瀬戸大橋ダービー 事前準備編(笑)

瀬戸大橋ダービーを盛り上げるために

新たな情報(協力要請)が出ました。

サポーターグループより「応援フラッグ等持参のお願い」

みなさん、以前、無料で配布された

「お手持ちフラッグ」を持参いただくか

自慢のゲーフラ・中旗を持参しましょう~!!!



芸術的な完成度のゲーフラ・・・大歓迎!!!

すごいゲーフラ


かっこいい中旗は闘志が沸く必須うアイテム!!

IMG_2273.jpg


ほっこりする秀逸なセリフ付ゲーフラ。和やかにスタンドを盛り上げます。

IMG_2287.jpg

他サポの方でも大歓迎
IMG_2480.jpg


選手でなくてもOK!!笑
IMG_3728.jpg

今、このゲーフラが一番しびれるかも。。。
IMG_3800.jpg

もちろんおうちにある旗でも充分
IMG_6238.jpg


みんなで掲げて

nyuujyoumae2.jpg



イメージはこんな感じになるらしい

丸亀で徳島サポさんが演出した旗応援




応援フラッグの持参協力

ぜひ、ぜひよろしくお願いいたします。


( ^ω^)b





さて、ここまでの情報を整理してみよう。


試合の詳細

日  11月1日 (日曜日)

時間 13:00 キックオフ (11:00  開場)

場所 シティライトスタジアム


瀬戸大橋を挟んだ両県のJリーグマッチです。

これまでの対戦成績は1勝1分1敗の五分です。

詳しくはこちらから




チケット販売状況

詳しくはこちらから

アウェイA席は残り少なくなってます。

1000人は入る(?)Cスタアウェイエリアで

残り200~300枚ということは相当な売れ行きと想像します。

お早目の購入をお勧めします。


スタジアムグルメ情報出ました。

「女性に喜んでいただけるGIRL'sファジフーズを販売いたします」だって

スゲェ━━━━━━ヽ(゚Д゚)ノ━━━━━━ !!!!



交通手段でマリンライナー利用者は

応援列車として乗り合わせのお誘いあり


9時23分発のJR快速マリンライナー18号・岡山行

【高松発9:23-坂出発9:38-岡山着10:17→スタジアム11時着予定】


持参物

既存のフラッグか自作のゲーフラ



さて、いよいよです。

集まれ!!!

勇敢な青鬼たち!!!




目指すは凶暴な桃太郎たちの本拠地

 シティライトスタジアム!!!

桃太郎退治にみんなで参りましょう。 笑






カマタマーレブログ村はこちらから!!!


にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村



にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 香川県情報へ
にほんブログ村









運命のラスト4への雑感 ファジアーノ岡山編

ファジアーノ岡山

同じTV局エリアにあるJクラブ。

民放の夕方ニュースには双方の試合結果が等しく放送される。

つまり岡山・香川のJクラブが戦うことは

単純にマスコミの露出が倍なわけである。

大きな広報活動がお互いにできる環境である。

故に勝敗にこだわる理由がある。

IMG_3226.jpg


カマタマーレが地域・JFL時代には

私は華やかなJ2リーグで戦う岡山を

羨望の目で眺めていた。


同じステージに立った時ですら「互角・追いついた感」は全くなく

むしろ数年同じカテゴリーで過ごしたのち

「彼らはいずれ別のカテゴリー(J1)に進むのだろう・・・」という感覚だった。

IMG_3229.jpg


IMG_3238.jpg


それほど彼らとの差を感じていた。

そもそも動員数が比較にならないほど開いている。

グッズの豊富さ

イベントの発想の奇抜さ

スタジアムグルメの充実ぶり

地域の関心・援助

更には

元カマタマ戦士のセカンドキャリアとして受け入れてくれているあたり

組織成熟度も高度である。


いろんな意味で「歯が立たない・・・」が素直な感想。笑


しかし、その感想が変わったのは昨年の瀬戸大橋ダービー初戦。

2点先行し、なお、優勢を保つ。

当時の順位差や経験を考えればありえない展開。

最後には追いつかれてしまうのだが

現場は私の感想などとは正反対に堂々と渡り合ってくれる。

IMG_3236.jpg



そして2月後のホーム開催では

1-1の拮抗した展開から決勝点を挙げ

讃岐は勝ちきってしまう。

通算1勝1分が瀬戸大橋ダービー初年の成績。


ここにいたり劣等感を抱いた私の心情は恥ずべきものであり

何も恐れることはないことを知る。

歴史は別としてチームは相当なスピードで成長し

岡山の背中を視界から離さない。


岡山とは遺恨も何もない。

むしろ長野パルセイロの方が死闘を繰り広げたライバル感がある。

瀬戸大橋ダ-ビーはまだまっさらなダービー。

歴史はこれから積み重なり

いつか宿命のライバルは岡山であるという日が来るのかもしれない。


その日までゆっくり大切に育てていきたい瀬戸内のお祭りである。


・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・

・・・・であった。



今回は事情がいささか異なる。

彼らを倒さねばならない。

相手に是が非でも勝たねばいけない理由があるかはわからない。

しかし、こちらには「ある」。

はっきり明確に「ある」。

もはや抜き差しならぬ状況までリーグ戦は進んできている。

残留争いは最終局面である。

IMG_3234.jpg


ヒートアップせざる得ない讃岐サポ。

それに応えるようにテンション上げつつある岡山サポ。



その深層心理がどのような結果を生み

どのような歴史が積み重なるのか・・・・・

それはそれで楽しみである。

それが歴史の1ページになるのだろう。

もちろん我らの勝利を切望してやまないのだけど・・・・



ラスト4節は讃岐サポにとってクライマックス・シリーズである。

眼下の敵、21位大分は勝点差3まで猛追してきている。

今節、負ける事は相応のダメージを負う。

恐怖の入れ替え戦順位に座る可能性あり。

その事を覚悟しなければならない。

クラブの生存をかけているといってもいい。


しかし重くはない。

少々?仕事が手につかないが・・・(笑)

日々充実している。



意味ある戦いを最後までできるのは幸せである。

サッカーの女神さまに感謝申し上げます。笑







カマタマーレブログ村はこちらから!!!


にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村



にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 香川県情報へ
にほんブログ村




応援列車発進!!!!  ~発車時刻のお知らせ~

岡山に参戦します。

自走の方、

ツアーバスの方、

色々いらっしゃると思いますが・・・・



少しアナウンスさせてください。



まだ遠征ルートをお決めでない方、

ツアーバスに漏れてしまった方、

申し込み忘れている方、

車を持たない学生サークルさん、

その他いろいろな事情で岡山上陸の方法を決めかねている方、

一緒にカマタマリンライナーで行きませんか??


昨年のカマタマリンライナー高松駅での様子。
IMG_3171.jpg

時刻下記の通り。

乗車時刻の案内。

【高松発9:23

-坂出発9:38

-岡山着10:17

→スタジアム11時着予定です!】

香川県から応援に行くサポーターさんも是非ご乗車ください

時刻表的には

「9時23分発のJR快速マリンライナー18号・岡山行」だそうです。

たぬきさんより提供の情報

悩みのファジブースより


学生さんの観戦サークルが企画してくれてるようです。

若者たちのありがたい企画。

その心意気がうれしい!!!

みんなで乗っかりましょう!!!

昨年も有志サポーターさん達の呼びかけで

大勢の人でカマタマリンライナーを利用しました。

車内の様子
IMG_3174.jpg

坂出で西讃エリアのサポさん達と合流
IMG_3179.jpg





試合開始は13:00

開場は11:00

このマリンライナーは丁度いいあんばいです。

初参戦・初アウェイの方は

「駅からどうやっていけばいいの??」

とかの道順不安は解消されます。


みんなでCスタまで大行進です。


IMG_3192.jpg


昨年はお出迎え部隊がいかすウェルカムボードを・・・

それを先頭に行進!??


IMG_3187.jpg

IMG_3189.jpg



天下のファジアーノ・・・その動員力、我らとは桁違いです。

Cスタは大勢のお客さんであふれます。

ぎりぎりのご来場はもったいない(仕事と家庭事情ある方は除く)



更にスタグルはファジフーズ・・・・秀逸です・・・・・売り切れ続出は必至。

IMG_3206.jpg

IMG_3207.jpg


またイベントも充実いているので2時間前の到着でも

「あっ」という間に時が経ちます。


IMG_3204.jpg


後自分の応援したいスタジアム・ポジションもあろうかと思います。

正直、どのくらい香川から応援に駆け付けるのか予想できない・・・

早めの行動、ゆとりのスケジュールはお勧めです。


なにはともあれダービーです

お祭りです。

そして残留争いの大一番です。

参戦を快適なものにするためにも

試合前に周到な準備をいただくのもよいと思う。

そして何よりもみんなで押しかけ

岡山さんを「うぉぉおおお!!!!」と驚かせたい(笑)



いよいよ決戦

みなさま・・・是非御一考願います。


RIDE ON TIME!!!

「乗り遅れるな~!!!」の意味だそうです。(笑)






カマタマーレブログ村はこちらから!!!


にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村



にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 香川県情報へ
にほんブログ村











山下達郎の RAID ON TIME を思い出す。

拾ってきた・・・・

なんか今の気分にあったのでおまけ(笑)





アウェイ観戦記 セレッソ大阪戦  その3



死闘だったと思う。

是が非でも昇格しなければいけないセレッソ。

なにがなんでも残留をしたい讃岐。

お互いの事情は異なれど

お互いがその生存をかけて戦った。

IMG_6217.jpg


讃岐サポとして思う。

選手年棒が明らかに倍はあろう相手だ。

そしてチームの強弱は(ゲームの勝敗は)70%選手強化費で決まるという常識。

しかし・・・

非科学的で説明不能な「バグ」でも生み出そうとしているのか・・・カマタマーレ。

渾身の奮戦90分。


楽しかったですよ。

そして頼もしかった。


大阪の人々に

讃岐に力強いサッカーがあることが紹介できて

無性に誇らしかった。


其処は間違いない。


コール&レスポンス中・・・かたずをのみセレッソ先発メンバーを確認するカマタマーレサポさん
IMG_6212.jpg


大沢、仲間、高木、藤田、我那覇、沼田

守備的にならざるを得ない展開でもなんとか攻めに転じようと

セレッソ守備網を突破しようと果敢に挑む。


1stボールに競り勝ち何とか2ndボールを拾おうと

それこそピッチを「這いずり回って」闘うMF、永田・岡村。


よく走り、よく戦い、よく守るDF

ユージ&エブソン


交代してスーパーセーブの山本


我那覇のスクランブル、攻撃のアクセントを作り出した森川


そして鬼神となってゴールを守り続ける シミケン


いや・・・・総ての選手・スタッフを誇らしく思う。

IMG_6184.jpg



結果

勝ち点1を手にした。

引き分けたことを喜んでどうするという意見もあろうが

あの日、ゴール裏で選手と一緒に戦ったサポさん達は

満足を得た。


確かに引き分けでは喜んでいられない。

しかし、あと4戦を戦い抜く「力」を取り戻した。

降格におびえるのではなく

残留を奪いに行くという

「気概」と「自信」を取り戻した。

胸を張って前を向いたのだ。


そこに今節の勝ち点1は意味がある。

ただの幾何学的数字の「1」ではない。

そう思い次節を迎えることができる。

勇気がわく結果だ。



アウェイ旅は続く。

ホーム2戦をはさみ、最終節は千葉フクアリ・・・・

しかし、だれもが駆けつけて背中をおす事が可能な場所はここ!!!


瀬戸大橋ダービー

岡山・シティーライトスタジアム

11月1日 13時 キックオフ


参加可能な方

どうかどうか・・・・・岡山にお集まりください。

今年最後の・・・・・・アウェイ全力出撃です!!!!


声の数だけ強くなる!!!!!!







追伸

日程君・・やるジャン!!!!

お祭りでなく

ガチンコで戦えと・・・・

願いは1つしか叶えられないから、

ほしければ奪え・・・と・・・・・・


ええ・・・ええ・・・・

望むところです。





カマタマーレブログ村はこちらから!!!


にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村



にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 香川県情報へ
にほんブログ村






アウェイ観戦記 セレッソ大阪戦 番外 串カツ編



試合前のハイライトとしてはこのネタ

生まれて初めて串カツなるものを食す・・・・

あの2度づけ禁止で有名な串カツだるま

12時30到着

大勢の行列

「どうする・・・・??」

難波で合流した歴戦のサポ

通称「シミサン=43」と相談。

せっかく来たのだから・・・という事になり並ぶことに。

IMG_6163.jpg


行列というものの15分程度で入店。

ここまではスムーズ

30分くらいで食べ終われば充分、開場に間に合う。

しかし、そこはもはや観光名所化している名物店

団体様が入ったらいくお店はてんてこまい

そもそも飲み屋さんだからゆっくり串カツは出てくる

時間勝負のランチにはそぐわないのかもしれない。

思わず時間を使ってしまう。

けど・・・・

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

待った甲斐がある!!!!

IMG_6174.jpg


どぼんとソースにつけてみたかったんですよねぇ・・・・・

IMG_6173.jpg


昔、43さんと串カツ食べて(高松だけど)

初勝利(昨年のホーム富山戦)した「ゲン」を担ぎました。

それほど今日は重要という我ら2名の決意表明

(ずいぶんと「おいしい」決意表明ではありますが)

大事なゲン担ぎでございます。



さて・・・腹は満腹・・・・・

長居に向かうとします。


丁度、大阪国際マラソンのランナーが通過。

規制線が張られていました。


おお・・・なんか・・・マラソン見れて・・・得した気分です。・・・・・笑




IMG_6162.jpg






カマタマーレブログ村はこちらから!!!


にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村



にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 香川県情報へ
にほんブログ村










アウェイ観戦記 セレッソ大阪編



御堂筋線長居駅からスタジアムに続く道。

秋晴れの道をスタジアムに向かって歩く。

ふと見慣れたバスに追い抜かれる・・・。

「大川バス!?」

試合開始1時間半前、

今アウェイの遠征サポ主力のバスツアー組が到着だ。

ここまで電車内はピンクだらけだったもんで・・・・うれしい。

信号待ちで追いつき、バスに手を振る。

みんな振り返してくれる。


窓際にボランティア少年R君の姿も見える。

彼は一心に巨大な長居スタを見上げていた。

道路の私には気が付かなかったか??笑

IMG_6178.jpg

ツアーバスの到着と同じくして我らもスタジアム入り

ツアーバスの到着時間云々ブログで書いたが・・・

同じ到着時刻でした・・・・大川バスさんスイマセン・・・・その修正の早さに驚きです・・・・・笑



さてさて・・・アウェイエリア

スタジアムは「ここアウェイ??」というくらいの大賑わい。

バンデーラの中はもう人でいっぱい。


IMG_6182.jpg


サブ・リーダーのMKちゃんのゾーンに比較的ゆとりある

そちらに陣取る。

今回の青木隊応援陣地を構築終了。

遅れてくる友人の分の座席も確保。

IMG_6191.jpg

試合開始までまったりと過ごす。



元セレッソサポMっんさん発見。

軽く挨拶してスタジアムの特徴を聞く

アウェイ側ですでに臨場感満点だけどホームゴール裏はまだピッチにちかいそうだ。

わざとホーム側にずらして設計しているらしい。

「う~ん」

思わず感心・・・・


「Mっさんどこ座ってるの??」

「これからどっか空いてるとこ~」とのこと

全体を盛り上げるべく遊撃班やな・・・と理解・・・・・・笑


ツアーバス着後のアウェイエリアはまさにサックスブルーあふれるゴール裏

ぎっしり

過去最大か??

たしか「特攻」に等しい戦いだと書いた(笑)

だから100~200人いればもう十分と思っていたが・・・

想像をはるかにしのぐ大所帯だ。

カマタマーレ狂は頼もしく増殖中である。

IMG_6210.jpg

家族連れが多い。

何ともうちらしいスタンド。

更には讃岐サポのお友達は大阪に多いのだろうか??

たくさんの援軍を引き連れてのご来場な様子。

(そんなことが想像できる会話があちこちで聞こえる。)



さて、夢にまで見たキンチョウスタジアム

セレッソに一泡吹かせてやりましょう~!!



追伸

今日は寒い

皆さん風邪ひきませんように・・・・

(@益@ .:;)サミー






となりは長居スタジアム

あいかわらず・・・でけぇ・・・・

IMG_6180.jpg







カマタマーレブログ村はこちらから!!!


にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村



にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 香川県情報へ
にほんブログ村








アクセスはOK??あとは何食えばいい??

大阪

よくいく街である。

親しみがある。

大阪弁も程よく耳にいい・・・。


祖父母が大阪の池田に住んでいた。

よく夏休みは遊びに行った。

ただ、梅田以南の町に行くようになったのは社会に出てからである。

少しだけ土地勘があるわけだが

長居のキンチョースタジアムの何と利便性の良いことか・・・

バスでも新幹線でもその後は1本の電車・・・。

そして長居駅を降りればもうスタジアムは見えている。


一度だけ日本代表戦を見にいったことがあるがそれが長居である。

また1度だけナビスコカップを見に行ったことがあるがそれがキンチョウスタである。


たった2回で安心してしまうほどアクセスのハードルは低い。

うらやましい環境である。

そもそも大きな道の通るにぎやかな場所

たくさんのセレッソサポ

迷いようもないのではある。


ただ迷っていることがある

大阪は何を食べればいいのだろう

津々浦々からあまりにもおいしい食材が集まりすぎている。


ソウルフードはお好み焼きだと思うが・・・

そもそもどこで食べればいいかわからない

名店だらけだろうし・・・


串かつ??

ルールが・・・怖くないかな・・・・

スタからアクセス近いのか???


たこ焼き・・・・スタジアムの大満足してしまうクォリティかもしれんし・・・


箱寿司??どて焼き??

きつねうどん、かすうどん

ええい・・・鶴橋の焼き肉


当日勝利の凱歌を上げたら

たっぷり堪能するとしよう。


つまり何が言いたいかというと

みんなで食べに行きましょ~

大勢でアウェイスタンド押しかけて

大きな声で叫び飛び跳ねましょ~!!!!

今回のアウェイはおなじみの町

大阪です。




「声の数だけ強くなる」



「勝てばさらにうまくなる」(笑)



写真は札幌遠征時の有志決起集会のお料理・・・・笑

IMG_3928.jpg



追伸

当日は大阪国際マラソンらしい・・・・

だからホテルがいっぱいなのですね・・・

自走組は交通規制気を付けて!!

ツアーバスは大丈夫だろうけど・・・自家用車組はゆとりを持った出発を~












カマタマーレブログ村はこちらから!!!


にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村



にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 香川県情報へ
にほんブログ村


運命のラスト5への雑感 その① セレッソ大阪戦

IMG_5932.jpg


今節は大阪に遠征いたします

本当なら

セレッソのスタジアムに乗り込み


「キンチョウスタかぁ・・・」

「本家のコール&レスポンスかぁ・・・・」

「あれがセレッソサポかぁ・・・・・」

「隣が長居スタジアム???」

とか・・・・・

観光や感動を伴った一つの記念日になるはずだった。

うぅ・・・・・するはずだった。(泣)


2012年、ここでナビスコカップを観戦し

「いつかこんなところで試合をしたい」と思った。

それは遠くかすんだ未来の先にあると覚悟した。


それがたった3年と4カ月で実現する・・・・夢にも思わなかった。


だからそんな「ノスタルジー」に浸るつもりで

開幕前からず~っと楽しみにしていた。


ところが・・・・サッカーの女神さまは意地悪である。

「セレッソと死闘を・・・・・・いやなら降格だけど・・・・いい???」

今回、突きつけられた課題はもうここに尽きる。

「のんびり浸って、いい思い出でお腹いっぱいなんて許しません・・・・ここは地獄です!!」

とのこと。


はぁ・・・


恐らく鬼のような形相をしてるに違いない

サッカーの女神さまは・・・・


そもそも前回対戦

開始15分で3失点を喫した相手に

「死闘」も何もないもんである。


心を奮い立たせも

精神論的な武装しかできない。(泣)


イメージとしてはこのアウェイは「特攻」に近い。

恐らく帰路の記憶はないと思う。

勝ち点加えて帰還することは考えにくい。

勝てる科学的根拠があまりにも少ない。


相手は

歴戦の大サポーターに後押しされた

Jリーグ屈指の大クラブ

現役日本代表選手を擁し

自動昇格という明確な・・・いやいや「死に物狂いで到達を目指す」目標をいまだ継続中

ウチとほぼ同数の失点数で

うちの2.5倍の得点力を誇る・・・・

今年1年、ず~っと「J1仕様」と言われる相手

と戦う。



だから・・・・・

だから・・・・・

だから・・・・・

だから・・・・・


だから燃えます!!!


こんな相手だから

敢えて大阪にいくのである。

誇りを持って胸を張って喜び勇んでいくのである。

相当ワクワクする。

こんな時だからこそカマタマーレの一部となりに行くのである。


この地獄に

この生還を期すること(負け以外の結果を得る事)

限りなく低い戦いに

胸が高鳴る。

今から興奮しっぱなしなのである。


みんながいれば怖くない。

ツアーバスは定員オーバー気味の申し込み数と聞く。

別途後援会バスもスタンバイしていると聞く。

関東、関西、東海組が続々と参加を表明している。

自走組、JR組、初参加組・・・・・さまざまな形で遠征部隊が編成されつつある。

集結してきている。

徳島戦の再来・・・・・大部隊だ。

みんな(私も含めて)大馬鹿もので、カマタマーレ狂で頼もしい。



まだ参加を迷っている方がいれば是非、大阪でお会いしましょう!!!

キンチョースタジアム・アウェイエリアへ集え~~~~~!!!

結集した讃岐魂

見せつけちゃりましょう!!!!

大丈夫、一人で来てもファミリーです。




美しく散るつもりは毛頭なし

いや美しく散るとは「何かから解放された瞬間」である。

美しく咲き、見事に散って御覧に入れましょう

本家の桜の前で・・・・

もちろん何かから解放されるために・・・・・




何からの解放かって???

もちろん

残留争いから勝ち抜ける事ですよ!!!

ъ(゚Д゚)グッジョブ!!








カマタマーレブログ村はこちらから!!!


にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村



にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 香川県情報へ
にほんブログ村



アウェイゲート体験記 ロアッソ熊本戦



熊本の人達はノリがいい。

おうどん屋さんに何件行ったとか

大、中、小というレギュレーションで

「中」を頼むと2玉出てきてた!!全国的に2玉は「大」やろ~とか(笑)

4玉食べると死にそうだ~とか

うどんネタはついこちらもうれしくて反応してしまう。


来場予想の60~70名をはるかに上回る116名ご来場。

MDプログラムは底を尽きる。

アウェイゲートだけでこの人数だから

メインを入れれば150名程度のご来場か?


う~ん

さすがに今勢いあるチームだ。

ご来場、誠にありがとうございました。



上記の写真はウエルカムボードにお返事をいただきましたので

試合後、製作者の少年にお渡ししておきました。

熊本サポさんお返事ありがとうございました。

IMG_6155.jpg


アウェイスタンドは改修も終わり(?)

いつものアウェエリアはいつものポジションへ


・・・すると・・・いつもの奴らが・・・

歓迎のお出迎え・・・・

目視できるだけでも4~5匹の蜂が横断橋あたりで旋回中Σ(゚Д゚;)アラマッ

帰巣した瞬間に巣を駆除しようと思いましたが

どうやら手が届かない所に巣はあるようで・・・・


とりあえず「注意書き」で対応。

少し「遊び」も入れる

IMG_6158.jpg

まぁ・・・あまり目につかない所なので・・・・・

熊本さんのツイッターとかで取り上げれてないので

「滑った」感あり

笑は難しい(笑)


あと蜂さんが弱弱しい

夏の勢いがない

もう寒くヘロヘロ・・・・的な動き

もう気温も下がり・・・晴天の秋空に風は涼しい。



あぁ・・・・ついに秋だなぁ・・・・

あらためて思いました。


そしていよいよ大詰めの季節なんだな・・・とも・・・・・



ロアッソ熊本サポター様

ご来場ありがとうございました。

プレーオフ進出をお祈りしております。





追伸

あれだけ強いんなら隼斗もう一年かしてくれぇぇえええええええ~!!!!

(心の叫び・・・・笑)







カマタマーレブログ村はこちらから!!!


にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村



にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 香川県情報へ
にほんブログ村






幸か不幸か



我らボランティアは幸か不幸か

敗戦直後のストレスからはある程度自由だ。

(試合はほぼ観戦できないので)



アウェイゲート担当は努めて明るくしなければならない。

感情を殺すのに苦労したくない。

そうしないで済むように

結果についての詳細情報はおうちに帰るまで封印する。

つまり見ないようにする。


しかし、出てくる人の表情や足取りでその日の落胆ぶり

場合によっては怒りを感じることはできる。


昨日、は特別だった

ロスタイム

多くの人が勝敗が決していないにもかかわらず

スタジアムから溢れ出し

一種異様な光景が出現した。


歴戦サポのKJさんが「今日は帰ります・・・」と言葉少なに通り過ぎていく。

冷静なあいさつをしてくれているが相当無念さがにじむ。

あの人はどんな劣勢下でも試合中に退席したことがない。

少なくとも私は見ていない。

それほどまでに辛く苦しい展開だったのかと改めて思う。

(あとでPKによる致命的な2失点目をロスタイムに浴びたことを知る。)


また、ご来場回数の浅い方だと思うが

「見に来て損した・・・」と我らに告げて足早に帰宅する人あり。

これはボラ2年目で初めての経験で衝撃的な事だった。

相当のダメージを讃岐側は負った事、改めて知る。


直後試合終了の笛

ほどなくしてロアッソ勝利の凱歌「カモンロッソ」が丸亀の夜空にこだまする。


その時バックスタンド裏では

最後まで応援したと思われる讃岐サポの無言の列ができる。

みな足早

無言・・・・・


小学生のサッカー少年が不安そうな声で

「まだ1回負けても大丈夫なんだよね??」という問いに

そのパパは無言。

足早に私の前を通り過ぎる。


その光景がすべてを物語る。

まだここが地獄の底ではないかもしれないという恐怖。


心の野戦病院と化したバックスタンド裏

他会場では水戸が勝利、京都、大分が引き分け

今年のなかで最も降格圏が接近した。




・・・・けど戦うしかない。

次節は私もサポーターとして大阪に乗り込める。

少なくとも結果に対して同じ痛みを共有できる。

現地在住サポの来援もあるだろう。



陳腐な言葉でしかつづれないが

今シーズン最大のピンチ襲来。

みんなで戦いましょう。

次節、可能な方は大阪に集結しましょう。

遠くないアウェイです。

交通の便はすぐれた地。

まだツアーバスも募集している。

長居に(スタはヤンマーだけど)讃岐の旗をもう一度ひるがえし

そして叫ぼう。

そして何よりも僕らの選手を勇気づけましょう。


難しいことじゃないんです

大勢で押しかけて「がんばれ~」と声を出せばいいのです。

スカパーの前で声を出して応援してくれればいいのです。

職場のパソコンの前で祈ってくれればいいのです。

それだけで彼らは何百倍も勇気が出るそうです。



共躍

このラスト5節のために用意された言葉だと今、知りました。



IMG_5849.jpg









カマタマーレブログ村はこちらから!!!


にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村



にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 香川県情報へ
にほんブログ村




3年前・・・・

画像 658

3年前

私たちは浦和レッズと戦ってました。

あるものは現地で

あるものは今の様にパブリックビューイングで

あるものはBSで

選手と一緒に戦いました。

私の生涯忘れられぬ1戦です。

今日、天皇杯があるので

ついそんなことを思い出したのかもしれません。


今は運営スタッフとして奮戦する

カマタマ戦士

いつまでも我が家ではヒーローです。



追伸

浦和のチャントはすごかったなぁ…・笑

平日佐賀にこの動員力もすごかった

いつかまた対戦してみたいものである

今日の夜風でなぜか3年前を思い出した・・・






カマタマーレブログ村はこちらから!!!


にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村



にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 香川県情報へ
にほんブログ村


バスツアーへの提案

IMG_4433.jpg


ありがたいことにバスツアーが充実している。

見知らぬスタジアムに駐車場の心配などせず

チケットの手配すらしなくてよくて

あまつさえお土産までもらえる。


こんな好条件ありえない。


IMG_5192.jpg


しかもリーズナブルな価格は本当にカマタマーレサポの味方である。

初めてのアウェイ参加者にはもってこいだと思う。

徳島での大動員は

あの大声援はツアーバス7台の力によるところが大きい。

今後も

大阪

岡山


少なくともこの2つが予定されている。

引き続きよろしくお願いいたします。

本当にありがとうございます。




ただ・・・

唯一の欠点は到着時刻。

これまではキックオフ1時間前到着。

これは初めてツアーに参加する人や

カマタマーレに夢中になり始めた人にとってはちょうどいい到着時間かもしれない。


しかし、我らヘビーユーザー(笑)にとって

1時間前到着は少し残念である。

試合全体を通して腹7~6分目の満足感になってしまう。


試合を運営する側は少しでも渋滞緩和を目指して

少しでも来場を早めようと努力する。

つまり

開場時間(キックオフ2時間前)から

試合終了までトータルで楽しい企画を準備している。

つまりお祭りは開場時間前から始まっているのだ。


試合はもちろん大事だが

試合前の高揚した時間を

見たい映画の「予告編」を楽しむがごとく過ごすことも

大切な「醍醐味」である。


これが残念ながら今のバスツアーでは短いのだ。

今は

到着

入場して席獲ったらピッチ練習は始まってる。

アウェイスタンドの散策はもちろん

スタジアムグルメもそこそこにしないと今度は選手入場が始ってしまう。


あくまで試合を見る事に主眼が置かれているからかと思う。

大事なことではあるが危険なことと考える。


それは・・・・・

・・万が一敗れれば試合結果による虚脱感のみ残るからだ。


これは本当に危険だ。

リピーターに影響するかもしれないし

せっかくのカマタマーレやバスツアーへの関心を

伸ばせないかもしれない。



スタグルを食べ、

スタジアムを散策し、その土地の風情に触れ、

広場のイベントを見て、

敵味方サポが交流して、

試合前練習の整列にみんなでカマタマーレコールして・・・・


選手と一緒に盛り上がり

試合に臨む。

この過程が残念ながら楽しめない。



ビッグフラッグや横断幕の搬入は

メインサポだけでは能わない。

到着しているサポーター全員で行う。

だからいっぱいいてほしい。

そして・・・・

そこに役割が生まれ、

交流が進み、

試合そのものを過ごす時間の密度や意味合いが進化する。

共通の思い出が結束をさらに進める。

古きも新しきも対等な思い出により距離が近づく。


みんな何かクラブの役に立ちたいし

クラブの何かに触れたい。参加したい。

この気持ち・・・・


ここだ!!!


この参加は楽しいし嬉しいし誇らしい。

みんなで選手バスをお出迎えした。

あのスタジアムグルメがおいしかった。

イベントで有名人にあえた。

あのサポさんにアウェイで会えててうれしい。丸亀で再会を約した。

相手選手だったけどあの選手を見れた。


試合勝敗の代替え報酬が充実する。

場合によっては敗戦がこの経験に更なる価値を与える。

「丸亀では必ず勝とう」って。


その準備を相手運営はぬかりなく用意してくれている。

アウェイ動員は自身のクラブの動員限界を突破するに必要不可欠なものである。



それを思えば

1時間から1時間半前の到着はすこし遅いかな・・・・・と思う。

(私だけかもしれないが・・・・笑)


本当はヘビーユーザーほど

帰りの運転の疲労、アルコール、搬入物、遠征費(おこずかい)

総ての面でバスツアーを利用したいと思っているはずだ。


事前搬入や試合前アップのコールがあるので

バスツアーを利用するわけにはいかないのである。

体力を削り自走してアウェイスタジアムに向かっているわけだ。

さらに利用がかなうならバス内で応援練習だってできるかもしれない。

(長野戦の時は実際やった。)

そんな新たなイベントの可能性が広がる。



全車両が全部早出でなくてもいいと思う。

1台だけ先行発車便があれば応募は多いのではないだろうか??

まぁ、バス会社様にも都合があると思うが一般ヘビーユーザーとして

意見と要望まで・・・笑


ただ今年のバスツアーの充実ぶりには本当に感謝している

本当にありがとうございます!!!

これからも末永くよろしくお願いいたします。

一緒に共躍しましょう!!


社内でのイベント風景

IMG_5182.jpg








カマタマーレブログ村はこちらから!!!


にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村



にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 香川県情報へ
にほんブログ村





カズきてますか?と問われれば…

IMG_6109.jpg


今節の対戦相手は横浜FC

ご存知、カズこと三浦知良選手が所属している。


キング・カズ


全てのサッカーファンには特別な響きがある。

レジェンドと言う呼ばれ方もする。


香川にカズが来ていると言うだけで興奮して

寝れないサポさんもいる。

ボランティアの休憩時間に

カズの試合前アップを見てきたお母さんは

この日一番のテンションのご様子。


ボランティアしてる人が

ボランティアを通して嬉しい事あれば

それはリーダーとして嬉しい。

今日の興奮を家族に伝え、

今度はお客様となり、

家族みんなできてくれるかも…


そんな間接的にも人を

サッカーを身近にしてくれるカズは

やっぱり日本サッカー界の王様である。



カマタマーレがJ2にいることは

日本を象徴する

サッカーの王様を間近に見れると言うこと。

カマタマーレに興味なくても

カズ見に来てくれるお客様も

私たちは大歓迎です。

せっかくの三連休を充実したイベントに

して欲しいです。

その日の夕食で

「カズ、すごかったね!」

と家族で盛り上がれるなら

素敵な休日だったと思う。(笑)


その上でカマタマーレに興味を持ってくれたら

ちょっとだけ…嬉しい。


きっかけは何でもいいのだd( ̄  ̄)


もう一つ丸亀ならでは

カマタマーレならではのメリットがある。

カズをゆったりと観戦できるのだ。

座席は相当余裕がある。

好きな場所でカズ独り占め出来る。

写真も撮れる。

もちろん、個人的に楽しむ程度にしか

公開できないが、何枚か素敵な写真を拝見した。


みんな日本サッカーの特別な人に触れれる。

素敵な1日だったと思う。


ただ…

かの方が選手として来場してるかは

本当に直前まで不明。


ボランティアミーティングでも

お客様に尋ねられた場合の対応としては

「カズの来場は不明」と答えるしかないとのこと。

また、特定選手を限定して集客アナウンスは

禁じらてる。


いろいろな意味で現場関係者しか

本当にわからないのでは?

(´Д` )

IMG_6105.jpg


しかし、ボランティア中、

やっぱいろいろ聞かれる。

_| ̄|○

アウェイゲート担当だからか?

いやいや、

ボランティアスタッフは讃岐の人間です。(笑)


横浜サポさんにきいてみてよーとの声。

彼らなら確かにわからんでも無いかも。

前日練習とか見学してたら大体予想できるかも。

しかし、多分知らんて、確実なことは、彼らも。

あと…この質問が

横浜サポさん、もっとも嫌いらしいし…

IMG_6107.jpg


というわけで…

ご来場のお客様、

面目ありません。

本当に知らんのです。


「また、また〜知ってるくせにー」

と僕らをいじらないでー(笑)




最終的にカズ選手はベンチ入り

試合には出番なし。

試合前練習の盛り上がりは

やっぱりレジェンド。

やっぱ、すごい。




丸亀にご来場ありがとうございました。

(=゚ω゚)ノ





カマタマーレブログ村はこちらから!!!


にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村



にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 香川県情報へ
にほんブログ村

もはやなんかの宗教か?? 横断幕と過ごした1週間

横断幕。

皆さんの願いのこもる、

みんなで一生懸命作った、

ホームは必ずいつも「そこ」にある、

アウェイでは「ここ」に集合という目印の役目、

そんな多機能な魂・・・横断幕という巨大フラッグを

今週はお預かりしている。



先日、横断幕を持参するサポさんが都合でいけなくなる。

予定通りにいく人間が預かり、掲示し持ち帰る。

故に私の車に積んだままなわけである。



製作とかに携わると

特にいとおしいものである。

わが軍はこの旗(?)のもとに集い

時には勝利の凱歌を上げ、

時にはこの旗を守り退却する。

総てのサポさんの願いが

汗と涙と夢と希望とがこもるアイテム

それを自家用車の荷台に積んだまま今週過ごす。


ああ・・・

今週激務だったけど乗り切れたのはこのフラッグのおかげか!?







もはやなんかの宗教である。

相当なマインドコントロールやな・・・・・笑

ヘ(゚д゚)ノ ナニコレ?

ちなみにちょっと燃費が悪かった・・・

今週の僕の車・・・・・



1月 製作時の風景。
IMG_4315.jpg



横浜戦で無事お返しいたしました。
少し安心・・・・・
(*´ω`*)

IMG_6113.jpg




カマタマーレブログ村はこちらから!!!


にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村



にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 香川県情報へ
にほんブログ村



アウェイ 大分トリニータ観戦記 その4 

IMG_6035.jpg

後半開始からしばらくは拮抗した展開

しかし、徐々にカマタマーレのカウンター回数が増え

押し気味の展開。

逆に大分帝国は無理をせず、リスク管理に重きを置いているのか

そんなに人数をかけて前進してこない。

想像とは逆の展開に傾きつつある。


なぜか??

いまとなっては想像だがこんな仮説もあり得る。



10月4日16:00時点

すでに20位水戸は敗れている

その報は両チーム首脳には届いているはず。



さらに最下位栃木は同点で試合を終えていた。

試合内容は感嘆すべきところがあるが数字上は勝ち点1を積んだだけである。


各会場での開始時差は

この戦いの意味は、前日とは違うものに変質した。

大分帝国軍は「この戦い」を残留をかけた天王山にする必要性を喪失した。

逆に最低引き分けを得れば

勝ち点差、対戦相手を鑑み

次節で自動残留圏までいっきに到達できる可能性を手にする。


現大分監督は今の状況に「陥った」責任を感じる必要はない。

感じるべき前監督はすでに解任されている。・・・・厳しい世界である。

逆に現監督はこの状況を「脱する事」のみに全面的な責任を負う。


それを冷徹に遂行するなら

たとえ大スポンサーの天覧試合だろうが

因縁の讃岐相手だろうが

引き分けを取りに行くことに躊躇はないだろう。

非難を恐れないだろう。


次節22位との決戦に全力を注ぐ。


次節、勝利を得れば22位との差を広げ

同時に20位浮上の可能性すら十分あるなら

その状況を作り出すことで今節は充分なのかもしれない。

IMG_6095.jpg


更に前節の教訓またはトラウマを考えれば

払拭しようというものが大分と讃岐では対照的である。

大分は前節痛恨のロスタイム被弾で敗戦。

讃岐は後半、数ある決定機のロストしてドロー。



今日の試合の最終盤に

大分が何が何でもと前進してくることは

讃岐に前節の修正する機会を与え

大分がトラウマを広げることになりかねない。



また、讃岐にもメリットはある。

自動残留対象の相手に

勝点差も順位も変わらず1試合消化が能う。

これは半歩でも確実に残留へ前進する。

勝ち点差6を残り7節で守り切ればいい。


つまり、双方とも

「負けなければ何かはえられる」

そして

「勝てば更に過分なボーナスが転がり込む」

という状況である。



総て「今考えれば」だが。




激戦の最中、私がそこまで計算高く考えていたかというと・・・・そんなわけはない。

全然、余裕ない(笑)

・・・・が

本能的に「負けることの方が勝てない事よりも数倍危険」と肌で感じた。

当然、攻撃時より守備時、

危険なFKやコーナーキックを受けるときに自然と力が入り、いやな汗をかく。

もちろん攻撃時も叫び、飛び跳ねるのだが

それはこの緊迫した状況から解放されたいという願いであり、

勝たねばすべて失うという祈りにも似た声援ではない。


相手も同じかもしれない

讃岐・大分サポともに

ボールを止めてのセットプレーで心臓に悪い時間を過ごしたわけである。

どちらもPKエリア手前の位置でのプレースキックを得たし

崩し気味の決定機も作れていた


そのたびに大きな歓声とため息。


負けない試合運びをしながら

決定機を執拗に探す。


しかし、退屈な試合かといえばそうではない。

当事者であればこそというのもあるが

降格をかけたタフな試合であることは間違いない。

ロースコアだが

球際やプレスを激しく継続し

カウンターの際には人数をかける。

更に交代選手はアタッカーである。


勝てば間違いなく現状が劇的に変わる。

このこともまた自覚している。


慎重にしかし執拗に相手ゴールを狙い。

息が詰まる攻防が90分の時間経過により終わりを告げる。

結果、両チーム勝ち点1を分け合う。

カマタマーレ側は即座に健闘をたたえるクラブチャント

1試合消した!!負けなかった!!

手に入れてから実感する。

どれほど重いものなのかを・・・。


大分側には終了直後に厳しいヤジが飛ぶ

このコントラスト

最低限の収穫は同じ。

だがどちらがより重かったかがわかる景色でもある。


お互い残り試合の健闘を祈りたい

お互いこのステージで来年もお会いできることを祈る

もちろんわれらが残留争いの渦中にまだいる事を忘れてはいない。

大分J2

讃岐J3

こんな未来も充分ありうる。


今節のカマタマーレは

大分大銀ドームにて勝ち点1を奪取。

128名の遠征サポは大切なお土産を携えて帰路に就くことになる。


撤収時の風景
IMG_6096.jpg



追伸

帰りの佐賀関~三崎のフェリーはほとんどカマタマーレサポしか載っていない感じ・・・(笑)

カマタマーレ丸と化す(笑)

このまま・・高松港まで行ってくれんかな・・・・とかみんなで思う(笑)



ちなみに引き分けだけどとり天

出航までの短い時間だが頑張って大分市内に食べに行く。

IMG_6098.jpg

おかげで船に乗り遅れそうになりました(笑)




試合動画はこちら




カマタマーレブログ村はこちらから!!!


にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村



にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 香川県情報へ
にほんブログ村



アウェイ 大分トリニータ 観戦記 敵を欺くにはまず・・・でしょうか・・・・??

IMG_6081.jpg

ここまでの2回のブログがシーズン通しての状況分析をしたので

現地組は相当緊迫していたかのような印象を受けるかもしれない。

・・・が・・・・・

実際は、そうではなかった。

笑い声もあったし、CLの飛ばすジョークも程よくアウェイの緊張をほぐす。


まあ、どの試合だって負けられないわけだし

まだこの試合以外に7節ある。

常と変るものは特段はないのかもしれない。



ただ、大分ビックフラッグがホームエリアで広がっていくのを眺めて

改めて彼らの気迫は伝わる。



しかし特段その事にはみんな触れない感じ。

わたし自身が

「大分さん・・・やっぱ、気合・・・入るわな・・・」とつぶやいたぐらい。

恐怖や不安を抱くような雰囲気ではない。


また大分のチャントは間断なく続く応援ではない。

タイミングによっては

スタジアムの屋根による反響もあって

カマタマーレのチャントがよく響いていた。

「せめて1人1人の声量では負けまい」

とみんな力いっぱい叫んだ結果でもある。

IMG_6039.jpg





試合開始



後でスカパーで見直すと印象は変わるのだが

前半、相当ヒートアップして集中して応援いるはずなのに

印象的なシーンは少ない。


強いて言えば

開始直後にPKエリアまで侵入を許した時。

エブソンがさばき、

小澤が大きくクリアー試みたところを相手アタッカーにあたりタッチを割る

シミケンさんがゴールキック・・・

結果、事なきを得る。


ちょっとドキッとしたのはここくらい。


次は

無難に15分が過ぎた。

ほっとした直後

19分ごろゴール左へのミドルシュートを浴びる。

ボール3個分ぐらい外れたけど威力あった。

うあぁぁ!!っという悲鳴が混じった。

しかしピンチはこの2つ程度である。



もちろんカマタマーレも何度かボール奪取してカウンターを仕掛けている。



あと個人的な感想であるが

讃岐側はスライディングによるボール奪取を頻繁に試みている。

なんか・・・・相当の成功率だった印象がある。


昨年は一か八かで飛び込み、

ひらりとかわされ

決定的ピンチ!!!

・・・・みたいなことがあった。


故に長い間、封印されていたのか???

今シーズンもスライディングによるボール奪取はここまではなかった印象。

それが愛媛戦あたりから、頻度が増え、よくボール奪取ができる。


「足が長くなったかな・・・??」などとのんきな感想を抱く。


後にスカパーで確認すると最前線のFWが相当ボールを追いかけるので

中盤以降のボール回しに相手が余裕がなくなる。

故にタックルが決まる・・・・のでは・・・・とも思う。(笑)


まぁ、このあたりは素人なので全く見当違いかもしれない。

ただやはり監督の言うようにここ2戦は何か攻撃の印象が違う。


残念なのは

せっかくのプレスもボールが落ち着かない。

スライディング後も

ほかの大分選手が回収してしまうこともしばしば・・・・

ただ気持ちよく相手にボールを回させていない。


讃岐側で印象的なのは

球際が激しい、厳しい。

ファイトしている。

もちろん上品な舞台鑑賞を期待しているわけではないので大歓迎。

ここはみんなでヒートアップ。


ただ正直、全体的に違和感が・・・・いや、うれしい違和感ですが・・・。


帰宅後のスカパー鑑賞でヒントとなるコメント発見。

実況か解説の方が

「大分が戸惑っている」との見解披露。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



なるほど・・・いっぱい喰わされた??・・・・

監督の・・・・作戦いや奇襲か・・・・・・???

敵を欺くにはまず味方サポからか??(笑)


つまり、

讃岐の基本作戦は

前線にFWを残してゴール前で待ち構え奪ってカウンターだと予想していた。

大分選手だけでなく我らサポも。

それが最前線から追いかけまわし、

相手が苦しくなった中盤で奪う。

そこからカウンターを狙っている。


つまり前半からリスクしょって点を奪いに来ている。


セーフティーゾンと想像していたエリアで

襲い掛かってくるので大分側が修正に戸惑っているという事??


少なくとも昨年感じたチームとしての完成度の差は埋められ、互角の展開

いや・・・むしろ、讃岐のペースだ・・・・

あくまで今年に限ってかもしれないがそう感じる。


それなりのリスクを拾いながら攻め続け

結果0-0の折り返し。

大分帝国軍(?)は後半、更に前進せざる得ない。




この日は風が心地よかった。

しかし油断すると肌寒い。

大分の秋天には陽炎は立ち上っていない。





前半終了時

大分サポさんには悪いが率直な感想

「戦局、わが軍に有利」



IMG_6091.jpg


IMG_6089.jpg




カマタマーレブログ村はこちらから!!!


にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村



にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 香川県情報へ
にほんブログ村



アウェイ 大分トリニータ観戦記 その2 秋天の末裔



大分の気持ちは手に取るように解る。

昨年、われらも経験した。

勝つしかない。

引き分けて、勝ち点差が埋まらず、

1試合消化される事は

更に危険水域に近づく事になる。


彼らは勝ち続けねばならない。


守っていてはその願いは叶わない。

勝つために

1点取るために

必ず前進して来る。




うちは逃げ切りたい。

2015シーズンを逃げ切りたい。

確かに先月三連敗はした。

しかし前節に止めた。

この勝ち点差を

この順位を維持してゴールテープを切りたい。



おそらく大分は最初からくる。

死に物狂いで讃岐ゴールに迫り、圧倒し

得点を重ね、心を折りにくる。


この試合だけでなく

残りシーズン

降格圏脱出ロケットに点火するには

勝ち方はその燃料のはずだ。


それはシーズン序盤に失ったプライドの

奪還も意味する。


うちは足を止めコーナーに留まり

カウンターを装填。

相手の前進スピードやエネルギーが巨大なほど

その破壊力が増す伝家の宝刀。


もう、最近は選手どころか

サポーターまで戦術の意思統一ができてる。

そのうち約束事とかできそう。(笑)



さてさて結果

讃岐は暴風を耐え、宝刀を抜けるか?

大分は一気に飲み込み攻略能うか?

流れ、趨勢を決する最初の15分…

という感じ…かな…





強力な戦車軍団が地鳴りあげてやってくるのを

塹壕に身を潜め待ち構える心境⁇

いやいや、

こっちの対戦車ライフルも

なかなかのものよん(笑)


10月4日

大銀ドームより

現地128人とpv組さらには自宅組

全てのカマタマーレサポが息をひそめて待つ

キックオフです。




追伸

今日、

秋天に陽炎はたっていない。

立たせてはいけない。

彼らは昔、

とてつもない試練を乗り越えてきた

サポの末裔。


秋天の陽炎より






追伸の追伸

この文章は筆者の極端な主観に基づき

記されております。

す、す、スンマソン…
(´Д` )

m(_ _)m
m(_ _)m
m(_ _)m




カマタマーレブログ村はこちらから!!!


にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村



にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 香川県情報へ
にほんブログ村

アウェイ 大分トリニータ観戦記 大分帝国編

写真はこのスタジアムのスケールとアメニティをご理解いただくに丁度良いかと・・・



試合開始前、ホームゴール裏に目をやる。

いくつもひるがえるトリニータ大旗。

その真下に「大分帝国」の横断幕。


ここは大分帝国の帝都

大分大銀ドーム



巨大だ

いつ来ても圧倒される



かつてW杯の公式試合が開催され

世界のサッカー選手が戦った場所。

世界基準のスタジアムである。


それ以上にその趣から巨大な要塞の様・・・。

イメージは札幌ドームにちかい。


佐賀関から進むと

のどかな田園風景から

この要塞と複合商業施設がいきなり現れる。(笑)

本当ほれぼれする立派なスタジアムである。


しかし

今シーズン、帝国はJ2の新興、古豪クラブの前に敗退を重ねた。

相当、追いこまれた眠れる獅子となっている。

その象徴であるこの要塞は各所で火の手が上がっているようなものである。

その極めて劣勢の中

懸命な防戦を繰り返し、粘り強く反撃を継続している

そんな印象の大分サポーター


彼らと対峙し

今シーズンどこよりも鬼気迫る、

そして祈りもふくんだ巨大チャントを浴びる。


気迫が違う。

心底、今の状況を「憎んでいる」と言ってもいいだろう。

且つ、何もあきらめてない。

そんな感じの叫びだ。


手負いの王者の咆哮が続く。

更にメインスポンサーが直々に激を飛ばす。

更にヒートアップ。


総ての試合イベントの後に残ったのは

目の座ったトリニータサポさん7000人。


「やつらに開幕戦不覚を取った・・・奪われたのは勝ち点だけじゃない・・・」

チャントに鋭利な感情を感じる。



対峙する讃岐サポ。

IMG_6044.jpg


対する大銀ドームに集う讃岐サポは128人。

それを後押する讃岐残留の留守部隊、PV500名。

その他スカパー等の応援組。



われらも生き残りをかけてここにきてます。

なにもお譲りすることはできません。


大分サポさんにとってはすべての始まりだった讃岐から「プライドを取り戻す」戦い。

我らは・・・(あえて書かせていただく)・・・・降格候補を直接叩き、「俺たちが生き残る為」の戦い。


恐らく・・・敗れた方が降格に近づく。

生き残るか倒れるか・・・・


入れ替え戦の様なすっぱいものが胃から上がってくる。


・・・・いいじゃん・・・・

この体験・・・・素晴らしきかなJリーグです。





カマタマーレブログ村はこちらから!!!


にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村



にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 香川県情報へ
にほんブログ村






進撃の讃岐です。

45のおっさんだかセカオワとか聴く。

おっさんだか聴く。

更に第二次「進撃の巨人」ブームが

このおっさんの中に来ていて(笑)

sosとかダウンロードして

ヘビーローテーションして聴いてるわけだ。
(´Д` )


だからこんなアホな事かんがえるのかな?



今年一年は最初から

降格圏から離れたところで過ごす。

相当離れたところで。

何か大きな壁に守られて、

もう降格という悪魔とは隔離されて

上だけ、前だけみてそれでOKな気分で過ごした。

もう、充分辛い目もした。

努力もした。

みんな仲良くやってる。

もう関係ない。

そう思って過ごした。



しかし、ここに来て

眠っていた巨人達が目を覚ます。

直近5試合で

岐阜が10ポイント

大分が4ポイント

京都水戸が3ポイント詰めてきている。

獲得でない。

勝ち点差を詰められた。



残り8試合。



壁は崩された。

彼ら巨人の獲物は

明らかにうちと栃木さん

ここ5試合、勝ち点1しか積み上げれてない栃木

ここ5試合、得点が1しかない讃岐。


さぁ、皆さん、もう一度、剣と立体機動装置を

装備する時です。

戦いましょう。

われらの生存のために。



大丈夫ー

去年、つけっぱなしだったじゃないですかー。



という訳で明日はアウェイです。

調査兵団です。

壁外調査です。

過酷で厳しく、楽しいアウェイ戦。



理解ある家族の為に

本日は家族サービスに努めます(笑)


進撃の讃岐
エンド オブ ザ J2
開演。


これが私のフル装備(笑)








カマタマーレブログ村はこちらから!!!


にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村



にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 香川県情報へ
にほんブログ村

PV (パブリック ビューイング)とは

PVとはパブリックビューイングの略

今日は香川情報ブログ村の皆様への発信かな??

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 香川県情報へ
にほんブログ村

今回の試合は大一番だが相手のスタジアムで行われる。

今回は大分大銀ドーム

現地に行けないファン・サポターは当然TV観戦になる。

しかしTV中継は基本アウェイ地元放送局かスカパーでしか観戦できない。

スカパー加入していないと見れない。

あと、スカパー加入者でも一人で観戦するのは味気ない・・・・

こんな方々にカマタマーレが公式なTV観戦の場所をつける。

これがパブリックビューイングです。

いわゆる日本代表の外国での試合を国立競技場の大型ビジョンで応援する

カマタマーレバージョンです。



イメージ・・・・・

前回ははこんな感じかな。




今回の詳細は下記の通り

<スカパー!Presents 大分トリニータ戦 パブリックビューイング詳細>

■ 主 催 : カマタマーレ讃岐

■ 共 催 : 高松市

■ 協 力 : 丸亀町グリーン

■ 協 賛 : スカパーJSAT株式会社

■ 日 時 : 2015年10月4日(日) 試合開始16:00 ※開場14:30~

      2015明治安田生命J2リーグ第35節

      カマタマーレ讃岐 VS 大分トリニータ

■ 場 所 : 丸亀町グリーンけやき広場

      (香川県高松市丸亀町7番地16)

※車でお越しの方は丸亀町グリーン駐車場(有料)、または近隣の駐車場をご利用下さい。

■ 観戦 : 無 料

※事前の申し込みは必要ありません。

座席には限りがございますので、予めご了承ください。

また、お越しになられてない方の事前の席取りは禁止しております。

原文ママ





アウェイ戦限定のイベントと言っても過言でなく

たいそう盛り上がります。

いやイベント性も確かにある。

下記の通り

☆選手グッズ1日出張店長

選手2名参加予定

※参加選手は当日のお楽しみ♪

☆ 選手スペシャルトークショー

選手2名参加予定

※参加選手は当日のお楽しみ♪



☆ サインボール投げ込み(1人2球)



☆ カマタマーレ讃岐アカデミーコーチ斉藤 氏による試合前解説

元カマタマーレ讃岐選手、数少ない四国リーグ時代を知る男が熱い解説をします。



☆カマタマグッズが当たるガチャガチャ初登場!1回300円

ホームゲームで大人気のガチャガチャがパブリックビューイング初登場!

選手ミニキーホルダー・選手缶バッジが当たります。

大好きな選手をゲットしよう!



■ 注意事項

・太鼓や鳴り物の持ち込みはご遠慮ください。

・お手洗いは丸亀町グリーン施設内をご使用ください。

・商店街や丸亀町グリーンけやき広場での喫煙はご遠慮ください。

東館(エスカレーター側)の2、3階に喫煙ブースがありますのでそちらをご利用下さい。

・ゴミは各自持ち帰りをお願いいたします。

・シートやベンチ・椅子などを持ち込んでの観戦は禁止です。

・施設利用者の皆様の迷惑とならないように待機方法はスタッフの指示に従って下さい。

・駐車場は丸亀町グリーン駐車場(有料)または近隣の駐車場等をご利用ください。

・みんなで楽しく応援しましょう!ご協力よろしくお願い致します!!



前回7月8日に行った、ジュビロ磐田戦でのパブリックビューイングでは500名を超えるお客様が集まりました。

試合は敗戦ムードが漂う後半ロスタイムに永田選手の劇的なヘディングゴールで追いつき会場は大歓声に包まれました。

結果は1-1の引き分けに終わりましたが、アウェイ戦での貴重な勝ち点1を手にしました。



シーズンも佳境を迎え、残り8試合、残留に向けて非常に大事な一戦。

ぜひサックスブルー(水色)のシャツやカマタマーレ讃岐グッズをお持ちいただき、熱いご声援をお願いいたします。


ここまで原文ママ




PVの応援は現地には届かない??

いやいや、確実に届きます。

現地にはPVの様子や託す意気込みや願いが

掲示板、ツイッター、FBなどのコミュニケーションツールを通じて入ります。

そしてそのエネルギーに接した現地組は

改めて「PVサポの分も声を出す」と決意します。

そして魂が宿ります。

圧倒的少人数の現地サポの声援が

かすかながらもスカパーを通じて声を響かせているのは

お留守番組の魂を受信、そして拡散しようという魂の叫びなのです。


一緒に戦っている証なのです。


今回、諸事情で大分に向かわれない方

あるいは初めてカマタマーレに触れてみたい方

是非、丸亀町グリーンの公式TV観戦にお越しください。


一緒に戦いましょ~!!!!



昨年の現地風景
IMG_2413.jpg




カマタマーレブログ村はこちらから!!!


にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村



にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 香川県情報へ
にほんブログ村






死力を尽くして


IMG_2423.jpg


取らぬ狸の何とやらですが・・・

今期目標20位=自動残留

入替戦対象の21位チームを見ながら現時点の作戦を考えてみます。




入れ替え戦対象の大分さんは

シーズン後半戦(22節~34節)13試合で17勝ち点を確保。

つまり1試合 1.3ポイント勝ち点を確保する実力。

残り8試合 

1.3×8=11

現時点で最終節まで11ポイント加算できる実力がある。

大分さんの今の勝ち点は32

32+11=43

ここを上回らなければ生き残れない。

我ら現在38点

44-38=6


最低でも2勝

いや、我らの残りの対戦相手、相手実力・成績、我らの戦術を考えれば

(引き分け上等の籠城戦を継続するなら・・・)

1勝3分4敗=勝ち点6



これが生き残る一つの「指針」



ちなみに今節落とせば 大分さん勝ち点は35

平均獲得勝点数1.43

残り7節 1.43×7=10

35+10=45

これを上回るには残り7節で

勝ち点8を得ねばならない。

2勝2分3敗が最低ラインになる。


そもそも残り試合数以上の勝ち点を得ることは降格危機クラブの面々は厳しいとの説もある。

敗れれば相当我らは苦しい。


では・・・

引き分けてはどうか

大分さんの平均獲得勝ち点が1.29に後退

残り試合7

1.29×7=9.03

33+9=42

うちは1勝2分4敗でも上回れる。


大分さんに勝てばもっと楽になるのはもはや説明はいらないだろう。


結論

選手も現地サポもパブリックビューイングの皆さんもスカパーの皆さんも

基本大籠城戦です。

90分間難攻不落の要塞です。

そして籠城の合間に放たれる遊撃隊FWの

乾坤一擲の強襲にかける。


大分トリニータ

後半だけなら12位相当の実力。

今の順位は彼らの実力を映していない。



守り勝つ



今回もこれ心に刻みます。





追伸

もちろん応援前から勝てないとは思いません。

そんな消極的な決意では大けがをします。

そもそも守るつもりの心意気で守り切れるはずはありません。

相手はJリーグタイトルホルダー

大分トリニータです。

仰ぎ見る巨大クラブ・巨大戦力です。


一生懸命勝利を目指して闘いますね。

現地もPVもスカパーも心ひとつに共躍です

現場でお留守番隊のエネルギーをチャントに変換して選手を支えてきますね!!!

ではでは・・・





カマタマーレブログ村はこちらから!!!


にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村



にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 香川県情報へ
にほんブログ村












プロフィール

がくお 

Author:がくお 








2017年 チャント集

2017 カマタマーレ 選手チャント
2017 カマタマーレ 選手チャント posted by (C)がくお

2017 カマタマーレ チームチャント
2017 カマタマーレ チームチャント posted by (C)がくお

ブログサブタイトル 

2017 J1侵攻編

カマタマーレ讃岐公式ホームページ
コチラから


2013年6月30日以前のブログはこちらです
とあるサポーターへの追憶~カマタマーレサポーター日記~


にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 



小学生では水泳を習ってました。水泳の脚力アップにサッカーを習いましたがむしろサッカーの魅力に取りつかれました。しかし小学校5年生からのスタートはハンデでした。伸び盛りのゴールデンエイジにまだサッカーをはじめていないこと。インターネットなどがなく、今ほど理論的な指導はなく、スクールなどは充実していなかったことなど。何よりその才能はサッカーの神様に愛されているとは到底言い難いものだったこと(泣)。選手としてはMF、DF最後はゴールキーパーとして15歳の試合を最後に(中学総体時)に引退しました。

月日は流れ・・・

その後もサッカーは好きで代表戦やJリーグを中心にサッカーを見ていました。トッププレーヤーのため息が出るほどの美しいプレーを見るたび、自身の才能のなさを嘆くこともありました。なぜサッカーをすることにおいて、サッカーの女神は私を愛してくれなかったのか?(同じ名前なのに鹿島の柴崎君は愛されているようです・・・笑)その答えは40歳を過ぎた時に明らかになる出来事がありました。わが郷土にJリーグを目指して闘い始めたサッカーチームが現れたのです。女神様は競技する才能を私に与えなかった。しかし、それと引き換えに「サッカーを愛する才能」をふんだんに授けてくれたたことに気が付きました。そしてその才能を充分発揮できる宝物も与えてくれました。今、私の才能・・・サッカーを愛する才能・・・のすべては一つのチームに注がれています。そのチームの名前はわが郷土から初めて誕生しようとしているプロサッカーチーム・・・「カマタマーレ讃岐」。このチームとともに神様が与えてくれたミッションを果たすべくすすむ大冒険をブログにつづりたいと思います(笑)

よろしくお願いいたします

(=゚ω゚)ノ


このブログタイトルについて

初めてカマタマーレの試合を観戦した時に目にした古参サポーターさんたちの情熱。とても感動したのを覚えています。それ以後、彼らの熱い思いをいつまでも振り返れるよう、そして自分自身が忘れないようにこのタイトルをつけました。

飛行士業

しかし、モデルとなった原作「とある飛空士への追憶」のようにさわやかなブログには程遠く「暑苦しく、無秩序に取り乱した文章」を書き散らかされております。ご容赦ください。ちなみに筆者イメージも原作とは程遠く「飛空士」というより「低牛」のほうがイメージに合致します(笑)

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 

最新トラックバック

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR