京都サンガ観戦記 その1



さてさて京都遠征隊に名を連ねることになりました。

急遽参戦だったもので新幹線を利用。

フェイスブックを通じてみんなに報告(笑)


まぁ、GWの渋滞を考えるとこの判断は「けがの功名」的によっかったかな??

「グリーン席で優雅にきたやろ~」とか冷やかされつつ(笑)

しかし、諸事情あり1月ぶりの試合観戦。生観戦(泣)

ヨメ様 京都に行かせてくれてありがとうぅぅぅううううう!!!!!!


で京都到着




げげ!!!田舎もんのわたしは酔いそうな人、ひと、ヒト・・・・

何とかかき分けかき分け・・・市営地下鉄を捜し四条から烏丸で乗り換え

西京極運動公園へ

やった~

到着!!

久しぶりの一人旅満喫。

うまそうなスタジアムグルメが並ぶ

たこ焼き・・・うまそう・・・ここも本場??




スタジアムグルメ街をとおり抜けながら

「ブツブツ・・・今日こそは、今日こそは、今日こそは、今日こそは・・○▽×■○▽×■○▽×■」

何やら怪しげな呪文のようにブツブツ。



こんなかんじのキッズイベント

うちも頑張ってやらなきゃなー



ピカチュー発見!!!

子供は大喜び!!!



試合前のこの喧騒

祭りのにぎわい

試合が近づく高揚感

何とも言えないこの雰囲気

この瞬間だけで入場料1500円の元は取れる。!!・・といつも思う。

勝利すれば新幹線代の15000円のもとも取れる!!!・・・・と常々感じる。(笑)

そして一人旅の最後にたくさんお仲間たちと合流できる!!

この高揚感はプライスレス!!!!




おお!!!いた、いた!!!

Jリーグ第11節 カマタマーレ京都遠征隊本体の位置を確認

只今より合流!!!





味方の航空母艦に着艦した「ゼロ戦」気分

さぁ!!!いっちょ、やりますか!!!

勝ち点3

引きちぎって持って帰ろう!!!!






最新のカマタマーレ情報満載のブログ村はこちらから!!

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村







コメント

非公開コメント

プロフィール

がく 

Author:がく 








2017年 チャント集

2017 カマタマーレ 選手チャント
2017 カマタマーレ 選手チャント posted by (C)がくお

2017 カマタマーレ チームチャント
2017 カマタマーレ チームチャント posted by (C)がくお

ブログサブタイトル 

2017 J1侵攻編

カマタマーレ讃岐公式ホームページ
コチラから


2013年6月30日以前のブログはこちらです
とあるサポーターへの追憶~カマタマーレサポーター日記~


にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 



小学生では水泳を習ってました。水泳の脚力アップにサッカーを習いましたがむしろサッカーの魅力に取りつかれました。しかし小学校5年生からのスタートはハンデでした。伸び盛りのゴールデンエイジにまだサッカーをはじめていないこと。インターネットなどがなく、今ほど理論的な指導はなく、スクールなどは充実していなかったことなど。何よりその才能はサッカーの神様に愛されているとは到底言い難いものだったこと(泣)。選手としてはMF、DF最後はゴールキーパーとして15歳の試合を最後に(中学総体時)に引退しました。

月日は流れ・・・

その後もサッカーは好きで代表戦やJリーグを中心にサッカーを見ていました。トッププレーヤーのため息が出るほどの美しいプレーを見るたび、自身の才能のなさを嘆くこともありました。なぜサッカーをすることにおいて、サッカーの女神は私を愛してくれなかったのか?(同じ名前なのに鹿島の柴崎君は愛されているようです・・・笑)その答えは40歳を過ぎた時に明らかになる出来事がありました。わが郷土にJリーグを目指して闘い始めたサッカーチームが現れたのです。女神様は競技する才能を私に与えなかった。しかし、それと引き換えに「サッカーを愛する才能」をふんだんに授けてくれたたことに気が付きました。そしてその才能を充分発揮できる宝物も与えてくれました。今、私の才能・・・サッカーを愛する才能・・・のすべては一つのチームに注がれています。そのチームの名前はわが郷土から初めて誕生しようとしているプロサッカーチーム・・・「カマタマーレ讃岐」。このチームとともに神様が与えてくれたミッションを果たすべくすすむ大冒険をブログにつづりたいと思います(笑)

よろしくお願いいたします

(=゚ω゚)ノ


このブログタイトルについて

初めてカマタマーレの試合を観戦した時に目にした古参サポーターさんたちの情熱。とても感動したのを覚えています。それ以後、彼らの熱い思いをいつまでも振り返れるよう、そして自分自身が忘れないようにこのタイトルをつけました。

飛行士業

しかし、モデルとなった原作「とある飛空士への追憶」のようにさわやかなブログには程遠く「暑苦しく、無秩序に取り乱した文章」を書き散らかされております。ご容赦ください。ちなみに筆者イメージも原作とは程遠く「飛空士」というより「低牛」のほうがイメージに合致します(笑)

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 

最新トラックバック

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR