反撃、反攻、反転攻勢 

全軍に

カマタマーレを愛するすべてのサポーターに


4月2日をもってわが軍は反転攻勢に出る。

全てのサポは速やかにピカラスタジアムに集結せよ。

全力でこの状況を打破すべし。

未勝利状態を突破すべし。


今節はお誘い活動はいったん停止しても可。

かりそめの動員でなく

歴戦の精鋭で

ありとあらゆるエネルギーを結集し

選手を支えるべし。

間断なく勇気を供給すべし。



今回はいつも一緒に戦う家族や仲間たちと

言葉少なでスタンドに陣取り、

がっちりと握手を交わし

うなずき合えばのOK。


スタグルは楽しいイベントでなくていい。

90分戦いぬくためのガソリンである。

無言でほおばり、

あるいはしゃにむに掻き込むのでいい。


その光景が新規さんには何よりの刺激になる。

団結した歌声

鬼気迫る歓声

これこそが本当のカマタマーレの観戦です。

普段は羊の皮をかぶった狼たちの咆哮が

最高のホスピタリティです。


そして歓喜の輪を作る

鬨の声を挙げる


これぞ極上、至福。

こんな痺れる光景めったにない。

これを見逃すのはもったいないですよ。

来場を迷うご新規さん(笑)


では皆々様ピカスタでお会いしましょう。

ボランティア部隊も気合入れて頑張ります。



「おのおのぬかりなく!!!!」


IMG_8375.jpg


追伸

もちろん外から見れば楽しいイベントのように見えてしかるべき

いつも通りお楽しみください。

心の中のお話です。(笑)






カマタマーレのブログたくさんあります!!

色々な角度からカマタマーレが語られてます。

ぜひのぞいてみてくださいね!!



にほんブログ村



ボランティア登録はこちらから

下記のアドレスに「からメール」を送信してください。

アドレス  35934711@ra9.jp

案内のwebアドレスがおくられてきます。

そのWEBサイトよりご登録ください。

たくさんお方のご登録よろしくお願いします。

もちろん登録だけしてボラはできる日だけでokです!!!


春休みは

年度末で忙しいのと

月末で忙しいのと

カマタマーレがエンジンかからないのとが重なり

何ともあわただしくもけだるい今週。



ホームゲームは私はボランティア活動。

湘南サポさんとは2014年以来の再会。

何人ぐらいおいでになるのかしら。


そもそも今のところ維持している観客動員数4000人

今週辺りから苦しくなる。

チラシ配りをサポさん達が選手と一緒に頑張ってくれている。

ありがたい。

本当に感謝している。

サポさんにも選手にも

とても感謝している。


しかし、今週の動員考えると

少し暗い気持ちになった。

私の周りからは「今週も行くね!!」的な話を聞かない。

「いろいろ忙しい」と言う話は聞く。



しかしふと思い出す。

カマタマーレ動員は春休みと夏休みに弱いのだ。

さらに言えば大型連休中日にも弱い。


それは香川県民が古くから

そのシーズンを中心に年間イベントを企画する習慣があるからである。

つまり埋まっているか香川にいないのである。

まだそこに割り込めるほどの歴史をカマタマーレは持たない

ただそれだけのことである。


弱いところであることを認め

ここでの動員が少なかったとしても嘆くのをやめよう。

強いて言うなら同時期の比較で一喜一憂するならわかる。

2014年 4月1日  1450人 (vs栃木)
2015年 4月1日  2100人 (vs水戸)
2016年  アウェイ山口戦 データなし

である。

首位湘南

近年の認知度上昇

更にはサポや選手の動員活動奮戦

これらを考えれば

3000人確保できれば希望と成長を私は感じる。




他の会場と比較して限りなく少ないと感じるかもしれない。

けれど毎年毎年確実な歩みでお客さんは増えている。

成長している。

誰も手を抜いていない

全力で立ち向かっている。


だから思いっきり楽しもう。

湘南ベルマーレとの試合を楽しもう

懸命に郷土のクラブを応援して

充実した1日を過ごそう。



そうなったらそれが素晴らしいことなのだ。

もしここで3000人台を確保できたら

この状況下で確保できたら

誰がどう言おうと私は希望を感じる

ポジティブシンキングになる。




最後に

まだまだ私は信じる。

瞼を閉じれば

ずらり居並ぶタイガー戦車が

ようやく渡河を始める光景が見える。



なんだ・・・前夜の雨で水かさが増してただけか

この川渡れば・・・・・



大丈夫

あと少しの辛抱です。

多分・・・(笑)






山口に遠征したサポさんの列

開場前についたのにもう2列目。

すごいね。

IMG_9050.jpg



カマタマーレのブログたくさんあります!!

色々な角度からカマタマーレが語られてます。

ぜひのぞいてみてくださいね!!



にほんブログ村



ボランティア登録はこちらから

下記のアドレスに「からメール」を送信してください。

アドレス  35934711@ra9.jp

案内のwebアドレスがおくられてきます。

そのWEBサイトよりご登録ください。

たくさんお方のご登録よろしくお願いします。

もちろん登録だけしてボラはできる日だけでokです!!!



山口戦観戦記 その2

IMG_9077.jpg


強風・寒気の中試合開始。


開始直後の印象は

「ややボールを握られるも互角」

「ポンポン回されるのがストレス」

「讃岐は勇敢に高いDFラインを維持している」

と言うところか。


浸透する様に相手FWが抜けてこられると厄介だ。

その都度、シミケンさんが高い位置で捕捉して弾き返す。

エリア外で蹴り返すか

ぎりぎりまで出てキャッチ。

讃岐のDFライン裏側スペースは広大であるが

うまくシミケンさんが機能している。

山口の攻撃に対してとても有効に思えた。


高いDFラインは数的有利を作らせず

単騎突破はこれまた高い位置のGKが消火する。

1対1のはるか手前で阻止できているように見えた。



故にやられた。

私はそんな気がする

あの瞬間は「ファール」と誰もがセルフジャッジしてしまいそうな

ボールのこぼれ方。

ピッチ上の反応。

更にはボールとゴールとの距離


清水は浸透戦用の高いポジション

その中で山口の小塚のみオンプレーを継続しているように映った。



私はその時

飛んでくる軌道とその後のはずみ方で

ゴールバー上のネットで弾んだように見えた。

しかしボールがこぼれ出ない事

続けて大きな歓声・歓喜を聞き

ゴールマウスに吸い込まれたことを理解した。


結局この1点が決勝点だった。

もちろんそのまま終了したわけではない。

後半立ち上がりは風上の讃岐は猛攻を仕掛ける。

後半立ち上がりの10分で

もし得点できていれば大きく流れも変わっただろう。

しかし懸命に守る山口DFを崩しきれなかった。

我らは風を味方にできなかった。

更に悪いことに小雨がピッチを濡らす

これが原因かどうかは不明だが

ピッチ上で讃岐の選手は踏ん張りがきかない

ここぞというところで滑る。転ぶ。

芝の特性を熟知した山口にはホームアドバンテージである。

彼らには雨による影響を感じない。

スパイクチョイスが適切なのだろう。


そうしているうちに

風は凪はじめ、気温は上がり、雨が上がり、日差しがさし始める。

讃岐側はエンドのアドバンテージを完全に喪失した。

更に足を取られる濡れた芝が残り

それは逆に山口のパスワークを鋭利にする。




それでも逆転を信じピッチを鼓舞する

諦めの悪く、誇り高きサポーター。


この時奏でたチャントは心に残る。

GAMEさんに教えていただいたが

Risingは今シーズンの誕生チャントの中で秀逸である。

これを歌い続けるときは劣勢を忘れる。

テンポもキーも等しく親しみやすい。

心情を映しやすいメロディーラインである




この声を力に 最後まで闘おう

何も恐れずに すべてをかけ戦え

アレアレ讃岐 アレアレ讃岐 アレアレ讃岐 オオ オーオーオー

アレアレ讃岐 アレアレ讃岐 アレアレ讃岐 オオオオー




今日は水曜日

私の心の中でこのチャントは

あの瞬間からエンドレスでリピートしたままである。

一時停止ボタンが壊れている。


もはや相手との力関係などは気にならない

選手もサポも力を合わせ

ひたすら真摯に前を向いて戦おう。



何も恐れずに すべてをかけ戦え




カマタマーレのブログたくさんあります!!

色々な角度からカマタマーレが語られてます。

ぜひのぞいてみてくださいね!!



にほんブログ村



ボランティア登録はこちらから

下記のアドレスに「からメール」を送信してください。

アドレス  35934711@ra9.jp

案内のwebアドレスがおくられてきます。

そのWEBサイトよりご登録ください。

たくさんお方のご登録よろしくお願いします。

もちろん登録だけしてボラはできる日だけでokです!!!




試合終了直後

IMG_9082.jpg

追伸
ピッチ上での出来事はあくまで私の主観で書かれています。



アウェイ山口戦観戦記

IMG_9052.jpg


奇妙な天候だった

前日の天気予報では「晴れるが気温は低い」とのこと。

最低4度

最高でも13度の予想。

当然防寒対策をしていく。

前日夜までは晴れ予想だったと思う。

故に私の装備に雨合羽はなかった。

しかし当日には修正予報でも出たのか

サポさんの中には「少し降る予報」

と発言する人もちらほら。


結果

スタジアム到着時は晴天、春全開の陽気。

いや、想像以上に温かい。

今思えば「妖気」か。


その後の天候は

 晴れ-曇り--雨―晴れ

 温かい-寒い-温かい

 微風-強風-強風-微風


めまぐるしく変わる

サポさんも戦闘状態の半そでになったかと思えば

待機モードで厚着にならないほど寒かったりした。

山口の天気に

讃岐からの遠征軍団は落ち着かない。

そんな混乱の中にいる試合前。


時系列的には

ピッチ内練習あたりから

天候は急激に荒れだした印象がある。


強風で寒い


寒いはいい。

しかし強風は厄介である。

アウェイゴールは風下。

当然このままでは風上に向かって攻める事になる。

山口のパスサッカーをより活発にさせる追い風

讃岐としては風下では奪いどころが安定しない。


「サイド・・変えてくるかな・・・」


先週の山形戦の例もある。

かの地はまさに今も冬である(四国の人間的には)

私のつぶやきに隣のMちゃんが答える

「そうですね・・・風下やし、先週うまくいってますから・・・」


しかしそんな私たちの期待はかなわずサイドは動かない。

そして讃岐はキックオフを得る。

・・・どうやらコイントスに敗れたらしい。


今に思えばこのコイントスの結果は

その先の未来を大きく分けた結果に思う。

今となっては結果論だが

もしコイントスに勝利していたら

もし前半コートチェンジしていたら

前半に猛攻をかけていたら

そんなことを思うアウェイ維新スタジアムの戦いだった。


「我慢やね。前半は」

そうつぶやきながらも今年の攻撃陣には自信がある

悪条件下に先制すればより後半は有利に展開する。

いや、0-0でしのぎさえすれば後半は風が味方してくれる。

この45分どう我慢し、

その中でも有効な攻撃を構築できるかが

最初のハードルと思った。


「ここ空いてますか??」

不意に青年に声をかけられる。

「もちろん!!」私の右側は3席空きがある

ここはCLさんに向かい右側3列目

絶好の応援ポジション

コア・エリア真ん中。

どんどん集まってほしい。

かるく挨拶して二言三言話す。

どうやら兄弟で車で来場したらしい。

キックオフまえに握手がっちり。



飛び込んできた彼の背中越しに

アウェイスタジアムを眺める。

讃岐サポ総勢200~250人くらい。

讃岐応援エリアが水色で染まりつつある。

アウェイ遠征隊の充実ぶりは年々すごい。

「真ん中にあつまってください~~」的な要望に

手招きで呼応する。

しずしずと中に集結してくれるサポさん達。

奥ゆかしいが気持ちは一つである。


ピッチ内練習あとの静寂

通常はイベント時間でコールを自粛するのだが

特に今日は何も催されない

CLさんが「静かなのはいやなんで・・・」とフレンドリーに呼びかける。


そして Brand new K のコール

(オーラララーラ) 俺たちがカマタマーレ

オーラララーラ  オーオ ** オーオ **

逆風をついて

スタジアムの寒気を引き裂いて響き渡る。

メインスタンドの屋根に跳ね返りいい感じ。

昨年はこの突き抜けるようなチャントに

相手側のメインスタンドでも拍手があった。

今年は悠然と沈黙を続ける。

相手ゴール裏を眺める。

同じく沈黙。

これは感心してポカーンではない。

意に介さず、そんな感じ

戦う前のオーラを感じる。


山口サポも1年間、激戦を生き残ってきたのだ。

彼らのふてぶてしさは

昇格直後の初々しさを喪失し、

生粋の戦闘集団への変貌の証明である。



ならば我らも小なりと言えど大音量を響かせ

このスタジアムをジャックし

現場へ最大の援護を敢行するのみ。



試合前の静寂・気候・コールのつばぜり合い。


いいね


ここは維新100年記念陸上競技場

1敗3分 VS 1分3敗 

通算成績2敗vs2勝

J2リーグの片隅で下位どうしの

生き残りをかけた激突

意地と意地がもうすぐぶつかる。


IMG_9069.jpg


選手が出てくる

緊張が高まる。



下関の巌流島

そこで行われた決闘は1612年の4月13日だそうである。

その時もこんな天候、こんな雰囲気だったのだろうか・・・

ふとそんなことを思う。






カマタマーレのブログたくさんあります!!

色々な角度からカマタマーレが語られてます。

ぜひのぞいてみてくださいね!!



にほんブログ村



ボランティア登録はこちらから

下記のアドレスに「からメール」を送信してください。

アドレス  35934711@ra9.jp

案内のwebアドレスがおくられてきます。

そのWEBサイトよりご登録ください。

たくさんお方のご登録よろしくお願いします。

もちろん登録だけしてボラはできる日だけでokです!!!






山口へいこう!!

自分が行くときは誘いまくる

私ははた迷惑な人間ですがご容赦ください。(笑)

いやしかし山形に集結した讃岐28戦士(写真で確認した人数に限る)には

感激と感謝の念が絶えません。

お疲れ様でした。ありがとうございました。

しっかりとした歌声が響いておりました。



さてさて

今週もアウェイ

長州の山口

我らは昨シーズン2敗した新鋭の天敵

元カマタマーレ戦士のレノファGM・石原氏が手塩にかけ作り上げたか。

何とも素晴らしい好チームである。

IMG_7281.jpg



昨シーズン

0-1(アウェイ戦)

0-2(ホーム戦)

ホント・・見事に敗れている。


完全に相性が悪い。

そもそも「オレンジ色」は相性悪いのである。

みかんさんも・・パルちゃんも・・・・

そこに加わる厄介な新型。それが山口である。


かつて飯塚亮や秀雄さんが在籍していた。

それだけではないが、好感や感謝の念をもちろん持っている。


今シーズンできれば絶好調で相対したかった

しかし、早々都合よくは行かないものだ

カマタマーレは現在1敗3分


宇宙戦艦ヤマトでいえば

補助エンジンのみで飛行している

波動エンジンにはまだ火が入ってない

ワープ航法もできなければ

波動砲の試射もまだである。


すべて航海しながら試みねばならない。

そんな状況下、

イスカンダルまで往復勝点65点で帰還せねばならない(笑)

そんなところか。



という訳で今節も甚だ苦しい状況で難敵と対峙。

私も遠征隊に名を連ね

応援に駆け付けたいと思う。

そして多くの仲間と応援をしたいと思う。

まだ躊躇している人もいるだろう

そうした人向けに昨年の観戦から得た情報の共有など・・・

が今日のブログ。




維新スタジアムの素晴らしい所

まずはアクセス

JR利用であれば

新幹線の駅「新山口」から最寄駅「大歳」まで15分

最寄りの大歳駅からスタジアムまで徒歩15分

これは快適である。

子どもさんでも十分歩ける。


また駅からスタジアムまでの徒歩道中に

ジョイフル(山口朝田店)やらココス(大歳店)やらがある。

試合前にコ-ヒー飲んで、まったりする場所がある。

雨風の場合は快適にしのげる。

割り切ればここで昼食でもいいと思う。

小さい子は落ち着いてゆっくり快適に食べれる。


まずはアクセスと飲食のインフラが好条件である。

IMG_7272.jpg



次に

サッカー熱が熱い地域である。

あの盛り上がりは松本に似ている。

夢パス申し込むブースに大勢の親子が列をなし並ぶ。

不運にも「得ることができなかった」と嘆く親子に出会う。

香川では

「全県下で全員分、担任からホームルームの時間に配られるのだ」と伝えると

心からうらやましがられた。


いやいや・・・うらやましかったのはこっちである(笑)

とあるカマサポ少年は

終業式、クラスの女の子に

「クラス別れる前に・・これ・・」とそっと差し出されたのが夢パスだったとか  ( ノД`)

各地で悲劇が頻発している。

IMG_7315.jpg

それくらい山口人は熱い。

しかし基本人なっっこい様である。

ホームピカスタでも山口からの遠征サポさんは

相当フレンドリーだったと聞く。
(その日はわたし、アウェイゲートボラを仕事欠席で・・スンマソン)


IMG_7295.jpg


維新はスタグルがいろいろある。

今年は「コフグのから揚げ」(!?)・・・・なるものがあるらしい。

これは食してみたい。

名物「ふぐ」のスタグル版!!

う~ん考えたものである。

どうやらわれらがスタグルのエース「カマコロ」も出店するらしいい。

IMG_7300.jpg



昨年はアウェイサポはお土産頂く。


これが絶品!!!

おにぎりがとんでもなくうまくなる!!!

IMG_7339.jpg

IMG_7288.jpg


最後にスタジアムの形状がうちの応援にマッチしてるようである。

ゴール裏からのチャントが

いい具合にメインスタジアムの屋根に反響する。

その歌声が増幅される。

結構しびれる。

かなりいい感じだ。


もちろんあの日の遠征隊には

飛び切り声の大きい精鋭が

多く参加していたのかもしれないが

こだました歌声は昨シーズンの中では

長崎戦と並び素晴らしいものだったと思う。





昨年、われらは「J2昇格後のホーム初勝利」を

山口に与えてしまった。

正直悔しい思いいっぱいで

遠征サポは讃岐に帰還した。

別にリベンジとかそういうのではないが・・・

あの日置き忘れたものをみんなで取りに行こう。



私は今シーズンのカマタマーレの強さに

確信と自信持っている。

結果は必ずついてくると思っている。

ネガティブにはならない。

心配していない。


もし賛同してくれる人がいるなら。

同じ思いの人がいるなら

それが正解であることを確認しに行こう。

万が一にも選手がひるむなら

その背中を押しに行こう!!!!



どんなメンタルで望めばいいかって!?

もちろん吉田松陰先生の言葉を胸にのぞめばいい。



総ての幕末の志士たちを奮い立たせた言葉。


「諸君、狂いたまえ」


IMG_7292.jpg

(今まで見た横断幕で一番しびれました。)




カマタマーレのブログたくさんあります!!

色々な角度からカマタマーレが語られてます。

ぜひのぞいてみてくださいね!!



にほんブログ村



ボランティア登録はこちらから

下記のアドレスに「からメール」を送信してください。

アドレス  35934711@ra9.jp

案内のwebアドレスがおくられてきます。

そのWEBサイトよりご登録ください。

たくさんお方のご登録よろしくお願いします。

もちろん登録だけしてボラはできる日だけでokです!!!











謙虚で自信を持って

われらがカマタマーレ

現在1敗3引き分け

しっかり点が取れており、

終盤でもあきらめない粘りあり。

失点をしているのは残念だが「勢い」を持っている。

新型カマタマーレには力がある。

これまでどのシーズンよりそれを実感できる。

ただ結果が出ていないの現状。

順位がその実力を如実に表す。

この成績ですでに1勝している水戸さんや京都さんより

上の順位という間か不思議な状況である。



だから結果を焦るあまり

ヒステリックや神経質と言うネガティブに支配されなくてもいいいと思う。

カマタマーレは間違えなく強い。

これを継続すれば「結果はおのずとついてくる」ぐらいのふてぶてしさ

サポはこれをベースに試合に望んでもいいのではないだろうか。


これまでの歴史もあるのでこう書いてしまうのは恐怖だが

そう信じるのもまたサポーターの応援だと思う。

結果が出ない事に焦るのは私はやめようと思う。


ただ、慢心やおごりはよくない

そこは謙虚なまま次節を迎えたい。

讃岐サポが信じられないエネルギーで選手を援護する時には

発生条件がある。

必ず相手をリスペクトして胸を借りるぐらいの謙虚さを持つときがそうだ

もちろん卑屈になれという訳ではない。

そしてどんな劣勢下でも逆転を信じるメンタルも必要である。


次節山口戦

結果を信じるのでなく強さを信じる。

昨年2試合とも零封され

合計3失点の相手

相性の悪い格上に

この強さはどこまで通じるのか??

自信を持って謙虚に

このメンタルでいかがでしょうか??



「調子の悪い、下位のJ2クラブに負けたら

勝とこないぞ!!!」

このメンタルは危険

大炎上の飛行甲板が見えます(笑)



また維新スタジアムで

あの大声援

山口サポの度肝を抜いた歌声をぜひ響かせたいです。

いかがでしょう。


他の方の意見をウエブ上で確認してないので

少し恐る恐る書いた記事でございます。

ご不快な方はご容赦くださいね

昨年の維新の桜はきれいでした。これは駅の桜
IMG_7261.jpg


昨年の維新スタジアム。少数の大声援









カマタマーレのブログたくさんあります!!

色々な角度からカマタマーレが語られてます。

ぜひのぞいてみてくださいね!!



にほんブログ村



ボランティア登録はこちらから

下記のアドレスに「からメール」を送信してください。

アドレス  35934711@ra9.jp

案内のwebアドレスがおくられてきます。

そのWEBサイトよりご登録ください。

たくさんお方のご登録よろしくお願いします。

もちろん登録だけしてボラはできる日だけでokです!!!















ヘビーユーザーへの道のり

風邪ひいて

更に仕事で

今シーズン開幕後、私は出遅れている。

ああ、悔しい

しかし、けがで出遅れる選手の無念さを思えば

これぐらいは我慢できる。

ここから挽回すればいいのである。


開幕戦や愛媛戦で興味を持った層が確実にいる。

「新たに」か「再認識した」のかは不明である。

しかし、次の観戦となるとまだまだ腰が重い。

漏れ伝わる事象は下記の通り

「こんなに面白いと思わなかった。次回ホームゲームはもう予定入れてしまった・・・残念」

「毎週行くのは少し周りの目が気になる。」


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


カマタマ病が重度まで進行している我らには

レプユニかってカマタマ手帳を保持している重症患者には

想像できない思考であるが

これがまっとうな市民の感覚の様である(笑)

しかしこれまで苦戦した

「今週行ったから・・もうしばらくいいやろ」的な反応とは天と地ほど違う!!

これは間違いない。

「行きたいけど行けない」的な理由に変化してきている。


さらに間が悪い。

今週からアウェイ2連戦

我らとて躊躇する大遠征「山形」

初心者ではハードル高い「山口」

自宅観戦アプリのダゾーンの認知度はまだまだ低い

街中で公式のPVもない。

二十日にまんのう公園でサッカースクールがあるが万人向けではないだろう。



正直、観戦歴3回に壁がある。

観戦を1回お招きするのはたやすい。

2回来場させるのはちょっとした工夫があればいい。

しかし3回目は

「お招き」「工夫」に加えて本人の欲求がある程度ないと難しい。

ここをどう乗り切るかである。

もう押し付けるぐらいでいいのかもしれん。

「いや、お前が来ると無敗やから何とか頼む」と神がかり的な理由をこじつけて

勢いで召喚してもいいだろう。


結果3回以上観戦を経験しすると

この辺りから化学変化が起こる。

もうMYクラブと認識している。

これまでの認識=「遠く丸亀でやってるサッカー」が

「今日もカマタマはホームで戦ってる!!」となる。

注目頻度・熱がまるで違う。

ライトサポーターの誕生である。

その時には観戦事情にも精通しているので

スタジアムへ足運ぶことにはストレスがない。

駐車場の位置、

チケットの券種、ゲートの位置、

スタグルの規模やメニュー、

スタジアム内の施設など

もう初来場者を案内できるレベルまで知識がある。

その後ヘビーユーザー化しなくても

とても好意的なコンテンツとして認識してくれるライトサポの誕生である。


みんな、無限にいつまでもお誘い活動しなくてもいいと思う。

申し訳ないが

「1人が1人新規連れて来たらスタジアムのお客さんは倍になります」的な

カマタマ本社の理論はもはや承服しかねる

すでに何度も、何年もやってきたよ。その活動は。


今は新規に1シーズン3回来てもらう事目指そう。

3回までは責任もって押し付け介添人していいいと思う。

しかしお誘いしている方が楽しくなくなっては大変だ。

そのあとはみんな自由でいいと思う。

巷に流れる根も葉もないデマに

多くの人が来場を阻まれてしまう。

そんな事象のみ憂う。

3回来て風評どおりの感想ならそれでもいい。

恐らくそうならないだろう。

正しい認識が広がるだけでも新たな観客増につながる。


みんな3回まで頑張ろう

そして「3回来てくれた人」を今シーズン何人確保できたか。

これが観客動員の目安だと思う。

大丈夫

カマタマーレは間違いなく「人を魅了するコンテンツ」である

チケット1500円が高いとは思われることはない。

それぐらいのサッカーをここまでしているのだ。

ここだけは信じて自信を持ってきてもらおう。


大丈夫。

もうすぐ満員になる

ピカスタで夢見た光景に出合うことできる。

その時までもう少しです。



IMG_8090.jpg

昨年セレッソ戦で出現した光景。満員のスタジアム。


カマタマーレのブログたくさんあります!!

色々な角度からカマタマーレが語られてます。

ぜひのぞいてみてくださいね!!



にほんブログ村



ボランティア登録はこちらから

下記のアドレスに「からメール」を送信してください。

アドレス  35934711@ra9.jp

案内のwebアドレスがおくられてきます。

そのWEBサイトよりご登録ください。

たくさんお方のご登録よろしくお願いします。

もちろん登録だけしてボラはできる日だけでokです!!!






ムーブメント その2

風邪ひいてしまいました。

仕事はしてますがボーっとしてます(笑)

試合が見れないのがこんなにつらいとは。

改めて私の体の一部ですな・・・カマタマーレは。(笑)

文章変ならスイマセン


当日は遠くからツイッターで戦況を確認していたのです。

そしたらカマサポさんの何人さんかが

バンズ、コッペパン持参でカマコロをサンドして

食べてくれていてた。

その画像を見ました。

とても、とてもおいしそうだった。


私は提案しただけに過ぎず、

行動に移した者こそ

その勇気を称賛されるべきである。


ブームになったら最初に行動した者こそ

「考案した者」として記憶されるべきである。


スタジアムグルメで

新しい楽しみ方を見つけ、

ホントに楽しんで

さらに仲間に拡散して

最後にムーブメントにしたのは

「みなさん」なのである。

是非大ブームになった3年後、

考案者、火付け役として新聞のインタビューを受けてほしいと思う。(笑)


広がれば新たな仲間が現れる

その人たちがさらに楽しく改良して、そして拡散してくれる。

楽しみである。


ジエフ千葉・フクアリスタジアムの名物は

「喜作のソーセージ」

これは使捨プラ容器にソーセージを盛り付けてもらうのでなく

持参したタッパで購入すれば

4割増し(目視によりますが通常10本が14本位になります・・・笑)

のソーセージを盛り付けてくれる。

エコであり、ゴミを出さない事への感謝だそうな。

もちろん購入者はうれしい!!

スタジアム名物ができて主催者もうれしい。

スタグル業者さんはごみが減る、容器コストも減るのでうれしい。

まさに1石2鳥、いや3鳥のアイデア。


ジェフサポはみんな、スタジアムにタッパを持っていく。

それがかれらの連帯感になったり共通の話題になったりした歴史があるのだろう。

今はアウェイサポの名物になったりでとても素晴らしい。


私は毎年千葉にタッパを持っていく。

それを楽しみにしている。

試合は千葉に住む親せきと再会する機会にしている。

その際にみんなでタッパ持参で集まる。


その後、名物サポ433さんが

「タッパにバンズ入れていくのが、・・ホットドックにするのが、最近の流行らしい。」と教えてくれた。

今ではそれも楽しみにしている。

だからブログの紹介は少し千葉さんの影響を受けている。


同じようなムーブメントがほしかったのです。

チャレンジしてくれてありがとう。


以前はカマタマーレグッズの「うどん鉢(架空のグッズ)」持参したら

スタグルうどん屋さんが1,5玉にしてくれるサービスが登場する!!・・・と思っていた。(笑)


コロッケとは思わなかった

わが愛するチームの名前を冠したコロッケ

これからも末永く愛されますように。

o0800045013588247563.jpg
スイマセン。どなたのか存じませんが画像お借りします。  これは「カマコロうどん♡」




あと一つムーブメント来ている。

それは文学の世界

何とカマタマーレを取り上げてくれた

『能町みね子のときめきサッカーうどんサポーター』、略して 能サポ が

「サッカー本大賞2017」の優秀作品にノミネートされた。

この中から最優秀作品が選ばれるようである。

この賞は「フットボール批評」「フットボールサミット」などを発行するカンゼンが主催する。

さすがに大賞は審査員さんが選考するが、

読者賞なるものがあり

これはweb投票で決まる。

是非みんなの力で読者賞が手に入れば素敵である。

投票締め切りは3/21です。

是非このページをクリックして投票してみよう




フットボールチャンネル上では読者の皆さんからの投票を行い、読者賞を決定します!

 読者賞受賞作は3/31の授賞式にて発表されます。皆さん、ぜひ奮って投票下さい。

 投票締め切りは3/21となります






能町みね子先生を応援しましょう!!!


おお・・・ライバルには

ロック総統やら

中村憲剛、、

宇都宮徹壱まで・・・

名だたるサッカコラムニストが目白押し!!

ここでも起こそうジャイアントキリング!!!(笑)




何よりまだ読んでない人は購入してみてください。

今なおカマタマーレで活躍するボランティアさん、スタッフさんが絶妙に描かれ

更には讃岐をJに導いた伝説の男たちも登場し

あの伝説の「生島」での思い出が綴られてます。

JFL時代の思い出に、いやカマタマーレの原点に触れることできます。



これを読んだ文学好きがサッカーに興味をもってくれたら

そこに新しい仲間が増える可能性がある。

文学に興味ある人は、ずっとサッカーと交わらないかと言うとそうでないのだ。

カマタマーレ本社は

サッカー少年やスポーツマン・スポーツウーマンを呼び寄せたいのかもしれないが

それは絵に描いた餅かもしれない。

もう何年のそこの需要をほりさげてチャレンジし続けて効果はもうないと思う。


更には津村記久子先生が

文芸誌 すばる 4月号で昨年最終戦の讃岐千葉戦の観戦記を書いてくれたらしい

アマゾンで買えると思う。この雑誌。

今は架空のクラブの設定で朝日新聞でJ2観戦記を連載中の先生である。

とても面白い。

是非これもご一読あれ。







私たちのブログ村は

少しでも多くの人に讃岐を知ってもらうために

2012シーズン前、サポーターミーティングで「讃岐のたぬき様」が呼びかけ

それに応じた有志で始めた。

まだコアサポさんのサイトもなかった時代だと思う。

この村が

週刊、いや日刊カマタマーレになればいいと思い6年間多くの人が書き綴ってきた

私の好きな言葉

「小さく生んで育ってきた」一つである。

しかしドラッカーが言うように

「小さく生むこと」そして「世界一を目指すこと」は同じミッションで両立する必要がある。

でないと爆発的成功が期待できない。

イノベーションが起こらないのだ。

故に10~20年かかってこのブログ村から「サッカー本大賞」を出そう。

そして最後は「芥川賞」をカマタマーレ文学でこの村から生み出す事を願う。

出来る出来ないでなく「そこ」を目指そう。(笑)


文章好きな人

力を貸してほしい。

どうかまずは小さく生んでほしい。

このブログ村にて想いを綴ってほしい

初めてくる人にその讃岐情熱を分けてあげてほしい


そして最後に誰でもいい、その中のだれかが大いなる文学の高みにのぼれば

その過程で必ず絶大な力をカマタマーレに与えることになる。


いいではないか・・・・カマサポから「先生」誕生しても(笑)

もちろん笑える楽しい作品である方が

みんなもうれしいと思う。



熱にうなされたブログにてご笑読下さい。

コメント返しが遅れてスイマセン。

もう少しお待ちを!!!

_(:□ 」∠)_

ああ・・・・








カマタマーレのブログたくさんあります!!

色々な角度からカマタマーレが語られてます。

ぜひのぞいてみてくださいね!!



にほんブログ村



ボランティア登録はこちらから

「からメール」を送信してください。

アドレス  35934711@ra9.jp

案内のwebアドレスがおくられてきます

たくさんお方のご登録よろしくお願いします。

もちろん登録だけしてできる日だけでokです!!!






すいません。


すいません。

わたくしは明日の試合はお休みします。

最初から最後までいません。

m(__)m


掃除ボラのさんの仕切りは

盛り上げる会代表 泉さんが仕切って下さいます。

安心して下さい。

アウェイゲートのアテンドも別のリーダーさんが

して下さいますので

何時もと同じようにウェルカムボードや

賑わい作ってくれてます。

また、見に来て下さいね。╰(*´︶`*)╯♡



是非、

明日はこの四年間の思いぶつけて来て下さい。

愛媛FCは難敵、

最悪の相性かも知れませんが

大丈夫!!

必ず、必ず道は開けます。

私は

その場に立ち会えないのが残念です。


ああ、

行きたかった。



遠くからダゾーンで応援します。

戦え、カマタマーレサポさん達!!

みなさんの週末が

喜びと楽しさに溢れたものになります様に。


一平くんによろしく〜

T_T



追伸

近日のブログ記事では

たくさんコメントいただきました。

ありがとうございます。

バタバタしてまして、申し訳ない。

必ずお返事書かせていただきますので

もう少し待って下さいね。

「カマコロ」ムーブメントにのれ!!

「予期せぬ成功は爆発的成長の種」



しかし、その兆候は見逃されがち

あるいは無視され

場合によってはイレギュラー事象として警戒さえされてしまう。


残念ながら未来を見通す能力は人間にはない。

しかし過去から学ぶことはできる。

思わぬ成功は本質的に全体の爆発的成功を導くキーワードなのだ。


くどいようだが

クールジャパンの成功は

能や歌舞伎、茶道の紹介に固執せず

マンガやアニメやフィギアのムーブメントを見逃さなかったから

突破口が開けたわけである。




同じ事象がカマタマーレに起こった。

起こったのだ!!

みんな小躍りして喜ぼう!!!


それがコレ!!!

たくさんのカマコロ関連ツイートであふれる。

これは今節開幕戦だけではない。


IMG_8989.png



その前に申し上げておく

カマタマーレは観客であふれるスタジアムをめざし

いろいろな手段、作戦、アプローチ、努力を続けている。

それは称賛に値するし心強い。


しかし、自身のプロ意識から見落とすものもあると思う。

自身の企画したイベントや仕掛けの成果ばかりに気を取られ

それ以外の事象は目に入らない(気が付かない)

あるいは重要性を感じない(無視)

あるいはトラブルの素として警戒したりしてないだろうか。

それはもったいない。

それは経営判断としては間違えなく誤りである。


カマタマーレは開幕戦予期せぬ成功を得た。

それは4800人お観客の事ではない。

「カマコロ」がキックオフを待たず

通常の2倍の量を準備していたにもかかわらず

「売り切れた!!!」と言う事象。

これを真剣に検討すべきである。

もちろん安全対策ではなく

観客動員の起爆剤として検討すべきである。

IMG_8990.png


つまり次節愛媛戦は

「売り切れるおいしさだから必ず食べよう」

「売り切れるから早めに購入しよう」

「売り切れるおいしさだからたくさん購入しよう」

このムーブメントを手にしている。

この深層心理の芽生えを1円もお金を支払わず手に入れた。


この事でカマタマーレの試合を注目させることが必ずできる。

使わない手はない。



例えば集客が弱くなる時期に

スタグルイベントを「大カマコロ祭り」と冠うって

お店に売上補填を約束して1個80円で販売してもらう。

そして「その日の夕飯のおかずまでカマコロを!!」と訴求してはどうだろう。

そして試合見に来ない近隣主婦まで買いに来るくらい盛り上げてしまえばいいのだ。

試合見に来なくてもいい。

試合に来なければ手に入らないことは

そのまま伝播すれば試合を見に行けば食べれるにシフトする。

カマタマーレ応援=カマコロの図式

もうムーブメントになれば「カマタマの試合見てカマコロ食べる」

というルーチンを確立し

それはそのままアウェイサポに対しても訴求効果がある。

(うどん屋におでんもあるから讃岐うどんは最強のように)


コロッケとは各家庭でいろいろ食べ方もある

最もカマコロが引き立つ「ソース選手権」をしてもいいし

醤油、マヨネーズ、ポン酢、タルタルソース、ケチャップ、塩各種並べ

好きなソースで食べてみる。

そして投票。

結果

「やっぱりカマコロさん提供のソースが一番ね」

となればいい。


コラボでの食べ方紹介

コロッケうどんやコロッケパン、コロッケ丼などの食べ方紹介でもいい。

サポさん同士で教えあい、ススメ合い、リリースする。

他のスタグルへの相乗効果もある。


子供向けイベントとして

コロッケへ「ソースでお絵かき選手権」でも楽しい。

それをもう一つのムーブメントであるインスタグラムで

どんどん拡散してもらえばいい




コロッケはつまみにもなる万能さを持ち

家庭的で老若男女が好む味である。

うどんとの相性もいい。



そして革命的にカマコロそのものが「うまい」のだ

このうまさは本物だ。

すでにゼロックス杯で行列ができ

ロアッソ戦で行列ができている

その他すべてのアウェイクラブサポが「行列」を作ってきた

間違えなくブームを巻き起こしつつある。



どうかどうか・・・

「そろそろ行列が危ないし安全配慮で色々規制、制限しなきゃ・・・」とかいう

スーパー愚かな事だけはしないでほしい。


やっとお客さんが来てくれたのだ

そしてそのお客さんが完食するグルメがあり

アントラーズやレッズ、ロアッソサポが「列をなして」購入し

高評価を得たグルメがあるのだ。

IMG_8993.png



このチャンスを逃すのはあまりにも忍びない

私がいま、適当に書き綴るだけでもいくらかイベントとして考えつく。

いや、むしろ大きなイベントとして生まなくていい。

「カマコロデー」と銘打ち、その日だけ50円安いだけでもいいし

年パス掲示したら50円引きでもいい。

3つ買えば1つおまけがつくのでもいい。

その差額をカマタマーレが払えばカマコロ屋さんも損はしないだろう。

TVコマーシャルもいいがその何分の一の経費ではないか。

IMG_8991.png


イメージ戦略

カマタマーレの観戦とカマコロは不可欠のものとして認知され

そこから広がりが生まれてムーブメントになる。

必ずなる。


申し訳ない。私はアウェイゲートにくぎ付けなのでわからなかった

いやもうすでに動き出しているなら、むしろ今更一人で騒いで恥ずかしい。

その場合はご容赦願いたい。


しかし、もし気づいてないか

無視するつもりなら

カマタマスタッフさん

絶対このチャンスはなすな!!!

絶好のチャンス到来に気が付いて!!!!


IMG_8992.png



ツイート無断転載失礼しました。

ここはスンマソン・・・ヽ( ´_`)丿




カマタマーレのブログたくさんあります!!

色々な角度からカマタマーレが語られてます。

ぜひのぞいてみてくださいね!!



にほんブログ村








愛媛戦を前に思う。

2014シーズン対戦成績

2敗

5月18日  0-2 

10月19日 1-2

IMG_2763.jpg

2014年 5月18日

愛媛県での敗戦はシーズントータル2分12敗22位という絶望的な戦況を作り出す。

この夜は明けるのだろうかと思う敗戦だった。


2015年シーズン 対戦成績

1分1敗

7月4日  0-0

9月23日 0-1

IMG_5952.jpg

晩秋のニンスタに響いたサポの叫び

選手・スタッフそしてサポーターには厳しい試練だった。


2016年

1分1敗

4月23日 0-1

IMG_7423.jpg


7月10日 1-1

移籍で獲得したカマタマーレ新型MFの渡邊を投入しても逆転できず。



3シーズンの通算 

2分4敗

総得点 2点

総失点 7点



天敵中の天敵

試合展開も

ロスタイム最後に追いついた「勝ちに等しい引き分け」とか、

ほとんど押込んでフィニッシュのみ問題で「圧倒した・・・」というドローもない。

先制する、あるいは逆転して主導権を奪取した時間はなんと0分。

リードされる展開ばかり記憶に残る。

同点で進んだ時間の記憶はあいまい。

追いかける苦しい時間ばかりが記憶に残る


岡山、徳島でも讃岐は先制やリードした時間帯がある。

これはと盛り上がった時間や記憶ある。

しかし、愛媛だけはない。

愛媛とは何度も私たちに辛酸を舐めさせたクラブである。

昇格時にJコンプレックスがあったなら

その最後の亡霊である。



町田さんは同じくカマタマーレに相性の悪い相手だった。

こちらはJFL時代から続く「歴史的相性の悪さ」だった。

しかし昨年末の10人での勝利、

先日の終了直後まで期待できた逆転劇など

そのイメージを払しょくしつつある。


しかし愛媛は

限りなく最悪な相性のまま膠着している。

前進できない。

われらの脳裏に棘のように突き刺さる。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




新生カマタマーレ

2017シーズンのここまで1分け1敗

大いなる野望。

J1侵攻の為にそろそろ結果がほしい。

もし結果を得れれば

自信・確信を両方手に入れることもできるだろう。

これは前回町田戦同様に

シーズンを戦う「大いなる手ごたえ」となる。

さらなる成長を促す切っ掛けになる。

今節はいきなりシーズンを占う正念場だ。


私はそう思ってる。

降格におびえる新参クラブ時代は終焉したと。

新しいステージで戦っている。

その確証を得るためにピカスタに集まろう。

そして大きなる飛躍に確信を持つために

隣県のライバルを迎え撃とう。


大丈夫

俺たちに「その力」はある!!!

今度こそリードを奪い、愛媛の攻撃を封じる。


夢ではない

夢ではない

掴める



戦え漢達

もちろんかぐわしき女性陣も

戦え、カマタマーレサポーター

自信と確信を手に入れろ!!








カマタマーレのブログたくさんあります!!

色々な角度からカマタマーレが語られてます。

ぜひのぞいてみてくださいね!!



にほんブログ村



ホーム開幕戦 アウェイゲート体験記 航大への愛


IMG_8979.jpg


讃岐の砦への愛

いやかっての砦、かつてのCBへの愛

我らと共に苦しいJFL時代を戦い

Jの洗礼を浴びた時も

一緒に歯を食いしばりながら進んだ男への愛


年末から開幕まで多くのサポの中に大きな「ロス」を作る男。

彼がいない事に寂しさを覚えない者はいないだろう。


そして彼は帰ってきた

我らのホーム開幕戦に

我らの飛躍を阻む要塞として帰ってきた


「ブーイングしてもらえるぐらいの成長した姿を見せたい」

その様な趣旨の発言をしていたが

どうしてそんなことができようか。

と私は思う。

いや、愛と惜別に満ちたブーイングをしてあげたいとも思う。



彼をしたい、憧れる少年が彼への気持ちをつづり

町田サポに想いを託そうと書き記したボード

そこには航大への愛であふれる

最後に

「これからもみなさんと一緒に藤井航大選手を応援していきたいと思います」で

とまとめられていた。

IMG_8978.jpg

するとどうしたことか

85名の町田サポさんより

通りすがりの讃岐サポーターが足を止め

じっとボードに目を落とす。

隣のウェルカムボードに激励を書き込む。

R先生の渾身の開幕町田戦ウェルカムもボードは

今回、航大への寄せ書きの機能を果たす。


通り過ぎるたくさん少年たちが写真を見つけ

「こーだい、こーだい」と叫び

彼との思い出を一生懸命に

ゲートボランティアの私たちに話してくれる


「一緒に試合をした」

「学校で教えてくれた(JFL時代?)」

「スクールで習った。」

「試合の日にサインもらった。」


彼との思い出がどっと噴き出す。


これが航大とカマタマーレの最後の惜別セレモニーかもしれない。

もうすぐ彼ら少年少女の記憶には

新しい選手の活躍が刻まれるだろう。

印象や思いは薄れ、塗り替えられるかもしれない。

悲しいがそれもサッカー選手の宿命

いやサポに愛された故の宿命である。


けれどみんなでこの日、航大との思い出を確認できたこと

嬉しくおもう。

彼への感謝の気持ち新たにする。

そして私は忘れない。

かつて砦と謳われた勇敢なCBがカマタマーレにいた事を。


少年たちが各々ペンをとり

ウェルカムボードにかき出す。

純粋な思いと共に「藤井選手がんばれ」「航大選手がんばれ」の文字

IMG_8985.jpg


勝利の為なら、体を投げ出す

讃岐の砦 オオー 航大




町田の砦に

日本の砦に

そして世界の砦に


藤井航大の未来に「幸」多からんことを!!








カマタマーレのブログたくさんあります!!

色々な角度からカマタマーレが語られてます。

ぜひのぞいてみてくださいね!!



にほんブログ村



ホーム開幕戦体験記 試合前お掃除編



居並ぶ掃除ボランティアの面々

総てがサポーター(いや一部は初参加のボランティアさんだけど・・汗)

カマタマ職員さんでもアルバイト君でもない

間違いなくこの後、

選手と共にこの戦場で戦うカマタマーレサポーター軍団である。


彼らの

開幕戦にかける意気込み

今シーズンの観客増に並々ならぬ決意の表れ

たくさんのお客様の前で試合させてあげたいという「愛」

金曜日のビラ配りに飛び入りで参加してくれた選手たちへの恩返し


様々な思いを胸に集いし掃除ボランティア=サポーター有志

お掃除勇士36名


彼らが掃除したスタジアムには

本日初来場の新規様がたくさん座った

快適な観戦環境でストレスなく楽しんでくれたことと間違いない。


もちろん今日のスリリングな試合展開は

多くのリピーターを呼ぶだろう。

それぐらい今年のカマタマーレは強く、魅力的なのは疑いようがない。

昨日の勝ち点1は

耐えて、耐えて0-0のドローの試合ではない。

先制されたが追いつき、ついには逆転。

しかし、最後の最後の1プレーで同点にされてしまう悲運。


これはサポーターとしては残念なことである。

しかし得点機は2度。

1点目は渾身の同点弾

2点目は執念の逆転弾

悲運の同点劇も

「次は俺たちが勝たせる!!」と言う意気込みがサポさんにスパイスされる。

新規客様にも「次こそは」「また応援したい」と言う想いが

確実に芽生えたと思う。


昨日の盛り上がりがいかほどのものだったか。

WEB上の様々な感想は

ほとんどが(一定の)満足と更なる期待が綴られている

そのように感じる。

アウェイゲート業務しながら戦況に聞き耳立てていた我らにはわかる。

ホーム側の歓声とどよめきが絶えない。昨年とは比較にならない。



その人たちが興奮して楽しんでくれる下地はこの36名の勇者が作った。

彼らの渾身の舞台装置である。

IMG_8967.jpg


彼ら彼女らが磨いた座席が

モップ掛けしたデッキが

掃き掃除した階段が

例え、誰にも知られることがなくても讃岐の応援を強く熱く大きくする。

間違いない。

「盛りあげる会」の呼びかけに応じていただきました皆さん

本当に、本当にありがとうございました。


清掃用具の寄贈などと言う厚かましいお願いにまで応えていただき

本当にありがとうございました。

。゚(゚´Д`゚)゚。感動。


4800人のお客様

この人たちが今週どれだけ来るか・・・・

楽しみでなりません。

素晴らしい答えが用意されている事、願ってやみません。

しかし、またしても2800人だとしても

昨日の4800人に素晴らしい興奮を体験していた事実は変わりません

2年後3年後のカマタマーレの成長に大きなインパクトを残したはずです。

自信持っていきましょう


これからもどぞよろしくお願いします。

いつか満員のピカスタでみんなと応援できる日を

私は夢見ています。

その夢は必ず叶います。皆さんがいてくれる限り。

その献身的な愛がある限り。



皆さんありがとう。そしてお疲れ様でした。





追伸

もちろん町田は強かった

私たちが2011年から追いかけ続けた精鋭クラブである。

町田ゼルビアの今シーズンの健闘をお祈りします。

次回対戦まで壮健なれ。








カマタマーレのブログたくさんあります!!

色々な角度からカマタマーレが語られてます。

ぜひのぞいてみてくださいね!!



にほんブログ村



さぁ、行こう。



昨日夕方、

私の担当のカマタマーレスタッフさんから

おいでまいチケットを受け取る。

これを友人に渡せば、

私の開幕戦動員活動終了。



その足で高松駅まで出て

チラシ配りに参加。

たくさんサポーターさんが

職員さんとチラシ配りをする。

選手が飛び込みで参加してくれた!!

(時間は早くから来てくれていたらしい笑)

おお、なんと心強い。゚(゚´ω`゚)゚。


サポーター、スタッフ、選手が

一体となり集客活動。チラシ配り。

チラシを受け取りるお客様の反応も暖かい。

うん、うん、いい感じ。

参加してくれたお二人の選手

本当に本当にありがとう。

とても心強かったです。

いつかかならずピカスタを満員にしてみせます。

それまでもう少し我慢してくださいね。

けど一緒に出来て嬉しかったです。




さぁ、これで思い残す事ありません。

胸はって当日むかえれます。

私の周知活動もこれにて終了。


最後のリターン活動頑張るのみ

ゲートボランティア頑張ります。

スタンド清掃頑張ります。


さて、スタンド清掃は

色々お問い合わせを頂いてます。

中でも雑巾とデッキブラシの持参、

寄贈の申し出多数。


大変ありがたい。


本当は「こちらでご用意します。心配無用」

と申し上げるべきです。

掃除に来てくれるだけでありがたい。


しかし、正直、たくさん来ていただいた場合と

清掃箇所の増加、鳩のフン具合では

清掃用具たりません。

もし、雑巾かデッキブラシを持参いただける方は

そうしていただけるならありがたい。

勿論そのまま寄贈して頂いてもありがたいし

お持ち帰り頂いてもかまいません。


大変厚かましくてすいません。

けれどうちのボランティアは

全て準備してますのでお集まり下さいという

パブリックなボランティアではありません。

サポーターが自主的に考え行動する

天然な野生のボランティア。

「あーあそこ汚れてるわーみんなブラシと雑巾持って集合〜(笑)」

が理想だと考えてます。

なぜならパブリック型はカマタマーレ職員さんの

貴重な時間を奪います。

カマタマーレの大切なお金を消費します。


ボランティアが天然野生の活動をしている。

ボランティアが列整理や手荷物検査をする。

これがカマタマーレが低予算でも強く

そして財政が健全に保たれている証で源なのです。

私は多分そうなのではないかと思ってます。(笑)

上げ膳据膳のカマタマーレの方が

ちょー心配。( ´Д`)y━・~~(笑)



だから厚かましくお願いします。

持って来れる方だけでいいから

よければ雑巾かデッキブラシ、

楽しみたい方は

可愛いシールや

面白い布地に

開幕バージョン雑巾でお持ち頂いたら楽しい。

みんなで思い切り楽しみましょー。

お掃除も開幕戦イベント

みんな、楽しめ〜




では明日9:15分にお会いしましょ〜








カマタマーレのブログたくさんあります!!

色々な角度からカマタマーレが語られてます。

ぜひのぞいてみてくださいね!!



にほんブログ村



ピカピカスタジアム大作戦!!!

IMG_8549.jpg


本日下記のメールが配信されています。





町田戦のスタンド清掃についてお知らせします。

日時:3月5日(日) 9:15~10:00
集合場所:正面玄関
清掃予定箇所:メインスタンド


スポンサー各社にも招待券が配付されているようで、メイン側にも初めてのお客様が多いと思います。
汚れが多く残っている箇所もあるかと思いますので、できる限り多くの皆さんのご協力をお願いいたします。




盛り上げる会の方が試合前清掃やチラシ配りの参加者募集を

このメールでアナウンスしてくれます。

まぁ、お知らせ文章の前後で宣伝バナーが付いてきますが

無料で使えるのでそこはご容赦ください。

登録は簡単

まずはこのアドレスに何も文章を打ち込まず

「からメール」を送信してください。

アドレス  35934711@ra9.jp


すると返信メールが届き

メーリングリストへの参加手続きページのアドレスが通知されます。

メールからWEB上の登録ページへクリックして移動

移動先のページがコレ

無題

ここでアドレスを登録

お名前を記載していただければ終了です。

アドレスとお名前の守秘義務・個人情報管理はメーリングリスト運営会社が行っています。

これ以後はご指定のアドレスに

ボランティアと盛り上げる会の情報が届きます。



もちろん参加できるイベントだけきてくれればうれしいですし

総て不参加でも大丈夫。無問題です。

出席とってませんから(笑)

この手の登録が苦手な方、心配な方は登録しなくても大丈夫です。

私のブログでも可能な限りリリースします。

もちろん、私もすべて参加しているわけではありません。

1月間のうち例え5つ案内あれば

参加するのは1つぐらい??多くても2つです。(笑)

IMG_8108.jpg


まぁ、いつどこでボランティアさん、盛り上げる会が動いているのかがわかるし

ご自身がピンポイントで参加したい時の情報源としてお使い頂ければ幸いです。

「なぜうちのMLを使わん!!」的なIT企業へお勤めの方の提案も大歓迎です(笑)


さて肝心の清掃ですが

事前に私がつかみました事前清掃状況は下記の通りです

① 丸亀ハーフマラソンの際にスタジアム清掃を一通り行ったらしい

② 今日(木曜日)清掃業者が入りスタンド・コンコース内清掃を行っているらしい

③ 土曜日はピカスタ職員による清掃が行われるらしい

つまり開幕戦お掃除ボランティア隊は

3月間分のハトのフンと格闘する栄誉はいただけないそうです。


ああ・・・・よかった。(=∀=)


しかし、事前業者さんと職員さんには限界があります。

ハトは清掃後もお構いなしに糞をしますし

どこに座るか、

お客さんはなにが気になるか

・・と言ったポイントはサポさん目線が必要かと思います。

また盛り上げる会代表「泉さん」のメールにも

「スポンサー各社にも招待券が配付されているようで、

メイン側にも初めてのお客様が多いと思います。」

「汚れが多く残っている箇所もあるかと思いますので、

できる限り多くの皆さんのご協力をお願いいたします。」

とあります。

IMG_7922.jpg
IMG_7025.jpg


このお掃除が更なる節

北四国決戦「愛媛戦」へのリターンの数を左右するかもしれません。

いやいや今シーズン通しての観客数に影響するかもしれません。


勝負どころです。


是非たくさんの手でお掃除できれば楽しいです。

時間も丁度45分。

短時間で神速で行います。

もちろん途中参加、途中離脱OK!!

メインは2Fスタンド及びそこにつながる階段が担当エリアです。


たくさんの方の来援を!!!

よろしくよろしくお願いいたします!!

清掃イベントは

伝説のレジェンドCB 波夛野 寛運営担当さんの

感謝のあいさつがあるそうです。

(試合準備状況により実現しない場合がございます。その時は許してね~~)

サインほしい人はもらってくださいね(笑)


たくさんのご参加

たくさんの新規登録

お待ちしております~~~

開幕戦

文字通りピカピカスタジアムにして盛り上がりましょう~~


いよいよ開幕です

掃除もボランティアもサポーターも

全部全開で楽しみつくしてくださいね~~~~


IMG_8364.jpg

IMG_8408.jpg





カマタマーレのブログたくさんあります!!

色々な角度からカマタマーレが語られてます。

ぜひのぞいてみてくださいね!!



にほんブログ村



みんなの力で

さぁ!!いよいよ開幕!!

皆さん存分に楽しんでください

この日のために100日間も風雪に耐え待ったのです。

そして現場が本気で狙うなら

私は本気で信じます

今期の最終順位は6位以内です。

プレーオフ出場です。


さぁ、カマタマーレを知らない人々よ

笑いたければ笑え!!!!!

しかし私は100%信じる

今年は6位

私はプレーオフを目指して闘う、応援すると。



そしてそうあり続けるには

フロントもサポーターも成長しなければなりません。

6位は一回の花火ではいけないのです。


そのためにまずは観客動員のupが絶対ほしい

これが大事な課題です。


選択と集中で観客動員を考えれば

柱はシンプルに3つ

周知、動員、リターン

そして開幕まであと4日に迫ったこの時期は

最終段階が周知と動員です。

おそらくカマタマーレは1月からずっと

スポンサー中心に動員をかけているでしょう。

私の様な小さなスポンサーでも10枚最高でスポンサー招待券が準備されています。

香川県を代表するような企業に

相当数の「おいでまい」作戦が実施されているものと推察します。


その選から離れている人には「周知」

いつ、どこで、どこと戦うのか

これを常に目に触れる場所に置く作業が必要です。

これはポスター貼りであり、チラシ配り

多くのサポーターが2月に入りポスターやチラシを配った

中にはお手製のチラシまで配った。

県下の公立学校には一斉に開幕戦のチラシも配布されたと聞いてます。

ポスターはそれこそ多くのサポーターが

一件一件足で歩いて掲載依頼をしてくれました。

いまサポーターの生活圏にはカマタマーレのポスターであふれています。

一つ一つ積み上げてきました。

ポスターなんかはシーズン通して目に触れるでしょう。

本当にみなさんご苦労様でした。


是非最後の仕上げで余力のある方は

あすから開催が予定されている。

チラシ配りとポスター貼りを楽しみに行ってください。

もちろんどれか一つでいい

参加しなくても問題なし

ただ「楽しめそう!!」と思うものに参加してください。



そしてリターン

これは動員で来てくれた人

チラシみて来てくれた人

ポスターみて来てくれた人

サポさんが誘ってきたくれた人

総てのはじめての方に

「また来たい!!!」と思っていただく活動です。

これはサポさんの出番は最後。

「こんなに気持ちいいとは思わなかった。また来たい!!」を。

この「気持ちいい」の部分を作る。

汚れたゴミだらけのスタンドでは

ピッチでどんなに素晴らしい戦いを繰りひろげても

選手が頑張っても

すべて水泡に帰すると思います。



みなさん・・・手を貸してください

ピカスタを開幕直前に

まさにぴかぴかにします。

今年もやります

試合前清掃ボランティア。

基本キックオフ3時間45分前集合。

45分間 メインスタンド2Fの清掃

戦う相手はちりチリと埃とゴミとハトのフン

必ず45分で終了

途中参加、途中抜けok!!

これが試合前の強敵なのです。

少数の勇者では戦えないのです。

大部隊でやりましょう~~!!


ただ、ひとつだけお約束

清掃は義務でも責任でもありません

スタジアム清掃を「楽しめる」カマタマーレ大好き人大募集!!

私も楽しんで清掃したいと思います。





最後に本田宗一郎さんお言葉を



img_4.jpg




カマタマーレのブログたくさんあります!!

色々な角度からカマタマーレが語られてます。

ぜひのぞいてみてくださいね!!



にほんブログ村



プロフィール

がくお 

Author:がくお 








2017年 チャント集

2017 カマタマーレ 選手チャント
2017 カマタマーレ 選手チャント posted by (C)がくお

2017 カマタマーレ チームチャント
2017 カマタマーレ チームチャント posted by (C)がくお

ブログサブタイトル 

2017 J1侵攻編

カマタマーレ讃岐公式ホームページ
コチラから


2013年6月30日以前のブログはこちらです
とあるサポーターへの追憶~カマタマーレサポーター日記~


にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 



小学生では水泳を習ってました。水泳の脚力アップにサッカーを習いましたがむしろサッカーの魅力に取りつかれました。しかし小学校5年生からのスタートはハンデでした。伸び盛りのゴールデンエイジにまだサッカーをはじめていないこと。インターネットなどがなく、今ほど理論的な指導はなく、スクールなどは充実していなかったことなど。何よりその才能はサッカーの神様に愛されているとは到底言い難いものだったこと(泣)。選手としてはMF、DF最後はゴールキーパーとして15歳の試合を最後に(中学総体時)に引退しました。

月日は流れ・・・

その後もサッカーは好きで代表戦やJリーグを中心にサッカーを見ていました。トッププレーヤーのため息が出るほどの美しいプレーを見るたび、自身の才能のなさを嘆くこともありました。なぜサッカーをすることにおいて、サッカーの女神は私を愛してくれなかったのか?(同じ名前なのに鹿島の柴崎君は愛されているようです・・・笑)その答えは40歳を過ぎた時に明らかになる出来事がありました。わが郷土にJリーグを目指して闘い始めたサッカーチームが現れたのです。女神様は競技する才能を私に与えなかった。しかし、それと引き換えに「サッカーを愛する才能」をふんだんに授けてくれたたことに気が付きました。そしてその才能を充分発揮できる宝物も与えてくれました。今、私の才能・・・サッカーを愛する才能・・・のすべては一つのチームに注がれています。そのチームの名前はわが郷土から初めて誕生しようとしているプロサッカーチーム・・・「カマタマーレ讃岐」。このチームとともに神様が与えてくれたミッションを果たすべくすすむ大冒険をブログにつづりたいと思います(笑)

よろしくお願いいたします

(=゚ω゚)ノ


このブログタイトルについて

初めてカマタマーレの試合を観戦した時に目にした古参サポーターさんたちの情熱。とても感動したのを覚えています。それ以後、彼らの熱い思いをいつまでも振り返れるよう、そして自分自身が忘れないようにこのタイトルをつけました。

飛行士業

しかし、モデルとなった原作「とある飛空士への追憶」のようにさわやかなブログには程遠く「暑苦しく、無秩序に取り乱した文章」を書き散らかされております。ご容赦ください。ちなみに筆者イメージも原作とは程遠く「飛空士」というより「低牛」のほうがイメージに合致します(笑)

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 

最新トラックバック

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR