飲み屋で




今日は先週につづき

横断幕制作のお手伝い。

今日で完成。

昨シーズンに続き作成したので

来年は作る事はないそうです。

参加された皆さんお疲れさまでした。


ところで昨日

43さんあらためシミケシさんと

アウェイ遠征の作戦会議を

居酒屋さんでしてました。

すると隣で出来上がってるおじさんに

声かけられました。




相手は酔っていたので

意味不明のクレーム⁈(笑)

高松にスタジアムが無いとか

丸亀に駐車場で何時間も待たされたとか

J2のくせに⚪️✖︎▲〜

私らに言われても

どうしょうもないテーマで

絡みたかっただけのような

意味のないものでした。(´Д` )

(途中からこちらが相手しなくなった)


ただ少し気が付いた事は

居酒屋で

カマタマーレの話題で盛り上がれば

周りで感心ある別のお客さんが

「会話に加わりたがる」

ということがある。

それくらいカマタマーレの

認知が上がってきてる事がわかりました。


拡大して考えたら

リボンマグネットを車につけていれば

車の運転は注目されているし、

居酒屋さんや、うどんやさんで

カマタマーレグッズ装置してるなら

それなりに目に付いている事になります。


まぁ、皆さんは問題ないとおもいます。

…が基本、油断しまくりモードの私は

ハラハラです。


そんな休日でした。




カマタマーレブログ村はこちらから




あとひと月



あとひと月。

みんなでニッパツに集まって

ワクワクしながら

試合開始を待ってるのだろう。



試合前後

中華街でささやかな飲茶や

横浜ラーメンを楽しむ人もいるだろうし、

弾丸クルマで駆けつけるて

インター名物を楽しむ人もいるとおもう。


公式ツアーのリリースはないが

カズが登場するかもしれない開幕戦。

スタジアムも横浜駅に近いニッパツ。

前日夜は沼田が移籍した大宮の開幕戦。

金額や移動手段によっては

いい商品出来て発表されるかも(笑)

もうすぐリリースあるかも。



そんなことに期待しながら

時間切れにて格安航空券をおさえました。(笑)

楽しみが近づいてきて幸せ。


いや、本当にしりませんよー

公式ツアーか本当にあるかないかは…

あくまで私の願望です。(笑)











カマタマーレブログ村はこちらから



日程君へ

カマタマーレ讃岐 全日程

日程君


日程君、

今年はどんなドラマを用意してくれてるのかしら・・・・。


絶対ハッピーエンドである保障はない。

ここがつらい。(笑)

彼はラストエンディングを知っていても・・・

教えてくれないのだ。


22分の1か2個しか凶は入ってない。

22分の3個しか大吉は入ってない。

3つ中吉が入ってて

そのうち一枚が大吉にかわるらしい。(笑)


ただ、

結末や

エンドロールに書かれている俳優さんの名前は

その最後にしかわからなくても

一試合一試合の瞬間は楽しめる。


ホームでもアウェイでも

ボラでもサポでも

その瞬間は楽しいのだ。


まだカマタマーレの試合見に来ていない人は是非来てください。

いつでも仲間です。


まだアウェイ行ったことのない人

近場でもいいのでご一緒に。

岡山、徳島、愛媛、大阪


遠くに行ったことない人

一度旅をしてみませんか。

札幌、山形、清水、松本


サッカーツーリズム

楽しい時間です。


コマンド

カマタマーレサポは旅の地図を手に入れた

使う
  捨てる

さぁ・・・行きましょう~


追伸

行ってみたいアウェイは

晩春のアルウィン 

やっぱ・・いいわ・・・あそこ・・・(松本山雅)

5万人収容のヤンマースタ 

Wカップ対応スタ・・・昔日本代表の試合見た・・そこでカマタマーレ試合するの!!(゚д゚) セレッソ大阪

J2初登場  アイスタ

ご存じオリジナル10。J2初登場の清水エスパルス

はじめまして維新公園

レノファ・・・最も警戒が必要な新鋭。だけどどんなところか楽しみです。

どんなところだ??

味フィ   9月東京ヴェルディ戦

札幌厚別  11月北海道コンサードーレ

もちろん近県もすべて行きたい

九州も行きたい

北陸も北関東も山形も

平日京都も・・・・

全部ジャン・・・・・

(*`皿´*)ノ


写真はアルウィン

l.jpg




カマタマーレブログ村はこちらから




旋風


この写真はサポMKちゃんからいただきました。
素敵なアウェイエリアの写真。

旋風。

いいじゃん。

是非、今年の販売されるだろう

新型タオマフに

大きく「旋風」とかいてほしい。

すべての応援シーンが

遠征先のアウェイエリアや

ピカスタの

バックスタンド・メインスタンド

みんなサックスブルー&旋風の文字で

彩られたら壮観である。


バックにながれる「勝利の鐘」

水色熱狂の大旋風。

ひるがえる大旗に「旋風」の二文字。


おお…*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*


われらは

謙虚で義理堅く

忍耐強く、寛大であらねばならない。

優しく、強くありたい。

これが幾度もあったピンチから

カマタマーレを救った不思議な力の源。

…と思う。


また、さうでなければ

旋風は起こらない。

夏の甲子園を見て頂けたら

お分かりの事とおもう。


その上に野心を置こう。

夢見る人々もまた

魅力的であるから。


垣間見る野心

いや願い。

思い。

ゆめ。


今、すべての武器が装填されていく。

冒険の時間が迫る。

そんな自覚あります。


旋風

まっすぐに上昇する

トルネードの事であります。


みんなでこの風に乗りましょう

(=゚ω゚)ノ





カマタマーレブログ村はこちらから






ボランティアスタッフ説明会

さて・・

支援層へのアプローチ2弾。

ボランティアスタッフ説明会。


詳しくはこちら

2016シーズン ボランティアスタッフ説明会開催のお知らせ


何が変わったって一番変わったのは

ボスが変わったこと。

元「炎の守護神」から

元「讃岐の城塞CB」に変わったところである。


基本的には選手出身の社員さんは

「心の英雄」認定されているので

100%要望に応える・かなえてあげたい仕様に

私はなっている



むしろ

「うちの家木になんちゅうこというんや!!」

「うちの波夛野を困らせてくれたようやな…怒」

・・・と来場の「Jリーグ」関係者にかみつくぐらいのメンタル。



いやいや各関係者をリスペクトせにゃぁいかんし

迷惑かけたらいかんので

本当にしたことはありません(笑)


まぁ・・間違いなく「親衛隊化」はしてますが・・・笑



さて話を戻しましょう。

新しい「ボス」のお仕事、第一号。

この説明会。


以前も書かせていただいた。

ここは「カマタマーレ」に参加する最もハードルが低い窓口。

どなたでも参加できる貢献で

あなたにしか解決できない貢献の場所です。

興味がある方はぜひ、ぜひ、ぜひ来てくださいね。



恐らく2月14日のプレシーズンマッチ

鹿島アントラーズとのPSMにおける

ボランティア要請があると想像されます。


練習試合だけど

ここで成功するか失敗するかで

今年の入場収入や観客数が大きく変わりそうな

大イベントです。

1人でも多くの力がほしい。



カマタマーレ好きだけど

自分の居場所が「はっきり」わからない方。

いや・・・むしろカマタマーレを知らなくて、

休日の過ごし方や居場所、仲間を探されている人

こんな人でも大歓迎。


ここには

あなたでなければできないことが必ずあります。

あなたが来てくれることをカマタマーレは待っています。

あなたのいるべき場所が見つかるかもしれません。



みんなで首を長くして待ってます。



追伸

どうしても心配なら「アウェイゲート希望」と申告してください。

私の担当エリアは私の裁量が一部認められてます。

お約束である以上どんなにお客様の行列ができても

例え「槍が降って」も

キックオフ30分前にはボランティア終了していただきますので・・・笑

お待ちしてま~す

(=゚ω゚)ノ



IMG_5975.jpg



カマタマーレブログ村はこちらから





サポーターズミーティング 

いよいよ本格的な始動ですね。

クラブの支援層に対するアプローチが始まるという事は

開幕に向けた臨戦態勢を宣言することと同じです。



サポーターズミーティング意義ですが、

カマタマーレというクラブを分解してみると

①いわゆる「現場」。選手監督コーチとその支援システムも含めた実戦部

②ファン・サポーターにアピールしグッズや試合を管理する運営部

③スポンサー獲得や広告を管理する営業部

④サッカー教室を行い育成、知名度の普及、収益確保する育成部

⑤この4つを統括する「経営最高決定機関」

この5つ。


この5つそれぞれで自身の分野の決定権を持つ

いわゆるトップマネジメント・システム



しかし、このシステムを採用する場合

他人の分野に対する影響力を持たない。

これが鉄則。

運営が営業の仕事の決定権をもてば混乱し、機能しなくなる。

まぁ…当たり前だが・・・・笑



更に円滑に機能させるには

お互いの分野間で

「仲良くする必要はない」とさえ言われている。

「尊敬する必要もない」

ただし「攻撃しあってはいけない」。

これがルールだそうだ。

外でとやかく言わない。

ほめあう事すらしない方がいいらしい。


けどこれは究極の「信頼」の裏返しである。

相手の能力を信頼しているので

「けなすこともなく、いまさら褒める必要もない」のであろう。

「大丈夫前提」で自身の仕事にのみ集中すればいいのだ。


そしてその信頼を支えているのは「情報の共有」

これがサポーターミーティング

運営側とサポーターの情報交換会である。

そういう意味で重要である。


カマタマーレというクラブがなくなればファン・サポは困る

ファン・サポがいなければカマタマーレというクラブは困る

そもそも双方にその存在を依存している立場で

2つは同じ「カマタマーレ・ファミリー」なのである。

故に情報を共有して「信頼」を増せばいい。

納得したなら安心して私はサポーターやボランティアをする。

私の仕事

サポを増やし、

お客さんをもてなすことに集中する。

ほかはすべてうまくいっているはずだから

私の責任を全うしたいと考える。


そうするためにはサポーターミーティングはありがたい。

お互いの情報交換だけなので

別に対決の構図にはならない(笑)


けど・・・

なんかいつも重苦しい感じはするなぁ・・・笑


IMG_1661.jpg






カマタマーレブログ村はこちらから







横断幕作成



サポーターグループの「フェイスブック」で

横断幕作成協力募集が出ていた。


私は申し込み、参加させていただくことにした。

微力ながら1文字、横断幕の作成のお手伝いする。


こういう製作協力をアナウンスしてくれる

讃岐サポーターグループはありがたい。

皆で応援環境を作り上げ

盛り上げている感が程よく保たれている。



まぁ製作現場の環境問題で「お子様不可」

資材等があり

少し大人でないと危険。

また場所も高所(?)がかっていて親の目が離せない場所。


ここはご理解いただきたい。


その代わりに丸亀で「太鼓の練習」イベントがあったのだとおもう。

いや「代わり」を意図したものかどうかは取材していないが・・・笑

掛け持ちしてるコアメンバーさんはいる。

雪の中、急ぎ丸亀へ・・・・ホント・・大変である。


いつも感謝しています。


またゴール裏に掲げられる横断幕は

42戦フルで戦うから傷みも激しい。


だいたい・・・2シーズンが限界??

今回作ったのと同じものを

まさに2シーズン前に作ったと思う。


材料は布。

縫合は手縫い。

有志のご母堂様が縫っていただいているらしい。

デザインも下書きも色塗りも自前。

総て「手作」。


数十万円かかる製作費をけなげに節約し

温かみのある横断幕を作る。


そして多くの参加を募り

参加者が増え、みんな何かしらカマタマーレにかかわりをもてば

愛情や相互理解が深まる。

結果、交流や団結が広がるのだろう。



それもまたよし。

それが幾重に重なり伝統や文化になるのだろう。



次週は色塗り。

再度募集があるかどうかはわからないけど

是非機会があれば参加してみてはいかが??

自分の作成した一文字が

ずっとゴール裏で輝くのである。

自身が参戦できないアウェイでも

その一文字が

選手の背中を押すのである。

これもカマタマーレライフの楽しみ。

「おお・・俺の字・・・写ったぁぁぁああああ」とか・・・・笑


o0480036011845618813.jpg



今年再度募集するのかは聞いてないのだが、

来年でもいいので是非一度ご参加あれ。

ワイワイ楽しいですよ。



追伸

寒すぎて「太鼓練習ー丸亀」は欠席しました。

まことにスイマセン~(T_T)








カマタマーレブログ村はこちらから







讃岐の誇り胸に




新メンバー加入。

新体制発表。

アントラーズとのプレシーズンマッチ。


チームは次々と新たなる挑戦の準備を始めた。



わたしも今年の準備を始めよう。



その前に一つ、

どうしても乗り越えねばならないイベントがある。

その話を少し紹介します。


昨日、

守護神運営担当の旅立ちを見送る。

彼はわざわざ忙しい中

時間を作りボランティアの新年会に

来てくれた。


今まで本当にありがとう。

そして心からおめでとう。

彼は新しい挑戦を始める。

大きな海へ。

会えなくなるのは残念だけど

同じ空の下で

同じものを目指して

いつもがんばっているのだとおもうと

不思議と今はさびしくない。


彼がこれから目指す頂は

おそらく我らの夢と同じものだ。

…とおもう(笑)


彼の夢と

我らのゆめが

再び合流する日を「夢見て」

いまは、暫しのおわかれである。


おつかれさまでした。

ありがとうございました。

また、必ずお会いしましょう。

我らの愛する守護神さま




俺たちの思いは一つ

勝利信じ、戦え。

讃岐の誇り胸に

いざ行け、ゴール目指し。


いや、あの漢は

常体を張ってゴールを守っていたのだったな(涙)





追伸

彼が選んだ歴代最強オールスター

ベストメンバー表。

現役選手はほとんどいない。3人だけ・・・。

これは

今まで一緒に戦った漢達への感謝・リスペクト。

そして

「彼らを超えろ」と現役選手への激励。

GKは自分ではない。

優しい漢。

これも泣ける・・・・

IMG_6776.jpg





カマタマーレブログ村はこちらから











アントラーズ!(◎_◎;)



丸亀にアントラーズがやってくる。

ヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3

何てこった!!(笑)


アントラーズの説明はいらないだろう。

あまりにも有名なので

一人一人にアントラーズ論があると思う。

この練習試合(PSM)はとても楽しみである。(笑)


ここでカマタマーレの発展を願う

3700人の仲間にお願いしたい。


おそらくアントラーズを呼んだ時点で

カマタマーレのPSM広告費は尽きた…と思う。(笑)


だがアントラーズと言う固有名詞を介して

カマタマーレ広報力の増幅に成功した。


ここで再度

「アントラーズとの試合があります!!」と

金かけて宣伝するのは効率悪い気がする。

夕方ニュースの時間にヘビーローテーションでCM

とかの無理はしなくてもいいと思う。

いや、お金あるならしてほしいが(笑)

(もちろんある程度の告知はする事は大前提。)


耳に入る努力を

できる範囲でしっかりやり

その身の丈にあった広告で

自然と耳に残って興味持った人たちが

いまの潜在顧客かもしれない。


この人達に是非カマタマーレを知ってほしい。

見に来てほしい。リピートしてほしい。

だからその人達にこのPSM楽しんでほしい。




私達はボランティアとして

楽しんでもらえるようがんばってみる。


コアサポエリアの人は

自分に最適な範囲の熱いスピリットを

初めて訪れた人に伝承してほしい。


メインスタンド観戦のひとは

自分に出来る最適な優しい心を

初来場者に配ってほしい。


そうすれば必ずリピーターに、

仲間になってくれるとおもう。





私は久しくメイン観戦してないし、

バックで応援も昨年は1試合しか見てない。(´Д` )


そこでは

全くどんな事をすればいいのかわからない。

ただはっきり言えるのは

みなさんを信用していると言う事だ。



逆にアウェイエリアはまかせてほしいし

信用してほしい。

「丸亀良かった」「また来たい!」

と鹿サポさんに思ってもらえるよう頑張る。





アントラーズPSM

最適動員値 5000〜7000人

リターン率 15% (750…1000人)

正直我らの最適値はこの辺りかと…


みんなで目指しましょう。

いつかお客様増いっぱいのところで

試合させてあげたいやないですか。

ウチの選手達に。

(=゚ω゚)ノ





カマタマーレブログ村はこちらから







2016ユニゲット



昨日 18:00 に申込み終了

いい年して嬉しげに・・・とかいう声も聞こえそうだが・・・・

お酒飲めない、タバコもやめた、車も興味なければゴルフもしない人間なので

カマタマーレのユニ買ったり

アウェイ遠征にちょこちょこ行っても神様は怒らんと思うの・・・・(´・ω・`)

といっぱい言い訳を唱えながら・・・購入ボタンを「ポチッ」!!!

残念ながらサイズはメタボなのでXO購入。

番号12番

ネームは GAKU

2月14日のプレシーズンマッチで

鹿サポさんにお見せできないのが残念である。


挑発してるのではもちろんありません。

私の戸籍謄本確認いただければご理解いただけます。(笑)

IMG_4360.jpg


まぁ・・・購入について

いいわけしてる時点で何か後ろ暗いところもあり・・・・


真実を知る神様に

「メタボの段階でウソくさい!!質素倹約???笑わせるぜ~

外食大好き、お菓子爆食、マンガオタク

すきな携帯アプリ遠慮なくDLし、

パケットいつもギリギリ


どこが質素やねん!!! 」 (*`ω´*)
 
・・・・・という事になる。


相対する人格がユニ購入の際はせめぎ合う。



購入直後

親族から購入代行依頼

こちらは他人のお金なので気軽ににサクサク手続きを済ます。

けど今日だけで

わたしの関係者が3着購入・・・・

うーん

もし昨日300着売れてたら

600万の売り上げ。

タオルマフラーで1日600万売上なんて・・・ちょっとない。

日本代表レベルのマッチ会場でなければないともう。


レプユニ恐るべし・・・


つくづく商売は

単価×数量=商売


商売人として

お客さんを増やす事(数量を増やす)は比較的に前向きになれるのだが

単価を上げることも大事である。

ここに挑戦できるかどうかで一流の商売人との分かれ目である。

価格以上の満足やサービスがあるならお客様は喜んで購入してくれる。


値上げしろと言っているわけではない

それなりの価値があるものには「堂々と」値札をつけてほしい。

そして在庫を自信を持ってそろえてほしという訳だ。


購入したカマタマーレサポにとって

レプユニは「20000円以上の価値がある」ので喜んで買っているのだ。

25000円の価値のものが20000円で買えたらそれは『安い』のだ。


私はしばらくカロリーメイトが昼食になっても

全然平気なぐらいこのアイテムには価値を感じている。

購入できたことにとても満足している。


仮に私の作ったサッカーチーム

「Fc がく」 のレプユニ19800円で販売します!!

カマタマーレより200円安いですよ!!!

・・・と言っても全く売れないのだ。笑


これはカマタマーレというブランドが存在する証でもある。


価格やよし。

後は購入者を2000、3000,10000と増やすことを次のテーマとしよう。

今はこのレプユニを金額以上の価値があると思ってくれる人が300人はいる。

ここから始めよう。

カマタマーレブランド・・・自信を持って販売促進強化してね。


追伸

はやりのエアロタイプ・・・ではないよね・・・・

その場合、「価値」はそのままで装着不可に・・・・なります・・・・

あぅ・・・・(T_T)




カマタマーレブログ村はこちらから








真田丸 釜玉丸

珍しく今年は家族で大河ドラマ鑑賞している。

2016年 大河ドラマ 「真田丸」


すでに2回終了したが

現代風にテイストされた戦国絵巻が面白い。

俳優さんも豪華で実力派が多い。



けど真田家は天下を取らない

「獲ろう」と思わなかった節すらある。


織田家

豊臣家

徳川家

彼らと同じ時代を生き抜いた割には

最大領地でも真田家は豊臣政権下の9万石。


ここがめいいっぱい。


きらびやかな戦国武将の中では中小規模の域を出ない。


ほかの大河ドラマ主役の

毛利元就、黒田官兵衛、山内一豊、伊達正宗、直江兼続なんかより遥かに小さい。


まぁ、戦争もお金がなければできないわけで

海どころか大きな川もない(交易ができない=商売できない=お金がない)金山もない

上田市周辺から「天下」を狙うのは

土台、経済力的には無理だったと思われる。

もし・・真田家が太平洋側の港にあったら歴史は変わっていた可能性はある。


しかし・・・彼らは

「ないものはない」と受け入れて

ひたすら戦国を生抜くことに徹し

自身の手に届く努力を続けて

いつも天下に名をとどろかせた。


たかだか9万石の大名が

「日の本一の強者」やら

「最強の忍者軍団」やら

野戦上手の家康を「もはやこれまで・・・」と追いつめた・・・だの・・・


結果現代社会においてでも

ほかの戦国武将に負けないスーパーな「愛され方」をしている。




何故か・・・

それは、彼らが戦国時代屈指のジャイアントキリンガーだからである。(笑)


真田家は2度にわたりメジャー戦国大名の

天下人 徳川家康 の侵攻を撃退している。

見事に数的不利を覆し

知略を絞り、地形を利用し、人を和を持って見事に勝利を収めている。


第1次上田合戦  真田軍勝利 戦力比   2000 対 7000

第2次上田合戦  真田軍勝利 戦力比   3500 対 3万8000


豊臣方についた 3度目の対決

大坂夏の陣 は幸村の敗死で終る。

しかし兵力差以上の圧倒的劣勢から

ほとんどジャイキリ完遂までいった。


真田家の軍略や戦術評価を不動のものとした戦いである。

真田を天下に鳴り響かせた戦いである。


400年以上の戦国の世でも

ジャイアントキリングは称賛されるのである。


これはわが釜玉丸にも言えている。

我らは責任企業を持たない。

つまり戦うための資金は湧いて出てくるわけではない。

毎年J1で優勝争いを・・・天下人を狙える環境にはない。



しかし我らも意外に大物食い。

ジャイアントキリンガー(!?)である。

昨シーズン、

ジュビロもセレッソも大宮も福岡もウチに勝ち点を奪われている。




今年の大河ドラマ・・・

ストーリーを楽しみつつ

カマタマーレを重ねて過ごそう。

いや・・・アウェイの帰りに「真田丸」見ながら帰ろう。


「真田丸」

鉄壁の防御を誇る大阪城に

突如、現れた超攻撃型の砦。


つい、強固な守備に支えられた讃岐の新しい戦い方と重ねてしまう。



そうだ、松本に行ったときに足を延ばして上田に行ってみよう。

どうかあやかれますように・・・とお願いしてこよう。

今年のフットボールツーリズムのメインかもしれない。

11.jpg




一昨年前

蕎麦屋から松本市内を写した写真。

この反対側の山向こうが信州上田・・・・


d.jpg


追伸

松本サポ、パルセイロサポに間違いなく怒られる(笑)

うちの郷土の英雄に勝手に頼むな~!!!って・・・・

安心して・・・・

平賀源内が大河になったら拝んでいいから・・・・

( ´ⅴ`)ノ




カマタマーレブログ村はこちらから


にほんブログ村

開幕アウェイにみんなで!



今からJリーグ誕生年にタイムスリップし

香川のサッカーファンに


カズ(三浦知良)が出場濃厚な

名門横浜FCと

香川のJチームが

ニッパツ三ツ沢球技場(マリノスの聖地)で

J2リーグ開幕戦を戦う。


…と教えてあげたら

「絶対見たい!!」というとおもう。

そして

「そんな事を夢見ています」と答えるだろう。


時間が大量に過ぎ

日本のフットボールを取り巻く状況が

劇的に変われば

逆に何か埋没してしまう感じがするが

やっぱり素晴らしい事で

是非この目で見てみたいビックイベントには

違いないと思う。

その価値は色褪せない。



もちろん、アウェイ参戦は

事情が許すなら(笑)と言う制限は必要。

誰かを悲しませてまで参加してはいけない。

しかし

時間や事情が許すなら

是非、こんな素晴らしいイベントを

一緒に観に行きませんか?


横浜…

素敵よー(=゚ω゚)ノ

必ず立ち寄る横浜ラーメン



え、屋島にもあるって(´Д` )

いや、本家たべとかなぁー

勝利の後にみんなでワイワイ食べたいんや〜





ボールが飛び込んでくるアウェイエリアで

たくさんのカマタマーレサポと飛び跳ねたい




お待ちしてます。

今なら格安飛行機やすいかも。

ゆえに今お誘いしてます。(笑)






カマタマーレブログ村はこちらから


にほんブログ村

本日岡山にておもう。

本日は岡山で仕事。

寒い。


強風のため朝から不通となっていたマリンライナーは

夕方16:30に再開運転を始める。


いやーなんとかお家にかえれますー。


ダイヤは乱れている。

しかし、「行き」においては私、

はじめての仕事場に迷わず到着。

(笑)



ふふふ

今日の訪問先は

ファジさんのスタジアムの道中にあったので覚えていた。

無駄なく、まっすぐ到着。



岡山戦で見かけたビルで仕事するとは

思わなかった。

不思議な気分。

そのうちグロップ様と取引きしたりして

( ̄ー ̄)



今年は何月にレプリカ着て

どんな状況下で訪れるのだろう・・・・。

それを想像するのも

今の「楽しみ」である。




追伸

この駅は…

やはりテンションが上がる。


邪悪な桃太郎の気配がする。

正義の青鬼にはわかる。

ヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3



などとアホな事を考えた。

こんなになにも関係のない一月末に(笑)


素晴らしきかな

瀬戸大橋ダービー



追伸の追伸

今日はドラッカー・ネタではない(笑)



カマタマーレブログ村はこちらから


にほんブログ村


レプユニでこんな盛り上がり・・・いかが??

みんなお揃いのユニはやっぱりうれしい
IMG_3221.jpg


嫁にあきれられながら買う。

あるいは内緒で買う。

たまには嫁のも買う。

結局どうしても怒られる・・・笑


レプリカユニフォームをめぐる我が家の風物詩・・・・・




このような事態を引き起こす理由は金額。

おそらくカマタマーレグッズで最も高額・・・

2着買えばその予算はPS4購入額を上回る・・・・・(笑)。


金沢 ・ 山口 といううちより「あと昇格クラブ」もほぼ同じ価格帯

うちが飛び抜けて高いわけではない。

価格は妥当なのだ。

私のお財布の問題なのだ。



さてこのレプリカユニ・・・

(=正確にはオーセンティックというまったく選手と同じもの。ここではあえてレプリカユニと書きます)

今年は面白いオプションあり。


なんと選手のネームが入るとの事。

19番のレプユニを買えば

そのユニフォームにはローマ字・大文字で

「HAYATO」と入るわけである。


30番を買えば「EVSON」

33番を買えば買えば「KIJI」


贔屓の選手を一層応援している情熱が伝わる。

同じものを着ているのも選手・サポともに楽しいだろう。


このリリース後

「初めて12番以外つける」と宣言したサポさんもいると聞く。

レジェンドの番号をつけるそうだ。

その理由も「ネームが入るから」だけではないらしい。

むしろ理由はなく、あえて言うなら「レジェンドだから」だそうだ。

しかし今年つける「切っ掛け」になったかもと・・・想像する。


ほかには

好きな選手はもうクラブにいないけれど

彼がつけていた背番号をこれからも着続ける。

そして同じ番号を背負った選手を見守り続ける。

・・・・・・というスタイルの方もいらっしゃる。


この話は・・・涙腺が決壊しそうなほど感動。


私がその去って行った選手なら

この一言で総て報われた気分になる。

讃岐で戦った意味を見つけられる。

この一言で後の人生とても勇気づけられる

・・・・と思う。



レプユニにネームがはいるだけで

素晴らしいサポーターストーリーが生まれる。

我が一族も購入者が1名増えるようである。


一覧表は下記
TOP販売ユニフォーム

さらに

サポーター番号12番を選択した場合のネームは

アルファベット大文字で10文字以内という制限はあるが

自由に選べる。


これにより私なんかは「GAKU」と入れると

天皇杯で鹿島と戦ったりしたら鹿サポに

「なんじゃ~柴崎は絶対やらんぞ!!!!」とか囲まれそうだ。

しかし、私としては不思議なオンリーワンのユニができる。


しかも名前でなくてもいいわけで

たとえばグループ名

KISEIKAIやCELESTEやSANUKI などの後援会やサポーターグループ名でもOKだと思う。

会社名でもOK

JINNAI をはじめ愛社精神にあふれるグループで統一してもいいと思う。

3名合わせて一つの意味になるような謎解きメッセージでもいい。

別に「合体」ネタでもいい。

ゲーフラと合体すると意味が分かるバージョンとかでも・・・・




一番うれしいのは

そういう「これ・・いい!!!!面白い!!!」というふうな

なにか新しい刺激が出てこないかなぁ・・・とワクワクする事。


数字や@やハイフォンやドットはどうやら使えそうにないが

カマタマーレサポーターの数だけなにか素敵なものが現れ

それがまた「新しい仲間」を増やす武器になるかもしれない。


もちろん他チームではそんな盛り上がり事例は報告されてないのだが

讃岐の土地ゆえの面白いものができるかもしれない

「かまあげ」「ぶっかけ」「かまたま」・・・・

うどん3連星バージョンとか(笑)


あとは知らない者同士でも

背中の名前ですぐに仲良くなれるかもしれない。

孤独になりがちなアウェイ会場でユニを見つけて安心

名前がわかれば更に次回からお話しできる「おともだち」である。

うれしいし便利。

もちろんつけたい人だけですけど

気にしない人はホントに名前を覚えてもらう切っ掛けができる。


もしいいアイデアのユニネームで作ったらぜひ見せてほしい

ブログで紹介是非させてほしい。


とりあえず私は

「GAKU」と書いて鹿サポ反応を書いてみたい・・・・と思う。

大丈夫かなぁ・・・・笑


とあるサポーターの追憶~勝利の鐘編~

「GAKUと書いたレプユニで鹿スタに行ったらとんでもないことになった」その1

更新日 2016年 ○月 ×日

・・とか・・





ユニ情報

詳しくは コチラ から




追伸

春菜嬢にはぜひ「かまたま」と書いたレプユニ贈呈してあげて~


カマタマーレブログ村はこちらから


にほんブログ村



マスコット無いなら



マスコット…

カマタマーレに欲しい。

一平くんの様なら最高。

担架パフォーマンスしたり、

代表追いかけ砂漠の国まで行ったり。

その話題に事欠かない。




コンサドーレさんのキャラクターはカッコ良い。

いかにも北海道っぽい。





キャラクターは派生して色々なものになる。

アビスパさんは遊具になってる。


カマタマーレには今、マスコット不在。

昔は、あったけど今はいない。

ここ数年は空白である。

まぁ、色々な事情があるのだろう。



もう、開き直ってキャラクターがいない方の

メリットかんがえますか〜〜!!(笑)


開発費用かからん

中の人という人件費不要

などの維持費メリット

…とかでなく…



いないから…

サポが超〜個性的とか(笑)

ボランティアが個性的とか(´Д` )

そう言う展開のチャンス!


一度、シャアのコスプレで

ボランティアしてみようかな

誰かアムロかララァしてくれません。

JFL時代にお会いした、あの方の様に。(笑)

http://number.bunshun.jp/articles/-/291005



カマタマーレブログ村はこちらから


にほんブログ村







最大でなく最適で

「今」のカマタマーレの目指すものは

限界いっぱいの「最大」でなくていいと思う。


観客数に限定して考えてみると

カマタマーレにとって最適な規模とはどれぐらいだろう。


はっきり言えることは23000人の満員スタンド=最大=最適ではない。

なぜならカマタマーレの運営能力とピカスタのホスピタリティが追いついていない。

はっきりアウェイゲートボランティアは人数の上で

押し寄せる4000~5000人の遠征サポさんをさばききれない。


メインでもバックホームでもおそらく同じだろう。


ピカラスタジアムに

来場する1万台近い自動車を駐車できるスペースがあるだろうか??

トイレを快適に利用していただける数があるだろうか??

救護室や授乳室は足りるだろうか??

また、その動員を実現するためにいくらの広告宣伝費が必要だろう。

恐らく数千万円は必要だろう。


いま23000人のお客さんが来たら絶対地獄のおもてなしになる。

間違いない。

気合で何とかしろとか準備を怠るからだといわれるかもしれないが

気合も準備も物理的に限界を超えている。

最大は最適に間違いなく劣る。


結果少なくとも2万人弱のアンチ・カマタマーレを生み出すことになる。


待たされた・・・寒いだけ・・・・人がいっぱい・・・・席に座れない・・・・・食べ物がない・・・・

案内がいない・・・・不親切・・・・車停めれない、出れない・・・・・・トイレがない・・・・

危険・・・事故発生・・・・


結果

2度と行かない!!!!!


・・・・・・数千万円かけてアンチ2万人作り出すことになる。笑


正直言うと昇格初年度の開幕戦、

「対ジュビロ戦11000人来場」

数字はJリーグ効果の大成功

報道も私たちもそう思った。


しかし・・・・

本当に果してそうだったか???・・・・・と今では思う。


「アンチを・・・7000人作った」のでは??

年間で見ると「足かせ」であったかもしれない。

その後2年間、集客に苦しむ一つの原因になってなかっただろうか。



それに対して

たとえば5000人のお客さんを目標とすれば

広告宣伝費はカマタマーレの運営予算の範囲である。

またはボランティアの協力

スポンサーの協力を結集すれば可能だと思う。

しかも反復可能。

成長とは長期のものでなければならない。

なら持続可能なものでなければならない。


500人~1000人のアウェイサポなら現行の運営システムでさばける。

今のおもてなしを可能な範囲でレベルアップさせる事叶う。

結果リピーターになる可能性が上がる。


ホームもメインも同じ。


楽しかった、もっり上った、親切だった、快適だった

また来たい!!!今度はユニ買いたい!!選手を知りたい!!!

アウェイも行ってみたい!!!カマタマーレの役に立ちたい!!!

となると思う。


新規2000人の30%がリピートすれば600人。

今の年間平均に600たせば4000人平均はすぐに突破。

年間観客総数10万人も見えてくる。


そこから最適値を6000、8000に伸ばしていけばいい。

時間はかかる。これは仕方がない。

そのステップをどのくらいのスピードで成し遂げるかである。

そしてこれが最短でもある。



もうJリーグ3年生

過去に学ぼう。

いつか次のステージに立つために目指すものは「最適」だと思う。

「最大」という誘惑を「理性」で理解していきたいと思う。




追伸

かといって昨年平均3658人は最適ではない。

もっとできたと思う。

そういう意味ではまだまだ頑張らねばならない。

なんかいい方法ないか・・・・

私の才能が少なくて嘆かわしい・・・・笑

ああ・・・・・


IMG_6545.jpg
ジェフ戦で見た大行列

これで快適に過ごせるすごさ
オリジナル10の最適には感嘆するしかない。

これは最大でない
最適なレンジの観客数。




カマタマーレブログ村はこちらから


にほんブログ村

カマタマーレブログ村のにぎわい

昨年の私は、

いろいろカマタマーレを盛り上げたいと願っていた。

僭越ながら、微力ながら試行錯誤して「ちょろちょろ動いた」(笑)中に

ブログ村への参加呼びかけをさせていただいた。

いや、自然に増加傾向にある村民数を少し後押ししたに過ぎず

具体的にはコメント欄でお願いした程度。


私の功績では全然ないのだがカマタマーレの成功事例として「ブログ村民増」は少し気になる。

意外に気が付かない所に観客増の種や需要はあるし

新しい展開が潜んでいるように感じる。

見事に10人10色のブログが村にはそろう。

更新頻度もみなさんなかなかなもので

一大カマタマーレ情報拠点となりつつある。

更新頻度に比例して一部のブログは4~5千人のOUTアクセスを誇る。

カマタマネットサーフィンにおいては

掲示板見てツイッター見てFBみて公式見てブログ村に行ってみる・・・

こんな感じの流れができているのかも。


一人一人の力作が

少なからず新しい関心を作り

新しい観客誘致の種となっている。

絶対そう思う。


これからももっとブログ村の作品が増えてほしい。


常にはうどん遍路だが時々カマタマーレブログ。

もちろん大歓迎!!

大好きなアーティストブログだがたまにカマタマでも楽しい。

子育てとカマタマ

デートとカマタマ

年金生活とカマタマ

なんでも何でもみんなで発信して

みんなでコメントするのは関心を盛り上げる火付け役になるかもしれない。


鉄道旅行とカマタマ
誰か書いてくれないかなぁ・・・笑
試合チケットまで切符でした!!!みたいな記事
IMG_6578.jpg


文章を書くのが好きな方

写真を撮るのが好きな方

すでに何かものを書く仕事をしている方


どんどん力かしてください。

山は意外に動くと思います(笑)



新しい仲間

楽しみにしています。

どんどん来てほしいです。





では、わくわくして覗いて見ましょ~

今日も最新記事ずらり・・・笑

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村

開幕戦は横浜!!!

<第1節(リーグ開幕戦)>

【日 時】 2016年2月28日(日)

【対戦カード】 横浜FC VS カマタマーレ讃岐

【会 場】 ニッパツ三ツ沢球技場(神奈川県)


今年のカマタマーレ元旦は 2月28日 日曜日。

場所は三ツ沢。

いきなりキング率いる横浜FC。

2015シーズン 13勝 13分 16敗  勝ち点53  年間順位15位
(カマタマーレは 12-15-15 勝ち点51 年間順位16位)

成績はご近所さんに見えるが歴史や規模は比べられない。

J屈指の名門である。

直接対決は

2014年 0-1 2-4

2015年 2-1 1-1

1勝1分2敗。

開幕は難敵。難しいゲームになる。激しい戦いになるだろう。


2015シーズン アウェイ戦の風景。

アウェイエリアから見える景色
IMG_4801.jpg


スタジアム外の風景
IMG_4781.jpg

メインスタンド
サッカー専用スタジアム故にピッチが近い
IMG_4784.jpg


スタジアムグルメのにぎわい
IMG_4798.jpg

中華街のお店(唐揚げチャーハン・・・野球漫画「グラゼニ」を意識したメニュー!?)
IMG_4800.jpg


そして横浜サポさんたち
IMG_4811.jpg

結果
IMG_4833.jpg



みんな

2016年の船出です。

真田丸ならぬカマタマ丸です。


今から予約すれば飛行機安い!!!

ニッパツに集合~!!!!!


<第2節(ホーム開幕戦)>

【日 時】 2016年3月6日(日)

【対戦カード】 カマタマーレ讃岐 VS 東京ヴェルディ

【会 場】 Pikaraスタジアム(香川県立丸亀競技場)


第2戦

ホーム開幕戦の相手は 名門 東京ヴェルディ

昨年はプレーオフを惜しくも逃す強豪。

しかし復活の手ごたえを感じている名門。

何故か一昨年はわれらがおいかけた20位様(讃岐は21位)

通算成績は勝ったり、負けたり・・・・通算2勝2敗


昨年のヴェルデイサポさんの風景



IMG_4754.jpg




2016 開幕   横浜FC

ホーム開幕   東京ヴェルディ

彼らと戦うことに

違和感を感じなくなりつつあるJ2の3年目



さぁ、行こう

42戦先の新しい世界目指して。






2016シーズンカマタマーレ情報満載のブログ

たくさんあります!!

是非こちらから覗いてくださいね!!!


にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村




初めて見る方へ ~木島の時間とは~



初めてサッカーを見る人が讃岐の地に存在し、

「どうやってみればいいのかわからない」と聞かれることが多々ある。


年配の方や女性によく聞かれる。

私の体験で少し聞いてほしいエピソードがある。

(もうカマサポにとっては当たり前で・・・何をいまさらな内容なのだが・・・笑)

今年、はじめてピカスタに行ってみようと思っている方にお話したい。

そしてそこで多くの人に尋ねてほしい。

背番号33番のベテランストライカーについて。

そして下記に書くエピソード以上にいろいろな話を聞けると思う。


彼のエピソードは10人サポーターがいれば

10通りのエピソード・・・・木島良輔論が存在する。


彼を追いかけながら観戦する

一つの楽しみ方である。

試合結果はコントロールできないが

観戦を楽しむことはちょっとした工夫でできる。

そして時としてとんでもない興奮をもたらすことがある。

これもサッカーのだいご味である。


彼は36歳

背番号33

ストライカーどころかサッカー選手としても高齢である。

しかし彼から放たれるオーラやプレー

そして結果はいつも我らを魅了する。


IMG_6531.jpg



昨シーズン

アウェイ最終戦

千葉はフクアリスタジアム

試合開始から60分たって木島良輔選手は途中登場。


試合後、弟が・・・

東京在住の生き別れの弟(笑)が私に発した言葉。


「カマタマーレサポは木島が出ると異様に盛り上がる・・・・」


この言葉がすべてを物語る。


その通りです。

否定しません。

そう、我らにとって彼は共通の「特別な存在」である。


正確に言うと「盛り上がる」ではない

「目が据わる」である。


なぜなら

良輔がピッチに投入される局面は総攻撃の時間である。

激しい打ち合いの始まりであり

讃岐の攻撃圧力が敵陣に向かって激しく流れていく潮目のときである。

201601101202136ad.jpeg


そこまで選手・サポともに耐え忍んでいることが多く、

遠からず被弾することも覚悟・・・・・

そういう鬱積した戦局での登場であるが多い。

故に彼の登場は一種の「解放」であり、

独特の熱狂を作り出す。


また戦術に精通したベテランサポも

私のような戦術素人も

攻撃をメインにした交代であると「共通認識」できる数少ないサインである。


そして誰の目にも明らかなほど明確に

そして動物的に

執拗に

彼はゴールを狙う。



天性のストライカーなのだろう。

そして本当に得点してしまう。

松本時代に登場のチャントが終らないうちに得点してしまった伝説があるぐらい

本当にここぞというところで得点してしまう。


伝説の登場チャント終らないうちのゴールシーン




あの日のフクアリでも

彼が何度もトライしているのがわかる

ゴール裏で応援する我らは

だんだんゴールネットを揺らす予感が膨らむ。


登場直後は高い位置から仲間が奪って放ったラストパスが

足元に収まらない。

その直後、誰はばかることなく「前へくれ!!!」との激しいゼスチャー



65分 ボール収まるもヒットせず、キーパー左にボールが流れる。

「ああ~」というアウェイエリアにため息があふれる。

しかし、その直後

「ガァアアンン」という大きな金属音。

良輔が悔しさの表現か・・・ポストを蹴りあげる音がスタジアムにこだまする。


もはや彼の咆哮にしか聞こえない。

ますます目が据わり、意味不明の雄たけびが上がるアウェイエリア(笑)


74分

カウンターから高木、沼田と渡りラストパス

今度はヒット!!!

然しわずかにマウスの外

ポストの外側にそれていく。


このあたりから圧倒的に少数のカマタマーレサポのチャントをスカパーマイクが拾いだす(笑)

もうゴール裏がいかにトランスしているかお分かりいただけると思う。

この大応援団相手にチャント(応援歌)響かすのは・・・相当トランスしてます(笑)
IMG_6582.jpg



彼への声援は不思議と非難めいたものにはならない。

なんか・・・そんな気がする。

「いいぞ!!あと少し!!あと少し!!」

「ナイスチャレンジ!!もう一回!!!もう一回!!!」

「きたぁぁぁああああ・・・・・・ああ・・・・・ちくしょ~」


彼が見せるピッチでの悔しがり方と同じリアクションを

ゴール裏でもしている。

それほど彼と同化しているのだ。


80分ついにその願いが結実する。

GK清水からリスタートしたボールは

永田を介して

地上にはわずか1バウンドをしたのみの状態から

木島から放たれた一撃でゴールに吸い込まれる。


スカパー解説者は「千葉の希望を打ち砕く一撃」と評したそうだ。


現地はまさにそんな感じ

スタジアム全体は冷たいアイスクリーム

然しほんの一部に熱いチョコレートがかかり

湯気が上がっている。


大盛り上がりの熱気の先に

身じろぎひとつしていない静寂が見える。


この瞬間はたまらない

相手チームからすれば迷惑千万な話であるが・・・・。

アウェイ遠征サポーターとしては至福の瞬間である。


こんな楽しみ方が丸亀でもできるとおもう。

もちろん33番でなくていい。

お好みに合わせ9番でもいいし19番でもいいし10番でもいいと思う。


無理にサッカー全体を難しく見ようとしなくてもいいと思う。

野球にイチローを見に行くように

特定選手を見ながら観戦するのも楽しいものである。

是非はじめていらっしゃる方お試しあれ。

2015.11.23
J2リーグ 42節

https://www.youtube.com/watch?v=_dnnJPIyTU8



今日は香川情報ブログの方にメッセージです。



2016シーズンカマタマーレ情報満載のブログ

たくさんあります!!

是非こちらから覗いてくださいね!!!


にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村



にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 香川県情報へ
にほんブログ村



スタジアムグルメに期待です〜



写真は2015シーズン最終戦のもの。

千葉フクアリスタジアムグルメ。

名物グルメ、喜作のソーセージ。


楽しいハプニングとしてタッパ持参なら

写真よりも増量してくれる。

エコでお得で楽しいグルメ。

この写真はすでに数本食べた後(笑)


本来、こういうアイデアは

讃岐人が得意な事なのだけど…

うちのスタジアムにはまだあらわれてない。

エコでお得で楽しいグルメは素晴らしい。

一石三鳥のアイデア。

うどんブームもそもそも

弱点をアイデアにした所からはじまったとおもう。

タッパ持参でソーセージ増量サービスは

ネギは畑から抜いてきて

自分で切って入れるうどん屋さんルールと

本質的には同じ楽しみであり

みんなが楽しみ、得をしてる。


更にすごいのはこの手のアイデアは

進化して楽しみが増えたりする。





とあるベテランサポさんはブレッド持参(笑)

オリジナルサンド

オリジナルホットドックの出来上がりである。

今、これが最先端トレンド(笑)らしい。


今、わたしはホームのスタグルに

あんまり行けない。

だから確信はないし、

間違ってたら申し訳ないのだが、

讃岐スタグルにはまだ

喜作ソーセージと同じ名物は

現れてない様に感じる。


しかし、これから現れるのかもしれない。

今年、現れるかもしれない。

そうなれば観客増のきっかけを作るとおもう。


楽しみがつきない。

開幕が待ち遠しい(笑)





美味しいグルメで腹ごしらえ終了すれば
みんなで応援もいい感じになります。

(写真提供はMKちゃんから。感謝感謝感謝(=゚ω゚)ノ)








2016シーズンカマタマーレ情報満載のブログ

たくさんあります!!

是非こちらから覗いてくださいね!!!


にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村



にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 香川県情報へ
にほんブログ村

今年もボランティア募集ですー



私が一昨年から比べ

カマタマーレが進化してると感じること。

つまり昨年の成長は

①讃岐側からアウェイ遠征するサポの増加

②ホームボランティアの増加

③丸亀来場の相手サポさんとの交流。



いや、「劇的に改善」ではないんですよ。

そしてクラブを上げて

全力で取り組んだというほどでもない。(笑)

しかし、

ほとんど意識してない、

あるいはちょっと注力した?

と言う段階の努力レベルなのに

良い結果を「得た」様に見えたのがこの3つ。


(いや、多分もっとあるはずだが

私には見えなかったのだろう。)


同じく

試合内容やイベントやら応援方法やらの

うまくいった進化事例が混ざり合い、

最終的な観客増になったと思う。


「もしドラ」ぽくサッカークラブを定義するなら

間違いなくカマタマーレは「感動供給会社」な訳で

この「感動」という商品が良質で大量に生産されれば

おそらくピカスタは満席になるだろう。


では「何に感動してくれているか?」

という需要の発見しなければらならない。


これを「勝敗」のみに限定するのは危険な気がする


この商品はコントロールできないからである。


逆に管理出来る「商品=感動」というのが…

いや、勝敗以外で求められていものの一部が

上の3つなのだろう。



①はいわゆるフットボールツーリズム

サッカーの試合と合わせて

その土地の観光や食を味わうという感動。

ここに新しい需要があったようだ。

少し驚く。

こう云う旅が讃岐の人は受け入れやすいのか⁈

明確な旅の目的があると安心するのだろうか?


分析は進めるとして

是非アウェイツアーは今年も充実させてほしい。



②はおそらく居場所だと思う。

「カマタマーレに関りたい。」

「カマタマーレの一部になりたい」

「カマタマーレに必要とされたい」

という感動欲求はもともとあるのだ。

その方法をみんな模索しているのだか、

全てのサポが

CLやフリーペーパー発行,ブログの公開など

積極的な関わりをもてるわけではない。


しかし、ボランティアへの参加は

誰にでも門は開かれており、

直ぐに始める事ができる。


唯一のマイナス要件の「試合が見れない」事だか

カマタマーレボランティアについて

それは解決している。

設営のみボランティア(試合開始までボラ)がある。

観戦+充実した時間を過ごせる。

ボランティア参加は本当に

カマタマーレに参加している実感が湧く、

必要とされている確信がもてる。

間違いなくカマタマーレに相当の貢献している。

居場所を発見する。

その事に充実や安心という感動をする。



③はコミュニティの広がりだろう。

あるいは遠隔地同士の他サポ間交流は

ネットの世界に異存しがちになるが

逆にリアル世界での接触が

新たな充実=感動を生み出したのかもしれない。

フットボールツーリズムのB面かもしれない。

アウェイ先のスタジアムでも見られる。

ことしのアウェイゲートはそこを広げたい。

素敵なウェルカムボードもあるしね。(笑)



長々書いた。

申し上げたい事は

「今年もボランティアを募集しています。」

ということ。(笑)


もちろん、試合前まででOKです。

大歓迎です。

我らのチームは

本当に私たち一人一人が助けなければ

存在する事がそもそも出来ないものです。


大切な儚い素晴らしい宝物です。


だから皆さんの力が必要です。

それがボランティアという形で試してみたい方

是非お越しくださいね。

必ずそこにはあなたしか出来ない仕事があります。

よろしくお願いしますー(=゚ω゚)ノ






2016シーズンカマタマーレ情報満載のブログ

たくさんあります!!

是非こちらから覗いてくださいね!!!


にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村



にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 香川県情報へ
にほんブログ村






ボランティア&サポーターは変わらず(笑)

今日はうれしい契約更新

讃岐の要塞エブソン、今年もよろしくね!!!

そしてお待ちかねの新加入

ブラジル人ストライカー ミゲル!!!!

この名前だけですでに

とんでもなく点取りそう・・・(笑)

ようこそうどんの国へ!!!

よろしくお願いします!!!


そんなこと言ってるうちに我那覇もー!!

やった〜(=゚ω゚)ノ(=゚ω゚)ノ(=゚ω゚)ノ(=゚ω゚)ノ



さてさて本題・・・・



カマタマーレの

ホーム開催の試合では通しボランティア

アウェイ開催試合はサポーター

これが過去2年の私のスタイル。



アウェイ観戦は

家庭の都合なんかでいけなくなることもある。

けれどあのアウェイの独特な雰囲気を知らないまま

シーズンを終えるのはやっぱりもったいないと思う。

だからできるだけ参戦して

稚拙ながらもそこで見聞きしたものを書き綴りたい・・・・


いやぁ・・・いくら工夫して書いても・・ホントはそのままの臨場感にはならない。


相手の大サポーターに囲まれた

ビジターエリアの孤立無援感・・・(笑)

あの口の渇き。

少数のサックスブルーの仲間を確認したときの安心感。

見知らぬスタで

チャントをそろえ、一緒に飛び跳ねるときの

一体感・高揚感。

ホームとは明らかに空気が違う!!


まさに

「この風、この肌触りこそアウェイよ」

・・・・である。笑


ほんの一握りのサポに駆け寄り挨拶する選手。

選手と目線が合う。

今日の意気込みを感じる。

何か起こしそうな気迫・・・・

そしてわれら少数の遠征サポへの感謝が

そのまなざしにはある。

何処か私たちを見るまなざしが

誇らしそうなのだ。

これはアウェイ独特のものです。



そしてその願い叶った時の興奮・・・

これはなかなか文章にするのは難しい。



更にはスタジアムの雰囲気。

個々のホームチームサポーターとの交流。

スタジアムグルメレポート

珍道中記

その他のエピソードetc

少しでもその雰囲気を皆さんに届けれればと思う。




生活スタイルが確定している以上

アウェイには来れない方はいらっしゃると思う。

その人たちの目となり耳となりできるだけ現地の様子を伝えたいと思う。


また、これ以上遠征サポさんが増えると

私のレポートの必要も無くなってしまう。(笑)

また、たくさんのサポさんに

無理をさせることになってしまう。

FBやツイッター、インスタグラム・・・さまざまなツールもあるし、利用者もいるので・・・

現場の情報ん得る方法には

事欠かないだろう・・・。


今の遠征人数はちょうど一体感も維持しやすい。

急激なアウエイ遠征サポの増加は

運営の管理御能力を超えてしまい

トラブルが起こるかもしれない。

そうなっては大変だ。



だから、今、無理をしなくてもいい。

いつか大応援団でアウェイに押しかければいいのだ。

今、はアウェイ人数・・・・

ちょうどいいかも・・・笑



だからアウェイ観戦記頑張って書きます。

稚拙な文章ですが

何かカマタマーレの役に立てれば幸いです。





追伸

今日の文章は「トムソーヤのペンキ塗り」です・・・笑

来ちゃダメと言われると

無性に行きたくなるのではないかと…

アウェイ遠征人数はもう充分・・・的なくだりは真逆!!


本当は1人でも多くの援軍を。

さらに多くの仲間で一緒にアウェイ楽しみたい~!!!


これが本音でした。(´Д` )






2016シーズンカマタマーレ情報満載のブログ

たくさんあります!!

是非こちらから覗いてくださいね!!!


にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村



にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 香川県情報へ
にほんブログ村









カマタマーレWAON・・・これ以外に・・・

カマタマーレ・ワオンカード


このオフ「面白い!!!」と感じたのがカマタマーレと電子マネーの融合。



この電子マネーというやつは「かゆいところに手が届く」、何とも便利なシステムである。

いわゆる電子の「小銭入れ」なのである。

利点として(クレジットカードのように天井知らずではないので)

お金を「使いすぎ」ることはない。

ここが一番素晴らしいところだと思っている。

あらかじめ入金しておいて

なくなれば現金を補充(チャージ)する。

キャッシュレスではない。ホントに小銭れなのである。

そこには物理的なコインは存在しない為、

本当の小銭入れは相当スマートになった。



基本的にはセブンイレブン派でnanakoカードで過ごしていた。

・・・が

よく訪問する出先ではミニストップ等の他社コンビニ・・・

WAON系の電子マネーもほしいと思っていた。


こういう需要は必ず存在する。

狙いどころとしてはいい。


当然、支払いの際、カード提示する。

ここがポイント!!

そのたびに「カマタマーレ」の文字がエンブレムが見える。

これはちょっとした宣伝になる。

「ああ・・・この人・・・カマサポなんだぁ・・・」とか。

レジのおねーさんや後ろの列の人・・・

カマタマーレを応援する人の輪が広がりつつあることを知ってもらえる。

そこで私もカマタマーレに

「乗り遅れたくない」とか

「参加したい」という感情が芽生えてくれれば

素晴らしいことである。


こういう小さな流れの変化を起こすことは

とても大切なことだと思う。

小さなカマタマーレをいっぱい街中に咲かせることから変化は生まれると思います。・・・・笑


さらに100~200円で1ポイント(1円)が付く。

めぐりんマイルとWAONポイントと言われるものである。

実質値引きでもある。

これ・・・経験上であるが・・・以外に「貯まって」いたりする。

ポイントに関心がない「ずぼらな男性」の私でもお得感を感じるのである。

そしてカード自体に好感を持つのである。


そして・・・実はここが最も気になった・・・

もしポイントがカマタマーレのスポンサー・フィーと連動するなら・・・

これはすごいと思った。


仮説だが

香川限定のセブンイレブンだとしても

nanacoカードの0.1ポイントがカマタマーレに還元されるなら

これって莫大なスポンサーフィーになるんじゃないでしょうか。


恐らく年間・・数億円・・・・・(;゚д゚)ゴクリ…

いきなり「金満」クラブに仲間入りできたりします。・・・笑


そのことをめぐりん事務局に聞いてみる・・・

「チームに還元されるポイント収益の一部とは具体的にどれぐらいですか??」


ワクワクの返答は・・・・

「申し訳ありません・・・カマタマーレさんへの還元についてはお答えできないです。

ただ、ポイント連動ではありません。

あくまでもポイント収益の一部をスポンサーフィーとして提供しているとしか・・・。

たくさん使えばたくさんチームに還元されるシステムでは『今は』ありません。」

「私共とカマタマーレ様のスポンサー関係が存在し、このカードの普及と利用が拡大することで

間接的にその応援の力も増大していくのではないかと想像します」


との回答・・・。


つまり今はスポンサードとポイントは連動していないのだそうです。

しかし、いつかは「そうなるかもしれない・・・・」という感触を感じました。


けど残念がることもないと思います。

それは今後の楽しみという事で(笑)。


まずは1番目の目に触れる効果

これで十分な宣伝であり、昨年と違う変化です。

私はどんどん使おうと思います。



改革とは「シンプルなもの」、「小さなもの」、しかし「確実なもの」であることが大事。第一歩。

香川県中のコンビニレジで

ちらちらカマタマーレエンブレムが出現するのは

素晴らしい「変化」!!



ちなみにまだ目にしてない方

どこで手に入れるのかわからない方

私は高松のイオン(旧サティー)のサービスカウンターで手に入れました。

たぶんイオンの店舗、マルナカ様系のお店のサービスカウンターにはあると思われます。


私情報としては

いわゆる「高松サティ」にはあります。

意外に手に入れるまでは

「何処にあるんだ~??本当に存在してるのか~??都市伝説じゃねえのか~??」状態でした。笑

だから敢えて「高松サティにある」と・・・笑


スターウォーズか信長コンチェルトご鑑賞の際にでもおつくり頂ければ幸いです。

まだお持ちでない方にですが・・・・

IMG_6721.jpg


追伸

え・・・まだ作ってなかったのはお前だけだって・・・・・

ああ・・・

やっぱり・・・・ヘ(゚д゚)ノ

失礼しました~







2016シーズンカマタマーレ情報満載のブログ

たくさんあります!!

是非こちらから覗いてくださいね!!!


にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村



にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 香川県情報へ
にほんブログ村




勝利の鐘 編で・・・・!! 今年もよろしくお願いいたします。

皆様、あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いいたします。


写真は2015シーズン最終戦で掲げられた「勝」弾幕さん

IMG_6586.jpg


2016年 ブログサブタイトル 

     勝利の鐘 編

とさせていただこうかと・・・・思います。

・・・・エッ(゚Д゚≡゚Д゚)エッ?

お前のサブタイトルはどうでもいい??!!

いやいや・・・( TДT)ゴメンヨー

そうだとは思うのですが一応ご報告でございます(笑)




カマタマーレの2016シーズン応援ソングを

地元出身のシンガーソングライター藤岡友香さんが歌う。


このことはオフシーズン中のとてもインパクトがある出来事でした。


まずは本格的なアーティストによる作品であること。

カマタマーレの応援歌を・・こんな素晴らしい才能が・・・・

いくら地元のよしみがあるとはいえ

カマタマーレの公式応援ソングを作ってくれるとは!!!


明らかに違うテイスト・・・

僕らはこれからこんな素晴らしい曲を背に戦うことができる。

素直に驚き、喜びました。



更に・・・

そこには2015年までの私たちには手が届かなかった。

いや、触れられなかった言葉が堂々と誇らしく書かれている。

「勝利」

もう我らは残留のみをめざし

敗戦すらも「糧」と受け入れるメンタリティは卒業するステージに来ているのでしょう。

だからサッカーの神様はこの応援ソングを遣わされたのでしょう。


これからは堂々と「勝利」を目指します。

顔をあげ次のステージだけをまっすぐ見つめます。


そこはまだわれらが足を踏み入れたことのない場所。

次の「約束の地」である。


その地へ歩み出す「始まりの鐘」が鳴った。

この応援ソングはそんなメッセージの魁になればうれしい。


そのために

何が必要で

どういう行動を始めなければならないかを

わたしなりに考えたい。

皆さんと考えたい。



幸か不幸かこのブログのサブタイトルにはジンクスがある。

あるような気がする・・・・笑

私だけが感じている「恥ずかしいジンクス」かもしれないが(あぅぅ・・・・泣)、

そのサブタイトルと同じシーズンが訪れてほしいという願いも込めている。


今年は勝利を目指し戦う。

サポーターとしても。

ボランティアとしても。

そしてそれは勝敗や勝ち点だけに限定された勝利ではないかもしれない。

それもまた素晴らしいことだと思う。

2016年

ブログを読むみなさんにたくさんお勝利が訪れますように・・・

勝利の鐘
(ユーチューブより)





追伸

藤岡友香ニューアルバム
 「This is not a Love Song」

素晴らしいアルバムです。
みなさん是非購入&ダウンロード!!!

今年のスタジアムまでのドライブミュージック

いや2016シーズンのサントラは決定です。


皆様今年もよろしくお願いいたします。







カマタマーレブログ村はこちらから!!!


にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村



にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 香川県情報へ
にほんブログ村






プロフィール

がく 

Author:がく 








2017年 チャント集

2017 カマタマーレ 選手チャント
2017 カマタマーレ 選手チャント posted by (C)がくお

2017 カマタマーレ チームチャント
2017 カマタマーレ チームチャント posted by (C)がくお

ブログサブタイトル 

2017 J1侵攻編

カマタマーレ讃岐公式ホームページ
コチラから


2013年6月30日以前のブログはこちらです
とあるサポーターへの追憶~カマタマーレサポーター日記~


にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 



小学生では水泳を習ってました。水泳の脚力アップにサッカーを習いましたがむしろサッカーの魅力に取りつかれました。しかし小学校5年生からのスタートはハンデでした。伸び盛りのゴールデンエイジにまだサッカーをはじめていないこと。インターネットなどがなく、今ほど理論的な指導はなく、スクールなどは充実していなかったことなど。何よりその才能はサッカーの神様に愛されているとは到底言い難いものだったこと(泣)。選手としてはMF、DF最後はゴールキーパーとして15歳の試合を最後に(中学総体時)に引退しました。

月日は流れ・・・

その後もサッカーは好きで代表戦やJリーグを中心にサッカーを見ていました。トッププレーヤーのため息が出るほどの美しいプレーを見るたび、自身の才能のなさを嘆くこともありました。なぜサッカーをすることにおいて、サッカーの女神は私を愛してくれなかったのか?(同じ名前なのに鹿島の柴崎君は愛されているようです・・・笑)その答えは40歳を過ぎた時に明らかになる出来事がありました。わが郷土にJリーグを目指して闘い始めたサッカーチームが現れたのです。女神様は競技する才能を私に与えなかった。しかし、それと引き換えに「サッカーを愛する才能」をふんだんに授けてくれたたことに気が付きました。そしてその才能を充分発揮できる宝物も与えてくれました。今、私の才能・・・サッカーを愛する才能・・・のすべては一つのチームに注がれています。そのチームの名前はわが郷土から初めて誕生しようとしているプロサッカーチーム・・・「カマタマーレ讃岐」。このチームとともに神様が与えてくれたミッションを果たすべくすすむ大冒険をブログにつづりたいと思います(笑)

よろしくお願いいたします

(=゚ω゚)ノ


このブログタイトルについて

初めてカマタマーレの試合を観戦した時に目にした古参サポーターさんたちの情熱。とても感動したのを覚えています。それ以後、彼らの熱い思いをいつまでも振り返れるよう、そして自分自身が忘れないようにこのタイトルをつけました。

飛行士業

しかし、モデルとなった原作「とある飛空士への追憶」のようにさわやかなブログには程遠く「暑苦しく、無秩序に取り乱した文章」を書き散らかされております。ご容赦ください。ちなみに筆者イメージも原作とは程遠く「飛空士」というより「低牛」のほうがイメージに合致します(笑)

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 

最新トラックバック

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR