FC2ブログ

結界壊そう!!!

昨日も書いたが

今掃除後にカマタマ広場にて案内ボラを勝手にさせてもらっている

完全にカマタマーレのご厚意

ボラ登録のない遊撃班??




故にいろいろ期待に応えねばならない

また、私自身それなりの時間から観戦はしたい

(ここを手放すとサポはいろいろ苦しい)

全体練習が始まるくらいに離れる





試合前清掃だけでは少しものたりなく

設営ボラでは諸事あって厳しい人にジャストサイズにならないか

サンプリング中である。

もちろん裏でボランティアさんお活躍があるから

こんな華やかな場所でボランティアができる

そこを鑑みてボランティア特典はすべて辞退する

設定の活動と思っている。





仕事はビブス着て

案内看板前に立つ。

そこで看板に確認に現れる方たち

困った人を案内する




①初めての方にはおすすめグルメ

②トイレの場所やチケット売り場案内

②衣料品や日焼け止め購入の為コンビニの場所

③聞き取りの上、観戦スタイル(希望の席)を提案してもいい。

④アウェイの方には宿泊先近くのうどん屋案内とか・・・

⑤「こんにちわ」とあいさつするだけでも気持ちがよかろう

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村




素朴な疑問に答えます。







その他

サイン会の列整理

ごみの分別補助と袋替え

気がついたもの何でもする。

それだけでもカマタマ広場に発生する

カオス軽減

=快適上昇になるかもしれない

201907091003174a5.jpeg



もう一つ

実はある友人に言われた

ご夫婦でいらっしゃる方

カマタマーレサポは仲がよさそう

その分入りにくい

敷居が高く感じる





結構衝撃であった

正直仲がいい。

なんだかんだ言いながら。。

あの地獄の激戦

J2時代を生き残ってきたのだ

もはや戦友以上である。

総数だって

近所の小学校くらいなもので

名前はわからんでも何かしら知り合い

アウェイ先で声かけあったり

・・・・家族的なところは自慢だった

しかしこれが「敷居の高さ」になる??

新規の仲間には「入りにくい」らしい





まぁ、感じる感じないの個人差はあるかもしれないが

Jリーグのアドバイザーであるホリエモンが

「スタジアムには初心者を戸惑わせるバリアーがある

結界といってもいい。

その結界が緩いのはアルウィンくらいか??」

という趣旨の発言をしていた。




またもや山雅か・・・・・

100%の模倣はできないが

やはり彼らからは見習うべき

共有すべきパーツがある。

隣席に座っただけでその結束たるや尋常ではない。





別の確信もある。

カマタマーレの観戦文化は成熟してきている。

試合内容と応援でお客さんが呼べる。

それでいてシンプルな笑えるイベントもある。

いやすでに呼んでいる。

セレッソ戦は

「心から悔しくしかし楽しかった。必ず次回来る」

そういう人がいる。






そういう人が新しい仲間を連れてくる。






爆発的な観客増

それを可能にする応援や試合内容が

完成の域にある。






ならば不安要素、

仲が良いゆえに生まれた

悪意ないが薄めておくべきもの

「敷居が高い」なる結界・・・

可能な限り薄めておきたい。

声かけていつ来ても温かく迎えてくれる

そんなスタジアムにしたい。






そんな思いの実現のため

サンプリングです

カマタマーレにもしっかり掛け合って

もし必要ならば広げていきたい






その時はアクアさんにビブスデザインしてもらおう(笑)

「ASK ME 俺たちがついてる!!」みたいな・・・・笑







好きな讃岐をもっと上に

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村





追伸

ちなみにさぬぴーサイン会列整理してたら

奥田アナがてくてくやってきて列の最後尾に並ぶ

休憩時間やな。

せっかくやから盛り上げに「いじらせて」いただく

「サイン会最後尾こちらです。今お並びいただくと奥田アナの隣、

特典です~~」(゚∀゚)

奥田アナ

「ないない!!!」

20190709100300217.jpeg


・・・・でうれしそうにさぬぴーのサインもらって

お仕事に戻られました。

はるちゃん、麻衣ちゃんは基本讃岐女子サポであり

女子サポがレポーターやイベントMCのお仕事を

してくれているという認識(笑)

彼女たちが一番頑張って

スタジアムの結界を壊してくれてる。






ありがとう

我らも頑張らねば・・・・・笑






にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村










コメント

非公開コメント

プロフィール

がく 

Author:がく 



IMG_1337.jpg






2019シーズンチャント準備中です。




ブログサブタイトル 

香川にはカマタマーレとサイコーの週末があります。




カマタマーレ讃岐公式ホームページ
コチラから




2013年6月30日以前のブログはこちらです
とあるサポーターへの追憶~カマタマーレサポーター日記~




にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 




どうも!!香川県に住んでる社労士です。私は働く人と社長さんの素敵な関係を作るお手伝いしています。


いつも思うのですが香川の若い人は都会に行きたがり、残る人は故郷が好きではないように見えます。大人は割り切ったふりをして、代わりに休日の充実を捜す。そして打ち込むことがないと嘆く人います。


本当はみんな「香川大好き」なんです。「誇り」と思っているのです。


ただ・・どう表現していいいかわからない。だから「地元が嫌い」と錯覚したり、余暇の過ごし方を迷い、打ち込むことが見つからないのです。


対照的に健全に痛快に郷土愛を表現でき、充実した余暇を過ごす人たちがいます。それは香川100万人の中で、たった3,805人です。



・・・ですが確実にいます。



そう、我らカマタマーレ・サポーターです。


サポーターとは応援する怖い人たちの事ではありません。ゴール裏で飛び跳ねる人たちの事でもありません。青色のユニフォーム着ている人たちの事でも、遠く県外まで応援に駆け付ける人の事でもありません。



ただ「香川が好き」「故郷が好き」・・それが心の真ん中にある人たちのことです。その人たちが郷土の誇りとなって闘うサッカーチームを応援した時、サポーターになるのです。




もやもやして毎日を過ごしている方、イライラして会社に行っている方、人生退屈と悟り気味の方、打ち込むことがほしいと渇望している方、


後悔させません。



あなたが香川で探しているものが「ここに」あります。一度見に来てください。そしてちょっとの勇気で私たちに話しかけてくださいね。いつまでもいつまでもお待ちしています。




もちろんサポーターだけがクラブを応援する訳でもありません。ボランティアとして活躍してくれても同じ。何時でも大歓迎です。



あるいは「香川県を盛り上げたい」と願う社長さんは大小さまざまなスポンサードの仕方あります。ぜひ一緒に盛り上げていただけたらと思います。


そのきっかけとなるようこのブログを書きつづります。


すこし暑苦しいかもしれないけど少し独断と偏見入るかもしれないけどその時そこにいた私の素直な感情をつづる事お約束します。

そこに自分の探しているモノ見つけたらその匂い感じたなら是非スタジアムに来てください。


いつまでもお待ちしています。


いつか出会う未来の仲間たちへ


カマタマーレ讃岐 とあるサポーター がくお








にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 

最新トラックバック

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR