アウェイ長崎観戦記



V・ファーレン長崎

2011年、初めてアウェイ観戦したときの相手。

私がゴール裏に参戦した初めての試合の相手

車で初めて何百キロも走り

TVでしか見たことのないサッカーどころ「国見」という町を通り

島原というスタジアムまで長距離遠征して芝生で応援した。

降りしきる雨の中、吉澤のゴールで勝利!!

今でもその時の写真を大事にとっている。

息子は当時、小学1年生だった。




当時、長崎さんはJ規格のスタジアムがなく2年後のJ参入を目指していた。

かきどまりも島原スタもメインの座席は少なく芝生の観客席の多いスタジアムだった。


月日が流れ3年後・・・・

上記のようなとてつもなく素晴らしいスタジアムが諫早に完成し

先方は昨年J初年度ながら昨年プレーオフ進出。

今季もわれらのはるか先を走っている。


2012年も初夏、遠征して「霧」のため中止になり試合がなくなりそのまま退却。

仕切り直しの秋の再試合では終盤勝ち越すも「悪夢のような10分間」で逆転負け。


そんなこんなで、また「昇格時期」が近かったり、山雅同様親近感がある相手。



いや~、しかし・・・すげースタジアム・・・全方向屋根付きなところが素敵・・・

基本このスタでの観戦は日陰。

日焼けしないのが素敵。

スタができるまで耐え忍んだ長崎サポさんの苦労は報われましたなぁ・・・・・・

・・・・と1年遅れて考えたりする。


なんたってきれいだね。ピカピカスタジアム。


スタグルも充実



こういう案内板が至る所にある。

便利!!いいね~!!



つい、ボランティア目線に(笑)

こんだけスタグルあるのに食べたのはなぜかうどん(笑)





お店のお姉さんに「あら~本場の人やねぇ~」といわれ「てれる」息子。

「あごだしってなに??」

「トビウオよ!!」とおしえられ、恐る恐るひとすすり・・・(笑)


「うめぇ!!!!!!!」


弟君・・絶叫!!



あまりに声がでかかったので長崎サポさんが寄ってきて

「うまかと??」

「うどん県の少年に言ってもらうと、うれしか○×▽!!!」(スイマセン語尾が・・わからず・・・・)


なんか「試合前うどん交流」


ちなみにバクスタで今日、太鼓リーダーのMっんさんに

「あごだしって何か知ってる??」と聞かれ

仕入れたばかりの知識のくせに「トビウオ!!!」って胸張って答える。

長崎サポさんや本日のコールリードメンバーとも触れ合えるきっかけをくれた

「あごだしうどん」に感謝感謝。




長崎サポさんが大勢



ビックフラッグが圧巻



このあたりはさすがに先輩。


さてさて試合は前半終了間際PK献上。

落ち着いて決められ先制を許す。

しかし後半14分 武田のロングスローをソン・ハンキがバックヘッドで流し込み同点。


綱田選手の父ちゃんとハイタッチするわれらが親子。

綱田選手が前半のみで下がったのが少し残念・・・・


最近先制されてもゴール裏に動揺なし(笑)

いやいや慣れてきてるんじゃなく「信じ切ってる」のです。

・・・たぶん・・・おそらく・・・・


その信念通り

「前半シュートゼロ」-「後半同点」-「長崎1人退場、讃岐数的有利に」

どんどん好転し始める戦局。

しかし、あいても強敵

われらが勝ち越しゴールを許さず

あまつさえ決勝ゴールをロスタイムに叩き込まれそうになりながら終了。


まぁ・・・正直・・・勝てたかもしれない・・・と思うこともあるが、

ヴェルディ戦より数的有利な展開を有効に使っていたし

これもまた一段一段登っていくのかなと思います。

今日はアウェイだしこれでよし!!

なんたって昨年プレーオフ出場チーム

京都や千葉、昇格した徳島と同等のチームにアウェイで勝ち点1は良しとしよう!!!

上出来!!!




6分勝ち(勝ちじゃないけど)は励みを生む

8分勝ちは油断を生む

10分勝ちはおごりを生む・・・・らしいのでこれからの成長を期待してスタジアムを後にする。

駅から少し遠いけどつらく感じない

それはやっぱりチームが強くなってると感じるからかもしれない。




追伸

その日は帰らず福岡一泊

中州の屋台を初体験

ここでも弟君はうまい!!を連発し屋台のにーちゃんを喜ばせていた!!

九州の味覚が彼には合うらしい(笑)











最新のカマタマーレ情報満載のブログ村はこちらから!!

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村















コメント

うわあ~懐かしい写真ですね♪
いろんな事を思い出しました(笑)

数的有利の展開…勝ちたかったですね!
でも選手たちみんな確実に進化してますよね
今後の活躍に期待です♪

No title

こんばんは!
コンササポ2です(^^ゞ

とってもほのぼのして思わず笑顔です(^o^)
長崎サポさんもいい方ばかりですね!
かわいい弟くんにもよろしくです!

お邪魔しました<m(__)m>

2011年島原

2011年島原に私も初アウェイ行きました。最後の1,000円高速で。父子のアウェイでした。
諫早では、 おおーっ これが丸亀製麺かぁ・・・と うどんを食し、試合後は島原で温泉つかり。そして休憩場で、TVニュース放送で 吉澤ゴールみて ガッツポーズ!
皆での集合写真見て、懐かしいです。
今はなかなかアウェイへ行きませんが、ホームはほぼ観戦してます。バック中央で^^

今後もブログ楽しみにしてます。

Re: タイトルなし

mamanaranai様
懐かしいですねぇ~
今はサポーターも大応援団になったし
対戦相手はヴェルディやら磐田やらラモスやら川口やら・・・・
普通にナイターを開催できるし
当時は貧乏委でできなかった(笑)

楽しい3年間でした。
これからもっと楽しくなるものと期待してます。

選手たちも進化してますね
私も思ってました。
このチームは急激に進化してるって。
これから楽しみです。

またコメントくださいね

いろいろな思いが込み上げてうまくコメントが返せません(笑)
しかしそれは「今、かなり幸せ」だからかも・・・



ではでは・・・
今週は丸亀でお会いしましょう~

Re: 2011年島原

とあサポさま

覚えています。
福岡のSAでお会いした親子さんでしょうか??
香川ナンバーだったのでまさかカマタマーレの応援!?と思ってたら
スタジアムでお会いしてびっくり!!

確かに最後の高速1000円の日でしたねぇ~。

またアウェイでご一緒することありましたら
よろしくお願いしますね。

私はあれ以後もう・・・狂ったようにアウェイに参戦してまして
いい大人が少し・・・はずかしい・・・・・

まずはホームでお会いしましょう~

ではでは・・・

Re: No title

コンササポさん!!!
いやいや、いよいよですねぇ~。
初顔合わせ・・・・
一つお手柔らかに・・・

秋のサッポロも楽しみにしてます。
できれば参戦予定です。

まずは今節
お見えになるコンササポさんを「究極のおもてなし」で迎えますね。

いらっしゃるなサポ様には
「道中、くれぐれも気を付けて」とお伝えください。

コメントありがとうございました
ではでは


ぶらぶらと

ネット見てたらこちらにたどり着きました。
互いにJFLから、競ってきただけにカマタマーレも凄い親近感あるクラブ。

モッチーとオカムーもそちらにいますからねぇ(^ ^)

お互いにJの荒波を乗り越えましょうね!

Re: ぶらぶらと

コメントありがとうございました。
先日はお邪魔いたしました。

おうどんおいしかったです。

これからもよろしうお願いいたします。
此方は充分J2の苦い部分を堪能しております。
しかし頑張って来年もこの舞台で!!と思っています。
長崎さんはまた別の目標があると思います。
今シーズンの活躍をお祈りいたします。

追伸
2年前はかきどまりにもお邪魔しました。
霧で試合はなかったんですが(笑)
いつもおいしいちゃんぽんも食べて帰ってます(笑)

もっちーとおかむー大事にします。
というかもういなくなると困ります。
山本も。
ありがとうございました。

またコメントくださいね
ではでは・・・
非公開コメント

プロフィール

がく 

Author:がく 








2017年 チャント集

2017 カマタマーレ 選手チャント
2017 カマタマーレ 選手チャント posted by (C)がくお

2017 カマタマーレ チームチャント
2017 カマタマーレ チームチャント posted by (C)がくお

ブログサブタイトル 

2017 J1侵攻編

カマタマーレ讃岐公式ホームページ
コチラから


2013年6月30日以前のブログはこちらです
とあるサポーターへの追憶~カマタマーレサポーター日記~


にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 



小学生では水泳を習ってました。水泳の脚力アップにサッカーを習いましたがむしろサッカーの魅力に取りつかれました。しかし小学校5年生からのスタートはハンデでした。伸び盛りのゴールデンエイジにまだサッカーをはじめていないこと。インターネットなどがなく、今ほど理論的な指導はなく、スクールなどは充実していなかったことなど。何よりその才能はサッカーの神様に愛されているとは到底言い難いものだったこと(泣)。選手としてはMF、DF最後はゴールキーパーとして15歳の試合を最後に(中学総体時)に引退しました。

月日は流れ・・・

その後もサッカーは好きで代表戦やJリーグを中心にサッカーを見ていました。トッププレーヤーのため息が出るほどの美しいプレーを見るたび、自身の才能のなさを嘆くこともありました。なぜサッカーをすることにおいて、サッカーの女神は私を愛してくれなかったのか?(同じ名前なのに鹿島の柴崎君は愛されているようです・・・笑)その答えは40歳を過ぎた時に明らかになる出来事がありました。わが郷土にJリーグを目指して闘い始めたサッカーチームが現れたのです。女神様は競技する才能を私に与えなかった。しかし、それと引き換えに「サッカーを愛する才能」をふんだんに授けてくれたたことに気が付きました。そしてその才能を充分発揮できる宝物も与えてくれました。今、私の才能・・・サッカーを愛する才能・・・のすべては一つのチームに注がれています。そのチームの名前はわが郷土から初めて誕生しようとしているプロサッカーチーム・・・「カマタマーレ讃岐」。このチームとともに神様が与えてくれたミッションを果たすべくすすむ大冒険をブログにつづりたいと思います(笑)

よろしくお願いいたします

(=゚ω゚)ノ


このブログタイトルについて

初めてカマタマーレの試合を観戦した時に目にした古参サポーターさんたちの情熱。とても感動したのを覚えています。それ以後、彼らの熱い思いをいつまでも振り返れるよう、そして自分自身が忘れないようにこのタイトルをつけました。

飛行士業

しかし、モデルとなった原作「とある飛空士への追憶」のようにさわやかなブログには程遠く「暑苦しく、無秩序に取り乱した文章」を書き散らかされております。ご容赦ください。ちなみに筆者イメージも原作とは程遠く「飛空士」というより「低牛」のほうがイメージに合致します(笑)

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 

最新トラックバック

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR