FC2ブログ

もっと上にいける!?

IMG_0968.jpg



正直

過去4回も生き残ってきた

その経験で多くのクラブを見送った

もちろん帰ってきたクラブもいる。










だが降格の瞬間というか・・

最後5~6節は

キリモミ状態でおちていく。

まるで撃墜されたかのように

何かに吸い寄せられるように

おちていく








「ワレ操舵不能」









じわじわ脱落していくのでなく

プツンと糸が切れたように落ちていく










生き残ったクラブは

ウチも含めて

金沢や山口は

キリモミ状態にならなかった











我慢して

我慢して

最後に前に出る最低限の勝ち点を

タイムリミットまでに

なんとか確保していた。

コツコツ積み上げたといってよい

残留を争うライバルも

そう簡単には勝ち点をかせげない

こつこつと・・・・

最後まで組織的なのだ










今、確かに

カマタマーレは

残留集団から遅れ始めている。










ただそう見えるのは

残留圏の最後尾の京都が

降格候補集団をピュンと抜けて

一気に残留集団に取りついたから。












ゆえ

最下位カマタマーレの置かれた状況は

21位にまでは1差

20位までには7差











う~~~ん

一進一退でもないが

キリモミ墜落中でもなかろう

微妙なものである










けど

たった1つの勝で

イメージが変わる。

2つ勝てば残留戦線の勢力図は一変する。









今なら変わる。










監督の言う「半分死んだ」は

新潟から勝利を得れていれば

7節のこし

勝ち点29










恐らく相手関係なしに

残留圏「38ポイント」と設定すれば

残り7戦を攻撃的に行き

3勝4敗あるいは

2勝3分2敗を狙う

・・・と現実的な計算していたに違いない









そしてその計算は

この後、もあんまり変わらない。

今の総勝ち点が26である以上

相手なりの変動と

ある程度の幸運・不運が介入すると覚悟した。

故に

「半分死んだ」と表現したのかもしれない










あと一つ

当時降格の危機に瀕した

山口サポも

金沢サポも

けっこう明るかった。

「落ちたくねー」とか

「やべー」とか言いながらも

元気で前向きだった。

アウェイゲートで見てたからわかる。

明らかに一種の逞しさがあった








この2点比較してみる

讃岐

操舵不能ではない

サポも明るくたくましい

シーパスオーナー交流会を

昨日して大盛況とか

逞しさが突き抜けている(笑)









まだだ

まだ終わらんよ









熊本戦

いろんな意味で

楽しみな

決戦やね









好きな讃岐をもっと上に

精一杯楽しもう

反撃讃岐








にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村





コメント

非公開コメント

プロフィール

がく 

Author:がく 



IMG_1337.jpg






2020シーズンチャント準備中です。




ブログサブタイトル 

香川にはサイコーの週末があります。




カマタマーレ讃岐公式ホームページ
コチラから




2013年6月30日以前のブログはこちらです
とあるサポーターへの追憶~カマタマーレサポーター日記~




にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 


いつか出会う未来の仲間たちへ


暑苦しく独断と偏見入に満ちた

私の素直な感情を書いています

(笑)

そこに探しているモノの匂い

感じたなら

是非スタジアムに来てください。

いつまでも大歓迎です。



カマタマーレ讃岐サポーター 

がくお








にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 

最新トラックバック

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR