愛媛戦、そして・・・

さて

ホームゲームにかかわらず

カマタマーレ主催試合ではないのでボランティアなし。

という訳で久々の観戦である。

とりわけホーム・ピカスタ・コアサポゾーンは久しぶりである。


ホームで観戦していたのははるか昔なので
(たまにの平日ホーム観戦するのだが仕事の関係でぎりぎりか試合開始後の到着でメインで見たり・・笑)

応援弾幕はり手伝いとか・・・・何時に行けばいいんだろう??

そもそも何時ぐらいにスタジアム行けばいいんだろう??

選手バスってなん時に来るの??

スタグルって何があるの??

B席どこに座ればいいの???

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

\(//∇//)\


我ながら驚く・・・・意外に心細い。

初観戦の心境。

緊張である。

これはこれで今後のお誘い活動の参考になるので

しっかり体験しておこう!!!!(・・・・もはや何かが錯乱している)



純粋に楽しみ

私は渡邊選手や荻野選手をまだホームでは見ていないし

新加入選手のチャントが歌えない。笑

しっかり予習して臨まねばならない。



皆さん、足引っ張らないよう頑張ります。



そして気になる事。

もし

もし

勝ち進んだら・・・・・

ひょっとして・・・・次の対戦は・・・柏レイソル???

昔初めて見たプロサッカーは

旧JFL時代のレイソル対PJMフューチャーズ(事実上のサガン鳥栖の前身)

23年の時を超えてレイソルと

あのスタジアム・・・日立柏サッカー場で再会できるかもしれない。

当時は奥さんは柏に住んでて・・・・

私も23歳で・・・・

まさか4半世紀近く立って郷土のJクラブのサポーターとして

柏に乗り込む日が来るとは・・・・・

その柏レイソルと戦う日が来るとは・・・・・

当時の自分に教えたら変人扱いされるだろうなぁ・・・・笑



久々に柏に行きたい

え・・・・

9月22日は祭日!!!!!(((o(*゚▽゚*)o)))

おお!!!!


あれ・・・・9月18日はベルディ戦・・・で味西フィ・・・・・中2日で東京とんぼ返り・・・・

だ、だ、だめじゃん!!!!!!!!

( ゚Д゚)キャァァァァァァァァァァァァァァァァ!!!!!



けど行きたい

けど行きたい




ウィキペディアさん写真お借りします

ウィキペディアより日立柏サッカー場

hitatikasiwasaltuka-jyou.jpg


追伸
対戦相手が奈良クラブさんでももちろん楽しみである。
柏で讃岐が奈良と戦う(笑)

これはこれですごくワクワクする。
天皇杯はやはり楽しい。










カマタマーレのブログたくさんあります!!

色々な角度からカマタマーレが語られてます。

ぜひのぞいてみてくださいね!!



にほんブログ村



登校日みたいなもんか?



多分、

勝負師のあの人は天皇杯を簡単に負けて

リーグ戦の方で「実」をとるなんて

そんな器用なことは出来ない。(笑)


基本、敗戦直後に感情を持て余している光景を

なんども見てきた。

われらの指揮官は

相当の「負けず嫌い」である。(笑)



しかし、一方でしたたかな戦略家でもある。

カマタマーレの成長プランに

足踏みは認めても

絶対後退はさせない考えの様にみえる。




結果、

リーグ戦を見据えた天皇杯の挑戦

…であることは共通認識。

「なにを当たり前の事を」

とお思いになるかもしれない(笑)




しかし、ほぼベスメンと言われた今治戦。

ある程度「主力」を特に「ベテラン」を

休ませる戦いと思われた今治戦。

結構使ったよ、主力でベテラン∑(゚Д゚)


何か戦略があるのかしら…



こんなことを考えた。

二節トータルで「対愛媛」戦略。

両方勝ち、

尚、ここ迄のシーズン疲労を抜く方策。


どっちか捨ててしまえは楽やと思うし

その場合は「疲労軽減」をとるのが普通だが

みんなで夏休みをとるには

やっぱり今治は危険な相手。

倒したとして大幅に入れ替えた2回戦に敗れれば

愛媛FCに変なコンプレックスが

うまれるかもしれない。


ということで

あえて両方とる「登校日制」だったかも?


愛媛FCが登校日の

木島、馬場、我那覇、清水、岡村

FC今治が登校日の

西、高木、渡邉、永田

どちらかのウィークをしっかり休んで

その後の「金沢戦」に総攻撃。


そしてその選別は相手の特性に応じたものか?

そうなると愛媛戦は

馬場、木島、木島、オカムー

の攻撃隊‼︎

武ちゃんや砂さん、大沢さん、

コーヘーさんやミスターもいる。

エブちゃんは金沢戦有休やから

天皇杯はバリバリ働いてくれるやろー






いろいろ書いた。

あれ?

当たり前の事やった(笑)



せっかく書いたから残しとこう

( ̄◇ ̄;)

読んでくれた方すいません

m(_ _)m










カマタマーレのブログたくさんあります!!

色々な角度からカマタマーレが語られてます。

ぜひのぞいてみてくださいね!!



にほんブログ村



とあるサポーターの今治戦体験記

やんごとなき仕事につき

前日の土曜日から無線封鎖状態。


8月28日 午後5:00 無線封鎖解除

5:15分 スマホにかみつくように途中経過確認

 0-0  

ここで少し考える

???

通常前半終わって 0-0 なら

カマタマーレの作戦は功を奏し今治を完全に術中に誘い込んでいると

自信を持って言える・・・(・Д・)ノ

しかし・・・

いやいや・・・相手は岡ちゃんがいるとはいえ3つ下のカテゴリー・・・・

手こずって、あっちの気迫に手を焼いていて・・・0-0??? Σ(´Д`*)



基本的にこのスマホの文字だけではさっぱりわからん・・・・

この時間から

ここから丸亀に駆け付けても試合は終わってる。

急ぎ帰宅しBSで見よう

最後5分くらい見れるはず!!


急ぎ車に乗り込む

そこで「森川!!!先制!!!!」

の報告が入る!!!!

(((o(*゚▽゚*)o)))


しかし、次の瞬間、誤報と判明

と言うか「なったらいいな~~~」の願い、予言に基づく情報だったらしい(笑)


あ~~~~~~Σ(´Д`*)


・・・・・・・・・・・・・とおもったら同じ情報源から

「大剛FK炸裂!!!!今度は本当!!!」的な速報

ウオオオオオオオアアアアアアアアアアアアアアアアアア\( ‘ω’)/

♪───O(≧∇≦)O────♪

と同時にさらに別方面からも同じ内容

「大剛FKが決まりました!!!」との入電

間違いなく命中弾がある模様。



無線連絡でのみの戦果確認する大昔の戦の様であり

つい最近JFL時代に体験してきた現場実況中継での楽しみ方である。

ああ・・・・懐かしい。




「コアサポ・ツイッターより入電、〇月○○日 PM1:00 南長野運動公園にて

長野パルセイロと会敵した模様。戦況は依然不明」

「先制の報告も誤報の可能性あり、確認作業中」

「先制の事実確認。直後に讃岐も被弾、現在なお一進一退の攻防の模様」

「ツイート・掲示板 連絡なし」

「無線連絡なし」

「・・・・・・・・・・・・・」

「・・・・・・・・・・・・・」

「ぴこーんサイト更新不可。接続過剰の模様」

「何がおこってるんだ・・・・??」

「・・・・・・・・・・・・・」

「・・・・・・・・・・・・・」

無線回復!!現地より入電。

「次々とそばをやけ食いしている写真が・・・・・」

・・・・・ちくしょう・・・負けたか・・・・・・


的な思い出・・・笑

IMG_7624.jpg






その後急いでかえって10分だけ最後の方の試合を見ました。

とにかく勝ててよかった~~~|д゚)チラッ





カマタマーレのブログたくさんあります!!

色々な角度からカマタマーレが語られてます。

ぜひのぞいてみてくださいね!!



にほんブログ村


文化部さんほど

自身が高校時代文化部だったから言う訳でもないが・・・

サッカーの魅力を新鮮に感じてくれる人たちとは文化部出身かもしれない

一見スポーツとは対極にある文化部メンタルのように感じられるが

オリンピックを華やかに彩る開会式、閉会式は文化的なセンスの集合である。

甲子園を盛り上げるのにブラスバンドは欠かせない。

タオマフ・ゲーフラ・フラッグ・コレオグラフなどの盛り上げアイテムは

芸術的センスがなければ盛り上がらない。

すでに文化部的センスと融合しているスポーツイベントは数多くある。


そもそもスポーツも芸術も神様にささげる祈りや精神から発祥しているとすれば

根っこは同じでそれを行う者の棲み分けは

より適性がどちらに傾いているかと言うだけだと思う。


例えば私が合唱部現役OB含めて100人率いて行けば

とんでもなく大声で美しいチャントを奏でられる自信はある。

これで盛り上がったり

名物にして

更なる動員の「よび水」にできる自信はある。


誰かが言っていた。

「カマタマーレのサポーターにはブラスバンド出身者が多く

これだけで試合前の演奏イベントができるほどである」

と。

これも名物になりうる可能性だ。


カマタマーレはもちろんサッカーに興味がある層を中心に

ファン層の拡大を狙う。

もちろん間違っていないのだがそこには必ず限界もあるのも事実だ。

サッカーをすることが好きな人=見るのも好きであることが100%ではない。


芸術とは基本、静寂や室内で生み出される活動である。

しかし、その作品はいろいろな刺激があって更に素晴らしい作品たりえる。

それは感情や力やエネルギーから生まれる歓喜や悲願あるいは奇跡を目撃することで

より一層爆発的で深いものを生み出す力になるのかもしれない。

そしてそんな機会に触れることを芸術を愛している人たちは探し続けているように感じる。


カマタマーレを欲している人はスポーツ好き、サッカー好き意外にたくさんいると思う。

ここを新たなターゲットとしてお誘いしてみるのも一つの可能性を探るいい機会だ。



むかし、熱狂的な競馬ブームを支えたのはギャンブル好きだけではない

サラブレッドに美しさを感じた新しい観客層であり

あるいは競馬の奥深さを疑似体験できるTVゲームのファンたちで支えられていた。

そんな事実もある。


高松高校 書道部 さんのパフォーマンスを拝見して

いままで感じていたことがすっきり整理された。

彼女らは恐らくサッカーをしていた人たちはいないだろう。

カマタマーレを見に来た人たちすらいないかもしれない。


しかし彼女らの表現するパフォーマンスは

我らサポーターや応援歌を歌う藤岡友香 さんの想いを

みごとに可視化した素晴らしいものである。


彼女らに感謝したい。

私たちが香川県民に伝えたかったのは

まさにこの言葉なのだ。




追伸

彼女らには何かお礼したい気持ちでいっぱいである。

何か考えねば・・・・笑



カマタマーレのブログたくさんあります!!

色々な角度からカマタマーレが語られてます。

ぜひのぞいてみてくださいね!!



にほんブログ村


うりきれ!!??


ブログで

自身で

「お値打ち」と発言している以上

こうなることは想定されたはずなのに・・・・

のんびり「今晩にでも申し込もう~~~~」

とか油断するからこうなる・・・・・・

○| ̄|_

この遠征・・・自力で企画せにゃ・・・

(T_T)


幸いジェットスターはまだ空いているので

おデブな体を小さくしてLCCに搭乗するしかないかぁ…


ああああああぁあぁぁぁぁああああああ

失敗・・・・・

ぅ(@゚Д゚)@。Д。)わぁぁぁ~~~~ッ!!!!!!






追伸

こうなったら意地でも「味フィ西」たどり着いて見せる・・・・・

生き別れでない方の弟のアパートにでも泊めてもらってもらおうかしら・・・笑

(´;ω;`)





カマタマーレのブログたくさんあります!!

色々な角度からカマタマーレが語られてます。

ぜひのぞいてみてくださいね!!



にほんブログ村


お値打ちだと思います・・・ヴェルディ戦ツアー

カマタマーレ讃岐 VS 東京ヴェルディのアウェイ観戦ツアー

出発  9月18日(日) ANA532便 7:35 高松空港 フライト

到着後試合会場まではフリー

試合開始     16:00キックオフ

場所   味の素フィールド西が丘

試合後 品川のホテルに宿泊

翌日19日は羽田の集合時間までフリー

帰路  羽田空港 16:30分集合 ANA537便 17:30フライト 高松着18:45

お値段   大 人 / 小 人 35,000円 (税込) 



歴戦の遠征サポさんの評価は聞いてはいないが

私の様なめんどくさがりで

時刻表や宿の予約に無頓着・不得手な人間には

とても、とてもありがたい。



連休中ではあるのだが私の移動交通手段では

現時点での最安値に感じる

株主優待を使っても17000円弱の片道飛行機の料金

日帰り往復で33000円くらいかかる。

朝ごはんや宿をプラスすればば軽く40000円オーバーですな・・・

このツアーは

「航空券代、ホテル代(2名1室 朝食付き)のみ含む。

オプションプランで観戦チケット(ビジター自由席)の手配が可能」

という訳である。

また申込書に記入後、お金を振り込めば終了という手がるさもうれしい。

そして自由度が高い!!!

当日はスタジアムには任意の時間に到着できる。

当日夕食は任意なのでどこへでも可能。

翌日は午前中から集合までは観光可能。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

まぁ、家族でとなると×4人と名になる

それはまた別の話かもしれない。

車の方はそりゃ安い!!

みんなでいっしょに旅して楽しい!!

これも素敵なアウェイツーリズム。


しかし

私の様な一人遠征、

あるいは夫婦、

又は友人別々会計のサポーターなら

これは相当お値打ちプランだと思うのです。

企画までの手間や時間を省略できるという意味においても。


JFL時代恋い焦がれました

「公式のツアーがあればどんなに嬉しいか」って

公式ツアーにフル参戦ではない私ですが

やはり、J2昇格の幸せを感じます。

東武トップツアーズ様 

大川観光様

ANA(株)高松支店様

本当に本当に

ありがとうございます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ここは意地でも催行中止を防ぎたい・・・

今日さっそく家族に打診してみよう!!!



「あのぉ・・・・その・・・」 (*´ω`)┛

「なに!?またカマタマ!??」 Σ(´Д`*)

「はい・・・かくかく云々・・・・・・」 Σ( ̄。 ̄ノ)ノ

「連休中に一人で・・・1泊!!!!ふ~ん・・・」 (*`皿´*)ノ

「かくかく云々・・・・ 汗・・汗・・汗・・・あせ」 |д゚)チラッ


絶対に負けられない戦いがココにもある!!!!!

m9(゜д゜)っ


そして締切迫る!!!

みんな!!!いそげぇぇぇええええ!!!!!

一緒に行きましょう~~~~!!!!!

■ 募集締切日

8月25日(木)17時まで




昨年のヴェルディ戦風景

IMG_5641.jpg

IMG_5638.jpg

IMG_5637.jpg

今年のヴェルディ戦試合会場は「味スタ」ではありません。

いわゆる「味フィ西」

味の素フィールド西が丘です。

カマタマーレはJ昇格後は初でしょうか・・・・

キャプテン翼でおなじみ

ある意味少年サッカーの聖地ですねぇ。

大学サッカーの聖地でもあるようです。

いや、日本サッカーの母なるスタジアムかもしれません。


好いスタジアムだ・・・・・



味フィ西・・・

国立西が丘サッカー場












カマタマーレのブログたくさんあります!!

色々な角度からカマタマーレが語られてます。

ぜひのぞいてみてくださいね!!



にほんブログ村


退却戦を戦う皆さんへ

観戦に慣れた歴戦のサポさんが

水戸からの帰還に苦労している

もはや観戦率がレジェンドクラスの皆勤サポ443さんが

「飛行機止まったぁあああ~~~」

「今、新幹線・・・明日飛行場に車取りにいかな…」

とか続々と退却戦の苦戦模様が実況されてくる。


本当にお疲れ様・・・

本当にありがとうございます。

昨日の試合はTV観戦の僕らですら疲労困憊

がっくり肩を落として今日を過ごしているのに

現地観戦した遠征サポさん達は

更に待ち構える苦難と戦いつつ

台風と勇敢に戦いつつ

帰還してくる。

総ての今節の遠征カマタマーレサポさん、

無限の敬意と

心からのねぎらいを送ります。

まずは無事に

無事に返ってくるまでがアウェイ遠征です。


*・・・・ちなみに433さんはそれでも帰還予定が

1時間しか狂っていないそうです・・・すげぇ!!(゚△゚;ノ)ノ


車組の方たちもお疲れ様でした。

仕事が終わったら

今日はゆっくり休んでくださいね。


現地在住の皆さんへ

みなさんの援軍が私たちをさらにパワーアップさせてくれます。

住んでいる所は離れていても

僕らは立派な家族です。

これからも応援よろしくお願いいたします。

深夜の帰宅になったと思いますので今日はゆっくりお休みくださいね。

そしてエネルギーが満タンになったら今度はヴェルディ戦で合流いたしましょう!!!



退却戦をみんな無事帰還したのを確認したら

秋の大反撃を期待しつつ

しばし、夏のリーグ戦中断を私は過ごすことといたします。

連勝あり、連敗あり、ダービーあり

ロスタイム被弾あり、台風あり

ジェットコースターのような夏が

いよいよ最終盤です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

しかし・・・

戦いが終わったわけではありません

この夏の最後は

最後のボスキャラは  

岡田 武史 監督

彼と戦わねばなりません。


勢いに乗るFC今治

選手は若く

サポーターは勢いを持って挑んでくるはずです。


受けてたっちゃるわぁぁぁぁぁああああああああ!!!!!!

うちほどJFL時代や昇格後の地獄を戦い抜いてきた

J2クラブはないと自負してます。


これも今からわくわくです。

今度はホームです

みんな!!ありったけのパワーをピカスタに!!

灼熱の16:00キックオフ

昔、昔・・・JFL時代に開催していた時間です。

恐るるに足りん!!!!

(o゚□゚)o≪≪≪ワアァァァァァァッ!!



今治さん

うちはタフですよ・・・(-∀-)



IMG_2865.jpg






カマタマーレのブログたくさんあります!!

色々な角度からカマタマーレが語られてます。

ぜひのぞいてみてくださいね!!



にほんブログ村


うちわとその他いろいろと・・・




今年も作っていただいた

もし裏に私の事務所の名前が入っているうちわなら

ご持参いただいた方

無料年金相談か労働相談いたします(笑)



意識朦朧とする暑さ

文章構成する力はないので

つれづれなるままに書き綴ります・・・



今の心境は水戸戦も気になるが

その後の今治戦も気になる

北野 VS 岡田

これ結構気になる。

僕にとってはドリームマッチだ。

ウイイレとかゲーム上でなら可能だが

リアルな世界では

カマタマーレのカテゴリーが上がる

10年後ぐらいでなければ実現しなかぅただろう。


もちろん選手が戦うんだけど

その選手の特性を駆使した戦略のぶつかり合いを堪能したい

共に智将の指揮官どうしの戦い。


なぜこんなに気になるのかと言うと・・・・

もしかしたら

もしかしたら

カマタマーレから出る最初の「日本フル代表」は

監督 北野 誠だってあり得る。


夢物語??

いやいや、わたしはいたって真面目です。


securedownload[1]


「能サポ」を読んだ方が「一度カマタマーレを見に行きたい」的なツイート

嬉しいじゃないですか!!

不躾な感じの謎のおじさんがスイマセンな感じで

恐る恐るリプライ・・・笑

試合日程のWEBページとオススメの試合を紹介。


見に来てくれたらうれしいなぁ~~

カズがくるかもしれない横浜FC戦をオススメしました。



それと共にカマタマーレの周知・集客活動に一助いただきました

能町みね子先生に感謝感謝です。

正式な本のタイトルは

「能町みね子のときめきサッカーうどんサポーター」です。

是非、お近くの書店あるいはamazonなんかでお買い求めください。

とてお面白い

そして懐かしい

カマタマーレを取り巻く雰囲気がとてもいい感じに紹介されています。



ああ・・・できる事なら

スタジアムで書籍をボランティで販売したい!!・・・・ぐらいである。

先生のサイン会とかしてみたい!!!

きてくれないかなぁ・・・

ピカスタに・・・・



以上

つれづれなるままに・・・・・・笑















カマタマーレのブログたくさんあります!!

色々な角度からカマタマーレが語られてます。

ぜひのぞいてみてくださいね!!



にほんブログ村


万が一・・・ね

昨日のブログは

しばらくアウェイいけない私が書くのも変かなぁ・・・

・・・とか後から思いました。


が・・・

まぁ、夏休みだし旅行も兼ねてアウェイに行く方の

何かきっかけになればもうとてもうれしいので削除せず置いておこうかと・・・笑



さてさて今節は水戸戦。

土曜開催なら、

あるいはキックオフがもう少し早ければ(これは夏なのでムリ・・・笑)、

弾丸ツアーを敢行したのですがねぇ。


一応月曜日の朝には必ず高松には存在していないといけないので・・・・・

ヽ(`ω´*)ノ彡☆

ヽ(`ω´*)ノ彡☆

ヽ(`ω´*)ノ彡☆

ε=ε=(怒゚Д゚)ノ

あ~~~~行きたい!!!!!!!


はぁ・・・・すっきりした。



現地に万が一よく似た生き別れの弟現れたら仲良くしてあげてくださいね。

(*`皿´*)ノ (*`皿´*)ノ (*`皿´*)ノ

万が一・・・万が一ね・・・・

IMG_3858.jpg

IMG_3848.jpg

IMG_3863.jpg




カマタマーレのブログたくさんあります!!

色々な角度からカマタマーレが語られてます。

ぜひのぞいてみてくださいね!!



にほんブログ村


血が濃いなら

アウェイ・セレッソ戦キックオフ前

長居スタジアム喫煙所でとあるサポーターさんが発した言葉。

すごく私の心に響いた。


その言葉は、「血が濃い」


前の週はホームゲームでついに2000人を割り込む動員、1924名。

観客動員的には危機的状況である。

サポーター・スタッフ・ボランティア全員に落胆と焦燥が入り混じった前節。


しかし長居に駆け付けた讃岐サポーターは1000人を超える。

セレッソさんのゲートスタッフに入場数を教えていただいた。

これは驚くべき数字

単純に書けば

1000/1924・・・というとてつもない数字である。


アウェイセレッソ戦のスタジアム風景
IMG_7709.jpg


瀬戸大橋ダービー第2ラウンドのCスタアウェイゲームは

1300とも1500ともいわれている讃岐のアウェイ動員である。

とすればここでも前節対比は50%である。


ピカスタホームのダービーでは

私が最後に確認したアウェイ・ゲートカウンターは

岡山サポさんの来場数は1800人オーバーと記憶する。

メインにはまだ200名以上岡山サポさんがいたと思われる。

合計2000名は軽く超えていたのではないかと思う。


しかし岡山さんは分母がでかい

1万人分の2000人オーバー=20%強


いろいろ単純比較できないのは重々承知。

そして岡山さんが「どうのこうの」という話ではない。

しかし、讃岐は近隣アウェイにおいて

50%を悠々と超える「遠征参加率」を誇っているのである。


しかも声がでかい。

この映像はけっこう誇らしい。

2015年・・・昨年の風景だが

オーバーザレインボーに負けない「瀬戸の花嫁」の声量である。


岡山サポさんお借りします




血が濃い



確かに分母(ホーム動員数)はリーグ下位ランクである。

しかしそこに満たされている「郷土愛」は激しく熱い。

血が濃い理由はまちがいなくそこである。

ごく少数のライト新規層が瞬く間に精鋭サポ化していく

それだけカマタマーレは魅力いや・・魔力的なものがあるのかもしれない。



その証拠に

チャントはとても洗練され組織化され統制されている。

相手チームのライト層が試合中

思わず手拍子を合わせたり口ずさんだりすることがあるという。

ヘビー層のサポさんでも耳に残るといわれたことがある。

昇格してきたばかりの山口さんには「美しい」とすら言われた。



アウェイ山口戦のゲート前風景
IMG_7282.jpg




私はそんな讃岐サポーターが

私は無性に誇らしい。

無性にいとおしい。



だから・・・・

こうなったらもっと血を濃くしよう!!!

関東アウェイは総観客の10%をめざし

盛り上がったところで

徳島ヘ

そこへはもう「全軍出撃」の2500名!!!

徳島サポの度肝を抜いて

プライドオブ中四国の戦いに一矢報いたい

勝ちたい。

夢ではない。

今の我らなら「できる!!!」


恐らくそこが今シーズンの天下分け目

伸るか反るか

いや、旋風の最大瞬間風速を記録する時だろう。

今から盛り上げていきましょう!!!




IMG_5247.jpg


追伸

岡山いけなかった泣き言が

今の私を「少し」突き動かしています(笑)

けど・・・・・・

あの盛り上がりもう一回あってもいいですよねぇ~~

荻野君にリベンジの機会あってもいいですよねぇ~~~

岡山で忘れてきた勝ち点はどうやら徳島に届いているようです~~~~~


もし、アウェイに2500人遠征したら・・・

ホホホホホホホ・・・・・・・・(*´~`*)

う~ん

そのスタンド風景・・・見てみたい・・・・・・


多分その後はホームのお客さんも増えますから!!(笑)








カマタマーレのブログたくさんあります!!

色々な角度からカマタマーレが語られてます。

ぜひのぞいてみてくださいね!!



にほんブログ村


還りました

ただいま帰りました。

特殊任務で

WEBが使えない秘密基地に4日間もいました。

(T_T)


ようやく制約が解除されて

かみつくようにスマホを見て

結果を確認して

「あ~~~~ ○| ̄|_ 」

となりました。



けれど

けれど



ダービーはいい試合だったとのコメントが双方WEB上にあり

更に「さぬきの応援は素晴らしかった」との記事も読み

みんなすごいなぁ

・・・と改めて思いました。




ああ・・・一緒に応援したかった・・・・




顧みてこの夏は

7月はホームゲームが多く観戦できません。

8月は仕事上都合などで天皇杯を含めてほぼ観戦できません。


なかなかしんどい夏です。


けど最後の追い込みの

秋のラストスパートに向けて

気力体力温存しておきます。



いま、みなさんのブログや

ツイート、FBを拝見して

自分もそこにいるようにドキドキしています。



ブログ村にはそれぞれの目線でつづられた

たくさんの観戦記であふれています。

これは色々視点を持ったサポーターが

専門性の高い人、ファミリー目線の人、女性、学生、県外在住の方、

コアサポーターさん、後援会さん、写真担当の長老ボランティア様、

その他たくさんの人が

いてくれるからだと思います。

もはや「カマタマーレ新聞」「釜スポ」です。(笑)

毎日読んでいて飽きません。


今回大事な戦いをお休みしたからこそ気が付いたのです。

観戦できなくても

そこで何があったのか、

みんながどんなふうに感じたのか、

その時の気温や天候、試合展開と

そこにいるみんなの息遣いを

ブログ村の熱い記事やツイート・SNSで感じることができます。

知ることができます。


すばらしい!!


ブログやツイート・FBでのシェアは

一つの高度に成熟した

カマタマーレの観戦文化を形成しつつあります。





あと

ホームでは2500人の観客でも

アウェイに1500人遠征する讃岐サポーターを

とてもとても心強く思いました。

そして1万人に負けない統一された大声援を作り出すまでに成長した

讃岐サポーターを誇らしく思います。

「少数だ~少数だ~」・・・・といわれながら

うつむかず、選手を支え、声を出し、励まし続けた3年間の道のりは

とても「意味ある時間」だったのだと思います。

その時間がカマタマーレサポーターを強くたくましくしました。


いつか平均ピカスタ観客数10000人中

常時3000人が遠征する大サポーター軍団になる日も遠くないでしょう。



J1に昇格しようかという隣県クラブ相手に

ダービマッチを堂々と戦い、

12000人の観客の中、1500人遠征して

惜しくも敗れる。

こんなこと5年前には夢にも思いませんでした。





今度、私に岡山戦のお話聞かせてくださいね。

これからもよろしくお願いいたします。


この写真は初めて対戦した瀬戸大橋ダービーの1枚です。
IMG_3226.jpg




にほんブログ村


我が業界も応援して・・・くれてる人多いみたいです。

先日業界の会合があり

カマタマーレに熱心な副会長と私で

会合終了時に署名の呼びかけをさせていただく。


皆さん

「なになに・・・」と言う感じで集まってくれたので

なるべく丁寧に明確に短時間で事情を話す。


今カマタマーレには

専用練習場がないこと

クラブハウスがないこと

故に好成績を収めてもJ1に上れない事。

場合によっては選手は土のグランドで練習することもある事(西部運動公園)

寒い冬でも水のシャワーしか浴びることができない事

などなどお話しして、


故に


東部運動公園の優先使用させてもらえるよう高松市へのお願い

そこにクラブハウスの建設をお願いする署名であることをお伝えする。



おお!!!


会合参加者の中で

納得した方が次々に書いてくれる。

40名程度の会合で20数名の署名

残りの方たちはすでに「別団体」で書いた方が多いみたいだ。


ありがとうございます。

同業の先生方


最後には「頑張ってね」のお言葉。

ハイ全力で頑張ります。


あの~~

今度是非見に来てくださいね

イケメン多いですから・・・

そういうと

「それはいい!!」とのお返事。


あと少しなんですよね

カマタマーレに

好意的な土壌はすでに生成されてる。


観戦に来る切っ掛けを探している感じなのでしょうか・・・・

とかこの署名で感じました。


けどうれしい

香川県の社労士さんは

おおむね「カマタマーレ」に好意的です。

うれしい。


追伸

あくまで会合終了後個人的にお願いしました。

県会の総意ではありません。

県会総力を挙げてバックアップしているわけではありません。

いつかそうなればうれしいけど・・・・



個人的に署名いただいたみなさん

ありがとうございました。

IMG_8126.jpg









カマタマーレのブログたくさんあります!!

色々な角度からカマタマーレが語られてます。

ぜひのぞいてみてくださいね!!



にほんブログ村




アウェイ FC岐阜戦観戦記  迂回して思わず鵜飼みた!!!編



試合終了後

徒歩で駐車場へ

渋滞緩和、健康への配慮

何より試合終了後の

「あーだ、こーだ」タイムを楽しむ。

スタジアムは川のほとりにある

川をさかのぼれば河川敷の駐車場に着く

迷うことがないのでいつも試合終了後はみんなで歩く。

20分程度のウォーキングである。


実はラストワンプレーの状況

得点シーンが「ハンド」との主張があることは

私はこの時点で知ったことである。


更に、スマホ片手で「あーだこーだ(笑)」は盛り上がる。

そのまま居酒屋テンションで楽し好い時間を過ごす。


IMG_8180.jpg


そして岐阜城がきれいに見えるポジションまで来ると

幻想的な屋形船の様なものにかがり火がついており

なにやら宴の声が聞こえる。


そして正面から大きな篝火をたいた船団が近づいてくる。


もしや・・・とみんなで顔を見合わせ

川岸に駆け寄ると

想像通り

かがり火の船に率いられたたくさんの鵜が見える

おお・・・

これが有名な・・・・

IMG_8186.jpg

フラッシュは弱めにした。

お仕事中の動物に刺激を与えてはいけない・・

とお思いこの程度の光量で撮影。


見にくい・・スイマセン。


見上げればライトアップされた岐阜城

何か戦国時代にタイムスリップした気分・・・・

いいねぇ・・・

迂回して鵜飼見れた!!!


得した気分

今度本格的にこれ見に来てもいいかも・・・と思いました。



追伸

養老SAで夕食

やけ食いか??

あれあれ・・・みんないるわ!!!

ユニのままなので一目瞭然

カマタマーレ率高し!!

何食べてるの??とかなにお土産??と会話を交わしながら

楽しく時間を過ごす。


ふと近く位ある自販機で例のとんでもないネーミングの飲料水?!を発見!!

よく・・・このネーミングつけた・・・と感心するやらあきれるやら・・・であるが、

カマタマ戦士だったホリとノグが今いるチームの大スポンサー様であり

彼らのユニの背中部分には燦然とこの商品名が輝いてる以上

敬意と感謝をこめ1本購入


それがコレ!!!

IMG_8189.jpg

普通に自販機で売っているところが素晴らしい

お味はリポビタンDとユンケルとオロナミンCを足しっぱなししたような感じだ(笑)

栄養飲料には違いない。

いま、遠征隊は疲弊している。

これぞ神の恵み、カマタマーレ愛のめぐり合わせ


おいしくいただく。

IMG_8188.jpg





お嬢様、これからもノグとホリのことよろしくお願いいたします。

末永く見守ってあげてくださいね。

彼らはイケメンですからお気にいっていただけると思います。

















カマタマーレのブログたくさんあります!!

色々な角度からカマタマーレが語られてます。

ぜひのぞいてみてくださいね!!



にほんブログ村




アウェイ FC岐阜戦観戦記  暑い・・熱い・・しかし、うまい・・編


スタジアムにクーラーボックスと満載の氷&飲料水持参の黄色い帽子Tさん。

さすが観戦慣れしてる・・・・笑

IMG_8141.jpg


会場入り前から岐阜は尋常でない暑さ。

ああ・・・暑い・・・もはや熱い・・・・

同乗の黄色い帽子Tさんが

誰かのツイートを見て噴き出す。

「今、『岐阜』でWEB検索したら『岐阜燃えちゃう』とか・・・・でるらしい・・・・」



・・・・・という訳で・・・

応援場所を確保した後は

木陰に避難。

みんなで避難。

木陰に入るとさすがに長良川沿いのスタジアム、

いい風が吹き抜ける。


灼熱のエリアと

自然の涼を得れるエリアが隣接している。

なんか不思議だ。


スタジアムの木陰から眺める岐阜城。

城下には長良川が豊富な水量をたたえる。

IMG_8165.jpg



一息ついて買い出し。

「たっぷり水分を買い込む」これが目的。

然し購入した水やコーラは

氷水に付け込まれて

販売されていたにもかかわらず

ちょっと移動すれば、

瞬く間にぬるくなる。

やはり、ここは尋常でない外気温である。

_(:□ 」∠)_

IMG_8149.jpg




そんな買い出しの中、

さりげなく

ふらっと

「かまたま」でおなじみ

アウェイ遠征するピカスタ警備員氏が登場!!!

「おお!!!!こんにちわぁ~~~!!!」


挨拶と会話

「そろそろユニ買ってくださいよ~~」と私

「いや・・サイズないのよ・・・カマタマの人に聞いたら

『ロットがあるから最低でも100部売れないと・・』だそうで・・・」 (つД`)ノ


う~ん。


これだけアウェイ来る警備員さんにはぜひレプユニ着てほしいものである。

カマタマーレにはぜひ少数の需要も拾ってほしい(笑)


ただダイエットをされて「普通のでOK」となるのが早いかもしれないが・・・・



販売される水分の温度はとんでもないことになっていたが

数は充分ある。

つまりスタグルはすごく充実している。


ここはいつも感心する。

いつ来ても何かしら新しい食べ物がある。


ただ暑つすぎて

焼きそばやカレー、から揚げに手が伸びない

他のおいしそうなグルメも同様で

これはメニューやお店のせいではない。

ただ「かき氷が無償に食べたい」

自然環境なだけである。(´Д` )




・・・・と言う事で軽く・・・・

いつものお気に入りグルメを食す。




これ!!

手作りソーセージ

IMG_8153.jpg

この焼きたて手作りソーセージ、

気に入ってます

アウェイ岐阜戦では必ず食べます。

IMG_8152.jpg

ジュわっと溢れる肉汁・・・香ばしくおいしい・・・


次は「飛騨牛」コロッケ

IMG_8158.jpg

「ソースかけずにそのままお召し上がりください」とのこと

うん。。

うまいぃぃいいいいい!!!

ジャガイモのあまみと塩コショウ加減とお肉の味

それがサクッと揚げたてでうまし!!!



あとは黄色い帽子のTさんが

飛騨牛串焼きを1本くれる!!

ああ・・これもうまし!

Tさん、ありがとう!!


IMG_8150.jpg

充実してるよなぁ・・・

岐阜のスタグルは・・・・


結局

・・・しっかり食べてお腹満腹。

大満足の試合前。


一息入れて

ぬるくなったコーラを胃袋に流し込み、

大急ぎでスタンドに戻る。


もうすぐピッチに選手が出てくる時間だ。

時間を察して

自然と木陰から出てくるサポーターさん達。




総員配置につく

さて

行きますか。















カマタマーレのブログたくさんあります!!

色々な角度からカマタマーレが語られてます。

ぜひのぞいてみてくださいね!!



にほんブログ村




被弾

IMG_8177.jpg


後、1分だったか

我ら岐阜遠征隊は今掴んでいる勝ち点3を

はじめて経験できるかもしれない三連勝を

離すまいと必死で叫ぶ。

しかし、そのシーンは残酷に訪れる。

ロスタイムに被弾

同点弾を浴びる。

長居でピカスタで

今シーズンは比較的にロスタイムを味方にし

戦い続けたカマタマーレ。


今日、ロスタイムの魔物は

カマタマーレに牙をむいた。



確かにショックな事実。


しかし、サポーターは直ぐに体制を立て直し

再反撃の開始を告げべく

声張り上げた。

まだ時間がある。

セレッソにも山形にも

ここからは勝ち越した。

その事実が

カマタマーレサポーターを強くしていた。


立派だとおもう。

我がサポーターも逞しくなった。

誇りに思う。


選手が件の失点シーンに強い不満をもっているのが

最後の挨拶でわかる。

しかし、サポーターは選手を慰めいたわる。

「よく走った‼︎」

「次、この借り、丸亀で返そう‼︎」

渾身の死闘の果て

気まぐれなサッカーの女神がチョイスした

シナリオは誰もが受け入れ難い。


しかし、私はあの瞬間、

サポーター、選手が顔をあげ

前を向いて胸を張った瞬間が

とてつもなく愛おしい。


振り向くな。

みんなで顔をあげ

胸を張ろう。


今日はそんな雰囲気のゴールうらだったと

私はおもいます。

皆さん、このエネルギーを丸亀に

もってきて下さいねー


追伸

今養老サービスです
きをつけてかえりますー
(=゚ω゚)ノ





カマタマーレのブログたくさんあります!!

色々な角度からカマタマーレが語られてます。

ぜひのぞいてみてくださいね!!



にほんブログ村

次節は久々にサポーターです。

岐阜遠征部隊に名前を連ねております。

6月19日のロアッソ戦以来のサポーターです。

ああ・・

長かった・・


今日は8月4日

一月半ぶりのフル観戦サポーターです。

好きでやってるボランティアなんで

そこには不満はないけれど

応援することから始まったカマタマーレとのかかわり

やはり原点は駆け付けて応援する事なので

これが枯渇すると元気がなくなります。



岐阜!!ぎふ!!ギフ!!!

ああ・・・

今から楽しみ

みんなで朝から集まって

車に乗って

途中のSAでご飯食べて

スタジアムで名物グルメ食べて

選手を応援して

試合観戦して


皆様にお会いできる事楽しみにしています

もちろんゴール裏です。



カマタマーレサポの特徴

アウェイ参戦数が多い

ホーム1900人で翌週アウェイが1000人とか

もはや誇らしい血の濃さ・・笑


僕らでお祭りを続けましょう。

このシークレットライブ感を

僕らが楽しめばそれに気が付く人がでます。


極端な話

ホーム観戦者は少ないが

同じくらいの人数がアウェイに行ったら…

それは大軍団です!!!

そこで大声で叫び歌う事は

とても素晴らしい事です。

そんな逆転現象が

何かホーム動員の山を動かすかもしれませんねぇ。


参加できる方や

お迷いの方は是非ご一緒しましょう!!


久々参戦の私が語るのは少し変ですが・・・

行けないつらさを味わった人間が勧めるのは矛盾してますが・・・

理屈を超えて今節は大勢で応援したい。


何故ならこの試合でカマタマーレを波に乗せたい。

・・・・・・・

・・・・・・・

いや生々しく書く

今節はこの絶望の降格圏エリアからの脱出ミッションであるから。

そして現在は手負いとはいえ

「岐阜」は過去2年間我らに辛酸を味あわせてくれた天敵だからです。


その彼らと戦い

胸を張って前を向きたいからです。


さぁ、行こう!!!8月の長良川目指して!!!


2014年 カマタマーレのJの旅はここから始まりました
IMG_2280.jpg



IMG_2298.jpg


河川敷に車を置きシャトルバスを利用。見上げると岐阜城。眼下には長良川。
奥に写る山に天守閣が見えます
IMG_4447.jpg




岐阜さん御スタグルはすごくおいしい!!!
岡山さん並みの充実具合!!!!
so-seiji.jpg











カマタマーレのブログたくさんあります!!

色々な角度からカマタマーレが語られてます。

ぜひのぞいてみてくださいね!!



にほんブログ村




アウェイゲート体験記 モンテディオ戦 スタジアム清掃編

「本日の予想観客数が発表されました。3000人を大幅に割り込む見込みです」

「魔法は解けました。通常営業です」

清掃前ミーティング時に

思いっきり明るく

そして自虐的にこの衝撃の事実を伝えることにした。


その心が通じたか「どっ」と吹き出すメンバー

内心は暗かっただろう

悔しかっただろう

しかし

残念なことであるが

受け入れて

明るく前向きに

今日も清掃活動に励んでくれた。

本当にありがたい。



だが

私たちの奮戦も含めた先週のホスピタルで

今週消えた1万人の中で

「二度と来るものか」と思ったひとは皆無だと思う。

ただ今週も来たいと思った人も極小だったのだろう。


今日蒔いた種があす朝芽吹かなくても悲しむことはない。

いつ芽吹いても大切に育てられるよう、

今日も準備を重ねていくだけである。

だから

今日も座席を磨き続ける。

みんなで汗だくになって磨き続ける。


IMG_8102.jpg


先週寄贈されたアイテムのおかげで

充分にいきわたる道具

先週の清掃のおかげでピンポイントの清掃エリア

活動効率はあの日を境に向上している

こういう変化の最後に

「観客増」があるのかもしれない。



連戦で清掃に来てくれた皆さんありがとうございます

みなさんの活動が今まさに何かを芽吹かそうとしています。

これは絶対間違いない。

前に進んでいるのです。



今、メインスタンドのボランティアは

自信を持って2F席へエスコートしてくれてます。

絶大な信頼をしてくれています。

「絶対汚れていない」という安心感は

本当にありがたいとのコメントをいただいています。

そして明らかに目に見える2Fスタンド観戦ファンの増加を

手ごたえを得ているようです。


すべてみなさんのおかげです。


今節は衝撃的な観客数でしたが

1万人の種が一斉に芽吹くときが必ず来ます。

もう少し一緒に頑張ってもらえたらありがたいです。

力不足でゴメンね(T_T)


IMG_8108.jpg



さて、私個人は責任を感じています。

これだけの頑張りにまだ何も報いていないことに

観客増と言う充実感をみなさん今は得られていない事に。


責任の取り方として

ボランティア活動がルーティンでマンネリ化してしまうのを防ぐ・・・・

何か・・・楽しい進化をさせる事出来ないか・・・・・考えています。



う~~~~~~ん


なんかおもろい企画ないかな??

みんなで雑巾がけリレーとか…する????(笑)

いや「お掃除とポケモン捕獲作戦の旅2016」かな・・・・ヽ(´∀`)ノ

企画したら乗ってきてくださいね!!!



ボランティアに参加するすべてのサポーターの皆さんへ

めいいっぱいの感謝をこめて

いつもありがとうございます。














カマタマーレのブログたくさんあります!!

色々な角度からカマタマーレが語られてます。

ぜひのぞいてみてくださいね!!



にほんブログ村




アウェイゲート体験記 モンテディオ山形戦 シミケンさん・山形サポさん



署名いただいている際中

サポさんが

何やら署名用紙にシミケンさんへのメッセージをかき出す。



いやいや

そんなこともあろうかとR先生のウェルカムボードを

スケッチブックで拡張してメッセージボードにしております~~~!!!


そんな感じで伝えると

「えっ!!!そんなん有るの!!!!」

と人が集まってきて

それが絶えず・・・またそれを見た人が

「何々・・・ああ~~!!俺もシミケンにあいさつして帰らねば!!!!」

というようなテンションになり、

みんな書きカキ書きかき・・・・・・

あっという間にいっぱい!!!


中には

「心落ち着かせてぐるっとスタジアム回ってきてから書くから!!!」

と一人メッセージ創作の旅に出る方やら・・・・


もはやシミケンさんは人気者の枠を変えて

祀られているぐらいの雰囲気である。



愛情と愛ある冷やかしで「シミケン・・ぽろり・・・」と書いた方が

試合終了後

「ああ・・・バチがあたったかなぁ・・・・」とまでのたまう。


普通はそんな風には発想はしないので

やっぱり、何か信仰めいたものがあるのだろうか(笑)


恐らくは多大なる感謝

それが昇華して愛情や敬愛になり

少し自虐的な信仰スタイルが形成されているのだと思う。


あのポジションはそもそも「守護神」という神様の名前が代名詞である

よく考えれば我らもすでに拝んでいる(笑)


故に約束した

「みなさんの敬愛する守護神に必ずこのコメントを届けます」と



試合終了後

ボランティア業務終了後

祈るような気持ちで

「シミケンさん・・・バス乗ってませんように・・・・・乗ってませんように・・・」

と念じながらメインバス待ちエリアに駆けつける。


製作者の少年R先生と一緒に

今まさにバスに向かおうとしている

キャプテン・シミケンサン発見!!!


「シミケンさんすいません!!!・・・ぜぇ・・ぜぇ・・・・」

かくかく云々・・・・

すいません・・おどろかしてしまい・・・・などなど・・・


私のつたない説明を聞いていただいた後

少し考え

笑顔でペンをとり

「またあいましょう。」と一言。

そしてその言葉の下にサインを走らせる。

そして

「ありがとうございました」

と「ゲートでの出来事を」伝えに来た

私と少年に感謝の言葉を述べて頂く。

IMG_8121.jpg


こちらはしどろもどろになりながら

感謝の意を返すのが精いっぱい・・・

しかし安堵感があった。



少し放心状態

ハッと気づく

そしてバスの方に歩んでいくシミケンさんを眺める。

IMG_8118.jpg


あの人は独特の雰囲気がある。

改めてあがめられる雰囲気を感じた。


きけば今日は鬼神の活躍だったらしい。


しかも思い入れのある古巣との戦いで

私が割り込む事ができないぐらい熱いものがあったと思う。


我らは試合を見ていないのでそこの配慮ができない・・・・

ずけずけと今日の心境に踏み入ってしまった気がして

すこし後ろめたさはあった。


しかし、アウェイサポさんの気持ちや彼らの愛情を

今、最も近い時間に届けたくて

お疲れとは思うが

見せに行ってしまった。


しかし、私の突然の報告でも

山形サポさんの愛情に感謝のサインをしていただいた。

我らの清水キャプテン

本当にありがとうございました。


そしてシミケンさんにメッセージ書いてくれた

山形サポさん

ありがとうございました。


シミケンさんは喜んでいました。

あのポーカーフェイスの人が滑らかにサインしてました。

「あ・・会いましょう・・・が『会りましょう』・・・にみえないですかねぇ・・・・」

とえらい細かいとこ気にしてくれてましたから(笑)


あれは山形サポさんへの「愛」だとお思います。

間違いない・・・・・笑

私たちもいつか彼にそんな風に思われたい。

そんなサポーターになりたいとお思います。







カマタマーレのブログたくさんあります!!

色々な角度からカマタマーレが語られてます。

ぜひのぞいてみてくださいね!!



にほんブログ村







アウェイゲート体験記 モンテディオ山形戦 J1とは??



「J1ってどんなところですか??」

シミケンさんやうどん談義、練習場署名など様々な話題で

フレンドリーな時間を過ごしつつ

私は一番聞いてみたい質問を口にした。


これは様々な感想もあるし

場合によっては触れてほしくない人もあるかもしれない。

いわゆる不躾な質問と言うやつである。

すると

サポさん達は署名用紙から顔を上げほほえみむ。

そして答える。

「楽しい!!本当に楽しい!!!」

「エレベータークラブと言われようがやっぱりJ1は素晴らしいし・・・すごい!!」

レッズはサポーターがたくさん来る、

アントラーズのスタグルは不満がある、

レイソルスタジアムは意外に狭い

アウェイは絶対J2の方が楽しい!!(えっそうなの!!!Σ( ̄。 ̄ノ)ノ)


・・・・・・などなど昨年の最新の体験をたくさん披露してくれる。

聴いている私たちの方もワクワクする。

行ったことないので当たり前だ。

船乗りから少年が大航海や冒険お話を聞くような感じで・・・

我らもキラキラした顔になっていたかもしれない(笑)


そう彼らは私たちのはるか先を行く。

Jの地方都市クラブ=プロビンチャの先人である。


昇格が遅かった我らにはいろいろお手本となるクラブが多い

山形さんなんかまさにその代表である。


J1から帰還したばかり故

彼らからはJ1の激戦の匂いがする。

巨大クラブと戦いつづけた匂いがする。


署名活動をお願いしたので

そんな話になったのだろう。

「J2で身の丈で・・力蓄えて・・・なんて考えない方がいい!!!」

「例え1年で戻ることになってもその経験がクラブとサポを強く大きくする!!!」

「だから頑張ってクラブハウスと練習場を作ってもらいなよ!!!」

・・・・そういうアドバイスを激励をいただく。

IMG_8111.jpg


ありがとうございます。

先輩のお言葉なら100%の説得力。

我らの汗と涙と努力の先が

ぼろぼろに打ちのめされたJ1体験だったとしても

もうひるみません。

頂点をめざし挑み続けます。

その為に今を戦います。



来場93名様

本当にありがとうございました。

来場者数に苦しむ讃岐にとっては

100名近いアウェイサポさんが山形からお越しになる事は

本当にありがたい。

道中どうかお気をつけて。


そして

たくさんの署名ありがとうございました。

30名もの方々が置き土産として讃岐の練習場整備の署名にお名前を書いて下さいました。

本当に

本当に

ありがとうございました。


これからもJ1で戦う山形さんを見ています。

そしていつかJ1でお会いしましょう。









カマタマーレのブログたくさんあります!!

色々な角度からカマタマーレが語られてます。

ぜひのぞいてみてくださいね!!



にほんブログ村



プロフィール

がく 

Author:がく 








2017年 チャント集

2017 カマタマーレ 選手チャント
2017 カマタマーレ 選手チャント posted by (C)がくお

2017 カマタマーレ チームチャント
2017 カマタマーレ チームチャント posted by (C)がくお

ブログサブタイトル 

2017 J1侵攻編

カマタマーレ讃岐公式ホームページ
コチラから


2013年6月30日以前のブログはこちらです
とあるサポーターへの追憶~カマタマーレサポーター日記~


にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 



小学生では水泳を習ってました。水泳の脚力アップにサッカーを習いましたがむしろサッカーの魅力に取りつかれました。しかし小学校5年生からのスタートはハンデでした。伸び盛りのゴールデンエイジにまだサッカーをはじめていないこと。インターネットなどがなく、今ほど理論的な指導はなく、スクールなどは充実していなかったことなど。何よりその才能はサッカーの神様に愛されているとは到底言い難いものだったこと(泣)。選手としてはMF、DF最後はゴールキーパーとして15歳の試合を最後に(中学総体時)に引退しました。

月日は流れ・・・

その後もサッカーは好きで代表戦やJリーグを中心にサッカーを見ていました。トッププレーヤーのため息が出るほどの美しいプレーを見るたび、自身の才能のなさを嘆くこともありました。なぜサッカーをすることにおいて、サッカーの女神は私を愛してくれなかったのか?(同じ名前なのに鹿島の柴崎君は愛されているようです・・・笑)その答えは40歳を過ぎた時に明らかになる出来事がありました。わが郷土にJリーグを目指して闘い始めたサッカーチームが現れたのです。女神様は競技する才能を私に与えなかった。しかし、それと引き換えに「サッカーを愛する才能」をふんだんに授けてくれたたことに気が付きました。そしてその才能を充分発揮できる宝物も与えてくれました。今、私の才能・・・サッカーを愛する才能・・・のすべては一つのチームに注がれています。そのチームの名前はわが郷土から初めて誕生しようとしているプロサッカーチーム・・・「カマタマーレ讃岐」。このチームとともに神様が与えてくれたミッションを果たすべくすすむ大冒険をブログにつづりたいと思います(笑)

よろしくお願いいたします

(=゚ω゚)ノ


このブログタイトルについて

初めてカマタマーレの試合を観戦した時に目にした古参サポーターさんたちの情熱。とても感動したのを覚えています。それ以後、彼らの熱い思いをいつまでも振り返れるよう、そして自分自身が忘れないようにこのタイトルをつけました。

飛行士業

しかし、モデルとなった原作「とある飛空士への追憶」のようにさわやかなブログには程遠く「暑苦しく、無秩序に取り乱した文章」を書き散らかされております。ご容赦ください。ちなみに筆者イメージも原作とは程遠く「飛空士」というより「低牛」のほうがイメージに合致します(笑)

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 

最新トラックバック

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR