FC2ブログ

オリンピックボランティアに思う

東京オリンピックに

ボランティアが少なくとも

7〜8万人必要との事。

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村









大量のボランティア確保に

組織委員会は

あの手、この手。









それが

「誤解」産んでるというか(笑)











学生には

休校や

取得単位として

ボランティア認める

……とかになると

「学徒動員!!」










社会人に

「ボランティア休暇を」と

企業に促進願えば

「無賃労働強制する

ブラック企業」











挙げ句は

組織委員は

「有償で高額フィーが出とる!!」

……とか。








いや、

まぁ……

そりゃ

そうかも知れんが……











うちのボランティアさんに

そのまま当てはめて見よう。












カマタマーレのボランティアさんに

「大変ですね」とか聞いたら

多分

「はぁ?」

……となると思います。









ボランティアとは

シーズン通して船のクルーズであり

その旅が終わるまで

一緒に過ごす仲間であり

家族である。







新しい家族と

未知なる冒険の旅ができる。

これは何事にも替えれない

最高のエンターテイメント。











めちゃくちゃ楽しんでいる。

充実してるんじゃないかなぁ。









集った仲間は

年齢や性別や、

社会的なポジションとか

全然関係なく

これまで培ったノウハウを

個々が発揮する事で

チームの困難を

補完しあい、助け合う。












まるでRPGの

パーティである。








特にオリンピックぐらいの

イベントになれば

ここから2年くらい

研修やトレーニングが

あるだろう。

競技に出なくても

2年後の

「オリンピック」目指して

研鑽して、準備して、

心待ちにできるのです。








叶うなら

カマタマーレ

みんなでやりたいくらい(笑)

いや、

サポーターさんも加えて

3000人でやりたいくらいです。

(え?勝手に加えるなって……

すんまそん、すんまそん 笑 )







つまり、

労働力の無償提供と考えれば

ボランティアはまさに

ブラック企業です。










しかし、ステキな冒険の書

と考えれば

ワクワク、ドキドキします。











これ程興奮するイベントも

珍しい。






まだ日本には

ボランティア文化

根付いてないから??

なかなか理解しにくいのは

仕方がない。











けど、

Jリーグには

どのカテゴリーにおいても

クラブボランティアが存在し、

ボランティアの素晴らしさ

体験して

拡散して

もちろん

自ら楽しんでいる。







おそらく

Jリーグボランティアは

東京オリンピックでも

相当数活躍するのではないかな。

それも

中心的役割になえるくらい。

経験と実績豊かなボランティア

大変貴重な存在だと思います。

そして

それを育んできたJリーグ文化も。







地域の

小さな

Jクラブボランティアは

ちゃんと世界の

スポーツの祭典に繋がる









素晴らしきかなJリーグ






にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村







コメント

非公開コメント

プロフィール

がく 

Author:がく 



IMG_1337.jpg






2020シーズンチャント準備中です。




ブログサブタイトル 

香川にはサイコーの週末があります。




カマタマーレ讃岐公式ホームページ
コチラから




2013年6月30日以前のブログはこちらです
とあるサポーターへの追憶~カマタマーレサポーター日記~




にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 


いつか出会う未来の仲間たちへ


暑苦しく独断と偏見入に満ちた

私の素直な感情を書いています

(笑)

そこに探しているモノの匂い

感じたなら

是非スタジアムに来てください。

いつまでも大歓迎です。



カマタマーレ讃岐サポーター 

がくお








にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 

最新トラックバック

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR