fc2ブログ

父と観戦して思う。

201810221645074db.jpeg

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村



まずはじめに・・・










カマタマーレは引き分けた

勝たねばならない残り試合

痛恨にも引き分けた

しかし、インタビューで選手が言っていた。

「諦めません」って。

英雄さんがあきらめてないなら

我らもあきらめない

最終戦まであきらめない

最後まで戦う。









今回は

実家の父もピカスタに来場して観戦

フラフラしてて危ない…汗

一緒に座って観戦









コアサポから遠くはなれた

バックスタンド

ハーフウェーラインの

上段に陣取る










ここはまさに

DAZN視点であり

ウイイレ視点である










どちらのサイドもよく見える。

ピンチもチャンスも大迫力

すごいなぁ・・・

新たな魅力発見!!!









丸亀競技場・・・素晴らしい










ただここだと

うちのチャントより

山口のチャントがよく聞こえる

2018102216452320d.jpeg






う~~ん









コアエリアに戻りたくなること度々

(#^ω^)ビキビキ









「引分けならよし!!」

あまり詳しくない父は

「負けなければまずはよかった」という感じ・・・



もはや残り少ないので

そういう訳にもいかないのだが

まぁ・・・

機嫌よく観戦してるので水を差すことなかろう。









社労士していて感じる

父のように

昭和の企業戦士は

平日夜遅くまで働いて

土曜も働いて

ハードな戦士。









滅私奉公奨励社会

会社の繁栄=自身の幸せ(給料増える)

仕方ないことである。

専業主婦が成り立つ時代である。

男親は外で遮二無二働き

母が家庭を守る

そんな役割分担システムが成り立つ時代である。

父親はあまり家庭を顧みる事はなく

またそんな余裕はない企業戦士である。

家庭では

風呂・飯・寝る・・・・・な感じで・・・・

家庭の中ではできることが少ない。

逆に

母親は社会や商売には疎くならざる得ない









この国の繁栄

高度成長期からバブル景気

失われた20年のリカバーを過ごした父母

そしてその世代の人々

共通して趣味がない

特に男性

故・・・・社長族なんかはまだ仕事してる

「仕事」が唯一の趣味かもしれん。










そういう人たちに

カマタマーレの観戦が

趣味になればよいのだが

そう単純なものでもないらしい








うちの父は

すぐ飽きてしまい

あっちうろうろ

こっちうろうろする。

昭和の働き者たちには

90分間座るのは難しいらしい・・・笑









何かいい方法ないかな

ボランティアとかどうかなと思うが

うちに限ってはそれはないかな・・










ただ・・・・

一つ意外に思ったのだが

勝った試合

勝利する事にはことのほか反応する。

次はいつか??次はどこか??

そう聞いてくれる。

勝てば応援したくなる典型的な世代が

団塊の世代たちなのか??















前節と今節

カマタマーレの動員

香川での関心を集めるために

ヒントをたくさん得た







単純なモチベーション

①「シンプルに無料」で見れる事

そして試合展開に関わらず

②「勝つ」こと。









今シーズンもう

バクスタB席は

最後まで無料開放でもいいかもしれない(笑)

そして勝のみ







生き残りつつ

客が増える

一石二鳥!!

商魂たくましく




にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村








コメント

非公開コメント

プロフィール

がく 

Author:がく 




コチラから




2013年6月30日以前のブログはこちらです
とあるサポーターへの追憶~カマタマーレサポーター日記~




にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 


いつか出会う未来の仲間たちへ


暑苦しく独断と偏見入に満ちた

私の素直な感情を書いています

(笑)

そこに探しているモノの匂い

感じたなら

是非スタジアムに来てください。

いつまでも大歓迎です。



カマタマーレ讃岐サポーター 

がくお








にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 

最新トラックバック

月別アーカイブ

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR