横浜FCアウェイゲート体験記 クリアーファイル



「今日のお礼に・・・・」

横浜FCサポさんが帰り際、私に近づきクリアーファイルを差し出す。

彼と一緒に今日ここまで旅してきたクリアーファイル・・・・

そこにはJリーグレジェンドが右手を挙げたたずんでいる姿。

感謝を伝え「ニッパツでの再会」を約束して別れる。


横浜FC

伝え聞いた知識しか知らないが彼らのチーム結成の生い立ちは特別な響きを持つ。

故にサポーターの反骨精神が他チームより強くても理解できる。

今日のアウェイサポーターのオーダーが難しいものになっても

可能な限り対応したいと考えていたし、

そうなる事も覚悟もしていた。(笑)



しかし、アウェイゲートにおける彼らはとても好意的で協力的であった。

サッカーを愛している者同士は基本「理解しあえる」と思う。



このレジェンドの存在

おそらく彼らはすべてのアウェイ先で

「きょうカズ出ますか??」とルーチン作業のようにたずねられているだろう。

それはレジェンドの存在が大きいゆえのサポーターの宿命とは思うが

チーム全体を愛している彼らにとってそのことのみ聞かれるのはつらいことと思う。



故に今日私は

そのことは絶対触れずに対応するつもりだった。



しかし、最後の最後で

差し出されたクリアーファイルを見ながら

「レジェンドが写ってますね・・・」と話題を振った。

彼は少し誇らしそうに

「ええ・・今度見に来てください・・・」といってくれた。



彼らの中で我々が想像できないくらいに大きな存在なのであり

簡単に他サポが触れることができない愛情のようなものを感じた。

まさにレジェンドであり至宝なのだと改めて感じた。


そしてこのクリアーファイルを通して

その至宝に対する横浜サポの本当の思いに

一瞬だけふれさせていただいたような気がする。



頂いたクリアーファイルは大切に使いたいと思う。

遠く讃岐までご来場

誠にありがとうございました。

帰りの道中、どうか気を付けて。




横浜FC サポーター 応援風景









最新のカマタマーレ情報満載のブログ村はこちらから!!

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村






アビスパ福岡アウェイゲート体験記 貴婦人と意外な応援団と

試合3時間前のアウェイゲート



本日のキックオフはPM4時

ボランティアミーティング集合もいつもの9時ではなく12時

いつもリーダーミーティングがその前にある。

という訳で10時前にスタジアム到着。


しかし10時の会議は社員さんだけとここで気が付く(笑)

う~ん

今更帰えるわけにはいかんのでアウェイ入場口の作成に取り掛かる

時間がある方が普段は気が付かないこともできそうだ

鼻歌交じりにアウェイゲートに向かう。


さすがに今日はまだ来ていないだろう・・・・

なんたってキックオフ6時間前

しかし、しかし・・・・まだ出来上がっていないアウェイゲートテント内に人影が・・・

地元の人が一休みしてるのかと思い恐る恐る声をかけると

上品なご婦人があいさつを返してくれる。

そのイントネーションにかすかに博多弁が混じる。


そう、母と同じくらいの年齢のご婦人は昨夜12時の夜行バスに「1人」で乗り

本日7時ぐらいに丸亀駅に到着したそうだ!!

つい先ほどまでスタジアム近くのマクドナルドで時間をつぶしていたそうだ。


あまりにも感動し、またほかの人もいないし、健康も心配・・・

(松本戦では長距離バスの疲れで医務室に行ったご婦人がいた)

テントの中の椅子に座ってもらい机に荷物を置いてもらい休んで頂く。



大変恐縮されお気遣いからいろいろ話しかけていただく。



松本や岐阜にも観戦に行った事。

いろいろなところで親切にしていただきうれしかった体験談。

福岡のチームの特徴や愛してやまない理由(?笑)

高橋選手の最近の様子など尋ねられることもあった。

動かしていた手が暫しとまるほどその熱意に感心する。

大変面白いお話だった。

サッカーにも詳しい。


またもJリーグのプロスポーツの魅力に触れた気がした。

個々のチーム愛が半端ない・・・・

ご婦人に近くのおうどん屋さんなどを紹介する。


のちの列整理の際、アビスパサポーターがこの婦人に近寄り握手をしている。

強面(スイマセン)のコアサポーターも丁寧にあいさつしている。

きっとみんなの「お母さん」なのであろう。


試合終了後は私がばたばたしていてお見送りできなかった。

無事に福岡に帰り着いただろうか・・

次回「レベスタ」にいったら今日のお礼を言いたいと思う。



福岡の応援は THE「祭り」 THE「九州男児」

荒ぶる・・・というイメージがぴったり

超男臭い

これはこれでなんかいい感じだ・・・・

このノリひかれる讃岐男児もいるだろうなぁ(笑)





話変わって

意外な応援団がいる

これは気が付かなかった


後半開始して25分が経過するとゲートフリーになる。

つまり無料入場ができる。

するとバラバラと交代制(?)で・・と思われるが

スタジアムグルメ販売の方が応援に駆け付ける。


そう、彼らも「商売だけ」をしに来ているわけではない

カマタマーレを応援しその「勝利」を祈ってくれている頼もしい仲間だ。

たぶん後半40分ぐらいまで変わりばんこで観戦し最後の販売ピークに備えるみたいだ。


福家君のゴール直後に大きく「ガッツポーズ」しながら出てきて仕事を再開する

とてもうれしいし、ありがたい。


ボランティア・スタグルスタッフも共に戦っております。

何度も来てくれるうちに愛着を感じてくれたのだろうか??

みなさん、採算度外視で出店してくれるスタグルのお店のために

試合終了後も是非おなかがすいている人は買ってあげてくださいね~



追伸

昨日の試合はアウェイゲートまでもよくコールが届いていた

もちろんアビスパサポのコールもよく聞こえたが合間に聞こえるコールやチャンスの際のコールなどは

アウェイゲートまでよく聞こえていた。

コアサポーターの声量が上がっている

慣れてきたのか??仲間が増えたのか??声の大きい人が加わったのか??(笑)

試合展開にもよるだろうがメインの歓声とともに大きなチャントが聞こえてきた。


試合結果や勝ち点だけでなくいろんなことにカマタマーレが進化していることを

うれしく思う一日でした。


みなさんお疲れ様でした

初勝ち点おめでとう。

次は初勝利を!!!!!










最新のカマタマーレ情報満載のブログ村はこちらから!!

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村








栃木戦 アウェイゲート体験記



本日もアウェイゲートの担当

今日もアウェイのお客さんはたくさん来てくれる。

およそ100人

そりゃ、磐田や松本と比べれば少ないかもしれないが

満員バス2台分のお客さんが来てくれるとは・・・うれしい。

おうどんや骨付き鳥を堪能していってほしいと思う。



先に記させてもらうが栃木サポも礼儀正しく

終了後の清掃でゴミはなし

「楊子が2本落ちてました・・・・」との報告は思わずほっこりしてしまう

試合内容では納得いかなかったのか一応に難しい顔でスタジアムからは出てきたが

しっかり勝ち点3はお持ち帰り・・・

うう・・・・くやしい・・・・(;´Д`)アウ...




少し恥ずかしがり屋様が多いのか

あまり説明の反応がない時もあったのだが

サッカー好きで情熱的なのはよくわかる。

横断幕の設置や修正にも素早く対応してくれる。


帰宅の道中、困ったことはなかっただろうか・・・

無事に帰宅できますようにと心から願う。



お客様はこんな感じ



サイン会のピーク時でこんな感じ

う~ん

けどね・・・

昨年も最悪でしたのよこの時期・・・・

開幕そこそこ来て

4月は1000人切りかけた週もありました。

チームは連勝街道を驀進しているにもかかわらず。

故に成績はあんまり関係ないと思います。


これから増えてくるでしょうし

イベントや選手とのふれあいを地道に充実させていけば

固定客もまた増えるでしょう。。

昨年この時期の「秋田戦」は有料入用者だけで1000人程度だと思う

夢パス入場は今節100人程度らしいので昨年から有料の固定客は400人増えている。

400人増ではない!!!

40%増加である!!!!

・・・・と考えると

来年のこの時期は2000人

再来年は2800人

3年後は4000人弱の来場が予想される複利計算になる。


何事も前向きにとらえたいものである。


スタジアムビジョンも生まれ変わる

これは・・・すげっ!!!




これからいろんな激戦を見守ってほしいと思う

よろしくね!!

新電光掲示板君!!!!


試合後の感想はこの方のブログが心にしみる

私もサポーターの端くれなんで・・(笑)

みなさんがカウントしてくれてるかどうかはわかりませんが・・

サポーターです。同じ気持ちです。


紹介しておきますね

どうやらジュビロサポさんのブログの様です。

無断紹介・・・ご容赦のほどを・・・・・


大切な君(ら)へ


私にはこういう文章のセンス・・ないから・・・ちょっと・・いいなぁ・・・うらやまし(笑)

次節も精いっぱい応援します!!!!

しぶとくね!!

ではでは・・・




最新のカマタマーレ情報満載のブログ村はこちらから!!

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村






北九州観戦記 その5



いい試合だったと思う。

先制し前半を対等に終えた。

後半も互角のチャンスメイク数。


課題だった後半の「入り」も46分48分55分と

それぞれセットプレーから決定機を演出されるも得点は許さなかった。


後半、勝負どころで堀河に代え「より攻撃的な」持留投入

直後、決定機を作る。



讃岐攻勢の時間帯で「ポケット」の様な瞬間ができ、

これまた讃岐DFに当たったが為、シュートコースが変わり不幸な失点となった。

そしてこれが決勝点となった。


その後も積極的に攻め「アラン」のJ初デビューもあった。

しかもアランのドリブルは効果的で

ギラヴァンツDFをてこずらせた。



収穫は多い



監督の言うようにいろいろなものがマッチしはじめ

圧倒的な点差どころか

内容でも拮抗し始めている。


そう思う。


下を向く必要はない。

チームは上向き

けが人は戦列に戻り

サポーターのチャントはアウェイでその存在を示す団結を見せた。


今節までは3月

Jデビューの初めての1月間である。


明日は4月

ここから本当の戦いが始まる。

4月反攻

反転攻勢

満開の桜が咲き誇り

舞散り

葉桜が美しく彩り始めるまで

大暴れの1月が始まる。


あす、みなさんスタジアムでお会いしましょう~!!!!





終了直後の風景






最新のカマタマーレ情報満載のブログ村はこちらから!!

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村


北九州観戦記 その4



沼田がやってくれた!!

ほしくてたまらない先制点!!

今季初めてカマタマーレが主導権を奪取!!

今までと違うゲームプランが期待できる。



しかし、しかし・・・さすがはJ先輩チーム

決定機は同じくらい作られる。

そして危険度は1段階上のレベル。

より決定的なのだ。


縦にふわりと入るボールがカマタマーレのいやなところに何度もおち

その都度、危険なアタッカーの侵入を許す。


ジリジリ押されているように感じる。

ダメージ的にはボディーブローを

一発当てれば二発返される感じ。


藤井が懸命に防戦。

制空権を渡すまいと奮戦する。

今日の藤井は鬼気迫る「気迫」を感じる。


藤井を含め讃岐DFラインは奮戦している・・・だが・・・

このままではやられる・・・それほどまでに危険水位の上昇を感じる

風上にいるうちにもう一点ほしい・・・

これが偽らざる本音




しかししかし・・・・




ギラヴァンツの波状攻撃が切れない。

最終ラインがジリジリ後退している。

ペナルティーエリアに最大6人押し込まれ

我那覇がセンターサークルよりはるか自陣に下がって防戦している。


それでも3次、4次攻撃を間断なく浴びればほころびが生じる。


3次攻撃の際、アンドレアがエリア外でペナルティを取られFKを献上。

きわどく上げられたクロスに森田がパンチングで必死のセーブ

しかしそのボールをまた拾われる。



この5度目の波状攻撃でついに讃岐DFがフェイントで釣り出され

ぽっかり空いたゴール中央のスペースからNo17 星原 健太に左足を振りぬかれ

讃岐ゴールネットが揺れる。

同点ゴールを許す。



勝ち点3は簡単にはくれない。

わかっている・・・それはわかっているのだが、

歯ぎしりしながらハーフタイムを待った記憶がある。

まずはこのまま終わろう。

そう祈り続けた。




今日の敵も「手強い」・・・・・




ハーフタイムの掲示板






最新のカマタマーレ情報満載のブログ村はこちらから!!

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村



北九州観戦記 その3



今回のサポーター軍団は気合が入っていた。

その声援がよく響く

スタジアムに程よくこだまする。

その歌声に男たちの「魂」が女性陣の「祈り」が明らかに宿っている。

ギラヴァンツサポーターに「本当に奴らはJ初年度なのか??」

と言わしめたほど気迫に満ちた コール & チャント


フェイスブックで

「スカパー中継で瀬戸の花嫁が響き渡っている!!」との留守部隊の投稿があり

後でスカパーで確認(笑)


嬉しいことに事実である。


日本海を望む本城で瀬戸の花嫁は響き渡っていた。

当然北九州さんの本格的なコールが始まるまでだがとても美しく響いていた。



ゴール裏から見たメインスタンド






コールリーダーのMさんの粋な計らいでアップ中の選手に向けて

「we are kamatama-re!!」を歌う。

得点時の限定のチャントをこの瞬間、歌う。


今日こそ先制を!!不屈の同点弾を!!勝利を呼び込む一撃を!!

そんな思いで一心不乱に歌う。


その時、小さな奇跡が起きる。


我々に最も近い位置でアップしていた先発GKの森田が

我々の方に駆け寄り胸を叩き

そして何度も両手を上げこのチャントにこたえる。


「俺たちにその願いは届いている。全力で戦う。もっと盛り上げてくれ!!」

そういっているように感じた。


彼のメッセージもまた我々勇気づけた。

その後のチャントはより魂の宿ったものになった。

われらが真に12番目の選手であるという誇りが

更にチャントをヒートアップさせていく。


今、Jの舞台で初めて選手との一体感をかみしめていた。

それは試合開始後も変わらぬ昂揚感であった。




試合がはじまる。



一進一退の攻防。

選手が死に物狂いでボールを追っているのがわかる。

特にDFはもはや体を張って気迫の防戦を継続している。

TV解説やプレスリリースはやたら問題点を取り上げる傾向があるが

そんなもん解消できるならとっくにしている。

今は足りない技術を「気迫」「「献身」で補っている。

それがゴール裏からわかる。

だからよりチャントに力が入る。



前半27分 泥臭く続けた攻撃から相手のクリアミスを誘い

そのボールを沼田 圭悟の渾身のミドルシュート!!

ゴール左隅に突き刺さる。


カマタマーレ先制!!!!


ゴール裏のボルテージは最高潮に達する!!!

今日、勝つのは俺たちだ!!!

スタジアムで何度も何度も叫んだ。







最新のカマタマーレ情報満載のブログ村はこちらから!!

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村







北九州観戦記 その2



本日も50名程度の遠征隊

讃岐留守部隊の魂を預かり

本年2度目の九州上陸


新幹線だと3時間程度

自家用車だと5時間弱の行程というところでしょうか。



正直、負ければシーズン序盤戦はかなり苦しいものになる。



冥王星会戦の地球防衛艦隊並みの決意を持って臨んだこの戦い。

残留への絶対防衛ラインとまではいかないが

ここで大敗するとこの泥沼の深さは計測が困難になるかもしれない。

そういう思いを抱き九州は小倉、本城スタジアムに駆けつけた。



しかし・・・・・

その思いは迎え撃つ北九州サポも同じであろう。

昇格初年度、4連敗の讃岐に勝ち点を与えることは

自身が「降格争いに巻き込まれる」ことと同義語である。

インターネット上でも

「讃岐にだけは負けられない!!」

との意気込みが語られている。



お互い一歩も引けない状況下で相対している。




天気はごらんのとおり「雨」

小雨・・・少し肌寒い。



最寄駅からはシャトルバス

これは便利

どんどんやってくる



う~ん、うらやましい・・・

チームカラーとマスコットの絵が描いているシャトルバス・・・・

こんなのほしいなぁ・・・・


スタジアムにつくと

「あら・・・なんかちょっと・・・ほっとする手作り感・・・」

今まで岐阜でも大分でも「これぞJ!!」っていう観客やスタジアムを見てきたので

身の丈に合った健全経営や温かい手作り感のある運営に癒される。

いや決して非難しているのではない。

「おらが町のJチーム」はこんな感じから始まるべきと思う。

成長している最中なのだろう北九州さんも・・・




小倉名物焼うどんを食す

うまし・・・

しかし寒かったので汁物がよかったか??(笑)




そうこうしているうちの丸亀市のPR部隊がここでも奮闘

なんと名物カマタマうどんをふるまっている!!!

やるじゃん!!丸亀市。気合入ってる~

うどんを振る舞い(?)

ギラヴァンツうちわ作成し

それを配り、しかもそのうちわにはしっかりアウェイ割の宣伝!!

「ぜひいらしてください丸亀にも!!!」PR嬢が笑顔を振りまいている。




いろんなところにJリーグ昇格を感じる風景でした。




アウェイ席に到着

少しほほえましく思う


みんな水色のテルテル坊主みたい

今シーズンに発売された「新型のポンチョ」に身を包むサポーターたち

お揃いのポンチョを意図的にそろえたようだ。

「ぐっと」一体感が増す。

さぁ!!やりますか~!!!

楽しいサッカーの時間です!!!











最新のカマタマーレ情報満載のブログ村はこちらから!!

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村










北九州観戦記 ~満開の桜、春の嵐~


福岡から応援にきてくれた古い友人に感謝。
ゲーフラ持参で応援いただきました。

もうすぐ福岡さんと戦えます。
あの日の約束が果たせる日が来ました。

2名の福岡サポさま!!雨の中応援ありがとうございましいた~!!
まずは丸亀でお会いしましょう~

次回は別々のゴール裏で(笑)




桜が咲く。

日本人がこよなく愛するこの木の開花に合わせ

春の嵐が来る。

しかし、桜はその嵐に立ち向かうかのように次々と開花し

最後に満開の花を咲かせる。


この美しい花は

とても「はかなげで」

短い期間「咲き誇り」

そして「美しく散る」


それだけでなく

咲いた後、必ずやってくる困難に

真っ向から立ち向かう姿が

日本人お心を打つのだろうか・・・


嵐の中で咲き続けるのである。


カマタマーレは今、念願のJ2を戦っている。

夢の舞台に立ち、まさに「満開の春」



そして5連敗。勝ち点0。

まさに春の嵐の真っただ中にいる。


いまはただ勇気をもって誇り高く立ち向かうのみ。

必ず満開の花を咲き誇る日は来る。


みなさん

あと少しです。






本城陸上競技場で咲き誇る桜をみながら

そんなことを思いました









最新のカマタマーレ情報満載のブログ村はこちらから!!

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村









プロフィール

がくお 

Author:がくお 








2017年 チャント集

2017 カマタマーレ 選手チャント
2017 カマタマーレ 選手チャント posted by (C)がくお

2017 カマタマーレ チームチャント
2017 カマタマーレ チームチャント posted by (C)がくお

ブログサブタイトル 

2017 J1侵攻編

カマタマーレ讃岐公式ホームページ
コチラから


2013年6月30日以前のブログはこちらです
とあるサポーターへの追憶~カマタマーレサポーター日記~


にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 



小学生では水泳を習ってました。水泳の脚力アップにサッカーを習いましたがむしろサッカーの魅力に取りつかれました。しかし小学校5年生からのスタートはハンデでした。伸び盛りのゴールデンエイジにまだサッカーをはじめていないこと。インターネットなどがなく、今ほど理論的な指導はなく、スクールなどは充実していなかったことなど。何よりその才能はサッカーの神様に愛されているとは到底言い難いものだったこと(泣)。選手としてはMF、DF最後はゴールキーパーとして15歳の試合を最後に(中学総体時)に引退しました。

月日は流れ・・・

その後もサッカーは好きで代表戦やJリーグを中心にサッカーを見ていました。トッププレーヤーのため息が出るほどの美しいプレーを見るたび、自身の才能のなさを嘆くこともありました。なぜサッカーをすることにおいて、サッカーの女神は私を愛してくれなかったのか?(同じ名前なのに鹿島の柴崎君は愛されているようです・・・笑)その答えは40歳を過ぎた時に明らかになる出来事がありました。わが郷土にJリーグを目指して闘い始めたサッカーチームが現れたのです。女神様は競技する才能を私に与えなかった。しかし、それと引き換えに「サッカーを愛する才能」をふんだんに授けてくれたたことに気が付きました。そしてその才能を充分発揮できる宝物も与えてくれました。今、私の才能・・・サッカーを愛する才能・・・のすべては一つのチームに注がれています。そのチームの名前はわが郷土から初めて誕生しようとしているプロサッカーチーム・・・「カマタマーレ讃岐」。このチームとともに神様が与えてくれたミッションを果たすべくすすむ大冒険をブログにつづりたいと思います(笑)

よろしくお願いいたします

(=゚ω゚)ノ


このブログタイトルについて

初めてカマタマーレの試合を観戦した時に目にした古参サポーターさんたちの情熱。とても感動したのを覚えています。それ以後、彼らの熱い思いをいつまでも振り返れるよう、そして自分自身が忘れないようにこのタイトルをつけました。

飛行士業

しかし、モデルとなった原作「とある飛空士への追憶」のようにさわやかなブログには程遠く「暑苦しく、無秩序に取り乱した文章」を書き散らかされております。ご容赦ください。ちなみに筆者イメージも原作とは程遠く「飛空士」というより「低牛」のほうがイメージに合致します(笑)

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 

最新トラックバック

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR