冷静に分析してみれば・・・

あった!!

昨年のヴェルディ戦の写真

仕事の都合でボラお休みして観戦

なんか・・かすかな記憶では・・・・後半ミドルを決められ敗戦・・・だったような…(笑)

昨日のデジャブーのような試合だ・・・・

今度は丸亀でリベンジ!!

たくさんのご来場をお待ちしています~!!


IMG_2647.jpg



さてさて当時を振り返るとヴェルデイ戦・・・・昨年の5月6日まで12戦勝なし

その後、群馬に敗れ13戦勝なし。

更に愛媛に敗れ14戦勝なし

0勝2分12敗



現在は10戦消化して 2勝3分5敗


まぁ、開幕してから調子よかったのもあって

ここ7戦勝なし3連敗中はさすがーに堪える。(笑)



しかし、昨年より成績は良い。

それがどうしたといわれるかもしれないが(笑)



ちょっと思い出してほしい・・・昨年後半に痛感した事・・・・・

「あの『14試合勝ちなし』の時期にたった3勝でいいからしておけば・・・20位をとらえていたかも・・・・・」

・・・・・という想い。


最終的にヴェルディさんとの差は勝ち点9差=3勝分だった。

今年は10戦ですでに3勝に値する勝ち点9を得ている。

まだ4戦残しノルマクリアー。

もっと言うなら「14戦中、勝なし、勝ち点2」の状況から「奇跡の生還」を果たしている。


現在19位・・・・

やっぱり悪くない・・・・


1か月間「ず~と」勝てない事

1か月間でわずか「2点」しか奪えないこと

これは確かに残念に思う。

サポとして不安だし不満。

ついに降格・入れ替え戦ライン付近にも近づいた。

22位(ビリ・自動降格圏)まで勝ち点はたったの3差・・・

「今年は富山さんの様な突出して調子悪い所はいないよ~」という声 (富山先輩スイマセン・・・)

まぁ・・・確かに恐怖である。

わかる。


しかし、しかし・・・・

13位の北九州さんとの差も勝ち点3である。

いわゆる混戦状態だ

13位から22位まで10チームが勝ち点6差の中で混戦・ひしめき合っている。

昨年はヴェルデイさんだけ相手に「勝点差6」を追いかけていた事を考えれば

この下位集団に踏みとどまればいい。

けが人の復帰を待ち、流れが変わるのを待てばいい。

昨年より全然状況はいい

わがチームは混戦の乱戦の中に突っ込んで行ってしまった。

しかしそれはそんなに悲観することでもないかも・・・・

だって乱戦に強そうだし・・・(笑)


その根拠として下位10チームの記録を見てほしい

注目すべきは失点数

下位チームの中でカマタマーレだけ突出して少ない失点数

20点を超えて失点しているチームもある、

平均しても15点近くなる総失点数になる下位10チームの中

僅か9失点

我らが愛するチームは1試合で1失点していないのだ。

乱戦を制し抜け出せる武器。

それは安定した強固な守備陣。



確かにその分、総得点は同率でビリだ・・・(汗)

それが堅守のわりにこの順位に甘んじている原因と認める。


しかし・・・・・・


ケチャップは必ずでる。

出るときは必ず出る。

そしてドバドバ出るのだ。


故にこの状況を悲観しすぎることは何もないと思う。


さて、さて・・・我らの応援力・団結力の出番です。

苦しい時こそみんなで一致団結。

サポ・ボラ・選手・運営のみんなの団結力を見せつけるGWになりそうですよ~!!!

共躍2015の正念場





ヴェルディ戦の後は横浜戦

アウェイですが好調キングカズが出てくるかも・・・・・

みなさんGWはカマタマーレで盛り上がりましょ~













最新のカマタマーレ情報、超満載のブログ村はこちら!!

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村




セレッソ大阪 アウェイゲート体験記 その2 意外に新鮮・・・関西弁(笑)編



いろんな意味でピンクは目立つ

試合終了後に喫煙所にのこるサポーターさんを眺めながら

今日来てくれたセレッソサポーターさんの事を思う。


丸亀駅に出てうどんか骨付き鳥を食べるそうである。

若者や年配者、学生、家族、そして華やかな女性陣・・・

さまざまな年齢層で彩られたサポーターたち

アウェイゲートでは関西弁が飛び交い讃岐ではない異国のバザーにいるような雰囲気。

そこで頻繁にサッカーの話。

漏れ聞こえる関西弁

その風景には本当にピンクがよく似合う。



この雰囲気は確かに歴戦のJチーム独特のものなのだろう。

そして大阪人のノリであり、セレッソサポカラーなのだろう。

試合前も後もノリがすごくいい。


決して殺伐とせず

試合も含めて総て楽しんでいる

ラテンのノリである。


IMG_4735.jpg



試合前のサブ競技場のセレッソサポさんの風景を

ウルトラライトサポさんがブログで紹介してくれている。

(ちなみに新しいイベント発案もある・・・笑)


ブログ
ウルトラライトサポーターが行く

大阪の人は楽しむ事が上手い気がする。



しかし彼らのサッカー熱は伝わってくる。

一人一人のチームに対する愛の熱量が高い。

いつかうちもそうなると思うが

少し先の未来を見せてもらった感じ・・・



いつかアウェイの地で3000人近い讃岐サポが

試合後アウェイゲート付近で異国の風情を漂わせるぐらいになりますように・・・・(笑)


「そやけん○○!!」「○×○×やけんの~」「じょんならんが~○○!!」

う~ん

異国情緒というより・・・我らのは「なに語??」って感じやな・・・・(笑)


IMG_4739.jpg


追伸

私のブログ呼びかけに応えていただき

2名のサポーターさんが設営ボラに参加してくれました。


本当に本当にありがとうございました。


いきなり最大級のアウェイ・サポーターさんのアテンド本当にお苦労さまでした。

しかも退場ゲートが増設などわたくしが戸惑うことがある中

本当に臨機応変にアテンドしていただきありがとうございました。

おかげで来場2000人弱のバックスタンド・アウェイゲートを運営することできました。


もちろん歴戦のゲートサポメンバーにも感謝!!

最近何も言わなくても見る見るうちに準備でできちゃうから本当に助かります。


さて次はヴェルディ戦

多くの方が今度は東京からいらっしゃいます。

また多くの方がボランティアが必要になると想像されます。

次節はGWで予定がある人が多く・・・・ボラ参加者が少ないみたい・・・

みなさん是非、ボランティアにご参加くださいね~

もちろん試合開始前30分まででOK!!

設営スタッフ大募集です。



ではでは・・・・














最新のカマタマーレ情報、超満載のブログ村はこちら!!

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村

セレッソ大阪戦 アウェイゲート体験記 





うぁぁぁああああ・・・

あきれるほど(笑)ピンクに染まる丸亀競技場

朝8:30分にすでに十数名の待機列のアウェイサポさん。

大急ぎで待機列増設


すでに通常の1,5倍の長さで待機列を作っているが足りない

2重に折り返し3列にして

朝ミーティングに参加するため

とりあえずその場を離れる。


朝礼中も気が気ではない

あの列をオーバーフローされたら列最後尾がコントロールできなくなってしまうかもしれない。

とても焦る


それ以外も

・コーン・バー足りるのか??

・人員配置は??

・休憩回せる??

いろんな心配が朝礼中に頭をよぎる。

しかし、しかし・・・・

まったくの無用に終わる。



いや問題なかったわけでなく

ある意味そんな心配をする余裕がないほど

たくさんのお客さんが来てくれてたわけだ。


ホームもアウェイもゲートはてんてこ舞い

それはそれで幸せなんですがね。


今シーズン初の1万人超えた来場者!!

10447人!!

すごい!!





カマタマーレサポさん

セレッソサポさん

たくさんのご来場ありがとうございました。


IMG_4728.jpg



はじめてお越しいただいた香川県在住の方いかがだったでしょうか??

楽しんでいただけましたか??

カマタマーレってすてきでしょ~!!おもしろいでしょ~!!

また観戦にきてくださいね!!!


*・・・最初に掲示した内容は運営のレギュレーション照らし、不適切な可能性があるので

   自主的に差し替えました。あくまで筆者個人の判断で差し替えております。お読みただきました

   方でご心配頂きましたかがいらっしゃいましたらお詫びすると共に感謝いたします。

   ブログ村に残りますタイトルについては本文と違った内容になっております。

   ご了承くださいね。

   







最新のカマタマーレ情報、超満載のブログ村はこちら!!

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村








45歳の原風景



上記の様に完全なメタボ体系

間違いない中年になりましたが今日は私の原風景の紹介なぞ・・・・

注意①
この写真は確か・・・フェイスブックでシェア頂いた写真だったと・・・
使用させていただきます~感謝!!

注意②
ブログ内容もフェイスブックでシェアさせていただいたもの加筆して掲載しています。)



個人的な原風景

昔々・・・30年以上前・・・

丸亀の城東小学校、丸亀東中学校でサッカーをしてました。

今、スタジアムの横にある古い陸上競技場で練習しながら

「いつか日本にもサッカープロリーグができるのかしら・・・??

できたらいいな・・・・そしていつか地元にプロサッカークラブができるだろうか??

さすがにそれはないな・・・大阪や東京の話だろう・・・・」

そう思って過ごし、いつしか忘れてしまいました。


当時はJリーグどころか日本がワールドカップに出場すること自体

「夢のまた夢」状態でしたから・・・・




しかし、30年の以上の月日が流れ

夢のまた夢が現実となりました。




かつて練習した競技場とはくらべもののならないようなメインスタンドを持つ

巨大スタジアムが「妄想に明け暮れた」場所の隣に立ちました。

そこには間違いない地元プロサッカークラブが生まれました。



すごい!!

人生は何が起こるかわかりませんね。



次の30年は

「あのカマタマーレがACLで優勝するとは・・・・」

「代表選手が5人も・・・・」

なればいいな・・・なったらいいな・・・けど無理かな・・・・・



これも夢のまた夢??



いやリアルな予言なのです(笑)

そのためにまだ30年は生きるつもりです。

そのために私はこの世界で生かされております(笑)

是非皆様もお付き合いくださいね。

冒険はまだ始まったばかりです。


今日という日が少し日常と違う響きがありますもので・・・・

暑苦しい昔話となっております。


ご容赦ください~(笑)





追伸

30年後の夢のはじまりは今節から・・・・


たった5年前

2010年 Wカップが南アフリカで開催され、

前評判が低いながら日本はグループリーグを突破。

その時に本田、長友、長谷部、川島など

今の日本サッカーにに欠くことできないスターが生まれた。


しかしその大会で最優秀選手として光り輝いたのはウルグアイ代表「フォルラン」



その時のカマタマーレは「北野体制1年目」+「地域リーグ」

あの当時を振り返り

Wカップ最優秀選手のフォルランと真剣にJリーグで戦おうとはだれが想像できたでしょうか??



カマタマーレが世界とつながっている証です。

今節は「夢のまた夢」は案外「高確率で実現する」ということの

見本のような試合です。


エキシビジョンマッチでも引退試合でもない

正真正銘の真剣勝負。


みなさん

ぜひ見に来てくださいね。


今節の紹介コラム

“巨艦”セレッソ大阪に挑む“小舟”カマタマーレ讃岐、気負いなし







最新のカマタマーレ情報、超満載のブログ村はこちら!!

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村





来場予想10000人



たぶんお客さんは10000人来るだろう。

このメインスタンドが相当数埋まるだろう。

根拠は

①今週のカマタマーレの公式HPの試合情報更新数が半端なく多いこと

それだけ積極的にリリースしているということは

集客もそうだが混乱を避けるためと言える。



②イベント数が半端ないこと

U-12カップ

セレッソグッズ売り場

選手撮影会

アウェイおもてなしコーナー

サッカーアトラクション

キックターゲット

サインボール投げ込

マッチデープログラム7000枚準備

ありとあらゆるイベントをちりばめ

今いるすべての人員を投入

いわゆる「総力祭」状態(笑)

詳細はこちら

それなりの準備をするにはわけがある。

彼ら(カマタマーレ運営さん)の動員予測はそれなりのものだろう。



③マッチデーを7000部用意しているうえ「なくなり次第終了です」の文言あり。

④ついにはまとめサイトまで作成して掲示されている

⑤プリメーラ・アウェイ席の早期購入の呼びかけ=  「売り切れまじか and 当日券なし」
 つまりアウェイ席が2500~3000程度完売してしまう可能性あり




総合的に勘案して昨年開幕の「ジュビロ磐田戦」と酷似している

いやあれ以上の盛り上がりか???


1年前のリベンジ・・・・・

当時「地獄のおもてなし」と揶揄された借りをかえす最大のチャンスである。


そのままリピーターになってくれなんて下心は捨てます。

ただ貴重な日曜日「わざわざ来場してくれた」お客様に

いっぱい楽しんでほしい!!

この一言。


「混雑してばかりでひどい一日だった・・・」と言わせてなるものか。

1年間磨き続けたアテンド力を発揮したい。



ただ・・・・



今回もボランティアは70名前後だと思う。

職員・バイト・派遣さんはわがチームには40人程度しかいないと思う。



残念ながらカマタマーレはイベント企画ほど力を入れて

この一戦用に「ボランティア募集」はしていない。



まぁ、あれだけ忙しく殺人的に走り回っているのだからそれはしょうがない。

ただ110人前後で10000人アテンドする事実はホスピタリティの低下を招く可能性がある。

まあ、昨年22節運営しつくした精鋭ボランティアであるので

ちょっとやそっとのことでは破たんしないと思うが

やっぱり少し心配。



という訳でセレッソ大阪戦限定でもいいので

アウエイゲートは単独でボランティア募集しまーす。


必ず試合前30分位にはゲートを必ず離れてもらいます。

そりゃ、通し(1日中)していただけたら感涙級のうれしさだけど・・・

それは楽しみにしている人には「酷」というものなので設営ボランティア募集!!。

開場2時間前から(AM10:00)キックオフ30分前まで。

アウェイゲートでは必ず約束します。



ぜひ一緒にやりましょう。

お申込みはこちらから


アウェイにボランティアさんの応募が殺到(?)すれば

既存のボラさんを各部署・ゲートに増援に回せます。

30分前終了の条件に不安があるならぜひ「アウェイゲート希望」と申し出てください。

必ず約束は守ります。


IMG_4491.jpg


追伸

いつもアウェイゲートではキックオフ30分前に大きな声で言います。

「ここまで手伝ってくれた『サポーター』の皆さん!!ありがとう!!もう大丈夫です。

どうか急いでCLのもとに行ってください!!」


すると設営ボランティアがゲートの隅でビブスを脱ぎ始める

下からはカマタマーレレプリカ・・

あっという間に温和なボラが戦うサポに変身!!(笑)

元気にホームゲートに走っていく。


それを見たアウェイサポさんが必ずつぶやく・・・・・

「あの人たち・・・サポーターだったんだ・・・」

その底知れないカマタマーレ愛に感嘆してくれる。


その光景をいつも私は誇らしく感じているのだ。

観客にボランティアを求める事はいろいろ問題もあるのかもしれないが

応援するものがもてなしの役も引き受け

相手チームと戦うと同時にチームの財政難とも戦う。


おそらくビッククラブでは考えられないだろう。

しかし我々は小さいなりの戦い方があるのだ。



今は暫しみんなで力合わせよう。



いつか総てを正規のイベント運営会社がしてくれて

それでもびくともしないカマタマーレの財政。


そんな日が必ず来るさ!!!

そん時は私もサポータエリアに帰ります。(笑)








泣き言

ああ・・・フォルランと戦うカマタマーレ・・・・・見たかった・・・・(笑)






最新のカマタマーレ情報、超満載のブログ村はこちら!!

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村

アウェイ金沢戦 観戦記 その3  金沢サポさん スタの雰囲気

金沢サポの写真

auleikanazawa2

試合運びは全く初々しくない

もはや老練に熟成された上位チームの様で

選手層の薄さだけが「唯一」気がかり??・・・・・というくらいの中上位クラブの様。


つまり近い将来J1を目指している中堅クラブの様。

岡山にちかいイメージを持つ。


しかし、しかし・・・

初々しいところがある。

観客動員は普通にJ2初年度平均から始めている印象・・(笑)

まぁ・・昨年最下位のサヌキに言われたくない・・・と言われるかもしれないが・・・

これは間違いなくシーズン最終戦までウチとデットヒートを繰りひろげそうな雰囲気である。

ひょっとして・・・・J2年目のカマタマーレのほうが「まだしも・・・・」と

ついおごってしまいそうなイメージ(笑)



対戦相手が有名チームだとそこそこ入る

興味がない相手は見に来ない??

雨降れば足が重い。


そんな感じかとつい想像・・・・


あぁ・・・・どこかで聞いた話である・・・・・・(笑)




正直にいうと1日の長がある。

う~ん・・あると思う・・・・(笑)



カマタマーレサポは

公式金沢ツアーが消滅しても

プライベートバスツアーを各自企画し

弾丸ツアー・バス2台編成して乗り込んでいる。

自走組も多数遠征。

サンダーバード隊、前泊先遣隊

合わせておそらく100人前後。

更には富山から航大が所属していたサッカークラブが援軍にきてくれた。

総て合わせれば150名弱の応援団だ。

讃岐からだけでも100人を超える遠征人数を集結させる力を得ている。


また・・・ある意味たった150人弱の応援団。

しかし金沢ホームサポーターは圧倒的人数でその応援団を包囲することはできない。


はじめて重包囲下におかれないアウェイ戦

最終的には

カマタマーレ遠征軍 「2」に対して

ピッチを挟んで対岸に陣取る金沢は「9~7」ぐらいの割合か!?



熱い応援を金沢もしているとは思うが

こうなれば昨年もまれにもまれた応援行脚のおかげでわれらに分がある。

少数精鋭で声を「からしてきた」自負がある。

航大応援団の少年たちも加わって

いつもより大きな声でチャントを奏でる。


WEBでは違った意見もあるが

スカパーの中継を通して充分な声量が

カマタマーレチャントが響き渡っていたと思う。



観客動員・・・・金沢さんもこれから取り組む「歯ごたえある」課題なのだろう。

これだけ金沢が強くても観客数はまだ爆発しない様子・・・・

彼らは彼らでこれからの1年、多くのチャレンジをすることだろう。


もちろんカマタマーレも同じ悩みを慢性化させている。

これからも試行錯誤と努力を続けなければならない。



お互いうまくいったら成功事例を分け合って

切磋琢磨していきたいものである。


金沢さんが丸亀に来たときには

せめて5000人程度のカマタマーレファン・サポーターで出迎えて

1年先に昇格した意地を見せたいものである(笑)


*・・Hさんの中型フラッグを撮影させていただく

IMG_4706.jpg



試合は最終盤の80分過ぎPKを献上して失点

残念な敗戦となりました。

まぁ・・・スカパーを観戦しての感想ですがPK直後は選手が抗議していないし、

エブソンも粛々と退場した。

讃岐ゴール裏はどのプレーがPKの対象かわからず

ポポポポポ( ゚д゚)゚д゚)゚д゚)゚д゚)゚д゚)ポカーン…でしたが(笑)

今ならなんとなく理解できます。


そもそも起こってしまった事

過ぎてしまった事はどうにもならない

このことが何かの糧になればOKだと思います。



さて次はセレッソ大阪かぁ・・・・

金沢さんとはまた違った感慨がわきますなぁ・・・・・





追伸

ただ・・・

やっぱりこのスタジアム雰囲気はアウェイ側には危険だ

まるで牧歌的なスタジアム風景だったJFL時代を思いいだす。


つい、危険極まりない相手であることを忘れる。

ゲンゾーのパフォーマンスはアウェイゲストにも楽しく秀逸。


この2つがどうしてもアウェイサポの心理をお花畑にいざなうのかもしれない。

「はっ」と気が付き

それを振り払う時間までやはり声援にエネルギーがのらない(笑)


金沢というチームは観客動員苦しんでいるが

その事まで味方につけているのでは??

何とも厄介な相手だ。


これから対戦されるチームはご用心ご用心・・・・


試合中の風景

IMG_4709.jpg


*・・・・・試合の感想やスタジアム描写はあくまで筆者の主観によるものです。
     ご理解いただけたらありがたいです










最新のカマタマーレ情報、超満載のブログ村はこちら!!

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村

アウェイ 金沢観戦記 その2  ずぶ濡れでおでんうまかった編



これだけ雨に打たれ続けたアウェイ観戦はいつ以来振りだろう・・・

3年前の佐川印刷戦??

かなりさかのぼらねばならない。

もうびちょびちょ・・・


そんな中

CLさん達は味方の応援を引っ張る為か

選手を鼓舞するためか

雨合羽を着用しない。




いやいや・・・本当にご苦労様です。

風邪ひかれませんように。



最前線のメンバーはレインコートなし!!

裸の裸族サポが出現したら

正直「う~ん」と引くかもしれんけど・・・・・(笑)

こういう気合は大好きだ。

選手と一緒に濡れているCLさん達を誇らしく思う。

IMG_4692.jpg

ちなみにレインコート来ていた私が風邪ひいてるぐらいだから

本当に体調大丈夫かしら・・・(笑)



という訳で試合が終了後は金沢の寒風にさらされ

ガクガク・ブルブル・・・・状態。

到着時間の関係でスタグルを食べてないので

空腹も重なりかなりヘロヘロ・・・・

そこで金沢駅に着くなりさっそく食の名店街へ


いやぁ・・・新幹線開通できれいな駅ビル

ピカピカのテナント・・・


その中で

おそらく金沢の名店おでん屋さんなのだろう

おいしそうな宣伝文句の看板にひかれて

ふらふらとおでん屋入店

IMG_4716.jpg


おでんおいしくいただきました

IMG_4719.jpg


なんかこれだけで金沢満喫した気分になるから不思議だ。

2年ぶりの訪問だったが楽しかった。

また訪れたい。







追伸

サンダーバード到着ごとに改札付近に出てきてくれて

スタジアムまでの道のりや、交通手段を案内してくれたツエーゲンスタッフさん

本当にありがとうございました。

大変助かりました。

これから訪れる他クラブサポさんも心強いし

喜ぶと思います。

またお会いできる日を楽しみにしております。

感謝感謝感謝!!!

IMG_4682.jpg











最新のカマタマーレ情報、超満載のブログ村はこちら!!

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村


アウェイ金沢戦 観戦記

auleikanazawa 1

なぜ負けたのか・・・・

瞬間理解ができなかった。

金沢格上であるとあれほど心に言い聞かせた。

油断したつもりはない


いや油断しようがないのだ

彼らは1対1に相当強く

1ヶ所で突破を許せば

自陣深くまで侵入されてしまう。



そこで弾き返しても、

インターセプトしてパスを選択しても

大きく蹴り出しクリアーしても

そこには必ず赤色のユニフォームの選手がいて波状攻撃を繰り返す。

その時間が多い

時間を追って増えてくる。


ただこちらも昨年の激戦を生き残ってきたのだ。

乾坤一擲。

すれ違いざまの一撃を放つべく虎視眈々。

・・・・・であることはゴール裏でもわかる。

木島や仲間、アンドレアの息遣いで、肌でそれを感じる。



しかし、その間隙を縫うカウンターは

決定的、あるいは金沢のDFラインを後退、萎縮させるまでには至らない。



例外的に

木島投入直後

その独特なテンポに一瞬戸惑いを見せた金沢DF。


よし!!と思った


正直流れが変わったように感じた。

カマタマーレの両サイドが押し上げ

相手PKエリア上でカマタマーレ選手が多くなる。


が・・・しかし

金沢DFは柔軟な集中力を発揮し、瞬く間に彼の自由を奪う。



最初に戻る・・・・



本当に油断なんてとんでもない。

そんなこと考えれない。強い。

相当に個々フィジカルが強靭だ。

確かにファールが多いかもしれない。

・・・が特段彼らはあわててるわけでも

いらついているわけでもない。



ぐぬぬ・・・・・

攻撃陣は釘づけ。

前進できない。




それに対して防御陣はどうか??

おお!!

中盤を突破してきた金沢攻撃陣に対して

過去7戦同様安定した防御陣を築き

決定機を作らせない。

そこを潜り抜けても守護神様が鎮座ましますゴール前。

ネットを揺らすことはさせない。



前半終了時のイメージでいうと・・・

0-0は上出来。

此処はアウェイスタジアム。

相手は必ず焦って、点を取ろうと「前進」してくるはず。

そこで仕留めればいい。

ここまで相手にも得点の匂いはしないのだ。

中盤の攻防がやや相手が有利かな・・・程度の相手のアドバンテージ。
(やや・・讃岐目線でですが・・・)


そして

沈黙しているが我が攻撃陣には期待できる。

足が止まっているわけでないのだ。

動けない分むしろ足を「ためている」感じ。

これまでこんな状況でもしぶとい相手を倒してきた。

そんな経験や記憶にこの期待は裏付けられている。




更に・・・

拮抗したした状態でカマタマーレは「木島」というジョーカーの投入が可能。

それに対して金沢の交代カードは「オプション」的な印象。

総ては可能性に満ちたものであった。

もっと言うなら長いシーズンを俯瞰して

ここでは「引き分け」でもいいのだ。

そしてそのプランは残り5分まで確実に履行されていた。



しかし・・・敗れた・・・・

なぜ??




昨日は帰宅後

倒れこむように布団に入り

泥のように眠っていた(笑)


解説付きのTVはまだ見てない。

夜スカパーで確認してみよーっと!!!






追伸

引きづってもしょうがないですね。

つぎつぎ!!!!!(笑)


*・・・この文章はあくまで私の主観で記録されております(笑)




















最新のカマタマーレ情報、超満載のブログ村はこちら!!

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村



サンダーバード



現在、大阪出張中。

このまま二泊すれば金沢は近いなぁ

とかアホなことを考えていました。


しかし、週末/週明けの仕事が

本当に思わず目処つき

なんと日曜日に1日時間が出来ました。

……にやり……

私も金沢行けそうです。


仕事神様ありがとう。・゜・(ノД`)・゜・。(笑)


さてさて新大阪駅で

ボケ〜っとホームにたたずでいると

目の前に現れた列車はサンダーバード

そうかこれに乗ってJR組は遠征するのかぁー

とマジマジみる。

確か11番12番線のプラットホーム。

新幹線から在来線乗り継ぎの改札でて

最初のプラットホームだとおもいます。


遠征隊JR組さんの無事な乗り継ぎをお祈りしつつ。

今日は高松に向います。




まぁ私もJRかな?

明日ゆっくり考えよう。












最新のカマタマーレ情報、超満載のブログ村はこちら!!

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村






ツエーゲン金沢



ツェーゲンではない

「ツエーゲン」

ドイツ語と金沢方言の「強い」から来た造語だと聞く。

そして、今、まさに彼らは「強い」。


我らと対戦したJFL時代はやたらアウェイ戦に強くて「アウェーゲン」とか言われていた。

ホーム1万人動員デーとか節目の試合でやたら敗れて「ヨエーゲン」とか言われていた。


カマタマーレのJFL昇格初年度、初対戦で勝ち点3をくれたりした。

最後の年は金沢では開始5分で1点くれた。そのまま逃げ切り。

ホームでは最後の10分で2点くれた。大逆転勝ち。



そう・・・今回の敵はこの甘美な甘美な「甘い記憶」





彼らは現在5勝2敗

5勝の内訳は歴戦のJ2巧者クラブ4つ+ビッククラブ1つ

カマタマーレが昨年ベースで比較すると

よくて1勝1負、半分は2敗している相手である

ヴェルディ、岐阜、ザスパ、愛媛・・・・・

われらが苦手とする相手を撃破し

最後にはJ1仕様と名高いセレッソまで破った。



もう間違いなく強い。

よくまとまっている。戦術が徹底している。

個々の給料は高くないかもしれないがよく走る。メンタルもタフだ。



わかってはいる

わかってはいるが・・・・


ほとんどやられたチームは試合前

「昇格初年度だから・・・」

「J3初代王者おめでとう!!頑張ってね!!」

「J2スピードに慣れてないだろう・・・」

「有名な選手はいない。危険な選手はいるが想定越えて危険な選手はいない。」

「あわてなければ自力が違う」

・・・・と思ったのではないかな。


その根拠は

「だって昨年・・・讃岐がそう(弱かった)だったから・・・・」




この想いのせいで

いくら金沢が勝ち続けても

毎週対戦相手のメンタルがリセットされたのだろう。


「ウチは先週おたくらに負けたチームとは違うよ」・・・・と・・・・・・

大なり小なりあったのではないかな・・・

このメンタルが今節、讃岐が対戦するにあたり、最も厄介な部分だと思う。




まあ、昨年の我ら「地獄の行脚」が

少なからずツエーゲンを過小評価している土壌になるかどうかは置いておいて・・・

結局、実力が測り切れない相手に「驕り。油断」のエッセンスがふりかかっていた可能性は高い・・


・・・・と思う。




今度戦う相手は・・ホント・・危険極まりない・・・・・

もう目を覚まそう。


対戦相手のメンタルを弛緩させる術を(望まずして)得てしまった危険な相手。

我らが作ってしまった土壌で牙をむき暴れまわる猛獣。

このエリアで戦うことで猛毒を振りまく極めて危険な新鋭・・・。


彼らの土俵で戦う事とは

楽しい海水浴でホオジロザメにあったくらい混乱する事。

このメンタル修正が最も困難なのだ。



それを防ぐにはどうすればいいか??



最初に立ち返ろう。

僕らは来年もこのステージで戦う事を渇望している。

5年後10年後の大いなる野望の成就のための積み重ねる1年だ。

目標順位20位。勝ち点50.

そこはアウェイの地。

戦う相手はすべて格上。

なぜなら20チームは昨年うちより好成績。

J3優勝の金沢は初年度「長崎」相当の戦力。



つまり金沢はうちより上。

われらが一番「小さく」「か細い」クラブ。

J3でも上から3番目ぐらいの予算規模らしいし・・・(笑)



じゃあ・・・戦い方ははっきりしている。

必ずそこを自覚して全力で戦う。

後退しながら一矢報ることを讃え。

可能性の低いチャレンジも大声で励まし支える。

最後まで歌声を声援を選手の耳に届け続ける。



これしかない。



ちなみに試合前の甘いメンタルの持ち主は選手ではないかもしれない。

応援に行くサポーターが醸し出してしまった雰囲気なのかもしれない。



今節のメンタル

今度の相手は千葉か磐田・・・ええい、思切って「浦和レッズ」と思った方がいいかも。

それぐらいの自己暗示をかけて臨んだ方がいいかも。


ツエーゲン金沢・・・・

繰り返しになるが

「甘い甘い記憶に隠れた」

「危険極まりない格上」

これが今節の相手である。



昨年末の長野サポの言葉を思いだす。

「今年はJ3はどうでした??」

「金沢がありえんぐらい強かった!!」

パルセイロをしてこう言わしめた相手です。

危険危険・・・超難敵・・・・・




追伸

当然、道中のグルメや観光はしっかり羽を伸ばし

金沢を満喫してほしいと思う。

お魚もおいしいし

ゴーゴーカレー食べれるし。

兼六園とか観光名所もいっぱい。

遠征隊の皆さん楽しんできてください。



金沢ゴーゴーカレー

うまし!!!!!!

・・・昨年はなぜか富山で食べました(笑)

IMG_3344.jpg







最新のカマタマーレ情報、超満載のブログ村はこちら!!

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村


応援してます(笑)



今年はこういう感じで愛するクラブを企業として支援します。

みなさん何かグッズ購入の際にそれを入れる袋がこれならご笑納ください。

なな・・なんと!!

ウチと天下の「三越」さんの2種類だけ!!!

レアレア!!



ええ!!三越の袋がいい!??

そうでしょう。そうでしょう。

それが普通の感性です。(笑)



わが社は働く人が「より働きやすく」するための環境整備をさせていただいてます。

そういうことをしたい社長さんとお付き合いし、

その仕事に対して御代(コンサルティングフィー)をいただいています。


けどそれは社長さんからいただいている半面、

そこで働いている社員さんからいただいていると思う。

間接的には会社で働く人のご家族、友人、取引先様から少しづつ頂いてると思っている。


だから総てわが社の利益にしてしまわず「頂いた方たちに少しでも還元したい」と思っている。

社長さんも含めて・・・。

これが少額だけどカマタマーレ・スポンサーをする理由です。



私のスポンサーフィーはトップスポンサーと比べれば微々たるものだ。

金額だけ見れば「痛~い!!」と思うときもあるが・・(笑)

ただ小型スポンサーでも10~20社集まればいわゆるトップスポンサーと同じ支援金額。

(トップスポンサーはトップチームのユニ・ジャージ等で露出する企業さんの事)

トップスポンサーは撤退すればそれはいきなりカマタマーレ存続の危機になるが

我ら小型スポンサーは1社撤退してもたちまちクラブの危機にはならない。

つまり財政的な足腰が強くなるというメリットがカマタマーレにはあるだろう。


スポンサーをすることで急にその会社が好調になったり商品が飛ぶように売れたりはしないと思う。

しかし、社員のメンタルとして

「わが社はカマタマーレをスポンサーしている会社!!」という誇りが生まれるかも??

働き甲斐が倍増するかも(笑)


新卒さん募集・パートさん募集する際に

「カマタマーレのスポンサー」と何かのはずみで目にとまれば

就職先・パート先としてのイメージがプラスのものになる。

いわゆる「企業イメージアップ」=企業ブランド構築になります。


これから社会の門をたたく若者が

「安心して働けるかも・・・」という信頼。

それは優秀な新卒が集まる可能性が上がるのかもしれない。



いつか新規の営業先で「ああ!!カマタマーレの試合でお見かけする会社!??」と反応があるかも・・・

これも企業ブランディングの一つ。


利益の社会還元と企業のブランディング。

この2つに注目してスポンサーすることは決して慈善活動ではなく「商」だと思う。

カマタマーレが大きくなればなるほどその効果は絶大になるわけだし

早くから始めれば「勝ち馬に乗った」イメージではないだろう。

何よりも地元密着な企業イメージは好感をもたれると思う。



社長さんの経営者としての50万、100万をカマタマーレに「寄付」するのは難しい。

理解できる

しかし必要経費・投資すべきブランディングと考えればどうだろう。

大事なお金ではあるが広告宣伝費、ブランド構築費として考えれば

その意味も違うだろう。



そして私のような零細事業でもカマタマーレは喜んで手をつないでくれる。

そして私の会社はつぶれてはいないから決して無理な投資をしているのでもないのだろう。

税理士さんも何も言わない。



香川に住むあまたの中小企業経営者の皆さん

ぜひ、郷土の象徴を作り育ててみませんか???

もう、カマタマーレの力は御社のブランド力を引き上げるところまで来ています。

いつやるの??と聞かれたら間違いなく

「今でしょう!!」です。



しばらくぶりに暑苦しい文章でした。









最新のカマタマーレ情報、超満載のブログ村はこちら!!

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村

王子様の帰還

IMG_4666.jpg

ロード・オブ・ザ・リングの『王の帰還』ならぬ

王子様の帰還(笑)

もちろん王子様とはコンサドーレ札幌の古田 寛幸選手

いやいや・・・男前やね・・・・



ボランティア終了後、本部受付前でSさんと今日の運営意見交換してたら、

「きゃぁあああ!!!!」という大歓声が正面玄関で湧き起こる。

それは古田選手が帰路のバスに向かうために姿を現れた瞬間でした。



古田選手は

声をかける一人一人の讃岐サポと言葉を交わし、

総てのサインに応じてくれ、

笑顔で談笑。

みんなに「ヒロ、ヒロ」と愛称で呼ばれる愛されぶり(笑)


「昨年よりかっこよくなってる・・・・」

近くにいた女性サポのつぶやきがすべてを物語る。



かっこよくていい奴・・・・

女性ファンでなくても

私のようなおっさんサポでも

「ああ!!古田が来てくれたぁ~!!」ってなる。



これからも活躍してほしいと思う。

更に世界で戦ってほしいと思う。

そして日の丸のついたユニフォームに袖を通してほしいと思う。

柴崎や宇佐美と並びピッチで戦ってほしいと思う。


コンサドーレの選手であることはわかっている。

けれど少しだけカマタマーレのサポの夢も抱えてこれからのサッカー人生を歩んでくれたら

2014年一緒に戦ったものとしては幸せだ。


そして今年もう一度彼に会うことができる。

夏の移籍で海外に行かなければではあるが・・・・


夏の札幌で彼にまた会えること楽しみにしている。

もしそれが何か意味のある戦い(いやいや・・プレーオフ争いとは言ってませんよ・・・どこまでも謙虚に・・・)

であればさらに最高!!

IMG_4663.jpg

怪我しないで活躍してほしい


こころからそう願わずにはいられない。


カマタマーレの願いも込めてカマタマーレ時代の古田のチャントを送ります!!

古田寛幸・ラララ・ラララ~
古田寛幸・ラーラ・ララ!!!




追伸

古田選手に限らず試合後、選手と交流できるスペースがございます。

もし選手とお話ししたい方や何か渡したい方はコンコース・デッキ下の

1F正面入口前にお越しください。

当然、柵のあるところまでですけど・・・・(笑)

選手の都合がよければ交流できる(?)と思われます。


もちろん選手のメンタルな状態や試合内容によってはできない場合もあります。

その場合はご了承を。

是非、優しい心遣いとマナー・エチケットを携えてお越しくださいね。(笑)




最新のカマタマーレ情報、超満載のブログ村はこちら!!

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村

コンサドーレ札幌 アウェイゲート体験記




戦い終わって・・・・



大型ビジョン前のメインスタンド側の「コーナー・スポット」

ここからのリスタートで何度もチャンスが、そしてピンチが生まれたのだろう。

Jリーガーの渾身セットプレー(コーナーキック)のあとは

軸足側の芝が剥げている。

それがどれだけものすごい「エネルギー」なのかがわかる


そして2週間後またここで繰り返される死闘のおかげで

このスポットのはげた部分は

永久に芝が生えないのかもしれない。


試合終了後のかたずけボランティアで

ピッチ脇を通過した際にとらせていただいた一枚

今日の死闘を物語る一枚かもしれない。





さてさて試合前のゲートではこんな感じ

IMG_4655.jpg

アウェイゲートでの事前搬入時間の風景です。

残念ながら搬入に間に合ったコンサドーレサポさんはいない。
(搬入ない方はちらほらいらっしゃっていた。)

聞けば飛行機の到着が少し遅れているとのこと。


はるばる北海道から飛行機を乗り継いでくるのだ。

AM10時の事前搬入の時間に横断幕持って

丸亀のアウェイゲートにいるのは物理的に無理なのだろう。


それでも11時30頃には大勢ご来場いただく。

今回は事情もあるのでカマタマーレ側の「粋」な計らいがあったと聞く。

無事に横断幕設置終了。


アウェイゲートの担当者としては

少しでも早く来場しようと朝から遠路はるばるお越しいただいたコンササポさんに感謝。

アウェイサポさんに何とかその願いかなえようと頑張ったカマタマーレ運営さんに感謝。

その配慮に理解を示してくれたホームサポ(カマタマーレサポ)さんに感謝。

・・・である。


IMG_4658.jpg


最終的には260名を超えるご来場!!

スゲェ!!!!(驚)

距離を考えれば間違いなく最長距離。

体感時間でも山形さんがいない今、間違えなく最長時間を走破してのご来場・・・

その数が260人越え・・・・


いやはや・・・

頭下がります

その熱意、クラブ愛。

是非おいしいうどんを食べて帰っていただきたいものである。

次の日は日曜日ですしね(笑)

ゆっくり観光してから帰ってほしいものである。


試合のほうは引き分け。

帰り際、アウェイゲートボランティアに

労いの言葉をかけていただいたコンササポさんの言葉が耳に残る・・・。


「次回、決着つけましょう!!」


この秋は札幌の地に多くのカマタマーレサポが訪れるでしょう

その時はよろしくお願いいたしますね。

再戦が楽しみです。










最新のカマタマーレ情報、超満載のブログ村はこちら!!

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村


コンサドーレ

Jに昇格したなぁ・・・・・

とか思うチームはあるわけで


昨年なら

ジュビロだったり

ヴェルディだったり

トリニータだったり

ジェフだったり

サンガだったり

アビスパも

横浜も

そしてそれはコンサドーレだったりもするわけで・・・・


いわゆるJ1経験チームなんかと戦うのは素晴らしいことだと思うのです。

歴史あるチームや上位カテゴリーの経験あるクラブと戦うことは

観戦を通してだけでもサポを何か成長させてくれます。

選手ならなおの事でしょう。


つまり面白い試合になるのです。

何より「負けたくない!!」燃えますしね!!



さらに今年は昨年レンタルながらも在籍してくれた古田選手が相手チームにいるわけで

レンタルバックしていった彼と戦うことで

さらに「Jクラブなんだな・・わがクラブは・・・」とか改めて感慨深い。

(今までチームを去った選手と同一カテゴリーで対戦する機会は本当に少なかった・・・松本の喜山選手ぐらいか・・?)

昨日の友は今日の敵

しかし愛してやまない敵なのである。

そんな経験ができることがとても幸せなのである。


先輩Jクラブのサポさん達は経験あるかもしれないが

いずれはカマタマーレに在籍した経験のある選手が

あの「日の丸」のついたブルーのユニフォームの袖を通すことがあったら・・・

それはもう興奮しまくりです。

そしてその可能性を、世界を感じさせてくれた初めての選手が古田 寛幸選手なのです。

彼も楽しみにしてくれているみたいですよ。

カマタマーレとの対戦を・・・・



古田選手のカマタマーレ戦意向けた意気込みが書かれた記事

記事 その1

記事 その2


古田選手や元日本代表稲本選手に会えるコンサドーレ戦は
(小野選手は残念ながら故障らしい)

たくさん見に来てほしいものである・・・・





追伸

せっかく土曜日なんだからその後のみに行って深酒してもOK!!
(もちろん運転はダメ!!だが・・・)

翌日は聖なる「日曜日」なのだから(笑)

地元開催のJリーグ

土曜日を楽しみましょう~


昨年ご来場のコンササポさん

IMG_3075.jpg



そして今年も行きたい

北の大地

今年はドームではありませんが(笑)


IMG_3963.jpg












最新のカマタマーレ情報、超満載のブログ村はこちら!!

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村



カマタマーレの求人に思う


カマタマーレは昨年の夏ごろから運営スタッフの正社員求人を出していたと思う。

私も職業柄(社会保険労務士として)興味深く求人内容(特に雇用条件)を観察した。


決して高くない給与

多くない休日

残業もそれなりにあるだろう

ボーナス実績なし

むしろ厳しい雇用条件と言える。


私の事務所なら誰一人応募はないかも・・笑


それが半年で50人を超える応募あり!!

プロスポーツクラブのそれもサッカーJリーグで働きたい方は

多くいることに改めて驚く。

HPでの募集である以上対象者は全国に人材を求めたことになる。

その中で2名採用

25倍!!

本当に狭き門である。

IMG_1661.jpg


ただ・・・・ふと思う・・・・


給料だけでないものがあるのかな・・・・

それが「社会人としての充実」や「お客様の喜びの共有」などに限定するつもりはない。

何よりそれは「プロスポーツクラブの社員としての自身のキャリア」「経験・実績」

これに尽きるのではないだろうか・・・・



=そこで得た経験、ひょっとしたら実績

それが説得力ある言葉として次のステップのアドバンテージとなる。


選手がやはり給料のいいJ3より多少安くてもJ2チームにこだわるのは

そこで得られる技術や経験が違うからなのだと思う。

見られ方が違うのだ。


同じように「給料が安くても」カマタマーレというJ2クラブで3年働きました

というだけでガンバでもレイソルでも募集があった時に面接でアピールができる。

そこで語られる成功談や失敗談は先方に魅力的に映るだろう。

強力な武器でありストロングポイント。


後発のJチームならなおさらだし

ほかのプロスポーツでも同じ。


いわゆる「金銭報酬以外の報酬」=「意味報酬」が非常にパフォーマンスよく

得られるのが魅了なのだろう。


それを思えばやはり正式な求人をHPで募集してくれているのは

「ビックチャンス」である。



しかし、残念がら奥さんと子供を抱える人は

このチャレンジは難しいかもしれない。

私もそうだ。

私が20年前ならやはりチャレンジした。


今はできないがそれを残念に思うけど悔しくはない。

私は私のできることをしたいと思う。


逆にチャンスを行動に移せる若者はどんどん応募してほしい

うらやましく思う。

もちろん自身で「その世界に行きたい!!」と思うならという条件つきだが

行動するに値するチャンスだ。

今まで培った技能(職業経験・実績)がサッカーの情熱、カマタマーレ愛と一体化して

大きな力になり、活躍でき、充実した時間が過ごせるに違いない。


そんなチャレンジができる若者は

やはり少しうらやましい


カマタマーレ営業=>J1チーム企画広報=>ビックチームの役職クラス=>どこかのGM・社長

というステップが始まるかもしれない。

可能性は行動し始めた時点で0%ではないのだ。


また、郷土愛と仕事の充実がこれほどマッチする仕事もないだろう。

やはり香川県民としてはここに尽きるのも事実である。


営業職については募集継続中


カマタマーレは若者に「いいチャレンジ」の機会を提供していると思います。





最新のカマタマーレ情報、超満載のブログ村はこちら!!

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村





カマタマーレ金沢戦弾丸日帰りツアー参加者急募


今シーズン堂々とJ2を戦うカマタマーレ。

今週はホームでコンサードーレ札幌と戦います。

コンサドーレ札幌といえば

昨年在籍した古田選手と会えたり

稲本、小野の両ベテランの元日本代表が所属していたり・・

昨シーズン煮え湯を飲まされた「ナザリト選手」の移籍先であったり・・・・など

カマタマーレでなくサッカー好きの方にも興味深い話題たっぷり!!


是非スタジアムで皆さんお友達誘ってお越しくださいね。

今のカマタマーレは見ていてわくわくハラハラです(笑)

待っているのはサイコーの週末です(笑)




その次の節はアウェイ・ツエーゲン金沢戦

彼らはJ3から昇格してきたばかりですが

現在5位の好調を維持している難敵(4月8日現在)

JFL時代から死闘を繰り広げた間柄。

長野パルセイロと並ぶ「好敵手」です。

負けるわけにはいきません。

そして好ゲームは間違いありません!!


しかし残念なことに「公式」バスツアーは定員に満たないために中止・・・・

そこで移動手段を喪失した熱いサポのために有志の方が

「弾丸バスツアー」を企画してくれました。

それでも20人集まらねば催行されないので情報を拡散させていただいてます。


私もこの有志の方と直接面識がないのですが・・・・・(汗)

サルポンさん(コアエリアでスネアドラム叩いてる人)がとりもってくれるようです。

興味ある方サルポンさんに声をかけてあげてください。




サルポンさんブログ

金沢弾丸ツアーにみんなで行こう




現地入りの交通手段でお困りの方は是非一緒にいかがですか??・・・・とのこと。

「サルポンさんブログ」をご一読いただきご検討のほどを・・・・



参加者お待ちしております!!!!!

auleikanazawa.jpg

金沢のスタジアム 2013年時点

auleikanazawa2.jpg


アウェイスタンドはこんな感じ

auleikanazawa4.jpg


この写真はアウェイ金沢戦のときに撮影しました

画像 300



バスツアー企画

丸亀剛さまのフェイスブック文章は下記の通りです。



~カマタマーレ金沢戦弾丸日帰りツアー参加者急募~


北九州に負けたとはいえ、10位のカマタマーレ、

アウェイ金沢戦がオフィシャルバスツアーが無くなった為

残念に思ってるサポーターの方も多いと思います。


大川バスさんのバスツアーが無くなったので緊急にバスツアーを作りました。


朝3時に丸亀市

3時半に坂出市

4時半に高松市


高松市はサンポート周辺、高速バスターミナルを予定しています。

坂出市、丸亀市は参加者に改めて連絡させて頂きます。


参加費大人6000円、子供5000円ですが、観戦チケットは各自お買い求め下さいませ。

26人乗りバスを押さえてますが、20人で決行致します。


思い付いてから練習場とかで声を掛けていた為、現在10人申込みあります。

必ず参加出来る方だけご連絡下さい、土壇場のキャンセル はかなりしんどいので。

希望は土曜日札幌戦で電話番号、顔が確認出来る方。

前金でお預かりを前提(ドタキャンを避けるため)しておりますので宜しくお願いいたします。






最新のカマタマーレ情報、超満載のブログ村はこちら!!

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村



アウェイ 北九州戦 自宅観戦幸です編

ここまでアウェイは皆勤でしたが今回はお休み。

現地で見ていないのでなにも土産話は書けない(笑)


スカパーで観戦

腕組みしながら観戦

タブレットでオンデマンドを開いて他会場の戦況と「にらめっこ」しながら観戦。

応援団の風景が映ると

「おお!!今日もたくさんつめかけてる~。みんなありがとう!!頑張れ~!!」

と思わず叫びながら日曜午後の平和なひと時を過ごす。笑



結果はご存じのとおり

TV中継では見事に崩された感じ

先制を許す。

さらに4分後にセットプレーから被弾。

このダメージは大きかった。

私個人のダメージですが(笑)

守備で2失点

攻撃陣もギラヴァンツ守備陣の分厚い壁を突破できず完封負け。



結果は残念だがこんな時間を過ごせるのもJ2昇格し昨年残留できたからかな・・・

JFL時代の留守部隊といえば「ぴこーんサイト」とツイッターを10秒おきに何回も更新して(笑)

ジリジリ過ごすしかなかった。


ぴこーんサイトとは

サッカーの試合で動きがあったら音で知らせてくれる速報サイトの事。

手に汗握るけどそんな時間は味気ないものです。


それが今や、スカパーに加入すればリアルタイムでカマタマーレの試合が映像で観戦できる。

応援風景どころか仲間のだれがいるかまではっきりわかり

チャントの声量によっては現地にいるような臨場感。


試合の結果は残念だけど

ここまでクラブを押し上げてくれた選手や監督、コーチ、スタッフ、社員さんに改めて感謝。

そしてその礎を作り去っていった多くの元カマタマーレ選手たちに大感謝


その人たちのことを思えば

私自身は

「昨日の負けなど取るに足らない」

「また、みんなで力合わせて戦えばよい」

と思える。

不思議・・・不思議・・・・


現在10位

目標は20位以内

勝ち点8は目標勝ち点まであと残り42点

残り36試合を1勝1負1分ペースで到達できる。

つまり今のペース(2勝2分2敗)で到達できるのである。

(厳密には12勝6分18敗=2勝1分3敗のペースでOKである)


だから大丈夫

みんなで気持ちを一つに今週末も戦いましょう。

よろしくお願いします。

私もボランティア頑張ります。



我らは残念ながらジュビロでもセレッソでもない

このカテゴリーで生き残り続けてようやく見えてくる次のステップがある。

今はココ(J2残留)にこだわって闘うのでいいのでは・・・・。



10年計画

人間でも10年という時間ですさまじく成長する。

カマタマーレの10年前はできたばかりのクラブで地域リーグでした。

10年後の今・・・・ごらんのとおり立派なJ2クラブ。

サッカーファンなら知らない人がいない日本代表経験者も在籍して活躍しています。

10年前想像できたでしょうか??(笑)


10年後、このブログのコメンテーターの「しんちゃんさん」が言う

「満員の丸亀競技場で舞台はJ1」がかなっている事でしょう。



それには逆算して「今」何をすべきかここで考え行動していくのが一番近道。

年パス購入するもよし

メインからバックホームに移り、声を出していただくもよし

ホームゲームにとどまらずアウェイ参戦するもよし

ホーム開催の試合ではキックオフまでボランティアで貢献するもよし

ちょっと頑張って後援会へ加入したり

会社の自販機をカマタマ自販機にするよう上司に働きかけるもよし

会社がスポンサーになるよう暗躍(?)するもよし

子供をカマタマーレスクールに通わすもよし

バンデーラや横断幕をサポさんから一部預かって一緒に管理する手伝いもよし(告知・お願いします~)

みんなのベイビーステップが積み重なってカマタマーレを次のステージに導きます。


是非ぜひ協力してください。

私も微力ながらこれからの10年尽くしますので・・・・



そんなことを思った第6節でした。



スローガン




最新のカマタマーレ情報、超満載のブログ村はこちら!!

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村

ホーム 水戸戦 観戦記



恥ずかしながらホームゲームは今シーズン初。

昨年の夏の(?)岐阜戦以来である。


8月ぶりに来てみて率直な感想。


本当に変わった。

いい方向に変わった

なんたって条件は

平日
PM7:00開催
+雨

・・・でごらんの写真のとおり。

そりゃほかのスタジアムと比べたら少ないかもしれないが

JFL時代に同条件なら1000人切ってたかも・・・・


それが2000人余りの観客。

特に熱い応援を繰り広げるエリアにその半分以上が集結。

ホント声援が熱い・・・

声をからし声援を送る人の何と多いことか!!


これはカマタマーレに「ハマっているひと」が本当に多くなっている証。


ありがたいことです。

皆さん今シーズンも頑張っていきましょう~!!!


水戸からも精鋭30名が駆けつける。

恐れ入りました。

IMG_4629.jpg




今日まで通算3引き分け(笑)

先輩、リスペクトしてますが、次回、決着をつけましょう!!

水戸を訪れるのが楽しみです。




試合前スタジアムグルメ散策。

カマタマ広場なるスペース初体験。

客として来場は・・・・なんか違和感あり・・・こそばゆい・・・・ソワソワする。(笑)

貧乏性やな・・・

何か「お手伝いしたくなる病」の発症を抑えつつ

スタジアムグルメ散策

IMG_4618.jpg


IMG_4617.jpg


IMG_4622.jpg



夜で雨だからこそいい感じ。

決して寒くない。

これでつまみゲットしてビール飲みながらサッカー観戦は

本当にいいイベントだと思うのですが・・・・・



逆にもう知らない人にはこのまま内緒にしておいて・・・

究極のシークレットイベントにしちゃいますか(笑)

ホントいろいろ素晴らしいので

満員にならない方が独り占め感があって・・・いんじゃね!??

奨励!!内緒・内緒~!!



・・・・とか最近思ったりします(笑)


IMG_4632.jpg


試合は残念ながら引き分け。

試合中にアクシデント(負傷退場)あり。

8日間で3試合のを行う「春休み進行」という過密日程。

選手はタフだが怪我は心配。


そのあたりも最初から考慮して「エコモード戦略」か??

お互い守備のチームだが激しくカウンターを打ち合い

ノーガードで打ち合ってる感じはしない。


居合切りの様にチャンスあれば一撃で葬ろうというジリジリした中盤のせめぎあい。


それでも後半、アンドーさんを下げないまま、木島兄さんを投入。

得点を狙う明確な意志を感じる。


なにも勝ち点3をあきらめてるわけではない。

今ある戦力で連戦のなかできうる最大限の事を!!・・・ということだと思う。



永田のアクシデントによるスクランブルで

すでにピッチにいた木島弟・・・

故に実現した木島兄弟の共演

切ったカードは木島&木島だが

松本の選手として敵だったころ

これほど厄介なペアはなかった。

そして心の奥では「敵ながら・・・・あの兄弟は・・・すごいなぁ・・・」とか思っていた。


なんかちょっと夢かなった気分


これで兄さんレジェンドの 「交代時のチャントが終わらないうちに得点!!」

これが見れれば・・・・・・・!!!!!!!!


・・・・と思いましたが・・・・・

それはあまりに贅沢というもの。
(けど期待は半端なかった!!!それだけでも幸せだよねぇ…・)

そんな劇的なものはめったにお目にかかれないと思うが

やっぱ、この人が出れば

普通に見せ場、チャンスメイクは量産される。


得点のにおいがプンプンする!!!

この人は役者やね・・・・・


改めて驚嘆(笑)


結果は勝ち点1を積み上げ現在7位

勝ち点50まであと42点!!!

着実に本年度のゴールまでたゆまず進んでおります。



次も中3日ですが

選手も応援も頑張っていきましょう~。

ではでは・・・





カマタマーレ・フェイスペイント

IMG_4623.jpg



追伸


ちなみに終了後

家族にお誕生日の者がいたのでお誕生パーティー

スタジアム近くで12時までやってる店があったのでワイワイやりました。

ディアー系列のイタリアン居酒屋さん??

デイアーは屋島にもあるからよくいくのだけど

スタジアムで試合後に食べるからかかな??

とてもおいしかった!!!


チーズフォンデユーやタンシチュー、マルゲリータピザ、石焼のドリア??

なぜか「だし巻き卵」まである(笑)



ごちそうくらぶ BEAMY 丸亀店

http://hitosara.com/0006032440/


これもナイターのおかげでできた幸せ・・・・













最新のカマタマーレ情報、超満載のブログ村はこちら!!

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村



プロフィール

がく 

Author:がく 








2017年 チャント集

2017 カマタマーレ 選手チャント
2017 カマタマーレ 選手チャント posted by (C)がくお

2017 カマタマーレ チームチャント
2017 カマタマーレ チームチャント posted by (C)がくお

ブログサブタイトル 

2017 J1侵攻編

カマタマーレ讃岐公式ホームページ
コチラから


2013年6月30日以前のブログはこちらです
とあるサポーターへの追憶~カマタマーレサポーター日記~


にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 



小学生では水泳を習ってました。水泳の脚力アップにサッカーを習いましたがむしろサッカーの魅力に取りつかれました。しかし小学校5年生からのスタートはハンデでした。伸び盛りのゴールデンエイジにまだサッカーをはじめていないこと。インターネットなどがなく、今ほど理論的な指導はなく、スクールなどは充実していなかったことなど。何よりその才能はサッカーの神様に愛されているとは到底言い難いものだったこと(泣)。選手としてはMF、DF最後はゴールキーパーとして15歳の試合を最後に(中学総体時)に引退しました。

月日は流れ・・・

その後もサッカーは好きで代表戦やJリーグを中心にサッカーを見ていました。トッププレーヤーのため息が出るほどの美しいプレーを見るたび、自身の才能のなさを嘆くこともありました。なぜサッカーをすることにおいて、サッカーの女神は私を愛してくれなかったのか?(同じ名前なのに鹿島の柴崎君は愛されているようです・・・笑)その答えは40歳を過ぎた時に明らかになる出来事がありました。わが郷土にJリーグを目指して闘い始めたサッカーチームが現れたのです。女神様は競技する才能を私に与えなかった。しかし、それと引き換えに「サッカーを愛する才能」をふんだんに授けてくれたたことに気が付きました。そしてその才能を充分発揮できる宝物も与えてくれました。今、私の才能・・・サッカーを愛する才能・・・のすべては一つのチームに注がれています。そのチームの名前はわが郷土から初めて誕生しようとしているプロサッカーチーム・・・「カマタマーレ讃岐」。このチームとともに神様が与えてくれたミッションを果たすべくすすむ大冒険をブログにつづりたいと思います(笑)

よろしくお願いいたします

(=゚ω゚)ノ


このブログタイトルについて

初めてカマタマーレの試合を観戦した時に目にした古参サポーターさんたちの情熱。とても感動したのを覚えています。それ以後、彼らの熱い思いをいつまでも振り返れるよう、そして自分自身が忘れないようにこのタイトルをつけました。

飛行士業

しかし、モデルとなった原作「とある飛空士への追憶」のようにさわやかなブログには程遠く「暑苦しく、無秩序に取り乱した文章」を書き散らかされております。ご容赦ください。ちなみに筆者イメージも原作とは程遠く「飛空士」というより「低牛」のほうがイメージに合致します(笑)

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 

最新トラックバック

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR