大分トリニータ観戦記 その1

でけぇ!!!!何人はいるんだろう・・・。大銀スタジアム・・・・丸亀よりはるかにでかい・・・




もはやここまで来ると

「いつ、当たりくじが出てもおかしくない!!」という心境。

故に「見逃してなるものか!!!」という心情。

勝ち点見逃し恐怖症??いや・・ただのカマタマーレ中毒(笑)


今節失点は1点

あの場合はカード覚悟で止めに行かざるを得ないと思う。

プロフェッショナルファール。

相手選手の選手生命に危険のない事が大前提の反則であり選択。

そして1点献上


献上した時間帯は残念であるとの見解はある。

しかし、しかし、すべていきなり満点なわけにはいかない。

いきなり満点なら練習はいらないかもしれんし、応援し甲斐がない。

われらがカマタマーレは今節をPKの1点のみでしのぐ。



ここは本当にうれしい。


前半は0-0

う~ん・・・ビジョンもすごい・・・さすが・・J1経験チーム・・・






監督も言うように昨年J1の大分さんと「対等」にできたことをうれしく思う。

なんたって90分間ひょっとしたら初「勝ち点!?」

いやひょっとして・・・・

サッカーとはまれに10分で2点3点入るスポーツである。

初勝利も期待しながら90分楽しめた。


観客7000人オーバー (・∀・)イイ!!

しかし箱が大きすぎて座席にはかなりのゆとりが・・・

生島なら零れ落ちそうな人数がチョー快適な座席割で観戦できる。

大分サポさんこの人数でもこんなにゆとりが・・・・



何ともうらやましいスタジアムである。

昨年は佐伯、一昨年は市陸、今年は大銀スタ

なぜか大分のスタジアムをコンプリートしてしまいました(笑)


さて試合のほうは高橋泰が戦線復帰!!!

頼もしい男の帰還に盛り上がるアウェイスタンド

やっぱ最後のフィニッシュで必ず触ってくれるので得点の期待感・・・半端ない!!!

我那覇・高木・アンドレア・そして高橋・・・

前線の迫力はJ2でも遜色ないと思う。


瀬口が出てないのは残念だが森田選手の安定感あるプレーも

試合を落ち着かせる事度々・・・・

前への飛び出しも勇気をもって的確にセーブやキャッチをしていた。




相模原のサポさんへ


森田選手はやってくれましたよ!!!!

小澤選手も頑張ってます!!

相模原さんがJ2に来るときまででぜ讃岐にご注目くださいね!!!

小澤さんのサイド突破も効いてました。



今回のうちのサポはこれくらい





後で数えたらちょうど50人

大分の50戦士で戦いました。


わがチームこの3試合とも前半の立ち上がりがいい。

攻撃陣最前線のプレスが効いているのか?小澤選手とアンドレアの相性がいいのか??

左サイドはかなり相手の脅威となっている。

相手を押し込む。ルーズボールが拾えている。コーナーキックを先に得る。


一方、守備陣を見てみると

大分のアタッカーたちは大回りにボールを回すことが多かった。

善戦でのハイプレスも効果的であるが中に入れさせない強固な守備ブロックを形成している。

危なげがない。


故に攻撃と守備の連動からくるカウンターが威力を増す

奪ってすぐの攻撃は相手に脅威を与えている。


前半10分過ぎの高木のドリブルからのシュート

その後のショートコーナーからの持留のシュート

このシュートは大分10番のチェ・ジョンファン選手に直撃し

彼が動けなくなるほどの強烈な一撃!!!
(彼には気の毒ではあるがそれほど攻撃が充実している証拠でもある)


ゴール裏はかなり得点の期待が高まる

われらがまだ過去2戦で得ていないもの

「先取点」への期待が高まる


前節・前々節よりスムーズだ。


なぜだろう??


それは試合が進むにつれてわかりだす。

大分さんなぜかリプレイはショートキックが多い。

細かくつなぎ讃岐守備陣を崩そうと試みている。


それがチームスタイルであるわけだが

それはロングボールより得点チャンスが多いことを物語る。

ロングボールやパワープレーでの得点にはこだわらないポリシーを感じる。

それは素晴らしいし、一つのサッカーの美学だとも思う。



しかししかし・・・ということは・・・・・

今回の勝機は其処にあるかもしれない


つづく



追伸

あくまで素人目線でつづられております。

大分サポ様にはご笑読頂けましたらありがたく思います。



応援人数は決して多くはなかったけどみんなで一体感を感じた試合でした






最新のカマタマーレ情報満載のブログ村はこちらから!!

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村








コメント

必ず来る勝利

大分への応援お疲れ様でした。
私(58歳)は、息子(30歳)と二人で、スカパーの画面にかじりついて応援していました。
試合は、残念ながら、0-1で惜敗しましたが、必ず来る勝利を信じて今後も応援します。
復帰した高橋はじめ、我那覇・高木・福家等のフォワード陣が得点を上げなければ、勝利は有りません。
また、後半の疲れを感じさせないためにも、我々サポーターの声援が必要だと思います。
まだ、シーズンは始まったばかりですので、残り39試合選手が頑張れるように応援しましょう!
祈るJ1昇格!!!!!!!!!!!

しこくのしんちゃんさんへ

とても拮抗した「いい試合」でした。
大分は天候もよく温かい気温。
残念なことは勝ち点を得られなかったこと。
スタグルを食べる暇がなかったこと(笑)
多少なりとも大分サポさんとも
交流したかったのですが
大型競技場でミックスゾーンまで遠く
来場時間も1時間前になってしまいましたので
ほぼ応援だけになってしまった事(笑)

けど素晴らしいスタ
大分の応援はJ経験チームらしくまとまっており
うちはうちで
「ホームサポの中に少数のアウェイサポでまとまって応援」
できることも結構楽しいことだと思いました。
これはJFLでは「町田」さんか「長野」さん規模の相手でないと
経験できなかったことですし・・・

次は松本山雅戦
勝てるかどうかは別としてまた一つ進歩した
チームが見れるとサイコーです。
私はボランティアで頑張ります。

またコメントくださいね
ではでは・・・

非公開コメント

プロフィール

がく 

Author:がく 








2017年 チャント集

2017カマタマーレ選手チャント
2017カマタマーレ選手チャント posted by (C)がくお



2017カマタマーレチームチャント
2017カマタマーレチームチャント posted by (C)がくお




ブログサブタイトル 

香川にはカマタマーレとサイコーの週末があります。




カマタマーレ讃岐公式ホームページ
コチラから




2013年6月30日以前のブログはこちらです
とあるサポーターへの追憶~カマタマーレサポーター日記~




にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 




どうも!!香川県に住んでる社労士です。私は働く人と社長さんの素敵な関係を作るお手伝いしています。


いつも思うのですが香川の若い人は都会に行きたがり、残る人は故郷が好きではないように見えます。大人は割り切ったふりをして、代わりに休日の充実を捜す。そして打ち込むことがないと嘆く人います。


本当はみんな「香川大好き」なんです。「誇り」と思っているのです。


ただ・・どう表現していいいかわからない。だから「地元が嫌い」と錯覚したり、余暇の過ごし方を迷い、打ち込むことが見つからないのです。


対照的に健全に痛快に郷土愛を表現でき、充実した余暇を過ごす人たちがいます。それは香川100万人の中で、たった3,805人です。



・・・ですが確実にいます。



そう、我らカマタマーレ・サポーターです。


サポーターとは応援する怖い人たちの事ではありません。ゴール裏で飛び跳ねる人たちの事でもありません。青色のユニフォーム着ている人たちの事でも、遠く県外まで応援に駆け付ける人の事でもありません。



ただ「香川が好き」「故郷が好き」・・それが心の真ん中にある人たちのことです。その人たちが郷土の誇りとなって闘うサッカーチームを応援した時、サポーターになるのです。




もやもやして毎日を過ごしている方、イライラして会社に行っている方、人生退屈と悟り気味の方、打ち込むことがほしいと渇望している方、


後悔させません。



あなたが香川で探しているものが「ここに」あります。一度見に来てください。そしてちょっとの勇気で私たちに話しかけてくださいね。いつまでもいつまでもお待ちしています。




もちろんサポーターだけがクラブを応援する訳でもありません。ボランティアとして活躍してくれても同じ。何時でも大歓迎です。



あるいは「香川県を盛り上げたい」と願う社長さんは大小さまざまなスポンサードの仕方あります。ぜひ一緒に盛り上げていただけたらと思います。


そのきっかけとなるようこのブログを書きつづります。


すこし暑苦しいかもしれないけど少し独断と偏見入るかもしれないけどその時そこにいた私の素直な感情をつづる事お約束します。

そこに自分の探しているモノ見つけたらその匂い感じたなら是非スタジアムに来てください。


いつまでもお待ちしています。


いつか出会う未来の仲間たちへ


カマタマーレ讃岐 とあるサポーター がくお








にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 

最新トラックバック

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR