先手必勝

先手必勝

意味

戦いの局面で相手よりも先に攻撃を仕掛ければ、必ず勝てるということ。

「先手」は相手よりも先に戦いを始め、出鼻をくじくことによって局面を有利にすること。



サッカーの戦術には詳しくない

故に「勝利の方程式」の提言ではない。


そんな大それたことはできんし(笑)

まさに私の次節試合展開の「希望」である。


しかし、しかし・・・切実な願いである。


カマタマーレが対戦相手をリードし、主導権を握っていた時間は

ギラヴァンツ北九州戦の11分のみ。

トータル11分しかない。

14試合 総計1260分の 1%に満たない。



先手必勝



どんなに泥臭くてもいいから先取点を奪い、主導権を奪取。

あとは立て籠もりでも穴熊でもいいのでゴールに鍵をかける。

時折、鋭いカウンターで相手を迎撃しながら決死の防御戦を展開する。


われらサポ陣地から遠いサイドで得点し

遠いサイドで防御戦を展開するのは

観戦者としてはつまらんが(笑)それは我慢しましょう!!


これまで先取点を取れたのは北九州戦のみ

それも前半に追いつかれ、主導権を握れないまま終わった。


そのほかの展開は0-0 の前半で終わり 

後半のどこかの時間で均衡を崩され敗れるパターン。


将棋でいう「千日手」のような試合展開は

ずるずると消耗戦に引き込まれ、戦力に劣る我らは必ず不利になる。


その他は序盤、あるいは後半立ち上がり失点してはそのまま敗退のパターン。


選手もサポもあと少しで「勝てる」という経験すらない。(泣)



ゆえに監督・選手もわかっていると思う。

私が指摘するなんてナンセンスだと思う。

これまでもそういうゲームプランだったのかもしれない。



おそらく今節も「死者狂い」で先取点を奪いに行く。

前半20分までに波状の猛攻をかけ続けるか??


結果、燃料切れ起こしてもいい。

極端な話、1点リードの試合展開は燃料切れでも足は動く。

同点ならどんどん足が重くなり

リードされた局面では足が止まる。


そりゃそうだ


点を奪えてないプレッシャーはスタミナを奪い

リードされているストレスは心を削る。

(そりゃサポも一緒かも・・・・)



だから喉から手が出るほどほしい。

先取点=先手必勝

私も応援エネルギーをまずは最初の20分全開で臨みたい。

先取点奪取のために。


カマタマーレ讃岐にとってカターレ富山は手強い、間違いなく「格上」

私は今週、この事実を認めるところから始めようと思う。

120%の死力を尽くしてやっと五分五分だと思う。


私はそう思う。



本格的・専門的な意見はあると思うし、

成績的に見て、「そんなに悲観しなくても・・・」

という意見もあるかと思いますが・・・・(笑)



追伸

終わってみれば後半逆転勝利だったりして・・・・

いや~!!!それもまた大歓迎!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・それ以外はお断り

コトワル━━━( ゚ω゚ )━━━!!!!






今日のブログ・・・・

専門家ではないのに書いてしまった・・・・。

御笑読くださいね





最新のカマタマーレ情報満載のブログ村はこちらから!!

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村


コメント

No title

山雅戦以外、前半は結構やれてるので早い内に先制したいですよねえ。

愛媛戦の録画見て、試合終了後に解説の大西さんが讃岐を褒めて、応援してくれているのを聞いて、ちょっと泣きました。
「カマタマーレの試合は悪くない。必ず勝利の瞬間がやってくる。」と、
富山戦でそれが見られると良いですねえ^^

個人的には岡村がやってくれそうな気がします。

ライフ様

いや~
戦術は素人なんで恥ずかしい文章でして
コメントいただきありがとうございます。

そうなんですよ山雅戦の様な展開が最も恐れるパターンですねぇ・・
J2に順応してきた今は
そんな簡単には「発生しない」と思うんですが・・・
まぁ、事故みたいなのは防げないし・・少し心配・・・

けど
そろそろ「運」も上向いてもいい頃かと(笑)

ホント、先取点・・・・ほしい・・・・

スカパーの解説席にも俺らのチャントが届いたんですかねぇ・・・
とてもありがたいコメントで嬉しかったです。
みんなすごい声出してますもんねぇ~

さて富山戦・・・・
どんな試合になるのか想像がつかないのですが、
どんな展開になっても一生懸命応援しようと思ってます。

私は個人的に15番が決めて勝ったら泣きます(笑)



No title

以前お邪魔したコンササポ2です。

見事な逆転勝利 おめでとうございます!
いいサッカー続いてたので
大丈夫とは思いつつ。。。

やった~!
これからも密かに応援しますね(笑)

本当におめでとうございます

コンササポ2さま

コメントありがとうございます。
祝福ありがとうございます。

なんとも長い3月間でした。
しかし、選手、サポ、運営が改めて一体になった3月間でした。

後になって意義あるものだったといえるよう
今後も心ひとつに頑張りたいと思います。

しかし、初めてJリーグで「勝った」だけで
本当の戦いはこれから・・・・
本当に本当にこれから苦しい戦いが待っているものと覚悟しています。

これまでの気持ちを忘れずに謙虚に献身的に応援し続けたいと思います。

またコメントくださいね。

追伸
次の長崎戦が本当の意味での成長のあかしを図る試合だと思っています。
頑張ります。

その次は・・・・・

楽しみにしています。
おそらく初めてあいまみえるので・・・

お出迎えアウェイ担当ボラをする可能性あります。
いらっしゃるお仲間に「お気を付けていらしてください」と
お伝えくださいね。

ではでは・・・・

さすがに日曜日は疲労困憊でした(笑)
非公開コメント

プロフィール

がく 

Author:がく 








2017年 チャント集

2017 カマタマーレ 選手チャント
2017 カマタマーレ 選手チャント posted by (C)がくお

2017 カマタマーレ チームチャント
2017 カマタマーレ チームチャント posted by (C)がくお

ブログサブタイトル 

2017 J1侵攻編

カマタマーレ讃岐公式ホームページ
コチラから


2013年6月30日以前のブログはこちらです
とあるサポーターへの追憶~カマタマーレサポーター日記~


にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 



小学生では水泳を習ってました。水泳の脚力アップにサッカーを習いましたがむしろサッカーの魅力に取りつかれました。しかし小学校5年生からのスタートはハンデでした。伸び盛りのゴールデンエイジにまだサッカーをはじめていないこと。インターネットなどがなく、今ほど理論的な指導はなく、スクールなどは充実していなかったことなど。何よりその才能はサッカーの神様に愛されているとは到底言い難いものだったこと(泣)。選手としてはMF、DF最後はゴールキーパーとして15歳の試合を最後に(中学総体時)に引退しました。

月日は流れ・・・

その後もサッカーは好きで代表戦やJリーグを中心にサッカーを見ていました。トッププレーヤーのため息が出るほどの美しいプレーを見るたび、自身の才能のなさを嘆くこともありました。なぜサッカーをすることにおいて、サッカーの女神は私を愛してくれなかったのか?(同じ名前なのに鹿島の柴崎君は愛されているようです・・・笑)その答えは40歳を過ぎた時に明らかになる出来事がありました。わが郷土にJリーグを目指して闘い始めたサッカーチームが現れたのです。女神様は競技する才能を私に与えなかった。しかし、それと引き換えに「サッカーを愛する才能」をふんだんに授けてくれたたことに気が付きました。そしてその才能を充分発揮できる宝物も与えてくれました。今、私の才能・・・サッカーを愛する才能・・・のすべては一つのチームに注がれています。そのチームの名前はわが郷土から初めて誕生しようとしているプロサッカーチーム・・・「カマタマーレ讃岐」。このチームとともに神様が与えてくれたミッションを果たすべくすすむ大冒険をブログにつづりたいと思います(笑)

よろしくお願いいたします

(=゚ω゚)ノ


このブログタイトルについて

初めてカマタマーレの試合を観戦した時に目にした古参サポーターさんたちの情熱。とても感動したのを覚えています。それ以後、彼らの熱い思いをいつまでも振り返れるよう、そして自分自身が忘れないようにこのタイトルをつけました。

飛行士業

しかし、モデルとなった原作「とある飛空士への追憶」のようにさわやかなブログには程遠く「暑苦しく、無秩序に取り乱した文章」を書き散らかされております。ご容赦ください。ちなみに筆者イメージも原作とは程遠く「飛空士」というより「低牛」のほうがイメージに合致します(笑)

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 

最新トラックバック

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR