FC2ブログ

霧島の離岸に思う。

さようなら

と言われたら

さようなら

と返す






今からお仕事の人ならなおさら

「お疲れ様、頑張って!!」






お世話になった方なら

その仕事に感謝しているなら

「いつもありがとう。気をつけて!!」





4時過ぎ

私がサンポートの桟橋に

駆け付けた時、

ちょうど霧島は離岸しはじめ

その右舷に登舷礼にあらわれた自衛官さんが並ぶ。





そして大きな声で

「さようなら~!!」と

香川の人達に叫んでいる。

2019071611183099c.jpeg






息を切らしながら近づき

その光景を眺める

まさか自衛官さんが

そんな言葉を発しているとも思わず

立ち尽くす。







周りの小さい子供が

「さようなら~~」

だれか大人に促されたか

「お仕事頑張って~~」

「ありがとう~~」と叫ぶ






しかし大人の声は

私の周りでは聞こえない

国内外の数々の震災に出動して

私は正直感謝している。

大変なお仕事と敬意を表している。

しかし、とっさに私も声が出ない

ピカスタなら出る声が

知らない人が多いとでない。

出している人がいないと出ない。

201907161118485a0.jpeg




確かに歴史が証明する。

軍隊とは

最強の暴力装置になりうる。

外敵でなく民衆にその力が働く可能性も

否定できない。

また戦後日本人が持つ

軍隊アレルギーとかあるのだろう。




ただ

そういうネガティブな側面を知ったうえで

強力な官僚統制下にいて

専守防衛をその存在の根源として

震災救援物資輸送や

海賊からの警護

してくれている艦である。






まぁ・・・命がけのお仕事

護衛艦 霧島





実は感謝していて

とても誇らしく

ファンと言ってもいい。




けど

素直な声が出ない

なんでだろう

この奥ゆかしさが

恥ずかしがりなところが

香川県民





けどね

桟橋にはいっぱいの香川県民いた。

こぼれんばかりだ。

船内見学には長蛇の列だ。

多くの県民はその出航を見送り

実は遠慮がちに手を振っている

恐らく大なり小なり

同じ気持ちを持っているのではないかと思う







「何でも県民性にしてはいけない・・」と

元カマタマーレフロントの方に言われた。

まさにそうである。

そうであるが

長い時間かけて培われた県民性は

それなりの時間をかけて変えていく必要ある。





霧島を見送る大勢の人達と

ピカスタが満員にならない理由

なんとなく自己表現が苦手で

奥ゆかしさの中にある

恥ずかしさに隠された本当の心

その乖離を埋める事が

これからのカマタマーレの課題かもしれない。





護衛艦 霧島

航海の無事お祈りしています

これからもよろしくお願いします。

日本の四面は海なのですから。






好きな讃岐をもっと上に





にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村





コメント

非公開コメント

プロフィール

がく 

Author:がく 



IMG_1337.jpg






2019シーズンチャント準備中です。




ブログサブタイトル 

香川にはカマタマーレとサイコーの週末があります。




カマタマーレ讃岐公式ホームページ
コチラから




2013年6月30日以前のブログはこちらです
とあるサポーターへの追憶~カマタマーレサポーター日記~




にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 




どうも!!香川県に住んでる社労士です。私は働く人と社長さんの素敵な関係を作るお手伝いしています。


いつも思うのですが香川の若い人は都会に行きたがり、残る人は故郷が好きではないように見えます。大人は割り切ったふりをして、代わりに休日の充実を捜す。そして打ち込むことがないと嘆く人います。


本当はみんな「香川大好き」なんです。「誇り」と思っているのです。


ただ・・どう表現していいいかわからない。だから「地元が嫌い」と錯覚したり、余暇の過ごし方を迷い、打ち込むことが見つからないのです。


対照的に健全に痛快に郷土愛を表現でき、充実した余暇を過ごす人たちがいます。それは香川100万人の中で、たった3,805人です。



・・・ですが確実にいます。



そう、我らカマタマーレ・サポーターです。


サポーターとは応援する怖い人たちの事ではありません。ゴール裏で飛び跳ねる人たちの事でもありません。青色のユニフォーム着ている人たちの事でも、遠く県外まで応援に駆け付ける人の事でもありません。



ただ「香川が好き」「故郷が好き」・・それが心の真ん中にある人たちのことです。その人たちが郷土の誇りとなって闘うサッカーチームを応援した時、サポーターになるのです。




もやもやして毎日を過ごしている方、イライラして会社に行っている方、人生退屈と悟り気味の方、打ち込むことがほしいと渇望している方、


後悔させません。



あなたが香川で探しているものが「ここに」あります。一度見に来てください。そしてちょっとの勇気で私たちに話しかけてくださいね。いつまでもいつまでもお待ちしています。




もちろんサポーターだけがクラブを応援する訳でもありません。ボランティアとして活躍してくれても同じ。何時でも大歓迎です。



あるいは「香川県を盛り上げたい」と願う社長さんは大小さまざまなスポンサードの仕方あります。ぜひ一緒に盛り上げていただけたらと思います。


そのきっかけとなるようこのブログを書きつづります。


すこし暑苦しいかもしれないけど少し独断と偏見入るかもしれないけどその時そこにいた私の素直な感情をつづる事お約束します。

そこに自分の探しているモノ見つけたらその匂い感じたなら是非スタジアムに来てください。


いつまでもお待ちしています。


いつか出会う未来の仲間たちへ


カマタマーレ讃岐 とあるサポーター がくお








にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 

最新トラックバック

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR