ユニフォーム+チャント練習+スタジアム清掃=しあわせ

もはや開幕前の風物詩。

注文した今シーズンのユニフォームの到着。

気合が入る。盛り上がる。

太ったことにちょっとへこむ・・・・・あぅ・・・・


「チャント練習と新曲チャントの披露」の開催告知

その日が今年初の声だし、メンバー顔合わせ・・・・

みんなで「今年もよろしくお願いします」と言う。

お正月のような挨拶をするのが好きだ(笑)

みんなで今年もガンバロー!!!



そしてスタジアム清掃

これから1年間お世話になるスタジアムを心を込めて掃除する。


更には2戦目のアウェイ遠征計画はこのあたりから計画しはじめる。

今年も最初のアウェイは「岐阜」

昨年勝ち点「1」すらいただけなかった相手なのでぜひ今年は利子つきで返してほしいものである(笑)


スタジアムの清掃やチャント練習を屋外でおこなう事で

もうそれほど寒くない気温であることに気が付く。

春が来てるんだなぁ・・・と感じる季節です。


みんなで楽しくやりましょう~

まずはスタジアム清掃

そしてチャント練習


昨年の練習風景
IMG_2251.jpg


一昨年の清掃風景
55c9fa155734385a4a82d888d2a30941ed3f2cbd_43_2_9_2.jpg



■実施月日
3月1日(日)

■集合場所
丸亀競技場の北にある平池の西側

■実施時間
10:00~11:20 丸亀競技場周辺清掃
11:30~12:30 チャント練習、録音



詳しくはこちらから

サポーターグループ Celeste de Corazon  ホームページ

ツイッターアカウント

Facebook


さらに今年は大太鼓さんスネアドラムさんを増員するとか

仲間がどんどん増える

腕に覚えある方、興味ある方大募集だそうです。

詳細はこちら!!!



まっつさんのブログ

カマタマーレ讃岐と共に






最新のカマタマーレ情報、超満載のブログ村はこちら!!

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村





ファンの集い サポターズミーティング


早いものであと2週間で開幕。

先週の土日は「ファンの集い」・「サポーターミーティング」と立て続けにイベント

ファンの集いは仕事でいけませんでしたがサポーターミーティングに行ってきました。

なにかしらカマタマーレに触れることができ

シーズンオフ中のカマタマ不足が解消されます。


ファンの集いは選手たちの頑張りや

大勢つめかけた「ファン」「サポ」のおかげで大盛況だったみたいで・・・・

開幕前にいい雰囲気ができたと思う。

選手とサポーター・フアンとで盛り上がる空気ができたと思う。

みなさんありがとう。お疲れ様でした。


サポーターズミーティングは参加してきたのですが

公式発表があるまでその内容は控えます。(笑)


ただ・・自分自身が思った事。

自分自身に今年課したいテーマが見えました。


カマタマーレはJ2二年目を迎える

サポーターである自分もJ2二年目を迎える。

私はJFL時代の手弁当を持って駆け付けるマインドのままでした。


今年はJサポーター・ボランティアとしていろいろチームにかかわるに当たり

昨年までの心のOSのままではいけない気がする。


総ての行動の基準となる心のOSを書き換えて臨みたいと思います。

Jリーグに昇格する為のOSから

Jリーグで成長する為のOSに


それをいつも頭の中においていろいろお手伝いできたら

「ちょっと」だけでもカマタマーレの役に立つのではないか??

・・・と思ったりします(笑)


何書いてるかわかりませんね・・・(笑)

もっと成長しなければチームの成長において行かれそう!?という自身の反省かな。


さてさて今週土日はチャント練習・スタジアム清掃

まずはわれらが丸亀競技場を美しく清め

応援チャントを美しく奏でられるよう頑張ります!!

詳細はこちらから

いよいよ始まりますね

気持ちが高ぶります。


IMG_3816.jpg






最新のカマタマーレ情報、超満載のブログ村はこちら!!

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村



選手とサポをつなぐ人々

今年とてもうれしいことがある。

キャンプ中の情報を選手が中心になって発信してくれることだ。

結構プライベートな感じのノリで。


Jリーグに昇格してから(しょうがないことではあるが)選手とのふれあいは

練習場とか試合後のバス待ちに限られる。

(昨年は激戦続きでファン感謝祭とかできる状態ではなかったか??)

もちろん練習時間等にもファンと交流してくれる選手には感謝しているが

その「ふれあえるファン数」は限界があると思う。


昔、試合終了後に選手がサインに応じてくれた時代もあった。

フルタイム戦った選手がクールダウンもせずにファンサービスをしてくれた。

当時はとてもとてもうれしかった。


もちろんJリーガーとなった今、選手にそんなことは求めていない。

しっかり自身の体のケアしてほしいと思う。

ただ、J昇格後の新しい選手とファンの交流の在り方を模索せねば・・・との思いはあった。

ふれあう場所を1つ失った「喪失感」は確かにファンにはあるのだ。

今多くの方が選手と「新たにふれあう場所」を探している。


そんな中、選手が模索して(とのことと思うが・・・)私たちに近づいてきてくれている感じが

キャンプはじまってからひしひしと伝わる。


一つは高橋泰選手のブログ

From Yutaka  GET!! 

http://yutakat.blog15.fc2.com/blog-entry-1485.html

IMG_4365.jpg


高橋選手独自の目線からつづられたブログは本当にチームの日常的な部分

そして選手の素顔が文章と写真で描かれている。


彼自身が

ベテランでチームの中心を担うストラーカーで

木島選手や北野監督とむかし他チームですごした経験があって

帝京高校出身(笑)


彼しか持ちえない視線からつづられるブログは

私たちをカマタマーレを身近に感じさせる効果絶大。

つまりデジタルツールを使い、ものすごく人間くさい話題や映像を提供してくれることで

私たちに近づいてきてくれる。


書きにくい(掲示しにくい写真も・・・)こともあるだろうが(笑)

それはあえ明るいジョークを交えながら提供してくれている。


バスでの席次の話などは秀逸な話だ。

思わずほっこりとしてしまう。


天高くそびえる存在になりがちなJリーグクラブ・Jリーガーを

私の学校の、会社の、息子の、兄の所属するチームに変える。


このブログを読み多くの人は

家族のチームを応援するようにこれからスタジアムに駆け付けることだろう(笑)



もう一つ

双璧と言っていい選手発進のキャンプ情報

「オザレポ」

カマタマーレ讃岐 / facebook に掲載中

IMG_4369.jpg


小澤選手はもちろんカマタマーレの中心選手であり

その豊富な運動量や献身的なプレー

果敢な攻撃参加はファンサポ共通の認識ではあるが

一面ハムスターを飼育してみたり

その名前を「釜揚げさん」にしてみたり

ユーモアあふれる漢である。


年齢や加入時期も含めファジーなポジションならではの先輩・後輩イジリを交えた

キャンプレポは存分に楽しめる。

我那覇選手に

「沖縄の成人式は怖いイメージがありますが、ガナさんも暴れたと聞いたんですけど、暴れたんですか?」

なんてことを尋ねる人間はこの人しかいない!!!(笑)

また武田選手には(そもそもはリヨーガ選手の質問らしいが)

「目は開いているんですか?それとも閉じてるだけですか?」

「古田選手が恋しくないですか?」

とかイジリ倒す回はとても面白かったし、チームの雰囲気伝わるし・・・・


これはどちらのブログにも言えることだが

自分もその場にいるような気分にさせられる。


そこにはコメント機能があり (返事はないかもしれないが)

自分の感想がちゃんと選手に「伝わっている」感じがする。

例えデジタル上の交流でもちゃんとした「温かみ」を感じるのだ。




さらに「オザレポ」は泰ブロブとリンクしたり

RNC西日本放送の奥田麻衣さんが

同じテイストで小澤選手に逆取材したり

楽しげな展開を見せている。


当然、パブリックなキャンプレポートも公式ホームページでは紹介されているわけで

その3つのテイストを通してキャンプ情報がふんだんに与えられるシーズン前であります。

カマタマーレ広報さんへの感謝の念が絶えません。


そのせいもあってか(?)今年は此処まで大きな怪我もなく

リハビリ過程の選手も順調なようでますます開幕が楽しみです。


そしてキャンプ明けの土曜にはファンの集いも準備されていて

なおいっそう選手・サポ・ファンの交流が密になります。


2015シーズン開幕に向けて

いろいろなものが少しづつ、着実に積み重なりつつあります。

その積み重なったものの上に立ってみれば

その開幕はもうそこまで来ているようです。













最新のカマタマーレ情報、超満載のブログ村はこちら!!

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村






公募 ~チャントの歌詞・ビックフラッグデザイン~

採用されるかどうかではなく

広く意見を求めてくれる。

ココが無性にうれしい。


確かにみんなの意見を聞きすぎるより

力強い指導力を発揮して

ぐいぐい引っ張ってくれなきゃならないときはある。

みんなに意見を聞きすぎて本来の目的がぼやけることもある。

時を失うこともある。

そんなときが必ずあるのは知ってる。


しかし、今は開幕前

多くの意見を募りすべての考えを大きな鍋に入れて

ぐつぐつ煮立たせて新しいカラーを作り出すことは素晴らしいと思う。

サポーターグループの英断を支持します。



ジュビロさんのビックフラッグ

丸亀のスタジアムでもこんなイメージかな??

IMG_3412.jpg

さらに試合後のイベントにもジュビロでは大活躍

勝利の際にはピッチでも掲揚されるので負けたアウェイサポはけっこうへこむ・・・・

IMG_3415.jpg


すでにツイッターやフェイスブックで告知されていますが

改めて紹介



①サポーターグループは2015年度の応援チャントを一般公募しています。

詳しくはこちらから

応募締切は、2015年2月13日(金)必着

締切迫る!!

皆さんグッドアイデアは急いで応募しましょう~


②ビッグフラッグデザインも公募されています。

詳しくはこちらから


クラブ主導ではなくサポーター主導の大掛かりな応援グッズ。

いままでも横断幕やゲーフラで観戦を盛り上げてきましたが

今回のアイテムは桁外れに大掛かりで予算もかかる。

しかしサポータ主導である以上デザインの提案は版権に触れなければ自由だ。

確かに総ての人の望みを満たすデザインにするには

それでもキャンパスは狭いけれど

みんなで決めたビックフラッグに選手は心強く思うはずだ。


私はどんなデザインでもみんなで選んだものなら誇らしく思う。

だからデザイン公募や選考にたくさんの人に参加してほしいと思う。

才能のない私に変わってサイコーのデザインを教えてほしい。

これはみんなの魂が集うものなので・・・・・



たくさんのデザイン・チャント提案

たくさんのデザイン投票

お待ちしています。


私は最初の投票を済ませました。



最新のカマタマーレ情報、超満載のブログ村はこちら!!

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村



今更聞けない。。。オーセンティック・レプリカ・コンフィットシャツの違い


試合観戦をよりエキサイティングにするアイテム

仲間意識・連帯感を増すために手に入れたいアイテム

選手との一体感やカマタマーレ愛を表現するアイテム

カマタマーレにはまり、一定以上の熱量を持つものが夢遊病の様に購入してしまうアイテム

ユニフォームレプリカ(選手と同じデザインユニフォームシャツ)。


・・・いわゆる選手と同じものを着て観戦・応援したいという衝動である。


更にそこに選手のサインを入れたりひいきの選手の背番号を入れたり

マフラーやリストバンド、キャップでオリジナル・コーディネイトして

おしゃれに観戦を楽しむこともできる。


その中でもオーセンティックと呼ばれる今予約販売されるユニフォームは

基本この時期の購入が主流である。


・・・そしてかなり○額である。


お好みのナンバーをプリント注文すれば○○○○○円オーバー・・・笑

このお金を使えばDSどころかもうちょとでWii U 買える!?



・・・・しかも毎年この時期に(当たり前だが)オーセンの「新型」のユニが販売される。

必ず毎年ほしくなる。

故に毎年サポーターは2~3月はおこづかいが欠乏し、飲み会参加が激減する・・・笑

ホーム・アウェイのデザイン同時発売なので両方買いたくなれば・・ひぇぇぇええええ

春までの昼食代が心配になる・・・・


そんなに購入へのハードルが高くても毎年希望者が殺到する。(・・ように感じられる。私もその一人・・)

いろいろ節約上手でつつましく観戦をし続けているサポーターたちの唯一の贅沢でもある。

そして私を含め・・・もはや・・・病気かもしれない・・・笑


昔(JFL時代)はシーズン開まり、GW頃から販売予約をはじめ、夏ごろ手に入る感じだったか・・??

2013年は開幕戦で販売。

購入してもプリント番号を依頼するから

その場で一度メーカーに預けて5月ごろ手元に届いていた記憶。


販売数がそんなに多くなかった時代だからだろう。


それがJ昇格後は開幕戦に間に合うように予約が開始される。

その数も100や200ではない

昨年だだけでアウェイ用も合わせて400~600着は売れていると思う。


販売手法としてはまだまだ研鑽してほしいところもあるが

基本的にはその販売スキルをカマタマーレは「事業」として進化成長させて来ている感はある。


更にカマタマーレのそれはいわゆる選手仕様。

機能性(発汗性/通気性/保温性など)が他のものとまるで違う。

フィールドで選手が着ているのと100%同じものである。

夏涼しく、冬保温性に優れる。


レプリカとは複製品であり、やはり本物とは少し違う。

機能性もやや劣るらしい。その分リーズナブル。


カマタマーレ・グッズラインナップにレプリカユニはない。

オーセンティックのみである。

17番野口選手が来ているのがオーセンティック・・・
今年のホームゲーム用ユニフォームデザイン・・やっぱ、かっこいい・・・
IMG_4329.jpg


そしてコンフィットシャツ。

一見ユニフォームに見えるTシャツでありこれはリーズナブルではあるが

それでも3000~4000円する。

しかも昨年はTシャツ販売はしていたが

いわゆる「コンフィットシャツ」は販売のラインアップには上らなかった。


こんな感じのシャツです。コンフィットシャツとは・・・・

紺フィット





つまり選手と同じデザインのものを手に入れるには

オーセンティックを購入するしかない昨シーズンであった。

しかも、再販しにくい商品らしい。(同じ材質やスポンサーロゴが確保しにくい)

昨年10月になりようやく再版されたが残りシーズン少ないにもかかわらず1日で完売したらしい。

つまりシーズン当初意外では手に入りにくいものである。



今巷での話題は開幕に間に合う先着300着に入れるかどうか??

開幕に間に合わなくてもGWに間に合いそうな

ナンバー入れが無料(2500円ぐらいお得)の便で申し込むのか??

このあたりは個々の趣向だろう。


ただ手に入れる行為自体は年末の「シーズンパス予約者」のみ

シーズンパス予約者以外は正式な販売リリースを待たねばならず

それがいつになるのかは不安なところである。


あと大切なことだが「新型」がすべて最高なわけではない。

シーズン違いとはいえ今まで来ていたレプリカも愛着があって当然である。

私は自身が所有する歴代総て大切に保管している。

それがぼろぼろになるまで着続ける方も素敵だ。

伝説の胸スポ入り(穴吹工務店やうどん県)のレプリカ来てる人は

やっぱり歴史を見てきたんだあ・・って尊敬する。

もちろんそういうこだわりのある楽しみ方は素晴らしい。


オーセンティック・コンフィット・歴戦ユニ

どれも素敵です。

そしてスタジアムがそれぞれの水色で溶け合い

サックスブルー1色に染まるスタジアムはかなり感動します。


皆さまが自身の趣向にあった水色でお楽しみいただけますようお祈りしています。



いよいよ開幕の匂いがしてきましたねぁ~

ちょうどあと1月後です。

開幕戦は。








最新のカマタマーレ情報、超満載のブログ村はこちら!!

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村








今更聞けない。。。サポーターの輪に入り方編



一線を越えてしまえば本当になんてことないのだが

誰かに誘ってもらう(すでに友人が輪の中にいる)以外で

声だしサポーターエリアに入って行くのは相当勇気がいる。


「全然気にせず~!!遠慮なく入ってきて!!」と私たちは言うのだけれど

やっぱり入りにくい・・・


とても仲好さそうだから入りにくい・・・・

どうやってはいればいいかわからない・・・・

そんなに大きな声出さないし、出したことないし・・・・出すの恥ずかしいし・・・・・


結局気持ちだけ・・・となり、声だしサポーターの近くに座って応援。

気持ちだけ共有応援しながら観戦する。


いやいやそういう観戦も素敵で

決して強制して

わざわざ熱狂の輪に加わっていただこうとは思っていません。


ただきっかけ有ればあの輪に「入りたいなぁ~」と思っている人はもったいないので・・・・

是非きっかけを創出してほしく書いています。


私自身

メイン中央観戦(今でいうプリメーラ) - ホームエリアメイン観戦(今でいうA席ホームより)

ー コアサポーター近辺座って観戦(B席)ーとある「きっかけ」あり

ー以後、コアエリア(バンデーラ内、太鼓さん周辺)という遍歴である。


最初は解説者気取りで家族とともにメイン

だんだん応援目線にかわりコアエリアに近づく

けどそこから「立って応援」の輪に入るのは相当「躊躇」があった。


なぜなら「大きな声」で応援するのが恥ずかしいから

それを聞いた子供や妻がどんな顔するかが心配だから

コアサポさん達が「どんなリアクションするか」心配だから


私は結局「アウェイの連帯感」を借りて応援の輪に加わる。

アウェイは観戦は

その観戦エリアが限られている。集まらざる得ない。

観客数が少ない。仲良くなりやすい。


・・・といった知らない者同士「すぐ会話する」きっかけがある。

この状況はホームで輪に加わるよりもハードルが低かった

入りやすかった。


ただいろんな人にすぐ「覚えてもらったか?」というとそんなことはなかった。

ただいろいろ試合とそれ以外のイベントも顔をだし、そのイベント自体を楽しんだ。

チラシ配りとかスタジアム清掃とかできる範囲で楽しみながらちょっと手伝った。

試合の勝敗にかかわらず横断幕撤収やゴミ拾いを楽しみながら手伝った。

結局、その積み重ねが共通体験となり、自然と声出しエリアに友人が増えて行ったのだと思う。


まずは1回飛び込んで見てください。

そのきっかけは千差万別でそれをつかみ取るほんの少しの「意志」が必要。

私はそれがアウェイだっただけの事。


1回の勇気は

その後に熱狂の楽園の永住権をはもたらす「保証書」でははないと思う。

だがそこを何度も訪れる為の「パスポート」にはなる。

ハードルを限りなく下げ、コアエリアを身近なものにする「パスポート」に。


そして、それまで不安に思っていたことは総て根拠のない「虚構」であることを知る。

むしろ声を出すことですがすがしく健康な精神状態を

熱く頼もしい友人を

新しい家族との絆を創出する。

もちろん輪の中心にいる人たちは普通で気さくな人達であることを知る。

IMG_3975.jpg


私は暫くホームゲームでのサポーターエリアに入っていないが

いろいろ聞く限りではこの状態に変化はないように思う。

今でも平気ででかい顔して(本当に顔はデカいが・・・笑)

私はアウェイ観戦で応援の輪に陣取っている。

そして素晴らしく楽しい一体感のある時間を過ごしていると思います。

そこで・・・たぶん・・・みんなには嫌われてはいないと思います・・・たぶん・・・・笑


結論を言うと

「こんにちは!!一緒に応援させてください!!」って笑顔とともに声を出す事

そしてぎっしり詰まってからでは入るところがないので

「少し早めに」スタジアムをおとずれ、ゆとりあるポジショニング取りをする事

この2つだけで観戦ライフは次のステージに入ると思います。


時間の余裕とちょっとの開き直り、多彩な応援協力をできる範囲で継続するちょっとした根気

この3点を携帯いただければあの輪にすんなり入れます。(笑)


アウェイはもう・・・同じ思いの人(アウェイチームを応援する人)は一握りなので・・・・

普通に同じユニフォーム着用している人のところへ

ゴール裏の仲間のところに集い

何食わぬ顔で混ざっておけばOKです。

そこに違和感はありませんから(笑)






最新のカマタマーレ情報、超満載のブログ村はこちら!!

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村




2015シーズン 新体制発表会に行ってきた(笑)

昨日、仕事の合間

ちょっと抜けて新体制発表会を見に行ってきました。

IMG_4322.jpg


この手の「会」にはあまり行かないのですが(お酒の席は苦手・・笑)

会費が少しでもクラブ強化につながればいいな・・という動機。

そしてその会費で一足早く新ユニみれたり

チームスローガンを聞けたりするなら充分「モト」も取れるというものです。


チームスローガンは「共躍」(きょうやく)

という訳で今年度のブログサブタイトルは「共躍編」と致します。

「ブログのサブタイトル通りの1年になる」というせっかくのジンクスを活用したいと思います。


いいスローガンだと思います。

カマタマーレ讃岐とクラブに関わるすべての人が

共に"躍動"し"躍進"し"飛躍"するという意味が込められてるそうです。



チーム、クラブ、サポーター、ボランティア総てが初めてで翻弄された昨年から

いろいろ学び活かす一年を「みんなで飛躍しよう」というスローガンは素晴らしい。


そのスローガン通りに早くも

運営さん達は新たな取り組みとしてホーム・アウェイの位置転換やカマタマ広場の設置を公表、

ボランティアはその体制強化としてより魅力的な参加のインセンティブを模索中、

サポーターはビックフラッグの作成準備がリリースされ、応援チャントは公募して鋭意作成中、

スポンサー様はすでに昨年より更に力強くクラブをお支えいただいております。

もちろんチームは新たな仲間を加え、1年戦える艦へと研鑽を積んでいます。


昨年の経験を生かした新たな取り組みを各所で始めています。

新たな始まりを前にみんな動いています。

まさに共躍の状況はその芽を出しつつあるわけです。

私も頑張ってブログを書き綴ろうと思います。



あわせて今季のユニフォームも発表されました。

IMG_4330.jpg

個人的にはかっこいいと思います。

まぁ・・モデルそのものがかっこいいのですが・・・笑


基本的には服のセンスは僕にはない。

だからかっこいいかどうかのデザイン評価はわからないのですが

けれどカマタマーレの戦士たちと同じものを着れるという嬉しさはある。

カマタマーレを愛する人たちと同じユニを着れる。

このことが無性にうれしいのです。


福岡遠征の試合後、駅中の博多ラーメン屋さんでユニ着て食事していたら

同じユニを着ている人が入店してきた時を思い出します。

まだお話したことのない人だとしても

その瞬間の安心感や誇らしさ、一体感は格別です。


普段の生活でそれきてラーメンたべませんものね。

その日一日(試合があった日)だけ許されるスペシャルなプライスレスな特権です。

そんな素敵な体験をさせてくれるスペシャルアイテムなわけです。

レプリカ・ユニフォームというやつは

(ウチはよりハイグレードなオーセンティックユニらしいですが)


発表会会場の風景

選手紹介はこんな感じ。

IMG_4321.jpg

とにかく大勢の方が来場した盛大な新体制発表会でした。

いよいよはじまるという予感、実感に少し鳥肌が立ちます。

血中のカマタマ濃度が上がりアドレナリンが出ますなぁ!!!





追伸

お客さんの側に慣れていないのできょろきょろ挙動不審。

なんかボランティア体質がしみ込んで

仕事もあったので7:30頃失礼しました。

故にスローガンの写真がないのです・・・










最新のカマタマーレ情報、超満載のブログ村はこちら!!

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村


今更聞けない。。。 ボランティア編 最終回

今回の記事はいろんな意味で自身の勉強になった感じ。

書き方は十分気をつけないと誤解を生むし、

合理性だけでは置いていきがちなものがあり、それはとても大事だったりする。



まぁ、今回の反省はこれぐらいで(笑)

IMG_3594.jpg


結局「ボランティアしながら試合は見れる」の回答ですが

コメントに書いちゃったので今更感がありますが・・・・改めて紹介。


基本的にはボランティアの種類は終日コースだけではないのです。

コース選択することによりボランティアと観戦の両立が可能です。

具体的には

設営ボランティアはどんなに遅くても試合開始30分前には持ち場を離れてOKだと思います。

頑張ってボラしてその後90分飛び跳ねるのはしんどいかもしれませんが

両立して楽しんでいる方はけっこういます。


ただ決起集会には「行けないかも・・・」です。

ゆっくりスタグルは無理かも・・・です。


しかし

「今の時間は決起集会してますから参加してみてはいかがですか??」

「スタジアムグルメには○○○や×××がございます。是非楽しんでくださいね。」

それを紹介し、そのことを楽しんでもらるという喜びが得れます。

自身がその楽しみ方を実際に体感しているので

その人からの言葉には相当の説得力や臨場感が加わります。

場合によっては自身で楽しむよりその方(伝え、増やす事)が嬉しかったりします。

そして

「楽しかったよ~!!ありがとう」

「おいしかったよ!!子供が喜びました!!」などの感想。


元気のもとですね。こういう感謝の言葉は。

IMG_3094.jpg


次にボランティアは毎回でなくていいのです。

ホーム開催のゲームは基本隔週で開かれます。

ボランティア参加、アウェイ休み、ホーム観戦(ボランティア休)、アウェイ参戦(たまに)。

これくらいのペースで参加することもかなり戦力的に助かるのです。

此処は本当に助かる。

「中途半端は迷惑かかるし・・・ボランティアは遠慮・・・」という方!!

そんな遠慮は無用です。

ぜひできるペースでお越しください。

逆に隔回で来てくれる方がいるからその回は交代でお休み回せる人達もいるのです。


さらに「清掃ボランティア」もあります。

これは通常ボランティアが始まる前に終了します。

少し早く来ないとだめですがその分駐車場は近くに停めれます。

また試合イベントも開場から試合終了まで存分にお楽しみ頂けます。

その試合のシートや階段がピカピカなのは「私の貢献も一役買っている」というメンタルは

クラブへの一体感や愛着を増すのに十分な効果が得られます。

観戦の充実がまし、チームへの愛が深まり、試合をさらに楽しむことができます。


いろんな方法でボランティアと試合観戦は両立できます。


ボランティアは「できる範囲」で「少量づつ」を「多くの人が持ち寄る」

しかしその持ち寄る行為を牛の様な根気強い歩みで「継続していく」のが最も素晴らしい。

その根気にあまたの困難や問題は「頭を垂れる」のです。


究極のボラ・観戦の両立方法は・・・・

全アウェイの試合に観戦に行き全ホームゲームをボランティアフル参戦する。


笑・笑・笑


けどこれもまたすがすがしい割り切りで、

実際それに近いことをされているボランティアさんもいらっしゃいます。




皆様の参加を首を長くしてお待ちしています。



追伸

どうしても途中抜けるのは気が引けるという方は「アウェイゲート担当希望」と申し込みの際お伝えください。

ここに書いてある事、履行するために最大限の配慮をいたします(笑)






最新のカマタマーレ情報、超満載のブログ村はこちら!!

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村

今更聞けない。。。 番外編 

先日書いたブログの記事が思わぬところで話題になり

ちょっとした物議を掲示板で醸しだしているように思われます。(笑)


当事者として言葉が足らない所や改めるべきところもあったと考え

今回は番外編として記載しますね。


掲示板での意見は前回記事のコメントの3番目がその本質を指摘いただいたと感じます。

そしてそれをコメントくださいましたUnknow氏も

私を非難しているわけではないことを理解しています。


ただあまりにも鋭い指摘であるがゆえに私の心情を記すにうってつけです。

彼に対して回答した内容を紹介することで前回記事で伝えたかった真意を紹介できたらと思います。


また掲示板で充分な理解をお示しいただきました方、更には擁護いただきました方

ありがとうございました。(かなり・・・うれしい・・・笑)


ではでは・・・


コメント3

No title

”超板”にリンクが張ってあったので拝見いたしました。
サポーターの欲求と、運営側の現実的な課題のジレンマはよく分かります。大変よく分かりました。
それを踏まえても緩衝としてのボランティア(という風に読めました)はかえって危険なのでは?

ボランティアはあくまで自主的にチームを支えたい、という考え・行動力を尊重したほうがいい。ボランティア参加者に対して、振る舞い方や何かを求めたり理想を押し付けては元も子もないかと・・・ボランティア参加者も窮屈になり兼ねないかと・・・

貴殿の記事は(意図的でないことは重々承知ですが)、讃岐のボランティアたるもの酸いも甘いも汲んで行動せよ、運営とサポどちらの意見も弁えて、妥協点で振舞えよ、と聞こえ、ボランティアのそもそもをネガティブにしてしまうかの印象を持ちました・・・
この感覚、私の学のなさで私だけがそう受取ってしまっただけであればいいのですが。

”まずはフラットなボランティア精神”で経験して、中にはそれから運営とサポ(や来場者)皆が納得できるよう立場を汲んで行動しよう、と感じるボランティア参加者が増えれば一番ですね。

                                                             2015/02/01(16:38)
                                                                  Unknow URL


回答

Re: Unknow さま

コメントありがとうございます。
ご指摘いただきましたことよくわかります。
ネット上でブログに対する否定的な見解があることの理由がよくわかりました。

おっしゃる通りです。

ボランティアに参加するうえでそこには規制、理想といった制約があってはいけないとわかりました。
あくまで「フラットなボランティア精神」の中から
自主的な衝動や行動から進化したものに次の貢献活動はゆだねるべきでした。

私は物事を合理的に進めることにこだわり過ぎていたのかもしれない。
今見えている景色から一歩でも二歩でも進めるために、
その前進のためには少し窮屈でも今は「妥協点で振舞えよ」を受け入れざる得ない
・・・と考えていたフシがやっぱりありますね。
会社組織ならそれは必要な試練でもあるわけで・・

しかしボランティアはその自主的な好意において根本が成立している以上
そこを踏み込んで求めることは受け入れる側からは控えるべきことであり
その方が健全に多くの人にボランティアに「集ってもらえる」と思いました。

一部の人達の否定的な意見はここのあたりに配慮のない事に強い嫌悪感を抱いたのかと思ったりします。

ただどうしてこのような文章になったかと申しますと
私の本質はボランティアではなく「サポーター」なのです。

このブログ記事自体はサポーターとしてクラブの向上を願う仲間たちに
その理想の実現性を高めるために「ボランティア参加という方法もある」と提案したにすぎません。
物言うボランティアなんかクラブにとって脅威以外何者でもないのかもしれませんが・・・(笑)

サポーターには理想とかけ離れた現実を嘆くという悲しい状態から
歯を食いしばって理想に「近づく」充実感を感じる場所があるという事実を
シェアしたかったのです。

ええっと・・・これ自体余計なお世話だったかもしれませんが・・・(笑)


これはサポーターのままボランティア参加している私の素直な感想です。
故に次回の記事は「ボランティア参加しても試合見れます」なわけです。

ボランティア責任者として貴殿のコメントは大変ありがたく勉強になりました。
気が付いていない過ちを修正する絶好の機会であり、未来のブログ大炎上を未然に防いでくださいました(笑)
今後は自主的なボランティアのその純粋さを最大限尊重し、運営に励みたいと思います。

コメントありがとうございました。
またコメントくださいね。

ではでは・・・


追伸
かなりサッカー運営に造詣の深い方とお見受けしました。
ひょっとして有名なライターさんですか??
宇都宮徹壱 にコメントもろたんかと思いました(笑)


                                                            2015/02/02(12:58)
                                                                 がくお URL












最新のカマタマーレ情報、超満載のブログ村はこちら!!

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村







プロフィール

がくお 

Author:がくお 








2017年 チャント集

2017 カマタマーレ 選手チャント
2017 カマタマーレ 選手チャント posted by (C)がくお

2017 カマタマーレ チームチャント
2017 カマタマーレ チームチャント posted by (C)がくお

ブログサブタイトル 

2017 J1侵攻編

カマタマーレ讃岐公式ホームページ
コチラから


2013年6月30日以前のブログはこちらです
とあるサポーターへの追憶~カマタマーレサポーター日記~


にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 



小学生では水泳を習ってました。水泳の脚力アップにサッカーを習いましたがむしろサッカーの魅力に取りつかれました。しかし小学校5年生からのスタートはハンデでした。伸び盛りのゴールデンエイジにまだサッカーをはじめていないこと。インターネットなどがなく、今ほど理論的な指導はなく、スクールなどは充実していなかったことなど。何よりその才能はサッカーの神様に愛されているとは到底言い難いものだったこと(泣)。選手としてはMF、DF最後はゴールキーパーとして15歳の試合を最後に(中学総体時)に引退しました。

月日は流れ・・・

その後もサッカーは好きで代表戦やJリーグを中心にサッカーを見ていました。トッププレーヤーのため息が出るほどの美しいプレーを見るたび、自身の才能のなさを嘆くこともありました。なぜサッカーをすることにおいて、サッカーの女神は私を愛してくれなかったのか?(同じ名前なのに鹿島の柴崎君は愛されているようです・・・笑)その答えは40歳を過ぎた時に明らかになる出来事がありました。わが郷土にJリーグを目指して闘い始めたサッカーチームが現れたのです。女神様は競技する才能を私に与えなかった。しかし、それと引き換えに「サッカーを愛する才能」をふんだんに授けてくれたたことに気が付きました。そしてその才能を充分発揮できる宝物も与えてくれました。今、私の才能・・・サッカーを愛する才能・・・のすべては一つのチームに注がれています。そのチームの名前はわが郷土から初めて誕生しようとしているプロサッカーチーム・・・「カマタマーレ讃岐」。このチームとともに神様が与えてくれたミッションを果たすべくすすむ大冒険をブログにつづりたいと思います(笑)

よろしくお願いいたします

(=゚ω゚)ノ


このブログタイトルについて

初めてカマタマーレの試合を観戦した時に目にした古参サポーターさんたちの情熱。とても感動したのを覚えています。それ以後、彼らの熱い思いをいつまでも振り返れるよう、そして自分自身が忘れないようにこのタイトルをつけました。

飛行士業

しかし、モデルとなった原作「とある飛空士への追憶」のようにさわやかなブログには程遠く「暑苦しく、無秩序に取り乱した文章」を書き散らかされております。ご容赦ください。ちなみに筆者イメージも原作とは程遠く「飛空士」というより「低牛」のほうがイメージに合致します(笑)

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 

最新トラックバック

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR