fc2ブログ

2022を虚構推理ですわ・・・

仕事納めである

大そうじして解散

今、私のみ残り、電話番している。

カマタマーレの営業さんからも

年末のご挨拶あり

彼らも今日で終わり??




2021が終わる

散々なシーズンだった年が終わる

去年の年末

まさか監督が辞任して

年間4勝で最下位とは想像できんかった

まぁ・・これよりは下はない

臥薪嘗胆

捲土重来

まさに潜伏するジオン軍

J2よ

私は還ってきた!!!と叫ぶその日まで

潜伏するしかない。




・・・であるが

貧乏であるが練習場を作る以上

2022シーズンが

レジスタンス程度であっても

パルチザンであっても

キャンプ始まるまでは

どんな戦術

どんな陣容

どんな選手が来るのか

推理、邪推、妄想が止まらない

願わくば「おおかた」の予想を裏切り

大暴れのシーズンであってほしいと願う

いや・・・祈っている




そう・・もはや虚構推理だ




今、誰もいないビルで

物音ひとつない部屋で

仕事納めの電話番している

あまりににも静か

なんかモノノケや怪異でもいそうな

冬の夕暮れ時である




虚構推理





2年遅れで「はまって」いる

ラインハルトと禰豆子の声で展開する異世界感

結構いい

年末はこれを見よう~~!!



<オープニングナレーション>

怪異たちの知恵の神となった

一眼一足の少女 岩永琴子

怪異たちを恐れおののかせる

不死の存在 桜川 九郎

人あらざる力を持つ2人が出会ったのは

運命か宿命か





ここ数年

カマタマーレには何かとりついてるんかもしれん・・・

お祓いしてもらおう・・・・

標本になるくらい美しい転落ぷり





好きな讃岐をもっと上に

かまたまがすき



にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村








強く、優れたお味方が・・・・

クリスマスとその翌日

この週末はさんでネタがない

カマタマーレは既存選手の契約更新は

越年のようだ

まぁ、よそが思いがけず補強できなければ

次善の策で

讃岐選手が上のクラブに呼ばれるかもしれない

J1、J2戦力整備が定まらない今

J3ビりの讃岐は

移籍できないサポは

じっと耐えるかなかろう






今日は雪

雪の降る日は政変が起きる

赤穂浪士の討ち入り

桜田門外の変

西南戦争
(出陣の日、鹿児島が雪)

226事件




カマタマーレにちょっとでもいい政変を

ハプニングを!!!







ラインハルト様にはこれから先

お味方が必要になります

強く、優れたお味方が・・・・





違うぞキルヒアイス

俺にではなく

俺たちに必要なのだ







好きな讃岐をもっと上に

かまたまがすき



にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村











みんなWIN-WINでないとね

20201012102410e8a.jpeg


バタバタ過ごしてイブになる

あと一週間で大晦日である

今年も本当に終盤で

クリスマスイブにカマタマーレは朗報を届ける。



ことしもこの上ない朗報

ほぼメインスポンサーは残留してくださる

選手の残留もうれしいが

先立つものなくては元も子もない

兵站が整ったわけであり安心した

来年も戦えます






クリスマスらしい朗報である






・・・であるが・・・・・・

2022年

昨年よりいい年にするならば

昨年より足し算の部分が気になる

これが正直なところである





まずは練習場とクラブハウスが遅延しない。

確定した「+」要素であり最大の前進「練習環境」

これを滞らせない事。

後はスポンサー様が増えることを願い

良い選手がたくさん来てくれることを願い

ユースがより活躍することを祈り

西村さんの手腕や戦術が

ズバリズバリの連発

素晴らしいことを期待する。





・・・で何がお手伝いできるかといえば

私の役割は

宝山湖建設にお金を送ることかと思う。

自身年齢的にアウェイ遠征の体力がなくなった自覚がある

そのお金を宝山湖にでもまわすか・・・・


・・・・・・・


・・・・・・・


・・・・・・・

う~~ん

・・・・・・・


・・・・・・・


・・・・・・・・


いやいや・・やっぱり応援行きたいし

それではサポとして楽しくない。

そう!!正しくないのだ。



ではバイク買う資金を

いやいや

それも優等生すぎる

やはりカマタマ愛活動は

どこまでもWIN-WINでないと「つづかない」

そもそも短期投資では意味がなかろう。




結論

来年も馬車馬のように働き

ガンガン応援に行き

カマタマーレのスポンサーを続けて

観戦ツーリングツアー動画を作る!!!

それをみた会社さんが社労士事務所のお客さんになり

またもうけて私のスポンサー増やして





カマタマーレ大きくしようと思えば

いつまででも元気で

バリバリ稼ぐ

そして楽しむ

これでいいのだ

子供と同じ

いや独立しない分エンドレス子育てである

エンドレスで楽しめるのはそれはそれで

幸せではないか




来年も楽しみである





さて午後からのリリースに備えよう!!!







好きな讃岐をもっと上に

かまたまがすき



にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村



「ボトムズあるある」で大いに結構!!

IMG_4446.jpg


ここまで

薩川を失い

川崎を残せた

伸び悩む澤田を所属残したまま

育成としてレンタルへ





薩川は短い選手生命考えれば

移籍を祝福できる

同じく不可欠な生え抜きの才能

川崎は残った

彼ほどの才能と実績

おそらくオファーがあったが讃岐に残った

そう考えるのが妥当だ。

もちろん讃岐の条件を越えなかったのだと思うが

彼が2022の体制に好意的であるともいえる。

次にユース上がりの才能に

戦力化をあきらめず対応している。

レンタル先は彼の地元である広島

かつての同僚が多くいるところに

派遣するところに好感が持てる

カテゴリーも地域リーグまで上がっている

タフなリーグだが出場機会にも恵まれるだろう

修行には最適




社労士的に言えば

西村体制での人事は

好感持てる人事である





獲得については

大学生と地域リーグ

もはやJ3最下位の讃岐では

同カテどころか

JFLの選手すら引き抜けまい。

原石リーグから招待する作戦は

現実的である。




結果

見た目は

ボトムズあるあるである(笑)

「○○残留が最大の補強である」

「新加入は補強でなく補充である」

この自虐的な風刺は讃岐で現実のものとなる。






ふん

それがどおした!!






川崎はじめ先発メンバー残留は

フロントの最大の功績となる

そしてサポーターの安心と喜びである

補充!?大いに結構。

原石入りの補充であり

補充と呼ばれて

反発する選手もサポも頼もしい。



何より全方位的に

粗食で鍛え上げられ

謙虚でかつ強くなれる。

我らは最下位クラブ

プロの中で最も挑戦者であるべきなのだ





ロッキーでいうところの

「アイ オブ ザ タイガー」でオフシーズンを過ごす

良い事である。





・・・・とか言うてたら

クラブハウスの建設決まった!!!

これでもうカマタマーレに来る選手に空約束手形

渡さずに済む

本当に練習場とクラブハウスのあるチームになれるわけである



これを見て

「もう底を打った」・・・とか

「沈む太陽が昇る太陽へ」・・とか

もう言わない。

今ある課題1つ1つクリアーし

前進することにフォーカスしよう

そうすれば

今年と違う来年が待っているはずである






好きな讃岐をもっと上に

かまたまがすき



にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村


















次から次へと嵐


20210426113140eb5.jpeg


2018 降格  監督交代

2019 1年での復帰叶わず(降格クラブの最低順位更新)  監督交代

2020 コロナと不調 (開幕10戦勝ちなし) 監督交代

2021 コロナと最下位 2戦で監督GM逃亡 引き継いだ監督満了



見事に転落したが

普通「ココ」が「底」である。

最下位なんでね。

後は上がるだけ。

来年からは

何が起きてもポジティブ

喜びに満ちるはずである。

しかしカマタマーレには

次から次へと別の嵐が襲う。





もうお祓いしてもらった方がいいレベルである。





監督人事、聞いた瞬間

「マジか・・・」と思った

まぁ個人的に人柄とか存じ上げない

去年と同じ轍踏んでね?・・と正直思った。

まぁ、ネガってもええことないか・・・と思い直した

私はその程度である。

その感情をはるかに超える反響がSNSであがる。

それだけみんなクラブを愛しとる。

でなきゃ、この状況で応援は続けない

そんなけなげでタフなカマタマーレサポが

大いなる疑問と不満異議を申し立てる

そんな事態になった。

これほどネガティブと拒絶に近いアクションを伴う

船出があっただろうか




う~ん





地滑りは続く

田所教授に見てほしいくらいだ

しかし

カマタマーレ最後の資産

もっとも強固な地盤

サポーターが揺らぎ始めた

これはさすがに恐怖を抱く

これは致命傷になりかねない

それと引き換えに

いやそれを賭して得たいものは何なんだろう

起死回生の目標

成績挽回奇策の遂行か?

練習場建設のための緊縮財政??





社長は元バロックのCFO(最高財務責任者)

河村前社長と同じくお金のプロである

あの人が本気で

「貧乏クラブが練習場作る」こと挑むなら・・・・

まだまだ激震続くのかもしれない

移籍、補強や観戦環境

もろもろ

嵐吹くかもしれんな。






ただそうならそう言ってくれたら耐えるのに

・・・お金ないけど練習場作ります

それまではいろいろ選択できないし

続けることできないものあります

申し訳ない

我慢してください

・・・・・と





考えすぎだろうか・・・・







ただ今回はサイレントマジョリティとして抑えていた感情が

噴出しかねないインパクトである

差し出したものと得たものの評価は?

生きるか死ぬかのシーズンかもしれん




あ・・・薩川が移籍した・・・・・

鹿児島でもがんばれ!!





始まったな

2022シーズンが





好きな讃岐をもっと上に

かまたまがすき



にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村

















西村 俊寛 監督


2021041216123815c.jpeg


西村 俊寛 監督




この10年カマタマーレにおいて

おなじみの名前である

しかし裏方に徹してくださった方であり過ぎて

経歴とか調べたことがなかった。

拝見して驚く




『ウィキペディア(Wikipedia)』
西村 俊寛

生年月日 1973年10月15日(48歳)
出身地 大阪府
身長 183cm
体重 78kg
選手情報
ポジション DF

1992-1996 阪南大学
1996-2000 デンソー
2001 佐川急便大阪SC
2002-2007 デンソー/FC刈谷
2008 AS.Laranja Kyoto
2009 アミティエSC

監督歴
2010 アミティエSC
2012 カマタマーレ讃岐ユース
2021 カマタマーレ讃岐


https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A5%BF%E6%9D%91%E4%BF%8A%E5%AF%9B



新監督は私と同世代だ

つまり世に出た時

Jリーグが誕生したぐらいの世代だ

なんとなくその時代の「におい」がわかる





彼はJリーガーではない

大学を出て旧JFLで活躍した。

JFLでも今の4部相当ではない

今でいうJ2くらいかといえば・・・

もう少し上!!

J2上位クラスでいいかな・・

1.5カテゴリーぐらい

名門たるクラブが名を連ねている

旧JFL
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%91%E3%83%B3%E3%83%95%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%B0



当時のJFL選手が

「Jリーグはセリーグ JFLはパリーグ」

みたいなことを言っていた。

96年は各クラブ実力が拮抗し

レッズ、アントラーズも

ホンダに負けたかもしれない時代である。




私の大学でもサッカー部(東農大)に

「JFLとかからも誘いかかってる」とか聞くと

おお!!!ってなっていた。



つまりJ2上位クラブへ入団する印象である

JFLのデンソーで選手生活13年中10年を過ごす

今のFC刈谷である。

23歳から36歳までミスターデンソーといっていい

ミスター刈谷FCでもある

特に旧JFL時代が選手としてのピークと考えれば

30試合近い出場は「中心選手」

今のカテゴリーに直せば新潟や千葉、大宮で活躍している

20代の選手のようなポテンシャルと思う。




10年遅く生まれればJ1に挑戦できたのかもしれない

そして1つのクラブにこだわる義理堅さがあるのかもしれない





讃岐にきた時の印象はスクールの先生

初めて名前聞いたのは息子がスクールで

今日は西村さんが教えてくれた!!

といった時だ。

「ユースの監督じゃん・・よかったなぁ・・・」

そんな認識

嬉しそうに話すので「教え方巧く」「優しかった」のだろう





そんな印象の方である

その方がカマタマーレの指揮を執るのか

最後の遺産に手を付けてないか心配

監督経験ない方で心配

GMが兼任した昨年

その二の舞になってないか心配






しかし

決まったならもう信じるしかない

腹をくくろう

西村カマタマーレ

いいじゃないか

本土決戦感覚が漂うわ

一緒に戦う

楽しみである







好きな讃岐をもっと上に

かまたまがすき



にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村

















1点突破の方向

2020年

カマタマーレの売り上げ総予算4億弱

https://www.jleague.jp/docs/aboutj/club-r2kaiji_001.pdf

2020年のコロナ下の数字

カマタマだけコロナ禍ではないから

相対的な規模順位は信頼できる

営業収益は上から9番目である

営業収益は

スポンサー収入・グッズ販売・チケット売り上げ・行政支援金

その他もろもろカマタマーレが稼ぎ出すお金である

これがカマタマーレの力で

魅力を現金化可視化したものである。





2021も同規模と考えるなら

J3で9番目、

規模は一桁順位である

決して降格圈に沈むクラブではない

「最もうまくいかなかった」だけ

「使ったお金が反映されてない」だけ

・・・そういうシーズンという「だけ」である。

これまでの努力・苦労・汗・涙が

J3クラブに能わないわけではない

正直ポテンシャルはJ2をうかがえる力を秘めている

昇格した秋田・群馬と変わらず相模原より多い。

これが現時点での「カマタマ」の正しい評価である。




しかし、このまま後退を続け

「われら自身身の丈に合ったリーグ」へと

JFLに降格すれば

観客やスポンサーはさらに減る

そうするとすぐに全国リーグでの活動は

不可能な資金繰りまで後退する

地域リーグへ

そうなれば存在意義を議論されるだろう

消滅か別のクラブが取って代わるだろう




存在し続けた基礎が崩れ落ちる

何とかまた盛り返していき

Jクラブとして地域の象徴になれるか

分かれ道がこの2年間だろう



もう時間は残されていないと思う

練習場を整備して

予算規模に合う順位から

それ以上の飛躍を期待できるクラブにならねば

もう加速度的に地滑りは続く

人とは残酷なもので

カマタマーレに興味がわく瞬間とは

その凋落をもっと見たい

どうなるか見てみたいという動機

そんな残酷な一面が深層心理で支配的になれば

多くの人に芽生えたら

まぁ、さすがに生き残れないと思う。




そもそも

カマタマーレでなくていいわけで

アローズもあるし

他のサッカークラブもある

うどんの名前のクラブでない方がいい人もいるだろう




じゃあ何をはじめに取り掛かればいいのか??

そういう議論だが

「満身創痍」過ぎて

何から手を付けてよいのやら・・・である





練習場・・・・・

私は最初にどうしてもそのことが浮かぶが

練習場ができれば「すべて解決するか??」

そんなことはないだろう

練習場できても「ビり」かもしれない






しかし、

練習場がないとそれ以上前進しない

練習場がないと「たくさんある問題」が

絡まったままである




練習場はある

一定の熱いサポはいる

予算も悪くない

なんでこんなにくすぶってんの??


この不当に低い評価が

「お買い得感」を生み

更なるホワイトナイトが現れたり

野心的で魅力ある監督が現れたりすると思う。

商品価値や市場経済とは

そういう原理である





しかしそれを阻む元凶

「練習場がない」という要素は

「ああ根本はそこなのに改善できないのね」

・・となり現実最下位に対しての評価は

適正価格になる




いまは練習場が欲しい

選手が安心して鍛錬できる場所が

当たり前に他にはある

ロッカールームやシャワー室・ミーティングルーム

食堂・トレーニングルーム






すべて「当たり前にある」べきものがあって

初めてその価値が魅力的なものになる





とりあえずスポンサード(観戦・グッズ購入)と

建設資金の支援(トークン)

1点突破の方向はこの方角でいいと思う

みんな頑張ろう

生き残って見せますとも

カマタマーレ讃岐







好きな讃岐をもっと上に

かまたまがすき



にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村













カマタマーレ・サイクル



IMG_1881.jpg
(2013年11月に撮影 この少年たちはもう高校生だろうか・・・)

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村


まぁ人間なんで

今年の成績

なんも発表もない状況

むむむ・・・僻みっぽくなる




しかしこれは現実

逃避するより

受け入れて楽しむ方が

「今」に集中できるわな




・・でなんか楽しいネタないかと思う。

ユースも負けて・・・ホント何もない・・・

もう妄想世界を楽しむ





カマタマーレから

それもスクールから日本代表選手が!!!

よく妄想するが

現実は100%のスクール生が

Jリーガになるわけではない。

なれてもとても短い期間かもしれない。






けれどスクール生も含めてカマタマファミリーであり

これは卒業後もずーっと思っていて
(迷惑かもしれんが・・・・笑)

いつか香川に帰って

かつて楽しんだカマタマーレ思いだして

ファンとして試合見に来て

親として子供をスクールに入れて

経営者としてスポンサーになったり

あるいは

就職先として

専門家として

経営に参加してくれてもうれしい





熊本出身の池谷選手を見て思う

讃岐にいてもその後も

自身を育てたロアッソ愛は強い

それを讃岐在籍時に発信しても

私は不快なものではなかった

おそらく彼の根っこには

「ロアッソを大きくするため」に

次のステージがあり

これからも挑戦するのだろう。




カマタマーレのスクール1期生はようやく大学生か?

あるいは社会人として羽ばたき始めた年代だろう

自身のアイデンティティの一部に

カマタマーレがあると・・

いや郷土愛があると認識するには

まだ若いと思う。

今はいっぱい経験して

刺激的なものに目を奪われてもいいと思う。

しかしいつか

「郷里はいいな」

「カマタマーレって今も頑張ってるのかな?」

とおもいだしてくれたらうれしい

そしてそのうち何人かが行動してくれたら

そう、また合流してくれればいい。

その時まで磨き上げた奥義を引っ提げて・・・




何も選手として

ヨーロッパリーグ経験して選手として

讃岐帰還しなくてもいい

ITベンチャー社長でも外資投資会社経験者でも

お医者さんでも有名女優さんやアナウンサーとしてでも

自分の夢引っ提げて合流のイメージでもいいのだが(笑)

この願いの本質は自分の得意な

様々な技術や特徴

社会を豊かにする術を持った

大人になって

それをカマタマに持ち寄ってくれたらうれしい





私達にはできなかったことなので

お願いするしかない

そのようなサイクルがカマタマーレを大きくするのだろう

そのサイクルが完成していないカマタマは

まだまだひよこなのだ

謙虚に頑張っていこうと思う




カマタマーレユースの初の年代別代表 北條君

彼が公認会計士論文試験に合格したと聞いて

心からお喜び申し上げるとともに

沢山のカマタマーレキッズが

夢に挑戦して豊かな人生になりますように

そしていつかかまたまに帰ってきておくれ




北條くんがんばれ!!





好きな讃岐をもっと上に

かまたまがすき



にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村



リリースなし。。。まだかまだかと・・・(笑)



今シーズン

四国で破格の強さほこった我がユース

プレミア参入戦では

0-5で衝撃的な敗戦

調子の波の頂点と底であたったか

相性が最悪の相手か

初戦と2戦目の違いか

若者特有の波があると思うが

なかなか衝撃的な敗戦である

積み上げてきた努力に対して

突きつけられた現実は

トップと変わらないインパクトを残し

今シーズンを終了した。




けれどいい挑戦だった

ここから強くなることを期待する

若者は負けたことを糧とできることは特権で

うらやましい限りである




同時に最後の「よりどころ」

育成の讃岐

強いユースという砦は陥落

退却してくる遠征部隊に

「ご苦労様」とねぎらいをかけるしか

今回もなかった。





讃岐防衛艦隊には散々な1年だった






来年体制は未定

何のリリースもない

今しきりに契約満了リリースしているところが

イニシアチブを握っているのか

我らのヤマトに

波動エンジンの設計図はいつ届くのだろうか




ええ・・・

何のリリースもなくヒマです



20201104091813652.jpeg

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村






TVで天皇杯準決勝

大分なんかすごいなと思う反面

どこか空虚である




じりじりとじれったい

いつもの年末を楽しんでいる

はよ監督きめてくれぇぇぇぇっぇぇええ





にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村




ヒマだと妄想がたくましくなる(笑)

30分おきに偵察に行ってる

何も反応がないカマタマーレサイト

SNSも静か

今日Jリーグの合同トライアウトならば

契約が満了の選手はそこに参加しているはずで

そこには名前があるから讃岐リリースより先に知られてしまう

そんな初歩的なミスはしないと判明

https://hochi.news/articles/20211209-OHT1T51070.html

ここにあるのは亮のみ

松原や航大やオカムーの名前がある

う~~ん

満了や退団引退はもうないのだろうか??




それは安心だが

たぶんそうはいかないだろう

不気味な沈黙

最下位さぬきである




巷をにぎわしている話題

カズ争奪戦

名乗りを挙げているクラブは

琉球

YSCC

沼津

鈴鹿

高知

特に鈴鹿はカズの兄・三浦泰年さんがGM





前にも書いた

(スポーツ報道に長く携わる友人の見識、その受け売り)

キングはもうお金ではない

試合に出れる事を通して

たくさんの人にピッチから何かを伝えるために

現役にこだわっていると思う。

であれば

「サッカーは文化として地元に全く根づいていない」

と言われてしまった香川県は

そのミッションに最適な場所かもしれない





ただ彼の崇高な思いと

勝敗は必ずしも一致しない

いや超越している

故に

降格制度の足音が聞こえるJ3の状況で

最下位さぬきには劇薬である





さて・・・今日5回目の巡回に行ってくるか・・・・

ヒマだと妄想がたくましくなる(笑)


20190909112611603.jpeg



好きな讃岐をもっと上に

かまたまがすき


にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村











社労士的に


2020011215481173f.jpeg

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村



人生において

「あの時もっと頑張れていたら」

そう後悔することがあるかも知れない。

しかし社労士的には否定する。





どんな人もその瞬間

できる限りのことをしている。

あの時はあの時の事情がある。

どうしても頑張れなかった事情があるのだ。

責任を感じる必要がない事実があるのだ

「ああするしかなかった」のだ



例えば

「もっと勉強しておけばよかった」

事実は

「生活のためにバイトするしかなかった」

それ以上のことはない

自身にフォーカスすれば

その時はそれで精いっぱいだったんだ




だから

「できたはずの努力をしなかった」

のではなく

「あの時はああするしかなかった」

そう考えて今を肯定するのは

メンタルヘルス上とても大切なわけだ

サボリを肯定しているわけではない




そもそも

「できるはずの努力をしなかった」



「努力すれば〝なんでも″解決できる」という前提のあり

この前提について

私はとても懐疑的である。





「めちゃくちゃ頑張ったの目標に達しない」

現実は普通にある。

受け入れがたいことかもしれないが

努力万能の前提は

達しなかったことに相当のダメージを与える。

苦しんできた人をたくさん見てきた




ドラゴン桜の柳先生も

「結果が努力を裏切る、そのことが人を一番傷つける」

・・・と受験における一つの警鐘を鳴らしている






そもそも

「もっと努力しておけば」という

実現困難な幻想は

今の現状認識を困難にする

今おかれている現状を

受け入れることができなくする



カマタマーレを取り巻く人々は

怠け者でもなければ

能力のない人でもない

その時はそれが限界だったのだ




だからその過去の上に成り立っている現状に対して

できうる限り力を尽くしてえた現実に対して

「今まではこれが限界だった」

「今はこれでよい」

と受け入れるだけでよい。

それによってはじめて「今」に

これからの選択肢に集中することができる

結果、成長していくことができる。





この記者さん

ご心配いただきありがとう

「サッカーは文化として地元に全く根づいていない」

スタジアムの立地や輸送手段など警鐘を鳴らし

「できることがあったはずだ、間違っていた」

・・・と暗に言いたいのかもしれない。

ご意見はありがたく受け入れよう



しかし

選手・監督、サポさん、スタッフさんは

その過程で全力のエネルギーを注いでおり

その結果が今なのだから受け入れよう。

過去の上に成り立っている現状を受け入れ

「だが今はこれでいい」と受け入れて

「今」にフォーカスしよう。

その方がチャレンジは建設的で前に進む





さぁ、今にフォーカスして

行動と選択積み重ねていこうぜ!!









にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村



投げキッスする監督

投げキッスする監督

お別れの時に全身で愛情表現

いかにも陽気な異国の香り

監督にやさしくしてもらうことに慣れてないので

どう感謝返していいかわからない

初戦のアウェイガイナーレ戦でもにこりと笑いペコリと一礼

おおおおお

なんて優しいんだ・・・・

と感心したものだ。

ゼム将のこれからの活躍をお祈りしている



にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村




来季の監督選びについて



お金がないのはわかる

しかし、スポンサーに期待を持たせれない人ではまずい

サポとしても今、さすがにひもじい

4年くらい飢えている。

勝利に飢えている。

ここまでの道のりはだれが悪いというのではない

未来の選択される方に

より多くの人たちが納得する選択であること望む。




監督に期待する以上

やはり練習場がなければならない



進んでいるか否か

その可視化された事象が

建設現場で重機が動いているか否かだろう。

更地のまま看板だけポツンなら動いていない

練習場がなければ

監督も選手も来ない

いやあっても来ないこともあるが

なければ来ることはない

全力尽くして

もし練習場ができなければ

身の丈に合うJFLへ行こう

そのカテゴリーが最適値であり

ただしいい答えだろう。

県民ののぞんだ答えであり

全方位的な総意でもあるだろう




ただ「アルデバラン」の回で触れたように

ここまで戦ったり

ご苦労重ねてきた人々の人生

エネルギー

時間

そのひたむきな情熱は何だったのか

・・・・ということになる。

そんなことは私は嫌だ

なんとしても練習場を作ろう

もう個人的なバイクの購入資金突っ込んでも

練習場が欲しい

作れるならしばらく今の車に乗るわ




次に予算

最低でも自前で5億はないと上位戦線で戦えない

8億ないとJ2に止まれない






では何ができるか?

今残った皆さんでできることを続けよう

無理ない範囲で




私は経営者をVIPに連れてくる活動

誰かは1人でも新しい仲間を連れてくる活動

誰かはグッズ買って売り上げに貢献する活動

推し選手を追いかけるでもいい

アウェイに駆けつけ盛り上げるでもいい

トークン買うのでも

DAZN入るのでも

ブログ書き始めるのでも

昨日と違う

楽しみと一緒に

何かを始めれば熱が生まれて

エネルギーに変わると思う



今のカマタマーレは

まだまだひよこで赤ん坊だ

今年の成績は

「J3ですら相応しくない」と突きつけられた

生まれ変わって

宮﨑やいわてより新しいクラブのつもりで

担いでいかねば

この神輿は持ち上がらないかもしれない。

今はまだ

カマタマーレに何かをもらうターンではない

カマタマーレに何をしてあげられるかが問われるターン

そう思うことにしている。





皆さん

できる範囲の何か

カマタマーレのためにぜひ・・・・・











好きな讃岐をもっと上に

かまたまがすき





2021041216123815c.jpeg




にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村

ホームページ監視状態ですがな・・・・


20211108165020641.jpeg



さてさて

最終戦が残っているとはいえ

もはや興味が来シーズンの体制に向いているので

カマタマHPの24時間監視体制に入っているわけだが

一番の興味はやはり「監督」だろう

前にも書いたが「新しいい戦術」そして「才能や伸びしろが見える」

マネージメント能力豊かな方だと素晴らしい

実績は二の次

なぜなら全て備えるとお高くなる

実績は讃岐で積み上げて

その後レッズでもセレッソっでも

活躍の場を移していただければよいかと思う




またどのような方に指揮官としてお迎えするにあたり

練習場と予算は確保して差し上げねばならず

私はトークンでなくふるさと納税として

ボールパーク構想に参加中である

並行してスポンサーも続ける





この辺りが讃岐人の意地である

専用練習場の建設

クラブ予算5億以上(現状4億弱)

もしJ2で定着するなら8億規模でないと心もとない





そこを目指して修練する

「力蓄える時間」がJ3時代かと思う

でもここはココでも楽しめる

いや楽しい

かつて子供のシューズは

スポーツデポでバイト中の

守護神家木が選んでくれた

こんな高揚感とよく似たものがこのリーグにはある

選手が近いのだ。

今ある讃岐を楽しめる企画考えて

バイクと動画になった






練習場と予算5億

しかし

今の讃岐を楽しむ

大いなる矛盾をなすがままに任せて

流されて行き

その先で見える風景は

想像できなかった世界だろう

それもまた楽しい




という訳でHPの監視に戻る

福島に向かう選手の皆さんも

ノンプレッシャーで頑張ってきてほしい

もちろん応援はしています




こういうブログ書くと

この後なんか発表されることが多い

もちろん私は何も情報をもらっていない

私レベルで特別教えていただく事はない

断じてないのでご安心を




早く発表してよ

カマタマーレ・・・・・




にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村



アウェイツーリング動画


とりあえず

来年の個人目標は

大型バイクでアウェイツーリングして

その動画を編集してアップする事





頑張ります




バイクは限定解除免許が取れたので

購入資金問題を解決が

目下の課題である。





動画アップは

アップを継続するならまとめたサイトも必要だし

何かとサイトのメンテナンスもかかるので

自前で構築するべく

プログラムの勉強を始めた





この2つを今年の9月から取り組む

バイクは順調=限定解除クリアー

プログラムは七転八倒

3月間「のたうち回り」ようやくHTMLとCSSを卒業

道のりながし





自分の目標ですらこんなに時間もかかる

エネルギーも必要

苦難もあれば挫折しそうになる

カマタマーレだっておんなじかもしれない






私がアウェイツーリング動画を

隔週で上げまくるとき

カマタマーレは新たなステージで活躍しているかもしれない

そう思えば仕事の合間のプログラミングの勉強も

力が入るというものである




頑張ります

新しいサポーターの日常と

新しいカマタマーレのステージのために






そもそもハーレーの代理店含め

いろいろなバイク販売店が

ツーリング企画してるんだから

カマタマーレが

アウェイバスツアーに続いて

アウェイツーリングツアーの企画を持ち込めばいい





内容

アウェイチケット代カマタマーレが補助

現地までのツーリングバイカー専用

水色Tシャツ配布






想像してほしい

アウェイのスタジアム

駐車所に続々と集結してくる

サックスブルーのTシャツきたバイカーたち

ごついハーレーやら

レーサーやら

かわいいハンターカブやら

今治でしたら岡田オーナーもびっくりである




2020サポ子






好きな讃岐をもっと上に

かまたまがすき






にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村











改名!!アルデバラン讃岐(笑)


202112011156186d0.jpeg



朝ドラでかかるOP

「アルデバラン」




宇宙戦艦ヤマトの

アンドロメダ型2番艦の艦名と同名

であれば星座の由来である。

それは正解なのだが

そもそもアルデバランは、

アラビア語で「後に続くもの」という意味らしい。

アルデバランが東の地平線から昇ってくるときに、

プレアデス星団の後に続いて昇ってくることからの

星座名の命名である。





和正さんと彬さん

いや、木島 良輔、シミケンさん、永田さん、

刈谷で今年引退する福家 勇輝くん

今年お亡くなりになった熊野元社長



多くの選手の力

多くの指導者・スタッフの力

多くのサポーターの力

スポンサー様の力

そこまで夢を摘むいたものが

次の夢を託して入れ替わる

その練んねんたる流れがいまのカマタマーレを作る




次の監督はどなたか

どんな夢を紡いでくれるのか

今いる中で誰が誰に次を託すのか

どんな若者が現れてそれを受けとるんか






今年もそんな季節が来た

悲しみと感謝と

そして未来を想像して熱くなれる

今日は12月1日

師走ですなぁ・・・・








アルデバラン・・・・

うん、いい響きだな

そんなことを思う。

わしがカマタマーレを買い取った暁には

アルデバラン讃岐に改名するわ

いや

カマタマも愛着あるしな

ユースの愛称にしようかな(笑)






好きな讃岐をもっと上に

かまたまがすき





にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村











プロフィール

がく 

Author:がく 




コチラから




2013年6月30日以前のブログはこちらです
とあるサポーターへの追憶~カマタマーレサポーター日記~




にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 


いつか出会う未来の仲間たちへ


暑苦しく独断と偏見入に満ちた

私の素直な感情を書いています

(笑)

そこに探しているモノの匂い

感じたなら

是非スタジアムに来てください。

いつまでも大歓迎です。



カマタマーレ讃岐サポーター 

がくお








にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 

最新トラックバック

月別アーカイブ

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR