fc2ブログ

レノファより饅頭届く。亦た嬉しからずや。

202012231622066b2.jpeg


レノファサポさんより

饅頭が届く




そこには3枚の便箋が添えられ

年末のご挨拶、コロナや

養鶏場のインフルエンザの見舞いに加え

激動の2020シーズンの振り返りが記されている。





釜サポの私には

なんのこっちゃさっぱりの

レノファの一年を振りかえり

悔しかったこと、納得いかない事

そしてレノファへの愛が綴られ

便箋3枚にびっしり書かれていて




……どうやら降格圏フィニッシュだったらしい




そんなん知らんがな

と思いつつ読みふける(笑





実は楽しく読んでいる

興味深く読んでいる。

同じように地元のサッカーを愛して

地元の誇りまで昇華させたい思い

我らと同じだ。

愛おしく、大切に、

心から応援している。





我らが遂にレノファ倒す事能わず

間接的な降格原因の一端は

レノファにあるとさえ思う

それくらい仇敵である。





だがレノファサポの思いは純粋で

とても清々しい。

そこは同じ、仲間なのだ。




ただそうは伝えない

同じ思いの同志ゆえ

そんな優しい事は伝えない。




惜しかったね。

降格有れば来年一緒。

また戦えたのに!!

愛媛も山口も近くてありがたい

オレンジには一度やり返さなければ!!

そんな事思ってるから

落ちないように頑張れよ!!

……と憎まれ口を返信の手紙に書き綴り

辛口のエール(笑)




いつまでもライバル

正直、それだけ気になるのだ。

見るだけで心に火がつくのは岡山

見るだけで目が座るのはオレンジ

特に長野、愛媛、山口




落ちてくるなよ

我らがJ2でまた戦う日まで

待っていてくれる人いるから

頑張れるのですよ。





まぁ、力尽きたら

こっちで一緒にまた、戦おう。

上だけ向いて一緒に冒険の第二幕

たのしもう。



不思議な縁のレノファサポさん、

風邪ひいてほしくないから

お礼はスポンサー様の

「カレーうどん」を送った(笑)



再戦の時まで壮健なれ

レノファ山口







好きな讃岐をもっと上に

かまたまがすき



にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村







オンライン交流会 視聴御礼

皆様

弊社 青木社会保険労務士事務所が協賛いたしました

カマタマーレ讃岐オンライン交流会に

たくさんお方がご参加いただきましたこと

誠にありがとうございました。

改めてお礼申し上げます。




感謝感謝感謝~~~!!!




いやぁ・・・最初に企画を聞いた時は

「どうなるんだろう??」と不安でした

それが大盛り上がり

選手の意外な一面や

普段は見えない選手間の雰囲気がわかり

とても面白かった。




1人1人掘り下げるなんて

推しメンいるサポさんは超盛り上がっただろうし、

新人選手にはよい自己紹介に場にもなったと思う。

ベテランさんもうまくVTR越しに若者いじっていたし・・・(笑)





この企画、来年もぜひ継続してほしい。

できれば視聴者はオープン参加でもいいかも??

また録画の方が

面白さを凝縮したり演出したりできるかもしれない。

せっかくのコンテンツ、

いろいろ進化していただければと思う。


シーズンパス・オーナー様も大切なので

オークションやプレゼントとか

シーズンパスオーナー限定とか

そのあたりに新しいステータス作っても

いいかもしれない。

そして来年も協賛させていただきたい内容でした。

関係者の皆さんありがとうございました。


20201224123706f2b.jpeg






少し前まで

TV出るなんて「大ごと」で

なかなかできない

もう緊張して、

レアなケースで、

出演したら有名人で・・・






今はもうそんな時代ではない

コンテンツがあり企画すれば

発信そのもののハードルは低い




すごい時代になった




けどコロナの中でこそ気が付けた。

このテクノロジーの追い風に。

コロナがなければ

ファン感は「生で会う」以外の選択肢はなかったかもしれない

勿論それも魅了で大事である。

しかし、交流の選択幅が広げることできる。

遠隔地サポさんや時間場所の制約ある方には

この形だと交流場所が解放される







ただ「番組」として成立するには

コンテンツとそれを生かす企画だけではだめ。

エンターテイメントまで昇華するMCが必要である。

つまりMCの存在はとても重要。

選手とIT技術とスタッフだけでは

面白い番組にはならない





本多春奈 様

DJ ハイロ 様

この強力な2トップが讃岐に存在することは

何事するにしてもありがたいものである。

私個人はさぬぴーが誕生する前

春奈さまがそのポジションを補ってくれたとさえ思っている。

選手と交流して

イベントに花を添えてくれた。

だから胸張って

「うちマスコットいないけど、飛び切りのマネージャーいますねん!!」


IMG_0099.jpg

201709241016503fd.jpg


ハイロさんが盛り上げてくれるスタジアムは楽しかった。

マスコットいないことが普通でも楽しかった

実はボランティアにもよく参加してくれて

3F席の掃除は一緒になって活動してくださった。

IMG_9222.jpg

勿論、さぬぴーが生まれて更に相乗効果が現れましたが・・(笑)


このお二人には

末永くお付き合いしていただきたいものである。

ある意味チームカマタマーレの

中心選手である




さて、

このイベントを待たねば発表できぬものがあるのだろう

もはやすべての制約がない以上

今日から腹くくって発表を待つ

昨日集った若者全員と

来年も会えますように

来年の若者が笑って同じ企画を1年後

できますように・・・・




好きな讃岐をもっと上に

かまたまがすき








にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村





最終節 福島ユナイテッド戦 観戦記

若者たちが「どうだ!!」と言わんばかりに先制

歓喜

追いつかれた後は復活の才能が勝ち越し弾

歓喜

・・かと思えば

「こうやって勝つんだ!!」と見せつけるような

ベテランの共演での追加点

歓喜





守備陣は被弾しつつも

最後の守護神のもとリード許さない

ファインセーブと「ポスト」がゴールを守る。

感動






最後に永田 亮太が出てきて

勝利に導くために出てきて

たった数分・・いやもはや1分程度だろう

その中でボールを保持して奮闘してくれて

涙でピッチかすんできた時

なんと!!なんと!!!!

ペナルティエリアはるか手前からシュートを放つ。

そしてタイムアップの笑顔。



このシュートは彼の最後のプレーとなり

2020年カマタマーレの最後のプレーとなる。




相手より多く点を奪い

相手より少ない失点で凌ぎ

最後まで「みんな」で戦い

戦術・技術・精神力・・・全てが融合して

最後の最後で

「NEW カマタマーレ」が完成した。



多くの苦難と多くの悔しさと

我慢と忍耐と汗と涙で

その装甲が塗り固められ

その砲身は磨き上げられ

別れの惜別までふりかけて

われらの艦はついに完成した。







アクア氏の言葉を借りれば

サッカーの神様は駆けつけてくれたような

すがすがしさと感動が包んだピカラスタジアム

NEWカマタマーレの進水式である。






笑顔と清々しさと

惜別と感謝と満足と安心感と

いろいろなプラスのごった煮のスタジアム

結構1500人の観客は幸せな時間でした






さて次節は3月13日

この艦に乗って発進です。

再昇格3部作

第2部の開演ブザーが鳴ります。






その時まで風邪ひかないでお元気で

皆さん2020シーズンお疲れさまでした。






かまたまがすき

すきな讃岐をもっと上に



20201221095856d09.jpeg






にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村






最後の戦いです。

12月13日

サポは現地でDAZNで

勝利信じて戦い。

田原坂付近(!?)にてロアッソに完敗。

退却してきた。

またもや西郷どん最終回の気分。



更に今週

監督、GKコーチ

そして選手3名を失う。

苦行のような1週間

しかし、これで終わりでなくて

ここから始まりだろう。




外は例年にない寒波が襲う

そもそもこの時期の試合はないのだ

最終戦がとても寒い

コロナは衰える気配を見せず

香川でも連日報道されている





それでも

それでも

まだ終わっていないので

私の中では高揚感がある

あと一回

この仲間と戦える

そこにどうしようもない幸福感がある

おそらく多くのサポさんも

最後の勇姿を見るために

最後まで共に戦おうと

スタジアムかモニターの前に集結するだろう。






開幕が正月なら

最終戦が大晦日だ

苦難に満ちた一年を乗り切ることができたこと

皆で祝おう

そして個々人の区切りとけじめを

個々の思う形で付けよう。




私はお客様とメインで観戦して

アテンドしつつ今年のけじめをつけて

来たるべき新年を備える





さぁ、最後の戦いだ

今年の結末

最終回を存分に楽しもう。



カマタマーレがあるだけで

Jリーグがあるだけで

「結構幸せだったよ」

そう思える不思議な2020。




フィナーレです。




ただ

若干であるが

(今年はもう負けすぎて・・)

沖縄に向かう戦艦大和の気分である

戦う力はあるが通じない

しかし撃沈されるまで戦い続ける





いいじゃないか

カマサポとして本望だ




いや!!

最後に必ず勝ぁぁあああつ!!!







好きな讃岐をもっと上に

かまたまがすき

さぁ、最後の戦いです





ひとりじゃない

だから、立ち向かえる

まざりあって、超えていけ





たくさんの仲間で応援しましょう!!!



20201209150548709.jpeg




にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村

今週は熊本戦!!

彼らと我ら

「今、どちらがより幸せか」と

意味のない自問。



「カマタマーレ讃岐」

序盤に可能性が失い、

育成の名の元に割り切る。耐え忍ぶ。

気持ちは早くから楽だ。

試合重ねるたび希望が増える。

「ここから強くなる」・・そう思える幸せ。

これ握りしめて過ごす日々も確かに幸せだ。

しかし光明は灯いたり消えたり。

32節戦い16位、

「振り向けば最下位」

年間の勝利は「6つ」



実は此処からの成長も保証はない。

「もっと悪くならない」保証もない

純粋に信じるのみ。
(ここが讃岐サポのすごいところだが・・笑)





一方のロアッソ熊本

前半戦は優勝した秋田とそん色ない成績、

まさに昇格にばく進。

J2へ帰還叶う・・・・と

サポは疑わなかっただろう。

秋田との戦いが今年のクライマックス。

そんな筋書きを期待した!?


だが後半、成績は急停止、ラスト2戦残し目標を失う。

今、失意と悲しみが濃縮された時間を過ごす。


ただ「強豪」という事実は変わらない

後半の修正という来年の課題も明確。

次も昇格候補だろう。

ゆえ不幸には落差と濃縮された痛みがセットだ







おそらく双方が双方をより気の毒がるだろう

あるいは「よそはよそ、うちはうち」であろう。







私の中に・・心の片隅に住まわせていた油断

「なんだかんだ言っても讃岐は元J2クラブである。

いずれ体勢を立て直し2~3年でJ2へ復帰できる」

などという思い・・・

J3リーグに対してリハビリ施設の認識。

時間が満ちれば「オートマチック」的な昇格



こんなものは幻想であることを知る



強くなるための継続をする意志。

思うのでなく行動に変える意志。

常にその方向が間違っていないか自問。

「それでも間違うことある」と受け止め、

「全てが正しくても叶わない」ことも認め、

J3が適正カテゴリーである可能性も受け止め、

そのうえで「上を見て」戦う。

結果、またいつか戻ることができるのだろう。





これは覚悟の問題

意気は違う






「本来のカテゴリーに帰還し、新たな挑戦を始める」

此処も変わらない。

この現実受け入れる冷静さが謙虚を作り

野心失わない思いが情熱を作る。

双方がバランスよく満たされるとクラブは再生する。

このリーグは「再生工場」的側面も魅力だ。

思い切ったチャレンジもできる。

これ以上の降格はないのだ。

1~2年の低迷は受け入れる土壌がある。

J3時代はクラブの歴史の一つになる。






今節は対照的なシーズンを過ごし

同じ結果を得たクラブの対戦。

来年もJ3に残留する「降格同期」ダービー。

讃岐が落ち目のトドメさし更に目を覚まさせるか

熊本が格の違いを見せつけ讃岐を一蹴するか



なんもかんも違う双子の

兄弟げんかである

なぜこんなことになったのか??

双方今シーズンの

疑問をぶつけて答えを探す





うん




いいじゃないか!!!

讃岐はどこまで通じるか全力で当たろう

残念ながら

成績、歴史、規模も、人材交流もあちらが兄



がんばれカマタマーレ

熊本の兄さんをぶちかましてあげましょう





好きな讃岐をもっと上に

かまたまがすき



IMG_8919.jpg











にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村





あのオレンジ2つが

ふと思い立ち

J2ボトムズ戦線を覗く。

(もちろん今年降格は無い事、理解した上で

仮に例年ならばであるが。)



22位 山口 勝ち点30

21位 愛媛 勝ち点34



我らをあれだけ苦しめたオレンジの天敵が

降格ラインに沈む。

まぁ、彼らの勝ち点供給源 

「讃岐」がいないのも影響あるだろう。




讃岐は

この2つのオレンジから勝利叶わなかった事実

現J2リーグは彼らをして最下位たらしめる事実

双方を鑑みると恐ろしい。



弱肉強食のボトムズは

狩る側狩られる側の攻守交替が早い。

確固たる強さ

他クラブより早い成長継続がないと

J2に居続けることは難しようである。



ただ双方とも現時点で

讃岐より優れた

練習環境を持ち

クラブハウスを持ち

予算を持つ

その力を持っていても降格圏内である。





救いは

昨年昇格した北九州・群馬の善戦である。

例年J3優勝チームはJ2リーグでひと暴れして

台風の目になる。

2位昇格チームもボトムズ戦線では通用する。

今年の群馬も頑張ってる。

去年の鹿児島だって勝ち点40は立派だ。





讃岐の現在位置は

来年J2でも旋風を起こすだろう秋田に

0-5で大敗したり

ボトムズ戦線でも生き残るくらいの

上位J3クラブに歯が立たない

今はそんなところかな。




おお・・・気が遠くなって

気持ちがいい




けれど秋田に引き分け

相模原にロスタイムに追いつき

生まれ変わった片りんを見る。

新しい刀を手に入れつつあるのだ。





J2で戦える「鉾と盾」

まだまだ時間はかかるけど

いつか必ずJ3のすべてのライバルを倒し

J2で揺るぎない地位を手に入れ

常にJ1をうかがう。






そのための一歩が今日

U23勢力との決着付けよう。

成長のあかしとしてU23に勝とう。

今日もその一里塚である。





ただ油断できない。

YSさんにも最後の最後の最後

オウンゴールで倒せたのだ。

若セレッソさんだって

全身全霊全力で何とか五分の印象である。

現場・サポ 双方一丸の戦いやね。






来季のために

未来のために戦おう






好きな讃岐をもっと上に

かまたまがすき





追伸

オレンジの方々には

縁起でもないかもしれないが(笑)



来年J3でお会いしてもよかったんやでぇぇぇえええ

J3良いとこ一度はおいで

専スタ多いし、スタグルうめぇし・・・




愛媛も山口も近いし

スタグルおいしいし・・・・(笑)

讃岐にはええことだらけやのに・・・・








追伸


20201209150548709.jpeg


本日二本目

悲鳴嶼行冥(ひめじまぎょうめい)がでた!!

縁起いいぞ!!

そして仕事しろ、おれ!!(°▽°)


にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村








勝て勝て勝て勝て、ホームやぞ!!(^^)

今朝

年間パスポートの事前登録を忘れる。

・:*+.\(( °ω° ))/.:+

ぎゅあああ!!



9:10に気づき

慌ててアクセスしたがすでにクローズ

うむ、感染対策万全でよろしい。

賴きかなカマタマーレ。





と言うわけでjチケット予約しようと思う。

せっかくだから

プリメーラと言う所に座ってみたい。

来年はコアエリアに戦列に戻りたい

今年は特例の

「観戦エリアはしご」である。笑

無言と拍手の応援を色々な所でしてみよう。

どんな席でどんな風に見えるのか

いつかが何か役に立つかもしれない。






12月ナイターは寒い

最近の成績も振るわず

選手は連戦で疲弊し

低パフォーマンスになるかもしれない。

一般観客増対策など

既に万策つきているかもしれない。




それでも試合はやって来る。

そして

万難排してサポさん達は集まる

今日の勝利を確信している。

それを脅かすものからクラブ守るため

スタジアムに集まる。





2020は何もなくて良い

何もない春で良い

ただ、春の予感を感じさせてくれる

そんな戦いを期待する。

まだ、戦えるんだろカマタマーレ。




勝て勝て勝て勝て!!ホームやぞ!!

(ガンバさんお借りします)





どのような時でも

誇り高く生きてくださいませ。

ご武運を



藤の家紋のおばあちゃんより





好きな讃岐をもっと上に

かまたまがすき



20200717134141f65.jpg










にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村


第31節  讃岐0-2富山 に思う

第31節

讃岐0-2富山





なかなか

昇格かかる上弦の鬼たちは強いな

われらは炭治郎達と同じく

J3では新米隊士であるので

上弦たちに歯が立たない。

いやできた部分もあるのだろう。

結果だけでは語れない。

しかし遠方富山まで応援に駆け付けた

アウェイ遠征隊もいる。

結果についてはこだわってほしい。

全部勝てとは言わない

言わないが育成過程でもそれなりに勝利が

養分として選手サポ双方に必要だ

でないとサポが全滅してしまう





そんなことを思う事象があった

ファイブアローズがホームで

劇的勝利

ミラクル



そう聞くと

純粋な祝福の気持ちと同時に

ニガイものがこみ上げる。

同じ日に富山から撤退してくる

カマサポ隊のことを思うと胸が痛い。



めったに勝たないのに

「今日こそは!!」とみんな現地駆け付け

声をからす。

負けても激励し続ける。

いつか強くなると信じ

いま、全力で戦っている事を信じている。



ああ・・

せめて自分も参加してれば気持ちも軽いのだが

今回はお留守番していた。





今年の事情を鑑み

ある程度は理解できる。

その上で我慢しつつ応援している。

そこは理解してる。

ただ、見回せば

最下位のセレッソU23とYSCCが迫る

4連勝を狙い、緒鼻からとん挫した。

その上に振り向けば最下位が見える。





何とか勝ってほしい

ビり3の定位置から

順位上げていきたい。

現実を無視して申し上げるのでなく、

たった一つの勝利が良薬であることも

また事実である。






そして最下位になりたくない。

今年の旅路の果てが

最下位!?

一番弱いクラブ!?

これは全力で回避しよう

だが今の勢いでは危うい。

全力で戦ってのビりならば受け入れる。

だが

まだそれを受け入れる段階ではない。

セレッソにも熊本にも福島にも

完勝圧勝を期待する。

終わりの勢いをもって来シーズンを迎えたい

これが今の切なる願い



がんばれ、カマタマーレ

心を燃やせ!!!






好きな讃岐を「もっと」上に

かまたまがすき



20190630092315098.jpeg

これは昨年の富山戦






にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村







この時期は

例年ならシーズンは終了し

契約終了や引退のリリース中で

お別れ事で「のたうち回る」時期である。



コロナのせいで

少しその時間が遅れている




だが今年も

もう少しで「のたうち回る」ことになる。

来シーズン

今のメンバー+新入団で戦うことなどない。

一人一人の成長でチームがパワーアップして

クラブが昇格するストーリーが理想である。

しかし

そんなことはドラマの中にしかないことを経験で知る。

2013年のJ2昇格の時

JFL初年度のレギュラーメンバーで残っていたものは

ほんの僅かであった。

次の昇格時に

今のメンバーが「大半である」ということは

おそらくないだろう。




もちろん選手もステップアップ


一人で昇格したり

活躍の場を求めて移籍したり

あるいは別の目標に向かい

このクラブを離れていく

それは心からの祝福を持って見送る。

すべてがJの世界で淘汰されたわけではない。

2020年にここに集っていたことが

一種の軌跡なのである。




だからまた出会える。

永遠のお別れではない。

馬場ちゃん砂モンにあえた如く

来年、石井ちゃんやスギちゃんに会える。

去年、良輔が帰ってきたように

誰か戻ってくるかもしれない。

来シーズン

亮ちゃん福家ちゃん門コーチそしてヒデさん

ノグやフジタと同じJFLの舞台だ。

あと少しで我らと再会だ。

ガナさん、ホリ、天羽さんは引き続き注目したい思う





我らも

沼田やヨンジのいる場所へ戻り

そして隼斗や祐治にたどり着かねばならない




みんな

輪廻して

転生して

サッカー選手はまた会うことができる





だからこの時期

一瞬のお別れもまた巡り合うための出来事

半泣きになりながら

笑って見送ることができるのである。

そろそろくるぞ

ハンカチととびきりの笑顔

準備しておきますか。





好きな讃岐をもっと上に

かまたまがすき





202003082242241d0.jpeg





にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村





讃岐の歌声

20190729182526ace.jpeg


声援

つまり声の力は偉大であり

もう動かない時

あきらめようとしたとき

その時、大きな声援があれば

もう一度動ける

もう一度戦える

そして「どれほどの願い」が込っているかにより

動ける時間と強さと速さが比例し

折れない心の強度は増す





根拠や科学的証拠はない

ただ

そうであってほしい

そう思いたい






でないとスポーツの世界で

2アウト・2ストライク・ランナーなし から

サヨナラゲームはおこらない

劣勢下のロスタイムに

同点ゴールは生まれない







われらの願いに

ほとんどの選手も同意してくれる

だから

「スタンドとピッチは同じ戦場で背中合わせて戦っている」

そう思うことができる。





それがサポ観戦のだいご味である。





しかし今、

我らは声を出せない

駆け寄って励ますことは許されない

大丈夫だ!!ハートだ!!頑張れ頑張れ!!

そう声を出し伝えることができない






選手が気の毒だ

実はもう一歩足が出る

もう5分戦える

あと少し諦めずに闘う

そんなチャンスを失ったかもしれない






2020チームは今年だけのチーム

一度だけでも聞かせてあげたかった

リーダーが統率するカマタマーレのチャントを

士気を高め

もう一歩を踏み出す勇気を

心を支えるサポのチャントを





讃岐のチャントはなかなかのものだ

人数少ない分みんなで大声を出す

できる限り間断なく声を出すのは

常に寄り添っていることを伝えるためだ

最後の最後まで歌うのは

最後の最後まであきらめない心を

支えるためである






讃岐の歌声はなかなかのものだ

徳島が驚き

岡山が舌打ちし

山口は感嘆し

ガンバが感心した







その魂の歌声

選手にお聞かせすることができなかった

2020年は観戦する事や手拍子、太鼓で

一生懸命応援した

同じ思いが届いていることはわかっている

しかし、あの歌声と叫びが

最後に歓喜となる瞬間を

共有させてあげたかった






残念





またいつかスタジアムで大きな声で

讃岐のチャントが歌えるようになりますように

その時は敵となってでもいい

「ああ・・あんな声で歌うのだな・・・いいな」と思ってくれたら

とてもうれしい






もうそんなことを思う12月になりました。








好きな讃岐をもっと上に

かまたまがすき






にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村




来年は3回総当たりで!!

IMG_4465.jpg



あと4試合

今年は

6月28日に開幕して12月20日で終了。

6か月間で34試合。

30日のうちで平均6試合弱をこなした。





浴びるように試合経験を積んだ新生カマタマーレ。

大学生と高校生に多少引率の先生が加わる構成の

ビリけつのうどんチームはすくすく育った。

今は堂々とJ3を戦っている。

もちろん昇格するレベルに今はない。

これからの経験も大事だ。

それには

できることならば

来年シーズンも同じ程度の試合数を経験してほしい。

多くの選手に成長していただかねば!!

成長のためには実戦が多くないといけない。






しかしこのままでは来シーズン試合がとても少ない。

大問題だ!!!






2020シーズン所属クラブのうち

昇格していく2つが去り

撤退するU23が2つ去り

昇格してくるのは宮﨑テゲさんだけ

差し引き奇数の15クラブ

いくら天皇杯があっても

15クラブの総当たりホーム&アウェイ

これで28試合がベース

9か月間シーズンでは1か月平均3試合

今年の半分である。

夏休み2か月とって初めて月4回平均の試合数。

夏休み休み長すぎ・・・






是非3回総あたりで!!

42試合でお願いしたい。

J2時代は22クラブの42試合

選手もサポも

日程的にしんどいことはない。

興行収入も来シーズンは増えないとまずい

それには開催を多くせねば。





夏場灼熱のアウェイスタジアム行きますから

寒くても平日水曜日夜にナイター行きますから

3回総当たり42試合で何卒宜しくお願い致します。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



その場合は相手によりアウェイ2回いけるので

富山ブラック2回食べに行けるかもしれない

20190630092341b20.jpeg

20190630092329f99.jpeg


チャンス2回あれば必ず行ける

沼津でお魚食べれる

2019033110465209b.jpeg
20190331104553769.jpeg


ワクチン出来てGOTOが続けば

こりゃすごい

安心で格安アウェイツアーなうえに

クーポンで現地グルメ食べ放題である

賑やかなサッカーツーリズムが生まれるだろうなぁ









好きな讃岐をもっと上に

かまたまがすき







にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村




プロフィール

がく 

Author:がく 




コチラから




2013年6月30日以前のブログはこちらです
とあるサポーターへの追憶~カマタマーレサポーター日記~




にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 


いつか出会う未来の仲間たちへ


暑苦しく独断と偏見入に満ちた

私の素直な感情を書いています

(笑)

そこに探しているモノの匂い

感じたなら

是非スタジアムに来てください。

いつまでも大歓迎です。



カマタマーレ讃岐サポーター 

がくお








にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 

最新トラックバック

月別アーカイブ

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR