勝った

勝利直後のバックスタンド





息子が応援したいと自ら言い出した

ここ3戦はすすんで観戦している。

いつもは誘っても乗ってこないときもあるのに・・・


つまり、小学4年生が観戦して

すごい!!面白い!!惜しい!!勝てそう!!

・・・というサッカーをわが愛するチームはここ数試合、展開していた。


今になって思えばそういう事だったのかもしれない。


私事の関係で今日はボランティアをお休みさせてもらい

家族全員、最初っから「熱狂的なサポ」として過ごす。



キックオフ2時間前に到着し

選手バスをお迎え





スタグルを堪能して、プレゼント景品の受け取りをしてバックスタンドに移動。

マッチデーハイライトで紹介していた牛すじうどん・・・うまし!!!





キッズアトラクション参加して楽しんで

水分を大量に補給して

試合前集会に参加して気合も充填。



スイマセン・・・・



ここから座って応援するエリアに陣取るつもりでしたが、

今日は決起集会で火がついたのか子供が「立って応援したい!!」

と言い出しまして・・・・・


しばらくお邪魔してなかったのでポジションは遠慮がちなところで・・・と思ったら

CLさんのすごく近くに「てくてく」と・・・・



ええい!!!ままよ!!!!



久しぶりの声出しエリア中心核に陣取らせていただきました。

場所取りしてる感じではなかったのでお邪魔したわけではないと思うのですが・・・・


しばらく参加してなかったに、突然、現れてすんません・・・(笑)





やっぱりナイターっていいなぁ・・・

涼しい、幻想的

さらに昼間は練習があるサッカー少年のお子様も観戦に来れる。

息子のサッカー友人もたくさん来ていたらしい。


さてさて試合は私の希望をまったく叶えてくれない展開(笑)

何と先制点を許してしまう(笑)

しかし、同点、逆転・・・・勝利!!!




つくづく素人な私

恐れ入りました。



しかし、勝つのは難しい



それは今後も同じだろう。


のたうちまわって、悔し涙を何リットルもながして、時にはケンカして

勝ち点とは積み上げるものらしい。


私のつたないブログに寄せられた

多くの先輩チームサポさんの激励からもそのことは伝わってくる。



しかし、しかし・・・・今日は、今日だけはこの時間をみんなと共に共有していたい。

選手、サポーター、ボランティア、運営社員さん・・・


みんなお疲れ様でした。

本当に本当にお疲れ様でした。

そしておめでとう!!!


平成26年 5月24日 カマタマーレはJリーグ ディビジョン2 で初の勝ち名のりを上げた!!!

私はこのカクテル光線が作り出す光景をこれからもずっと覚えていたいと思う。






最新のカマタマーレ情報満載のブログ村はこちらから!!

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村








コメント

初勝利おめでとうございます。

初勝利おめでとうございます。(≧∇≦)
いろいろな方のブログなどで、待ちに待った勝利の喜びが伝わります。
裏天王山とも言われた試合でしたが、どちらも気合いが入ってて良い試合でしたね。
この一勝でもっと多くの観客が集まると嬉しいですね。そしてチームも自信を持って戦ってくれると勝ち点も増えると思います。
頑張っていこー!カマタマーレ!

相変わらず拝読させて頂いてます。
勝利も勿論ですが、ご子息が12番目の戦士として元服された事におめでとうございます(o~-')b

ハイタッチ

先日の試合は、またも、相手に先制点を奪われ嫌な雰囲気になりましたが、選手もサポーターも富山との試合の意味合いを痛いほど感じていたのでしょう!
選手は、足を痙りながら、サポーターも声が枯れるまで頑張ったお陰でJ2初勝利を勝ち取ることが出来ました。
しかし、まだ、最下位であり、最低の目標であるJ2残留圏内脱出までには、これからです。
今シーズン初めて、見知らぬ周りのサポーターと得点が入るたび、勝利の瞬間はハイタッチをすることが出来ました。
今後、選手及びサポーターが頑張って、ハイタッチの回数が増えるように、また、一般観客も丸亀競技場に応援に来てハイタッチがしたいと思ってくれる方が増えるといいですね!!!!

J2残留圏外脱出!!

済みません、先ほど、J2残留圏外脱出をJ2残留圏内脱出と記載しました。
やはり、目標は大きく、J1昇格プレイオフ進出ですね!!

No title

この間は、通ぶって上の方から見ており、全体が良く見えたのですが、開幕したころに比べれば攻撃・守備ともに本当に良くなってますよね。
チャンスは作れているので、ストライカーがいればかなり楽な試合展開になるのになあと思いました。

Re: 初勝利おめでとうございます。

お祝いしていただきありがとうございます。

待ちに待ったというより「未体験ゾーン」でした・・・Jでの勝利は・・(笑)
試合後、私はどんな反応をしていいのやらわからず・・・・・
いろんな感想がブログ、ツイッター、SNSで発信されてます。
みんなもそんな感じかもしれないです。

しかしこれからが本当の戦い。
1勝2分12敗のペースになるわけにはいきませんので
まだまだ「いばらの道」は続きそうです
勝ち点もお客さんも・・・

試合は双方気合が入っていいゲームでした。

またコメントくださいね
ではでは・・・

頑張ります

コメントありがとうございました。

Re: ハイタッチ

コメントありがとうございます。

同感です
みんなでつかんだ勝利ですよね。
そしてこれからが残留に向けて、あるいはプレーオフに向けて本当の戦いですね。
(おそらく今年は前者でしょう・・・笑)

私もハイタッチしまくり・・・
隣の人に抱き着いていました(笑)
私ももっともっとハイタッチしたいです。
みんなとカマタマーレを楽しみたい。


次節も頑張りましょうね
コメントありがとうございました。

Re: No title

たけちゃんお疲れ~!!

そうおもう!!??思ってくれる!!

いや~自信なかったのよ。
自分はそう信じるしかなかったのだけどたけちゃんに言われると
やっぱ成長してんだなぁ・・・と思います
安心しました。

ストライカーは木島さんの復帰を待ち望んでおります。
夏、誰か来てくれるかもしれんし・・・

コメントありがとう
たぶんこの時期は遠い旅に出る予定と思いますが気を付けて行ってきてね!!

丸亀ではお会いできず申し訳なかった・・・
ではでは

都内在住無所属様へ

コメントありがとうございます。
後でスカパーで確認しましたところ
立派なサポーター戦士になってました。

親としてうれしいような・・・不安なような・・・(笑)

コメントありがとうございました。
非公開コメント

プロフィール

がく 

Author:がく 








2017年 チャント集

2017 カマタマーレ 選手チャント
2017 カマタマーレ 選手チャント posted by (C)がくお

2017 カマタマーレ チームチャント
2017 カマタマーレ チームチャント posted by (C)がくお

ブログサブタイトル 

2017 J1侵攻編

カマタマーレ讃岐公式ホームページ
コチラから


2013年6月30日以前のブログはこちらです
とあるサポーターへの追憶~カマタマーレサポーター日記~


にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 



小学生では水泳を習ってました。水泳の脚力アップにサッカーを習いましたがむしろサッカーの魅力に取りつかれました。しかし小学校5年生からのスタートはハンデでした。伸び盛りのゴールデンエイジにまだサッカーをはじめていないこと。インターネットなどがなく、今ほど理論的な指導はなく、スクールなどは充実していなかったことなど。何よりその才能はサッカーの神様に愛されているとは到底言い難いものだったこと(泣)。選手としてはMF、DF最後はゴールキーパーとして15歳の試合を最後に(中学総体時)に引退しました。

月日は流れ・・・

その後もサッカーは好きで代表戦やJリーグを中心にサッカーを見ていました。トッププレーヤーのため息が出るほどの美しいプレーを見るたび、自身の才能のなさを嘆くこともありました。なぜサッカーをすることにおいて、サッカーの女神は私を愛してくれなかったのか?(同じ名前なのに鹿島の柴崎君は愛されているようです・・・笑)その答えは40歳を過ぎた時に明らかになる出来事がありました。わが郷土にJリーグを目指して闘い始めたサッカーチームが現れたのです。女神様は競技する才能を私に与えなかった。しかし、それと引き換えに「サッカーを愛する才能」をふんだんに授けてくれたたことに気が付きました。そしてその才能を充分発揮できる宝物も与えてくれました。今、私の才能・・・サッカーを愛する才能・・・のすべては一つのチームに注がれています。そのチームの名前はわが郷土から初めて誕生しようとしているプロサッカーチーム・・・「カマタマーレ讃岐」。このチームとともに神様が与えてくれたミッションを果たすべくすすむ大冒険をブログにつづりたいと思います(笑)

よろしくお願いいたします

(=゚ω゚)ノ


このブログタイトルについて

初めてカマタマーレの試合を観戦した時に目にした古参サポーターさんたちの情熱。とても感動したのを覚えています。それ以後、彼らの熱い思いをいつまでも振り返れるよう、そして自分自身が忘れないようにこのタイトルをつけました。

飛行士業

しかし、モデルとなった原作「とある飛空士への追憶」のようにさわやかなブログには程遠く「暑苦しく、無秩序に取り乱した文章」を書き散らかされております。ご容赦ください。ちなみに筆者イメージも原作とは程遠く「飛空士」というより「低牛」のほうがイメージに合致します(笑)

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 

最新トラックバック

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR