アビスパ福岡アウェイゲート体験記 貴婦人と意外な応援団と

試合3時間前のアウェイゲート



本日のキックオフはPM4時

ボランティアミーティング集合もいつもの9時ではなく12時

いつもリーダーミーティングがその前にある。

という訳で10時前にスタジアム到着。


しかし10時の会議は社員さんだけとここで気が付く(笑)

う~ん

今更帰えるわけにはいかんのでアウェイ入場口の作成に取り掛かる

時間がある方が普段は気が付かないこともできそうだ

鼻歌交じりにアウェイゲートに向かう。


さすがに今日はまだ来ていないだろう・・・・

なんたってキックオフ6時間前

しかし、しかし・・・・まだ出来上がっていないアウェイゲートテント内に人影が・・・

地元の人が一休みしてるのかと思い恐る恐る声をかけると

上品なご婦人があいさつを返してくれる。

そのイントネーションにかすかに博多弁が混じる。


そう、母と同じくらいの年齢のご婦人は昨夜12時の夜行バスに「1人」で乗り

本日7時ぐらいに丸亀駅に到着したそうだ!!

つい先ほどまでスタジアム近くのマクドナルドで時間をつぶしていたそうだ。


あまりにも感動し、またほかの人もいないし、健康も心配・・・

(松本戦では長距離バスの疲れで医務室に行ったご婦人がいた)

テントの中の椅子に座ってもらい机に荷物を置いてもらい休んで頂く。



大変恐縮されお気遣いからいろいろ話しかけていただく。



松本や岐阜にも観戦に行った事。

いろいろなところで親切にしていただきうれしかった体験談。

福岡のチームの特徴や愛してやまない理由(?笑)

高橋選手の最近の様子など尋ねられることもあった。

動かしていた手が暫しとまるほどその熱意に感心する。

大変面白いお話だった。

サッカーにも詳しい。


またもJリーグのプロスポーツの魅力に触れた気がした。

個々のチーム愛が半端ない・・・・

ご婦人に近くのおうどん屋さんなどを紹介する。


のちの列整理の際、アビスパサポーターがこの婦人に近寄り握手をしている。

強面(スイマセン)のコアサポーターも丁寧にあいさつしている。

きっとみんなの「お母さん」なのであろう。


試合終了後は私がばたばたしていてお見送りできなかった。

無事に福岡に帰り着いただろうか・・

次回「レベスタ」にいったら今日のお礼を言いたいと思う。



福岡の応援は THE「祭り」 THE「九州男児」

荒ぶる・・・というイメージがぴったり

超男臭い

これはこれでなんかいい感じだ・・・・

このノリひかれる讃岐男児もいるだろうなぁ(笑)





話変わって

意外な応援団がいる

これは気が付かなかった


後半開始して25分が経過するとゲートフリーになる。

つまり無料入場ができる。

するとバラバラと交代制(?)で・・と思われるが

スタジアムグルメ販売の方が応援に駆け付ける。


そう、彼らも「商売だけ」をしに来ているわけではない

カマタマーレを応援しその「勝利」を祈ってくれている頼もしい仲間だ。

たぶん後半40分ぐらいまで変わりばんこで観戦し最後の販売ピークに備えるみたいだ。


福家君のゴール直後に大きく「ガッツポーズ」しながら出てきて仕事を再開する

とてもうれしいし、ありがたい。


ボランティア・スタグルスタッフも共に戦っております。

何度も来てくれるうちに愛着を感じてくれたのだろうか??

みなさん、採算度外視で出店してくれるスタグルのお店のために

試合終了後も是非おなかがすいている人は買ってあげてくださいね~



追伸

昨日の試合はアウェイゲートまでもよくコールが届いていた

もちろんアビスパサポのコールもよく聞こえたが合間に聞こえるコールやチャンスの際のコールなどは

アウェイゲートまでよく聞こえていた。

コアサポーターの声量が上がっている

慣れてきたのか??仲間が増えたのか??声の大きい人が加わったのか??(笑)

試合展開にもよるだろうがメインの歓声とともに大きなチャントが聞こえてきた。


試合結果や勝ち点だけでなくいろんなことにカマタマーレが進化していることを

うれしく思う一日でした。


みなさんお疲れ様でした

初勝ち点おめでとう。

次は初勝利を!!!!!










最新のカマタマーレ情報満載のブログ村はこちらから!!

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村








コメント

久々に

久々にコメント入れさせていただきます。
ここのところ、仕事の関係で、時間が遅くなり、コメントできずにおりました。
アビスパ相手に引き分け、勝ち点1。何はともあれ初勝ち点ですね。
画像では見られませんが、インターネットや新聞などで情報を仕入れ一喜一憂しています。
また、がくおさんの温かみがあり臨場感のある文章を読んでいると、ついつい引き込まれ、情景が浮かんできますよ。
引き分けで勝ち点1、次は是非勝利で勝ち点3をもぎ取りドンドン増やしていってもらいたいですね。
がくおさんと山形で会えるまで順位を上げて欲しいです。
これから季節も良くなりますが、体調を崩さないよう気をつけながら応援してください。

追伸
私の香川の知り合いがちょくちょく短いメールをくれ、メールには頑張ります!!と力強いコメントが入っていましたよ。

熱烈応援

がくおさん、ボランティアお疲れ様でした。
昨日、負ければ、J2開幕連敗新記録でしたので、私も、試合開始2時間前の選手お出迎えから、試合終了まで、気合いを入れ、声を枯らして応援しました。
サポーターの数は、前回と同じぐらいだったと思いますが、全員、気合いが入っていました。
試合は、前半、アビスパ福岡に押されぱなっしで、1点を入れられ、また、後半は、いつもと同じで、3~4点取られることを覚悟していました。
しかし、昨日は、選手の気合いが今までと違って、ボールへの執着、ゴールを目指す気持ちが伝わり、私たちと選手が一体になり、福家の同点ゴールに繋がったと思います。
J2初勝利は出来ませんでしたが、試合終了時には、選手は精魂使い果たしてピッチに倒れ込み、私たちは、感動して涙が出そうでした。
試合終了後、熊野社長と話しすることが出来ましたが、後半のような試合をし、競技場周辺のイベントを充実すれば、一般の観客が増え、カマタマーレ讃岐を応援して貰えるようにしたいとおっしゃていました。
昨日のように、監督・選手・スタッフ・サポーター・ボランティア・一般観客が一体となれば、初勝利も間近だと思うし、感動を共有出来るようになると思いますので、今後とも、頑張りましょう!

No title

いつもボラスタお疲れさまです。

今回はみんなの"やってやるぞ!"感がいつもより声を出させたのかもしれませんね。
ついに踏み出した"はじめの一歩"。これからも邁進していきましょう!
関東アウェイでお待ちしています。:)

Re: 久々に

コメントありがとうございます。
仙台の方のコメントはなんかいろいろな友達が日本国中にいるみたいでうれしいです。
お気が向いた時で結構ですのでまたコメントくださいね。

現在チームはJの洗礼を直撃で受けており大変苦戦しています(笑)
しかしついに勝ち点をもぎ取りJチームとしての一歩を踏み出しました。
これからもなかなか勝ち点を積み上げるには努力が必要かと思いますが
選手・サポーター・スタッフが一丸となりこのステージを楽しみたいと思います。

また私のブログへのお褒めの言葉もありがとうございます。
続けていく励みになります。
仙台hime2008さんもカマタマーレサポーター仙台支部として
ぜひ力貸してくださいね(笑)

山形に行く際はチームも僕らもパワーアップして伺いたいと思います。
とても楽しみにしています。

コメントありがとうございました。

ではでは・・・

Re: 熱烈応援

いつもコメントありがとうございます。
また選手バスお迎えから試合終了までのご尽力ありがとうございます。

みなさんの頑張りは本当に大きな声となってスタジアムに響いていました。
とても劇的な空間・・・応援風景でした。
これが新たなリピーターを増やすのではないかとホントに思いました。
あの雰囲気に触れるともうカマタマーレの「虜」でしょうね。(笑)

選手もさぞ心強かったことでしょう。
最後まで選手の足を動かしたのはみなさんの声援です。

社長のお考えもわかります。
勝ち負けは大事ですが試合観戦自体が魅力的なら
お客さんは増えると思います。
これからもみんなで楽しいスタジアムづくりを力合わせてしていきたいですね。

試合はスカパーで見ました。
やはりみなさんの声は気合が入っていました。

GWで試合が多いのでうれしいですね
また、丸亀でお会いしましょう~
ではでは・・・・

しるすさんへ

コメントありがとうございます。
ボランティアへのねぎらいのお言葉もありがとうございます。

アウェイの方たちに楽しんでもらえるよう頑張りますね。

試合中の応援は
本当に魂の応援だったのではないでしょうか?(笑)
本当によく聞こえていました。
アウェイゲートにいても。

みなさんの声が最後まで選手の足を動かしたのだと思います。

終了後選手が倒れこむぐらい必死で戦うことができたのも
みなさんの声援のおかげだと思います。


これからも応援よろしくお願いいたします。
またコメントください

ではでは・・・

非公開コメント

プロフィール

がく 

Author:がく 








2017年 チャント集

2017 カマタマーレ 選手チャント
2017 カマタマーレ 選手チャント posted by (C)がくお

2017 カマタマーレ チームチャント
2017 カマタマーレ チームチャント posted by (C)がくお

ブログサブタイトル 

2017 J1侵攻編

カマタマーレ讃岐公式ホームページ
コチラから


2013年6月30日以前のブログはこちらです
とあるサポーターへの追憶~カマタマーレサポーター日記~


にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 



小学生では水泳を習ってました。水泳の脚力アップにサッカーを習いましたがむしろサッカーの魅力に取りつかれました。しかし小学校5年生からのスタートはハンデでした。伸び盛りのゴールデンエイジにまだサッカーをはじめていないこと。インターネットなどがなく、今ほど理論的な指導はなく、スクールなどは充実していなかったことなど。何よりその才能はサッカーの神様に愛されているとは到底言い難いものだったこと(泣)。選手としてはMF、DF最後はゴールキーパーとして15歳の試合を最後に(中学総体時)に引退しました。

月日は流れ・・・

その後もサッカーは好きで代表戦やJリーグを中心にサッカーを見ていました。トッププレーヤーのため息が出るほどの美しいプレーを見るたび、自身の才能のなさを嘆くこともありました。なぜサッカーをすることにおいて、サッカーの女神は私を愛してくれなかったのか?(同じ名前なのに鹿島の柴崎君は愛されているようです・・・笑)その答えは40歳を過ぎた時に明らかになる出来事がありました。わが郷土にJリーグを目指して闘い始めたサッカーチームが現れたのです。女神様は競技する才能を私に与えなかった。しかし、それと引き換えに「サッカーを愛する才能」をふんだんに授けてくれたたことに気が付きました。そしてその才能を充分発揮できる宝物も与えてくれました。今、私の才能・・・サッカーを愛する才能・・・のすべては一つのチームに注がれています。そのチームの名前はわが郷土から初めて誕生しようとしているプロサッカーチーム・・・「カマタマーレ讃岐」。このチームとともに神様が与えてくれたミッションを果たすべくすすむ大冒険をブログにつづりたいと思います(笑)

よろしくお願いいたします

(=゚ω゚)ノ


このブログタイトルについて

初めてカマタマーレの試合を観戦した時に目にした古参サポーターさんたちの情熱。とても感動したのを覚えています。それ以後、彼らの熱い思いをいつまでも振り返れるよう、そして自分自身が忘れないようにこのタイトルをつけました。

飛行士業

しかし、モデルとなった原作「とある飛空士への追憶」のようにさわやかなブログには程遠く「暑苦しく、無秩序に取り乱した文章」を書き散らかされております。ご容赦ください。ちなみに筆者イメージも原作とは程遠く「飛空士」というより「低牛」のほうがイメージに合致します(笑)

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 

最新トラックバック

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR