エネルギーが尽きるまで・・・・


この暑さで

気力

体力

財力

総て空っぽになりそう(笑)


さんざん今回の参戦について迷ったが

行くことにしましたわ!!!!

・・・・・・・・・笑



その全エネルギーが尽きるまで

駆け付けて応援したい。


ヨシッ!!

人生にそんな時があってもいい。

後悔はしない。



まだ私の中に戦う燃料は残ってますよ~

今は純粋に楽しみです。

楽しんできます。



東京遠征に参加される方

味の素スタジアムで!!!!




巨大スタジアム 味スタ 紹介

IMG_3535.jpg



飛田給駅から、もうその威容が見える。

今年の天皇杯の決勝に使用されるらしい。

IMG_3532.jpg



スタジアム内もすごい!!

ワールドクラス・スタジアムです。




たのしみ~



にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村




ヴェルディさん

今シーズンおいでいただきましたヴェルディサポさん。

事前搬入で全員搬入作業のためにスタジアム中に入る。

みなさんすごく仲がいい。印象的な光景でした。

それと東京オリンピックの宣伝横断幕が印象的な記憶。

ああ・・・東京でオリンピックするんだなぁ・・・と改めて実感。



通算成績は2勝1敗。

勝ち越してる。

相性は悪くないのではと思う。

カウンター使いのうちにとって

相手の高い個人技と流れるようなパスは脅威ではある。

・・・が前がかりに前進してくる相手とは相性がいい。


その結果が通算成績になって現れるのか??

敗戦もまだわれらのスタイルが完成せずさまよっていた2014年シーズン序盤だ。

昨年後半は何とか降格圏を逃れようと猛追した直上20位が東京ヴェルディ。


2014年9月6日 第30節にはアウェイ 味の素スタジアムで雨中の戦い

0―1 讃岐 が勝利。勝点差は4と最大限まで縮まった。

東京はデング熱騒ぎとか・・笑

色々あったことを覚えている。

IMG_3565.jpg

今年はGWでの対戦。第11節。

永田選手の復帰と先制弾で勝利した。

「4月=未勝利」から脱し今の成績につながる切っ掛けとなる節だったかもしれない。


しかし

しかし


お互い3月遭わないうちに状況が激変

我ら讃岐は前評判の降格圏内をひとまず脱している。

ヴェルディさんは自動昇格まで狙おうかという位置まで来ている。

我ら12位  

ヴェルディ4位(2位ジュビロまで勝点差「4」)



私が若き頃、仰ぎ見たヴェルディは常に強者。

Jリーグの・・いや・・・アジアの王であった。

いろいろあって今は残念ながら違うかもしれない。

けど私にとってあの緑色は日本サッカー界の王様の色なのである。


今回対戦するヴェルディが本来の姿に近いのだろう。

自動昇格のための障害の一つにすぎない「讃岐」を蹴散らす。

課題は「堅守をどうこじ開けるか・・・」


そんな風に考えているに違いない。

「負ける」なんてことは一切考えてない。


・・・・・・・それでこそヴェルディ・・・・・・・・・

本来の姿・J初代王者。


いやいや・・・こうでなくっちゃ!!


楽しみ楽しみ





にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村





もう世界遺産登録したいですわ・・・笑




もしJリーグに次の世代に残したい「遺産登録」があるなら

うちのブログ村を登録申請したい。


もう本当に多彩で・・・・。

本当に色々ある。

アウェイゲートボランティアネタ・・・それとアウェイ観戦記は私の担当(芸風)ですが、

そのほかに

ライトサポ目線(もう全然ライトではない熱狂ぶりが素晴らしい・・・)の観戦記&カマタマーレライフ紹介。


お子さん連れ観戦記&奥様サポに勧誘中ブログ。


相当なブログベテランさんが日々の出来事を綴るブログから改めて参戦してくれてカマタマブログへ

この方はもうブログネタが素晴らしくカマタマーレ中心にシフトしてくれて・・・・

色々なイベント体験記やバックスタンドの風景が描かれてます。


おたぬき村長様の迫力ある・愛あるスタジアム風景・サポーターを映したブログ。


美しいグラフィックとグッとくる格言が必ずついてくる・・・いやぁ・・・なんかプロ??な感じの高度なブログ。

当然その内容・・・・観戦記も熱い。


タイトルは刺激的だがメインスタンドでの風景や観戦記をつづるブログ。


今はお休み中・・・・でもサポさんと選手とのふれあいを拝見できる優しいブログ。


本格的な鋭い分析と熱い思い・・たまに辛口コメントが程よくスパイシーな魂の観戦記ブログ。


フリーペーパー情報がいつでも手に入るブログ。


監督後援会の方々の観戦記アンド後援会告知のブログ。


もちろんCLさん達を含めたコアエリアの方達のブログ。


今は沈黙していても一斉に何かあれば動き出すブログ多数。


本当にその日スタジアムであったことが360度ぐるりと見渡せる。

それぞれの場所で

それぞれの世代が感じた思いが手に取るようにわかる。

喜びも悲しみも・・・・・


もう週刊カマタマーレ・・・いやいや・・・日刊カマタマーレ状態


すべての情報が実体験でつづられている。

ここを見ればスタジアムで練習場で

その日どんな楽しいことがあったか

熱い体験をしたのか

どんなことをみんなが望むのか

本当によくわかる。


更にブログ間でリンクしたり・・

スピンオフ気味の内容だったり・・

一つのカマタマ文化を創り出している。


すばらしい・・・


チェアマン村井さん

うちのブログ村・・・すごいですよ!!!

なんか表彰して~!!!!





本当に素晴らしい

一度覗いてみてくださいね!!!

うちのブログ村

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村


追伸

まだ1度も記事を掲載されてない謎のブログ・・・笑

意外と・・・いやかなり気になっていまして・・・・かなり楽しみです!!!

プレッシャーに感じず・・・

いつか書いてくだされば・・・










上に見える風景

アウェイエリアの北九州サポさん。

本文とは関係ありません。

IMG_5597.jpg

今シーズン幸せな事に最下位になったことがない。

自動降格や入れ替え戦・・・いわゆるJ3降格の恐怖が付きまとい、

実際入れ替え戦を戦う羽目になった昨年とは大違い。


もちろん何を約束されたわけではないが

今の順位は本当に幸せで、精神安定上非常に素晴らしい。

だって昨年、相当讃岐を鍛えてくれた諸先輩方が今、順位的には下におわします・・・
(まぁ・・だから余計に油断できないのですが・・・今シーズンの降格争いは・・・・)



今シーズンは「もう大丈夫か??安全圏まであとどれほど・・・??」と下ばかり見てここまで過ごした。

下位チームも勝ち点を稼ぎ出し、その実力に裏付けされた成績を収めだすと気が気ではないが

ようやくここまで来た。

最下位と勝ち点差は10

「安全圏」とは言えないがこの距離を維持しておきたい。

そうすればおそらく来年もこのステージで戦える。

夢にまで見たJリーグ(当時はJ3はなかった)だ。

しがみつきたい。


しかしふと顔を上げる。

プレーオフ圏内手前・・・7位は千葉さん・・・

勝ち点差は5・・・・・

一戦必勝で戦いつづけるカマタマーレはふと視線をあげると

次の夢の扉が「遥か彼方」だが見える・・・・。

はっきり見える。

初めて見た・・・・それはまた別世界の門。

その門をくぐることに磐田も大宮もC大阪も千葉も札幌も大分も京都も横浜も東京も・・・・

先輩方は常にこのゲートを潜り抜けようと死闘を繰り返している。

ある意味世界のサッカーにつながる門である。


今は眺めるだけでいい。


残念ながらクラブハウスと専用の練習場を持たない我らにJ1ライセンスは公布されない見通し・・・。

例え6位以内でフイニッシュしてもJ1プレーオフは進めない。

だが「遠く仰ぎ見てさえ厚い雲に覆い隠されていた次のステージ」が今は肉眼ではっきり確認できる。

たった一週だけかもしれない。

またあの降格回避の戦場に足を突っ込むかもしれない。

一種の晴れ間から偶然見えただけかもしれない。


けれど何か世界が変わった。


いつかは残留ではなく昇格の戦場で戦いたい。

そのモチベーションを得た今回の成績は実に有意義なものだと思う。

讃岐の可能性が広がった前節は勝利だったと思う。

今週は「にやにや」して過ごすとしよう。


神様たまにはいいですよね

慢心はしませんから・・・・







カマタマーレブログはこちらから

好いブログそろってます!!


にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村





逞しくなったものです。



我がアウェイゲートで手伝う小学3年生R君。

彼が私の担当するボランティアを手伝ってくれるようになったのは3年前。

まだ幼稚園に通っていたころと思う。

イベント担当をしていた私の周りで友人や兄と遊びながら

それでもしっかりと手伝ってくれて感心したものである。


今は小学3年生になり、地元サッカー少年団で活躍する将来性豊かな少年になった。


そんな彼が昨日

カマタマーレの動員を気にしてか

今担当しているアウェイゲートの客さんをもてないしたい気持ちからか

well come ボードを製作してくれる。

そこには

「遠い福岡からお越しいただきありがとうございます。」

「名物のうどんとサッカー楽しんで行ってください」

とのメッセージ。

彼らしい字で書かれている。


風が強い昨日、水が入ったペットボトルに張り付け

うどん店の案内チラシを下にひきアウェイ待機列に設置。

北九州サポさんの思い出に貢献すべく渾身の作品となる


涙が出るほどうれしい。

そして逞しくなったものだ。


彼を育んだ3年という月日は

そのままチームの成長とリンクする。


幼稚園の園児が少年団で戦うサッカー少年に成長した。

JFLで戦うクラブはJという国内のプロリーグで戦うクラブになった。


対戦相手との連動で見るとよくわかる

昨年ギラヴァンツ北九州と2度戦い、結果は1負1分。

特に第一戦はリードしているアドバンテージをまったく感じることできない展開。

相当苦しい試合だったことが印象に残る。

あれよ、あれよとパスを回される。

DFが振り回される。

最後はぽっかり空いたスペースにFWに入り込まれフィニッシュ。

2発被弾。

初めて体験した「先制の歓喜」など消し飛んでしまった。


これは2014シーズン序盤のお話。


2014年

その時点までは対戦相手は比較的前評判の高いクラブと対戦していた。

J1経験チームも多数存在していて・・・「ここまでは仕方がない・・」とどこか思っていた。

正直に言うと北九州さんなら何とか歯が立つかも・・・との思い・・

ここから反撃・・・という思いがあった。

それが粉々に粉砕された2014年3月30日。

雨の北九州市立本城陸上競技場での出来事。


これがJのレベル・・・・


とてつもなく遠い存在に感じた。

その後、われらが初勝利するまでまで10試合を要した事はご存じのとおりである。


昨日のアウエイスタンドの風景
IMG_5601.jpg



それから約1年。

再び彼らとあいまみえる。

4月の対戦ではやはりその実力の違いを見せつけられ0-2の敗戦。

通算1分2敗

今節のスカパー解説者は言う。

「長く勝っていない丸亀で、最も勝ていない相手と戦う讃岐」と・・・



果して

ボランティアR君の逞しい成長とリンクしたのだろうか

彼がWELL COMEボードを作り「おもてなし」の心を芽生えさせた様に

カマタマーレは後半得たPKによる「虎の子の1点」を死守し

ついに北九州から勝点3を上げるという成長を見せた。


猛攻を浴びながら少ないチャンスをものにし

懸命に守り勝った。

いやいや・・・リンクするくらい双方が努力し戦いつづけたのであろう。

逞しくなった。

彼も

わがチームも


いつか彼の成長とチームの成長が融合する日が来るのを夢見る。

・・・が・・・これはかれに無用のプレッシャーになってはいけないので内緒の夢だ。

普通に優しい立派な大人になってくれたら嬉しい。

しかし、彼の夢もまたそうであるなら、「いつか必ず」と周りの大人も一緒に夢みたい。


昨日、サブグラウンドから引き上げる沼田選手と大沢選手に感謝の言葉をかけてもらう。

いつの日か彼からそんな声をかけられたら素敵だ。


だが・・その時は大きな声で言う。

「R!!早くケガが直してピッチ戻れ~ごらぁぁぁああああああ!!!!」

沼田さんや大沢さんには絶対言わないがRにはいう(笑)

たぶんうちのゲート全員・・・みんな言う・・・

いや・・・いつか言ってみたい・・・・・・笑

もはやアウェイゲート全員の息子のようなものである。


IMG_5596.jpg


追伸

彼の成長と共に彼の宿題も成長する。

全ゲートボランティア総出で彼の夏休み自由研究のお手伝い。

アンケートの記入

TOTOさんに冷やかされる

「お宅ゲートの弟子の宿題なんやからしっかり書いてよ~!!!!」

ハイ・・・真剣に書きます・・・マジ・・仕事上のアンケートより・・・・

毎月賃金統計調査(厚生労働省管轄)より数倍本気で書きました・・・笑


IMG_5590.jpg



カマタマーレブログはこちらから

好いブログそろってます!!


にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村





正念場かも

本日の四国新聞の先発予想が事実なら

明日は今シーズンの最大の山場だろう。

ひょっとすると

クラブの将来を占うゲームかもしれない。



ベテランの多いチームが

連戦の続く夏場を乗り切るには

ターンオーバーと呼ばれる交代制の休憩

が必ず必要。

これは仕方がない事で理解できる。

その分、今年の戦力として

未知なる選手が投入される。



ずばり、勝敗の帰趨が読みにくい。



交代で出た選手が活躍するなら

それは喜ばしい事で選手層が厚く

よりチームは安定するという利点は確かにある。


万が一望まぬ結果になっても

経験と課題を手に入れられるだろう。




しかし、我らには余り時間的なゆとりが無い。

最下位チームですら勝ち点8差に迫っている。

不本意な成績に甘んじていた

強豪達は目覚め、完全に追撃体制に入った。


讃岐がいくら勝ち点を重ねても

引き離す事能わない。


下位チームは

ここ10試合は我らを上回るペースで

勝ち点を積み上げてる。

この事を思うと

明日は新しい試みにチャレンジしつつ

結果にも拘わざる得ない。

厳しいミッションである。




あるいは明日の先発フォーメーションが

怪我人が続出の野戦病院状態によるものなら

これは恐怖だ。

今ここからの試行錯誤がはじまる。

代わりが効かないポジションなら

フォーメーションや戦術ごと

今から作りたさねはわならない。



ここまで順調だった事は

前節まで大きな怪我人が居なかった事が大きい。

そのアドバンテージを失うのは恐怖である。


ただ時間や相手はまってくれない。

淡々と明日は、次節はやってくる。



ならばチャレンジするのみ

より大きな声で

よりポジティブな言葉で

クラブの新しい試みを

鼓舞し励ますのみ。


これが何としても必要。


我らボランティアにはこれができない。

故にバックスタンドに参戦予定の皆さま

どうか、どうか、よろしくお願いします。

明日はどんなメンバー、

フォーメーションになろうと

スーパーポジティブな言葉でクラブのチャレンジを

後押ししてくれる事よろしくお願いします。


「何やってんだよ‼︎」

と言いたくなるかも知れません。

けど明日だけはどうかどうか

「大丈夫‼︎大丈夫‼︎できてるよ‼︎ok‼︎ok‼︎」

とポジティブな応援で選手を乗せて下さいね。



大丈夫

必ず道は開けます。

いや切り開いて来たじゃないですか。


明日、バックスタンドに駆けつけれない事は

身を焦がすくらいの痛恨の思いです。

けど持ち場を離れるわけにはいきません。

皆さんの最も近くで祈り続けます。

どうかどうか選手の背中の後押し

よろしくお願いします。

勝ちましょう‼︎大丈夫‼︎大丈夫‼︎









カマタマーレブログはこちらから‼︎

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村


沼田心配・・・

IMG_5005.jpg


縦横無尽に走り回る沼田。

讃岐の攻守に欠かせない男。

フィジカルに・・特にサッカー選手として身長には恵まれなかったかもしれないが

そのたぐいまれなサッカーセンスで今シーズン5ゴールをあげている。

その陰にはたゆまぬ努力があるのだろう。

同姓として尊敬に値する。



彼が怪我で戦列を離れた4月はチームも勝ち点が伸びず。

彼が戦列を離れることにはもういささかの恐怖を感じる。

いや誰が怪我をしてもそれは悲しいことなのだが

一度負傷した選手は余計気にかかる。

それは選手生命を短くしかねないからだ。



その沼田選手が試合後、足を引きずるように控室に下がる画像が流れる。

昨日の試合は双方激しくぶつかり、ボール奪取をくりかえす激しい展開。

栃木さんも必死だ。

一時、エキサイトしたシーンもあった。


ここに不満はない。

双方真剣に戦っているのだから・・・


ただ、試合後の素直な感情として

「大丈夫かな・・・・」と思う。

心配する。



いや、才能も運も豊かな漢だ。

きっと元気な姿を日曜日には見せてくれるだろう。


ゆっくり休んでくださいね。

また活躍期待しています。







カマタマーレブログはこちらから‼︎

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村







鋼鉄の心臓で

≪2015明治安田生命J2リーグ 第25節≫

■ 開催日    : 7月22日(水) 19:03 KICK OFF

■ 試合会場  : 栃木県グリーンスタジアム

■ 試合結果 : カマタマーレ讃岐 0 - 1 栃木SC


敗戦


7戦負けなしとは

2月近く敗戦を経験してなかった訳で

そう思うと自身かなり過保護に育ってきた2月と

自覚がある訳で。


大昔の長篠の戦い。

最強無敵の武田軍団が壊滅的大敗をした際

武田の老将が呟いたそうだ。

「我らの過ちは若者に敗戦を経験させてこなかった

事」と。


確かにくやしい。

明日仕事に力入らない。

しかし

しかし

敗戦はいつだって我らを強くした。

今日はもっと強くなるための試練。


断じて1敗を受け入れられぬほど

讃岐サポはやわではない。

だってあの地獄を闘いぬいて

あの激戦を生き残ってきたのだから。


また、日曜、丸亀にあつまりましょう。

鋼鉄の心臓を携えて





こころ穏やかになりたい人

カマタマーレ女子マネージャー

春奈さまの北海道での一枚をどうぞ。












にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村






北の宴 最終回

20150720083005a2a.jpg

明日はアウェイで栃木戦

もう前節の事は忘れて次の試合に集中集中~

一応備忘録として最後に試合の感想と試合後のエピソードなど・・・・



応援を多くの方から労っていただき感謝感謝感謝。

しかし、現場にいたものとして

いくら叫んでも自身のチャントが聞こえない。

おそらくピッチにいかほども届いていないだろう・・・・

対峙した札幌8000人の声援には

残念ながら100人単位では太刀打ちできない。


ただ「ホームの声援にかき消されているが・・なんかうちのサポの気持ち…伝わるよね・・・」

と選手に感じてもらえば・・・・


このあたりが偽らざる本音である。


実はあの札幌大声援の中、

我々のチャントに応じてくれた讃岐選手が2名。

ピッチ内練習開始直後のシミケンさん。

これはGKというポジションがら聞こえやすいのと

開始直後で札幌が動いてないからと言う事もある。

けどちゃんと届いていること確認できた。

ありがたかった。


もう一人はキックオフ直前にしたFWへのコール

遥か彼方の逆サイドで

チャントに手を叩き答えてくれる9番 我那覇


「おお!!!聞こえているぞ!!!」

にわかに活気ずくサポ一同。

一番盛り上がりました。

「ヨシ!!」という思いで90分を始められるきっかけになりました。



試合全般のイメージ

ロングボールの競り合い時ファーストタッチでやや劣勢。

それなりに取られる・・・うちのターンなのにもったいないなぁ・・・・・・と思う・・・すると・・・

かなり高い位置(いわゆる敵陣に対して近い場所)で再奪取してそのままカウンター


讃岐よりの目線だからかもしれないが

そういうシーンが印象的。


その際、我那覇、木島、仲間だけでなく高木、永田・・・場合によっては小澤が上がってくる

その瞬間はかなりの破壊力を感じる

うちって得点力・・J2で22位(ビリ)??ホントに??・・・と思うぐらい

迫力満点!!

強烈に得点の匂いがする。



DFも確かに守備の時間は多いんだけど

今日は冷静に対処している感じ。

バタバタ、あわてた感じがないのだ。


危険なエリア前で侵入をふさぎ

浴びるシュートはミドルレンジまで・・・・


ただ、決して楽ではない。

遠くのアウェイサイドで繰りひろげられる攻防に

目の前の自陣ゴール前で繰りひろげられる攻防に

前後半共に、汗握る讃岐ゴール裏。


ヒヤリとしたシュートは後半古田に浴びたゴール前フリーのシュート

おお・・・わずかバーの上・・・・

ヒロ・・・ナイス・・クリアー・・・・・(震え顔で叫ぶ・・・笑)


80分近くなってから稲本のロングフィードから荒野とわたり

最後にドフリーの神田のシュート

「やられた!!」と正直思ったが僅かのポストの外・・・・

ふぅぅううううう


後は全般的に都倉選手・・・・う~ん・・・すごいわ・・・・

マーク2枚(航大コーチとオザッスさんの2枚)をもろともしない

そのまま引きずるように空中戦、そしてヘッド・・・Σ(゚Д゚)


彼がゴール前に侵入してきたとき

それだけで恐怖を確かに感じた。


得点はPKエリア前で荒野選手の侵入を防いだ航大コーチが前線にフィード

我那覇が憎らしいほど冷静な起点を作り前向きの高木へ渡す。

高木から前線の木島

ここまで来ると木島は個人技で1人かわしシュート体制に入るところでパウロン選手に阻まれる。


敵陣深い位置でスローイン・・・


讃岐サポ

前半終了が近い時間故か

「大じょーぶ!!!のんびり行こうぜ!!!」との檄が飛ぶ。

=アウェイ 前半0-0 は 『OK』 の意味。


まさか聞こえた訳ではないだろうが・・・笑


早いリスタートを狙った高木選手が不意にボールを落とし

小澤選手へスローインボールが渡る。

ゆっくりしたモーションでゴール前の木島選手へ

木島はワントラッップ。

危険を察知した札幌DF2人は木島につられる

その瞬間、「はたき気味」にボールを小澤に返す。

そこにはスペースができた小澤選手。

充分に狙い澄ましてゴール前へクロス

飛び込んできた永田選手がゴールゲット!!!!



その瞬間・・何故か一時的に札幌がプレスが弱かったこと。

そして走りまくってゴール前に何度も顔を出した永田選手の苦労が報われたこと。


前半終了間際の理想的な時間での先制点でした。

讃岐ゴール裏30名が大騒ぎ!!


結局この虎の子の1点を守り切るわけだが

試合終了以後、監督は相当プラン通りにゲームが進んだ感触があったのでは・・・・・

「しっかり選手たちがやるべきことをやってくれて、今日は狙い通りウチとしては完勝だったかなと思います。」


とのコメント。



北の宴は

北野の宴と変わる。


その宴に乗るサポーター


試合後あるものはサッポロビール園へ

あるものは古田の実家の天ぷら屋さんへ

あるものは翌日の航空ショーを楽しみに

あるものは幸せ気分いっぱいで讃岐への帰路へ



この北の大地への遠征

怖いぐらい幸せなアウェイ戦でした。

けどたまにはこんなことあってもいいよねぇ・・・・・

みなさんお疲れ様でした!!!


あした頑張りましょー!!!

私も留守番組です。


追伸


20150721190801b26.jpg

最後に海鮮丼食べれました。







カマタマーレブログはこちらから‼︎

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村








北の宴 その4 コートチェンジ




いよいよ先発選手発表。

コンサドーレDJさん無慈悲なぐらい味気なく

讃岐側の発表を開始(笑)。


早口だから手拍子で追うのがやっと(ーー;)

アウェイの洗礼。



ちくしょー、やるな‼︎ ( ´Д`)y━・~~




おや、小野伸二がスタメンに居ない。

ありゃ、サブにも居ない。

ふーん…

夏の連戦が続きますもんねぇ…

讃岐相手でメンバー「落としてきたかぁ…」

の感想。


もし、そうなら少し可能性が湧いてくる。

小野伸二不在が次節に向けた温存ならば、

上から目線の選択なら、

何処か取り付く島があるかも。d( ̄  ̄)



しかし、後で聞くと小野伸二選手は怪我らしい。

前日の練習も1人別メニュー。


こうなると日本の至宝なので早い回復を

お祈りします。

いやー、見たかったー

とか調子のいい感情をもてあます。(笑)




また、彼にも触れねばなりません。

非常〜に厄介‼︎

ああ、厄介、厄介(ーー;)。

敵に回すとかなーり面倒くさい(ーー;)





やっぱり札幌戦はいろいろな意味で

楽しみが多い。




さらに試合前のコイントス。

勝負に勝ったコンサドーレが

コートチェンジを要求。


前半からお互いのサポーターに向かい

攻撃する形。


ここはドーム。

風はない。

ではなんでコートチェンジかといえば

意味はこれしかない。

「味方大応援団めがけ最初から圧倒する」

「いきなり行きます‼︎」

というコンサドーレ-メッセージ。


ただあんまりうちのサポさん達は慌てなかった。

今だから言えるのかもしれないが…


「ピッチ変えたか…いきなりくるぞ…」

…とは確かにみんなで話した。


げどたった30人の応援団を

喜ばせたいと思う漢達がピッチに11人もいる。

心強い。信じたい。


それと共に脳裏をよぎるこれまでの経験。



札幌さん、

讃岐は難敵に対して

「打ち勝って」来たんじゃないのよ。

「守り勝って」きたんだよ。

( ̄Д ̄)ノ



一気にゴールマウス攻略、闘志粉砕を狙う札幌。

得意の籠城戦からのカウンター狙える讃岐。


試合開始1分前。

舞台は整った。

















カマタマーレブログはこちらから‼︎

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村




北の宴 その3 デビュー⁉︎



コンサドーレ戦

取り分け札幌で行う試合は特別な意味がある。

神内ファームのお膝元であり、

ある意味ホームより負けられない。



その天覧試合の応援を仕切るのはMちゃん。

フェイスブックで本日のMVP投票とか

ツイキャスというインターネットラジオの

MC(?)してくれたり

我がサポ集団の中でI上さんと並んで

PCを駆使する知能派。

今日は彼に応援のリードを託す。


いやいや


全力で声出しますよ。

「心一つに」です。


「心一つに」を強調したいのには訳がある。

試合前に行われていたイベントがこれ




砂川選手、榊選手の移籍セレモニー

両選手ともサポに絶大に支持されていたらしい。


特に砂川選手は12年在籍した

ミスターコンサドーレ。

相当愛されているのが讃岐サポでもわかる。

サポから惜別の横断幕、記念品の贈呈と

しんみりした厳かな雰囲気。




そして会場一周してお別れセレモニー

全方位から感謝と声援がこだまする


彼らがスタジアム入り口に消えると同時に

強烈なコンサドーレ-コールがはじまる。

まるで弔い合戦にでも挑むかのような雰囲気。

今日は負けられない、なにがなんでも勝つ

そんな雰囲気、いや殺気。

ホームチーム・ゴール裏から明らかに感じる。




どうやって「いなす」……

この特殊な雰囲気を

どいやって「変える」……

この「殺気に満ちた空気」を





試合開始前

暴風の様なコンサドーレ・チャントに

魂の叫びエネルギーの増量を確認…

うーん

いきなり意外な難敵と対峙を余儀なくされた

新CLに率いらた30名の讃岐ゴール裏。










カマタマーレブログ村

いろいろな試合情報いっぱい‼︎

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村

北の宴 その2



この宴に参加するには

まず台風の中、その驚異をかいくぐり

札幌ドームに辿りつかねばならない(笑)


良い子はマネしてはいけないクレージーな

旅である。

お財布もそれなりに寂しくなり

これ以後の平日昼食代も相当切り詰めた物になる事が

想像される。

やはり、育ち盛りのお友達はマネしてはいけない(笑)

また、夫にこんなのがいると迷惑千晩

賢人たる男性所帯持さまもマネしてはいけない(笑)


ちょっと頭のネジが不足している心配がある

大きいお友達限定の宴。(笑)


いや、あくまで私の話で

何ヶ月も前から計画的に準備している

賢人サポさんもたくさんいらっしゃいました‼︎


まずは神戸空港まで

マリンライナーok

新幹線ok

飛行機ok

やたー

まずは北の大地にいけますー。

マリンライナーで終わりの可能性も覚悟した。

天候の回復が予想以上に早い。

ラッキー。


雲の上はこんな感じ。

若干台風の残骸の上な感じ





千歳は雨

うーん

台風追いかけ、追い越した感じです。




この時点で11:00時

急ぎ札幌ドームをめざす。

直行バスあり便利。



私は日帰り弾丸ツアー

ここまで一緒に来た宿泊予定の43さんが

せめて札幌ラーメンでもと

ドーム近くで探して連れて行ってくれた。

これ

チャーシュー増量の歓迎バージョン(笑)





うまし‼︎

コンサドーレやファイターズの試合後は

とても賑わうそうである。

その秘密はこれかな⁉︎



こういう文化が少し羨ましい。

いつかわれらがスタジアムにも…


機会あればまた訪れたい。

とても美味しい味噌ラーメンでした。





そして到着。

北の宴の末席に名を連ねることかないました。

今日はこのメンバーで戦います。




お久しぶりです。

札幌ドーム。

またお会い出来て光栄です。

すげー

オーロラビジョンが更に進化しとる。

新型や〜〜

去年のも相当すごかったのにー(-.-;)y-~~~




追伸

このラーメン量的に相当ヘビー級

大の大人が食べきるの大変。

朝4時にサンドイッチ食べただけのはらぺこなのに

相当満腹(笑)

…………

…………

…………

…………

…………

いやー

だからスカパーの映像でお腹出てたのねー

あんな感じで何時もと違い感じで映って

あー可哀想なおれ(棒読)


( ;´Д`)


やせな…

まずい…

あの画像は…まずい……









にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村



北の宴



台風をかいくぐり

留守番組の祈りを大切にあずかり

北の大地に続々と到着するわれらが讃岐サポ。


敢えて続々と申し上げましょう。


私たち神戸空港組が到着した際に30名

試合開始までに70名のアウェイ観客数。



試合も興奮したが

この事実に驚く。

最北のアウェイに

台風の中

70名の讃岐サポ。


北海道在住組の讃岐サポの存在に感動する。

関東組の奮戦に感謝する。


そして狂気と狂喜の

うどん県特攻ツアーに参加した高揚感が

試合前の私を包む(笑)


試合前からもう宴なのだ

この上ない至福の時間なのだ。



北の大地観戦記は後ほど

みんな元気に夏の北海道を楽しみました。






にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村


片道分のチケット


IMG_3923.jpg


朝4:30に高松でて

8:30に神戸からジェットスター

10:30に千歳に着いて移動

札幌ドームで試合観戦

IMG_3945.jpg



終日台風つき(´Д` )

後は野となれ山となれ

片道分の燃料で出撃です(笑)



せめて本場の海鮮丼食いたい(笑)

IMG_3995.jpg







にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村

週末女子サポ



カープ女子

セレ女

オリ姫

各スポーツクラブは女性が贔屓にしてくれるクラブであることを目指す。

女性ファンの多さは生き残っていく為の「魅力」のバロメーターとなりうるから・・・笑。


そもそも女性はたくましいと思う。

結果や未来を悲観して「いじいじ」するのは

たいてい男性の方だと個人的には思う。


これは世の中見渡してみての傾向の様な気がする。

つまり彼女らが一生懸命に応援してくれることは

選手の・・ひいてはクラブ全体の活力である。


だからたくさんのカマタマ女性ファン(いやいやサポーター)の存在が

とてもとてもありがたい。


そもそも優しいイケメンはうちの選手に多い。


うちの美人税理士さんが

「久しぶりに男らしい男の子たちを見た!!!」と興奮して話してくれたことが印象に残る。

クールビューティな彼女がそんなことを興奮気味に語るぐらいだから

やっぱ男としての魅力充分である。


ただそのことをどうやって伝えていくか・・・


なかなか一筋縄ではいかないと思う。

クラブの努力だけでは「爆発的に」とはいかないだろう。

個々の口コミやSNSなどのネットワークが鍵だ。


いろいろな方がブログ、SNS、ツイッターで懸命に拡散してくれている。

まさに女性サポ様さまである。


その中で異彩を放つこのフリーペーパー

「週末女子サポになる」

IMG_5422.jpg



「出版する」事は大変であることは人生経験上理解している。

またインターネット全盛時代に

「印刷後は修正の効かない」「発行部数を読みずらい」拡散ツールをあえて選択している。

その苦労の分だけ

手に取り肌で感じることができる。

いつでも手に取り眺めるだけで

スタジアムの雰囲気を感じることができる。


また

女子が気になる観戦ファッションやグッズ

お楽しみグルメ情報

コミュニティ紹介など

すべて女性ならではの視線で作られている。

そして多彩である。

IMG_5423.jpg


この記念すべきカマタマ女子専用フリーペーパーは

色々女子が行きたそうなお店で手に入る。

このあたりが絶妙で、

まったくカマタマの魅力に触れず過ごしてきた方たちへの宣伝効果抜群。


下記のお店で手に入る。

「週末女子サポになる」
2015設置場所一覧はこちらから

ネイルサロン、ヘアサロン、カフェ・・・・

是非そのお店を訪ねてゲットしてほしいと思う「おじさんサポ」である(笑)


もちろんダウンロードしてバックナンバーも合わせて読むこともできる。

こちらから


紙面とネットがハイブリットしたカマタマ情報誌である。


これからも楽しみにしている。

よろしくよろしくお願いします。


次回が待ち遠しい。

こんな40過ぎのおじさんでも・・・・・笑



追伸

ちなみにうちの女子サポは愛称って・・・・なんだろう・・・

うどん娘・・・絶対に却下されるな・・・

釜女・・・・・狙撃される気がする・・・・

カマタマ女子

讃岐ガールズ

姫たま

・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・

う~ん

カマ7の次はいい感じの女子サポお愛称募集してみてはいかがか??

この辺のセンスが私には絶望的にないな・・・(泣)









カマタマーレブログ村はこちらから

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村

台風(´Д` )

IMG_3971.jpg


各方面調整して

ようやく叶った札幌遠征

季節外れの台風がー


神様、どうか、どうか

カマタマーレの選手、わがファミリーが無事に

北の大地に辿り着きますようにー





しかし、飛行機飛ぶのか

もろ直撃なんですが~

((((;゚Д゚)))))))


IMG_3910.jpg





カマタマーレブログ村はこちらから

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村

アウェイゲート体験記 ツエーゲン金沢戦



なんか久しぶりに再会した。

ツエーゲン金沢サポさん。

2年前に丸亀でお会いした時は

私はまだボランティアしてなかったので直接まじかでお会いするのは初めてです。


遠いところからありがとうございました。

今現在3位。

昇格初年度にすごい成績・・・・・。

う~んすごい。



うちの社長がアウェイゲートに巡回でやってきて

「一つ勉強させてもらいます」との会話を金沢サポさんとされてまして・・・

まさに今回はそんな感じです。


来場は50名強

いやいや・・・立派な遠征サポさんです。

本当にお疲れ様でした

無事に金沢についたかしら・・・・

丸亀は蒸し暑かったから心配です。



すこしバタバタしまして金沢サポさんと交流できず

今回は体験記はお休みします。






ボランティアミーティングは通常キックオフ4時間前

今回はさらに1時間前に集まり今後の運営についての意見交換会

IMG_5415.jpg

サポーターたちがFWならボランティ達はDF

場合によっては逆

ただDFに例えるならこのボランティアメンバーの強固な守備ブロックは選手並み

ボランティアの献身的な頑張りが(お掃除ボラ・設営ボラ含め)

快適な試合観戦の土台をを支えています。


より快適な観戦環境を作っていることは間違いありません。

えぇ・・・っと・・・感謝してほしいとかではないんです。


安心してほしいのです。

こんな鉄壁のおもてなしDFライン。

よそのクラブ探してもなかなかいませんぜ~~~(笑)


歓待・ホスピタリティが高度に発達した

讃岐ボランティ達がみなさんをお待ちしてます。


どうかどうかまた丸亀に足を運んでください。

安心して仲間を連れてきてください。

たっぷり楽しんでください。

遠慮なく声をあけてください。

困ったことがあったら尋ねてください。


本当に遠慮はいりません。

「何回観戦に来たことがある・・・」なんて全然全然関係ないです。


ベテランサポさん贔屓しない代わりに

初めて来た人も等しくおもてなししたいといつも思っています。



たくさんの人に楽しんでもらう。

それがわれらボランティアの喜びなのですから。


丸亀で首を長くしてお待ちしています。





観戦記は別のみなさんのブログにお任せします。

ていうか見てないからかけないです~(笑)


最近参加いただいたみなさんのブログが素晴らしい!!!!

いや・・ホントすべて力作!!

おたぬき様やわたくしでは表現しきれない素晴らしい感性のブログが多数増えました。

みなさんありがとう

盛り上げていきましょ~!!!


一部紹介

ウルトラライトサポーターが行く

自身をライトサポと名乗り、家族での観戦記をつづる。
この視線!!
待ちに待った男の子と父親そして妻のファミリー参戦型サポの奮戦記
このブログ主さんいつの日かすごいサポになりそうだが今はライト目線の体験記が新鮮!!
感動のPV体験記「我が家のPV観戦記(写真なし)」必読!!
そうそう!!こんな感じ私もむかし・・・(笑)
共感者多し!!


父と娘のカマサポへの道

小さいお子さんと過ごす観戦記。
まだ幼児と思われるお嬢様と選手とのふれあい。
ほのぼのとしつつも奥様のカマタマーレサポ化とういミッションを同時に遂行する観戦記。
・・奥様が「Tシャツ買おうかな」のくだりで・・・わたくし思わず号泣。


是非探してください!

下のボタンから入れます‼︎


にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村




アウェイ ジュビロ磐田 観戦記  叫び

磐田戦終了後の片づけ風景

IMG_5396.jpg

そりゃ信じてますよ。

試合終了のホイッスルが聞こえるまで信じてますよ。

何かが起こるかもしれない。

何かを起こしてくれるかもしれない・・・・って。


現地組37名。

360度見渡せばほぼ全員の名前が言えるレベル。

遠征サポにおいて歴戦の勇者達である。

その全員が信じる。



思いは同じ。

あの強固な磐田GKを突破し得点を得る事。



その結果、勝ち点得られる。

同点に追いつきジュビロの歓喜を阻止できる。

胸を張り上を向いて讃岐に帰りたい。

本音だ。



高松ではPVで多くの人達が観戦してるだろう。

PVは最も人通りが多い時間帯の繁華街ど真ん中で行っている。

カマタマーレを初めて見る人も多くいるに違いない。


ライトサポ氏のブログにも紹介されている

我が家のPV観戦記(写真なし)


彼らに感動を、サッカーの素晴らしさを伝えたい。

ここで1点得る事叶えば

PVでの初観戦者はその魅力に取りつかれるかもしれない。

献身的にPV盛り上げ、奮戦を続けるスタッフ・サポたちの努力が報われる。

大きく報われる。

観客動員に大いなる転機を与えるかもしれない。


試合後の片づけ風景 その2
IMG_5394.jpg



後半ロスタイムの心は皆同じ。



頑張れ!!頑張れ!!あと少し!!もう少し!!

そう「もうちょっと・・・」なのだ。

科学的な根拠はない。

後半、永田、仲間、木島の決定的なシュートは

残念ながらゴールライン手前・・・ほんの少し手前で阻止された。

鉄壁のDF・・・

しかし・・・・逆をいうと「もうちょっと」「ほんの少し」なのだ。



あのジュビロが1点を死守すべくアウェイ・コーナに立て籠もる。

本能的に危険を察知しているのがわかる。

だから時間を壊してしまおうと奮戦しているのがわかる。

つまり、今我らに流れが、勢いが、魔法がかかっている。

その流れを食い止めようと歴戦の王者が懸命に防戦しているように見える。


讃岐はエブソン1人を最終ラインに残し

持てる戦力総て攻撃につぎ込む

ほぼ全員ハーフウェイ・ラインを超えている



ロスタイム2分経過

もう時間はない。

磐田は後半何度目かのカウンターをしのぎ

カマタマーレ左サイド深い位置にボールを運び、懸命に保持する。

カマタマーレは自陣で相手にボールキープされ八方ふさがり



だめだ・・・出れない・・・



しかし・・・突然のホイッスル

カマタマーレのスローインに変わる。

後で聞いたが相手のファールスローだったらしい


審判はよく見てくれたものである。

正直遠目にはほとんどそのファールはわからない。

「なに??なに??」という感じ

むしろこちらのファールでなく良かった・・・ぐらいの感じ。



しかし、もう一度ボールを前に運べることになった。

ラスト1回、磐田ゴールに向かえる。


ラスト・ワンプレー

そんな単語が浮かぶ。



スローインからキーパーそして航大コーチへとボールが渡る

ハーフウェイ遥か手前からロングフィード

この時間は屈強な磐田DFラインにパワープレーを仕掛けるしかない。


我那覇が冷静にはたく


こんな時にも冷静。

この試合も競り勝ってほしい時に勝ってくれる。

やはりこの人のポテンシャル・経験値は高い。


少しルーズになりながら高木の足元にボールが収まる。

今日、何度も磐田左サイドを突破していた男。

技術でジュビロDFと互角に渡り合っていた高木。

最初のワンタッチでDFを交わすとクロスを上げるべく右に流れていく。


最初のワンタッチのまた抜き。

サッカーの女神さま・・とてもお気に召したようだ。

高木マークの左サイドDFと共に2名の磐田DFがつられる。

いわゆる2枚剥がせた!!

一瞬ゴール前の数的有利を失う磐田。


その瞬間のゴール前

雪崩をうって突入してくるカマタマーレ・アタッカーが5人

それを迎え撃つDFは3人

ボールを保持する高木は磐田DF3名ひきつけている。


5人の内、フリーの誰かに

このラストボールが届けばあのGKだけ・・・


しかしそれには

釣り出した3人DFの山を越えねばならない。


叫ぶ

「上げてくれ!!!高木いいいい!!!!!」


高木が渾身のクロス

一人目DFの遥か頭上。

2人目DF渾身のヘッドはかすめながらも空振り。

3人目DF7番はタイミングずれた


おお・・・・これは・・・


そこに突っ込んでくる白いユニフォーム7番。

クロスボールを頭でドンピシャのミート。

彼のヘッドでコースが変わった弾道・・・

いやさらに勢いを増した讃岐最後のシュート。


虚を突かれた感じの磐田GKカミンスキー

それでもその長い手を伸ばしゴール左側へダイブ



決まれぇぇぇええええええ!!!!!!!

うぉぉぉっぉおおおおおおおおおお!!!!!!!!!


その瞬間はフラッシュバックの様に真っ白


そして、次の瞬間、

ゴールネットのちょうど真ん中が揺れ、そこで弾むボールが目に入る。







もうそこからは覚えていない。

何か意味不明の事を叫びつづけた。

涙目で咆哮し続けたのだと思う。





試合が終わり

後片付け

IMG_5397.jpg

歓喜の後の放心・・・・

PVからの

スカパーからの

讃岐からの総てのエネルギーを選手と供に受け取り戦った37名

どの顔も晴れやかな笑顔


ええ・・・

たかが同点です。

勝ち点1です。

けれど確信にも似た自信を得た。

間違えなく得た。

後半戦、我らは自信をもって戦える。






ふとスマホに目をやる

そこには歓喜に彩られたPVの風景が何通も何通もSNS上に挙げられていた。










追伸

現地観戦の皆さん

PV参戦の皆さん

スカパー自宅観戦の皆さん

全員でもぎ取った王者からの勝ち点1です。

本当にお疲れ様でした。

次も頑張りましょ~!!!


追伸の追伸

試合観戦の記憶はあくまで筆者の主観より描かれています

お気を悪くされた方いらっしゃいましたらスイマセン

ぺこり






カマタマーレ情報豊富なカマタマーレブログ村は

下のボタンから入れます‼︎


にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村


アウェイ ジュビロ磐田 観戦記 何人でしょうか?編



「何人でしょうか??」

磐田のアウェイ入場ゲートスタッフさんに尋ねる。

チケットをもぎってもらう瞬間

スタッフさんの手にカウンターが握られていたのに気がつき質問。

その方は最初なんのことかわからず戸惑っていた様だが

讃岐のお客さんは何人か??と尋ねられたことを悟り

「今で37人様です。」と教えてくれる。

「1クラス分ぐらいですねぇ・・・・」と答えると笑ってくれる。


彼女らはJ1時代は1000人単位のアウェイ客をアテンドしているのだろうが

J2の少人数のお客様にも慣れているのかもしれない。

非常にフレンドリーな対応をしていただく。


そして上記の写真

J2学園 2年釜組のクラスメートたちと合流。

PVやスカパー組の送電をチャント・エネルギーに変換すべく任を担う

37名の現地組



ナイターとはいえ

アウェイ (遠い)

最強軍団相手 (勝つ可能性がおそろしく低い)

相手サポ数千人に囲まれる (我らのチャントはどれほど選手に届くか不明)

仕事の都合を豪快につけて現れた(平日です・・笑)

この条件をクリアー(!?)してきた愛すべきクラスメートたちと合流。



今日はこの仲間たちと戦います。



小澤選手のお母さんがいらしていて

お土産をいただく

IMG_5374.jpg

サッカーエース最中・・・笑

ボール型「最中」

こんなの静岡にあるんだ~!!

これはありがたい。

いわゆる元気玉、千豆だ。

1つで90分分のエネルギー補充できる。

ありがたくいただく・・・・うまし~!!


おいしく食べた後、CLが

「みなさん!!食べましたね!!食べた人わかってますね!?今週投票のカマ7に誰を入れるか…・」

このあたりで「どっ」と受ける。


CLはハーフタイムでも

「後半はこちらが磐田ゴールです。目の前にジュビロのキーパーいます。

私達の声援で『なんちゃらスキー』のリズム狂わせちゃりましょう!!」



なんちゃらスキーのくだりで爆笑。

平然と言えちゃうところ新CLはユーモアのセンスに富む。

IMG_5369.jpg


ふとピッチに目をやると家K運営担当とO川強化部長がジュビロのスタッフと話している

誰かが叫ぶ

「西野~!!!久しぶり~!!!」

遠くの影がその声に反応して手を振る

カマタマーレのレジェンドと久々に旧交を温める。

試合前なのでさすがに西野チャントは控えたが

みんな嬉しくて叫び続ける。

西野~!!西野~!!って(笑)

IMG_5376.jpg


昨年も書いたがこのスタジアムは「ヤマハ」という巨大企業の敷地内にあるといってよいのだと思う。

5時30過ぎはまばらな観客数

IMG_5373.jpg

しかし時間の経過とともに徐々に席は埋まり始める

キックオフ直前はこの通り

IMG_5379.jpg

ゴール裏はぎっしり

まだ空席が目立つバックスタンドですら

この後、仕事帰りと思われるヤマハ社員さんがやってきてうめる。


このあたりがなんかすごい。

うまく言えないが

サッカーと生活の関係がもううちとは桁外れに濃密。



嬉しかったことが1つ・・いや感激したことと言うべきか・・・・

ハーフタイムに給水&トイレで階下に降りる。

ふと磐田ボランティアの方に呼び止められる

「がくおさんとおっしゃる方はいらっしゃいますか??」

「私が『がくお』ですが・・・・」

*・・・がくおはブログのハンドルネーム

「ああ・・よかった・・これお土産です!!」

とプレゼントをいただく。

最初は何が何やらわからず混乱する私(笑)

どうやらこのブログをお読みいただいている方らしい。

昨年丸亀で アウェイゲート体験記 磐田戦 を書いから興味思っていただいたらしく・・・


私はとてもとても恐縮する。


私のつたないブログお読みいただいているだけでもありがたいのに

お土産までいただけるとは・・・・

「ありがとうございます。アウェイゲートメンバーといただきます」と答え

本当に感謝・感激していることを伝える。

またよければ読んでください・・・とも(笑)

IMG_5390.jpg




すべてのジュビロ磐田にかかわる方々へ



2年間本当にありがとうございました。

ジュビロさんと過ごせたこの2年間はホントに私たちを成長させてくださました。

同じ水色なので親近感・安心感があったのかもしれません。

最初の出会いでサポの心構えを

すばらしきかなJリーグ    2014.3.10 記)

昨年ヤマハスタジアムを訪れた際には

その施設の素晴らしさ

生活の一部として根付いている文化の素晴らしさに触れました。

アウェイ磐田戦観戦記    2014.8.1 記)

西野さんとの出会いも今にして思えば1つの縁だったのかもしれません。


おそらく私たちが来年ヤマハスタジアムを訪れることは叶わないでしょう。

また、われらがJ1に行くことはまだ数年先でしょう。

けれどいつか今以上に成長したカマタマーレになってお会いできることを楽しみにしています。


今シーズンの貴チームの健闘をお祈りいたします。

ありがとうございました。



追伸

観戦記はまた後ほど・・・




カマタマーレ情報豊富なカマタマーレブログ村は

下のボタンから入れます‼︎


にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村

俺たちの想いは一つ




さて、本日はどんな結末か?(笑)、




受け入れますよー

今日この先に何が待ち構えていても。

約束しますよ〜

香川にいるみんなと

現地にいるみんなと

力の限り応援する事を。


相手は名門、最強、王者、

様々な形容詞が付くジュビロ磐田。

現地組は

ボコボコにされて寝台特急に乗るかもしれない。

パブリックビューイング組は

不貞腐れて古馬場に繰り出すかもしれない。

スカパー組は早々におやすみなさいかも


けど終了の笛が聞こえるまで

みんなで力合わせて戦いましょう。

お留守番隊は現地へエネルギー送電を

現地組はそのエネルギーをチャントの声量に変えて

選手の背中おしましょう。


私も皆さんの願いを声量に変えて

大きな声で叫びます。

だからTVから聞こえる声はみなさんの声です。




頑張ってきます‼︎



俺たちの想いは一つ

勝利、信じ戦え

讃岐の誇り胸に

いざ行けゴールめざし。



みなさん、7時にお会いしましょう〜〜‼︎

(=゚ω゚)ノ








カマタマーレ情報豊富なカマタマーレブログ村は

下のボタンから入れます‼︎


にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村



少年たちの前座試合

IMG_5327.jpg



カマタマーレスクールは愛媛戦前に前座試合・・・、

つまり愛媛FCのスクール選抜を招待してさらには県下のスクールを招待して

いわゆるピッチ(試合会場)での前座試合を行った。



いい経験できるんだなぁ・・・本当にうらやましい・・・・

「親」としてはそう思う。

子供がどう感じるかはわからないけど・・・・(笑)



息子は少年団に属さず1週1回か2回のスクールのみのサッカー。

いわゆる公式戦=実戦は初めて

小5にしてデビュー

行きの車でなんとなく緊張からか口数が少ない(笑)


IMG_5325.jpg


けれど

うまい下手だけでなく参加できるこの前座試合はありがたい。

サッカーのだいご味を

スポーツの素晴らしさを

団体競技の難しさを

総て学ぶことができる機会が均等なことに感謝する。

つらい思いや悔しい思いは人間性を豊かにする。

勝てば成功体験として自信が持てるだろう。



ボランティアしなければならないので試合は見ず引き上げたが

彼はとてもいい経験ができたのだろう。



感謝感謝感謝・・・・

こんな素敵な体験できるサッカースクール

サッカー少年をおもちの親御さま

サッカーを習わせたい親御さま

ぜひぜひご検討ください

お勧めです!!!!


今なら無料体験できます。

こないだは選手が特別コーチで来てくれました!!!



詳しくはこちらから

カマタマーレサッカースクール




追伸

どうやら試合はぼこぼこに負けたらしい

う~ん

それもまたいい経験・・・・(笑)










最新のカマタマーレ情報、超満載のブログ村はこちら!!

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村

雨降りやまず 愛媛FCアウェイゲート体験記



これほど土砂降りのホームゲームはいつ以来か・・・。

昨秋の山形戦で雨と傘のテーマで書き綴った記憶があるが

雨量的には2011年の台風接近下で開催された秋田戦を思い出す。

あの頃はメインスタンド屋根の下で見る1ファンであった。


入場時にバックスタンドには屋根がないこと

傘をさしての観戦はできない事

チケットもぎる前なら屋根ありのメインスタンドへの座種変更可能な事

マイクで呼びかける。


愛媛サポさんは理解が早く

いち早く小さい子供の健康を考え変更する方

ものともせずレインコートで入場していく猛者

さまざまなサポーター模様が繰り広げられる入場ゲート


ああ・・・雨が止めばサポさんに苦労かけずに済むのに・・・・

恨めしく空を見上げる


応援は熱い

試合前の決起集会は鬼気迫る迫力

今季好調なチームを支え続けてきたのだろう

IMG_5336.jpg

Sゲート上で応援するのは愛媛さんが初めて(笑)



今回もボランティアに差し入れをいただく

いつもご配慮いただきありがとうございます。

みなでおいしくおただきますね。



IMG_5339.jpg



雨の中「彼」が丸亀に来てくれた。

かれはもっとも有名で人気があり

芸に秀いでスタジアムを盛り上げる。

そして愛媛にとどまらず日本のサッカーシーンを盛りあがてくれている。


丸亀初登場 「一平君」
IMG_5328.jpg


敬意を表して近づき握手していただく

彼は雨が好きなのだろう

生き生きとして楽しそうだ。

スタジアムに入れてあげたかった

レギュレーションで叶わず申し訳ない。

また来てくれたら嬉しい。


結果は引き分け

500人を超えるサポーターが愛媛よりご来県(アウェイゲートだけで500人弱)

本当にありがとうござました。

皆さん風邪ひかれませんように




最新のカマタマーレ情報、超満載のブログ村はこちら!!

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村

「Pikaraスタジアム」へいらっしゃい

愛媛の皆さん、

Pikaraスタジアムへいらっしゃい!!!

ナイター・・・いい感じでしょ!!
IMG_5311.jpg



丸亀競技場は県が運営する施設である。

この度、ネーミングライツのスポンサー企業を募集したところ

四国電力グループのSTNetに決まりました。

今年9月から「Pikaraスタジアム」の愛称を使用する予定です。


う~ん。すげぇ・・・・


なんかそんなんなればいいなぁ・・・・とか漠然と思ってたけど・・・・

こんなに早く決まるとは・・・・・

略して「Pスタ」

「ちょっと「Pスタ」行ってくるわ!!」「昨日、ピカラスタでさぁ・・・・」「ピカスタの前の交差点を・・・・」

とか香川中で話題にのぼるわけである(笑)



われらが母なるピカラスタジアムとなったわけである。

財政的にもゆとりができて更なるホスピタリティの向上が観客動員を増やすだろう。

そもそも愛称があるスタジアムはJリーグっぽい(笑)

サッカーという興行「Jリーグでやってます」っぽい。

なんかめでたい。

うれしい。


愛媛の皆さん

いっぱい来てくれ~

秋からは丸亀競技場は「ピカラスタ」って呼ぶことになったんです~

IMG_4856.jpg

陸スタだけど讃岐サポは見やすくて気に入ってるんです(笑)




追伸

その1
略称・・・どうなるのかなぁ・・・・Pスタ??ピカスタ??

その2
ふふふ・・・・喉から手が出るほどほしいマスコットキャラに彼が加わる・・・・ふふふふf・・・・・

子供の心わしづかみである。。。。。。。





最新のカマタマーレ情報、超満載のブログ村はこちら!!

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村

天皇杯1回戦は・・・


神様は四国勢とはくまなく戦えとのたまう。

天皇杯一回戦は「高知」

アイゴッソかトラスターか高知大か・・・・

PRIDE OF 中四国+1の番外編。

丸亀で戦えるのは大きい。

疲労消耗が少ない。

ありがたい。



確か開幕前の練習試合で負けた気もする…。

ゆめゆめ油断ならない相手。


さてさて

1回戦を勝てたとしても翌週は「山形」

NDスタ

う~ん

遠いなぁ・・・・・

う~ん

おそらくJ1様がお出ましになるだろうし・・・


苦手だなぁ・・・・

なんかボコボコにされた昨年の記憶。

友人はアウェイ山形に駆け付け試合後「入れ替え戦」を覚悟したそうである。

なんか戦術の相性が悪し・・・・苦手な相手だ・・・(笑)



昨年お越しいただいた山形サポさん

素晴らしい人たちだった

IMG_3098.jpg



しかし、しかし・・・・

我らとて昨年とは違う。

パワーアップしている。

むしろリベンジの機会ととらえるべきか??


特にシミケンさんは古巣と戦いたいだろう。

その心意気、ぜひかなえてあげてほしい。



難敵「高知」を倒し

先輩の意地を見せてから

山形にシミケンさん凱旋させて

「挑む立場」で天皇杯を楽しみたい。

そしてもしその願い叶ったらおそらく3回戦「清水エスパルス」が相手

組み合わせ表はこちら

生き残れば4回戦はシーズン終了後

つまりそこまで行き勢いを持って

清水に勝てばベスト8の試合は12月

年末・師走もカマタマーレ楽しめる。

入れ替え戦でなくて天皇杯を楽しめる

ああ・・・夢のよう。

これは見果てぬ夏の夢である。



けどけど・・・・

いつかは元旦にカマタマーレの公式戦をいてみたいものである・・・・・



夢は叶う

いつか叶う

思いつづければ!!!







最新のカマタマーレ情報、超満載のブログ村はこちら!!

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村



気が早い?話とか・・・笑

もうすぐ夏休み。

そんな匂いがしてくる7月になりました。

ここから(7月8日)リーグ戦は折り返し。

まさに正念場の後半がスタートします。

(故に「前半戦最後のカード」=愛媛戦は選手サポ・ボラともに総力戦で戦いたいですね)

また、夏は選手の心、体ともに疲労のピークを迎える。

ただでさえ全員、満身創痍なのだ。

特にベテランには厳しいだろうなぁ・・・・・。

逆にチャンスと「活のいい若手」の台頭に期待である。


観客動員的には超増加が期待できる夏休み。

成績順位は14位でも動員数は20位のボトムズグループ。

こちらも頑張らねばならない。


しかししかし・・・

お盆とその翌週・・・アウェイじゃん!!!

はぁぁああああ


んん・・・・


8月30日  9月6日も試合ないじゃん!!

まさかJFL時代の夏の中断??

いえいえ・・・

「ここ」こそ真夏の祭典「天皇杯」の幕開けです。

今年のレギュレーションでJ2クラブの1回戦シードが廃止されました。

つまり我らは1回戦から参加!!


う~ん

まさにどこと当るかわからない


J1で頑張る松本さん、山形さんかもしれない・・・
(2014シーズンのJ2リーグ2位3位チームはシードなし)

おなじみの強豪J2チームか??

新鋭のJ3チームか??

お久しぶりのJFL勢か??杉ちゃんやもっちーと戦うの??・・・おおおお・・・・・うれしい。

いやいや各都道府県代表の学生チームや地域リーグチームかな??


2つの感情が渦巻く


1つはセ・パ交流戦の様

普段は行くことのないスタジアムに行ける。

普段は戦えない相手と戦える

プロアマの垣根はない

マリノスが高校生と戦ったりする。

そして過去「負けかけた・・・」りする・・・笑

いわゆる何でもありのサッカー大会である。


いいじゃん!!楽しみ楽しみ!!

でも・・鳥取や長野は行きにくいなぁ・・・・あと富山も・・・・笑

何か待ちかまえられてそうで・・・

そんな感情が沸くくらいわがクラブは歴史を積み重ねてきたわけだが・・・


もう1つの感情

天皇杯1回戦の参加チームは

J1より2チーム J2=22チーム JFLシード1チーム 地域代表47チーム

番付でいえば我らは24/76の上位リーグに属する。

後の52クラブはカテゴリーが下。

(昔はそちら側に長~くいたよ!!笑)

よくここまで来たものだという感情は確かにある。

しかし、それ以上に

「今度は俺達の番かもしれない・・・・・」の感情。


カマタマーレは立ちはだかる巨人に挑み続けてここまで来た。

もちろん倒した事もある。

ジャイアントキリングを糧に育ててきた「自信とプライド」がある

しかし今年はわれらはプライドを守る番かもしれない。

おそらく挑戦者に胸を貸す番だろう。

その時、自信を与えるか試練を与えるか・・・・


一つだけわかっている事

Jリーグを倒さんと立ち向かってくる敵は強い

けなげで美しく恐ろしく強い。




どこと戦うのだろう・・・・・今からとても楽しみである。



追伸

そうは言うものの・・・ジャイアントキリングなんかされたくないので・・・(笑)

いっそのことアルウィンで松本に挑む方が気楽である。

すずしいだろうし・・・

g.jpg


そば・・・食べれるし・・・・笑

信州そば

写真 2


Jの先輩たちからいつまで甘えたこといってんじゃぁぁぁあああああ!!!《゚Д゚》ゴラァァァァァァァァァァァァア!!

と怒られそうである

あわわわ・・・・・





カマタマーレブログが

村にはいっぱいあります。

下のボタンからカマタマーレ村に入れま~す!!

ぜひのぞいてあげてくださいね!!

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ

プロフィール

がく 

Author:がく 








2017年 チャント集

2017 カマタマーレ 選手チャント
2017 カマタマーレ 選手チャント posted by (C)がくお

2017 カマタマーレ チームチャント
2017 カマタマーレ チームチャント posted by (C)がくお

ブログサブタイトル 

2017 J1侵攻編

カマタマーレ讃岐公式ホームページ
コチラから


2013年6月30日以前のブログはこちらです
とあるサポーターへの追憶~カマタマーレサポーター日記~


にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 



小学生では水泳を習ってました。水泳の脚力アップにサッカーを習いましたがむしろサッカーの魅力に取りつかれました。しかし小学校5年生からのスタートはハンデでした。伸び盛りのゴールデンエイジにまだサッカーをはじめていないこと。インターネットなどがなく、今ほど理論的な指導はなく、スクールなどは充実していなかったことなど。何よりその才能はサッカーの神様に愛されているとは到底言い難いものだったこと(泣)。選手としてはMF、DF最後はゴールキーパーとして15歳の試合を最後に(中学総体時)に引退しました。

月日は流れ・・・

その後もサッカーは好きで代表戦やJリーグを中心にサッカーを見ていました。トッププレーヤーのため息が出るほどの美しいプレーを見るたび、自身の才能のなさを嘆くこともありました。なぜサッカーをすることにおいて、サッカーの女神は私を愛してくれなかったのか?(同じ名前なのに鹿島の柴崎君は愛されているようです・・・笑)その答えは40歳を過ぎた時に明らかになる出来事がありました。わが郷土にJリーグを目指して闘い始めたサッカーチームが現れたのです。女神様は競技する才能を私に与えなかった。しかし、それと引き換えに「サッカーを愛する才能」をふんだんに授けてくれたたことに気が付きました。そしてその才能を充分発揮できる宝物も与えてくれました。今、私の才能・・・サッカーを愛する才能・・・のすべては一つのチームに注がれています。そのチームの名前はわが郷土から初めて誕生しようとしているプロサッカーチーム・・・「カマタマーレ讃岐」。このチームとともに神様が与えてくれたミッションを果たすべくすすむ大冒険をブログにつづりたいと思います(笑)

よろしくお願いいたします

(=゚ω゚)ノ


このブログタイトルについて

初めてカマタマーレの試合を観戦した時に目にした古参サポーターさんたちの情熱。とても感動したのを覚えています。それ以後、彼らの熱い思いをいつまでも振り返れるよう、そして自分自身が忘れないようにこのタイトルをつけました。

飛行士業

しかし、モデルとなった原作「とある飛空士への追憶」のようにさわやかなブログには程遠く「暑苦しく、無秩序に取り乱した文章」を書き散らかされております。ご容赦ください。ちなみに筆者イメージも原作とは程遠く「飛空士」というより「低牛」のほうがイメージに合致します(笑)

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 

最新トラックバック

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR