fc2ブログ

釜玉国紀!?

さぁ、新シーズン。

いろいろあったし

いろいろこれからもあると思う。

けど前向いていこう

後ろには夢がない。








去りゆく男達を

渾身の笑みで見送ろう。

その旅の無事を未来の幸せを祈ろう

無限の感謝を伝えよう。

そして

いつかまた私たちの人生と重なりますように。

カマタマーレの旗のもと、集えますように・・

ありがとうありがとうありがとう









もはやこれしかない









新しく集まる

新しく艦にのってくれる男達へ

ありがとうありがとうありがとう。

けっして豊かな時間とは保証できない。

嵐に向かって進むのである。

それでも一緒に乗ってくれる新しい仲間に

感謝感謝感謝である。









残ってくれた仲間たちに

もちろんサポやファンも含めて

これからもよろしくお願いします。

ワクワクします。

皆がまた居てくれるから、

何も怖くないのです。











みなさんと旅ができる事

この上ない幸福です。

ハラハラドキドキです。

痺れるような興奮が湧きあがります。








さて

安倍首相がお正月に読むと公言していたので

私も読んでみた。

日本国紀

いわゆる日本の歴史本

今やっと平安時代まで読み終わった

そして初めて

日本の国家中枢に「武士」なるものが現れた

この時代を境に

日本はまた大きく変化していくのだろう。








カマタマーレは今、

何時代なのだろう。










地域リーグを縄文・弥生時代で

JFL当時は国家形成された飛鳥時代か?

この5年のJ2時代は

国家の独自性や独立性を作った平安時代に相当するのかな?

一定の戦乱の中でも皇族や貴族が治めた平和な時代。

であれば

今からの時代はいよいよ武士が現れる。

釜玉史の第2部

おおいなる戦いが続く

サムライの時代始まるのかもしれない。










我らのクラブの歴史は

まだ始まったばかりである。

釜玉国紀 第2部

死闘 J3編 開帳です。










若い釜玉国は

力強く羽ばたくのであります。

だからたくさん

泣いて笑って怒って

出会いも別れも

たくさんたくさんあると思うのです。



さぁ、行こう。

俺たちがカマタマーレ。









好きな讃岐をもっと上に

精一杯楽しもう

反撃讃岐

僕達がついている



20190107125438b54.jpeg











にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村








コメント

新たなる旅立ち

匠くんは仙台から直行ではなく「讃岐経由」で新天地山口に到着し、さっそくボールを蹴ったようです。

讃岐から旅立った彼に続き、我々も新たなる航海へと向かうとしますか

Re: 新たなる旅立ち


ここで一曲

新たな顔と

新たな決意

あらたな~~YAMATOがぁぁああ~~旅に立つ~~

匠がんばれ!!

おれらもがんばるぜぇ!!!
非公開コメント

プロフィール

がく 

Author:がく 




コチラから




2013年6月30日以前のブログはこちらです
とあるサポーターへの追憶~カマタマーレサポーター日記~




にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 


いつか出会う未来の仲間たちへ


暑苦しく独断と偏見入に満ちた

私の素直な感情を書いています

(笑)

そこに探しているモノの匂い

感じたなら

是非スタジアムに来てください。

いつまでも大歓迎です。



カマタマーレ讃岐サポーター 

がくお








にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 

最新トラックバック

月別アーカイブ

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR