FC2ブログ

あれから10年、この先10年











大晦日

今年一年を振り返った。

そして

来年どんな年になるのか妄想してみる

(笑)








気づいたのだが……

カマタマーレは中長期の

「ゴール」設定されて無いから

リアリティに欠ける。












逆に言えば

去年も今年も来年も

同じ悩みになる。












これではまずい。










ゴールはどこ?

どれくらい時間かけて到達する?












ここからの「逆算」があって

来年一年の意味ができる。

ポジティブな妄想しやすい。











例えば

10年後に

「平均1万人の観客」と言うなら

今のお客様からどう増やすか?

18年シーズンは

最低何人欲しいのかがわかる。














具体的には毎年

平均7%の増加率を

維持せねばならない。












しかし、この計画では

終盤9年目10年目で

必ず苦しくなる。

そこにJ1昇格と言う

観客増加の起爆剤が

必要になる。












では

J1昇格に必要なものは?

まず、予算はいかほどか?

昇格クラブはだいたい15億……

J1定着には20億と言われる。













これを10年後に用意するには?

今.カマタマーレの予算は

6億円……ない。

われらの財布は

J2平均11億の「半分」である。













このカテゴリーでは

下から2〜3番目予算。

本当に

サポ、ボラ、スタッフ、

選手・監督・コーチ

そしてスポンサーさまが

死にものぐるいで降格を回避してきた

四年間だったと思う。


しかし、まだその危険から脱したわけではない。

予算が10億越えるまでは

いつ降格しても、

仕方ないお財布なのだ。










これがシーズン前に

降格候補に

推されてしまう由縁である。












解説者は

カマタマーレの選手も戦術も

あまり見ていないだろう。













そこに我らは憤るわけだが

木を見ずとも森は眺めれる。

財務諸表をみれば

何処が降格候補なのか

ほぼ言い当てれるのだろう。









そして

残念ながら我らは昇格後

ほぼ残留戦線で戦いつづけた。












だが

観戦者増やすなら

クラブとして成長していくなら

J3への降格は避けたい。









正直、

今から2〜3年は勝負と思い

早急にスポンサー等予算を増やし

サポはスタジアムに通い

ボラはリターン増やし

そして

現場にはなんとかJ2に

残留してもらうしかない。













まさにみなで

「J2にしがみつく」作戦を

継続するしかなかろう。














勿論

イレギュラー的に「強い年」出ると思う。

だが

シーズンオフに大量に移籍してしまう。

揺り戻しが大変である。








まずは2〜3年のうちに降格しない

予算

給料

環境

着実に整え。









10年〜15年かけてJ1定着。

引き抜かれない立場を

確立しておく必要がある。










これは、

給料

環境

観客

が「J1に」ふさわしくないといけない。









うーむ










いまはそのロードマップが

ジグソーパズルのように

断片的な に散らばり

大変無秩序に散らばっている印象。

もはや「混乱」しているといってよい。












彼の言葉を借りれば

「何が足りない」ではなく

「何もかも足りない」













おそらくそうなのだ。













そしてそれを一つの絵にしていく

人間がカマタマーレの中に

少なくとも見えない。









この辺りの

中長期の計画

新しい社長さんに

期待する事「大」である。












来年は新たな一歩踏み出す年

大いなる目標に対する

最初のカウントダウンになる事、

切に願い大晦日のブログとします。









皆さん今年一年間

色々ありがとうございました。

良いお年を!!





にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村

スポンサー



KS170919tokushima13のコピー



我が社は年末決算












それが終わり、会計士さんに

「来年も頑張ります!!」と挨拶。

「来年、本気出そうかな」

と冗談を飛ばす。

相手も冗談を返す。

いや、返したつもりだろうが

私の虎の尾踏んだわ(笑)














「おお!!じゃあ、カマタマーレのスポンサーとか

道楽の部分は辞めて、本気だしますか!!」










私は目が座る。

真顔で

スポンサーする意義説明












1.私の売り上げは労働環境の改善により

社長さまから頂いたものである事

2.社長は大切な社員が働いてくれて収益を得てる事

3.では私の利益の還元先は社員さんである事

4.1人1人に100円づつ感謝こめて配ってあるけないからカマタマーレのスポンサーをしている事

5.レジャーであり郷土愛が充実する場所=地元社会に還元している事

6.アウトドア、スポーツ観戦など休日の充実はメンタルヘルス的に素晴らしい事



を伝え、更には


・香川県は高齢化と若年層人口流出が止まらない事

・ストレスの多いネット社会である事

・香川県が一つに纏まれる誇りが必要である事

・それを育てる責任が企業に有ると考えている事




更に続け



・それは行政や大規模な会社だけの責任ではない事

・私のレベルの零細でも担うべきものである事

・そのスポンサードは名誉である事

・それが広がりを、期待している事




つまり、


「え、それくらいの会社さんでも

スポンサーできるの?

いや、してるの!!」

そういうムーブメントできるまで

辞めないと。













カマタマーレの営業君たちが

頑張ってるのだ

少しでも援護となるサンプルに

私はなりたい。

だから、今はやめない。








しかし、小さく溜息がでる。










クラブ創設から10年経って

Jリーグ4年も経験しているのに

この会計士さんの感想が

香川県無関心層の全てだろう。(笑)

kagawa kannsennryou - コピー










金持ちが道楽でタニマチしてる。

ええかっこしいの見栄

仕事に身の入っない象徴

こんな感じに言われる。











カマタマーレ全スポンサーさんたちの

苦労しのばれる。













社内外共に孤独な戦い

強いられているのかもしれない。











故にもし、

スポンサーに理解浅い人がいたら

教えてあげてほしい。













「スポンサーするくらいなら

おれの給料上げてくれ」

と言う人に教えて上げてほしい。













時間はかかるかもしれないが

まわりわまって

貴方の会社に福音をもたらす事。

そして貴方は

故郷と

会社に

誇りを持てること。












それはとんでもなく幸せな事であると。






にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村







どう森にある!? カマタマブログ村



私は

カマタマーレブログ村の住人である。

(こちらから入れる)

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村

IMG_9528.jpg







ここは

ゲーム「どうぶつの森」の自分の村の様でたのしい。

個性ある住人がカマタマーレを盛り上がるよう活動している。


どうぶつの森とは

コチラから














そして毎年多くの方が新たに加わり

カマタマーレを盛り上げてくれている。

とてもありがたい

そして嬉しい








たくさんの人が自分の書きたいことで

記事を上げてくれている。











暑苦しい系(私はココに属す・・笑)

ファミリーエンジョイ系

戦略戦術系

若者から見た目線系

写真お披露目と報告系

熱いサポーター系

他クラブと相乗り系

後援会系

そして女子目線系











素晴らしい所は

様々なジャンルが存在するところ

そして

トータル更新頻度が頻繁である事。










今は少しオフであるが

シーズン中、相当な頻度で

新記事が更新される。










これがすごい!!!













そして個人は無理をしていない(・・と思う、いや願う!! 笑)

書けるペースで快適に書いて頂きたいと願う。

しかし、いつも誰かが何か書いていて

活気あるサイトになっている。

(コチラから)

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村









初めて覗いた方でも

なにかしら気になる記事を見つけるだろう。













これは「日刊カマタマーレ」である。









気になったので

他の村をまわってみた。

みなさんもプライドオブ中四国のメンタルで

いろいろな村を回ってみてほしい。

雉様、渦様、ミカン様、餅様、砂様・・・

そしてJ1の熊様(熊本さまではない・・笑)













カマタマーレブログ村

すばらしい!!

他が悪いわけではない。

カマタマーレブログ村が

豊作大漁で活気ある村のよう。

にぎやかで華やかで自由で

活気ある楽市楽座の街の様である。















住人の皆さんへ

リアルな世界ではお会いできなくても

大切な仲間です。

これからも

同じ空間で同じ試合を見て

どう森みたいにネットの村に戻り

大いに語り合いましょうね。

大変面白い話を

たくさんの人にお届けしたいですね。








そしていつかこの村から

大衆文学の最高峰

直木賞作家を出しましょう









受賞発表の記者会見場はピカスタで

祝賀会で讃岐レプユニ着てやりましょう

サポーターみんなで祝いましょう。










150万部売れたら

150万のサポーターを獲得できます。

レッズの延べ年間観客数の約2倍(笑)









タイトルは・・・・・

サポーターXの献身・・

・かまたまデンデケデケデケ・・・・

ピカスタの『火花』・・・とか・・・・笑











もちろんお読みいただくために

ブログ村訪れていただく方も

大切な住民です。











千客万来うれしいです。








にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村








原点



私がカマタマーレを応援しだした原点









原風景と言っていい











いつも遠まきに眺めていた私が

勇気をもってコアエリアに

足を踏み入れた時

快く迎えてくれ

その瞬間から仲間とみてくれた人達がいた

得点の際、抱き着いてくれた人がいた。











とてもうれしかった。

「ああ・・俺もカマタマーレのサポーターでいいんだ・・・」と











あの瞬間がなければ私はこんなにも

カマタマーレに没頭することはなかっただろう。










これは今でも不変である











来シーズン、スタジアムで

初めて来た人に選手入場の際

タオル貸してあげてほしい。









ユニ貸す猛者もいる。

タオルはハードル低い

大丈夫だ(笑)












物おじしないならば

選手入場直前ぐらいで

前後ろ、左右の人と

「頑張りましょう!!」の一言添えて

握手してほしい。









たったそれだけで

初観戦者は

観客から

応援者(サポーター)に

認められたと感じる。











実はそうなりたいと願っている。

「はじめて来たけどサポーターしてみたい」と

けどそれはいろいろハードルがあると

妄想し遠慮してるのだ。













握手一つで

その悩みはなくなる。

「承認欲求」が満たされ

とてもうれしい気持ちになるのだ。










他にも

席を探しているなら手招きしてあげればいい

席を詰めてあげればいい。

チャントの合間に飴をあげてもいいし

チャントの歌詞カードを持って来て

差し上げてもいいだろうし

ビックフラッグの移動作業に誘ってみてもいい。

撤収作業の簡単なものでいいので

頼んでみるのでもいい









スタジアムコアエリアとは

交流する事

頼まれることが

最大の喜びに変わる

とても面白い空間なのだ。










再会の時は声をかけ

「元気でしたか??」

「アウェイ行かれたんですか??」

とりとめのない事でいい

どんどん話しかけ

交流を深めてほしい。









再度スタジアムを訪れる欲求は

「もう一度サポーターとして扱われたい」

「あの人にもう一度会いたい」

である。










あの人とは

選手でも監督でも社長でもない

仲間と認めてくれる

歴戦のサポーターさん=みなさんなのである。









皆さんならできる。

そしていつか

その輪が広がり

満員のピカラスタジアムで

いつまでも鳴り止まない歓声の中で

サッカーの試合が進むこと夢見る










それは絶対夢ではない

もうすぐ叶う現実なのである。










今日は仕事納め

皆さん1年間ご苦労様でした

来年もカマタマーレライフ

存分に楽しみましょうね。









何と

あと2か月後の今日は

開幕戦が終了しています!!

2月きりました。











開幕戦はもはや「次節」です!!!!








にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村





タイトル変えようかと思います。

あいたたた・・

年末に来て2回落ちた。

毎日更新

連続更新が

12月23日の寝落ちで途絶えた(笑)

更に26日、不覚にも更新忘れ・・・









ああ・・・・











約束したのにお恥ずかしい。

気持ち新たに今日から書きます。









まぁ・・

毎日更新の記事を心待ちにしている・・・

・・・という方は・・・

(力強く)「まずいない!!」

・・と思われますが(笑)











カマタマーレの成長に対する

私の「願掛け」のようなものなので

約束果せませんでしたが

ブログ更新は継続させてくださいね。











このブログは

ほかの釜玉ブロガーさん達とともに

「日刊カマタマーレ新聞」の機能として

サポーターさん達と盛り上がればうれしい

・・・というのが最初の思いでした。













しかし来年は

新たな目的というか・・・

一歩進んで












サポーターや選手の情熱を紹介することで

1人でも新しい方に

スタジアムに足を運んでくれるよう、

1社でも多くの会社に

スポンサーになっていただけるよう、

そこを新たに加え

目指してみようと決めました。







・・・というのも

ある人と話したからです。

そこで知りました

ブログ等SNSからサポになる人に

共通の事情があるという事










詳しく聞いてみると・・・・










サッカーやカマタマーレに興味ではなく

本当の理由というか・・・

実は・・・悩み

場合によっては苦しみ!?にちかいものを

をお持ちだったようです。

その解決ヒントがかかれているかも・・と思い読み

そしてそれを確認しに

スタジアムに訪れてくれたらしいのです。







例えば

香川県で退屈な日常を送ることをやめたい・・・

生まれ故郷を好きになれない、誇りを持てない・・・・

自身の企業イメージをよくしたい・・・・

地元貢献をしたい・・・・・









しかし、

どうすればいいのかわからない











そんなまだ見ぬ仲間たちに

どんな解決策があるのか

伝えたい。










それを理詰めでなく

私が見たままの

現場の雰囲気

皆さんの笑顔

素晴らしいプレー

不屈の精神

そして作り出される熱狂











正確に

そして溢れる暑苦しさで

沢山伝えることで(笑)

カマタマーレやJリーグの魅力

伝わると思うのです。











そして

悩みを解消の糸口を見つけてもらいたい。

そして

結果仲間になってくれたらといいな

・・・・と思います。










では

そんな仲間の目につくように

彼ら彼女らが

探しているキーワードを

新しい仲間とすれ違わないような

検索されたいキーワード見つけねばなりません

それを新しい

ブログタイトルとして

考えてみようと思います。











ええい!!!

思い切って頑張ります~~~












追伸

何ぶん・・センスがないので・・・・

結局アニメオタタイトルが新たに誕生するだけ

かもしれませんが(笑)

















にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村




Xmasケーキのノルマ


IMG_7372.jpg
(ケーキの写真がないのでスタグルのFトーストの写真)


クリスマスケーキのノルマ

コンビニで働く人にケーキのノルマが課されている事

TVで話題(問題?)になっていた。








もし私がコンビニで働いていたとしよう

私の子供が

クリスマスにポケモンやらプリキュアの

かわいらしいキャラクターケーキを望んでも











「ゴメン・・・・

パパの会社のケーキしか選べないの・・・」

「ええっ~~」

という事になる。

これはどうなの??

という議論かとおもう。









この事象

100%悪と否定はしない。

クリスマスを子供に楽しませてあげたいという

親の気持ちにはそれぞれ程度がある。

何から何まで子供の思いのままでなくても

いいと思う。

食べ物はおもちゃでないので

「おいしいが『幸せ』である」という食育にもなる。











ある程度年齢がいけば

自然と興味も薄れ

基本「おいしい」というのは

理解してくれる。









売った者の責任もあるが

それより

自分が食べたことのないケーキを売るのは

至難の業である。











クリスマスケーキは

ある意味「体験」を売るものなので

食卓に並んだ際の雰囲気、

最初の一口の子供の反応

これらを細部まで観察

忠実に再現、

劇場風に伝えれば

売れる(笑)



















何を隠そう

スーパー勤務時代の7年

我が家にケーキの選択肢は

社内的な範囲でしかなかった。

もちろんおいしいケーキだったし

その事を悲しいと思ったことはない。









もちろん、

独身バイト君がホールごと買わされたり

責任者が2つも3つも買うのは

賃金の現物給付ですらない。

これは否定する。











ただ問題の本質は

最初から

「頭を下げて買ってもらう」

「お願いだから買って」

という販売方法選択だと思う。










お願いの先には

貸し借りが発生し

通常の販売契約が成り立たない。

かってくれる側が

「じゃぁ。私からはフライドチキンを買ってくれる??」

というバーター契約か

「買うけどどれだけ値引してくれる??」

という商品価値以外の争いになる。











本来の商品価値を損なう。











いやいや・・・・

最初から

「生クリームが違います。」

「本当に口の中で消えるような触感」

「甘すぎず、もたれません。」

「牛乳本来の香りします。」

「食べてもらえばわかります」

「残すのが常の子供がぺろりと食べました。」

「箱を開いたら『わぁ・・』となりました。」




「それほどこのケーキは美しいのです。」





見たままの感想を述べて

皆さんが知りたいデータを

誠実に提供して

そして選択肢を相手にゆだねる。

ゆだねる相手にもちろん自分を含めていい。









自分でほしくても

1ホール2万なら売ってる自分は買えない(笑)

試食の感想で販売促進を戦わねばならないけど

それでいい。

2万のクオリティ求める人を探し出すことに専念する。









誠実に商品情報を提供し

実体験を提供した先に

「ちなみに・・・それいくら??」と聞いていただければ

売れている。










営業日本語講座

「考えときます」=いりません

「ちなみに・・・いくら??」=買います










営業至高の言葉

「ちなみに・・・」










カマタマーレ営業君

正確な情報と

実体験や熱い思いぶつけて

「ちなみにスポンサーってどれくらいなの??」という言葉

たくさん集めてほしい。







サポーターの皆さん

頭下げて連れてくるのでなく

「私の幸せ」存分に披露して

「ちなみにチケット代っていくら??」

をたくさん集めてほしい。









われらが愛しているカマタマーレというケーキは

どこに出しても素晴らしい品質のものである

頭下げなくても売れる!!!







これは間違えないのだから・・・








にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村



最強讃岐サポの弱点




贔屓の引き倒し?











私は常々讃岐サポは

J最強クラスのサポーター

と思っている。











とあるマンガ……

敗戦を繰り返す劉備の軍に対し

ある人物が謀略で

解体吸収を持ちかける。

その際に、劉備が言い放つ











「確かに我が軍は敗戦を重ねて来ている。

しかし、

その全ての敗戦を生き残り、

かつ、まだ私に付き従う我が兵は

最強である」









軍をチームに

兵をサポに置き換えれば

讃岐サポにぴったり一致する。

とてもお気に入りのセリフ。











どんな好調なクラブのサポみても

アウェイゲートで平気でいられる。












勢いあるセリフを聴いても

気にならない。











心の中で

「弱くても、今と同じ事言えますか?」

「入れ替え戦とかご存知?」

と投げかけている。(笑)











だからこそ

悲劇的だが

手に入れてしまった弱点がある。

健気、献身的なのに神様もひどい。











移籍される事

引き抜かれる事

全く慣れていないのだ。









毎年、

カマタマーレが契約更新の有無をもち

ベースは維持され

新たな戦力が補強される。









これを繰り返し

サポは更新なかった選手に

感謝とエールを送るのみ。











苦労多きシーズンゆえに

穏やかなオフとなる。

負けの多さゆえ

素晴らしい才能は隠されて

引き抜かれて行く事は

ほぼなかった(?)












沼田のケースぐらい。

しかし、彼は

J1へのステップアップ。

心よく送り出せた。

来年対戦しなくていい訳だし。








航大の場合も

何かしらの納得が少なくとも

あった。











穏やかなオフが多すぎた

阿鼻叫喚の洗礼経験がない。

些か過保護に育って来た。

自覚……ある。




















逆に毎年

補強しかされてない。











仲間は熊本さんから

「絶対返せよ!!」

といわれたのに強奪!?











馬場ちゃんは水戸先輩から

正直「引き抜いた」と思う。











原ちゃんを失った北九州先輩

何故、讃岐!?

はるか後輩の讃岐に?

と苦い思いしただろう。








JFL最優秀SB砂森

「使わないなら返して」と

ホンダサポは思っているかも知れない。








健全に

その弱肉強食のルールにのっとって

我らも「補強」をして来た。

故に我らから去る選手がいる事

悲しいが受けとめねばならない。

実は

その事は分かっているのだ、みんなは。

ただ

あまりに我らは慣れてないのだ。











明らかにこの点は

金沢、山口サポに劣る。









けど、ようやく経験した。

俺たちは又、強くなるよ。

素晴らしきかなJリーグ。

















にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村



追伸

昨夜、こたつで寝落ちした。


(ーー;)





この記事は12月23日分と言う事で

すいません

すいません

すいません

観客数

2014年

J2デビューのカマタマーレは

平均観客数3317名だった。



IMG_8090.jpg







前年JFL時代が3126名からは

200名増という昇格効果。











しかし2013年は

昇格条件の

平均観客動員数3000人をクリアーする為、

無料招待券をばらまいた経緯もあったと思う。

では2014年のそれは

2012年の平均観客数 2345 名からの

飛躍と考える方が自然である。












つまり

お金払い見に来てくれる方が

1000名増えた。

昇格特需は確かにあったのである。







それから4年

残留を争うシーズンが続く中

観客は増え続けた。

言い方を変えれば

「過去最高」を更新し続けている。

これは驚異的な事である。










本年 3805名のご来場。

「恨み言」いえば

グランパス戦がシーズン半ばにあれば・・・・・

山形戦に台風が来なければ・・・・

しかし

この2つがあっても2014年からの伸びは15%弱ある。

延べ人数では2014年より

1万人以上の方がスタジアムを訪れている。









4年で15%増。

カマタマーレの成長実績を図るに

変動少ない「確かな数字」と思う。

単年増加率はチームの好不調により

大きく変動することはあるだろう。








であれば複利計算上

いまから16年後の

2034年には

2014年の倍の観客数になる。











このまま努力を続ければ

6634名前後の平均観客を確保できる。

これは 現J2平均観客数 6845に

ほぼ肩を並べる。





IMG_0493.jpg




もちろん机上の空論で

今後も

停滞や試練もあると思う。











しかし、

順調に推移している裏付けもある。










それは各試合の

来場者数ごとの内訳をみるとわかる。











2000人を割る試合

いわゆる入らない試合(笑)の推移

2014    13試合

2015    13試合

2016    10試合

2017     7試合









ついに1ケタになった。

台風やチームが不調でどうしようもない時もあったのに

参入当時から比較して約半分になっている。











それに対して~3000人台の試合

2014     5試合

2015     3試合

2016     5試合

2017     8試合







こちらに移ってきている。













更に1万人越えの試合は


2014     1試合

2015     1試合

2016     1試合

2017     0試合


今年は1回もなかった。

しかし平均観客は増えた。








どういう意味かお分かりだろうか

「カマタマーレを応援する人が増えた!!」という事である。

何を当たり前の事を!??って

いやいや全然違う。

相手がどこだろうが関係なく

「カマタマーレの試合を見に行く!!」

という人が増えたのだ






ジュビロだから

セレッソだから

ゆえ「見に行く」というのが

1万人試合の正体とすれば

カマタマーレを応援しに行く(相手関係なく)の増加が

数字ではっきり見て取れるのが

~2000、~3000人台の試合数の推移でわかる。








試練のシーズンであった

しかし

しっかりと成長の証を確認できた1年でもある。










幸か不幸か

成績順位の昇格特需なるものを体験していない。

それでも応援する仲間増えている。

そこが頼もしい。









素晴らしいじゃないか

われらが

カマタマーレ讃岐



DO-h-4DU8AAzy34.jpg






追伸

香川にはよっぽど「マゾ」が多いらしい(笑)








にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村







チケット代金


わたくし

基本「値下げ」は大嫌いである。

最も楽な販売促進方法だと思うから。

自ら価値を低く評価しなおすことに

意味がない。

・・・と思っているところがある(笑)

















A席でもプリメーラでも

その価格以上の興奮や体験あれば

「安いよね!!」となる。










これが本来の営業販売であると思う。











まぁ、きれいごとの正論である(笑)










けど・・・

そうなるべく努力する方がいい









だって半額にして

1.5倍しかお客様が来なければ

収入減である。











その節の総観戦収入の低下は

実観戦者(感染者?笑)数が伸びていても

経済原理上では観客「減」である。








あくまで

その波及効果や

宣伝効果を度外視した

入場収益だけの話ではあるが……。











言い換えれば

値段を倍にしても

今の観客の内

55%が残れば収入増

経済学的には観客は増えたことになる。









ネズミの国はここにシビアである。









見習ってもいいと思う。











ただ逆説的な見解に

最近触れた。











その方の承諾を得ていないので

詳細にはかけないが

カマタマーレの収入構造を

分析した場合、

いや

Jクラブと置き換えてもいい

観戦収入に対して

スポンサー収入が2倍という数字が出ている。










サッカーという興行は

スポンサーにお買いいただく

広告収入で

66%は成り立っているともいえる。








極論すれば

TV地上波と一緒。

視聴者からの収益より

視聴率に基づく広告収入で賄われる。








これに近い。












毎試合1万人の讃岐人に

私達の会社のマークを見てもらえるなら

「年間2億だしても安い!!」

というスポンサー様が現れたとする。

そして全席500円に値下げすれば

1万人を常に動員できる確信を得たとする。









こうなると話は変わる










観戦単価 @1500

×平均来場3800人

×21試合

+ 5000万円の胸スポ代

で1億7000万を得るより

(@500×1万人×21試合)+2億=

3億500万を得る方が得!!!













という計算が成り立つ









堂々と500円に

全席を値下げをすればいい。









まぁ









都合よくそうはいかないと思う








1万人来るなら2億出すスポンサーが現れて

ようやくこの経済的に観客「減」である

値下げを受け入れることが可能と言う。



そして必ず500円払える人

1万人集めねばならない,

・・・これだって結構、

ハードルは高い。











さらにスポンサーに撤退されたら

「1500円に戻します……」となれば

一気に観客は減るだろう。











とても経済原理とは

難しいものである。









今は年パスが

「値下げ役」を務めてくれている。






まずはやはり

今の値段で様子を見るのが

賢明かもしれないなぁ・・






にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村


SNS映え?



20171105232029939.jpeg

アウェイサポが残して行った
「折れたスネアドラムの鉢」
サポも一緒に戦ったと感じることができる。
今年のお気に入りの一枚
=私の中のインスタ映えする(?)写真・・・笑






一時、流行った

飲食店の割引クーポン本とか冊子。










持っていけば3割4割安く食べれる

驚異のサービス。

大変重宝した。










しかし

知り合い曰く

お店側には

とても大きなリスクがあるそうだ。













クーポン割引目当ての客は

その終了と共に去る。











そして

クーポン期間中のみ

赤字覚悟のサービス提供で

その企業体力を削る選択をとる以外には

品数を絞り、選択肢を狭めるか

コストダウンによる品質の低下を受け入れるか

このいずれかの選択となる。











つまりそもそもの企業体力が

クーポン割引幅に追いついていないのだ










100%否定するつもりはないが

結果、悪評が立つスパイラルに陥るケースがある

・・と聞いた事がある。












これはカマタマーレにも言えるわけで

タダ券1万人集客しても

運営と接客能力が追いつかない。






輸送力も脆弱

駐車場も絶対足りない。

バス送迎も滞る。






スタグルも長蛇の列で

機能不全を起こす。












試合後の感想は

悪評しかないだろう。









いま1万人はアテンドできない。

割引クーポンは出せないのである。











さて逆説的だが

はやっている飲食店は

ほぼクーポン広告の利用をしていない。

寧ろおいしいものを提供するに注視する。











その王道だけでは

うまくいかなかった時代は確かにある。

それを解消する魔法の仕掛けが

最近はあるそうである。












「インスタ映え」










魔法のような効果。











これは

おいしさ +

盛り付け方に

独自の創造性を足すだけで

新規客への拡散効果が

絶大だそうである。






盛り高く盛り付けたり

ソースで彩ったり

添え物に工夫を凝らしたり

ドライアイスの演出








奇をてらうものでなく

おいしいものをおいしく見せる

正当な、美しい

イマジネーションでいいいのだ。










いささか話題性が先行するが

スカイツリーを模した天丼や

ワイルドな見栄えの肉料理
(一鶴さんもこの効果があると思う)

見た目鮮やかな激辛料理も人気である。











極端な話

オープンキッチンのお店はおいしそうに見える。

店内が火や煙が見えて

インスタ映えするからである。











総て個人が発信した情報に

反応したムーブメント。











キーワードが「インスタ映え」









カマタマーレは

広告宣伝にお金をかけてもいい

イベントにお金をかけてもいい

けれどそれは一瞬の効果だ。










我らの売りたいもの真ん中にある

「サッカーの試合」

「選手」を題材にした

インスタ映えするシーンを

もっともっと発信したい人に

うまく提供すればいいと思う。









そもそも、

非日常空間の演出であるJリーグの狙いと

インスタ映えは合致するのだ。











特に写真好きな

SNS好きな女性対象の観戦シートを作ったり

フォトジェニックな写真撮りやすい券種を考えたり

息遣いが聞こえそうなピッチ観覧席を作ったり

選手交流の場を試合後に設けたり、
(バス待ちエリアにSNS専用ブース作ればいいと思う)

さぬぴーが常にアテンドしていたり・・・笑













何はともあれうちのスタジアムにある

インスタ映えするシーンを

みんなで探しだし

それをどんどん提供すれば

それに興味を持って集まる人たちが

更に自然とスタジアムの楽しさを拡散する。










それは巨額の費用を使い

ピンポイントで流れるTVCMより

数段効果的である。











それにはまず

「通信設備の整備」を!!

ピカスタをJ屈指の

電子の要塞にすべきだと思う。












初めて来た人すべてが

その人たちのコミュニティーに

スムーズに発信していただけるように・・・









ピカスタに

大容量に対応できるWi-Fi環境を作ることが

最初に行うとても効率的な投資だと

私は思います。













追伸

ええ・・っと知らずに書いてますが・・・

ピカスタにまだWi-Fi環境・・まだないですよね??(汗)

ないので有れば・・・ねぇ・・・・ピカラ様・・・・

何とか・・・ひとつ・・・笑











にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村






とりあえず四電ポイント入れておこう~~



本日は

新加入情報×1

契約更新×1

続々と入る情報で

来シーズンのチーム構成が見えつつある。








戦略的なものは

私はさっぱりなので

まぁ、来てくれた選手には感涙の感謝

去っていく人には万感のエールと感謝












そんな時期であると割り切り

この時間を「ノホホン」と過ごしている











その割には今ソウサしているPCのF5ボタンは

戻りが悪くなるほどくたびれ

印字されている「F5」は擦り切れんばかりの

傷み具合である。









という訳でカマタマーレ的には

のんびりとして時間が流れれる。

その時間利用してチエックしたいものもあり

是非みなさにもご協力願いたい。






①四電ポイントのカマタマーレへの贈呈

皆さんが手に入れた四電ポイント

使わないのであれば

よんでんコンシェルジュの欄に

(http://www.yonden.co.jp/y-con/)

「カマタマーレへポイントの寄付」の選択肢ありますので

引き続きお願いしたい。



現在

寄付ポイントの総数:  27,372 ポイント

27,372 円 相当がカマタマーレに寄付されるはずである。

この辺りを爪に灯ともすようにではあるが継続したい。

残念がら我らの愛するチームは貧乏である。











もうちょっとで30,000円!!

侮るなかれ

試合球、何個かカマタマーレが購入することができる。

クラブにいいクリスマスプレゼントになる











是非ご協力願います。

基本お財布の中身は減りませんので・・・。










ちなみに

愛媛さん 15,188 円

徳島さん 13,169 円












我らが倍近いリードをしています。

3倍、6倍・・・・

いやいや10倍の集金力だと

大いに盛り上がれます!!!!











讃岐サポ熱いぜっ!!!って(笑)











よろしく

よろしく

なにとぞ

なにとぞ

お願いします。


.(´ω`人)











詳しい紹介は8月24日の記事

「財布にやさしい!!!! 」をご覧くださいね~~

http://19700424.blog.fc2.com/blog-entry-755.html





讃岐サポーター











にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村


忘年会収支報告です。

IMG_0734.jpg


改めまして忘年会へのご参加

誠にありがとうございます。

30名様のご参加・・・・・

とても驚きました。









何の出し物もなく

イベントもなく

スペシャルゲストもなく

会費も4000円











たくさん食べたい男の人には

少しご飯が足りなかったかもしれませんし

高松からはお車や電車は遠かったかも・・・・・







ご面倒が多い中

参加いただきました皆様には

本当に感謝感謝感謝です。



IMG_0732.jpg









まずは忘年会の開催経緯ですが

忘年会自体は

毎シーズン何らかの形で行っております。











サポーター・ボランティア合同の時もありましたし

単体の団体で開催されていた年もあります。









しかし、今年は

(非公式ではありますが)

各団体との連絡が密になる体制が整いましたので

ボランティア団体発案で

サポーターグループ様

後援会様

にご賛同いただきリリースをお願いし

開催の運びとなりました。









5月に行いました能町みね子先生の

「サッカー本大賞受賞祝賀会」と同じ開催手法です。











ですので

どの団体からもお申込みいただけましたし

どの団体に属している自覚なくても

お申込みいただくことができました。











そのあたりの告知が不十分で

ご参加を見送られた仲間の皆さんには

大変申し訳ありませんでした。

次回機会ありましたら

しっかりリリースさせていただきます。












なぜこの時期か??・・・と申しますと

通常は最終戦直後・・あるいは当日が望ましいと思っています。

レプユニ着用のまま

当日の興奮そのままに大いに飲み語る!!

これを理想としています。









しかし、本年度は

企画段階では残留レースの真っただ中










万が一、最後の結末として

降格になった場合

冷静になる時間がほしい・・・

そんな思いも込めて約1月の時間を空ける判断でした。











また、私たちも最終戦の予想観客数が

8000か10000と言われておりましたので

最終戦運営にエネルギーが行ってしまい

全く余裕がありませんでした。









ここは反省すべき点です。

申し訳ありません。






とは言え

開催までに1月ありましたので

能町先生の祝賀会並みとはいかなくても

何か楽しんでもらえる企画あってもよかったと

反省しております。


IMG_0743.jpg


しかし・・・・・

栄えある合同忘年会の「第1回参加者」として

皆さまは認定されております。








もし、2回、3回・・・・・・20回とか回を重ねれば

讃岐サポ忘年会第1回参加者

「オリジナル30」との称号を

みなさん手に入れました(笑)












もし20年後の忘年会に参加された時は

「第一回はJ2j時代で・・・30人程度の忘年会・・・

出し物もなかったが

みんなでずぅぅうううう~~~っと

カマタマーレの話してだけしておわった!!

なかなか粗挽きな忘年会だった!!」

とご披露・証言いただければ幸いです。

( /ω)







まずはここをスタートとして

これからも引き続きご縁ありましたら

ご参加いただければありがたいです。













最後になりましたが

収支報告として領収書を添付いたします。











30名様@4000円お預かりいたしましたので

合計12万円の支払いとなり


セントカテリーナ様へお支払いいたしました。

IMG_0731.jpg











セントカテリーナ様は

過去スポンサード頂きました企業様で

その後のサポーター主催のイベントには

何かとご協力いただいている企業様であります。











この度も参加人数が不確定な中、

多くのご配慮いただきました。

改めて御礼申し上げます。










皆さま

本当に忘年会へのご参加ありがとうございました。

また来年元気にピカスタでお会いしましょう~~!!!














追伸


しかし、基本的には自由人の集まりでありますので

これが最初で最後の合同忘年会かもしれません。

次回開催は4年後とかになる可能性もあります。

|д゚)チラッ

まさに今年は奇跡の1回かもしれません(笑)













その場合は貴重なレア体験できたと

ご笑納くださいね・・・・(。-_-。)


スンマソン

スンマソン

スンマソン

(汗)





にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村





忘年会

楽しいひと時だった。

18:00から宇多津のセントカテリーナ様で

サポーター、ボランティア、後援会さま

合同の忘年会。









もちろん、時間が許す人達であり、

残念ながら来れなかった人もいると思う。

申し訳ない。

けど楽しかった。

正直、

演し物や演出は無かったが

同じテーブルになった人達と

2時間カマタマーレネタで

おしゃべりしっぱなし。

みんな尽きぬ話題お持ちの様である。

そして普段は喋る事少ない人達と

仲良くなれる。





ご参加頂きました皆さん

大変ありがとうございました。

また、来シーズンよろしくお願いします。




取り急ぎ感謝の

ブログでございます。






にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村




バックスタンド裏にある宝










ウェルカムボードの

背後を見てほしい。













広大なスペースがある。













選手が練習しているのが

見えるだろうか?

それだけ広大なスペースが

バックスタンド裏にはある。












これは、ご存知、

ピカラスタジアムサブトラック。











このトラックがあるから

ピカスタは陸上競技において

国体や国際大会まで開催できる

第1種競技場として認定されている。













これは最新型の競技場である。

屋島にもない施設である。









陸上競技中に使用されるサブトラックは

とても大切で貴重である。











しかし、有り難いことに

それ以外に使用する事、認められている。













平日はカマタマーレトップ選手の

練習場になったり、

試合当日には多くの子供が

走ったり、寝そべったり

大人達は球技を楽しむ場になったり

色々活躍してくれる。






有り難いね

気持ちいいね。

それは正直な感想だ。












しかし、

これで終わってるのは

少しもったいない気がする。













コアなサポーターが集う


バックホーム側

バックアウェイ側

共に出てすぐ前に

共通の視界の中に

このサブトラックはある。

ゴール裏同士が共有しているに等しい。












ここで手作りの

試合前イベントすれば良いのだ。














とてもシンプルに

スポーツイベントでいいと思う。

例えば

綱引きのロープ持ってきて

サポーター対抗綱引き大会すれば良い(笑)












それが危ないというなら

玉入れ大会でもいい。











セレッソサポさんは

本格的トラックがあるの見て

大喜びして

サランラップの芯か何かでリレー始めた。

最後はヘロヘロで大爆笑。












さすが!!大阪人!!

……と思いました。












なんでも楽しむ姿勢は

素晴らしい。










巻尺とトンボ置いておけば

勝手に走り幅跳びできる。

過去の

クラブ別参加者記録を張り出せば

アウェイサポ対抗戦になる。

(笑)














うちの近所のコンビニには

なぜか握力計置いてある。(笑)

レジ近くに置いてある。

なぜ、握力計?

一種異様な光景だ。


しかし、そこに

なんとなく人が集まり

その握力計を試してしまう。


更には


自然と店員さんと会話弾む

(笑)









同じ要領で

サポーター交流

あるいは試合前イベント

やってみても楽しいかな。













まずは綱引き提案してみよう。

(笑)











にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村

青春18ボランティアとか・・

IMG_9899.jpg




小学生までは無料なのだ

カマタマーレの試合はB席で

全試合無料で見れる

年間通じて

総ての試合で











グランパスだけ有料とかでない

全部無料。












それが13歳を迎える年から

完全有料となるわけである。

前売りで500円

当日なら1000円

シーズンパスでも7000円か・・・










高くないのかもしれないが

熱狂的なカマタマーレファンの

中学生以上2人兄弟なら

年パス2枚で14,000円

3人兄弟なら21,000円になる。











事情ある家庭なら

「親に無理はさせれない」とかなると思う。











おのずと「見たい試合だけ前売りで・・・」となる。











であれば中高学生ボランティアを募集して

設営+撤収の時間帯だけ活動してもらい

そのお礼に

試合は全部見せてあげてもいいと思う。











名付けて「青春18ボランティア」












カマタマーレのボランティアすれば

その試合無料で見れる。

経済的な拘束なく観戦できる。












カマタマーレはボランティア人数確保でき、

学生さんはボランティア体験できる。











カマタマーレを地域に定着させるには

未来の香川県を担う

若い人の支持は是非ほしい。











そして彼らが進学なり就職する際に

そのPRポイントに

「ボランティア実績」があるなら

証明書をその実績に応じて

カマタマーレが発行してあげればいい。













面接で語られるであろう実体験は

他の受験者さんとは一味も二味も違う

Jリーグ興行イベントの体験

そして

郷土愛溢れたものになるだろう。













いや、

スポーツイベント系の仕事したい子、

もっというならJクラブで働くことに興味ある

高校生、中学生はいると思う。










中学では職場体験なる授業がある

動物病院や放送局で仕事体験できると聞いている。












それにカマタマーレは門戸を開いて

職場体験受け入れ先になる事で

学校は毎週変わるが

ボランティア人数も増えるので

良いかもしれない。










当然試合は見せてあげてね。

次の日学校で仲間たちに

興奮気味に語っていただくために・・・・












ボランティアしている大人たちから

いろんなことを感じることもあるだろう。

少しだけタフでしっかりした

香川県に愛着ある若者ができる。










そして「郷土にはカマタマーレがある」と

次の日から生活してくれたらうれしい。










中学・高校の部活動の中に

ボランティア的な地域活動部ができれば

理想である。




IMG_9240.jpg












本筋とは脱線するが、

正直ボランティアの人数は少ない。

だからと言って

少年団のお母さん方の負担を増やしては

とても危険であると思う。











アウェイゲートでは

なるべく重労働にならぬよう気を配る。














そして

せっかく来てくれているのだから

今日の試合、

最初から観戦してもらうよう配慮している。












ボランティアしていただきながら

裏側ではお試し観戦の促進をしている(笑)











「たまには

旦那さん抜き、お子さんなしで

うちの選手にキャーキャー言ってください。

選手もうれしいと思いますから・・・」

とお願いする。

「くすっ」と笑っていただく。






けれど中には


「試合時間はお家に帰って
(近隣いお住まいの方と思うが)

家事済ませて戻ってきたい」

との要望も受ける。

もちろん快諾する。











寧ろそんなに忙しい所

「手伝ってくれてありがとう」と言う

感謝しかない。















試合終れば



息子がサッカー選手になるときは
  
必ずカマタマーレで・・・

そっからガンバでもレッズでも・・(笑)



次は旦那さんと子供とレジャーで

見に来てくれたらうれしい(笑)






また「くすっ」と笑っていただく。






少しづつ・・・・・だけど

100年後に立派な森になるように

風の谷のカマタマーレを育てたい

いろいろ気を遣っていきたいと思う。








追伸

ここに「こう書く」と

来年も私は

ボランティアしなくちゃいけなくなる(笑)







私もいい加減

ホーム試合見たい~~~~

そこは契約更改を保留中という事で・・・笑


保留ね!!保留!!!(笑)













にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村







新しいレプリカユニには

私は毎年買い替えるレプユニ

しかし、過去には

思い入れの深いレプユニもある。


2017yuni









長く着続けることもクラブへの愛情の表現と思う。

このアイテムは

決して安いものでもない。

学生さんなんか

簡単に買い替えれない。

買い替えの判断は

サポさん一人一人の考え方で構わないし

無理に買い替えを強要するものではない。










しかし、

カマタマーレサポは初めて

胸スポンサー様の変更を経験した。











悲しいかな胸スポンサー様なんて

夢のまた夢だった時代が長いので・・・・

まったく未体験ゾーンの経験を今している訳だ。











これまで支援くださった神内ファーム様に

感謝の気持ちを忘れない事は大変重要。

しかし、

新しくスポンサードくださるレクザム様に

最大の敬意と感謝を伝えねばならないと思う。











それを最も強く表現するのは

胸に「レクザム」と入ったレプユニを着て

来シーズン

ピカラスタジアム、

あるいはパブリックビューイングに

参戦するのが一番だと思う。












街中の周知活動ボランティアには

いつも一緒にレクザム様が

支えてくれている事、

そのユニを着用することで

間接的に伝えるのもいい。











アウェイの地では

その名前の入ったレプリカで訪れ

その名前が多くの人の目に触れることで

関心を呼び、宣伝媒体となるようにしたい。












これは間違えなく

スポンサー様にとって

とてもうれしい事だろう。

そして最大の恩返しになると考える。









せっかくスポンサーしていただくのだ。

末永くお付き合いいただけるように

喜んでほしい。










そんな願いもあるので

出来るだけの事はしたいと思う。









レプユニの購入による

クラブ利益は大きい。

そのままクラブの成長と安定の素になる。

高額・・・故に大きく利益になる。

そして

スポンサー様の広告宣伝にもなり、

新型ユニで戦えることは我らも嬉しい。











「1粒で3回おいしい」のである。











正直、日本中の企業様は

スポンサードする選択肢にあふれている。










胸スポ獲得の営業的なライバルは

その他の広告媒体である。











カマタマーレの胸スポより

どこかの大型施設のネーミングライツが

魅力的ならばそちらを選択するだろう。

TVのCMに魅力を感じればそちらを選択する。

これは企業として健全な判断である。









その中で

「カマタマーレのメインスポンサーになる事」

を選択してくれた。

ありがたい。











この事に対する費用対効果は

これから私たちも参加して

作り上げていくものと考える。










少年たちが

カマタマーレのユニフォームにあこがれ

香川県民がユニフォームをを誇りに思う。

その真ん中に「レクザム」の名前が

光り輝く











こんな感じが

ユニフォーム・メインスポンサー様への

最大のお礼であろう。








来シーズンのホームスタンドが

まだ前年のスポンサー様を胸に付けた

ユニばかりでは申し訳ない気がするのだ。











そりゃ、スポンサーを終了しても

なお着続けてくれることに

前スポンサー様が喜ぶ。

とてもうれしい事である。











しかし

今、一緒に戦ってくれるスポンサー様と

一体感持つことは

カマタマーレの未来にとって

とても有意義だと思う。









胸スポ営業のライバルは

他チームに取られることとではない。

徳島さんや岡山さんや愛媛さんではない。

丸亀競技場のネーミングライツであり

県民ホールのネーミングライツである。









このメインスポンサーの獲得は

そうとう骨の折れる大事業であり

カマタマーレの未来を照らす

大仕事であったと思う。











獅子奮迅の勇戦を続けた

カマタマ営業軍団に

可能な限り援護射撃をしてあげたい。











もし、予算許せば

皆々様おつきあいください。











新しいスポンサー様の名前の入った

新型のユニフォームで

新たなカマタマーレを

一緒の応援しましょう~~~~













追伸

神内ファーム様

長い間我らと共に歩んでくださり

ありがとうございました。

これからもおいしいお肉買いつづけますね。




私必ずバレンタインのお返しに

買ってるんです(笑)











私にチョコくれると・・・

わらしべ長者状態でございます~~









にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村





広告宣伝飛行

 
IMG_7957.jpg




WEBで昔話題になっていたお話し。










ホーム戦当日になっても

カマタマーレがあること自体知られていない。

そもそもあんまり知ろうとしないので

ミッドウイークに

何度誘っても日曜には忘れられてしまう。

もったいない・・・










更に

「ああ・・・今日がそうか・・・よし・・一ちょ見に行って・・・」

というイレギュラー観戦もおそらく拾えてない。













一番効果的なのはTVのCM告知だろうが

これはヘビーローテションする必要があるうえ

費用が高額である。

何試合も使えないだろう。











これを解消するために

一時話題になったのが

「航空宣伝広告」

試してみてはどうかという議論だったと思う。









聞き覚えがあると思う

高松市や丸亀にの上空をセスナ機が飛ぶ

それは特別カスタムされたセスナ機

大型のマイクが供えられており

まさに天の声のように降り注ぐ

マクロス7 のバルキリーのようなもんだ(全然違うけど)

聞き覚えある方、多いと思う。













もはや風物詩

この事を紹介したブログがあった。



「ゼヒド~ゾ~」 仏壇の宣伝が天空から聞こえてくる県がある。

http://ilovesanuki.rulez.jp/?p=84


実写










おかげで私は幼い頃

仏壇仏具店といえば1つしかなかった。

今でも心に住んでいる。

何か買わねばならなければ

その店を探すだろう

(まぁ。。そんな機会はめったにないのではあるが・・・・)











「~テンポーサンネンソーギョー ・・・ゼヒドーゾ~~」

そらんじられる(笑)

恐ろしく告知能力がある。










これをカマタマーレの試合告知に使い

試合当日に上空から流せば

「ああ!!今日はカマタマの試合か!!」

となる。

「おお!!相手は〇〇〇かぁ!!」

となる。

そして

「一回見に行くか!!」

あるいは

「危なく忘れるところだった」

・・・・となる

・・・・かもしれない。









少なくとも

「あの飛行機が宣伝していた試合・・・

どうなったかな??」

・・・と夕方のNEWSに

注目してくれるかもしれない









そもそも

一定以上年齢層は

前売り割引を重視しない。











行かないかもしれないし、

何回も行くつもりはない。

行きたい時が「その時」であるので

拘束力がぎりぎりまでない当日券を好む。












つまり彼らには

試合当日の朝

「試合がある」こと

伝える事が重要なのである。









先に紹介したブログにあるように

クレームに対するリスクは考慮せねばならない。

寝ている人、

勉強してる人、

安静が必要な病人は

飛行機の飛ぶ下にいるのだ。











しかし

すでに故郷の風物詩の市民権をえている。

(・・・・感じがする・・・笑)

実際、若いころ39度で寝ていた時

上空から聞こえてきたが

何も不快感はなかった。

寧ろ自身は病気の身なのに

祭囃子を聞いている様な感覚だった。










香川県民には

広告宣伝飛行に対して

もともと耐性があるのだ。











他の県、とりわけ大都会なら

クレームの嵐だろう。











さらに理解が深まれば

カマタマーレの名物・・

香川訪れるアウェイサポーターにとって

一度聞いてみたい名物になるかもしれない。











最後には

キックオフ直前でも

スタジアム上空をフライパスしてもらって

盛りあげてくれたら嬉しいかな(笑)








なになに

セスナだろうって!?











いやいやいやいや・・・

レシプト機と侮ることなかれ

「空のF1」 エアレース、室屋さんの飛行は

大迫力の素晴らしいエンターテイメントだと思う。











いやパイロットは違うし

機体も違うけど(笑)

やっぱりいいものだと思う。










だってアルウインには

普通に旅客機降りてくる。

そしてそれを見ていつも

「おお!!!」

とか思いますから(笑)













調べてみるとどうやら岡山の会社らしい

宣伝費用は・・・

う~~~ん

まぁまぁ・・・かかるな・・・・・












「広告宣伝飛行」

http://www.sorakara.co.jp/aircraft/senden_hiko.html




にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村


新スタイルのスポンサー広告

教えてほしいのだが

ピカスタではハーフタイムに

他会場の速報は大型ビジョンで

お知らせしてくれるでしょうか?









他会場速報は

とても気になる。











開幕直後でも

シーズン中盤でも

最終戦でも

何時でも気になる










その時によって

興味の対象は違う。

しかし

強い関心があることは

間違いない。









故にこの時の大型ビジョンに対する

注目度合いは

その他の時間と数倍違うと思う。

(これ以上は得点シーンリプレイぐらいか??)











なのでこの瞬間を

スポンサー広告時間として売る。

極端な話

TVのCMを流せばよいのだ。

例えば

「四国のヒカリ、ピカラ〜〜」

のCMの後に続いて

「他会場の結果です」と流す。












このCM流れたら

自然に大型掲示板に

観衆の目がいく習慣になる、

相当の宣伝効果になると思う。








他会場結果は

たしかに持参したモバイル端末でも

確認はできる。

しかしスマホいちいち探って

見るより数段簡単。

忘れていた人も含めて

見上げるだけで

歓声、ひょっとして一体感ある

プチイベントにもなるだろう。










この最も注目度合いが高い瞬間に

CMを流す。

その放送料料を年間契約〇〇〇万とかで

提案してみるとか。










すごい予算をかけたCM持っている所や

販売促進に集中的に資本投下したいメーカー、

CMがヘビーローテーションされるのは

費用対効果も高いと思う。











スポドリや栄養ドリンク

サプリメントでもいいと思う。

一度見たい話題のCMは僕らにもあるし

TVでは流しにくいロングバージョンの

ストーリーCMってあるし・・・












これ、松本さんがやっていて

「すげー・・・なんでも売るなー」

とか感心したネタなのですが












なに、なに

もうやってる!!

……となりそうな今日のネタ

(ーー;)


いや、2015までは無かったと

記憶してます。













既にしていた場合は

どくろべぇ様のテープの様に

煙上げてこの記事は消滅します。

( ^ω^ )












追伸

ペプシの桃太郎のCMとか

ロングバージョンは秀逸でかっこいいが

瀬戸大橋ダービーの時は禁止とします。

ペプシさんご理解いただきますよう・・・ぺこり






にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村


清酒 釜玉海






忘年会

お酒の瓶が運ばれて来て

この銘?名前?が

「カッコいいー」とかおもう

今日この頃。












漢字のネーミングセンスが

すこぶる素敵とでもいうか……











飲めない私でも

「おおー!!」と

感動するものもある。











獺祭とか

酔鯨とか

蒼斗七星とか

臥龍梅とか

美少年とか

悦凱陣とか








それでふと思っのですが……

どこかの酒蔵さん…

新しいお酒作ったら

あの……

なんとかうちと……

コラボして貰えんかしら!!












渾身のお酒の名前に

是非うちのワード

使ってもらえんでしょうか?

(=゚ω゚)ノ













釜玉海とか

讃岐堅守とか

水色蹴球とか





ええい!









讃岐誠

守護神清水

恵武尊(エブソン)

荒烈駆主(アレックス)

さぬぴい

願精一杯楽










もう

なんでもかまわない。











それをスタグルで

冬は熱燗にして

夏は冷酒にして

販売。











まぁ、私は

飲めないので申し訳ない。

す、す、スンマソン

(>人<;)




「瓶」販売すれば

アウェイサポさんが面白がって

買って帰ってくれるかも。

「讃岐飲んだったー」って








理想は

サポーター行きつけの店に

必ず置いてある状況。

いや、

讃岐居酒屋なら

「どこでも置いてある」、

サッカーと関係なく

親しんでもらえたら最高である。












こんな感じで

食文化と融合したら嬉しい。









いかがでしょうか?

讃岐の酒蔵メーカーのみなさん。












コラボ検討

是非


是非


よろしくお願いします〜〜!!

m(__)m











追伸

なになに、

ブログ、

よっぽどネタがないのだろうって?

ギクッ!!

(>人<;)


すんません。

もはや意地⁉︎(笑)

いや、いや、

よゆーっスよ

:(;゙゚'ω゚'):










にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村




デリバリースタグルとか















今日も冬眠みたいに過ごす。

よく寝た(笑)











忘年会とかの都合で

晩御飯にピザをとる。

たまにむしょーに食べたくなる。

デリバリーピザと言うやつである。

しかも一枚頼めば

もう一枚おまけしてくれる

素敵なキャンペーン中。

Lサイズ二枚。

高校、中学1人づついて

大食漢のパパいるのに

食べきれない(笑)












コストパフォーマンスも

一枚分の代金で

ほかほかが二枚

20分ちょっとで届く。

大満足である。









ふぅ……と

ウーロン茶で一息入れておもう。











ん……?

これ、スタグルで……

このデリバリー

うまく使えないかな。












グルメ広場には

受け付け担当者と

レジスターのみ置き

注文受け、連絡して運んでくる。

フードコートの呼び出し機を使えは

お客様にはすぐ到着を知らせられる。













さらに、いまは

ピザに限らず、お寿司、カツ丼、

いや、ガストやコンビニが

宅配する時代である。

むしろ、昔、

ラーメンとか出前は普通にあった。











また、春の花見にデリバリーピザは

大忙し。

これは携帯電話の普及から

住居でなくても

確実に届ける事可能になった。






極端な話

色々制約あるスタジアム調理に

こだわらなくても

スタグルを豊かにする事は

可能かもしれない。











もし、

画期的な運搬方があれば

一鶴さんや長田うどんさんを

デリバリーできるかも。

スタジアムで人気グルメだべる事可能である。











可能か不可能かの議論でなく

ブレーンストーミングしてみても良いかもね。






いや、

すでに素晴らしいスタグルがある事は

わかってます。

さらにいろいろな需要を掘り起こすための

ちょっと変わった提案です。(笑)










にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ

オーバーホールやな(笑)











12月にはいり

休みはひたすら寝ている。

冬眠しているが如し。

生産性ない事この上ない。












しかし、

ボランティアない休日なのだ

アウェイ戦ない休日なのだ

体が動かない(笑)

気が抜けたサイダーみたいに

眠り続けている。












多分あと2、3週続けたら

元気に

外に行きたくなると思う。












その時はおそらく

意図的にサッカー要素を外す。












スキー場に行きたい。

温泉に行きたい。

ライブコンサートも行きたい。

アニメ ゴジラみたいし

スターウォーズも楽しみ。









スポーツ観戦なら

久しぶりに競馬楽しんでもいいかも

臨場感求め阪神競馬場に行くのも楽しい。

今日は小豆島で開催?

よく存じ上げないけど

ファイブアローズも見てみたい。








散髪も行かにゃ

スーツも作らなきゃ

靴買わないと

MA1ジャンパー欲しいかな。








カマタマーレから、

ずっと遠くに離れ

そこでカマタマーレに

役立つものないか探す。








その方がいい出会いというか

閃きと言うか

気づきがある。

結局はDNAがカマタマーレ配列なようで

故に意図的に離れている。








何より炎は盛大に燃やせば

早くに燃え尽きてしまう。

炎を絶やさず

常燃やし続けたい。

そうでなければ

私の中でカマタマーレは

ただのブームでしか無くなる。










それは嫌だ。

そういう選択を否定するのではない

ただ、個人的に嫌なのだ。










来シーズン

新たに戦うサポ、ボランティアとして

現在オーバーホール中

情熱の火を絶やさず

なお激しく燃やすため

いまは色々なことから

吸収できたら良いなと









にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ

妄想の週末(笑)

小豆島

丸亀

三本松













これはこの3日間

夕方17:30分に私がいた場所。

今週は色々な場所で仕事していた。














結構香川も広い

小豆島、三本松から丸亀は

やはり遠いかもしれない。

はじめての人には特に。

改めて実感。










やはり、インフラが整備されて

来場者が増える可能性はある。

桟橋から高松に上陸した際、

「そこにスタジアムがあれば…

サンポートにスタジアムあれば…

島在住のサポさんは確実に増える。

いや、楽しみが増える」

とか思う。

当たり前だが(笑)












小豆島からの往復チケット1350円

握りしめて思う。

往復これだけなら負担は

許容いただけるのでは?

いずれカマタマーレ割とか出れば嬉しい。








桟橋から続々と降りてくる

サックスブルーのサポーター達、

さぞ壮観。

これぞ讃岐と対戦相手にはアピール。







試合終わり

サンポートで楽しくお食事して

颯爽と船に乗り込み帰宅していくサポさん

かっこええ(笑)






坂出駅で

ボランティアしている時は

何時も思う(笑)

この駅前にスタジアムあれば

頑張って賑わい作ろうとしている人たちが

とても喜んでくれるのではなかろうか。

瀬戸大橋ダービーはすごい賑わいになるなー

東京等から新幹線や飛行機の来場の

アクセスも良い。









丸亀の行政機関にお邪魔すると思う。

結構、お城前は土地がある。

お城前にスタジアムとか素敵だ。






週末の妄想。

もちろん

ピカスタにはとても愛着あるし

感謝もしている。




まぁ、芝の養生期間も必要なので

いつかはもう一つスタジアムは

必要かと思いこの妄想である。





ご容赦下さい。





にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村




忘年会です!!

私はお酒が飲めない

(・Д・)ノ











残念ながら1滴も飲めない!!











「人生の楽しみが1つ最初からない」と

言われたことがある。











チクショ~~!!!

誠に残念・・・・ああ・・・・・

(`・ω・´)











まぁ・・・

それはあきらめるとして

更には大変な目に合う人生だった。











見た目が「でかい」から悲劇加速!!

「飲めない」と何度伝えても

全然、信じてもらえない。(汗)

断り方を知らなかった大学生の時

先輩に散々色々連れまわされて

お金もかかり・・・

とても困った。

ああぁ・・・・_(:□ 」∠)_








本当にそうだとわけると

相手は「フフッ」という態度になる。











だから言ってんじゃん!!

飲めないって!!(怒)

(*`皿´*)ノ













社会人になり

「仕事だ、付き合いだ、給料の内だ」と教えられ

年中行事として参加した。

当時は飲み放題宴会だと・・・・

正直、食べるものが少なくて

困る時代だった。

今は飲み放題でも

料理にボリュームがあって助かる。

まぁ、今も「がつがつ」食べるわけにいかない。

お酒のつまみなくなってはいけないとか思う。

お腹いっぱいにできない

まぁダイエットに丁度いい(笑)








お酒好きは酔うと

同じ話をする。

これは年配の方に多い。

故に会社で飲み会の世話役すると

2次会3次会まで

上司の同じ仕事の話を

ヘビーローテーションで聞かねばならない。

大変疲れる。









年齢が上ると

お酒の席を遠慮する権利もでき

故、接待要員としては

「使えないサラリーマン」と定着していく。

出世もできなさそう。











よって独立開業し自営業者になる。

お酒飲めなくても進んでいく道ができた。

誠にすがすがしい10年であった。









しかし











どんなに勧められてもストレスなく、

飲めませんと言い切る事にストレスなく、

どんなにつき合わされようが望むところで、

どんなに料理がなくても心は満足一杯で、(最近は食べ物しっかりある)

どんなに同じ話がヘビーローテーションしようが大歓迎で、

こちらも悪いが遠慮なく料理、がつがつ食べれ、

気遣い無用の仲間たちで溢れる宴会が

なんとこの数年でできたのである!!













奇跡だ!!

神様は私の嘆きを聞いていてくれたのですな・・・

おお・・・感謝します。










という訳で

カマタマーレサポーター・ボランティア忘年会の

お知らせ











カマロスの方

かまたま話したい方

みんなに1月会ってなくてさびしい方

飛び切りの情報を酒宴の冗談として披露したい方

そして「カマタマーレの愛」確認したい方

どうかご参加ください。













飲めない方は私の近くでお話ししましょう。

酒飲みたちのご飯まで食べつくしましょう

大いに語り、

今年の労をねぎらいましょう。











イベントや気の利いた出し物は

ないかもしれません。

ただただ、食べて、飲み

不特定多数の方と

カマタマを語らう会になろうかと思います。









ある意味それが一番のごちそう。

最高の美酒かもしれんですねぇ~~











10日前です

お早いお申込みをお願いいたします。









飲めないカマサポさんは

おれのまわりにあつまれぇぇえええええええ~~~(笑)











ではでは、お待ちしています・・・・・・



3X4A7936.jpg

能町先生の祝賀会の1枚

同じ場所でやります。










-▼-▼-▼-▼-▼-▼-▼-▼-▼-▼-▼-▼-▼-▼-▼-▼-▼-▼-▼-▼-▼-▼-▼-▼-▼-▼-▼




12/17 忘年会開催のご案内
2017/11/27


日頃より、カマタマーレ讃岐へのご支援、ご声援誠にありがとうございます。

この度、サポーターおよびボランティアスタッフの皆様を対象に忘年会を開催することになりましたので、

下記の通りご案内いたします。




日時:12月17日(日)18時~20時

場所:セント・カテリーナ(香川県綾歌郡宇多津町浜1番丁5-7)

参加料:4,000円

※小学生以下は、2,000円

ご参加ご希望の方は、下記申込先メールアドレス宛に、

〇お名前

〇連絡先携帯電話番号

〇同伴される方の人数

をご記入の上、お申込ください。

申込先メールアドレス:k.sanuki.12@gmail.com



お気軽にご参加いただければと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。

なお、お申込後のキャンセルにつきましては、必ず申込先メールアドレス宛までご連絡をお願いいたします。

開催日直前の場合は、キャンセル料をいただく場合もございますので、予めご了承ください。

よろしくお願いいたします。




-▼-▼-▼-▼-▼-▼-▼-▼-▼-▼-▼-▼-▼-▼-▼-▼-▼-▼-▼-▼-▼-▼-▼-▼-▼-▼-▼



申し込みや詳細はこちらから

http://celeste-de-corazon.com/information/?id=40






にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村


QRコード発券機をあと一つ

来シーズンに向けて

ゲートアテンドで是非欲しいものは

QRコードの発券機。












お客様の中には

PCからWEBで

jリーグチケットを購入。

その特徴である

チケットレスサービスを利用。

携帯のQRコードをかざして

入場するシステムを使う方もいる。

おそらくこれから増えるとも思う。












しかし、これに

カマタマーレは追いついていない。

QRコードをかざせば紙のチケットに

交換できる機械が

メインスタンドひろばに

一つあるだけである。













いや、ダイレクトに入場できる

QRコード読取入場機を

各ゲートにおいてくれとは言わない。












費用対効果上無理と思う。

シーズンパスを使う方が多い

メイン・ホーム側には

必要性に議論がある。







しかし、メインスタンド側の

カマタマーレ広場のみにしか

交換発券機械はないのは

オーバーキャパシティになる

試合もある。












QRコードで入場したいサポーターさんは

アウェイサポーターに多い。

ビッグクラブ

都会のクラブは

そういう入場が

習慣化しているのかもしれない。

さらに

ギリギリの到着からの

速やかに入場したいがる傾向がある。







仕方ない面もある。

アウェイ観戦は

飛行機や新幹線の

到着時刻の都合で

ギリギリ来場。

やむを得ない場合はあると思う。

故に

キックオフ直前に

QRコード持入場希望の方が

集中する。













その方達に現状は

「申し訳ないがメインスタンドまで行って

紙のチケットに交換してから

再度並んで欲しい」

と言わねばならない。











「試合始まっちゃうじゃん!!」となる。











ほかに

足の不自由な方もいれば

小さな家族連れ来場の人もいる。

QRコード持参には

そもそもの理由もある。












まぁ、早く来てくれたら有難いが

それが可能な人ばかりでも無いと思う。

また、早くきてくれても注意喚起は必要

待機列には

「QRコード持参の方いらっしませんか〜!!」

「お手数ですが、紙のチケットに交換してから

お並び下さい〜〜!!」


と大声でアテンド続けねばならない。

ホーム岡山戦



それでも入場直前ゲート前に気づいて

相当怒られることもある。

怒る理由は

わざわざチケットに変える事でない。

その場所が遥か彼方の

スタジアム裏側だからである。












更には素直にまわってくれたとしても

問題はある。

先の名古屋戦では

一つしかないQRコード発券機に

長蛇の列ができていたとの事。

もはや当日券買い直した方が早いとの

感想をうけた。











あと一つ、一つでいいから

バックスタンドにQRコード発券機。

あと一つあれば

だいぶんスムーズに入場できる。

知らなかったお客様も安心する。













交換所が目の前に見えていれば

交換に行く時間的、体力的消耗が

ほぼない事、理解できる。













地方プロビンチャの微笑ましい運営と

受け入れやすい状態になる。











たった一つでいい。

なんとかなればいいなぁ。











ならない場合は……

うーむ

しょうがない。


代案として

アウェイゲートは

「飛脚隊」を編成する。


お客様の携帯「借りて」走ろうか。

緊急マークのビブス着て

サイレン鳴らして走る。(笑)













わたしの様なおっさんにはキツイ。

しかし、

よいダイエットにはなるかも知れんなー。(笑)















また、讃岐名物一つ誕生。














にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村






高松発のツアーバス  ここ変えたい




ピカスタは高松市民からすれば遠い

・・・らしい

中央公園かサンポートにあれば毎週行くのに・・・

という声をよく聞く。










本当にそうか否かは別として

平均的な高松市民の感性から

丸亀は「遠い」のである。












文字通り距離が遠い。

これがすべて。












女性やお母さんは

1時間かけて一般道を運転するか

高速道路を走らねばならない。

これが「高ストレス」らしいのだ。










わが愛すべき

讃岐サポーター様の事でなく

まだ見ぬ仲間たちは

そうであるらしい。











近所のみ走る自家用車では

運転に自信がない。

丸亀は距離的にむり。











よってカマタマーレの観戦は

敷居が高い。









JRを使う場合はもっと遠い。

今度は金銭的な負担でも遠くなる。

JRの運賃 大人料金 子供料金

その往復料金

そして駅からスタまでのシャトルバス代。

高松駅での駐車料金

更に高松駅までバスや電車乗り継ぐなら

それはもう旅であり

相当時間を要する。

重い腰がより重くなり

財布の負担は増える。











高速代金を払い

ガソリン代がかかる

自家用車で来場する場合と比べ

はるかにお高くなる。











故、ファーストチョイスは

「車」来場になり

最初の問題に戻る。










運転してくれる父親が休日でないと

スタジアムにたどり着けない。

これは高校生以下の若者も同じである

場合によっては大学生も同じ。









若者が来ない、

少年少女が来ない、

嘆いてみても

ある意味当たり前すぎるほど

今は観戦しにくい。









じゃあ、100億かけて

高松にスタジアム建てますか??

・・・とはならない。

今はまだ練習場建設の問題を

優先するタイミングである。









極端な話


ピンポイントで

父親層を熱狂的なサポーターにするのも

一考に値する。

そこを取り込めば

父親は

お兄ちゃんだけ

下の子だけ

奥さんだけ

場合によっては「自分ひとり」でも

来場してくれるだろう。









ターゲットを既婚者20~40代男性に

その層が喜びそうな企画を

考えてもいいかもしれない。

常ではなく「たまに・・・」でいい。

彼らの眠った郷土愛エネルギーに

点火狙っても面白い。











車乗れなくなり

本末転倒ではあるが

1500円でビール飲み放題とか

1杯無料の夫婦ペアチケットとか・・・・











しかし、この場合

「今」スタジアムに来たい

女性や若年層は置いて行かれてしまう。

すぐにでもこの層をスタジアムに運びたい。

それを解決するには

やはり「バス」だと思う。

IMG_4442.jpg








高松からの観戦バスツアー

この往復1000円以内で企画を継続し、

そして乗り場を

高松駅以外にもつくる。

盛況になればコースも複数つくる。

こうなれば相当利用しやすい










アウェイツアーで協力いただいている

さぬき市津田の大川オアシス

高松市内で

屋島観光(場合によっては屋島健康ランド)

高松駅

パワーシティ栗林

鬼無の御厩駐車場などを利用して

お客様を乗せ

ピカスタに向かえば

乗り換えなし

長距離運転なし

駐車場難民なし

スタジアムでの飲酒OK

というアドバンテージを得ることができる。

出来るならバスへと乗り継ぐ駐車場は

無料に・・・・









実現すれば今より利用者は増える。

増えたところで

それ以上の利用者促進の

アイデアを投入すればいい。

利用者のみの特典プレゼントや

スタンプラリーとかでもいい。

IMG_4441.jpg


うまくいけば

すでに自家用車利用組が

バスに乗り換えてくれるかもしれない。

スタジアム周辺の渋滞緩和にもなる。








原因は物理的遠さ

しかしそれを感じないサービス有れば

その問題は解消できる。

そりゃ自家用車

パパの運転なら1時間以内でピカスタ

一番楽ちんだが

バスがあることで

その便利さを実感できれば

パパを誘う言葉に力も入ろう。











カマタマーレバス

ホームゲームほど力を入れれば

大きな宝が

埋まっているかもしれない。




IMG_4445.jpg


いつも立派なバス用意してくれる

バス会社さんに

恩返しもできるというものである。











にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村

何も咲かない寒い日は

今日は寒い

特にそう感じるのは気温だけではないからかもしれない












ああ・・・

年末を感じる。

もう、天皇杯以外の公式戦はない。

退任退団、就任入団のストーブリーグが始まる。









みんなあとひと月

泣いて笑って

歯を食いしばり

不安を隠し

のた打ち回って

過ごそう。






次の一月

歓喜と期待と感謝の中で

ワクワクと希望膨らまそう








来シーズン開幕は

2月25日だろうか??

3月4日だろうか??

どちらにしてもまだ寒い時期から始動となる










開幕戦はホームピカスタだろうか??

どこかのアウェイだろうか??

まさかいきなり甲府とか・・・

新潟はまず開催しないから大丈夫だろう・・・

そもそも日曜13:00キックオフの甲府から

どうやって月曜日朝までに帰って来るのか・・・・??

何とか東京まで出て

寝台特急サンライズ瀬戸か

夜行バスに飛び乗るしかあるまい(笑)









そもそも甲府は地方Jクラブの中で優良な経営と聞く

新潟はビックスタジアムで数万のお客様が詰めかけると聞く。

そんなクラブと戦ったり

そんな土地を訪れることができるのは幸せである。

新しい冒険が我らを待っている。









だから










何も咲かない寒い日は

下へ下へと根を伸ばそう

やがて立派な花が咲く











今は我慢

旅立つ若者たちに

最高の笑顔と

渾身のエールを送ろう。

めでたい門出なのだ。









彼らにサッカーの女神さまの祝福

沢山降り注ぎますように・・・










201702261923129b5.jpg


2017年開幕戦の1枚









にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村

銀河の歴史がまた1ページ(笑)

今日全てのJリーグ公式戦が終了。

J3公式戦の最終順位により

降格はザスパクサツ群馬となり

代わりに栃木SCがJ2リーグに昇格する。





j2プレーオフ・ファイナルの結果

J1への昇格最後の切符手にしたのは

名古屋グランパス。

今年は既に

湘南ベルマーレ

Vファーレン長崎

が昇格決めて

J1へ卒業して行く。








そして昨日、

最後のJ2への降格クラブは

ヴァンフォーレ甲府ときまる。





4つクラブがいなくなり、

4つのクラブがやってくる。





J1から

アルビレックス新潟

大宮アルディージャ

そして、

ヴァンフォーレ甲府

J3から

栃木SC。










役者そろう。

来年の大河ドラマの制作発表みたいだ。

いや、ステキな予告編を見た気分。









初めて訪れる土地

新潟、甲府。

私はちゃんと訪れているだろうか?











その時の

カマタマーレ先発メンバーは?

総合順位は?












何を目指し、

何が課題なのだろう。










どんな時も一生懸命応援したい。

楽しみたい。
















大河ドラマ

いやいや

永遠に続く長編アニメ

讃岐英雄伝説の「なに編」が

来年の2月から始まるのだろうか?










一つ確実にわかる事がある。

この物語はまだまだ続く。

4巻が終わったが

絶対まだ序章だ。













一癖も二癖もある

選手、監督、

スタッフにサポにボラ。

讃岐イレギュラーズ

ワクワクする。









さぁ、

次はどんなお話だろう。












銀河の歴史がまた1ページ(笑)











どんなタイトルにしようかな?

「シン・カマタマ」

「カマタマーレ讃岐、

A席から見るか、ゴール裏からみるか?」

「カマタマーレ讃岐2018

〜愛の戦士たち編〜」






今日は少し

即席ブログ

すいません。




にほんブログ村

ボランティアの配置



IMG_7980.jpg





私はホーム開催では

アウェイゲート守備隊である。











なぜ「守備隊」というかと言えば

押し寄せるアウェイサポさん達を

じっと見つめて耐え、

ぎりぎりまで引き付けて

効率よく出入りする配慮を

思考し

安全に快適に

出入りしてもらう仕事だから。











攻めては行かないから(笑)


IMG_8423.jpg









よそ様のアテンドは緊張する。

来場したサポさんの

経験や価値観も違えば

スタジアムの違い、

観戦規格の違いもある。

来場までの疲労も違う。

アウェイサポさんは

そのあたりが不安定なのだ。

この辺りが

アウェイゲートの難しさ、

相手に合わせた守備的な

柔軟さが求められる。












そして非常事態クラスの

ビッグマッチでは・・・

アウェイゲートに人があふれる状況なら

ホームゲート・メインゲートは

それ以上の賑わい(=苦戦)と推察される。

カマタマーレ職員さんなら

更に忙しいと予見される。











つまり・・・

ぎりぎりの状況になればなるほど

アウェイゲートには

増援が期待できない。

来援は来ない。

文句は後で聞くから

そこで「戦死」せよ……

そんな玉砕覚悟の守備隊の

悲壮感があるからである。


IMG_8080.jpg











まぁ・・「それで上等」と

楽しんでるところもあるが・・・笑











補給なしで守り切るしかない

ポジションである。(笑)









いや・・・少し大げさかな。

むしろ故に・・・・常はのんびり(笑)


IMG_9113.jpg











平均50人や100人なのだ


そのお客様相手に

談笑したり、

時にはお土産をいただいたり・・・(笑)

基本は平和なボランティアである。


IMG_8430.jpg








構成は

「通し」と言われるフルタイムが3名

「設営」と呼ばれる

試合開始30分前までのメンバーが5名~7名











だいたい、いつものメンバー

しかし、

台風だろうが矢が降ろうが

駆け付けるメンバー











彼らとは

2014年の開幕から一緒。

あのパルセイロとの入れ替え「ま」戦、

究極のアテンドも経験する。











カマタマーレ史上

最高のアウェイゲート・ボラ


・・・・と自負する。










精鋭であり

猛者であり

手練れであり

ベテランである

空母「赤城」に乗艦する

凄腕のゼロ戦隊並みだ。











彼らと一緒なら

相手が浦和レッズだろうが

日本代表だろうが

時間内にスタジアムに入れきる自信が

私はある。










そして

おもてなしを喜んでいただく自信がある。(笑)








仲間褒めで恐縮だが

「最高」の称号を贈りたいものである。









しかし、

アウェイゲートでどんなに感じよく対応しても

来週来てくれるわけではない。

トラブルに対して真摯に向き合っても

来年来てくれるかは不明である。








今週の山雅サポに喜んでもらって、

来週の名古屋サポが増えることはない。

そういう意味では

なかなか難しいポジションである。










で、最近思うのだが……









私自身アウェイ観戦によくいく,

行った先のアウェイゲートで

「渾身のアテンド」という感じの対応…

……というか人員配置にあまり出会わない。











アルウィンのボラさん達ぐらいか・・・









これは

「松本の生命線は大勢のサポーターと

それをアテンドする150名近いボランティア」

というポリシーによるところが

「大」だと思う。

前大月社長がコラムで述べていた。

企業理念からくるものだろう。







少し古い記事だが

「お金がなくても愛される松本山雅FC。徹底して地域密着にこだわる地方クラブのあり方」

https://www.footballchannel.jp/2014/03/15/post30749/2/








つまり150名のボランティアを

有するから可能な事かと思う。







松本さんのそれは賞賛に値する。

しかし

常備30~40名のボランティアである

カマタマーレ。

アウェイゲートの体制を

今と同じ規模で継続することは

議論の余地があろう。









大分のビックアイ

千葉のフクアリ

ヴェルディの味スタ

その他いろいろ・・・






そんなにたくさん、

しかもアテンド力あるベテランボランティアを

投入していないと思う。











アウェイ遠征はその地を訪れただけで

充分テンション高い。

ある意味では満足している。

プラスアルファの親切は

うれしいのは事実だけど

楽しい思い出の「上積み幅」は

広くなかろう。









極端な話

アウェイゲートは

観戦ルールに精通した警備員さんと

機転効くアルバイトさんで

対応可能と思う。









そして今現在奮戦している、

ホームリピーターを増やそうと頑張る

メインスタンドとホームエリアボランティアに

我ら10名を振り分けた方が

かれらのお役にも立てるし

負担も軽減できるし

我らも念願だった

「来週のリピーター」を作る喜びを味わえる。









けっしてアウェイサポーターを

ないがしろにするわけでない。

しかし

讃岐ボランティアは少ないのも事実。

効率よく資源の再分配してみてはどうか・・

との提案である。









もっと厄介な問題もある。

もう、4年続けて来たのだ。

正直、

停滞・マンネリ・陳腐が

忍び寄って来ている。

これは物事の進化を阻害し

継続を阻む。

とても厄介なメンタル。

しかし、必ず行き着く「病」である。

これをを追い払うことも

できるのである。






IMG_9240.jpg







にほんブログ村

プロフィール

がく 

Author:がく 



IMG_1337.jpg






2019シーズンチャント準備中です。




ブログサブタイトル 

香川にはカマタマーレとサイコーの週末があります。




カマタマーレ讃岐公式ホームページ
コチラから




2013年6月30日以前のブログはこちらです
とあるサポーターへの追憶~カマタマーレサポーター日記~




にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 




どうも!!香川県に住んでる社労士です。私は働く人と社長さんの素敵な関係を作るお手伝いしています。


いつも思うのですが香川の若い人は都会に行きたがり、残る人は故郷が好きではないように見えます。大人は割り切ったふりをして、代わりに休日の充実を捜す。そして打ち込むことがないと嘆く人います。


本当はみんな「香川大好き」なんです。「誇り」と思っているのです。


ただ・・どう表現していいいかわからない。だから「地元が嫌い」と錯覚したり、余暇の過ごし方を迷い、打ち込むことが見つからないのです。


対照的に健全に痛快に郷土愛を表現でき、充実した余暇を過ごす人たちがいます。それは香川100万人の中で、たった3,805人です。



・・・ですが確実にいます。



そう、我らカマタマーレ・サポーターです。


サポーターとは応援する怖い人たちの事ではありません。ゴール裏で飛び跳ねる人たちの事でもありません。青色のユニフォーム着ている人たちの事でも、遠く県外まで応援に駆け付ける人の事でもありません。



ただ「香川が好き」「故郷が好き」・・それが心の真ん中にある人たちのことです。その人たちが郷土の誇りとなって闘うサッカーチームを応援した時、サポーターになるのです。




もやもやして毎日を過ごしている方、イライラして会社に行っている方、人生退屈と悟り気味の方、打ち込むことがほしいと渇望している方、


後悔させません。



あなたが香川で探しているものが「ここに」あります。一度見に来てください。そしてちょっとの勇気で私たちに話しかけてくださいね。いつまでもいつまでもお待ちしています。




もちろんサポーターだけがクラブを応援する訳でもありません。ボランティアとして活躍してくれても同じ。何時でも大歓迎です。



あるいは「香川県を盛り上げたい」と願う社長さんは大小さまざまなスポンサードの仕方あります。ぜひ一緒に盛り上げていただけたらと思います。


そのきっかけとなるようこのブログを書きつづります。


すこし暑苦しいかもしれないけど少し独断と偏見入るかもしれないけどその時そこにいた私の素直な感情をつづる事お約束します。

そこに自分の探しているモノ見つけたらその匂い感じたなら是非スタジアムに来てください。


いつまでもお待ちしています。


いつか出会う未来の仲間たちへ


カマタマーレ讃岐 とあるサポーター がくお








にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 

最新トラックバック

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR