東京ヴェルディ戦観戦記  野次についての私見


野次


さすがにこの状況では増えてくる。

大事な休日にお金を払い来場したお客さんの中には

試合内容に不満を持ち、そのエネルギーを選手にぶつける人もいるだろう。


ぶっちゃけ「野次はダメ!!」と言っても

ぶつける方にもそれなりの言い分もあるだろう。

そこを検証してもたぶん答えは出ない。


私は甘んじて野次を受ける。

ただ受け入れるとか奨励しているわけではない。


やじられているその瞬間は私も整列している選手の中に立たっている。

選手とともに野次を聞く。


言い訳はしない。

プロである以上結果に責任を持たねばならないのは理解している。




私の声が小さかったから選手の足が動かなかったのだ。

私の声が途切れがちだったので選手の集中力が続かなかったのだ。

私の魂が弱気だったから選手の勇気が不足したのだ。

12番目の選手であるサポーターとして敗戦の責任を受け入れる。




たぶん世界中でサッカーが行われている以上

世界中のどこを探しても野次のない試合はない。


しかし

俺たちの選手が歯を食いしばりその屈辱に耐えているんだ

俺たちがその野次に辛抱できないでどうする。




ただ試合前にレプリカユニフォームを着て

「選手と共に戦う!!」と公言している人々のなら

どうか敗戦後の責任と屈辱も一緒に分かち合ってほしい。


レプリカユニを着たサポーターがやじるのは

選手どうしでネガティブな罵り合いをしているに等しい。

それは信頼を失わせ、チームを瓦解させる。



選手と同じユニフォームを着て

「選手と共に戦う」と公言している以上

俺たちも選手なのだ。

この試合の当事者なのだ。

敗戦の責任は俺たちも同じなのだ。







俺たちの声が

選手の一歩を支えるのなら

選手の折れない心を支えるのなら

そうならなかったことに私は責任を感たい。



選手同士が胸ぐらつかみ合って戦術のすり合わせをするのはいい

サポーター同士が激しく口論して応援の仕方について語り合うのもいい


しかし、野次りまくってペットボトルが飛び交う殺伐としたスタンドになり

選手と観客に深い溝を作り、信頼関係を崩壊させるような光景が万が一起こった場合。

その翌週どんな劇的な試合で勝利しようとも俺はうれしくない。

例え勝利しても信頼関係のない形だけのあいさつを受けることはなんの高揚感もない。



ただ、ただ、選手や仲間たちと一緒に泣き笑いたいだけなのだ。



追伸

ちなみに私が陣取ったサポーターエリア最左翼には試合終了後

激しく選手を責めるサポーターはいなかった。

立派なサポーターたちの振る舞いで満ち溢れていました。



追伸の追伸

今日はつまらんことを書きました。

すんません。

|ω・`)






最新のカマタマーレ情報満載のブログ村はこちらから!!

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村

コメント

非公開コメント

プロフィール

がくお 

Author:がくお 








2017年 チャント集

2017 カマタマーレ 選手チャント
2017 カマタマーレ 選手チャント posted by (C)がくお

2017 カマタマーレ チームチャント
2017 カマタマーレ チームチャント posted by (C)がくお

ブログサブタイトル 

2017 J1侵攻編

カマタマーレ讃岐公式ホームページ
コチラから


2013年6月30日以前のブログはこちらです
とあるサポーターへの追憶~カマタマーレサポーター日記~


にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 



小学生では水泳を習ってました。水泳の脚力アップにサッカーを習いましたがむしろサッカーの魅力に取りつかれました。しかし小学校5年生からのスタートはハンデでした。伸び盛りのゴールデンエイジにまだサッカーをはじめていないこと。インターネットなどがなく、今ほど理論的な指導はなく、スクールなどは充実していなかったことなど。何よりその才能はサッカーの神様に愛されているとは到底言い難いものだったこと(泣)。選手としてはMF、DF最後はゴールキーパーとして15歳の試合を最後に(中学総体時)に引退しました。

月日は流れ・・・

その後もサッカーは好きで代表戦やJリーグを中心にサッカーを見ていました。トッププレーヤーのため息が出るほどの美しいプレーを見るたび、自身の才能のなさを嘆くこともありました。なぜサッカーをすることにおいて、サッカーの女神は私を愛してくれなかったのか?(同じ名前なのに鹿島の柴崎君は愛されているようです・・・笑)その答えは40歳を過ぎた時に明らかになる出来事がありました。わが郷土にJリーグを目指して闘い始めたサッカーチームが現れたのです。女神様は競技する才能を私に与えなかった。しかし、それと引き換えに「サッカーを愛する才能」をふんだんに授けてくれたたことに気が付きました。そしてその才能を充分発揮できる宝物も与えてくれました。今、私の才能・・・サッカーを愛する才能・・・のすべては一つのチームに注がれています。そのチームの名前はわが郷土から初めて誕生しようとしているプロサッカーチーム・・・「カマタマーレ讃岐」。このチームとともに神様が与えてくれたミッションを果たすべくすすむ大冒険をブログにつづりたいと思います(笑)

よろしくお願いいたします

(=゚ω゚)ノ


このブログタイトルについて

初めてカマタマーレの試合を観戦した時に目にした古参サポーターさんたちの情熱。とても感動したのを覚えています。それ以後、彼らの熱い思いをいつまでも振り返れるよう、そして自分自身が忘れないようにこのタイトルをつけました。

飛行士業

しかし、モデルとなった原作「とある飛空士への追憶」のようにさわやかなブログには程遠く「暑苦しく、無秩序に取り乱した文章」を書き散らかされております。ご容赦ください。ちなみに筆者イメージも原作とは程遠く「飛空士」というより「低牛」のほうがイメージに合致します(笑)

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 

最新トラックバック

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR