fc2ブログ

10年ぶり?・・である・・・

2018シーズン最終節

もはや命運は尽きていたか

総ての難局を

弱い所

未熟なところ

改善できない所を

強固なチームワークで突破してきた

そのカマタマーレが

(リリースされた報道から推し量るだけだが・・)

最後で1つにならなれなかったとしたら

我らの命運は尽きていたのだろう。









選手は懸命に戦い

監督は最後まで勝利をめざし

現場は讃岐を強くしようとして

そしてまとまれなかったのなら・・・・

それゆえまとまれなかったなら・・・・

命運が尽きていたとしか言いようがない。









・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・






今は

10年に一度の事が起こっている

10年ぶり?だから

誰しもどのようにしていいのかわからない

金沢さんでも1度

山口さんでは2度

現場指揮官の交代劇が起こっている

ノウハウも蓄積されたことだろう。

苦い薬だったとしても

組織として未熟な部分が補われ

基盤は強化されたのであろう。










今、カマタマーレは

Jクラブとしての追試を受けている

そんな感じか・・・・・










もちろん

長期政権でのメリットはあった

長期政権がもたらすノウハウも

充分蓄えられた。

これはいいことだ。

北野さんの長期政権がどうこう

批判したいわけではない

カマタマーレは

監督交代と

それに伴う人事の刷新に

あまりにも慣れていないのである。

前回交代は地域リーグ時代

もはや「初めての経験」

と言ってもいいだろう。










これからのカマタマーレは

事業発展の専門家である社長

サッカーの方向をデザインするGM

そして現場総責任者監督

が互い独立した形で存在し

成長していく体制を望む











どこのクラブもこの3つ

独立性を保ちながら

切磋琢磨しているのだ。









ここまでは

たった一人の方が背負っていた

本来背負わなくてもよい

クラブの未来のビジョンや

資金繰りなども背負っていたのだろう

戦術の変換は

ある程度そこに配慮したものであると

コメントがある。









さて・・・

恐らく不器用なカマタマーレ

全方位的に汗かきながら

誰しもが納得できる答え

出せないだろう









けれど

今できる事

淡々と積み上げてほしい。

不細工なものでも

讃岐を100年成長させる・・・

そんな新しい力吹き込んでほしい










私も

自身ができる範囲の行動を

2019シーズン開幕まで

一つづつ積み重ねていく











私は来年もサポーターであると宣言する

私は来年もスポンサーであると宣言する

私は来年も試合前にスタジアムを掃除させてもらう

私は行ける範囲のアウェイは参戦させてもらう












まずは今年と同じものを

速やかに収集を試み、

監督人事という新しい課題に

果敢に挑戦してほしい











一途に願っている

好きな讃岐をもっと上に






にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村





コメント

No title

沼に足を取られることなく1年で戻ってきてくだされ。
一回りも二回りも強いカマタマーレとして。
我がクラブは1年で戻ることがないようにしますから。

Re: とある

了解です。
ありがとうございます。

そちらは次の目標はACLでお願いしますよ~~
非公開コメント

プロフィール

がく 

Author:がく 




コチラから




2013年6月30日以前のブログはこちらです
とあるサポーターへの追憶~カマタマーレサポーター日記~




にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 


いつか出会う未来の仲間たちへ


暑苦しく独断と偏見入に満ちた

私の素直な感情を書いています

(笑)

そこに探しているモノの匂い

感じたなら

是非スタジアムに来てください。

いつまでも大歓迎です。



カマタマーレ讃岐サポーター 

がくお








にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 

最新トラックバック

月別アーカイブ

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR