アウェイ愛媛戦 観戦記



いろいろあったアウェイ戦ですが

うちの家族は到着後、最初の1時間は動物園でいろいろな動物と親しみ



試合開始1時間前にスタジアム到着

おいしそうなスタジアムグルメを楽しみました。



なぜかこのグルメが松山で売られている(笑)




試合も本当に気持ちの入ったプレーだったと思うのです。

個人的には。




あとは結果がついてくるだけ。

充分試合楽しめました。



そりゃサポーターとして悔しいし、

選手はプロなので勝たなければ非難されても仕方ないかもしれませんが・・・・

何か次第に期待が膨らむ・・・

というか最近、堂々と戦っている。

修羅場をかいくぐっている「凄み」のようなものを感じる。


選手からもサポからも


選手はJFL時代の何というか・・・線の細さみたいなものがなくなり

どんどんたくましくなっている。


サポもなんかJ2昇格の少しお祭り気分から

ここで生き残っていく術のようなものをつかみつつあるような気がする。

みんな、すごいよ!!チャントなんか開幕当時の3倍は声量が出てる。

必死、願い、情熱、すべてがピッチにスタンドに伝わる。

アウェイゲートで「もぎり」しててもほんとによく聞こえる。

ハーフタイムで女の子が「声枯れた~!!」って笑顔をで話してる(笑)

この事実が成長の証。

何と強烈な進化でしょう。



それはおそらくみんな気が付いていると思う。

この数試合は惜敗。負けたけど、負けるべくしてではない。


最近は相手チームに畏怖されているようにすら感じる。

「最初にやられるのは俺たちじゃないか!?それはいやだ・・・」・・・っていう恐怖を相手から感じる。

「俺たちの経験したことのない修羅場を戦い抜くこのチームはおそらくこの3月間で急成長している・・・」

こんな気持ちが相手にはあるのではないかな。






最後に道後温泉につかり

「坊ちゃん団子」大量に購入して帰る。






今回の事件にわが家族は遭遇せずにすんだ。

遭遇していたら・・・・う~ん・・・・想像できない。


今日の新聞に乗っているような事件に

遭遇していたら「明るい帰路」にはならなかったかもしれない。


怖い思いをした少年たちがいるのかも知れない。

悔しい思いをした女の子がいるのかもしれない。


事実を知らないので語れないが

深く傷ついた人がいるなら早く元気になってほしい。

心からそう思う。


アウェイ観戦はその土地の文化や風土、いろいろな人情に触れ

人生を豊かにしてくれることは間違いない。


アウェイ観戦を嫌いにならないでほしいな・・・・と思う。

サッカーで人生の豊かさを見つけてほしいと思う。




追伸

見てない人間なのでこのあたりに・・・・

ただ私が見た愛媛サポはすべてフレンドリーで親切な方たちばかりでした。




最新のカマタマーレ情報満載のブログ村はこちらから!!

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村






コメント

No title

写真の12です
後から妻(となり)から聞いて知ったのですが
がくおさん後ろにいらしたのですね
挨拶できずに申し訳ないです。
私も初アウェイでしたが道中で出会った釜サポと挨拶
したりスタジアムグルメを食べたり非常に楽しいひとときを過ごせました
選手待ちの時は家族共々ビックリしましたが
駐車場に着いた時から愛媛サポから歓迎の言葉を頂き
ほっこりしました
また行く機会があれば行きたいと思いました。

No title

こんにちは。岡山に住んでる者です。m(__)m
カマタマーレ讃岐は近い県という事もあり、内容や結果を気にしております。勝ち星は無いですが、ブログにもあったように確実にレベルは上がっていると感じます。ゴールポストに嫌われるシーンも多く、「おしーーーい!」と声を上げる事も数多いです。(笑
7月の丸亀での瀬戸内対戦が今から楽しみです。w
おそらくアウエーのチケットは完売すると予想します。選手がピッチで精一杯戦えるようにお互い後押していきましょう。(/´з`)/

12番様へ

なんと!!前に座っていたご夫婦さんでしたか!!
知らぬこととはいえ写真掲載お許しください。

次にお会いできたときお話しできればうれしいです。
初アウェイとのこと。
あの応援にお加わり頂いたこととてもうれしく思います。
次節もよろしくお願いいたします。
私も微力ながら全力で応援したいと思います。

アウェイ観戦をお楽しみいただけたとのこと。
なんかうれしいです。

いつもアウェイこんなに楽しいのに・・・
みんな来てくれたらいいのに・・・・
と思ってました。

おせっかいですいません。

また行きましょうね。
アウェイ観戦。

私も多くの愛媛サポさんから歓迎の言葉頂きました。
石鎚SAあたりからもう「ようこそ、ようこそ」な感じで。

つらい思いをした人がいたなら、
そのことは忘れてはいけないのかもしれません。
しかし、そろそろ「未来志向」で私は行きたい。

酸いも甘いも苦いも包括して受け入れて楽しみに変える。
時間が素敵な思い出に変えてくれるのも1つの答えかもしれない・・・と感じる次第です。

あくまでも個人的な意見ですが。

コメントありがとうございました。

ではでは・・・



おさる様

わーい
ファジサポさんから初めてのコメント!!

嬉しいです。

7月の対戦を楽しみにしています。
恥ずかしながら岡山さんのスタジアムに行ったことがないので・・・・
カマタマーレからもたくさんの応援が行くと思いますので
一つお手柔らかに・・・(笑)

今、選手もサポももがいてます。苦しんでます。
けどそれが徐々に一体感となりすべて成長に感じます。

我らに足らなかったピースがこの14戦で培われたのなら
ここまでの敗戦は意味あるものだったと思ってます。

最初の頃は本当に声も遠慮がちなところがありまして・・・
私も含めてですが(笑)

何はともあれ対戦できる日を楽しみにしています。
私たちはやっとここまで来れました。

プロサッカーの世界で
岡山VS香川の実現

私が少年のころと比べれば夢のようです。

またコメントくださいね
ではでは・・・・

非公開コメント

プロフィール

がく 

Author:がく 








2017年 チャント集

2017 カマタマーレ 選手チャント
2017 カマタマーレ 選手チャント posted by (C)がくお

2017 カマタマーレ チームチャント
2017 カマタマーレ チームチャント posted by (C)がくお

ブログサブタイトル 

2017 J1侵攻編

カマタマーレ讃岐公式ホームページ
コチラから


2013年6月30日以前のブログはこちらです
とあるサポーターへの追憶~カマタマーレサポーター日記~


にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 



小学生では水泳を習ってました。水泳の脚力アップにサッカーを習いましたがむしろサッカーの魅力に取りつかれました。しかし小学校5年生からのスタートはハンデでした。伸び盛りのゴールデンエイジにまだサッカーをはじめていないこと。インターネットなどがなく、今ほど理論的な指導はなく、スクールなどは充実していなかったことなど。何よりその才能はサッカーの神様に愛されているとは到底言い難いものだったこと(泣)。選手としてはMF、DF最後はゴールキーパーとして15歳の試合を最後に(中学総体時)に引退しました。

月日は流れ・・・

その後もサッカーは好きで代表戦やJリーグを中心にサッカーを見ていました。トッププレーヤーのため息が出るほどの美しいプレーを見るたび、自身の才能のなさを嘆くこともありました。なぜサッカーをすることにおいて、サッカーの女神は私を愛してくれなかったのか?(同じ名前なのに鹿島の柴崎君は愛されているようです・・・笑)その答えは40歳を過ぎた時に明らかになる出来事がありました。わが郷土にJリーグを目指して闘い始めたサッカーチームが現れたのです。女神様は競技する才能を私に与えなかった。しかし、それと引き換えに「サッカーを愛する才能」をふんだんに授けてくれたたことに気が付きました。そしてその才能を充分発揮できる宝物も与えてくれました。今、私の才能・・・サッカーを愛する才能・・・のすべては一つのチームに注がれています。そのチームの名前はわが郷土から初めて誕生しようとしているプロサッカーチーム・・・「カマタマーレ讃岐」。このチームとともに神様が与えてくれたミッションを果たすべくすすむ大冒険をブログにつづりたいと思います(笑)

よろしくお願いいたします

(=゚ω゚)ノ


このブログタイトルについて

初めてカマタマーレの試合を観戦した時に目にした古参サポーターさんたちの情熱。とても感動したのを覚えています。それ以後、彼らの熱い思いをいつまでも振り返れるよう、そして自分自身が忘れないようにこのタイトルをつけました。

飛行士業

しかし、モデルとなった原作「とある飛空士への追憶」のようにさわやかなブログには程遠く「暑苦しく、無秩序に取り乱した文章」を書き散らかされております。ご容赦ください。ちなみに筆者イメージも原作とは程遠く「飛空士」というより「低牛」のほうがイメージに合致します(笑)

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 

最新トラックバック

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR