FC2ブログ

ヴォルゴグラードの友人



にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村



アウェイで戦うカマタマーレ遠征隊には

いつも感情移入してしまう。

「数少ないけど・・がんばれ!!」と。











TVからチャントとか聞こえると

「おお!!勇敢に戦ってる!!!」

とか思う。










今回の遠征隊はワールドワイド(笑)

地球の3分の1裏側のロシアまで

駆け付けてる遠征隊・・・・

そこに参加している友人・・・

私は昨夜、モニター越しに

ロシアの地で「声をからす彼ら」を応援した。









私もアウェイによく参戦する

なのでわかる。











サッカーツーリズムがもたらすもの・・

いつも興奮や感動なわけではない。










時には

苦い思い・・・

大敗、

憤り、

納得いかないジャッジ、

得体のしれない不満・・・












割り切れない感情も

すべて等しく起こる。

そんな試合もある

そういう覚悟もある。










そう、

そんな歴戦の勇士が

ヴォルゴグラードに集っていると思う。








彼らは

試合終了前の20分

胸を張っていたか??

苦虫をかみつぶしていたか??

修羅の形相でいたか??











それはわからない。











確かなことは

日本代表サポが

これまでにない時間を

経験したと言う事。









そして

この大遠征のお土産に

何とも言えない

もやもやした感情を

カバンに詰め込み

撤退・・・いや帰国の途に就くのだろう

・・・・という事。











日本代表サポさん

お疲れ様

確かにヴォルゴグラードの戦いは

美しいエネルギーで

満ち溢れた結末でなかった。











いや、

戦略的には勝利し、

戦術的には敗退した試合で

感情のコントロールが難しい試合だと思う。









けれど私は

TVのモニターから

たくさんの日本チャントを聞き

たくさんの日本人を見て

誇らしく思った。









さぁ、

胸張って帰ってきておくれ。

新たな歴史の証人たちよ。











我が日本代表は予選リーグを突破し、

さらに

主力の多くを「温存」するに成功した。

その戦いの盾となったのは

現地観戦したサポさんだろう。










「最大の被害者は観客」

その様な海外報道もあるが、

そんな事はない。











昨日の日本サポーターは

強固なH組の

脱出戦の

最大の功労者である。







われらが日本代表よ

われらが日本サッカーよ

世界の舞台で

もっと上に!!!












いつか私も行ってみたい(笑)










現地参戦中の友人からいただいた写真

IMG_1925.jpg










にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村





コメント

非公開コメント

プロフィール

がく 

Author:がく 



IMG_1337.jpg






2020シーズンチャント準備中です。




ブログサブタイトル 

香川にはサイコーの週末があります。




カマタマーレ讃岐公式ホームページ
コチラから




2013年6月30日以前のブログはこちらです
とあるサポーターへの追憶~カマタマーレサポーター日記~




にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 


いつか出会う未来の仲間たちへ


暑苦しく独断と偏見入に満ちた

私の素直な感情を書いています

(笑)

そこに探しているモノの匂い

感じたなら

是非スタジアムに来てください。

いつまでも大歓迎です。



カマタマーレ讃岐サポーター 

がくお








にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 

最新トラックバック

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR