FC2ブログ

FC今治について思う事

右肩上がりの成長ならば

苦労しても一定の間隔で報われる。

後退する「地獄」とは違う

今のカマタマーレは後者






苦労しても

努力しても

我慢しても

さらに後退する。

この経験は貴重だろう

われらは初めて

「Jクラブを存続させる」苦労を味わっている

個々が能動的に動くしかない。

そう自覚する。自立する。

そして責任を持つ。

このスパイラルから脱出するには

時間かかってもこれしかなかろう。

全方位的にそこが育まれれば

骨太なクラブになれる







そのチャンス

それが「今、この瞬間」である。





そういう意味で

隣県にできたJ3クラブの誕生を

喜んでいい

しかし、劣等感抱く必要はない。






別に今治さんに恨みなどはない

素直に「昇格おめでとう」と言える

ただ

「すぐに追い抜かれ

あっという間に手が届かないところに・・」

そう卑下する対象ではない。






彼らは

「努力=右肩上がり」の最初のサイクルにいる

まだ成長段階1stフェーズにいる

第二段階、再生フェーズにいるわれらとは

カテゴリー同じでも違いがある。

比較して悲観し

羨む事はないと思うのだ。





誤解を恐れずに言えば

カリスマに率いられた団体は

彼の背中が語るパッションが原動力である

故、

良くも悪くも注目され

標的にされるハンデ

その障壁を乗り越えた経験・・・・

報われて本当におめでとうと言いたい

しかし

苦労が報われたという経験しかない

そこから得る自信とは

まだ未完成な力である

なぜなら

昨年までのわれらがそうだったから






今治の存在は

特別で特殊である故

まばゆい輝きを放つ

それは羨望や畏怖を伴う時がある

しかし堂々と

讃岐の誇りをもって対峙したい。

その上でかれらの昇格を祝いたい。






おお・・・

近くにライバルできて盛り上がる!!

楽しみやなぁ~~






これぐらいでOK!!







カマタマーレよ

燧灘(ひうちなだ)ダービーでいかがかな??

戦友諸君

第1次遠征は必ず1000人オーバーでジャックしよう!!!






今治さん昇格おめでとう

末永くよろしくね








追伸

まぁ・・・

一番気にしているのはどうやら私である…笑






好きな讃岐をもっと上に






にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村










コメント

目指せ二度目の昇格

今季の讃岐の戦いを西南戦争に例えた先日の記事、共感しながら拝読しました。
さしずめ開幕前「一年でのJ2復帰」とぶちあげたスローガンは、
西南戦争開戦直後あの桐野利秋の「熊本城など、この青竹棒でひとたたきでごわす」との発言を連想してしまいました(笑)
どうも「復帰」と言う言葉には階段を下まで落ちきらず、
途中から振り返り二、三段かけ上ればまた元の位置に戻れそうなニュアンスがあります。
しかし現実は噛ませ犬のような敗戦を繰り返しもう一番下まで堕ちきりました。
こうなったら目指すのは「復帰」ではなく「ニ度目の昇格」だと思うのです。
我々ももう一度このリーグのスタート地点にしっかりと立ち今治との昇格レースに臨みたいです。

Re: 目指せ二度目の昇格

コメントありがとうございます。
あくまでブログは私の想像でありまして
現場ではもっと厳しい状況やうまくいかないものがあったと思います。
失礼なブログだったかもしれません。
ただ今は万策尽きてなお戦う姿、応援したくなるのです。

確かに来シーズンは生まれ変わるのでしょう
良いほうにかさらに混迷を極めるかはわかりませんが
ただおっしゃるように「戻る」ではなく
「昇格する」という挑戦者メンタルは正しい認識と考えます
同じ四国のライバルに遅れ取りたくないですね(笑)


さて、では城山の籠城戦に戻りますか
ここらでよか・・と言われるまで

またコメントください
非公開コメント

プロフィール

がく 

Author:がく 



IMG_1337.jpg






2019シーズンチャント準備中です。




ブログサブタイトル 

香川にはカマタマーレとサイコーの週末があります。




カマタマーレ讃岐公式ホームページ
コチラから




2013年6月30日以前のブログはこちらです
とあるサポーターへの追憶~カマタマーレサポーター日記~




にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 




どうも!!香川県に住んでる社労士です。私は働く人と社長さんの素敵な関係を作るお手伝いしています。


いつも思うのですが香川の若い人は都会に行きたがり、残る人は故郷が好きではないように見えます。大人は割り切ったふりをして、代わりに休日の充実を捜す。そして打ち込むことがないと嘆く人います。


本当はみんな「香川大好き」なんです。「誇り」と思っているのです。


ただ・・どう表現していいいかわからない。だから「地元が嫌い」と錯覚したり、余暇の過ごし方を迷い、打ち込むことが見つからないのです。


対照的に健全に痛快に郷土愛を表現でき、充実した余暇を過ごす人たちがいます。それは香川100万人の中で、たった3,805人です。



・・・ですが確実にいます。



そう、我らカマタマーレ・サポーターです。


サポーターとは応援する怖い人たちの事ではありません。ゴール裏で飛び跳ねる人たちの事でもありません。青色のユニフォーム着ている人たちの事でも、遠く県外まで応援に駆け付ける人の事でもありません。



ただ「香川が好き」「故郷が好き」・・それが心の真ん中にある人たちのことです。その人たちが郷土の誇りとなって闘うサッカーチームを応援した時、サポーターになるのです。




もやもやして毎日を過ごしている方、イライラして会社に行っている方、人生退屈と悟り気味の方、打ち込むことがほしいと渇望している方、


後悔させません。



あなたが香川で探しているものが「ここに」あります。一度見に来てください。そしてちょっとの勇気で私たちに話しかけてくださいね。いつまでもいつまでもお待ちしています。




もちろんサポーターだけがクラブを応援する訳でもありません。ボランティアとして活躍してくれても同じ。何時でも大歓迎です。



あるいは「香川県を盛り上げたい」と願う社長さんは大小さまざまなスポンサードの仕方あります。ぜひ一緒に盛り上げていただけたらと思います。


そのきっかけとなるようこのブログを書きつづります。


すこし暑苦しいかもしれないけど少し独断と偏見入るかもしれないけどその時そこにいた私の素直な感情をつづる事お約束します。

そこに自分の探しているモノ見つけたらその匂い感じたなら是非スタジアムに来てください。


いつまでもお待ちしています。


いつか出会う未来の仲間たちへ


カマタマーレ讃岐 とあるサポーター がくお








にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 

最新トラックバック

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR