FC2ブログ

カマタマーレという名前

ゼルビアという名前について

新オーナーの発言が話題になった。

まぁ、「よそ様」のことを書くことはできない。

わがことを書く。






実は

カマタマーレという名前

その誕生を知ったとき

怒りすら覚えた




郷里にできるプロクラブ

それもサッカークラブ

私がどれだけ待ち焦がれ

夢見たか

それをあまり食べたことのない

うどんの調理法になぞらえ

エンブレムもうどん??

これを押し抱いて郷里の誇り??

香川サッカーの象徴??

はぁ??

ネタチームじゃん!!

まじめならひどいセンス

冗談なら夢が台無しだ。






そもそもほかにあるだろう

かっこいいのやしびれるのあるだろう

ため池が多いから「レイカーズ」

「讃岐三白」前面に出すなら「アルビオン」

統合を象徴する「ユナイテッド」

なんぼでも候補があった。





サポになってからも

「よく応援する気になるな・・・」と

他サポに陰口たたかれたこともある

祭りでチラシ配っても

笑われたJFL時代



正直、

誕生の瞬間興味が失せた。

あまりかかわらりたくない。

あとから素敵な名前のクラブできたら

そっち応援しよう・・・






偽りなき感想(笑)





そして月日流れて

ここを勝てば地域決勝というタイミング

2010年秋

私は初めてカマタマーレを

生島で見た。

それ以後は熱狂的なファンである




結局名前とはなんなのだろう

はまったきっかけは

サポさんたちのパッション。

それが乗り移った。



私の名前を覚えてくれ

親しく話しかけてくれ

試合前に握手してくれ

アウェイに行ったら

心から歓迎してくれた。

その熱を伝えようとしてくれた

それを受け取ったのだろう






受け取った側だが

とてもうれしかった

「俺・・ここにいていいのだ」と思った。

無性にうれしかった


カマタマーレに熱中する姿が

なんか献身的な姿が素敵で

そうなりたいと思った。

また会いたいと思った。

サポーターとして仲間になりたいと思った








あれほどの「カマタマ」アレルギーが

全く完治

笑えるほど気にならない







サッカークラブの魅力は

そこにかかわる人の魅力

その魅力がカマタマーレという器に注がれて

素晴らしい味わいの

みんな酔わすお酒になるのだ

器はどのようなものでも

そこには美酒ができるのである







だから器かえれば

また初めからになる

ゼルビアサポさんの怒りは

至極納得できるのである

覚えにくいという理由は

ブランド構築や投資効果には合理的であるが

Jクラブにはなじまないのだろう。






私はボランティア中

いつでも新規さん探してしまう。

困ってないか気になる。

気を使うことで私なりの熱を伝えていく

そういうミッションである。


「人見知り」強い私

時間のかかる動員法で申し訳ないとは

いつも思っています…笑






追伸

私の恋焦がれたベテランサポさんとは

今では親しくせていただいております

ある意味、夢はかないました

ありがとうございます。




好きな讃岐をもっと上に



にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村


コメント

No title

私も最初このチーム名を聞いたとき悪い冗談かと感じました。
でも地元にできたプロチームですから試合を見に行くようになりピカスタでの山雅戦、TVでしか見たことのないアウェイスタンド満員の山雅サポ&大声量のチャントに「Jリーグを目指す事ってやっぱすげー」となり初めてホームゴール裏に入りました。

それ以来チーム名の事なんて気にならなくなりました。(うどん県ユニは県外に出た時のネタに着て行ってましたが)

Re: めっと様


不思議なものです

もしウチに改名騒ぎがあれば

案外反対するかもしれない。笑

あれだけ憤っていたのに。。。。


山雅と戦う、セレッソと戦う、エスパルスとレッズとジュビロと・・

いろいろ歴史が積み重なっちゃつて

もう体の一部かもしれません

カマタマーレという名が・・・笑

それでいいのかと思ってます

まだまだ楽しみましょうね~~


コメントありがとうございました~~

林秀樹

カマタマーレ讃岐サポーター応援

Re: 林秀樹

うむ
来シーズンも頼むぞ
非公開コメント

プロフィール

がく 

Author:がく 



IMG_1337.jpg






2019シーズンチャント準備中です。




ブログサブタイトル 

香川にはカマタマーレとサイコーの週末があります。




カマタマーレ讃岐公式ホームページ
コチラから




2013年6月30日以前のブログはこちらです
とあるサポーターへの追憶~カマタマーレサポーター日記~




にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 




どうも!!香川県に住んでる社労士です。私は働く人と社長さんの素敵な関係を作るお手伝いしています。


いつも思うのですが香川の若い人は都会に行きたがり、残る人は故郷が好きではないように見えます。大人は割り切ったふりをして、代わりに休日の充実を捜す。そして打ち込むことがないと嘆く人います。


本当はみんな「香川大好き」なんです。「誇り」と思っているのです。


ただ・・どう表現していいいかわからない。だから「地元が嫌い」と錯覚したり、余暇の過ごし方を迷い、打ち込むことが見つからないのです。


対照的に健全に痛快に郷土愛を表現でき、充実した余暇を過ごす人たちがいます。それは香川100万人の中で、たった3,805人です。



・・・ですが確実にいます。



そう、我らカマタマーレ・サポーターです。


サポーターとは応援する怖い人たちの事ではありません。ゴール裏で飛び跳ねる人たちの事でもありません。青色のユニフォーム着ている人たちの事でも、遠く県外まで応援に駆け付ける人の事でもありません。



ただ「香川が好き」「故郷が好き」・・それが心の真ん中にある人たちのことです。その人たちが郷土の誇りとなって闘うサッカーチームを応援した時、サポーターになるのです。




もやもやして毎日を過ごしている方、イライラして会社に行っている方、人生退屈と悟り気味の方、打ち込むことがほしいと渇望している方、


後悔させません。



あなたが香川で探しているものが「ここに」あります。一度見に来てください。そしてちょっとの勇気で私たちに話しかけてくださいね。いつまでもいつまでもお待ちしています。




もちろんサポーターだけがクラブを応援する訳でもありません。ボランティアとして活躍してくれても同じ。何時でも大歓迎です。



あるいは「香川県を盛り上げたい」と願う社長さんは大小さまざまなスポンサードの仕方あります。ぜひ一緒に盛り上げていただけたらと思います。


そのきっかけとなるようこのブログを書きつづります。


すこし暑苦しいかもしれないけど少し独断と偏見入るかもしれないけどその時そこにいた私の素直な感情をつづる事お約束します。

そこに自分の探しているモノ見つけたらその匂い感じたなら是非スタジアムに来てください。


いつまでもお待ちしています。


いつか出会う未来の仲間たちへ


カマタマーレ讃岐 とあるサポーター がくお








にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 

最新トラックバック

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR