はぁぁああああああ


いかん・・明らかに富山のペース


ここにいたりエブソンを下げ藤田投入


流れを切るようにゆっくりピッチを去るエブソン


いいぞ


やっぱブラジル人

ちょっとしたマリーシア(笑)


しかし、カターレの勢いが消えない

藤田もすぐにイエローをもらう


あぅ・・・・・

ここで1名減るわけにはいかない。


カターレはことごとくセットプレーで西川めがけてアーリークロス蹴ってくる

その都度、西野が決定的な仕事をさせまいと空中戦を挑む。


しっかりと守っている。

弾き返すだけでなく、競った際にボールを必ず味方がいるところに落ちるよう定めているように見える。

劣勢のなか「何とか」反撃の糸口が見つからないか苦心している風に感じる。


しかしアーリー・コーナー・またアーリークロスと波状攻撃を浴びる。


森田は大忙し

前半とはまるで違う展開


富山はリスタートが早い

あきらかに総攻撃モード

だがここを凌ぎきれれば相手のスタミナとメンタルの疲労が必ずいっぺんに来るはずである。

必ずガス欠になる時間がくる。

そこを乾坤一擲・伝家の宝刀のカウンターで

一撃で葬り去るしかない。


その意思を明らかにピッチから感じる

嵐の様な波状攻撃を浴びながら讃岐の牙が折れていないことを感じる


後半80分ついに富山の足が止まり始める

プレスに補足され、アーリーの精度が落ちる

そもそもクロスがあげれなくなりつつある。


ここにきて讃岐最後の1枚のカードを切る

関原に代えて堀河

反撃の糸口をセンスの塊のような堀河にかける。

ボールを保持する時間が改善され、散発的ではあるがゴールを狙うプレーが出始める。

しかしこちらもラストパスの精度が悪い。

此方とて残りの燃料は少ないのは明らかだ。


双方ともロングシュートが出始め、一瞬のミスが命取りになり

むしろ双方それを狙っているフシもある。


ミスはもうできない。

瞬間で勝負は決まりそうだ。

双方のサポーターのボルテージは最高潮に達する


しかしカマタマーレ側の中盤で藤田・堀河は奮闘する。

それに合わせて小澤・沼田が攻撃参加する。

厚みはある攻撃だ。

しかし、もう最終ラインに帰陣できない。

スタミナもスピードももう残っていない。


武田すら総攻撃に投入している

広大な最終ラインを左スペースは西野、右側は藤井航大でカバー


ロスタイム4分

双方とも最後の力を振り絞り攻撃を続行する。


そしてついにその時が来た

中盤でのせめぎあいからフル出場の大沢に収まったボール。

大沢はドリブルとパスセンスに優れる讃岐のファンタジスタ。

彼から柔らかいが必殺のキラーパスがでる。


前を向いたままボールを受ける藤田

遅れ気味にそれを阻止しようとと襲い掛かるカターレキャプテン御厨


その瞬間はスローモーションで脳裏に焼き付いている。

藤田が一瞬早く抜け出し、その足を引っかけてしまうカターレ御厨



最後の最後で

PKゲットぉぉぉっぉぉおおおおおおおお!!!!!


讃岐ゴール裏からは叫びにも似た歓喜が

富山ゴール裏からは悲鳴、怒号、そして溜息が


延長ロスタイム

最後とおもわれるビックチャンスは讃岐に訪れた。












最新のカマタマーレ情報、超満載のブログ村はこちら!!

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村





コメント

非公開コメント

プロフィール

がく 

Author:がく 








2017年 チャント集

2017 カマタマーレ 選手チャント
2017 カマタマーレ 選手チャント posted by (C)がくお

2017 カマタマーレ チームチャント
2017 カマタマーレ チームチャント posted by (C)がくお

ブログサブタイトル 

2017 J1侵攻編

カマタマーレ讃岐公式ホームページ
コチラから


2013年6月30日以前のブログはこちらです
とあるサポーターへの追憶~カマタマーレサポーター日記~


にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 



小学生では水泳を習ってました。水泳の脚力アップにサッカーを習いましたがむしろサッカーの魅力に取りつかれました。しかし小学校5年生からのスタートはハンデでした。伸び盛りのゴールデンエイジにまだサッカーをはじめていないこと。インターネットなどがなく、今ほど理論的な指導はなく、スクールなどは充実していなかったことなど。何よりその才能はサッカーの神様に愛されているとは到底言い難いものだったこと(泣)。選手としてはMF、DF最後はゴールキーパーとして15歳の試合を最後に(中学総体時)に引退しました。

月日は流れ・・・

その後もサッカーは好きで代表戦やJリーグを中心にサッカーを見ていました。トッププレーヤーのため息が出るほどの美しいプレーを見るたび、自身の才能のなさを嘆くこともありました。なぜサッカーをすることにおいて、サッカーの女神は私を愛してくれなかったのか?(同じ名前なのに鹿島の柴崎君は愛されているようです・・・笑)その答えは40歳を過ぎた時に明らかになる出来事がありました。わが郷土にJリーグを目指して闘い始めたサッカーチームが現れたのです。女神様は競技する才能を私に与えなかった。しかし、それと引き換えに「サッカーを愛する才能」をふんだんに授けてくれたたことに気が付きました。そしてその才能を充分発揮できる宝物も与えてくれました。今、私の才能・・・サッカーを愛する才能・・・のすべては一つのチームに注がれています。そのチームの名前はわが郷土から初めて誕生しようとしているプロサッカーチーム・・・「カマタマーレ讃岐」。このチームとともに神様が与えてくれたミッションを果たすべくすすむ大冒険をブログにつづりたいと思います(笑)

よろしくお願いいたします

(=゚ω゚)ノ


このブログタイトルについて

初めてカマタマーレの試合を観戦した時に目にした古参サポーターさんたちの情熱。とても感動したのを覚えています。それ以後、彼らの熱い思いをいつまでも振り返れるよう、そして自分自身が忘れないようにこのタイトルをつけました。

飛行士業

しかし、モデルとなった原作「とある飛空士への追憶」のようにさわやかなブログには程遠く「暑苦しく、無秩序に取り乱した文章」を書き散らかされております。ご容赦ください。ちなみに筆者イメージも原作とは程遠く「飛空士」というより「低牛」のほうがイメージに合致します(笑)

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 

最新トラックバック

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR