トンネル2つ

一つは連敗のトンネル。

う~ん

セレッソ戦の劇的な勝利や

ジェフ戦、清水戦の同点劇があるものの

それは総てアウェイでの出来事。

ホームのドラマチックな勝利は4月9日岐阜戦までさかのぼる。


約3か月ホーム勝ちがない。

まさにトンネル。



しかし

現場は必死で闘っていて

つまらない見栄や意地・エゴで「チームがバラバラ」という訳ではない。

色々な苦難と向き合い、

懸命に力を合わせ戦っている。

だから私は全然文句はない。

むしろ勝利の女神さまが早く微笑んでくれることを祈っています。



2014年の事を思い出せばとてつもない成長を感じられるし

あの時の気持ち忘れてなければ応援するサポさんも十分戦えると思う・・・

(2014年20節終了時点で 2勝4分14敗 勝ち点はわずか10でした。)


当時は防戦を徹底し何とか引き分けに持ち込むことを良しとし

隙あれば勝ち越すことをかすかな望みに応援していた。

最悪入れ替え戦にさえ生き残ればワンチャンス掴めるとさえ思った。

生き残るために誰しも認め腹をくくっていた。


やたら20位が遠かった。

追いかけても追いかけてもつかまらない20位東京ヴェルディ。

そういうシーズンだった。



けど今は違う。

より攻撃的に

主体性を持ってゲームを動かし

前に進むサッカーを目指す。



今は生まれ変わる途中

故に失点がかさみ

攻撃ではまだ成長途上の部分が得点を阻む

これは「産み」の苦しみ。



あと・・・ホントあと少しだと思います。



今年のゲームプラン・・・

私は意外と気に入っている。

それは讃岐の得点が

ほとんどが後半に生まれること。


つまり前半を無失点で切り抜ければ

後半相当期待が持てる。

1点ぐらいのビハインドは

「いつでも弾き返せるのではないか」とわくわくする。

だから

前半は守備を応援し

後半は攻撃陣を後押しする


両方とも(前・後半のサイドチェンジの関係で)応援エリアの目の前で展開される。



いいチャレンジをしていると思う。

狙ってか偶然か・・・観客も盛り上がれる戦術である。


もう少しだ

必ず次のカマタマーレが生まれる

その時までサポも頑張ろう。

しばらくの辛抱です。


どこかで盛大に生誕祭!!!

みんなでエンドレス「しゅらしゅしゅしゅ」しましょう。

IMG_7732.jpg





もう一つのトンネルは・・・・




7月ホーム戦ばっかじゃん!!!

愛媛も山口もセレッソも山形も・・・・・・

・・・・・・日曜5回しかないのに4試合もホーム戦・・・・・・



いやぁぁああああ・・・・

新生カマタマーレ誕生の月かもしれんのに

全然見れないじゃん!!!


ううう・・・・・・・・・・・・・


こっちの方が個人的には相当重大で長いトンネルである。

観戦なし月7月

果てしなきボランティアの死闘月間・・・

セレッソが愛媛が山口が・・・

近場でアウェイのお客さんも多い試合が目白押し・・・・


いやいや

いっぱい来てくれるのはうれしいのですよ!!

Well come 丸亀!!

ようこそピカラスタジアムへ!!!



しかし・・・戦士の休息もあっていいのでは・・・・(泣)




日程君・・・うらむぞぉぉおおおおおおお!!!!


(つД`)ノ









カマタマーレのブログたくさんあります!!

色々な角度からカマタマーレが語られてます。

ぜひのぞいてみてくださいね!!










にほんブログ村






ボランティアの一日

ある方から

「ボランティアの1日は興味ある」

「そういう人、意外に多いと思うよ」


写真 ちょくちょく選手がお礼を言いに来てくれますヽ(≧∀≦)ノ
IMG_6412.jpg


知らないことがわかれば参加ハードル低くなる。

参加者が増えるかも!?

・・・・とご提案いただく。


確かに知らないと参加しにくいわけで・・・・納得。


改めてご紹介しましょう。

ボランティアの仕事。

(アウェイゲートとお掃除ボラしかしていないので総てを語ることはできないが

担当エリア限定で説明します。)


まずはボランティアの種類

時間帯で分ければ

設営・フル・掃除と3部門に分かれます。


3部門はボランティアに従事する時間が違います。

自分の参加できる程合いでみんな選んでいる感じです。


1、設営ボランティア 

試合開始4時間前集合 (PM6:00キックオフならPM2:00集合。つまり午前中はフリーになれます。)

終了キックオフ30分前 合計3:30分(ボランティア時間)

必ず途中15分~20分の休憩時間あり。


水分はペットボトルでスポーツドリンクとお水が用意されている。

もらえるドリンクの量は充分ある。


仕事内容

設営時
・待機列にコーン・バーと言われる簡易の柵を作る。これがないと待機列がぐちゃぐちゃになる。
・手荷物検査エリア・もぎりエリア・パンフ配布エリアを机を並べて作る。ちよっと力仕事。男衆の仕事
・掲示物の展示・ポスターなどの添付。女性陣のセンスがありがたい仕事
・トイレ及び不審物チエック(女子トイレは女子が見ていただけるとありがたい。)
・掃除は汚れ具合を見て適時行う。( 階段掃除・スタジアム座席磨き )
・各種問い合わせ対応

入場開始時
・もぎり・手荷物検査・プログラム配布・列整理・注意点通知(ワンタッチパスの場所や入場後の半券の扱いなど)
・授乳おむつかえ案内
・コーンバーの撤収・ゴミ箱差し替え

その他

・よほどの観客数の試合でなければ定時に解散。

(出来るだけスタジアムイベント楽しんでほしいのでアウェイゲートは少しそれより早めに解散。)

・試合終了後、戻ってくる必要はなし。

IMG_5295.jpg


2、フルタイムボランティア


上記内容に加えて

・試合中の撤収作業
場外掲示物 看板・プラ柵・ゲート看板・掲示物収納・自転車置き場撤収
場内掲示物 机撤収
預かり品の保管 ゴミ箱の差し替え
ハーフタイム中の再入場管理・喫煙所火元監理

試合後 
ゴミ回収
スタンド清掃
バス誘導

終了 試合終了後約45分

ボランティア時間7時間程度 休憩は60~90分あり


観戦
アウェイゲートでは必ず前後半のどちらかフルタイム観戦
フルタイム観戦できない半分も極力業務を終わらせ観戦いただけるようにしています。


後は試合によってテーマがありますので
アンケート回収や落し物対応本部連絡、配布物移動、別部署への応援などがあります。

IMG_5861.jpg


お掃除ボランティア

現時点では「盛り上げる会」有志の私設ボランティア扱いです。

保険の関係かと思うのですが集合後に一応メンバーは名前と住所を本部で記載いたします。(ここは不明)

お掃除に特化した短時間ボランティア

集合はキックオフ前3時間45分(6時キックオフなら2:15分集合)

メインスタンド2F及び2Fに通じる階段の清掃。

IMG_7531.jpg


45分間清掃して解散。

その後通常のスタジアムイベン参加トに支障ないように配慮されている。

清掃はデッキブラシ・ほうき・モップ・水切りを使った階段掃除

あるいは雑巾を使った座席ふき。

どこまでできていても強制的に45分で終了。

お子様連れでも大歓迎。

IMG_7025.jpg


そして設営・フルタイムのボランティアには

メインスタンド担当

バックスタンド・ホーム側担当

バックスタンド・アウェイ側担当

カマタマーレ広場・総合案内エリア担当

とエリアごとの違う仕事があります。


また、はじめてボランティアに参加した方たちには

スタジアム見学というボランティア前の見学ツアーがあり

意外と見たことのない「裏方」が見れて好評な企画です。


ボランティア中も藤岡友香さんの生リハを聞きながら掃除したこともありました。

贅沢なボランティアやねぇ~~~って後でみんなで・・・・笑


お子さんの夏休みの宿題ネタや社会見学・参加にもご利用いただけます。

別に最初で最後の1回だけでも大歓迎なのです。

其処で運営の事情や

ポスピタリティー発展途上故の矛盾なんかも理解いただいて・・・

そしてスタンドにいるご友人にお伝えていただくだけでも

積み重なれば相当進んだ観戦文化が熟成されるでしょう。





最後になりましたが

松本山雅という私たちと同じ地方に存在して

常スタジアムを満杯にするクラブチームのGMさんの記事を紹介します。

私の最も心ひかれた部分

「このクラブにとって一番の生命線は、サポーターの応援とボランティアの協力」

あんなに多くの観客・声援に支えられている松本は

その裏方で100名を超えるボランティアが存在するそうです。

1万の観衆を支える100名のボランティア・・・・

松本さんの底力を垣間見た気がします。

常讃岐のボランティアさんは30~40名

岡山都のダービーなどの特別イベントで

丸亀サッカー少年団のお母さんの応援をもらっても60名強です。


いや、讃岐のフルボランティアで参加してほしいわけではありません。

しかし「俺たちが支える」という一人一人の意気込みが

松本山雅の大きな大きな力になっている気がします。

其処にフォーカスするなら

極論ではありますが

「J1昇格よりもアルウィンを満員にすることが目標」

とまで言い切ります。

あくまでJ1昇格はアルウィン満席のための道具であるとまで考えます。



*・・・松本ボラは入場前に円陣を組み気合を入れる

IMG_7572.jpg



私たちもいつかピカスタを満員にしたい

其処がたとえJ2の舞台であってもそれはとても素敵な事だと思います。

カマタマーレの冒険は大成功だと思います。

だって多くの人に愛されているのだから。


追伸

しかし現実はJ1でないとなかなか満員にはならないかもしれませんんねぇ・・・

悩ましい所です

卵が先か・・・鶏が先か・・・(笑)







カマタマーレのブログたくさんあります!!

色々な角度からカマタマーレが語られてます。

ぜひのぞいてみてくださいね!!










にほんブログ村




ダービー戦後の雑感

ブログ村の投稿をみたり

ツイッターや各SNSでの試合感想を読み漁る(笑)

見た人に直接教えてもらう。

直後の感想もまた一つの真実。


試合直後は選手の動きや審判に不満を持つ感想と

「いやいや・・いい試合だった」という意見が入り乱れる。


監督の意見は

「負けて申し訳ない。しかし内容は面白くないという方は少し違うと思う」

という見解がリリースされる。


真実はどっちなのだろうと悩む。


24時間経過して感想も少しづつ変わってきたように思う。

当然だが終了直後にいろいろ意見があり

温度差によって激しい内容とクレバーな意見が対立することは

それだけ盛り上がってきたという事で

「いいこと」のように思う。


この時点(月曜夜)で前半をスカパー観戦。

みんなの意見を見てから感想述べるのもフェアな感じではないが(笑)

一つだけ思ったことがある。


「勝ったファジアーノも相当ダメージを負ったかもしれない・・・・」


それだけ球際で激しく讃岐の選手はプレーしていたように私には見えた。

岡山から見ればダーティという見解もあるのは知っている。

讃岐から見ればファイトである。

結果、讃岐に4枚のイエロー。

今後の選手起用で更なるダメージを得たのも讃岐である。


しかし、一発レッド、けが人は出ていない。

贔屓の引き倒しかもしれないが

激しい攻防の中

最後の一戦では踏みとどまり

ファイトしていたと思う。



見えるものすべてにおいてダメージを負った讃岐

J2残留争いを意識せねばならず

自動降格圏の金沢と6差

入替戦対象クラブ北九州と4差

しかし、良くも悪く今日と同じコンディションで今週、戦うだろう。



見えないもの(疲弊・疲労・ストレス)でダメージを負ったのはファジアーノかもしれない。




勝ち点を失い相当苦しい6月となったカマタマーレ

勝利を得たものの極度の消耗を強いられたかもしれないファジアーノ


いや・・次節を見てみないとわからないのだけど

讃岐・岡山は激しく戦い

双方がそれぞれダメージを負った 瀬戸大橋ダービー


私はまさに「死闘」だったと思う。

さすがダービー

素晴らしきかなJリーグ


早く後半をおうちで見よう!!



もちろん岡山サポさんに全く違う意見があることは承知している。

あくまで讃岐サポとしてスカパー観戦の感想です。(笑)





追伸

金沢方面遠征隊 志願者募集

地域・JFLと戦いつづけた彼らは盟友である。

そして古田寛幸が懸命に戦っている。

IMG_4666.jpg


その彼らが追い詰められつつも谷底から這い上がる兆しが見える。

顧みて我らは4連敗。

同じ沼に足を取られつつある。



折り返し最終節

ここを落とすと後がない

金沢・讃岐ともに後がない。

今週も死闘、来週も死闘である。


月曜日エコモードで過ごす気合のあるサポーター

集まれ!!!北陸の都 金沢へ!!!

IMG_4675.jpg


auleikanazawa2

意外にうまいぞ金沢おでん!!!

IMG_4719.jpg



カマタマーレのブログたくさんあります!!

色々な角度からカマタマーレが語られてます。

ぜひのぞいてみてくださいね!!










にほんブログ村




アウェイゲート体験記 ファジアーノ岡山戦



いや~~

赤色のレプユニをまとうサポーターたちが

絶えることなく来るは来るは・・・・


誠に、誠にありがたい。


私が記憶しているところまででも後半途中で1683人??

おそらくバックスタンドアウェイは最終的には1700人は越えたかも??



すげぇなぁ・・・・とのんきに考えて

試合中の見回りでたまたまメインスタンドに目をやり2度びっくり!!

そこにはアウェイゴールよりに集まる相当数の赤いレプリカユニフォーム。


総数は200~300人は余裕でいたのだろう。

恐らく合計したアウェイサポさんは2000人を超えていたかもしれない。


うちのバック・ホームエリアの平均を超えるお客様が

アウェイにもかかわらず来場するのだからそりゃありがたい。


土曜開催の水戸戦、平日ナイターの京都戦の3倍

コンサドーレ戦の2倍

・・・・の6716人が昨日の来場数。


これは

初めて来た讃岐のお客さんも

地元で開催されるJリーグを

拮抗する応援合戦が繰り広げられる近県同士のダービーマッチを

存分に楽しんでいただけたと思う。



・・・・というかこの「お祭り」に気づいてくれたらうれしい。

地元ですごいイベントがほぼ隔週行われていることに。



スカパーのマッチデー・ハイライトを帰りの車で見た。

「非常にいい雰囲気」と解説者の方も紹介していた。




IMG_7925.jpg


試合は見ていないので試合ストレスとは無縁。

「のんきなブログ」と怒られるかもしれないが

アウェイゲートはずっといい緊張感とアテンドができた。


正直、いつもは最初のアウェイお客さん100人を

入れてしまえば「ほぼ終わり」である。


それが「開場」の際に最終入場者数の65%にあたる1100名のお客様が並んでいるわけである。

岡山サポさんの特徴は「早期来場」が徹底されている事。

ここはいつも感心する。

故にこちらも準備を怠ったり、アテンド入りが遅くなると

修正が難しくなったりするので気が抜けない。

この日は通常より一時間早く私も現地入りした。


それでも待機列は最初の一列が埋まっていた。

これは彼らのホームがいつも来場者であふれているかもしれない。


まずは混乱や熱中症を防止するために

アナウンスや体調の悪い人がいないか気を配る。


後は木陰で休んでいるか確認しつつ

プライドオブ中四国スタンプの場所や持ち込みのレギュレーションを説明する。

スタンプの問い合わせだけでなく、

持ち込み制限や

臨時駐車場へのシャトルバスの乗り場確認、

コンビニの場所の確認が多い。

「初ピカスタ」の方が多くいたのだろう。



通常は

「こういうふれあいしました」

「こんな話しました」

「うどん屋さんはこんなところに行ったようです」

的な交流があるのです。


・・・・が岡山の方には申し訳ない

ずぅぅ~~~~~~っと整理やアテンド、問い合わせ対応に追われますので

そういう細やかな交流というかおもてなしができない。



ううううう~~~~ん

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ゆえにダービーなのかもしれない。




しかし無人のウェルカムボードには多くの人が集まり

特に女性は

「かわいい!!かわいい!!」を連発されていたので

真のアテンド王者は明白なわけである(笑)



まずは一人のけが人も病人も出なかったこと

観戦において大きなクレームが確認されなかったことを良しとしよう。



岡山の皆さん本当にたくさんおご来場ありがとうございました。

われら勝ち点順位は下がりましたが

観客動員数では最下位を脱出いたしました(笑)


また初来場の讃岐側で2000名様ほどいたかと思います

その人たちがこのダービーに触れた事がうれしい。

岡山さんの大応援団が

拡大しつつある讃岐サポーターと拮抗して

素晴らしい応援合戦を繰り広げる。


この経験が、興奮が

新たなリピーターに10%生み出せば200人の観客増。

それだけで相当違うスタンド風景になると思う。







そして今節も忘れてはいけない影のMVP

それは試合前のお掃除ボランティアの皆さん。


いつも運営側で手が届きにくいところを助けくれる。

正直、2階席は需要が薄いエリアである。

しかしそこで見たいという要望がある以上閉鎖はできない。


更に其処は階段通路も含めて相当鳥害・・・

いわゆる糞による汚れが目立つエリアである。

そこを黙々と小さいお子さんも含めて掃除してくださる。


いつかピカスタの「強み」として

素晴らし傾斜とピッチ全体が見舞わせる「2階席」が人気になる時が来る。

必ず来る。

だってほどほどの人数が座るエリアの総ての座席が

超ピカピカなのだから・・・・・(笑)



もし、メイン側で鑑賞される機会があればぜひ2階席にお越しください。

階段の通路からピカピカです!!!

IMG_7922.jpg

いい眺めです。

屋根もあります。

ここでの観戦もまた一味違うものになるかもしれません。





カマタマーレのブログたくさんあります!!

色々な角度からカマタマーレが語られてます。

ぜひのぞいてみてくださいね!!










にほんブログ村





強さ (閲覧注意) 笑

*・・・注意  本日はアニメ好きな方だけお読みください。オタクネタで恥ずかしいので(笑)

IMG_6335.jpg


オタクなもので

「僕らの戦場」

という曲がとても気に入っている。

其処にこういう一節がある。




立ち上がるのは弱さ認める強さ





開幕ダッシュ

堅守速攻からの攻撃的なスタイルへの変貌

有力選手の残留

強力な新入団選手の加入

序盤の順位はプレーオフ狙える位置を維持する。

アントラーズと戦い、

清水と引き分け、

セレッソを撃破する。


もう昔の

降格におびえる讃岐ではない。

正直、強く、誇らしい讃岐を堪能できた。


「俺たちは強くなっている」というエネルギーが増幅していく中で

何か置き忘れてしまったものがある。

それがコレでないかと思う。



弱さ認める強さ



現在3連敗中

けが人続出で紅白戦さえヘッドコーチが参加して行っていると聞く。

戦列にとどまる選手もこれまでの激戦で満身創痍、

調整の難しい夏場、

予算委乏しく夏の補強は不透明、

悲願のクラブハウス建設のタイムスケジュールは動き出す気配もなく、

観客動員数はJ2でぶっちぎりで「びり」である。



そう我らはまだ

「小さく、弱い」のである。

これもまたわれらが愛するクラブの本当の姿なのである。

ゆえにそれを認めて戦ってきたから選手もサポも強かったのである。


スポーツである以上

勝利が正義である。


けどこれまでその正義を唯一無二の正義とは認めなかったところが

讃岐サポの強さであったのである。


郷土の誇りを成長させたいと願い

応援を続け、

仲間を増やし、

その熱量の増幅を正義として求めていた。


巨大で強力なファジアーノが我らを恐れたゆえんは其処しかない。

「奴らとは相性が悪い・・・」と


彼らは彼らで昔の場所に

讃岐のいる場所にはもう戻れない。

ゆえにその恐れと同化して解消はできない。

ではそれから未来永劫、解放されるために

讃岐を全力で倒しに来るはずである。



僕らの戦場のフレーズにはさらにこうある。



切り裂け もっと もっと 正義の闇へ

はしれ はしれ 灰になるまで

理屈を捨てて心で 吠えろ 吠えろ



このメロディーが今すごくしみる

私の脳裏に今までに見たことがないピカスタの風景が浮かぶ


讃岐サポーター

理屈を捨てて

心で 吠えろ 吠えろ !!!!


そこに 

そこに君は居ますか


戦場に咲く命よ 

燃えろ 

燃えろ


僕らの輝きは無敵にもなれる





カマタマーレのブログたくさんあります!!

色々な角度からカマタマーレが語られてます。

ぜひのぞいてみてくださいね!!










にほんブログ村




僕らの戦場









アウェイ ロアッソ熊本観戦記 サッカーツーリズム編

いやいや

旅の最後にカマタマーレの応援というメインテーマがあるものの

そのハイライトとしてボランティア活動があったとしても

やはり旅である以上

観光とグルメも程よくハイブリットした方が

何かと見聞が広がったり

思い出が増えるものである。



まずはグルメ

恐らくスタジアムではボランティアするとなれば

食事時間は試合中しかないのであるが

購入に行く暇はないし、アウェイ側には売店はないとの情報。


つまりお昼しっかり食べておかねばならない・・・・

との判断で「ガッツリ」食すことに。


で訪れた場所は「ここ!!」

IMG_7804.jpg


いやぁ・・・本場のとんこつ・・・

そしてご当地ラーメンの「久留米ラーメン」。

・・・・食べたかったのです。


私たち6人が入店した直後、同じく讃岐ユニを着た讃岐サポご来場!!

いや「こてこての知り合い」ですが・・・出会うとうれしい

「おおお!!!!」という感じになる(笑)


肝心のラーメン・・・激うまし!!!

昔ラーメンのチャーシュー麺 (当然替え玉1玉)

IMG_7807.jpg

うめぇぇええええええええ!!!!!

病みつきになるぅぅぅうううう!!!

その証拠にレジで同じラーメン買い求めるメンバー多数。

大変おいしい経験をさせていただきました。

まぁ、地元の方にはスタンダードかもしれませんが我らは「うまし」でした。






観光にはここ!!!

いや・・・佐賀県と言えば「ここ」を訪れねば・・・

私が学生の時に発見されて話題になりました。

そして今はその規模、知名度は全国レベルになりました。


吉野ヶ里遺跡

IMG_7814.jpg


このアミューズメントは

確かに歩く

派手さはない


しかし、本当に視界に入るものの中に現代的なものが極力入らないように

工夫されている広大な空間


正直「怖かった」

このまま本当に古代の邪馬台国から出られないのではないか・・・という錯覚を覚える。

いや邪馬台国論争には結論は出ていないが

当時の遺跡であることは間違いない


少年のころ、自然に対する畏敬、人間の愚かさを描いた「火の鳥 黎明編」を思い出す。

意外にアニメでトラウマを抱えるおっさんであることを再確認。


ただ・・とても美しい村であり、景観であり

現代社会と隔絶された雰囲気がすごい。

IMG_7816.jpg

何かリアリティある人形

収穫の時期を占う霊的な権力者とか

そのプライベートはほぼ王宮の中。そこで一生を過ごす・・・とか・・・


この地で本当に行われていただろう儀式が

全く関係ない場所にある歴史資料館と一線を画す。


だってその同じ風景を見ていたと思うリアリティ・・・その凄味が増す。

川の流れや山の形は恐らく2000年前とそうは変わらないだろう。

IMG_7812.jpg


歴史好きには刺激がある場所であった。

ある意味再現レベルはUSJとそん色ない

リアル火の鳥ワールドとでも申しましょうか・・・・

IMG_7831.jpg


理系メンバーは物足りないようであるが

歴史系メンバーはもう一回本気でで回ってもいいかなぁ・・・という感想だと思う。







さてさて

試合終りまして長い帰路の始まり

IMG_7916.jpg


空腹では帰りつけない距離であり

何より欠食児童状態で「何でもいいから食べたい!!!」状態。・・笑


何とインター近くにハンバーグ専門店発見

この段階ではこだわりはもはやない。

名物でもなんでもなくてOK(笑)

おいしそうならどこでもOK!!


気のせいでしょうか・・・

みなさん心なしか大型ハンバーグの注文が相次ぐ。

ご飯は大盛り・・・・


試合結果を反映したやけ食い、涙目

このたびの最後の晩餐です。


IMG_7917.jpg

ごちそうさまでした。

佐賀県ありがとう。

楽しかったです。


追伸

うちのサポさん達が用意してくれたこの横断幕

しびれた!!!

サポさん達ありがとう!!誇らしい横断幕です。

IMG_7881.jpg






カマタマーレのブログたくさんあります!!

色々な角度からカマタマーレが語られてます。

ぜひのぞいてみてくださいね!!










にほんブログ村











アウェイ ロアッソ熊本観戦記  ボランティア参加編

熊本戦の2週前

サポ&ボランティア仲間のYさんおよび433さんからお誘いをいただく。

「熊本戦、試合前までボランティアさせてもらおう!!」って。

おお!!!

なんと素晴らしいアイデア!!

なかなか被災地入りしてボランティアは難しい。

被災現場でお役に立つ

なにか得意な技術でもあればいいのだが、

そういう事にはまるで自信がない(´・_・`)


しかし

サッカーファミリーとしての関わり

スタジアム運営にボランティアとして

お手伝いすることは得意な分野を生かせて

とても素晴らしいと思った。


恐らく熊本ボラさんは遠方にて参加人数が限られるし

鳥栖の運営さんは前日のガンバ戦からの連戦になる。


ピカスタで鍛え抜かれた讃岐(?)ボランティアメンバーなら

なにかしら助けになるだろう・・・かな???・・・・笑


自身のスケジュールの調整に少しかかったが

私も混ぜていただけることとなる。

提案してくれたお二人には感謝感謝である。


カマタマーレ側にも理解いただき

このボランティアに「公式募集」をリリースをしていただいた。

そしてロアッソ熊本側との橋渡しをしてくださる。

ここがなければ観戦との両立は難しかったかもしれない。

好条件や何か役に立ちたい気持ちがうまい具合にリンクして

総勢7名の讃岐ボランティアスタッフが鳥栖ベアスタに集結した。



・・・・・という訳であの日はベアスタ正門に集合時間15:00の10分前到着。

IMG_7835.jpg

中で説明を受けビブス着用。

IMG_7850.jpg

ミーティング前に「讃岐さんからもボランティアの参加が・・・」との紹介。

「おお!!!」と会場がどよめく。

・・・なんか感謝されていて・・・・うれしい。



運営会社のスタッフさんにアテンドされ持ち場に向かう

IMG_7851.jpg

ついた場所は想像した通りのボランティア・エリア(笑)


やはり・・・ここかぁ・・・・

まぁ・・・この方が安心や

ある意味最高に適材適所(笑)


並んでいるお客さん先頭から全員名前を言えるレベル(笑)

なんとフレンドリーなボランティア・エリア。


IMG_7852.jpg


彼らも私たちを見つけて

「あれ~~なんか知ってる人がいっぱい来た~~」とちょっと冷やかす。

「なんばゆうとるタイ、鳥栖の人間タイ!!!」と怪しげな博多弁で応酬。

タカさんなんかは途中から怪しげな東北弁(!?)みたいになっていた。


最後には並んでいたベテランサポさんが

「よし今日はゲート突破しようぜぇ~~!!!(笑)」と

面白すぎるプレッシャーをかけてくれる。Σ( ̄。 ̄ノ)ノ


こちらもすかさず応戦

「チケット小学生料金で入場しようとしたらソッコーつまみ出します!!!笑」

(カマタマーレサポの名誉のために申し上げますがそんな人はいません!!あくまでジョーク)


そんなこんなでホームボランティアとアウェイサポーターの

心温まる・・わけのわからんテンションの交流が繰り広げられる。


面白いことにここはペットボトルの持ち込み容量制限がない

どんなでもOK!!!

1,5リットルや2.5リットルでもOK!!

このアナウンスをするとはカマサポさん達が驚く

「ホントにいいの???」

「ピカスタよりやさしいみたいです・・・・」

的な会話多数。


あと再入場ゲートはホームアウェイ混合。

つまりはコンコース内は完全ミックスゾーン。

応援する座席エリアのみ再度チケットの掲示が必要な

入場制限エリアなわけである。

ピカスタでいえばバックホームのコンコース内売店に

アウェイサポも購入可能にしているわけである。



なるほどね・・・・・・・

これだとホーム・アウェイ気にせず好きなところに行ける。

容易に駐車した車に戻れる。

行きたいスタグルにも行ける。

メインやホーム側の出店スタグルが

食欲旺盛なアウェイサポーターに名物グルメ提供しそびれることもない。

小さいお子様づれのお母さんが遠回りして雨に打たれながら

食べ物や飲み物を買いに行かなくて済む。


私たちがこの3年で

ピカスタの「常識」と考えていたものは

観客の立場に立ったり

アウェイの別のスタジアムの住人からすれば

はなはだ不親切で非常識な事もあるかも知れない。



今回、私は何かお役にたちたくて参加したのだが

色々なところに勉強の種は落ちているものである。



いろいろ状況によっては難しい事も出て来るかもしれないが

観客目線では相当便利なことは確かである。




で結局

もぎり、再入場管理、パンフ配布などお手伝いする

マッチデーを配る讃岐から来たボランティア

IMG_7855.jpg

「アウェイ感が・・ねぇぇええええええ」

・・・・と讃岐サポさんから素敵な冷やかしを受ける。(笑)



これもアウェイの洗礼じゃぁぁあああああ(錯乱中)

m9(゜д゜)っ



ベアスタスタッフのみなさん

ロアッソボランティアの皆さん

そして「アウェイサポーター」であるカマタマーレ讃岐の皆さん

いろいろお世話になりました。

とてもいい経験になりました。

そして楽しく過ごすことができました。

本当にありがとうございました。





試合開始10分前までボランティア

そしてそこからめでたくサポーターとして合流!!!

IMG_7872.jpg




このアウェイ観戦の楽しみ方

以外に面白かったことをシェアしておきます。

次回機会あったら「アウェイスタジアムボラを楽しむ」もおもしろいかも・・・

いろいろ交流できます。










カマタマーレのブログたくさんあります!!

色々な角度からカマタマーレが語られてます。

ぜひのぞいてみてくださいね!!










にほんブログ村















アウェイ ロアッソ熊本観戦記 ベアスタ編



ロアッソ熊本と

ベアスタで

J2リーグ19節を

鳥栖サポさんも交えて

戦う。


言葉遊びの様な不思議な状況下でのアウェイ観戦。

上の写真が象徴的。・・・笑


私が持っているミニーマウス(カマタマーレバージョン)と

ロアッソ君、タカさんが熊本物産展で勝ってきた「くまもん」、

ボードにはサガン鳥栖のウィントスくん




ここは佐賀県鳥栖市のベストアメニティスタジアム

素晴らしいサッカー専用スタジアム。

J1クラブ「サガン鳥栖」のホームスタジアム。


ピッチが近いうえに傾斜がしっかりある。

ゴール裏でも試合を通して

迫力の臨場感を持つ。

芝の美しいピッチ・・



いいなぁぁああああ・・・・・・ここ・・・・

つい感嘆がこぼれる。



しかしそこにはカマタマーレを取り囲む

ホームの大サポーター

「赤」と「赤い衣をまとう水色桃」の連合軍。



IMG_7874.jpg

けど讃岐サポもたくさん来てくれた。

この圧倒的総数劣勢下を楽しむことのできる鋼の心と

明日の仕事をエコモードで過ごす決心を隠して(笑)

遠路、豪雨の中ベアスタにたどりついた

病的なカマタマーレ愛を持つ119人!!!!

(ゲートの方に総数を教えてもらう)



IMG_7854.jpg


声もしっかり出ていた。

スカパーから響く瀬戸の花嫁はとても美しかった。

IMG_7886.jpg



まぁ・・・・・だからといって

サッカーの女神さまが必ずしも気に留めてくれるわけではない。


のどがかれるほど大声で歌い叫ぶものの

その7割が劣勢でリードされた苦しい時間だった

そして得たものは敗戦だった。




たくさんの讃岐サポが

ロアッソの勝利のダンス、

大音量の「カモン・ロッソ」を眺める。

ちょっとしたタイミングのハプニングで・・・・みんなで見ることになる。


みんなでぼんやり眺める。


その光景は

この悔しさを絶対忘れないように

この事実を受け止める強さを磨き上げているように

私には見えた


ある者は帽子を深くかぶり

ある者はタオルを顔に当てながら。

IMG_7914.jpg



今日の敗戦がのちに何をもたらすのか

それはわからない。

・・・・・ただ

いまが最も現場は苦しい時期であることは間違いないようである。

暑くなってきて調整が難しい

連戦で疲労の蓄積される

けが人が多数戦列を離れている

現在3連敗。その事実が支配する空気




しかし

しかし


その中にも新たな希望も芽吹いている。

小さな芽かもしれないがいずれ大樹になろう。


はじめて90分戦ったストライカー

はじめてJデビューした助っ人

大器の片りんを感じさせたルーキー






カマタマーレ讃岐

アウェイベストアメニティスタジアムで

0-2で敗戦。

失点を前半で重ね

得点を奪えず完封された。



しかし、この退却戦は

未来にとんでもない成長をもたらしてくれたかもしれない。



途中からそんなことを思った。

そして「カモンロッソ」をじっと眺めた。








まだまだこれから。

総てのカマタマーレに携わる人々よ・・・


闘え!!!!おとこ達!!!

どこまでも共に駆け抜けろ。

どこまでも共にいざすすめ。





追伸

昨日は3時に帰宅

今日やたら眠いので文章が短文です・・・

スイマセン~~~~~~~










カマタマーレのブログたくさんあります!!

色々な角度からカマタマーレが語られてます。

ぜひのぞいてみてくださいね!!










にほんブログ村








感謝の気持ちを届けてから

IMG_7601.jpg



やっと1週が終わり週末はカマタマーレ・サポモード

先週は遠征しなかったので元気は満タン

がんばって応援してきます。



一方カマタマーレ運営は

早くも「瀬戸大橋ダービー」の観客動員に向けて展開中。

中でもこの動画・・・

感動しました・・・ヽ(≧∀≦)ノ






また、

チラシ配りを今週は日曜日に、「さかいで楽市楽座」で

ボランティア主導でしていただけるとのこと。


本当に

本当に

ありがとうございます。


参加されるみなさんには感謝と尊敬の気持ちでいっぱいです。


これぞカマタマーレ愛。


観客動員という見えない戦いを

香川の地で続けている大切な仲間に

ありったけの感謝を絶対に忘れず

現地組は頑張ってきます。

というか・・・・・協力できなくてごめんなさい。


詳細はここ


まずは鳥栖に向かう前に

そのお礼の気持ちを伝えてからでないと

われら遠征隊は「発進」できない。


だから・・・いまさら少し恥ずかしいですが・・・改めて・・・

「ありがとうございます」



そして残ってチラシを配る仲間たちの分の想いを背負って

1万人の熊本・鳥栖連合軍に立ち塞がってきます。笑



どこにいても思いは同じです。

日曜日頑張りましょう!!!


現地組は死ぬ気で声を出してきます。

必ず勝ち点引きちぎってきます。


空間を超えてすべてのカマタマーレサポの皆さん

試合会場で19日18:00にお会いしましょう!!!







カマタマーレのブログたくさんあります!!

色々な角度からカマタマーレが語られてます。

ぜひのぞいてみてくださいね!!










にほんブログ村





「フフ この風・・ この肌触りこそ アウェイよ!」

正直、かるーい気持ちで書いたのです

連合軍だろうなぁ・・・って

まあ、鳥栖さんの男気あるサポさん500人

+ロアッソサポさん2000~ぐらいかな・・・と

ある意味のんびりした雰囲気の中熱い試合が・・・みたいな想像でした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



一夜たち

鳥栖サポさんからコメントいただき

?????

いったい何があったんだ!?

とWEBを徘徊すると見つけた・・・・・・

コレ

「サムシングロアッソ」キャンペーン

(。Д゚; 三 ;゚Д゚) なんじゃこりゃぁぁああ~~


熊本県在住者(5,000名)、ならびに、サガン鳥栖サポーター(5,000名)で、

ロアッソ熊本のチームカラーである赤いものを持参された方、

赤い服や靴などを身に着けて来た方、先着合計10,000名様を試合にご招待いたします。

ロアッソ熊本の選手たちを真っ赤なスタジアムで迎えよう!


だって・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ベアスタ、真っ赤な人達で一万人以上じゃん!!!!



発 偵察要員 うどん一号

宛 釜玉大本営


赤い馬の大軍団が 鳥栖方面へ集結中

繰り返す

赤馬、ベアスタに集結中

その数・・・およそ 一万!!!


(゚д゚)

(゚д゚)

(゚д゚)

((((;゚Д゚)))))))


IMG_3436.jpg



追伸

1万人の馬サポを目にしたランバ・ラル大尉より一言

「フフ この風・・ この肌触りこそ アウェイよ!」


image.jpg

いける人みんなでいきましょぉぉぉおう!!!!

真っ赤なアウェイスタジアムの真っただ中へ!!(笑)






カマタマーレのブログたくさんあります!!

色々な角度からカマタマーレが語られてます。

ぜひのぞいてみてくださいね!!










にほんブログ村





おそらく相手は連合軍!?笑




色々調べた結論、

恐らく今節ベアスタ・ホームゴール裏には

大勢のロアッソ熊本&サガン鳥栖のサポ連合軍が詰めかける。

熊本VS金沢戦もそんな感じ・・・

・・・・で更に援軍ムーブメントが広がった感じ・・・。



さらに日程がすごい。

前日、同スタジアムで

サガン鳥栖VSガンバ大阪の試合がある。

翌日に震災代替スタジアム開催のロアッソ熊本VSカマタマーレ讃岐。

2日続けて同じ場所でJリーグが楽しめる。

サッカー好きにはたまらない日程である。



私がサガン鳥栖のサポーターなら

18日に自身のチームの応援。

まずガンバ大阪と戦い、

翌日にロアッソの援軍で駆け付ける。

全力で2つとも応援する。(笑)



まぁ、ベアスタは芝のメンテの方は大変と思うが

懸命に戦うロアッソを応援したい気持ちはよくわかる。

私でも同じことをする。

開催時間が夜なので極小だと思うが

ひょっとするとガンバサポすら熊本の援軍に加わる可能性あり(笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


どうぞどうぞ

遠慮なく応援してあげてほしい。

支えてあげてほしい。

其処には何のわだかまりもない。

彼らとそのクラブにはその資格がある。

今シーズン最も逆境に身を置き

その運命と戦わねばいけない勇者たちである。

そのホーム開催ににもかかわらず減少した歓声のギャップを

サガン鳥栖のパワーで埋めてあげてほしい。

ガンバ魂を分けてあげてほしい。

其処がこの国のプロサッカーの素晴らしい所である。



だが・・・しかぁぁぁああああし!!

我らは援軍なし(・Д・)ノ

絶対なし!!!

孤立無援!!

当たり前である。(・Д・)ノ

ただ「極小人数」と相手に遠慮されてしまうのは悔しいね。

出来るだけ大所帯で押しかけ

彼ら連合軍のファイティングスピリットを掻き立てる

大きな応援で見事に敵役を演じたい。

もちろん「何もお譲りするものはない!!」

・・・・という気迫こそが最高の礼儀であると考える。

もちろん負けることなど「全然さっぱり」考えていない(笑)


a5e73c02b584e235a43de429f5facfee6b2e2b31_43_2_9_2.jpg


この週末は

めったに体験できないゴール裏の体験ができます。

赤黒+水色桃+青黒(極小かもしれない人数かと思いますが)の連合軍

VS

援軍ゼロのサックスブルー

がJ1の専用スタジアムで戦う!!!



みなさん

出番です。

ロアッソ熊本の為にも遠征できるサポさん全員で参りましょう!!!

この入場収入も彼らの力となるでしょう。


私たちは

いつかベアスタで、

J1でサガン鳥栖と戦える日を夢見て、

この特殊な戦いを見届けに行きましょう~~~~


出撃可能な方

近県お住まいの方

現地でお待ちしています!!!

集結せよ

うどん県民!!!

59f3114d7fa11ba33e140e3fad36353bc13d4415_43_2_9_2.jpg









カマタマーレのブログたくさんあります!!

色々な角度からカマタマーレが語られてます。

ぜひのぞいてみてくださいね!!










にほんブログ村





ベアスタへ


ベストアメニティスタジアム

通称ベアスタ

佐賀県鳥栖市にあるこの「駅横」スタジアムは

とても素晴らしいサッカー専用スタイアムで

J1クラブサガン鳥栖のホームスタジアムだ。


今節、カマタマーレはこのスタジアムでロアッソ熊本と戦う。

ロアッソのホームゲームである今節だが

震災の影響から「うまかなよかなスタジアム」は依然・・使用不能

代替開催スタジアムとしてして近県のこのスタジアムに白羽の矢が立ったという事か・・・





このスタジアムには

カマタマーレにちょっとしたエピソードがある。

それは今からさかのぼること4年前の9月9日・・・・






あの時、我らは絶望の淵にいた。

我らのレプユニの袖には「JFL」という文字が刺しゅうされていた。

たった4年前・・・しかし相当大昔のようにも思えるから不思議だ(笑)


その3日前

長﨑とのJ昇格の最後の決戦に敗れ

また資金難から昇格を見送らざる得ない気配・・・。

成績的にも資金的にも総てがどん底

すべてがとん挫し、昇格ははるかかなたの遠くに行ってしまった印象。


そんな状況下で讃岐サポーターと選手は天皇杯2回戦を戦っていた。


2012年天皇杯ー2回戦の相手は

「J1」リーグの上位を走るサガン鳥栖

そして彼らのスタジアムはこのベストアメニティスタジアム

37ab8a31df6e65c2bbf54eb9f0264a6c53bbe968_43_2_9_2.jpg

正真正銘のJクラブ

しかもトップカテゴリーの上位チームとこのスタジアムで戦う。

何もかもあの時の状況に追い打ちをかけそうな対戦カードというか・・・めぐり合わせだった。



しかし

一途に戦い、

そして奇跡を目撃した。

先日のセレッソ戦も感動したが

当時の鳥栖戦は勝てる見込みはほぼなかった。

ただ「讃岐」の意地を見せたいだけで

その気持ちでサポーターは鳥栖を目指した。

そんな記憶がある。


恐らく10回やったら9回

100回やったら98回負けてしまいそうな「彼我の戦力差」を覆しての勝利。

正真正銘

カテゴリーの差2つの「ジャイアントキリング」

いや策士北野の快心の戦略か??

少なくとも讃岐の歴史の輝かしい部分に記憶されている対戦カードだ。

なんで私がそれを幸運にも目撃したかは・・・今となっては謎である・・・・笑

多分当時も暑苦しかったサポーターなのだろう。

今思い返すと冷や汗が出るブログ



さて、そんな思い出深いスタジアムで今回は戦う

相手はロアッソ熊本。

震災の影響で今なおホームスタジアムに帰れず

しかし、故郷の声援を一身に受けて戦う。

それが今のロアッソ熊本。

かれらの戦いぶりには尊敬の念を抱く

また彼らを支えるサポーターにも同じく尊敬の念を抱く。

しかし、我らとて彼らを倒さねば生き残れない。

前半戦は残り3試合

入替戦圏内が7差と迫る。



今回のベアスタもなにやら悲壮感漂う

いやいや・・・

明るい順風満帆のカマタマーレなど面白くない

いつも戦うカマタマーレ

何かに激しくて抵抗するカマタマーレが大好きである。


ベアスタは駅の隣にある

素晴らしいスタジアム

一度訪れる価値は十分ある。

ad057d7b6edd45810ce87be9e0679935b29d94a2_43_2_9_2.jpg


みんなで行こう!!

くまもんも待ってる!!!

かしわうどんもうまい!!

7daee6a26fd476dced8f17206c3108dbce2c01c9_43_2_9_2.jpg

807664bd8aebf2d4a1b69523324b8f8a58ce0825_43_2_9_2.jpg






カマタマーレのブログたくさんあります!!

色々な角度からカマタマーレが語られてます。

ぜひのぞいてみてくださいね!!










にほんブログ村







遥かなる山形・・・・


日曜日に14:00キックオフ・・・

この微妙に行けそうで・・帰れなさそうな・・笑


セレッソ・京都と観戦できて…自身の飢餓感はない。

行きたいような・・・お休みしてもいいような・・・笑


東京よりお金がかかる

しかし北海道ほどではない。

しかし、その次はどうにかいけそうな熊本戦のベアスタ・・・・


カマタマーレは今勢いに乗る

一時の低調さから脱しつつあり

そのゲームの面白さは自身が広めているぐらいである。

山形で選手の背中を押したい!!!


けれど相手は相性最悪

「ボコられた」と言ってもいいぐらいの相性・・・山形

「ボコられた」と言ってもいいぐらいの相性・・・大黒

ううううう~~~~~んん~~~~Σ(´Д`*)



総てがマイルドに溶け合った今節。

アウェイ山形戦。



まったく混沌とした状況

友人からは

「生き別れの弟(お忍びの場合の隠語)もこれんのか??」

と確認?お誘い??

がある。しかしこの状況にお返事ができない。




ううううううううう・・・・・

たまには・・・・

スカパー観戦も・・・・

いいもんだ・・・・・

留守部隊にしよう~~~~

・゚・(つД`)・゚・

・゚・(つД`)・゚・

・゚・(つД`)・゚・

魂・・・どなたか・・・預かって!!!



ただ生涯一度も訪れていない山形

山形出身の友人もいない。

ピカスタに来た山形サポさんはみんないい人だった。



一度は訪れたい場所ではある。





カマタマーレのブログたくさんあります!!

色々な角度からカマタマーレが語られてます。

ぜひのぞいてみてくださいね!!










にほんブログ村







ホーム京都戦観戦記



確かに負けた。

しかし、面白くなかったか??と言われれば

実は「悪くない・・・」と思ったりする。


「何をぬるいことを」とお叱りを受けるかもしれない。

しかし同じスコアーの2014年開幕戦

FC岐阜3-1カマタマーレと比較すると

天地の差がある。

エンターテイメントとして質が全然違うのである。



あの時は「とられて、取られて、獲られて、やっと取り返す!!」

残り時間は20分ちょっと・・・

正直勝敗は考えなかった。

結果1-3敗戦。


その得点の意味は

「一矢報いた・・」

「記念すべき初ゴール・・・」

の域を出ない。

違うところで感動していた・・・。


しかし、昨日のスコアは

見た目同じでも内容は全く違う。

ラスト5分まで

後半40分まで1-1。

相当拮抗した展開。


相当数のピンチをしのぎつつ

猛攻を仕掛け

頻繁に決定機も作る。


その都度、悲鳴と歓声

大いに沸くスタジアム。


先制され0-1(後半27分)

追いつく1-1(後半36分)

この瞬間の大歓喜!!


選手もサポーターも勢いを取り戻す。

蘇った瞬間だ!!

更に逆転をめざし襲い掛かる


が・・・・・

逆に前掛かりになったところを突かれて

立て続けに失点。(後半42分、同44分)

万事休す。。。。。。( ノД`)



けれど同点の後半40分過ぎ

仲間VS京都GKの1対1の状態から

あわや大沢の逆転ゴール???

・・・・というシーンを作り出す。


熱狂・絶叫・発狂!!!


一番盛り上がった瞬間だ。

幸せな時間だった。


前半終了直前にもミゲルが同じようなシーンを作った。


つまり

あれが決まっていれば・・・・

あそこで入っていれば・・・・

違う未来が想像できた展開なのである。


今日はこの結果を受け入れるが

それは「神様の気まぐれ」であり

次回は違う結果を期待できる!!!

隣の異次元では

カマタマーレが3-1で快勝した未来が同じく進行しているのでないか??

・・・・と感じるほど。笑


そんなテンションの談義があちこちで聞こえる。

責めているのではなく、

選手の健闘を讃え、

少し意地悪なサッカーの女神さまに愚痴をこぼす。

そんな時間が訪れる敗戦にもサッカーのだいご味を感じる。


もちろん「ひいきの引き倒し」のエッセンスが降りかかる。

だがそういうエンターテイメント性が

今の讃岐にはある。



お叱りを受けること覚悟で申し上げる。

昨日の試合は面白かった。


セレッソを撃破して波に乗る「カマタマーレ讃岐」

先制を許すも意地の同点弾!!

その勢いを持って

失点覚悟で

逆転を目指して攻撃を続けるも

結果、敗れる・・・・。


あの時、

同点を「良し」として

守りきる作戦も選択肢としては有ったかもしれない。

しかし・・・・もうそれではつまらないのだ。

長居で見た奇跡を知る以上、

もう一度見たいとサポの中のDNAには刻まれてしまった。

もう消えることはない。


逆転を信じて攻撃を継続したことに

成長と自信を垣間みて

だから胸を張って「面白かった」といえる。


玉砕したことを誇らしく思う。


そういうスタイルが人を引き付けると思う。

そして新たなお客さんがやってくる。

私はそう思う・・・笑


IMG_7772.jpg



ほぼ1年ぶりのピカスタ観戦

こんなことを書くこと自体が大人げないが・・・(笑)

けど

今年もオープニング映像かっちょえ~~!!とか・・

とか何とか間に合う丸亀ナイター!!とか・・

スタグルさびしいかな・・・けどグッズ売り場充実・・ガチャガチャ楽しい!!とか・・・


まぁ、初観戦目線に近づけるので今後のホスピタル向上の糧としよう。

いや。。。まぁ。。。。いずれはスタジアムに戻りたい。

私の本質はサポーターである。


しかし

それは少し先の事だと思う。

だから皆さん

次からまた応援は任せた!!!

いつかまた合流しましょう。



とりあえず天皇杯1回戦かな・・・・笑





カマタマーレのブログたくさんあります!!

色々な角度からカマタマーレが語られてます。

ぜひのぞいてみてくださいね!!










にほんブログ村






アフター5はピカスタへ!!

明日はナイター

文字通りのご案内である。

IMG_5692.jpg


初めてカマタマーレを見に行く人の不安

+面白いかどうかわからないし・・・

+お金もかかるし・・・

+負けちゃったらつまらないし

=そんなリスクのあるイベントで貴重な休みとお金を浪費したくない!!!

・・・という心理作用が働くそうである。


ゆえに最初の観戦は意外に平日開催から

無料招待から

という方が意外に多い

私もある人から無料招待をいただいたことが最初のきっかけである。


明日の試合は平日である

一週間の真ん中・・・水曜日。

勤め人は一息入れたい

何か週の後半乗り切る変化がほしい・・・と思ってるだろう

会社帰りに巨人戦を見に行くサラリーマンにあこがれていたこともあるだろう。



涼しい平日の夜に

地元でJリーグの試合があるのである!!

試してみるのにもってこい!!(笑)




遠く丸亀で??

まぁ高松のサラリーマンはそう思うかもしれないが

19:00キックオフです。仕事終わって充分間に合う。



会社を出て快速サンポートにのれば30分程度で丸亀

其処からシャトルバスでスタジアムまでは15分

PM4:00~キックオフ時間のPM7:00まで15分おきに出ている。

(丸亀駅に7:00時以後到着の方はバスはないからご用心・・

タクシー移動になるけど割り勘の3人乗り合わせならそんなにバスと変わりません。)


詳細こちら


あとはスタジアムでビールでも飲みながらJリーグ観戦して

友人・同僚・恋人と楽しい時間を過ごせばいいのである。

平日のアフターファイブを楽しめばいいのである。

帰りもシャトルバス&JRで帰宅する。

2016032712330047e.jpeg


201603271233493e6.jpeg



吉祥寺のサラリーマンは東京ドーム(水道橋)に50分かけて訪れる。

その同じ移動時間

東京のサラリーマンにストレスでなく

香川のサラリーマンい苦痛とは思えない

ただ香川の生活で高松~丸亀は「旅」というような刷り込みが働いているだけ(笑)

踏み込んでみる価値があると思うのですが・・・・


後、負けちゃったらつまらない・・と心配してる方へ

今のカマタマーレは楽しいです。

どこが楽しいかって??

それは絶対スタジアムで感じれます。

というか・・文字にはできない・・・・

あのドキドキとハラハラ・・・・そして・・・・

・・・・・騙されたと思って是非スタジアムにきてください。(笑)

明日は今年度もっとも「旬」のカマタマーレかもしれない。

そんなわくわくを抑えきれない輝きがあるのです。


サポさんもぜひ、日曜日忙しいお友達誘ってあげてみてくださいね!!


IMG_3604.jpg


追伸

そしてもう一つのテーマ

「楽しくなかったらお金がもったいない!!」

・・・・と思っている学生さんたちへ

明日は何と中高生「100円!!」で観戦できます!!

しかも屋根つきのメインスタンドA席!!!

100試合記念メモリアル企画です!!

先着100名様まで・・・


是非たくさんの人達で見に来てくださいね~~~!!!







カマタマーレのブログたくさんあります!!

色々な角度からカマタマーレが語られてます。

ぜひのぞいてみてくださいね!!










にほんブログ村






ああ・・女神様!!

前節から引き続き

セレッソ戦も

幽閉していたうどん牢から脱出して

長居で大暴れのマモノ君・・・。

何故か最近うちの試合に顔を出す(ぐぬぬぬ・・・・)


今回もAT2分に

とんでもない悪行をやってのたけた!!!


しかし!!!!!

彼の野望は一人の光の女神さまの前に潰えた・・・・




 ( ⌒ )
  l | /
  / ̄ ̄\
 |;▼ ▼ |
_⊂\_皿/  AT4分に再勝ち越し弾とか
 /   ノ∪  もうやってらんないっすよ!
 し―-J |l| |
         ペシッ!!
     |\_  _/|
     )\_| |_/
    ⌒)     (⌒
      ⌒ Y ⌒




その女神さまはこちら!!!

カマタマーレ讃岐 応援女子マネージャー 

本多春奈 様!!!!!

今節は「カマタマR」のロケをかねて

グッズ売り場,、スタジアムやサポーターの取材の後

私たちと合流!!!

IMG_7760.jpg
(勝利のジャガーポーズ??)


今節からマネージャーから

光の女神さまへご昇格あそばしました。


姿を見ればご利益あります。

彼女が現れればマモノ君はスタジアムに入ってこれません(笑)


みなさん!!

スタジアムにご降臨の際は手を合わせて拝んでください~~~

((⊂(^ω^)⊃))








カマタマーレのブログたくさんあります!!

色々な角度からカマタマーレが語られてます。

ぜひのぞいてみてくださいね!!










にほんブログ村

アウェイ セレッソ大阪観戦記




その瞬間、アウェイエリアは凍りつく

眼下には7日前にピカスタで見た光景と

同じものが広がる。


懸命に守り続けたアドバンテージ1点。

またしてもそれを試合終了寸前に失う。


うつむく男性サポーター

今にも雨が降り出しそうな空と

おなじ顔の女性サポーター。

鎮まり返り、静寂が支配した1分間。

・・・・・

・・・・・

・・・・・


試合は立ち上がりの開始早々の10分に

柿谷に被弾。


勝つなら1-0と割り切っていたサポーターの

プランは早々に崩れた。


少なくとも1点。

勝利を得るには2点、

「あの」セレッソから奪わねばならない。


それは気が遠くなる作業におもえた。


逆に「9試合勝ちなし」

という恐怖との戦いを強いられた。




しかし、懸命の応援が通じたか

失点直後から徐々に讃岐の反撃が始まる。

そして、ついには

あのセレッソの堅牢な守備陣から

2点を奪う。



馬場が同点弾を叩き込み、

航大コーチがヘッドでボールを押し込む。

逆転。



この時点で奇跡に近い心境。

これまでの苦労が報われ、

一つのドラマチックな伝説が加わることを

サッカーの神様に全員で懸命に祈った。



第四審判は「ロスタイム4分」を表示。

「長い…」いう感想とともに

戦う時間は最後の切れ端を迎える。


祈る。叫ぶ。

もはやこれしかできない。


しかし、

その悪魔が演出したのような瞬間は

綺麗なスローモーションで展開し

左サイドからゴール・ファーに放物線を描き

放たれたかと思うと

そこにいた桜色の戦士が

渾身のスイングで

ボールをカマタマーレゴールに突き刺す。


空間を引き裂く18000人の大歓声。

いや何か爆破されたような振動。



この瞬間、

私は

ここまでの奮戦すべてが水疱に帰し

又、意地悪な女神様に翻弄される運命を

呪った。

冒頭部分はこの直後のアウェイエリアの風景。



この時、私の時計は5時52分を指していた。

ロスタイム突入直後の90分経過時に

チラリと見た腕時計は5時50分を指していた。


「あと2分…ない……」声に出る。


しかし、アウェイエリアの誰かが叫ぶ。

「まだだ、終わってない。時間はまだ…ある!!」

それに応じるように

「相手は10人だ。セレッソの足も止まりかけてる」



そこには王者セレッソに対する

気後れ

コンプレックス

恐怖はない。

ここまで堂々とたたかってきたのだ。

そして王者を追い詰めた。

その思いがアウェイエリアを

強く、逞しく、ふてぶてしくした。


最後の2分に

最後の

乾坤一擲の一撃を期待しても

いいではないか!!…と。



CLが冷静にサポ全体の呼吸を整え、

キックオフと同時に大合唱。

「戦え漢達」を繰り返す。

多分…この選曲だったとおもう。(笑)



セレッソは気落ちした讃岐の間隙をつき

さらなる攻撃圧力を強める。

彼らのテンションは獲物を仕留める、

まさにオオカミのそれである。

このオオカミはその空腹を

勝ち点1では満たせない。



結果、

残りほぼない時間は

セレッソの攻撃に費やされ

我らの手の中には何も残らない事も覚悟した。




その猛攻の最中

目をつぶりそうなセレッソ決定機の刹那、

弾き出されたボールが讃岐選手の足元へ。


最後の瞬間、カマタマーレはボールを保持し

前を向いた。


誰かがつぶやく

「カウンター……」

そして叫ぶ

「いけぇぇぇえええ!!」


もう、だれがだれか

ボールがだれが保持しているか

全く記憶にない。

ボールは一回タッチ割ったかリスタートしたか…


そんな事も記憶にない。


ただ、讃岐のアタッカーが

アウェイエリアめがけて殺到してくる。


懸命に叫ぶ。


選手が、あのセレッソ選手を

最強のクラブの戦士をなぎ倒す様に前進してくる。

あらっぽくはある。

しかし、強い。


もうゴール前

だれが運んできたのかすら

もう私にはわからなかった。



息が苦しい。




その瞬間

だれかが叫んだ

「西!! ……!」




次の瞬間視界が揺れて

大きな爆風が駆け抜けた。



気がつけばハイタッチや抱きつく歓喜のなか

ふと凪の水面の様なエリアに流がされてきて

たたずむ自分に気づく。


はじめてだ

私はタオルマフラーで顔を押さえていた。

46歳がリアル世界で泣かされる事はない。



しかし、

しかし、

この目から溢れるものは汗ではなかろう。


勝利の瀬戸の花嫁

シュラシュシュシュ

何も覚えていない。

ただただ、泣き笑いの中年は

意味不明の咆哮を続けていたようである。




カマタマーレのブログたくさんあります!!

色々な角度からカマタマーレが語られてます。

ぜひのぞいてみてくださいね!!










にほんブログ村

厄落とし・お祓い

先週のロスタイムの事件の主犯を確保いたしました

(*`皿´*)ノ





___400x400.png


     
            マモノ談   先週は楽しんでいただけたかな???






まっ~~~~~たく反省していないようなので

このままこのブログに拘束いたします。

(`・ω・´)



二度とあらわれない様に

絶対、明日ヤンマーに来ないように・・・・・


皆様、脱走を防ぐ秀逸なコメントお願いいたします!!!!!


(。>ω<。)ノ









カマタマーレのブログたくさんあります!!

色々な角度からカマタマーレが語られます

ぜひのぞいてみてくださいね!!










にほんブログ村






うどん隊員が落ち合う場所は・・・(笑)


IMG_6184.jpg


3万の相手と戦うという事は

少数の我らには乱戦・ゲリラ戦に持ち込まねばならず、

図らずも友軍からはぐれた場合は

一般大阪府民に身をかえて生き残る事としよう。
ヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3


そしてその場合、

秘密の落ち合う場所は・・・。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



ここ!!


IMG_6171.jpg


その際の合言葉は

こいつ・・・うどん県民だな・・・

と気が付いた方が、、、、

「何玉だ??」と問う。

返す言葉は「釜玉!!」

とします。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



みなさん

ゆめゆめ「合言葉」忘れないように・・・・

セレッソサポの捕虜にされると

何故か「たこ焼き屋さん」に連れて行かれるかもしれません(笑)

(それも楽しそうだが・・・・)


どんな結果になろうと

受け入れる度量と

大阪遠征そのものを楽もしむメンタル。

それぐらい図太くまいりましょう。


もちろんおいしいお酒を期待してOK

ポジティブに

謙虚に

勇敢に

串カツを食べて帰りますか!!!!

IMG_6173.jpg

IMG_6174.jpg


もちろん

お好み焼きでも

たこ焼きでも

お寿司でも

フグ料理(驚!!)でも


それぞれの仲間で楽しく落ち合って

大阪の夜を楽しんでくださいね!!!



IMG_6222.jpg

お気づきですか??

その日は土曜の夜ですよ!!!





えぇぇええっと・・・・(=∀=)

本日はグルメ紹介の内容でした・・・・








カマタマーレのブログたくさんあります!!

色々な角度からカマタマーレが語られます

ぜひのぞいてみてくださいね!!










にほんブログ村




さぁ行こう!!!3万のセレッソの中へ

IMG_6217.jpg

セレッソは我らを迎え撃つに3万人の大サポーターを動員する

J2リーグようやく3年目の新米で、

現在12位で、

観客動員数現時点でビリ。

強化予算の乏しく・・・

まったく地方都市にある・・・

そんな小さな街のJ2クラブを全力で叩きに来る。


いや・・叩き潰しに来るのである。


そして、彼らは・・・ 

今シーズンの彼らは

ついに覚醒したこのカテゴリーの「王」である。


勝ち点差なしの3位であるが

その選手層や戦術、技術、施設、観客数

すべてがJ2のそれではない。

総てが圧倒的である。



我らが仰ぎ見る「松本」「岡山」を撃破して

その勢いのままにホームで「讃岐」を迎える。



その王者が3万のサポーター・・ほぼ全軍を投入して今節を戦う。

セレッソ側からすれば絶対落とせない戦いである。

間違いない。

かれらの絶対防衛ライン。

その相手がカマタマーレ讃岐という訳である。






恐らく

残念ながら恐らく

まともに戦って勝てる可能性は「ほぼ」ない。


しかし、サッカーが机上の理論だけでは完結しない事はご承知の通りだ。


この1月半の試練は私達の希望や夢を大きくしぼませ

大クラブ相手にひるまぬ気持ちをけずったかもしれない。



しかし、まだ戦う力は残っている。

私はそう信じる。


今節、長居に集結する讃岐のアウェイ遠征隊は

この状況下でもチームと共に戦う最精鋭部隊である。



集え!!

讃岐のサッカーを愛するすべてのサポーターよ!!

ヤンマースタジアムの南東コーナー隅に集結し

其処に強固な砦を築こう!!


そこで尽きない愛と勇気を選手に供給し続けるのだ。



セレッソサポさんへ

恐らく200名の遠征隊です。

観客動員に貢献できなくて申し訳ないです。

しかし、その200はしぶといですよ。

このリーグに3年い続け

苦難苦汁を選手と共に歯を食いしばって過ごしたサポーターです。




はっきりいう!!

讃岐サポーターの現時点で出撃できるサポーター全員で

其処に立て籠もり戦う!!!


古の伝説の砦

大軍を跳ね返し続けた

英雄が指揮する砦

真田丸


それと酷似した魂の砦

大阪市東住吉区長居スタジアムに「讃岐丸」出現!!!



みんなでいこー

大阪に!!

長居に!!

ヤンマースタジアムに!!!

讃岐丸に入城せよ!!!




追伸

もちろん大事な家族・お仕事・経済的なテーマをクリアーした勇者で行きましょう

行けない人は魂預かります。

どこにいてもみんなは一緒です(笑)





本日は暑苦しいブログですいません・・・・あぅ・・・・





カマタマーレのブログたくさんあります!!

色々な角度からカマタマーレが語られます

ぜひのぞいてみてくださいね!!










にほんブログ村










プロフィール

がくお 

Author:がくお 








2017年 チャント集

2017 カマタマーレ 選手チャント
2017 カマタマーレ 選手チャント posted by (C)がくお

2017 カマタマーレ チームチャント
2017 カマタマーレ チームチャント posted by (C)がくお

ブログサブタイトル 

2017 J1侵攻編

カマタマーレ讃岐公式ホームページ
コチラから


2013年6月30日以前のブログはこちらです
とあるサポーターへの追憶~カマタマーレサポーター日記~


にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 



小学生では水泳を習ってました。水泳の脚力アップにサッカーを習いましたがむしろサッカーの魅力に取りつかれました。しかし小学校5年生からのスタートはハンデでした。伸び盛りのゴールデンエイジにまだサッカーをはじめていないこと。インターネットなどがなく、今ほど理論的な指導はなく、スクールなどは充実していなかったことなど。何よりその才能はサッカーの神様に愛されているとは到底言い難いものだったこと(泣)。選手としてはMF、DF最後はゴールキーパーとして15歳の試合を最後に(中学総体時)に引退しました。

月日は流れ・・・

その後もサッカーは好きで代表戦やJリーグを中心にサッカーを見ていました。トッププレーヤーのため息が出るほどの美しいプレーを見るたび、自身の才能のなさを嘆くこともありました。なぜサッカーをすることにおいて、サッカーの女神は私を愛してくれなかったのか?(同じ名前なのに鹿島の柴崎君は愛されているようです・・・笑)その答えは40歳を過ぎた時に明らかになる出来事がありました。わが郷土にJリーグを目指して闘い始めたサッカーチームが現れたのです。女神様は競技する才能を私に与えなかった。しかし、それと引き換えに「サッカーを愛する才能」をふんだんに授けてくれたたことに気が付きました。そしてその才能を充分発揮できる宝物も与えてくれました。今、私の才能・・・サッカーを愛する才能・・・のすべては一つのチームに注がれています。そのチームの名前はわが郷土から初めて誕生しようとしているプロサッカーチーム・・・「カマタマーレ讃岐」。このチームとともに神様が与えてくれたミッションを果たすべくすすむ大冒険をブログにつづりたいと思います(笑)

よろしくお願いいたします

(=゚ω゚)ノ


このブログタイトルについて

初めてカマタマーレの試合を観戦した時に目にした古参サポーターさんたちの情熱。とても感動したのを覚えています。それ以後、彼らの熱い思いをいつまでも振り返れるよう、そして自分自身が忘れないようにこのタイトルをつけました。

飛行士業

しかし、モデルとなった原作「とある飛空士への追憶」のようにさわやかなブログには程遠く「暑苦しく、無秩序に取り乱した文章」を書き散らかされております。ご容赦ください。ちなみに筆者イメージも原作とは程遠く「飛空士」というより「低牛」のほうがイメージに合致します(笑)

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 

最新トラックバック

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR