カギは戻ってきます

滝川クリステルさんの名スピーチ

「もし皆様が東京で何かをなくしたならば、ほぼ確実にそれは戻ってきます。例え現金でも・・」

これは東京の治安の良さをアピールする非常に素晴らしい事例紹介だと思った。



先日の横浜FC戦は悔しい結果となった。


試合会場を後にするカマタマーレ側のサポーターの顔は元気がない。

僕らは横浜側、讃岐側、分け隔てなく来場のお礼を笑顔でした。

故にそのサポーターの「反応」でテンションがわかる。



その元気のない集団の中から「少年と母親」が近づいてくる。

バス停の場所かタクシー乗り場の確認かな??と思い事情をうかがう。

何と息子さんが「自転車の鍵」を紛失したらしい。

とてもお困りの様だし、少年も気丈にふるまっているが内心「落胆」している事と思う。




しかし、しかし・・・・




極小の自転車の鍵。

目につくかどうか・・・・


見つけても拾い上げ、わざわざ届ける「ゆとり」がいまあるかどうか・・・

この落胆したサポの行進のさなか、そのエネルギーが残っているだろうか???



少し絶望的な気持ちになりながらもそのことを悟られぬよう

「本部に落し物の問い合わせをしてみます!!」と答える。



見つからなくてもしっかりした対応をすれば

束の間の「期待と安心感」ぐらいは・・・・差し上げたく思う。



トランシーバーから「落とし物の確認」の連絡を入れる。


「こちらアウェイゲートリーダーより各ゲートリーダーおよび本部スタッフへ。

落し物の確認願います。小学生らしいお客様が自転車の鍵をお探しです。どちらかに届いていないでしょうか??」


数秒の沈黙の後


「こちらバックスタンド案内担当です。自転車の鍵、落し物1点お預かりしております」

との回答。


「落し物で自転車の鍵が1点届いているそうです!!」

そう答えるとパッと明るくなる少年。

大事な自転車なのだろう。

親子さんをバックスタンド総合案内所にお連れする


結果

「それです!!そのカギです!!」

私が想像した以上に「小さい鍵」と想像以上の「歓喜」の親子。

その探していたカギはしっかり落とし物として届いていた。


総合案内前でも試合内容に落胆した「聖者の行進」は続く。

よく似た状況下で見つけた落とし物の鍵を

蹴飛ばしたり池に投げ捨てる残念な「光景」をこれまで人生経験で見てきた。



しかし、決して人を気遣う気持ちを忘れず困った人を助けたいと思うサポたちがカギを届けた。


当たり前のことかもしれないとはわかっている。


しかし・・・

もし届いてなければ少年の今日の思い出は苦々しいものになっただろう。

一生懸命応援し、試合に敗れ、あまつさえ大事な自転車の鍵をなくす。

落し物でも届いていない。


彼の一日はとても悲惨だ。

カマタマーレの応援に2度と来たくなくなるかもしれない。

届けていただいた方、カマタマーレの応援にいらした方かと思うが

少年の大切な思い出をお守りいただきボランティアの一員として感謝申し上げます。


彼は10年後、天才プレーヤーとしてカマタマーレに入団し

得点を量産するかもしれない。


未来の英雄の夢を救ったのだ。

とても誇らしい。





「もし皆様が丸亀競技場で何かをなくしたならば、ほぼ確実にそれは戻ってきます。例え現金でも・・」










最新のカマタマーレ情報満載のブログ村はこちらから!!

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村



コメント

非公開コメント

プロフィール

がく 

Author:がく 








2017年 チャント集

2017カマタマーレ選手チャント
2017カマタマーレ選手チャント posted by (C)がくお



2017カマタマーレチームチャント
2017カマタマーレチームチャント posted by (C)がくお




ブログサブタイトル 

香川にはカマタマーレとサイコーの週末があります。




カマタマーレ讃岐公式ホームページ
コチラから




2013年6月30日以前のブログはこちらです
とあるサポーターへの追憶~カマタマーレサポーター日記~




にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 




どうも!!香川県に住んでる社労士です。私は働く人と社長さんの素敵な関係を作るお手伝いしています。


いつも思うのですが香川の若い人は都会に行きたがり、残る人は故郷が好きではないように見えます。大人は割り切ったふりをして、代わりに休日の充実を捜す。そして打ち込むことがないと嘆く人います。


本当はみんな「香川大好き」なんです。「誇り」と思っているのです。


ただ・・どう表現していいいかわからない。だから「地元が嫌い」と錯覚したり、余暇の過ごし方を迷い、打ち込むことが見つからないのです。


対照的に健全に痛快に郷土愛を表現でき、充実した余暇を過ごす人たちがいます。それは香川100万人の中で、たった3,805人です。



・・・ですが確実にいます。



そう、我らカマタマーレ・サポーターです。


サポーターとは応援する怖い人たちの事ではありません。ゴール裏で飛び跳ねる人たちの事でもありません。青色のユニフォーム着ている人たちの事でも、遠く県外まで応援に駆け付ける人の事でもありません。



ただ「香川が好き」「故郷が好き」・・それが心の真ん中にある人たちのことです。その人たちが郷土の誇りとなって闘うサッカーチームを応援した時、サポーターになるのです。




もやもやして毎日を過ごしている方、イライラして会社に行っている方、人生退屈と悟り気味の方、打ち込むことがほしいと渇望している方、


後悔させません。



あなたが香川で探しているものが「ここに」あります。一度見に来てください。そしてちょっとの勇気で私たちに話しかけてくださいね。いつまでもいつまでもお待ちしています。




もちろんサポーターだけがクラブを応援する訳でもありません。ボランティアとして活躍してくれても同じ。何時でも大歓迎です。



あるいは「香川県を盛り上げたい」と願う社長さんは大小さまざまなスポンサードの仕方あります。ぜひ一緒に盛り上げていただけたらと思います。


そのきっかけとなるようこのブログを書きつづります。


すこし暑苦しいかもしれないけど少し独断と偏見入るかもしれないけどその時そこにいた私の素直な感情をつづる事お約束します。

そこに自分の探しているモノ見つけたらその匂い感じたなら是非スタジアムに来てください。


いつまでもお待ちしています。


いつか出会う未来の仲間たちへ


カマタマーレ讃岐 とあるサポーター がくお








にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 

最新トラックバック

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR