栃木戦 アウェイゲート体験記



本日もアウェイゲートの担当

今日もアウェイのお客さんはたくさん来てくれる。

およそ100人

そりゃ、磐田や松本と比べれば少ないかもしれないが

満員バス2台分のお客さんが来てくれるとは・・・うれしい。

おうどんや骨付き鳥を堪能していってほしいと思う。



先に記させてもらうが栃木サポも礼儀正しく

終了後の清掃でゴミはなし

「楊子が2本落ちてました・・・・」との報告は思わずほっこりしてしまう

試合内容では納得いかなかったのか一応に難しい顔でスタジアムからは出てきたが

しっかり勝ち点3はお持ち帰り・・・

うう・・・・くやしい・・・・(;´Д`)アウ...




少し恥ずかしがり屋様が多いのか

あまり説明の反応がない時もあったのだが

サッカー好きで情熱的なのはよくわかる。

横断幕の設置や修正にも素早く対応してくれる。


帰宅の道中、困ったことはなかっただろうか・・・

無事に帰宅できますようにと心から願う。



お客様はこんな感じ



サイン会のピーク時でこんな感じ

う~ん

けどね・・・

昨年も最悪でしたのよこの時期・・・・

開幕そこそこ来て

4月は1000人切りかけた週もありました。

チームは連勝街道を驀進しているにもかかわらず。

故に成績はあんまり関係ないと思います。


これから増えてくるでしょうし

イベントや選手とのふれあいを地道に充実させていけば

固定客もまた増えるでしょう。。

昨年この時期の「秋田戦」は有料入用者だけで1000人程度だと思う

夢パス入場は今節100人程度らしいので昨年から有料の固定客は400人増えている。

400人増ではない!!!

40%増加である!!!!

・・・・と考えると

来年のこの時期は2000人

再来年は2800人

3年後は4000人弱の来場が予想される複利計算になる。


何事も前向きにとらえたいものである。


スタジアムビジョンも生まれ変わる

これは・・・すげっ!!!




これからいろんな激戦を見守ってほしいと思う

よろしくね!!

新電光掲示板君!!!!


試合後の感想はこの方のブログが心にしみる

私もサポーターの端くれなんで・・(笑)

みなさんがカウントしてくれてるかどうかはわかりませんが・・

サポーターです。同じ気持ちです。


紹介しておきますね

どうやらジュビロサポさんのブログの様です。

無断紹介・・・ご容赦のほどを・・・・・


大切な君(ら)へ


私にはこういう文章のセンス・・ないから・・・ちょっと・・いいなぁ・・・うらやまし(笑)

次節も精いっぱい応援します!!!!

しぶとくね!!

ではでは・・・




最新のカマタマーレ情報満載のブログ村はこちらから!!

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村






コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ノンタイトルさんへ

コメントありがとうございます。

カマタマーレを応援いただく方は
年齢・性別・応援回数など関係なく友人です。
スタジアムで見かけましたら是非声かけてくださいね~

観客数については単節で語れば少ないですが
時間戦略的に見れば後退はしていないと思います。

新型電光掲示板ができ、より楽しい空間が出来てますので
お客様が増える要因はそろいだしました。

あとは知恵を使い諸問題(駐車場やシャトルバス乗り場)の改善に
取り組もうと思います。

少しづつ・・・けど確実に歩みを進めたいと思います。



おっしゃる通り選手も頑張ってますし、私たちに伝わるものがあります。

むしろ六連敗を経営資源として
「初勝利祈願割」とか「初勝利祈願ステッカー」無料プレゼントとか
作って判官びいきな観客集めたいくらいです。

こういうのうどん県民「好き」ですし・・・


これからも応援&コメントよろしくお願い致します。


追伸

素敵なコメントなので私だけ読むのはもったいないです。

次回からオープンにコメント投稿されてもよいのでは??
共感してくれる読者(30人ぐらいですが・・・笑)の方もいらっしゃる
と思いますし・・・
そのあたりはお任せいたしますが
とても素敵なコメントありがとうございました

もし「はまった」らアウェイ観戦もいいですよ~
まずは岡山・愛媛からでもチャレンジをお勧めします。

ではでは・・・

サポーター出会いの場

がくおさん、毎試合、情報提供(特にアウェイ)有り難うございます。
駐車場問題及び入場者減少等の対策について、カマタマーレ讃岐のホームページの問合せ欄に投稿していますが、以前は、回答がありましたが、スタッフの方々も忙しいのか最近は、回答がありません。
がくおさんが良ければ、この場を借りてサポーター及び一般の観客の方々にどうすれば入場者数が増えて、試合を楽しんで頂けるか考える場にできないでしょうか?(掲示板がありますが?)
また、私は、ホームゲームは必ず丸亀競技場に応援に行き、選手を迎えてから試合開始まで時間がありますので、何か、お手伝い出来ることがあればさせて頂きます。
今後とも、カマタマーレ讃岐が勝利するために応援を一緒に頑張りましょう。

Re: サポーター出会いの場

コメントありがとうございます。
アウェイは少しでも皆さんに現地の状態を伝えられたらと書いております。
「好き」で書いておりますから大丈夫です。
お読みいただくだけでとてもうれしく、また書き甲斐があります。(笑)

観客数とか駐車場問題はカマタマーレも対策を考えつつあるのでしょうねぇ・・・
時間をかけて解決しなければならない問題もあろうかと思います。
カマタマーレ本社からお返事ないのは鋭意改善中というところで待ってみましょう~。
この問題は運営会社以外では対応できませんし・・・。
私たちのできることはおっしゃるように「考える場所」を提供すること、
個人でできることをひとつづつ積み上げることかと思います。

このブログのコメント欄で問題提起いただき、
それがムーブメントになるのも盛り上がる為の「一つの方法」だと思います。
ですから遠慮なく問題提起のコメントを投書してください。

わたしもリアクションを書きます。

その意見に第3者がさらに意見を書き
ムーブメントが広がるのは山を動かすかもしれません。
それがプロスポーツがある地域の文化の源となるのかもしれません。
すこしづつ変えていけたらいいと私も思っています。

お手伝いの件(ボランティア)ありがとうございます。
ぜひよろしくお願いします。

けれど「義務」になると楽しくなくなるので
「きるとき」に「できる分」だけ参加してください。
その按配をどうか慎重に判断してくださいね。

ある意味、ボランティアビブス着ていなくても問題ありません。

空いた時間にちょっと「入場ゲート」の手伝いとか
「イベント広場」の手伝いとかしてもらうところから
参加されてはいかがでしょうか?

私の経験ですが「いきなり深入り」は少し・・ 後悔(笑)するかも・・・です。

なんたって責任が重くなるほど試合が見れない(笑)。
アウェイゲートに至っては勝利の際はもっとも
笑顔を表してはいけないセクションですし、
敗戦の際はもっとも笑顔でいなければいけない
何とも不条理な体に悪いポジションです(笑)

いろいろご意見誠にありがとうございます。
まずは元気に丸亀に集いましょう~!!!

ではでは・・・

非公開コメント

プロフィール

がく 

Author:がく 








2017年 チャント集

2017 カマタマーレ 選手チャント
2017 カマタマーレ 選手チャント posted by (C)がくお

2017 カマタマーレ チームチャント
2017 カマタマーレ チームチャント posted by (C)がくお

ブログサブタイトル 

2017 J1侵攻編

カマタマーレ讃岐公式ホームページ
コチラから


2013年6月30日以前のブログはこちらです
とあるサポーターへの追憶~カマタマーレサポーター日記~


にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 



小学生では水泳を習ってました。水泳の脚力アップにサッカーを習いましたがむしろサッカーの魅力に取りつかれました。しかし小学校5年生からのスタートはハンデでした。伸び盛りのゴールデンエイジにまだサッカーをはじめていないこと。インターネットなどがなく、今ほど理論的な指導はなく、スクールなどは充実していなかったことなど。何よりその才能はサッカーの神様に愛されているとは到底言い難いものだったこと(泣)。選手としてはMF、DF最後はゴールキーパーとして15歳の試合を最後に(中学総体時)に引退しました。

月日は流れ・・・

その後もサッカーは好きで代表戦やJリーグを中心にサッカーを見ていました。トッププレーヤーのため息が出るほどの美しいプレーを見るたび、自身の才能のなさを嘆くこともありました。なぜサッカーをすることにおいて、サッカーの女神は私を愛してくれなかったのか?(同じ名前なのに鹿島の柴崎君は愛されているようです・・・笑)その答えは40歳を過ぎた時に明らかになる出来事がありました。わが郷土にJリーグを目指して闘い始めたサッカーチームが現れたのです。女神様は競技する才能を私に与えなかった。しかし、それと引き換えに「サッカーを愛する才能」をふんだんに授けてくれたたことに気が付きました。そしてその才能を充分発揮できる宝物も与えてくれました。今、私の才能・・・サッカーを愛する才能・・・のすべては一つのチームに注がれています。そのチームの名前はわが郷土から初めて誕生しようとしているプロサッカーチーム・・・「カマタマーレ讃岐」。このチームとともに神様が与えてくれたミッションを果たすべくすすむ大冒険をブログにつづりたいと思います(笑)

よろしくお願いいたします

(=゚ω゚)ノ


このブログタイトルについて

初めてカマタマーレの試合を観戦した時に目にした古参サポーターさんたちの情熱。とても感動したのを覚えています。それ以後、彼らの熱い思いをいつまでも振り返れるよう、そして自分自身が忘れないようにこのタイトルをつけました。

飛行士業

しかし、モデルとなった原作「とある飛空士への追憶」のようにさわやかなブログには程遠く「暑苦しく、無秩序に取り乱した文章」を書き散らかされております。ご容赦ください。ちなみに筆者イメージも原作とは程遠く「飛空士」というより「低牛」のほうがイメージに合致します(笑)

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 

最新トラックバック

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR