FC2ブログ

アントラーズ呼んでこよう!!

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村





サポーターズミーティング の参加者は

40人を超えたとのこと

通年は20名前後と聞く











高知春野という遠方

極寒のオフシーズン

始動しはじめたばかりのクラブ

練習試合

しかし

「徳島ヴォルティス戦」は1000名越えの観客。

うち100名は讃岐サポの模様という情報。









本当にうちは

観客動員数がJ2ビリなのか??


IMG_6839.jpg











とても熱心な人がたくさんいる。

いや、その数が

増えつつある事に注目すべき。











急激に伸びている。

・・・と思う。













新しいものを生み出さねば

地方小型クラブは生き残れないだろう。

それはイノベーションと言われる物だ。











新しいものを生み出す機会となるものは

「変化」である。











これはしばしば見落とされ

無視され

時には否定される

「たまたま偶然・・・」と











しかし「予期せぬ成功」

自分たちが意図したものと違う形の成功は

信頼性と確実性が大きい

飛躍の種である。









利用されないまま

放っておくのは勿体ない











この予期せぬ成功が

「何をもたらすのか??」

分析してみる必要がある









本当はミーティングに行った人

高知に行った人に

それぞれインタビューするのがいいが

そうはいかないのでSNS上で

披露されている感想に

共通のキーワードを拾ってみる









最も多く登場するワード

「楽しみ」











これはハッピーでなく

わくわく、期待してしまうという意味。

そんな感じの使われ方である。











つまり・・・

今年のカマタマーレには

ポジティブ・ネガティブ双方に

ベールに包まれたものが多く

「とても興味がわく」

という訳である。










「見てみたいという」衝動が湧く

しかし現実は

選手を見るなら「高知」

近くでふれるなら「サポミ」











この理想と現実のギャップが

この例年にない「変化」の正体かもしれない。











ギャップは

飛躍的な成功の卵である。

なぜなら表裏の双子が

「ニーズ」だから。











しかも漠然とした一般的なものではない

具体的な活動で表現できる。








みんな例年になく

「カマタマーレが見たい」のだ。












カマタマーレよ

今こそチャンスだ。

2016年では苦い思いした公開TM

鹿島アントラーズ戦

これと同じ企画してみてはどうだろう。


IMG_6846.jpg


IMG_6838.jpg

IMG_6842.jpg





あの時は

TM戦に広報の力入れすぎ

肝心の開幕が集客できなかった。









しかし

あれと同じもの企画しても

ついに成功できる土壌ができた。











そう確信する









2018年 2月11日

カマタマーレ公開TMで〇〇〇と対戦!!

違う結果

生まれると思うよ

恐らくスタンドはちゃんと埋まる。

そして開幕も入る。











費用対効果ある広報になると思う。










もう一回

呼んできて!!!

アントラーズ








いや

多分相手は何処でも大丈夫だ。

みんなは

「新型カマタマーレ」を見たいのだから。









今年はもう無理でも

来シーズンは確信持って企画しても

もう大丈夫なくらい

カマタマーレは人気があると思います。







にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村






何か変わったよなぁ・・俺・・・



にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村







やっぱ何か変わった

9年前と比べると。

8年もカマタマーレを応援すると

自分自身が変わっている事

自覚する。

もちろんポジティブにである。


IMG_6871.jpg









別に応援対象が

都会の強いチームや

刺激的なスポーツでも

人間成長すると思う









しかし、

いろんな制約がある地方の・・・

・・・郷土のクラブ応援する事は

自身の「変化」が高速に促進されてる。










・・・そんな気がするのです。










だってそうしなければ

応援するクラブが

生き残れないかもしれないから(笑)










例えば









①自己表現が苦手じゃなくなる







「試合中はいつもは出ない声が出る」

是なんかその典型である。



我ら地方弱小クラブが勝つことは

その生存が賭かった成果である。

故にサポーターは

その歓喜の際に

自身を表現することにとても抵抗がない(笑)

得点時なんか全員で絶叫している.








2017年 瀬戸大橋2ndステージ 絶叫の得点シーン














歓声や声援だけじゃない

大声で歌く事も楽しくなる。

恥ずかしいという垣根を

ピョンと飛び越えれます。











結果

違う世界が見えたり

違う自分に気が付くかもしれない。










②「ありがとう」とよく言うようになる。








感謝を言葉にする頻度が高い。

試合後は心から選手にお礼いいたくなる。

試合中は周りのサポさんに感謝する。

例えはじめてあった人でも

固まって励ましあって飴とかもらって

同じチームのサポの者同士で助け合えば

自然と素直な感謝の言葉が出てきます。



平日はスポンサー様に感謝したりする。











言葉の選択、上品さ、大きさではない

心から感謝していること伝えたい。

そういう思いの

「ありがとう」が言えるようになります。











③人に積極的になる









アウェイの地では

知らない人でも同じユニなら

何故かあいさつしたくなります。

ホームゲームでも

試合前ハイタッチや握手します。

得点時には抱き合って喜びます。

次からは友達です









④大胆になる











そもそも、隔週で旅行行くなんて

私の性格では考えられない。

しかも、

長崎、熊本、松本、金沢、札幌とか

なかなか簡単にはいけない所

行く機会がない所

それなりにお金を大胆に使い、後悔せず

それなりの距離を車で走破する事、躊躇せず

けど

その費用や労力を超える経験や体験がある。

チャンスを積極的につかみに行く

大胆さ手に入ります。









⑤打たれ強い、あるいは我慢強い、粘り強い









なぜだろう

いや・・・説明はいらないか・・・・笑











サポは最後の一秒まで戦う

「ゴール裏は世界で一番・・・・何ちゃら・・・!!」

という仲間、けっこういる。(笑)












他にも

・仕切るのが上手になる人

・お世話好きになる人

・配慮、気配り上手に磨きかかる人

・段取り上手、節約上手











多彩だが大人として

正しく進化しているように感じる。











わたくし

以前より仕事で褒められる・・・・











「よくそんなこと思いつくね」

「大胆ですね」

「元気ですね」

そして

「いろんなこと知ってますね!!」









カマタマーレを応援することは

そりゃレジャーである。

・・・間違えなく「遊び」

だけどその中で人間は

すくすく成長するのである。










まだ来たことのない方

是非ピカスタへ遊びに来てね。











楽しいだけじゃない

新しい世界へ

新しい自分へ

お待ちしています。




IMG_5472.jpg






にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村





インフルエンサー



にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村




インフルエンザじゃないよ

インフルエンサー












消費行動に影響を与える人は

インフルエンサーと言われている。













さらに発展して

有名ブロガーや

フォロワーの多いカリスマさん

利用した販売促進を

インフルエンサーマーケティング

とも言う。









たしかに

あの人が勧めるなら

あの人が認めたなら

「ほしい!!」

そういう消費行動はある。







不思議な人間心理である。











そう言うわたしも

ホリエモンがオススメする

スーツケースは

ちょと惹かれたりする。











皆さんもあると思う。









CMに起用するタレントさんなんかも

一種のインフルエンサーマーケティング













ホンダのCMにエヴァの庵野監督とか

「消費行動にインパクト与えてるなー」

とか思う。












「庵野さんが言うならそうかも」という

購買刺激がねらいか?











少なくとも

「庵野が出てるCMのやつ買いました。」

…的なインパクト狙いでは

ないと感じる。














ただ、

影響を与える世界の

広さが違うだけで

実は誰しもこのマーケティングは使える。










誰かは誰かに影響を与えているのだ。










父親の趣味に男の子は似てくる

釣り、スノーボード、野球、ゲーム









少年が年を重ねると

部活の先輩が持ってるジャンパー

アニメキャラが乗ってるバイク











わたしの趣味に

子供達も夢中な時代がありました。

確かに昔……(ー ー;)

紺フィット



にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村






つまり、皆さんも

インフルエンサーなのだ












大いに発信して

たくさん影響を与えてほしい

できればカマタマーレに関係ない

お友達たくさん居てほしいが

少なくてもちゃんと届く。












開幕まであと4週間

今はこれ

頑張っていきましょう。










そんな事を思う。

平日自室でパジャマきて

天井眺めながら……












うーん

熱が上がってきたか……









いまのわたしは

インフルエンザー

_(┐「ε:)_

















にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村





怒りのマネージメント




にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村






アンガーマネージメント







そういう研修を受けた

大変面白かった。














誰しも

仕事上、イライラする事多い











いや、家事、子育てもそう。

日常でも

イライラする時ある。











しかし、

「ぷつん」と切れてしまい

後でとても後悔する事がある。

逆に

「なぜちゃんと怒らなかったのか?」

そうモヤモヤする事もある。













いずれにせよストレスが溜まる。

体に悪い。













仕事場なら

切れればパワハラにされ

我慢すれば鬱になる。

こんな事になっては大変だ。











だから

怒りの正体を

理論的に理解し

その対策を科学的に

検証しようというのが

このセミナーの趣旨。









少し紹介

例えば「カッ」となるような

感情的なゆらぎ。

医学的なアプローチでは

アドレナリンの分泌によるものだ。

最大でも6秒。












……であれば

六つ数えたり

深呼吸したり

色々対策できるとの事。













この長さ知ってさえいれば

最悪の事態を回避出来る。













売り言葉に買い言葉の

ケンカにはならないだろう。











そんな事教わる。















その他

「べき」の理論とか、

怒りの正体は「要求」とか、

怒りのランク分けとか。












とても面白かった。












興味ある人は

「アンガーマネージメント」で

検索してほしい。









その研修を聴きながら

なぜか

ヨーロッパ人気サッカークラブの

経営者が言っていた事、

思い出した。











「我々はストレスを売っている。」












そう、その通りだ

サッカーの興行とは

ストレスの提供。












そのストレスが解消される保証は

「ない」にも関わらず、

多くの人がスタジアムに集まる。













解消される瞬間のカタルシスが

忘れられないのだろうか。













故に

スタジアムとは荒れ気味になる。












人はストレスを感じる部分は

まちまちであるし

ストレス耐性も個人差がある。












そのストレスや怒りは

可視化されると

野次や誹謗中傷になる。

これは正直

あまり建設的なものは産まない。












サッカー観戦の

怒りのが生み出す

負の生産物の代表である。








しかし、

「怒りのマネージメント」の仕方は

共通のスキームである。













それが出来れば

サッカー観戦は純粋に

解消、昇華と言う

カタルシスのみになる。

美味しいところだけ

楽しむことが出来る。













嫌な思いや激しい後悔

そんなものから遠ざかれる。











そんな事、ふと思った研修。

「俺はなんでもサッカーやな〜〜」

……と少しあきれる。(笑)















しかし、

アンガーマネージメントとは

スポーツ観戦というレジャーには

面白いアプローチである。

もちろん日常でも役立つ。










まぁ、

色々な味があるから

寄せ鍋は美味しい。

アクだって野性味溢れる

ときとしては旨味である。













うどんにだって「薬味」がある。

私はピリッとからい七味

生姜たっぷりかけた方が

うまい派である。











お上品一辺倒になりたいわけではない

あくまで少し自分を持て余す事あるなら

参考までに……














ちなみに私は

試合中は余りマネージメントは必要ない。

アウェイゲートボランティアは

のんびりしている。











車運転中と2ch閲覧中やな……

必要なのは

(ー ー;)


















にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村

金沢のおでん



にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村




金沢のおでん

うまかった。








恥ずかしながら知らなかった

石川県は

人口辺りでおでん専門店が

日本一多い県らしい。












おでん県(!?)










食した感想

おでんダシがね、

素晴らしく美味しいんです。











塩ベースでさっぱり

しかし、

地元昆布と

いい鰹の旨み

とっても効いてると思う。







次に

おでんの種に注目。

特に変わり種たのしい。












かに面

肉いなり

バイ貝



https://matome.naver.jp/m/odai/2142336002343539001













実は前回

食べてないから

チャレンジしたい。(笑)















我が愛するうどん屋には

必ず「おでん」置いてある(笑)











「うどん」と「おでん」

相性がいい。










元うどん戦士が二人

今はおでん戦士となり

我らを待っている。

首長くして

待ってるだろう。










せっかく

寒い時期に開催されるのだ

寒いからこそ楽しめる事

堪能しに行こう。







あぁ、

盛り上がってきたぞォォォオオ!!









発 釜玉大本営

宛 カマタマーレサポ各隊


2018シーズン

第一次遠征部隊ヲ編成中

参加予定部隊ハ各自

移動手段

宿泊施設

準備開始サレタシ。



合流ポイント

金沢市

西部緑地公園 陸上競技場


会敵予想時刻

3月4日 14:00







雪の金沢へ

おでんをうどんの上に乗せるか?

うどんがおでん種にされてしまうか?












譲れない戦いである。(笑)












そして

相当気が早い話である。










にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村








アウェイ遠征に技術革新の波


にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村






アウェイ

正直、車でいく方が便利

試合後は

すぐにその地を後にできる。











これ以外に重要なのだ。

サッカーという興行は

試合終了後はとても流動的だ。











横断幕のお片づけ

掃除

交流

渋滞











何時にスタジアムを

出発できるかわからない。









しかし

電車の発車時刻が気になる。











試合後は

どのスタジアムも混乱気味

シャトルバスが

発車時刻までに

駅に着くとは限らない。











ドキドキ綱渡り

又は

後ろ髪引かれながらも

勝利のラインダンスを辞退して

駅に向かうしかない。(泣)










また

速やかにつきすぎても

時間を持て余すことになる。

こういう時は「早く帰りたい」衝動が、

残ればよかった後悔が、

心がからまわりする。









車なら

スタを離れた時から帰宅の途についている。

出発の時間を気にすることはない。

遅れは道中調節できる。

お土産を買っても車に積んでおける

着替えが車中にあるから

雨とか気にせず応援。

シガーライターは携帯の充電器になる

電池切れの心配もない。









乗り換え

寝過ごし

座席の心配

食事時間の心配

小さい家族なら鳴き声・おむつなど

プライバシーも確保される。

総てクリアー。











とどめは

公共機関を使用した際と比べた場合

相当経済的負担は軽い。

同乗者が増えれば増えるほど

割安になる。









いいことだらけであるが

それを相殺して余りあるマイナスがある













ドライバーの負担・疲弊

猛烈な体力的消耗である。

半端なく疲れる。











いや、場合によっては

家族・仲間の

安全を脅かす。

無事に帰ってきても

次の日はフラフラかも知れない。

仕事ならつらい。










プロのスキーバス運転手さんでも

事故をおこしたりするのだ。

普段乗り慣れていない人には

そもそも行って帰ってくる

運転の自信は

甚だ少ないかもしれない。











つまり選択肢として

最初から不可

選択できない場合もある。










結果

公共機関の選択肢が無難

であれば・・・

遠征行ける回数が

経済的に制限されたりしていた。











しかし

技術革新とはすばらしい

また車で行く選択肢が増えてきた

車の自動運転技術が素晴らしいからだ。









これは懇親会で

後援会の方が披露してくれた話だが

今から買う車は

高速での自動追尾システムが

とても秀逸なのだそうだ。










スピードと車線を指定

セットする。

その後のイメージは

居眠りさえしなければ

ほぼ自動で走り続けてくれるそうだ










完全自動ではないが

これまでの車とは

比較にならないくらい

疲労度合いが違うそうだ。











まぁ、それなりに新型でないとだめだし

遠距離「行って、帰る」

クルーザー級の車格である必要はある。

しかし

普通に家族サービスを考えた

ファースト・カーなら

自動運転機能は

ハイブリット並みに

標準装備となっているそうである。











まぁ

その車に対して慣れは必要だし、

慣れたところで100%安全でもない。

雪道・嵐の条件も加味されていない。

また

新幹線や飛行機も楽しい。

ただ選択肢が広がりつつある










丁度車がたくさん売れている時期なので

皆さん、車社会の香川にお住まいなので

こんな情報をシェア(笑)









アウェイ遠征能力も

自動車選びに加味していただければ

家族旅行は増えるかもしれませんね。











お友達とグループで遠征せざる得なかったのが

パパママ運転で何とかなる範囲が広がりました。

パパの人気、復活するかもしれません。









もしそういう予定あるなら

せっかくなら

楽しさ広がる車、

買って下さいね。








ちょぅと余計なお世話なブログでした。








にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村






必須 充電

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村







IMG_3294.jpg




シーズン始まれば

ホームだ、

アウェイだ、

遠征だ

めまぐるしく過ごす。











いま時期は

サポミだ、

ボラミだ、

チャント練習だと

動き出す。









もう半分

始まっているのかもしれない。








これから年末までは

理解ある家族に

不便かけることもあるだろう









だから今

精一杯、家族孝行しておきますか。









今日はネタがない

書くことも多くない

のどかな木曜日だからできることもある。












情熱の炎は

その大きさを誇るのでなく

いつまでも灯しつづける事

誇りたい










いつまで

どこまで

その火を保ち続ける事ができるか









これが一番難しい。











サポの周期は4年

「4年で総て入れ替わる」・・・とすら言われている。









しかし

我らに「入れ替われる余裕」はない

5年どころか

10年20年

末永くやっていくために

今は休息の時

羽を伸ばそう











しっかり

家族と過ごす

父母と過ごす










そして自分自身に時間を使う

カマタマーレばかりに今から使うと

大事なところで息切れしてしまう。









映画を見よう

ドライブに行こう

スキーに行こう

サポ以外の友達と遊ぼう

仕事頑張ろう

勉強してみよう









凝り固まったサッカー脳が

いい具合にほぐれるだろう。













それこそが

長いシーズン戦う力になる。











来月の今日

我らはアルビレックスと戦う











あとひと月

戦士の休息は

もはや終わりに使づきつつあるのだ。








にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村





「冒険の書」発表です!!

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村






ドラクエの冒険の書とは

戦いの記録である

再び始める時にどこから始めるかが記された

データーの保管場所の事である。


smile.jpg








本日17:00にカマタマーレの全日程発表される

これは2018シーズンを記録する冒険の書である。










我ら、始まりの村から

ヒノキの棒と鍋のふたを武器に

旅立つ











勇者のお話が始まる。











魔宮新潟で

ダンジョン甲府で

今まで戦った事のない土地で

難敵と戦い

勝利し

経験値を上げねばならない

経験値上げれば

「人気」という万能の魔法も手に入る。

「心の安息」という薬草が手に入る。










人気が出れば

コインが手に入る

スポンサー様が増えるかもしれない









旅の途中で

仲間が加わることがある

今年もそんな出会いあるのだろうか

勇者エブソン・魔法使いの大剛・召喚獣アレックス・・・・etc

これまでも頼もしい仲間が

パーティーに加わってくれた。









ヒノキの棒は

いずれ鋼の剣にかわり

最後は炎の剣や聖剣に変わる。

鍋のふたは銅の盾へ

そして竜の盾へ持ち替えるだろう。






カマタマーレの戦術や連携は

その冒険が進めば同じく

最強無敵の剣・盾に進化するだろう。









ゲームを始める時に

「ああ・・・また帰ってきた・・・」と思い

これからの冒険にわくわくする。

そして「ああ・・苦労するだろうな・・・」と

覚悟する。









ありがたいことに

今年も「降格候補NO1」との称号をいただく。

(#^ω^)ビキビキ











「おまえらがこれからするのは

クリアー困難なムリゲーだ」・・・・・と。










ふん

それがどうした

極めて通常営業だ。

J2ではデータ改ざんレベルの

「チート級はぐれJ1」 と

幾度も戦ってきた。

最後は左右は溶岩が波打つ

塀の上を

強行突破して最終節までたどり着いている









しっぽが焦げるくらい

何ともない(笑)









今シーズン

とても気に入っている所がある。

サポ全員が謙虚でいられる事。

オフシーズンの讃岐の評価が

一定の方向性で統一されている事に

憤りが冷静な炎となっている。

そう

青い炎

チャレンジャーのみもつことのできる熱エネルギー









初期装備

闘志の剣

謙虚の盾











とても初期設定とは思えない

アイテムである。(笑)









さぁ行こう

42節先のゴール目指して。











ラスボスは誰だ!!


___400x400.png


いや・・・お前じゃない!!!

積年の恨みは忘れてないけど・・・・

ヽ(`ω´*)ノ彡☆










来たぞぉぉぉおおおお!!

これが今年の冒険の書だ!!!

カマタマーレ2018 公式戦日程表

http://www.kamatamare.jp/news/2018/01/2018-j2.html













にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村





経営パワー

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村









カマタマーレを魅力のある会社にしないと

厳しいJリーグの生存競争に

生き残れない。


IMG_8869.jpg









つまりは誰しもが

営業・運営で入社したい会社にしないと

・現場も強くなれない

・スポンサーも増えない

・お客も増えない。

・成長しない。


・・・・・・と思う。









しかし残念ながら

今はそうではないだろう。











Jで仕事を夢見る人なら

まず飛び込んでくるとは思うが

残念ながら5年10年の在籍を

していただけていない現実がある。











ボラ・サポで

「社員なる事」を夢見るか?

と言えば

「いやぁ・・・それはいいかな・・・」

・・となる。


IMG_8965.jpg








なぜ「カマタマーレ愛」にあふれる

歴戦のカマタニスタでも

入社を躊躇するか??











社労士的に分析する










分析して驚く

一般的な中小企業に

新卒が希望しない理由と酷似している。

正直、そう思う。

私の仕事はそれの解決だから

とてもよくわかる。











就職したい理由に

「高い報酬」がある。

しかしそれ以上に

「希望が持てる企業」か否かがポイント。

これが問題なのだ。









カマタマーレに新卒が殺到しない

あるいは定着が悪いのは

残念ながら

「希望が持てない企業」

と感じるキーワードが

多くそろうからだろう。










カマタマーレに持つマイナスイメージ

キーワード

「お願い」     

 カマタマーレ社員は頭を下げるケースが多い

「依存」      

 カマタマーレは大型スポンサーと行政に依存している

「迷走」       

上層部はコロコロ変わり朝令暮改気味に迷走する


上記3つ。

就職活動で

人気のない会社の要件が

すべてそろってしまう。








しかし・・・・・

現実世界では

これは仕事の基本

・・・「当たり前」と言う意見もある。











否定しない。










むしろ激しい競争の中で生きるには

必要ですらある。

間違っているわけではないのだ。










ではどうすればいいのか??











問題は

企業活動イメージ=お願い、依存、迷走・・・・

この単語で表現されると弱者のイメージであること。

それがカマタマーレという名前にリンクしている事

結果、事業としての希望が持てなくなり

将来性=希望が希薄な会社となる。









実は

われらが愛するチームは

けっしてそのままの弱者ではない。









まだまだではあるが

「お願い」は対等な「提案」に

「依存」は「提携」になりつつある。













「スポンサー・観客・サポーターにも

こんなメリットあります」

「そのままでは無理ですが

こんな形なら実現できます」










双方にメリットとなる関係形成を

作り始めている。










少なくとも

その過程で頭を下げることは

卑屈になる事ではない。

この進化を意識して

提案と提携を模索する。

カマタマーレの仕事を

みんなで認識しなおせばいい。

片鱗は見せ始めているのだ。










後は迷走をどう強みとして

将来性あるものに転換するか・・・











トップ交代はこれからも起こるであろう

これを逆のイメージに変えるかである。










これは

幾人の経営が変わろうとも

普遍的なサッカー哲学を

持つことだと思う。

これはサッカークラブ経営において

王道であり

「帝王学」と言ってもいい。










帝王学とは事業継承教育の総称である。

そしてその肝は

「王や皇帝の自制」にある。

「王の蛮行や気まぐれで国が亡ばないように・・・」という

トップの自制を説いているものである。








つまり経営者が自由奔放では

各方面の「信」を得れない事を自覚し

経営者も組織の一員として従う。

明示されたルール=哲学を作り

継承していくことである。









これを文章化・視覚化しておくこと

そして

ちゃんと継承していくこと









これが完成した時

カマタマーレは誰しもが入りたい

魅力的な会社となるだろう。










強くなれる。










そんな事を考える。

カマタマーレは

次のステージに入りつつある。

まことに喜ばしいことである
















追伸

そろそろ俺を雇え

我が愛しいカマタマーレ(笑)








にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村







とあるサポの歌い方講座(笑)

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村






この時期は

いろいろ準備をする時期であり

全チーム

今は横一線の状態で

スターティンググリッドにいる。











平等に夢見れていいね。

そしてその夢を

現実にするべく

選手もサポも行動する時間帯である。









私、昨年もホームスタジアムでは

あまり観戦していない。

しかし

気になる声を聞いたので

少し改善というか・・・・

提案をしてみたい。



IMG_6379.jpg







サポさんが歌うチャント

「ホームではあまり大きな声が出ていないのでは・・」

という指摘があった。









本当かどうかは定かでない。

事実と違うなら

懸命に歌い飛び跳ねる皆様に

失礼千万とも思う・・・。

しかし

そういう意見を「ちらほら」聞くのも事実で・・・・

原因を考えてみた。












一つは

どうしてもアウェイ戦のまとまった声
(少人数の狭いエリアに押し込まれる為)

がイメージされるので

「人が多いはずのホーム戦では物足りなく思う・・・」

・・・・・そういう感覚があるのかもしれない。

ホームはたくさん人がいる割には・・・・

というイメージの錯覚かも知れない。







もう一つは

スタジアムの構造の違い。

つまりピカスタで音を鳴らすには

「コツがいる」という事実の共有が

まだ不完全なのかもしれない。











これを意識してないから「そう」聞こえるなら

改善法は明確である。










私は声はデカい・・・と思う

これは生まれつきであるが

後天的には

「合唱部」だったからでかい(笑)

相当「体育会系」の文化部であったからでもある。













その中で得た技術

合唱では大声(声量)も大事だが

「響き」をより重要視する。

響き>声量である。

この響きの改善。











響きとは・・・つまりざっくり言えば

声は大きくなくても

「しっかり、そしてはっきり聞こえる」状態である。

この声の「出し方」ができる人数が多いと

その合唱は迫力にあふれたものになる。










ではどうやって

その響きを出すか??

専門的な発声法を紹介するつもりはない

どっちかっていうとメンタル的な事









基本的な発想を少し変える











現時点で

「声援は選手に送るもの

であればピッチに向かってチャントは奏でられている」

・・・だと思う

当たり前で正しい認識だ。











しかし

声帯の理論上は少し違う。











実は

声とは「はるか手前」でおちているのだ。

伝えたい選手のところには

叫びが「歌声」程度にまで

縮小している可能性がある。









回りまわって

声が小さいと感じる原因ではなかろうかと・・・。


















その改善の仕方だが

届ける相手をピッチの選手にしてしまうとまずい。



声を当てる「ターゲット」を変更する。



例えばアウェイスタジアムで

ゴール裏にいるなら

「相手ゴール裏に届ける」つもりで歌う

イメージは

「聴衆(聞かせる相手)は相手コアサポだ」

・・と思うくらい。









イメージは遠距離砲撃

そんなつもりで歌う











すると不思議と手前のピッチには

程よく

熱のこもった歌声が

大音量で届く



IMG_9867.jpg












そして

スタジアム全体を包む大音量でいて

美しい歌声が出来上がる












われらがピカスタのように

バックスタンド(スタジアム側面)が

コアエリア(ゴール裏)になるなら

メインスタンド真ん中・・・

いわゆるプリメーラ(SS席)のお客さんに届けるつもりで

歌声を発すれば

とてもいい感じで声が増幅される。










いわゆる「響く」のである。











経験あるはずである

維新でもアルウィンでもトラスタでも

そしてポカスタ・Cスタでも


IMG_0284.jpg










ああ・・・

今日・・・みんな・・・

いい声出てるな~~~

と感じる時

何らかの構造物の

跳ね返り音がすごいはずである。











これは意図せず

「声を遠くに飛ばしている」=「響かしている」

からである。









つまりメインスタンドからの

跳ね返り声を計測器に使う。












しっかり反響するなら

それは目標にちゃんと届いている証である。









みんな

ピッチにエネルギー届けるなら

叫ぶ先はピッチ選手ではない

その先のスタンドにいるお客さんと

大声で会話するつもりで歌えばいいのだ。











そうすれば我らの熱量そのままに

ピッチに伝わるだろう。












カマタマーレのベテラン選手が

おぎゃ~と生まれたころぐらいに

合唱部員だった男













おせっかいな歌い方講座です・・・(笑)

ご笑納下さい。












つくづくマッチョな合唱部だった・・・・・












にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村




試合後の居酒屋論







にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村




長いことサポしてると

色々と痛い目にあう事もある。












せっかくだからシェアします。

できれば同じ思いしてほしくない。











「ユニで居酒屋入店、

酔っぱらいに絡まれる」事件












サポがあまり行かないお店に

ユニ着て入ると

絡まれる事あり

相手はちょっと

からかっているつもりでも

結構、聞き流せない内容もあり

かなり不快になる。













大体席が近い奴が

酔って絡んでくる。

無視しても

腹立つこといわれると

試合の余韻も醒める。









試合の日の楽しみなのだから

いい気分を

台無しにされたくないものだ。












自衛策としては

やはり自身の馴染みの店か

あるいはサポさんが集まる店

でなければ個室の有無を

あらかじめリサーチして

行く事オススメだ。










まぁ、

オープンなスペースで

カマタマーレの

存在アピールしてくれるのは

宣伝的には

大変ありがたい

……が、

敢えて不快な経験はする

必要ない。












個室で盛り上がっていただければ

okである。










本当にシェアしたい事は

全ての人がカマタマーレに

好感持っているわけでは

「ない」と言うこと。













残念だけど

それは大人の事情で

普段は隠されてており、

お酒とかの力かりると

いきなりあらわれたりする。












この辺りの事は

大人である我らは

知っておいた方が

楽しくカマタマーレライフを

送れる。

d( ̄  ̄)












アウェイだと

こんな事はないのにねー。

そう言う文化が根付いている!?

あるいは県外客とわかるからか……

未だ誰にも絡まれた事はないなぁ。












いや、いや

やはり、地元チームには

「一言」言いたいのかな……











つまり、

素直でない

「関心」の表現かもしれない。













認知が上がった「証」

「有名税」もしれない……(笑)












一番良いのは皆んな同じ店

自然と集まる店。

ゾロゾロあつまり

バラバラかえる。

お会計も別だけど

サポみんなで家族っぽい感じ

いいかもしれない。d( ̄  ̄)










いっそのこと

カマタマーレ広場、

試合後に居酒屋にしてくれたら

良いのにねー










スタジアム退去渋滞の緩和になります。










にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村

よんでんポイント 33,582円です!!


にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村




さっき「よんでんコンシェルジュ」覗いてくる


ココ

http://www.yonden.co.jp/y-con/point.html












これは四国電力さんからの

メール(電気代金のお知らせとか)とか

サイト(お役立ち情報)を

閲覧や確認したりすると

ポイントがもらえる制度の事。











そのポイントは

商品に変えたり、

ほかのポイントに交換したりできる。











その商品の中に

「寄付」なるものがあり

何と

カマタマーレに寄付することができる。











詳細こちら

「財布にやさしい!!」より

http://19700424.blog.fc2.com/blog-entry-755.html











自身のコンシェルジュ・マイページは

こまめにチエックしている。

だいたい

月間100円~200円はたまっている。












発見次第

ソッコー寄付する。(笑)

半年前までは知らなかったポイントなので

私はいつも

全額躊躇なく寄付する(笑)。














で・・・・

皆さんご存じだろうか・・・・



カマタマーレ讃岐への寄付金は絶好調である。











な、

な、

なんと!!

33582円になっている









同じく寄付できる

ヴォルティスさん 15598円

愛媛さん      17300円











こちらの方のプライドオブ四国は目下圧勝

出来れば10倍以上の差をつけたいですな!!

30万円~50万円ならクラブスポンサー1社分

ここまでいけたら心強い









ご存じない人は是非

ご存じない方がいれば是非教えてあげてください

我ら財布は傷まず

オフィシャルスポンサーである

四電様に喜んでもらえ

クラブにはお金が入ります









うしししししし・・・・

・・・・・なシステムでございます













今、我らは

シーパスやらレプユニやらの購入で

いささか財布がさびしい状態です。

今シーズン戦うため

絶賛散財中である(笑)











こんな時、

もういくらもカマタマーレにつぎ込んだ気持ちになりますが

是非、他力本願的な資本強化

四電コンシェルジュさん「ポイント」も

お忘れなく

カマタマーレに寄付していただければ

もう

感謝感謝感謝であります。










声の数だけ強くなる

金の額だけ強くなる











健全な裏と表の

サッカークラブ運営哲学でございます。(笑)







にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村












新ユニフォーム

カマタマーレをまだよく知らない方に説明


IMG_6761.jpg

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村







新ユニフォームのデザイン発表

みんながとても楽しみにしている。

それが今日の夜(1月19日)なのだ

どうやらどこかでマスコミ向けに

本日PMにお披露目しているらしい

夕方のニュースでは見れると思う。









これはサポーター恒例のイベントである。











どんなデザイン??

誰が何番??









みんなで盛り上がるのが好きな方

選手と交流するのが好きな方

試合を見るのが好きな方

いろいろなタイプのサポさんはいるが

すべからく新ユニはどんな感じになるのか

その発表をとても楽しみにしている。










興味の中心は

ユニがかっこいい

着ている選手にうっとり

デザインかっこいい












でなくて・・・










ことし、俺、(私)・・・どんなユニ着るの!??

・・・・・である。










そう

この瞬間だけは

選手と同じ気持ちで

そのデザインの発表を楽しめる。

その与えられる番号にドキドキできる。









男性的に

「ユニを自らまとう」という行為は

戦う剣を吟味するに等しい









ついでに我らは「おいくら万円」必要か知る

これがまたグッズの中では最高級のアイテム

まずデザインとお気に入り選手番号とお財布具合で

購入するか否かを判断する。





おそらく今年も

諭吉先生お2人で

何とかおつりがくるレベルと思われる。









今年は胸部分のスポンサーが交代したので

興味が一層掻き立てられているのと同時に

お礼込めて購入したい心理が

皆には働いているように思う。











更に一部のサポは

誰の背番号を背負おうか・・・

クラブのみならず

フィールドプレーヤーと同化するために

どの背番号を選ぶかという楽しみも増える。








後、このイベントのハイライトは

開幕戦に着用できるか否か










スポンサードの契約関係で

ユニ発表はこの時期・・・・

つまり・・・

間に合うか否かは

「今」即決できるか否かで決まる。(笑)











電撃イベントである
















~イメージ~

今か今かと待ちわびて

アップされると

瞬時に今年のデザイン吟味、

応援したい選手の番号や思い入れを

価格と天秤にかける。

そして

できうる限りの早さで決断する











「ポチッとな・・・」(笑)










サポ全員

「うぉぉおお~~買ってまえ!!

エイ!やぁぁあああ!!」











ポチ・・・・











と男前になるイベントである

2017yuni











男性で既婚の場合は

その後、

嫁に(おそるおそる)購入報告するという

更なる過酷で困難なトライも待っている。



「今年も・・・諭吉先生がお2人・・・しばらく長い旅に出られました・・・・・汗」

嫁 

(#^ω^)ビキビキ










まこと素晴らしい年間イベントである。














オフシーズンの素晴らしい思い出・・・

素晴らしきかなJリーグ













にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村



追伸

デザイン

きたぞぉぉおおおおおお~~~





発信しよう!!それは広報活動だ!!

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村


ご当地グルメスタジアムINピカスタ







今シーズン期待する成果として

観客平均4000人がある。










ではこの期待成果を得るに

必要な「行動」はなに??

どういう行動をすればいいのかを分析する。








以下必要な行動


1、告知・広告する

2、招待試合の企画する(冠試合)

3、イベント・グルメを充実する

4、来たことない人を誘う

5、スタジアムホスピタリティ向上させる
(話しかけたり・握手したり・タオル貸したり、ボラしたり)

6、コンテンツ(試合)充実させる

7、アクセス向上させる

8、その他




至極当たり前に見えるが

この8つの重要業務を

365日継続し続ければ

期待成果である4000人を確保できる。











そう分析する。











ではそれを役割分担する











2,3,6,7,8はクラブが担当する

選手補強・チケット価格・グルメ・アクセス改善・スタジアム改修

この辺りの行動はサポではできない。












であれば観客増を願うサポーターとして

1、広告・告知する

2、来たことない人を誘う

3、ホスピタリティ向上させる。

という3つの「行動」を

・どれだけ長く

・高い水準で行う

という結論になる。










で・・・・

その行動は結果を生み出すものでないといけない。

それには正しい知識・技術が必要となる。

それは何か考える。










今日は

1、広告・告知する

に限定して考えてみた。














いろいろあるが

その拡散力がとてつもなくすごいのは

WEBツールである。

そこにフォーカスするなら











効率的な告知広告する為の知識

①インスタ・ツイッター・FBの機能・性能知識

・・・・・・・・・・(マナーも含め)使いこなせて

②「発信の仕方」という知識

・・・・・・・・・インパクトを残せる発信をする










ここで「じゅうじゅう焼ける音を売る」理論が出てくる。

「カマタマーレを応援=こんな充実・わくわく・笑顔が手に入ります。」

という事実を拡散することが効果的と思う。










1月9日更新

「じゅうじゅう焼ける音を売れ 」より

http://19700424.blog.fc2.com/blog-entry-891.html









それを

「多くの人に目に留まるようにはどうするか!?」という技術。

いわゆる「インスタ映え」のある構成とか発信方法の知識とか。









結果として

「いいね」や「フォロワー獲得」といった

そもそもの楽しみが、

カマタマーレネタで得られたなら

そのまま宣伝告知になるのである。











ならば

心から楽しんでもらう事が一番である。











是なんかサイコーである

選手のやり取りだがそれを微笑ましく思う

サポさんのほんわかした気持ちが伝わる。












もう楽しんでいる人はもっと楽しんでほしい。

「楽しそうだけど私にできるかな~~」という人

もしお客さん増えたらいいと願ってくれているなら

FBでもツイッターでもインスタでも

ブログでもホームページでも

出来そうだなというもの捕まえて

勇気を持って参加して

それを楽しんでほしい。











それがカマタマーレの力になる。









大いに挑戦すべし

大いに楽しむべし

けど

その世界のエチケットとマナーは勉強して

良質な発信だと嬉しい。

効果も絶大だと思う。







追伸

おさそいとホスピタリティー向上の

必要知識はなんだろうか・・・

明日までに考えます。(笑)

















にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村


中小零細です。スポンサーになれます。

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村



IMG_4653.jpg



もし

会社経営されているなら

その規模の大小にかかわらず

カマタマーレのスポンサーになれる。









「そりゃ、お金有ればね~~」









・・・・・・となると思うが(笑)

私はそればかりではないと思う











会社にはランニングコストがある

普通に会社維持にはお金がかかる。

大きいところで

家賃だったり

人件費(給料)だったり




細かく言えば

コピー機レンタル料

電話回線料、

プロバイダー料、

ガソリン代

水道光熱費

紙代インク代

交際費

そして広告宣伝費。









どれもすべて

必要なものであり

その支出には抵抗がない。

後で回収できる経費と

割り切ることができるからである。











うちのような零細会社でも

年間ランニングコスト総計は

軽くオフィシャルスポンサーできるぐらいは

払っている。









ようは考え方と思うのです。











カマタマーレに50万円「あげる」と思うと・・

「趣味」と考えると

釣竿やゴルフクラブ、

麻雀パイやTVゲーム、

トレーニングウェアー・シューズ

よりはるかに高額。

更には

「5年続ければ結構な車買えちゃうじゃん!!」

「GW家族でグァムぐらい行ける??」

とかなる。









しかし、

一番小さなスポンサーフィーは

月額4万円に12回分割にすれば

充分払える










今日

月額4~5万円の経費を

新たに投入することは

新規事業参入でなくても

普通に行っていると思われる。











それが大きい負担と思ってない

総て必要だからである。









確かにカマタマーレのスポンサーをするメリットは

可視化されにくい










いきなり製品が売れたり

会社がポジティブに有名になったり

優秀な人間が入社することはないかもしれない









けれど

まわりまわって会社のイメージを上げ

会社の認知度を上げ

郷土愛豊かな社風を伝え

魅力ある組織と人々の目には目に映る

少なくとも若者にはそう映る。









学生は就職活動でホームページを

必ず見る。

そこに「〇〇はカマタマーレを応援しています。」

「公式スポンサー 株式会社  〇〇 がんばれカマタマーレ!!」

とバナーで書いていれば

彼らの印象はどうだろう。











ああ・・

楽しい学生生活も終わり

楽しい都会ぐらしもおわり・・・

・・・んん・・・・・

あれ、この会社・・・面白そう・・・元気ジャン

香川に帰って

この会社でいろいろ挑戦するのもいいかも!!!











サッカーの興味なくても

そんな印象は間違えなく加わる。











ようはいかにその事を

広告宣伝の商材として使いきるかだ。












そもそも

何か仕事以外でもしっかり地元貢献している会社は

人間味の暖かさと優しさと情熱を感じる。










費用対効果を期待して

しかも単年で手にする事は

出来ないかもしれない。

けど長く続けることで

じわりじわりとその認知度

好感度は上昇する。









結果的には効率のいい

広告宣伝費である。










最初に戻るが

いきなり5000万、1億スポンサーするわけでない

月額4~5万円の投資でスポンサー名乗れる。










われら中小零細の50万円が

100人居れば5000万

200人いれば1億

トップスポンサーに匹敵する。


IMG_4416.jpg










クラブも強くなり

その広告宣伝費はリターンの高いものとなる。











強くなりだしてからスポンサーするのも正しいが

企業イメージは

「カマタマーレが小さい時から支え、同じ夢を追いかけた」

という方が

人々の胸打つことできる。

その事を挑戦のシンボルとして

社史のエピソードに加える事できると思う。














最後に

もはやお客様は商品を買ってくれない

価格は意味のないものに変わり

性能は日々進化する。










じゃあ誰から買うのか









ファンである

自分の会社の

我ら自身の

ファンとなった人が購入してくれる










・・・であれば

いきなり3805名のファン

手に入れることができる。

そしてまだまだ増える!!

是もまたスポンサーの魅力である。

讃岐サポーター










COOPかがわで働いた私は

いまは努めてマルナカ様でいろいろ買っている(笑)

10年前では考えられない事なのです。








カマタマーレスポンサー募集サイト

http://www.kamatamare.jp/sponsor/information.html

カマタマーレ・スポンサー一覧

http://www.kamatamare.jp/sponsor/



にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村


広報くんが面白い(笑)

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村


いま、カマタマーレの

ツイッターが面白い。











いや、広報さんが面白いのだろう。

サポ、ファンが知りたいツボ

的確に掴んでいる。











ツイッターに最後に記されている

「広報一言メモ」とか秀逸だ。

新入団選手の第一印象をいじっているが

サポ目線でほしい所に

ジャストミートしている。











だがその半面

その面白さは

よく選手をみてないと書けない。

それなりに人に接た経験無いと

感じることできないと思う。











更に

いやみ無く表現し

選手やサポの橋渡しするのは

結構大変だと思う。











絶対センスが必要。

さらには

ある程度、いじっても

現場選手から許される

人間的な「愛嬌」もいる。











兆候はあった

年末友人達とご飯した時

女性サポさんがお披露目してくれた話

「秋くらいからかな?

マッチデープログラム

面白くなったとおもわない?

友達も評判よくて、

隅々まで読むって言ってた。

以前はサーっと目を通しておしまい。

それが今は結構面白いって

担当さん変わった!?」











そんなエピソード思い出した。









そういえば

ある時から確かに変わった。

昨シーズン終盤からしばしばあった。

そういわれれば・・・が多く思い当たる











さぬぴーのキャラづけや

WEBでの使い方が

「うまいなー」と感じる事

確かにあったぞ。





「2017年ありがとうございました」のポスター

アレ!?今年はかっこええやん

・・とかあった。



ホームページのサイトデザイン

おお!!結構いいじゃん。

感じよくなった~~

確かに思った。
















これまでの担当さんを

非難するのでは無い。

そもそも同じ人かも知れないし、

権限の拡張や仕事の慣れから

一気に飛躍するタイプもいるわけで……












どちらにしても

今はとてもうれしい

カマタマーレ広報さん

改めてよろしくお願いします。









きっと 春奈ちゃんと相乗効果

すごい期待できるのではないか!?

・・・とか勝手に思う。(笑)









つい期待してしまう。










カマタマーレ讃岐

色々成長しています。

しっかりちゃんと

成長しています。












いまはそれが嬉しい。













にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村


あれ!?徳島戦ってすごい・・・

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村



IMG_9533.jpg






年末

ライトサポさんのブログを読んで

ハッとした。











まさしくその通りとも思ったので紹介したい

このシリーズ、大変面白かった。










徳島サポさんに聞く讃岐の印象(その3)










そこで徳島サポさんの「嘆き」が

紹介されている。

要約すると











カマタマーレサポーターは

徳島戦より岡山戦で盛り上がっている。

なぜだ??











徳島とは地続き、

岡山は海の向こう。

高松ー鳴門ー岡山という3つの都市は

高松から見れば物理的距離はほぼ同じ

精神的な垣根は

海がないだけ徳島の方が近いはずである。










そしてさらに

岡山はJ1経験ない

徳島は四国初のJ1クラブである。











サッカーも徳島は

リカルド・ロドリゲス監督になって

とても面白い。











しかし

カマタマーレサポは

岡山との対戦の方が

熱が入っているように見える。











ここに嫉妬する














なんで岡山戦の方が盛り上がるんですか!?









との事

IMG_0355.jpg










かの徳島サポさんに嫉妬いただけるとは光栄である。

そして確かに一理ある。










で・・調べてみた。

そして分析してみた。









驚いた











実は2017年シーズンは

ピカスタ開催のホームゲームにおいて

岡山戦  6872人   動員数 第2位

徳島戦  6753人   動員数 第3位

驚くことにたった100人しか変わらない。











メンタルが見せる景色は

こうも印象を操作するものなのか・・・・










愛媛戦が4000人強の動員6位を考えても

クラシコ・ダービーはやはり特別である。










我らの心情は確かに岡山に重い。

しかし

興行的にはほぼ互角である。











次に

アウェイゲートのみでの来場数比較では

岡山  1998人   

徳島  1474人

ざっくり2000人対1500人

徳島に対して岡山は3割大きい。












むしろ垣根が低い陸路の徳島サポの方が

なぜ来場数が少ないのだろうか??











恐らく対戦成績によるところが大きい。









コアサポメンタルで比較した場合

J1帰りの徳島には

讃岐はさほど脅威でないのかもしれない。











難敵ではないのだ

実際、讃岐は

今まで一度も徳島に勝てていない。











つまり

「決戦は讃岐戦ではない・・・次々節の○○だ」

・・・・とのメンタルが発生する











それに対して岡山は

昇格のかかる勝負どころで

何度か讃岐に不覚を取っている。

讃岐も同じくここぞというときに

たたかれており

「もやもや」のネガティブエネルギーの堆積が

いい具合に双方に熟成されている。

IMG_0284.jpg












やつらを倒さねば

「すっきりJ1いけない」

やつらを簡単には

「通さない」

というスパイスが

毎年増幅されていると思う。










それに

双方敏感に反応している。

IMG_0323.jpg








だが不思議な事もある・・・



例えば

広告宣伝は

TVニュースの視聴エリアの関係で

圧倒的に岡山戦が長いはずだ。

しかし、来場する「讃岐」観客は

徳島戦の方が「多い」













讃岐人はむしろ

親近感を徳島に持っている!?

あるいはアツアツのダービーは尻込みするが

徳島戦はいろいろなじみやすい!?











その可能性がある。











コアサポが参戦する動機・興味は

圧倒的に岡山が熱い。

しかし、初見層や

イベントの一つと捉える層には

岡山と徳島は同等なのだ。









徳島戦は今後

瀬戸大橋ダービーと同じくらいの

熱狂を持ち合わせるイベントになりうる。

その潜在能力を感じる。














興行に力を入れ

広報に資金投入するに値する。

まずはなにかドラマチックな歴史がほしいと思う。

劇的な試合展開に彩られたドラマがほしい。











その雰囲気を熟成するのは

われらサポーターやボランティアかもしれない。

大いに盛り上げてこそドラマが生まれる。

IMG_0354.jpg












まず我らのメンタルをリセットしたい

新しい価値観の創出だ。














徳島とのクラシコ

なにか新しいテーマ

今シーズン生まれたら素晴らしい。

探してみよう。

何かある

瀬戸大橋ダービーにはない

何かがあると思う。












にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村





新しいシーズンに

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村









うーむ

昇格後、4シーズン

ホーム戦において私は

アウェイゲートボランティア

させて頂いた。












とても楽しかった。











まずは遠路遥々やって来てくれた

アウェイサポさんとの交流。

次に沢山参加くださった

讃岐ボランティアさんとの交流。














ホント

色々体験出来た。

かけがえない経験と思い出。











ただ

2018年は

いつもとは違う雰囲気感じる。

特別なシーズンな気配がする。

心のアラートが消えない。











再構築・リスタート

二つの文字踊る報道


おそらく昇格以来の厳しさ、

付き纏うシーズンだろう。

激しい、厳しい戦いが

続くかも知れない。












今年はもといた

サポーターという場所に

少しづつ戻ろうとおもう。

年パス買おうと思う。(笑)











原点に戻り

ピカスタで声枯らしながら

声援を送ろうと思う。










それぐらい

なぜか気合い入る。











正直

今、チームは若い。

勿論、信じている。

昨年まで素晴らしい実績と

期待に溢れる新しい才能

そして二つの融合












ただ

やってみなければわからない

我慢して見守らねばならない

こんなシーン

必ず出てくると思う














そんな時、

すぐにスタジアムから

ポジティブな声援で背中押したい。

そんな衝動が抑えきれない。












今年はサポーターメンタルが

なぜか荒ぶる(笑)












開幕がピカスタ

そしてアルビレックスと決まってから

一層この思い強くなった。











まずは設営ボランティアにしてもらい

ホームサポ側のボランティアに

してもらおうかな。










設営ボランティア終われば

すぐにスタジアムな駆けつけれる。

(´ω`)










にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村

新潟が来る

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村






新潟が来る。

アルビレックスのサポーターが来る。

大挙してピカスタにやって来る。










またしても

天敵の色

パターン・オレンジ

今シーズン第一使徒は

いきなり最強クラス








かつては4万人の観客数

今でもホームゲームは2万人を誇る

J屈指の大サポーターを有する。









2017シーズン

4連勝フィニッシュ

ラスト6戦は「無敗」

讃岐を開幕倒せば

シーズン跨いで5連勝










正直

まさかこんなに早く戦うとは

想像もしていなかった。













正直、ちょっと前まで

雲の上の存在だった。

故、

情報は持ってないし、

勉強の時間もない。









これから集めるとしよう(笑)










新潟さんの

来場者数はいかほどだろうか?

富山・金沢サポさんは

だいたい80名前後だ。

それが開幕ブーストで

2倍にらるなら160名、

新潟さんは分母のホーム観客数が

先の2クラブの4〜5倍にあたるから

600~800名のご来場か??











あまいか・・・

1000名越えるのか・・・










しかし、2月の終わりである

温暖な讃岐と言えど

気候穏やかなわけではない。

オフシーズンである。

風は冷たく、

風は乾いている。









しかし、それでも

彼らはやって来るだろう。

これだけは分かる。









う~~~ん









想像つかない

今回の侵攻軍の全容は

さっぱり予測できない。

(笑)









ただし妄想という名の

イメージはある。








大河ドラマの天地人のごとく

上杉謙信という軍神、

軍略の天才に率いられた

屈強な越後兵が

J1の匂いたぎらせて

やって来るのだろう。











そんなイメージが

ふつふつとわく










われらはそれを

迎え撃たねばならない。











彼らの5連勝を

J1回航の第一歩を

躓かせなければ

我らが生き残れない









「アルビレックス新潟」

その名をつぶやくと

めまいがする。











そして

その何倍も

熱いものこみ上げる。









2017シーズン最終戦に引き続き

我らの相手は

またもや「はぐれJ1」ある。









やってやろう

我らのピカスタに拠って戦おう









今日は眠れそうにない













素晴らしきかなJリーグ


IMG_9910.jpg



にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村


俺たちのピカスタ

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村


IMG_9916.jpg








俺たちのピカスタ











ゴール裏がなく

そこでの観戦は許されない。

屋根はメイン側にほんの少しあるだけ

IMG_0121.jpg







雨の日は

選手もサポも

ホームもアウェイもコアエリアは

ずぶ濡れになる(笑)

IMG_0424.jpg
















陸上競技場でサッカー専用でない

その分だけ選手は遠くでプレーする

傾斜も急ではないので

ピッチ奥見えにくい時もある。


IMG_9709.jpg







ピッチは陸上競技でも使うので

荒れ気味の芝生

それは仕方ない

我らだけのものでないしね。

しかも水不足だと

芝生に与える水確保にとても困る。

IMG_8375.jpg











最寄駅から遠く

電車からシャトルバスが必要

駐車場は6000人の観客が来ると足りなくなる

おまけに野球場の試合と重なるとさらに不足する。

駐車場は舗装されていない

又は遠くに停める時もある

IMG_0661.jpg


IMG_7037.jpg













トイレは改修中

女性に少しでも便利になればいいな

数ももっとほしい

すべて洋式にしてほしい








22000席もある

お掃除だけでも大変だ.

だから、試合前サポーターが掃除する(笑)

IMG_0668.jpg










春~夏は鳥さんが糞をする

蜂が巣つくる

IMG_6158.jpg










高松から遠い

東讃エリアからの人はもっと遠い

鳴門のポカスタの方が近いかもしれない。

IMG_0660.jpg








けれど美しい

季節ごと

時間ごと

息をのむ景色が見える。


DO-h-4DU8AAzy34.jpg


IMG_0493.jpg


IMG_0686.jpg







ここで戦えることを

いつも誇りに思う

この母なるスタジアムがあるから

我らはJ2まで駆け上がれた。








アントラーズサポさんに

「見やすいスタジアムだ」と言われた

新潟サポさんが

「美しいスタジアムで楽しみだ」と言ってくれた。

自身では気が付かない

ステキな点はたくさんある。










実はバックスタンドからコンビニが近い

そこには面白いウェルカムボードがある

201603120914548e5.jpeg



実は近くにうどん屋がある

マクドナルドも

ミスドも歩いていける。








これは内緒

スタグルおいしいからそっちで食べてほしい

けどそういうのも魅力だ。


IMG_8556.jpg











善通寺インターからすぐ

しかも一本道

迷いようがない。

IMG_5299.jpg



カエルさん2度来てくれた。




IMG_5328.jpg


そしてここにもちゃんと

勝利の女神さまはお住まいである

20170904133953b15.jpg






















いつかは

また違うスタジアムが

必要な時代が来ると思う










しかし

いまはこのスタジアムに

言葉では表せない愛情がある


IMG_4856.jpg







素晴らしきかなピカスタ

我らのホームスタジアム。




IMG_8555.jpg


IMG_8547.jpg



IMG_9301.jpg











追伸

2018年J2リーグ開幕戦

2月25日

VS アルビレックス新潟

アルビサポさん

首を長くしてお待ちしています~~~~













にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村



獲得 勝ち点 40点

IMG_9916.jpg






にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村


勝ち点 40








なに開幕前からさみしい数字を

・・・・と怒られるかもしれない。

しかし楽な数字ではなことは

経験から知っている。











勝ち点40











42節も試合がある

平均獲得勝ち点1以下で届く

0勝40分2敗でもとどく

理論上は可能だ。











現実的には

10勝10分22敗

負けー>勝ちー>負けー>引き分けー>・・・ループ

負けを挟んで勝ちと引き分けを繰り返す

はっきり言うと月間1勝しかできない。

しかし

残留はできる。











勝ち点40











2014 シーズン  勝ち点33   7勝  12分    23 敗

2015 シーズン  勝ち点51  12 勝  15分   15 敗

2016 シーズン  勝ち点43   10勝  13分   19 敗

2017 シーズン  勝ち点38   8勝   14分   20 敗






2014年 2017年はそのペースに追い付かず

40割れであったが何とか生き残れた。

過去2回しか40越えはない実績なのだ。










勝ち点40









年間目標であってもよい

ただぎりぎり達成だと

色々なものが次年に向かって遅れる。

早期に確保する事を望んでしまう。



10月には到達し、

その上でいくつ積み上げるか

そんなシーズンにしたい。



あるいは残暑のころには

降格と無縁なポジションを得たい。

それは

夏の終わりに

40を余裕で越えるペースで

勝ち点積み上げているという事。









勝ち点40











しかし、讃岐の予算上

現場の頑張ってもらったとしても

最後までぎりぎりの到達は

もう一つの現実として

受け入れざるしかない。









いまは、このエリアで

後ろに大河を背負って布陣し

戦い続けるしかない。









勝ち点40











謙虚に戦う

その合言葉

そして

どのライバルチームより手ごわい強敵

そして降格阻止の「絶対防衛ライン」であり

そこを突破されると

J3が大きく口を開けて待っている。

そんな意味のラインだ









勝ち点40











この数字から

無縁のシーズンを過ごせるとき

我らは一つ

階段を上がっているのだろう。

成長の証

柱の傷である。















降格阻止限界点


コロニー落下阻止の限界点


勝ち点40の攻防は











にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村



あと46日

開幕まで残り45日

6週間と4日


にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村









まだまだあるととるか

後ほんのわずかと考えるか










2017シーズン最終戦 11月 19日 から

すでに50日以上が経過しているので

今はシーズンオフの半分を過ぎたあたり

ストーブリーグ後半である。










2018シーズン

われらがカマタマーレが降格候補筆頭らしい











ほぉ・・・・

サッカーコラム J3 Plus+

http://blog.with2.net/vote/v/?m=va&id=188024











投票者の18%以上が

讃岐の降格を予想している。












J2昇格組の栃木は 11.6%












それより評価が低い集団が

降格候補となる


【J2】 2018年シーズンの展望 (下) ~残留争いに巻き込まれるのは?~

http://llabtooflatot.blog102.fc2.com/blog-entry-8620.html






メンツは

昨年残留を争った3クラブと

戦力流出が大きい水戸











その投票率と単評を見てみると・・・・・










山口 7.6%

単評

「山口は非常にいい補強が出来ている。」










熊本 8.5%

「チーム作りの方法としてはなかなか興味深くて面白い。」











水戸 12.7%

 「今シーズンは我慢のシーズンになる可能性が高い。」












讃岐 18.5%

「現時点では讃岐が『降格候補の筆頭』と言わざる得ないだろう。」












彼らより

1,5倍~2倍 の投票率

降格候補と目されているようである。










熱いね

もう

燃えるように熱いね。










久々に燃える










絶望の淵から

全人類の希望を抱えて

イスカンダルへ行って帰ってくるぐらい

メラメラ燃えます。










我らの希望の艦は

まだその全容を現していない

だから何も恐れることなく

艦に乗る瞬間までワクワクドキドキしていよう。














抜錨まで

あと46日











あんなものをどうして敵が偵察にくるんだ?

いったいどんな秘密があるっていうんだ!?

──古代 進











ガミラス偵察機を追い、

無断で出撃した古代と島。

しかし、オーバーヒートを起こし

九州坊ヶ崎沖付近へ不時着してしまう。

その二人の目の前に姿を現したのは、

大昔に沈没した赤錆にまみれた戦艦大和だった。











にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村


じゅうじゅう焼ける音を売れ

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村





ステーキを売るとき

赤身が何%で・・・・

霜降りで・・・・・

栄養価が高く・・・・・

天然の資料を食べて育てた・・・・

厚生労働省公認の

A-1級のおいしい○○牛で・・・・・









あんまり売れないと思う。











目の前で

「じゅうじゅう」音を立てて焼く。

その時

芳醇な香り

一口食べた時の感触

それを食べる家族の顔

それはなにかの記念日で

この牛肉を食べる時の会話











食卓の雰囲気を

この音がすべて詳細に表現してしまう。

耳(音)で

イメージ(視覚)

手触り

匂い

・・・・・・ここまで伝えてしまう。










コレを売るのがいいと思う。










ステーキではなく

じゅうじゅう焼ける音を売るのだ







話題休憩

牛肉といえは

昨年までの胸スポンサー

神内ファーム21さま。

HPより写真お借りましまた。

やっぱりがっつり食べたい。




お求めは

こちらのアドレスから

https://jinnai-shop.com/user_data/category_steak.php?category_id=7












この手法は

心理学者

リチャード・カールソン著書

お金のことでくよくよするな!!

の一節である。


https://www.sunmark.co.jp/detail.php?csid=9240-0










さて

カマタマーレのじゅうじゅう焼ける音とは何だろう。










やっぱり

サポーターになってからの生活変化だと思う











こんなに週末が待ち遠しい平日・・・

手に入れちゃったよ!!

まだ火曜日であることに憤りすら感じる・・・












コレだ!!(笑)











試合の朝

何故か早起きしてしまう。

同じユニを着ている人見つけたら

何故か挨拶したくなる。










わくわく

ドキドキ












試合中

ゴールの瞬間、いつもは出ない声が出る。

知らない人とハイタッチしている

大好きな選手ができる。














試合終った後

この街がたまらなく好きになる。













その日の夜

サポーター仲間でご飯食べる。










わいわい

がやがや











みんなで飲んだり食べたり

うまうま





「今日の試合はどーのこーの」

「あの時なにがどうなって・・・」

「来週のアウェイ・・・〇〇!??もう行っちゃう!!?」











おいしいもの食べながら沢山話す。











翌日

週末はアウェイで〇〇県だ

始めていく土地・・・・

週末が待ち遠しい・・・

まだ月曜日であることに憤りすら感じる・・・











以下ループ













ああ・・幸せだ!!











これはもうお祭りなんです

この街のお祭りが

また始まるのです。











どうでしょう

サッカー知らなくても

選手知らなくても

一緒に見る友達がまだいなくても











全然大丈夫だから!!











一緒にお祭り楽しみましょう。











待っているのは最高の週末だ!!




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・






じゅう~~じゅう~~













ええ音やねぇ・・・・

ええっ・・・・!?

どこかで聞いたことあるフレーズだって

き、き、気のせいだ・・・・たぶん・・・・


2016スカパーCM





もう、アントラーズのしか残ってないのですね・・・

いいCMだったなぁ・・・




にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村


緊急の補強はスタッフ待遇では?




にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村




カマタマーレのスタッフさん

いつも大変そう。

いつも走り回っている。








どうやら

褒められる事は少なく

怒られる事の方が遥かに多い。

……ように見受ける。












しかも、

スタッフさんには責任ない事

どうしょうもない事でも

たくさん怒られている。











……様にみえる。













そりゃ怒られて当然の事

あるかもしれんが

全部そうだとはとても思えない。












とても気の毒











さらに、

おそらく

年間休日数は相当少ないと思う。

週1日休めているか怪しい。(泣)

残業時間も多いだろうと思う。

体調が心配だ。











さらに

その時間全て

残業代でもらえても

ゆとりある生活出来るくらいの給料か

甚だ心配である。













つまり

給料安くないか心配。












ちゃんとローンで家買るか?

車ぐらいは人並みに買える?

奥さん貰って

子供育てていけるか?












生々しく言えば

在職13年の35歳到達時、

年収350万の国内企業平均くらいは

クリアーしたモデル賃金なのか?









とても心配である。











ジャパネットの高田社長は

Vファーレン長崎を

グループ傘下におさめた時、

経営に関わりはじめた時、

まずこの辺りから

改革を始めたとの事である。













休日を増やしつつ

人を増やし

残業を圧縮

評価基準をつくり

公平に運用する。














クラブ強くする時

アメリカのスポーツビジネスは

まず運用スタッフ・営業に

集中的に投資

何もないところから

ショービジネスとして形つくり

それができはじめて

スタジアムをつくり

加速をつける。











花形スターを現場に投入するのは

最後なのだそうである。











その経済原則に乗っ取れば

選手と同じくらいに大事で

大切な人々である。

運営スタッフさん

営業スタッフさん












みんな

彼らがいるから今シーズンも

ピカスタで戦えるし

安心して応援できると思うのです。












まあ、

「それが仕事だろ」

「プロでしょ」

との意見ある事はわかります。









けど

感謝の念は持っていたいと

私は思います。








カマタマーレに関わる全ての社員さん

いつもありがとうございます。

これからもよろしくお願いします。













にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村

下馬評



にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村

「現時点で戦えば」とか

「シミュレートすれば」とか

あるいは

下馬評

戦前まえ予想

現有戦力対比

補強評価

と言われるものとか……











そういう

全てを総合して

投票されたアンケートを

集積すれば

こういう結果が出たのだろう。












そして当事者以外の

周りから見れば

「そう」なのだろう。












世の中のJ2に関心ある人達は

カマタマーレ讃岐が

「最も降格に近い所にいる」と

お考えの様である。











今年、最も「弱い」とお考えなのだ。













このアンケートは

今、一番弱そうに見えるクラブ

人気投票。













我ら「カマタマーレ讃岐」が

そう見えるらしい。












ハハハ……

なるほどねー

しかし、

本当に最下位になった訳でも

降格が決まった訳でもない。

憤ったり

悲しんだり

焦る事無かろう。














ただ

せっかく頂いた称号だ

ヒステリックに

打ち捨ててしまうのも

もったい無かろう。(笑)












俺たちは弱いと思われている事。

その理由も一応

傾聴に値するのだ。













何故そうなったか

しっかり受け止め応援したい。















我らは「その下馬評」

事実と違うと証明する。

そんな旅に今シーズンはなるだろう。












では2018シーズンの

冒険に連れて行くリュックには

何をいれていこう。













改めて各々考える事ができる。










いい、シーズンスタートになった。

奢り、過信が忍び込む隙間が無い。













世界的なストライカーを補強し

「史上最攻」なるキャッチで開幕迎え

とてつもない試練を経験したクラブ

我らもよく知るではないか。










彼らのリュックには

良からぬものが

忍び混んだのかもしれない。










我らのリュックにまず詰め込んだもの


「謙虚さ」

そして下馬評は下馬評と割り切る

「ふてぶてしさ」











よし、

まずはへんな魔物

過信、油断、傲慢さを纏う

マモノからは遠く身を置けた。










幸先よい。

天気晴朗なれど波高し

これで良いのだ。












にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村

開幕したら春遠からじ




にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村






1月12日にはすべてわかるが

今の段階で確定事項は

どうやら開幕戦はアウェイのようだ。












何故なら

開幕戦は2月24日と決まっている。

しかし、

我らがホームスタジアム、

丸亀ピカラスタジアムは

本年2月28日まで芝の養生だそうだ。












これはピカスタに堂々と張り紙してあり

リーク情報でもなんでもない。













状況から推測で確定的。

開幕戦は昨年同様「アウェイ」

ということになりそうである。












さらに

積雪ない南国讃岐は

冬季特例アウェイ連戦にならない。

もう120%第2戦の3月3日が

ホーム開幕戦ということになる。











さて、どこになるのかな

昨年は熊本

一昨年は横浜

うーむ

二月の東京行きたいなー

行きたいライブもあるので

横浜か千葉か東京だったらいいなぁ












多分あっと言う間にやってくる。

開幕戦も

ホーム開幕戦も

そっこーやってくる。(笑)












それを終えたら

「あと2週間もしたらサクラ咲きますねー」

と話すのだろう。










サッカーの開幕は

我らに春の訪れを感じさせてくれます。










開幕したら春遠からじ








今は冬楽しもう。

スキーと温泉行きたい

おなべもっと食べなきゃ(笑)















にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村








レクザム様って??

IMG_0686.jpg






この時期する事・・・・

最大の感心ごとは

新ユニのデザインである。










新しいスポンサー様に感謝の意味を込めて

私は購入したい。

出来る事ならスタンド一杯

レクザムバージョンのユニにしてあげたい。









基本的に

カマタマーレの事は

隅から隅まで知りたい。











2018年、胸スポンサーしていただける

レクザムさんについて調べた。










*・・・・胸スポンサーとは

最もスポンサーフィー割合の高いトップスポンサー。

=最大の支援者である。

ゆえに社名やエンブレムが

試合ユニフォーム正面中央胸の位置に来るため

略して「胸スポンサーさん」と呼ばれる。
















基本は電子機器メーカー

メインは電子基盤を作るお仕事である。

電気で動く機械に欠かせない部品である。

基盤=制御機器

これの設計と製造を生業としている。











いわゆる

エレクトロニクス製品製造メーカーさんだ。





会社ホームページ

http://www.rexxam.co.jp/products/electronics/










そこから医療機器、分析器、ロボットなどの開発を手掛ける。

時代とともにそのニーズにこたえ発展してきたイメージ。











カリスマである創業社長が

精魂込めて鍛え上げた会社を

そのスピリッツを受け継いだ社員さんたちが

磨き上げ、

発展成長させてきたという印象を受ける。





レクザムの世界ブランド戦略より

http://bn.bk-web.jp/2010/0801/person.php








車メーカーで言うと

「ホンダ」に近いか・・・。











なんでまたサッカーのカマタマーレに??










面白いエピソードを得る。











レクザムと言えばスポーツの世界では

「スキーのブーツで世界ブランド」

「モーグル上村を引退の危機から救った。」

「バンクーバーで彼女が闘えたのは

レクザムの貢献大」

・・・・・というエピソードだ。











ナンバーWEBより紹介

http://number.bunshun.jp/articles/-/13861









教えてくれたのは

帰省してきた弟から。









そもそもレクザムという名は

スポーツメーカーから飛び出した技術者たちと

その想いに共感した創業社長・岡野馨氏が

電子機器メーカーの隆祥産業に

異色のスポーツ事業部を発足させ

作り上げたブランド名である。











もちろん最初から順風満帆ではなかったようだ。

一時は6億を超える赤字部門に転落。

それでも

「自分たちのポリシーを貫きなさい」という

創業社長の一言で現場は開発に専念、

ついには今の地位をつかんだエピソードが

語られている。











現在は

会社の象徴として社名にもなっている。












つまりこの会社は

スポーツギアでも電子機器も

同じスピリットで挑戦する

社風を持っている。











そのことで激しい生存競争を

勝ち抜いてきた会社である。











なんでカマタマーレを??

いや、香川県を応援してくれているのか??











何かシンパシーを感じてくれたのだろうか・・・・・










もしそうなら

なんだかとてもうれしい。











百戦錬磨の武蔵坊弁慶が

仲間に加わった

源の義経一行のような気分。(笑)











底知れぬ安心感がある。












出来ればその戦うスピリット

クラブとサポにも分けてほしい。

触れる機会あればいいな・・・・









「上村愛子とレクザムブーツ」

ピカスタのイベントになればぜひ聞いてみたい。










プロジェクトX風に聞いたみたい。(笑)













“Rexxam”は、

Rex(王者)と

Max(最大)を

組み合わせた造語であり、

「最大なる王者」の意を持っているそうである。









我らの誇りであるレプユニ

その心臓部に

最強の王・・・・降臨










無性に誇らしい。











ジャパネットさんうらやむ必要は

もうなかろう。












レクザム様

どうか末永くよろしくお願いいたします。

サポの忠臣ぶり

他のスポンサードの比ではないこと

存分にご堪能ください(笑)











少なくとも狂信的なレクザムファン

4000人弱手を

すでに手に入れてございます。











すぐに5000人程度に膨らむ予定でございます(笑)

そしていつまでも

その感謝の念は我らの心に生き続けます。













一緒に戦ってくれて

感謝感謝感謝



DO-h-4DU8AAzy34.jpg








にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村



魔法の清掃かと・・

カマタマーレの職員さんは

スタンド2Fを

熱心なサポーターさんが掃除してくれていると思っているだろう。

掃除している私達も「熱心なサポーターは掃除もする」と自負している。

IMG_0455.jpg









けれど・・・・・












私は少し「邪(ヨコシマ・・笑)」である。











やっぱ仕事がうまくいくときとか

運気が上がるとき











もっと生々しくいうなら

「お金がじゃんじゃん入ってくる」ときは

必ずその仕事机が、

その机上がきれい、スッキリ・・・・。











美しく

整理整頓「清掃」されている。










とても不思議なんだけど・・・・

前後反対の場合も同じである。











まず、机きれいにする。

すると

仕事や幸運が舞い込み

売上が好調になる。












ぐちゃぐちゃであればその月は

クレームの嵐だ・・・・笑









因果として

「いいことがある。---->笑顔になる」

・・逆に

「笑顔で過ごす------>いいことがある」

葉・茎と根っこの関係である。

経験してると思う。









いささか縁起担いでいると気味悪がられるの覚悟で・・・・笑











カマタマーレの幸運の源泉は

生々しく言おう

お金が流れてくるか否かの有無は

「如何にスタジアムがきれいに保たれているか・・・・・」

・・・・ここだと思う。












踏み込んでいえば

どれほどスタジアムでゴミを落とさないか??

スタジアムを汚さず使用できるか??

使用前よりきれいにして帰れるか??

だと思う。










故に

試合前2Fお掃除チームはその尖兵である。

IMG_0459.jpg


このチームの存続と継続が

スタジアム美化の重要な要因を担っている事

明白である・・・笑









はじめて座ったきれいな席が

サポーターが拭いたものと知れば

驚きとちょっとした感動を差し上げれる。

あるいはいつ来ても「清潔」との

安心・確信を得るだろう。











だってクラブを最も愛している人種が

その掃除をおろそかにするとは考えにくい。









常スタジアムで同じように戦うサポは

仲間が掃除してくれた場所を

少しでも汚すまいと思うだろう。











少なくとも私ならそう思う。











次回、「苦労少ないように・・・」と

自身が持てる「最大のゴミ」と共に席を離れるだろう。









その振る舞いを新しい仲間も真似るだろうし、

ひょっとしたらアウェイ・サポが感心して

土産話に持ち帰るかもしれない。










少しづつだが

スタジアムには人が集まってくるだろう

少なくとも「汚れ」で忌避される事はない

讃岐の新しい仲間も増える

一度讃岐に行ってみようかという

アウェイサポータが増えるかもしれない。










故に

カマタマーレ・・・お金ないし・・・はぁ・・・

俺たちがやるしかないよね・・・

俺もいつまでできるかわからんけど・・・

早く誰か代って・・・












ではない












いつか浦和と互角に戦うため

元旦毎年国立競技場で迎えるため

ACLで世界的クラブと戦うため

まってろよ・・BIGクラブちゃん・・・・ふふふ

\ \ \ \ \ \ \ \ ~~♡















・・・・とにやけながら

せっせせっせと座席を磨いているのである。









もう一つ確信がある

お金持ちはすごくものを大事にする

100円のボールペンを愛おしみ

大切に使う。

これは絶対の真理である。










そして

この心と掃除の心は表裏かもしれない


















掃除してピカピカ

整理された美しいスピチュアルなスタンドに

お金と賑わいと幸運を流し込もう!!












スタジアムを

大切にして

慈しむ心で

じゃんじゃんカマタマーレを

お金持ちになろう!!!











脅してるのではありません

どうやらお金か幸運が舞い込む

魔法のようなのです。












整理整頓清掃するという行為

物を大切に慈しむという心

この2つは。












今シーズンも集まれ~~!!!










「魔法使いの嫁」ならぬ

魔法使いのサポ~~~~!!!!!!


IMG_0461.jpg












追伸

正月みたアニメをすぐブログにするなって・・・・

スンマセン

スンマセン

スンマセン


(笑)




にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村


しない勇気


スタグル



この記事

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180103-00829606-number-spo


非常に共感する。










学生さんにお話する機会を得る

その中に
(要約してさらに極端に言うとだが・・・笑)










部活して

べつに趣味・特技を続けて

塾に行って成績を確保し

クラスの友人交流や学校イベントへ係わり

さらに彼、彼女と充実した時間を過ごすこと

「可能ですか??」

or

「うまくいかない」

そんな悩みを聞く。









活動的な子ほどこの傾向ある

さらに責任感強く

まじめで粘り強く

リーダーシップある頼られタイプ

将来起業しそうな社長気質












こう答える

両立は不可能ではない

だが

「非常に効率が悪い」と










もちろん

全部人生の目標に必須なら

すればよい。









応援しよう。











しかし、時間戦略を

大幅に修正する必要がある。

少なくとも18歳の3月に

形ある結果を得るには

甚だ不利である。












何かをしない勇気

何かをやめる才能











これって結構重要な経営判断で

社長さんでもできない人多い










経営者(人生に)に必要なのは、「捨てる」勇気。












静かにこういうと

「ぱっ」と明るい表情になる。











おそらく投げ出してはいけないと

教えられたことに忠実で

歯を食いしばっていたのもしれない。











しかし

ウインドウがたくさん開いたまま

CPUをフル回転させ

処理を続けるPCがごとし経営(人生)は

必ず行き詰る。










選択肢が

正しいか否か

これは状況次第だが

すべて手を出す状況は

間違いである















確かに

何か新しいこと始める勇気は

相当のエネルギーが要る。

新しい世界は不安だろう

さらに継続しつづけるなら

称賛に値する。












しかし、

これは『しない』という決断

「やらない勇気」はもっと大事なのだ









期日等タイミングある場合

すべてが中途半端になり

場合によってはマイナスの結果を招く。

危険だ













やめる恐怖に抗するのは

とても難しい













たくさん並行し

継続していれば

「安心感」という

成果が手に入る。















まして「撤退する勇気」・・・・

「経営者に必要な捨てる勇気」は

身を切られる思い、後悔、

もうそこまで成果が来ているのでないかという

「迷い」や「焦り」











莫大なエネルギーが必要。










しかし、

この文中にあるように

「今は人手が足りません。

必ず形ある提案もって会いに行きますので

今しばらくお待ちください・・・・・」

この誠意とともに

会いに行く順番

取りかかる事の選択

しっかり決める必要がある。








行政

スポンサー

地域コミュニティー

ライオンズ・JC・同友会

県サッカー協会

県下に散らばるサッカー少年団

中学・高校・大学

地域商工会

業界団体

サポーターグループ

ボランティアグループ

Jリーグ本部










その優先順位いかに・・・・・

今カマタマーレに最も重要な選択いかに・・・・











私はカマタマーレが責任もって決めた

優先順位を支持してあげたい。











「挨拶がない」

「来てくれない」

「軽く見られている」という

感情からは自由でいたい。










今は

カマタマーレがわれらに与えに来る状況ではない

われらがカマタマーレを助けるターンである。










今は

そう思う。









2018年もがんばれ!!

カマタマーレ!!









にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村



馬場ちゃんのプリン



来シーズンから大分トリニータに移籍する

馬場ちゃんのおススメ(?)プリン。









マーロウ 葉山店

湘南のプリンだ。












ブログで紹介されて……

すいません、私、

その記事ついに見つけれず。









けど家族では

「馬場ちゃんプリン」として

のどかなお正月に貢献してくれた。












馬場ちゃんと出会わなければ

うまいプリン食べれなかった。

また、讃岐に遊びに来てね。

うどん食べにきてね。馬場ちゃん。











アニメ好きのリ・ヨンジは

2018は東京ヴェルディに

活躍の場を移す。

彼がどんなアニメ見てたかは

よく知らない。













だけど

「秋葉が近くなってよかったねー」

とか思う(笑)

思いつつ撮り溜めたアニメを

少しづつ見る

47歳オサーンの正月。













なぜか

「魔法使いの嫁」見ながら思う。









ヨンジ……嫁いたっけ?

確か独身?

よい嫁さん来てほしい。

その時は二人で

うどん食べにきてね。










おせち食べながら思う。

来年はカマタマーレおせち販売して!

年末年始忙しいお母さん達のために

美味しいおせち。

スポンサーさまの何処かに依頼して(笑)













なぁに

さぬぴーカマボコと

即席釜玉セットと

重箱にエンブレム付いてれば大丈夫。












それと前に提案した日本酒

大吟醸「釜玉海」






ああ

グダグダな1月2日

昼寝しよう。

来期戦う鋭気養うのだ。





ん、体重が凄い事になってる。

き、き、気のせいだ。

(ーー;)







にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村

プロフィール

がく 

Author:がく 



IMG_1337.jpg






2019シーズンチャント準備中です。




ブログサブタイトル 

香川にはカマタマーレとサイコーの週末があります。




カマタマーレ讃岐公式ホームページ
コチラから




2013年6月30日以前のブログはこちらです
とあるサポーターへの追憶~カマタマーレサポーター日記~




にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 




どうも!!香川県に住んでる社労士です。私は働く人と社長さんの素敵な関係を作るお手伝いしています。


いつも思うのですが香川の若い人は都会に行きたがり、残る人は故郷が好きではないように見えます。大人は割り切ったふりをして、代わりに休日の充実を捜す。そして打ち込むことがないと嘆く人います。


本当はみんな「香川大好き」なんです。「誇り」と思っているのです。


ただ・・どう表現していいいかわからない。だから「地元が嫌い」と錯覚したり、余暇の過ごし方を迷い、打ち込むことが見つからないのです。


対照的に健全に痛快に郷土愛を表現でき、充実した余暇を過ごす人たちがいます。それは香川100万人の中で、たった3,805人です。



・・・ですが確実にいます。



そう、我らカマタマーレ・サポーターです。


サポーターとは応援する怖い人たちの事ではありません。ゴール裏で飛び跳ねる人たちの事でもありません。青色のユニフォーム着ている人たちの事でも、遠く県外まで応援に駆け付ける人の事でもありません。



ただ「香川が好き」「故郷が好き」・・それが心の真ん中にある人たちのことです。その人たちが郷土の誇りとなって闘うサッカーチームを応援した時、サポーターになるのです。




もやもやして毎日を過ごしている方、イライラして会社に行っている方、人生退屈と悟り気味の方、打ち込むことがほしいと渇望している方、


後悔させません。



あなたが香川で探しているものが「ここに」あります。一度見に来てください。そしてちょっとの勇気で私たちに話しかけてくださいね。いつまでもいつまでもお待ちしています。




もちろんサポーターだけがクラブを応援する訳でもありません。ボランティアとして活躍してくれても同じ。何時でも大歓迎です。



あるいは「香川県を盛り上げたい」と願う社長さんは大小さまざまなスポンサードの仕方あります。ぜひ一緒に盛り上げていただけたらと思います。


そのきっかけとなるようこのブログを書きつづります。


すこし暑苦しいかもしれないけど少し独断と偏見入るかもしれないけどその時そこにいた私の素直な感情をつづる事お約束します。

そこに自分の探しているモノ見つけたらその匂い感じたなら是非スタジアムに来てください。


いつまでもお待ちしています。


いつか出会う未来の仲間たちへ


カマタマーレ讃岐 とあるサポーター がくお








にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 

最新トラックバック

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR