集結せよ!!!!



さてさて・・初の瀬戸大橋ダービー


監督も言うように

香川と岡山ではTV局は共有化されており

万が一敗れると夕方6:00のニュースはすべて持って行かれる。


そもそも香川県民が岡山のローカルニュースに詳しく

岡山県民が香川のローカルグルメ(うどん)に詳しい原因は其処にある。


つまり同一のTV放送エリアに2つのJクラブがあるといえる。

これは何ともダービーらしい。

盛り上がる基本条件を満たす。

橋でつながっていることで一層その感慨が深くなる。


しかし・・・

今までライバルと感じるような歴史はなかった。
(「県境の話=昔、たるを流してどうこう・・」は聞いたことがあるが)

ダービーといっても因縁や歴史的なものがほとんどない全くの白紙の新ダービー。


長野と松本のダービーとは少し趣が違う。

これから作り上げる歴史である。

この新しいところがチャレンジする部分でもあり、わくわくするところでもある。


遺恨も歴史も特別の感情も今は「ない」。

しかし、私のなかにただただ「負けたくない」という感情のみ渦巻く。

これがのちに大樹になるダービーの種かもしれない。







水色VS赤


ここから始まるドラマの目撃者に多くの人がなってほしい

生まれたばかりのお祭りを存分に楽しんでほしい。


サッカーは点が入りにくく、初めての観戦者には楽しみにくいスポーツといわれる。

野球は頻繁に点が入り「盛り上がりやすい」のかもしれない。

人(スター)を見に行くならバッターボックスやポジションで判別しやすく

楽しみやすい。

応援しなくても野球そのものを楽しむことができる。



サッカーは残念ながらそうではない。

「今の誰の得点??」

観戦慣れした人でもつい周りに確認することもしばしば・・・(笑)


しかし、しかし・・サッカースタジアムは

片方のチームに思い入れを持つとまったく違った空間になる。

惜しいシュートもジリジリした劣勢も0-0のスコアレス終了の試合だって

手に汗握るものになる。

サッカーの試合を楽しむには多少強引にでも思い入れを片方のチームに持ち、

心から応援する。

そうすると90分でたった1点の興奮が至宝のものとなる。



その感動があるから

サッカー観戦ブログ「はとのす」で中村慎太郎氏が言っていたように

ユニをまとう女性陣(もちろんカマタマーレでも)はいつも

まるでディズニーランドに来たかのような輝く笑顔とテンションを

スタジアムの試合前は持ち合わせているように感じる。


これぞサッカーを楽しむ王道

究極の観戦方法なのだ。


故に

ぜひ多くの方が「カマタマーレを勝たせるために」アウェイ岡山を訪れてほしい。

せっかく生まれた祭りを存分に堪能しつくすために

サッカーを見るのではなくカマタマーレの応援のために

岡山に駆け付けてほしい。








全県民にお願いする。


集結せよ。

岡山のカンコースタジアムに。


サックスブルーの旗を翻し、

歓喜の渦を作り出すために。





追伸

お祭りを楽しむために!!

今節は近隣アウェイのため交通手段が自家用車、ツアーバスより

マリンライナー使用が圧倒的に多いかと思います。

・・・・・・・・

・・・・・・・・

・・・・・・・・

にやり・・・

いかがでしょう・・・・

栄えある第一回瀬戸大橋ダービー

みんなで同じマリンライナーに乗って岡山上陸作戦を楽しみましょう!!!

カンコースタジアム行ったことがない人もマリンライナー下車して

同じユニの人とスタジアムに向かえば心強いし楽しいし、何よりも盛り上がる!!!!

車中もずっと盛り上がれる!!!
(あくまで公共の場所なのでもちろん控え気味にですが・・笑)

応援の中心になっているMっん氏から

下記に記す内容の掲載許可いただきました。



カマタマーレ・サポーター岡山遠征隊の主力部隊は

14時40分 高松発のマリンライナーに乗車します。

おそらく坂出は14時54分発。


皆さんマリンライナー利用を考えているならぜひ一緒に行きましょう。!!!

一緒にいこーよ!!!!!(笑)





追伸の追伸

もちろん別方法での初観戦の方も大歓迎!!

別ルートの歴戦さぽさん・西讃の歴戦サポさん。

現地でお会いしましょ~!!!!




最新のカマタマーレ情報、超満載のブログ村はこちら!!

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村



コメント

No title

アウェー席をサックスブルーに染めてください。
他はファジレッドに染まるはずなんで(笑)
ファジフーズも15時には開きますから早めにカンスタへ来てくださいね。
お見かけできましたら声をかけさせていただきます。

きっと・・・・・

いいなダービー感いっぱい

いいですね
初の瀬戸大橋ダービー
何の遺恨もない親近感いっぱいの讃岐さんですが新しくダービーの歴史を作っていきましょう
岡山側への誘いはもちろんですが、香川出身者に讃岐の応援に今度の土曜はカンスタに是非来てくれと誘っています
近くでは大阪ダービーみたいに熱く盛り上げていきたいですね
マリンライナージャック最高
岡山駅から旗持って行進かな
おおダービーじゃ

とりあえず「格下」と思われてるカマタマーレが勝たないことには始まんないですよね(^^)b
カマタマーレがカンコーで勝つことによって、ファジサポがムキになって、丸亀に押し寄せるはずです!
それを迎え撃つことによって新たなライバルストーリーが始まる、というのが自分のシナリオなんですが…(笑)

自分は天の邪鬼なんで皆さんのマリンより早い電車で行って、カンコーで皆さんのお出迎えをしようと思ってます(^^)b
駅からワイワイ皆さんで押し寄せてきてくださいね♪

鬼退治

水戸戦の翌日の6/29に、友達と岡山総社にある鬼ヶ島伝説の鬼ノ城と美作の宮本武蔵の里にファジアーノ岡山戦を前に、攻め入って来ました。
いよいよ、7/5は、アウェイで岡山戦ですが、アウェイ自由席をサックスブルーのカマタマーレ讃岐のサポーターで一杯にして、前半戦最終戦を勝利をかざり、天皇杯及び後半戦に弾みをつけましょう!

Re: No title

コメントありがとうございます。

何人になるかはわかりませんが
カマタマーレ史上空前の遠征サポになることを祈っています。
こればかりは手ごたえがつかめないもので(笑)
なぜかと申しますとまだ香川県民はJの熱が伝わっていないところがあります。
ホームゲームの実質固定観客は2000名程度とも言われています。
岡山さんの歓待にふさわしい人数になるかどうかは少し心配です。

けれど駆けつけるサポの熱は人数に関係なく熱いものがあります。
そのあたりはご安心ください。

それでは当日お会いしましょう。
本当に楽しみです。

ではでは・・・

Re: いいなダービー感いっぱい

いや~本当にダービーって素敵ですね。
ここから始まる最初の一歩。
宿命や定めはないけれどむしろここから作られる物語にわくわくします。

現在当方はけが人も多く決して大きなことは言えませんが
もちろんだまって負けるつもりはありません(笑)

精一杯のプレー、応援、そして香川県のプライドをお見せできればと思います。
3月間ほぼ「勝ち試合」がない中で支え続けたわれらがサポは屈強ですよ。
うちの今年の自慢の1つです。

水色のマリンライナーでお邪魔します
高松駅からアドレナリンでまくりです(笑)

ではでは
当日よろしくお願いいたします~

TOTOさんへ

そうなんですよ!!!!
同じことを思っていました!!!

「われらが明らかに格上の岡山さんを倒す」
なぜか成績には乖離があるのにこの2チームだけの戦いは
何かが起こる。別次元のものになる。べつのイベントのごとき・・・。

長野・松本の信州ダービーはこの醍醐味が第三社から見て確実に存在すると思うんですよね。
そして双方試合結果にかかわらず「負けた」とは思っていないこと。

ぎすぎす、とげとげすることはないと思いますが
「負けたくない!!!」という思いをいっぱいに膨れ上がらせて
アウェイスタジアムに乗り込むだけで
選手にも何か伝わり何か新しいものが埋めれるかも・・・とか期待しちゃいます。

アウェイスタでお会いしましょう。
今回はお互いボランティアしなくていいので
存分いチームの背中押しましょうね。

カマタマ弾丸マリンライナーは2:40分発です。
楽しみ楽しみ~

ではでは
またコメントくださいね。

Re: 鬼退治

鬼退治お疲れ様でございました!!!(笑)
いよいよです。
当日はどういう交通手段で来場されるのかは存じ上げないのですが
大いに盛り上げて讃岐プライドを見せつけましょう~!!!

これまでのアウェイ遠征
何千人の相手ホームサポの重包囲下で
何度敗れ続けても
スタジアムにカマタマーレチャントが途絶えたことはない!!!

讃岐・・恐るべし!!と言わせちゃいましょう~!!

ではでは当日お会いできるのを楽しみにしています。

ちなみにカマタマーレ弾丸マリンライナーは
14時40分発です~
よろしくお願いいたします。

ではでは

楽しみですね。w

いよいよですね。本当に楽しみです。
天気も大丈夫っぽいですし、たくさんの讃岐サポさんが来てくれる事を期待してます。
いつもはアウエーに行かない方も、近場の岡山に来て楽しんでもらって、アウエー参戦に火がついてくれるとイイですね。(^_^;)
ダービーだからと言って、相手を威嚇するような事なく、お互いが地元のチームを鼓舞するような対戦であってほしいものです。

あ、ファジフーズは早い時間が並ぶ列も少なくて良いですからね。(≧∇≦)

Re: 楽しみですね。w

コメントありがとうございます。
本当に楽しみです。

明日できる限りの人数ですがおしかけると思います。
よろしくお願いいたします。
ファジフーズ楽しみです。


個人的な意見ですが
熱心なサポーターになるきっかけのひとつは
「アウェイ観戦」だと思うのです。

自分自身がアウェイにおじゃましだしてから
ホームの観戦率はほぼ皆勤賞(笑)

アウェイ観戦旅行には
初めてのスタジアム、風土、名産品、名所めぐり
そして旅の目的である「試合観戦」
これほど楽しい旅行はなく
更にアウェイ観戦の際でのサポの一体感や
スタジアムグルメなどいろんなものに触れて
より熱心なサポーターが増え観客数が増加する。

そんな気がします。

唯一の弱点はアウェイ観戦は
時間やお金がかかるのでハードルが高い。
しかし岡山さんなら違うと思うのです。
「行きなれた交通手段でアウェイに行ける!!」
これはありがたい

初アウェイの人がどれだけ作れるかが実は我々の勝負どころでもあるのです(笑)

観客動員位苦しむ我々としては
是非、このサイクルを我々はぜひ作りたい。
その舞台として本当に明日の試合はうってつけだと思うのです。

試合結果も大事ですが
観戦することでサッカー観戦の魅力を、
別の世界を除くことで自分のチーム愛がさらに育まれる。

本当に大事なありがたい一戦だと思っています。


負けませんよ~!!

明日よろしくお願いいたします。
ではでは・・・
非公開コメント

プロフィール

がく 

Author:がく 








2017年 チャント集

2017 カマタマーレ 選手チャント
2017 カマタマーレ 選手チャント posted by (C)がくお

2017 カマタマーレ チームチャント
2017 カマタマーレ チームチャント posted by (C)がくお

ブログサブタイトル 

2017 J1侵攻編

カマタマーレ讃岐公式ホームページ
コチラから


2013年6月30日以前のブログはこちらです
とあるサポーターへの追憶~カマタマーレサポーター日記~


にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 



小学生では水泳を習ってました。水泳の脚力アップにサッカーを習いましたがむしろサッカーの魅力に取りつかれました。しかし小学校5年生からのスタートはハンデでした。伸び盛りのゴールデンエイジにまだサッカーをはじめていないこと。インターネットなどがなく、今ほど理論的な指導はなく、スクールなどは充実していなかったことなど。何よりその才能はサッカーの神様に愛されているとは到底言い難いものだったこと(泣)。選手としてはMF、DF最後はゴールキーパーとして15歳の試合を最後に(中学総体時)に引退しました。

月日は流れ・・・

その後もサッカーは好きで代表戦やJリーグを中心にサッカーを見ていました。トッププレーヤーのため息が出るほどの美しいプレーを見るたび、自身の才能のなさを嘆くこともありました。なぜサッカーをすることにおいて、サッカーの女神は私を愛してくれなかったのか?(同じ名前なのに鹿島の柴崎君は愛されているようです・・・笑)その答えは40歳を過ぎた時に明らかになる出来事がありました。わが郷土にJリーグを目指して闘い始めたサッカーチームが現れたのです。女神様は競技する才能を私に与えなかった。しかし、それと引き換えに「サッカーを愛する才能」をふんだんに授けてくれたたことに気が付きました。そしてその才能を充分発揮できる宝物も与えてくれました。今、私の才能・・・サッカーを愛する才能・・・のすべては一つのチームに注がれています。そのチームの名前はわが郷土から初めて誕生しようとしているプロサッカーチーム・・・「カマタマーレ讃岐」。このチームとともに神様が与えてくれたミッションを果たすべくすすむ大冒険をブログにつづりたいと思います(笑)

よろしくお願いいたします

(=゚ω゚)ノ


このブログタイトルについて

初めてカマタマーレの試合を観戦した時に目にした古参サポーターさんたちの情熱。とても感動したのを覚えています。それ以後、彼らの熱い思いをいつまでも振り返れるよう、そして自分自身が忘れないようにこのタイトルをつけました。

飛行士業

しかし、モデルとなった原作「とある飛空士への追憶」のようにさわやかなブログには程遠く「暑苦しく、無秩序に取り乱した文章」を書き散らかされております。ご容赦ください。ちなみに筆者イメージも原作とは程遠く「飛空士」というより「低牛」のほうがイメージに合致します(笑)

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 

最新トラックバック

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR