チェンジ!!!

自分を変えたいなら

・生活の時間配分を変える

・住んでいるところを変える

・周りの友人を変える

一番残念な行為が

「決心を新たにする」だそうだ(笑)

そんなツイートを読んだ。

意外にしっくりくる。

いや、友人の項目は既存の親友と断絶するのではなく

今まで避けていた「上司」「先輩」「同僚」と親しくすべしという意味だろう。


カマタマーレの応援をしている自分に当てはめても

少なからず反省する。

ブログはポジティブシンキングで書いているつもり

しかし文章の隙間には

「悲壮感」「憐憫」そして注目されたい「煩悩」が見える。(笑)


上の格言は

「思うだけでは変わらず、行動を変化させてこそ変わる」という意味だろう。


さて、ではその格言にそって書き、明日の行動を考えてみる。


私は、明日、勝利をめざし12番目の選手として鳴門の赴く

勝つか負けるかはわからない

しかし11番までの選手同様

最高の準備をして臨む。

必要なことは「変化」だ。

例えば

はじめて友人つれていくでもOK

はじめてアウェイ参戦でもOK

はじめてゴール裏参戦でもOK

はじめて「ゲーフラ作る」でもOK


何か変えたいなら行動を変えることが一番近道である。

自分が変わる事でカマタマーレを変えよう。

故にキーワードは「はじめて○○」である。


私は決めた。

「はじめてゲートオープン以前(キックオフ2時間前)にスタジアム到着する」が1つ

これまでのアウェイ観戦において

ツーリズムという名のグルメと観光を楽しんだが今節は控える。

結果、戦うエネルギーを増幅、精神を研ぎ澄まそうと思う。

もう一つは

「はじめて煙草をスタジアムに持っていかないし、吸わない」

大声出す肺活量と血行を確保し体力を増強して臨む。


いつもより大声が長い時間出るかもしれないし

それが何かポジティブなものを作り出し

小さな流れを変えるかもしれない。

いや、変えたい。


もはや、流れが変わるのを待っている時間はない

流れの襟首、無理やり掴んで強引に変える。

それには行動変化が不可欠だと思う。


もし、残留できるなら

タバコぐらいいつでも辞めちゃる。


明日は早くいく!!!

そしてタバコ吸わない!!!


おっ、我ながら目が座ってきた(笑)

みんな、鳴門でお会いしましょう。


もちろん楽しまなければならない

無理に付き合わなくていいというか・・・

「はじめて自分を貫く」という事でいつも通りでもOKなわけで・・・笑



さぁ、自身を変えよう

自分のタブーを克服し乗り越えよう。

そして『新しいカマタマーレ』を目覚めさせよう。

次のステージへ行こう。

チェンジ!!!


IMG_8454.jpg











カマタマーレのブログたくさんあります!!

色々な角度からカマタマーレが語られてます。

ぜひのぞいてみてくださいね!!



にほんブログ村



試合前清掃ボランティア登録はこちらから

下記のアドレスに「からメール」を送信してください。

アドレス  35934711@ra9.jp

案内のwebアドレスがおくられてきます。

そのWEBサイトよりご登録ください。

たくさんお方のご登録よろしくお願いします。

もちろん登録だけしてボラはできる日だけでokです!!!


あくまで試合前任意に1時間程度お掃除をしてくれるボランティアさんの募集です。



カマタマーレ 正式 ボランティア  設営・1日のお申し込みは別です。

正規ボランティアのお申込みは公式ホームページからお申し込みくださいね。




熱く、しかしクレバーに

さて

ついに最下位である

が今より更に落ちていく所なく、

今、守るべき順位もない。

ここから上がるだけである。


チームもサポーターも何も知らない赤子のような4年前とは違う。

間違いなく成長している。

堂々と胸張りこの窮地を脱出しよう。


まだ天はわれらを見放していない。

その証拠にシュミレートすると

これほど勝てないシーズンなら「ぶっち切り最下位」もあり得たはずだ。

もし今21位との差が、6ポイント~8ポイントとかであれば

この後は相当苦しかったと思う。

3~4月かけてどうにか追いつけるか否かだろう。

しかし、今の現状は如何か??

最下位とはいえ20位21位とたったの1ポイント差である。

19位とすら4ポイントである。

少なくとも追いつめられているが

いきなり明日なき戦いではない。

極端な話、4チームの中で上位2つに入る

まずはこのミッションをクリアーしよう

なに、みんなで力合わせて死に物狂いで戦えば能う。


そしてその熱い気持ちの裏で冷徹な計算も働かせねばなるまい。

毎年残留戦線を戦うが結局「降格」「入れ替え戦」には

総勝点が30点台のチームが対象だった。
(今年は入れ替え戦無しで2チーム降格)

逆に言うと40点の勝ち点を確保すれば最悪の事態で終戦を迎える可能性が低くなる。

現状の成績やけが人の具合、相手関係を見ながらまず40点を目指すために

どの試合でも「勝ち点1以上積み重ねる」ことが大事だろう。


あと31点勝ち点が必要である。

今なら10勝1分16敗のペースで足りる。

現実的には8勝7分12敗である。

この8と7を減らしていくことに集中

そして極力「負けていい12」を減らさない事

これは間違いない。

負けない事にこだわる。

負けないには失点をしない事であれば

我らがまず支えるべきはGKを含めたDF陣である。

しかし彼らのポジションとタスクは

時には責められる・・・責めたくなる。

また現場も引きずられてテンションを落とすこともあるだろう。

しかし、高いラインを維持して中盤をコンパクトにし

ボールを奪って戦う戦術を選択を武器とするなら

そのリスクを恐れゴール前に立て籠もればいずれ落城。

座して死を待つ90分である。

であればブレず戦い続けていくしかない。

まずは彼らを励ましメンタルの消耗を抑え

更にはリスクを取る勇気を讃える事で

そのチャレンジを継続するエネルギーを供給せねばならない。

ハイライン・ショートカウンターを必殺の武器にするなら

ある程度浸透突破してくる相手FWの存在は覚悟の上である。

決定機を作られているように映るが計算のうち、措定の範囲内である。


ここで

その光景を見た際の我らが

動じず選手のメンタルを「支えきれるか」

万が一失点しても「点を奪い合うスポーツ」がサッカーである

必要以上に落ち込む必要はまったくない。


当たり前の事なのだ。

ゴール裏のテンションを

「ひるまず戦える雰囲気」をつくりだせるか否かである。



まだ、明日なき戦いではない

トーナメントのような気持ちで戦うのも早いと思う。


我慢して流れが変わるまで耐え忍ぶ時間だと思う。

その中で爪に火をともすように勝ち点を積み重ねる。

サポが万歳アタックの心境でのぞむことは

試合前はすっきりするかもしれない

しかしとても危険だ。

今節から怒涛の快進撃を夢見てもいい。

しかしその裏側には違う冷徹な「シナリオ」も育んでおこう。

残留へのしたたかな計算

リアリストの一面。


とても苦しく大変な道だろう。

出来れば勝利して大騒ぎしたいだろう。

それをできない事に一抹の不憫さも覚える

だけど・・だけど・・・

この経験はいずれ大きなチャンスをつかんだときに

とても大きな財産になると信じる。



皆さん

徳島で

今節は私もサポーターです。

IMG_5210.jpg




カマタマーレのブログたくさんあります!!

色々な角度からカマタマーレが語られてます。

ぜひのぞいてみてくださいね!!



にほんブログ村



試合前清掃ボランティア登録はこちらから

下記のアドレスに「からメール」を送信してください。

アドレス  35934711@ra9.jp

案内のwebアドレスがおくられてきます。

そのWEBサイトよりご登録ください。

たくさんお方のご登録よろしくお願いします。

もちろん登録だけしてボラはできる日だけでokです!!!


あくまで試合前任意に1時間程度お掃除をしてくれるボランティアさんの募集です。



カマタマーレ 正式 ボランティア  設営・1日のお申し込みは別です。

正規ボランティアのお申込みは公式ホームページからお申し込みくださいね。


 「ありがとう」 ~ホーム 群馬戦 アウェイゲート体験記~



今回は大一番という事で試合の結果が気になり

まったく群馬サポーターの写真を撮り忘れてしまう。

面目なし。

しかし、群馬に帰る方たちは14:00のキックオフであることから

相当深夜の帰宅になっただろうと思われます。

月曜日の仕事であろう条件下で讃岐まで集まった36名の群馬サポさんに

敬意と感謝を伝えたい。

また決戦にもかかわらず温かくゲートにて接していただいた事に感謝しております。

36名の記念写真を撮る際に「申し訳ないから」とスタンドで撮影せず

ゲート階段で撮影いただきましたこと感謝いたします。


無事にお家へ帰れましたでしょうか??

お互い苦しい状況ですが夏に再度お目にかかる際は

お互いこの苦境を脱していたいものです。

ご来場誠にありがとうございました。



もう一つお礼

どんな劣勢下でも観客動員の事を気にかけていただく讃岐サポーター・ボランティア様

ありがとうございます。


わたくしは業務でしばらくチラシ配りは行けておりませんが

継続して駅前での活動に参加いただいているサポーター様

本当にありがとうございます。


そして今日も

事前清掃にお集まりいただいた

20名以上の清掃サポーター様+1人のDJ様

ありがとうございます。


私は発見しました

今節を語ったツイートの中に

「今日も座席がきれいでありがとう」

・・・・とのつぶやきがあったことを。

ご利用いただく方は少数かもしれませんが

とてもうれしい「つぶやき」でした。

観客動員活動のムーブメントを感じます。

そしてアウェイエリアで見上げた3F席には

心なしか観戦者数の増加を感じます。

感謝の表現が見られたこともその証拠でしょう。


サポーターさん達のおかげです。

本当にありがとうございます。


今回はゲンを担ぎ「無敗のキットカット抹茶味」を御礼に配らせていただきました。

今回その無敗記録が途絶えたことは残念ですが

この活動を多くの方に伝えたくてツイッターリリースしたところ

驚いたことに製造元のネスレ様より感謝と励ましのリプが届きました。



IMG_9504.png




ネスレさんも喜んでくれて・・・ひょっとして清掃活動を応援してくれるなら

サポさんの活動が正しい前向きなエネルギーを集めています。

皆さんがカマタマーレに

たくさんの成長スパイラルを作ってくれていること間違いありません。


いつかはトラック一杯の「キットカット」がカマタマーレにとどくかもしれませんな(笑)

ネスレ様、激励と感謝のリプありがとうございます。



そしてついブログで忘れてしまいがちな事なのですが

正規ボランティアの皆さん

いつもありがとうございます。

この苦しい現状で開幕時と変わらない人数でサポートしてくれる。

今節は学校行事もある、チームの成績も振るわない

2つの要因から大幅なボランティア減を覚悟しました。


ふたを開ければ

元気に胸を張り、

いつものメンバーが

楽しげに集まってくれる。

そして献身的にボランティア活動にご参加くださいました。

彼らの中の一部は試合中、試合終了後も

ずっとお客さんの快適を維持する活動しています。

とても立派で誇らしい人たちです。

いつも本当にありがとうございます。




もちろんも我らボランティアの数倍汗をかいて

走り回るカマタマーレ運営社員さんにも感謝です。

彼らは何かと報われないことも多い。

場合により怒られ役を引き受けてくださっています。

とても損な役割だと思います。

それでも黙々と不満を漏らさず歯を食いしばり頑張ってくれています。

どんどん社員の数を減らし、今は1人2役どころか3つも4つも掛け持ちして

駆け回り頑張ってくれています。


いつもありがとうございます。

社員さん、本当に

いつもいつも

ありがとう、ありがとう、ありがとう。

何回でも言います。


まずはこんな時だからこそ多くの人達に感謝したい。

香川にJ2クラブがある事にありがとう

それを支えてくださるスポンサー様ありがとう

県・市・スタジアム・・・さまざまな支援機関様ありがとう

警備員さんありがとう。

報道機関さん・マスコミさんありがとう。

遠く、讃岐の地から離れた場所でカマタマーレを応援してくれる方達ありがとう。

毎回スタジアムに足を運んでくれるファン・サポーターさんありがとう。


そして今なお懸命に現状を突破しようと戦う

現場指揮官・スタッフ・そして選手の皆さん

ありがとう。


サッカーの女神さまはもしかして

その事を・・・・

ありがとう欠如が見えたので

私たちが再確認するために

与えたこの試練かも知れない。

私は最下位になり改めてこのクラブを愛おしく思う

そして改めて総ての人達に感謝の心を持ちました。


日本代表の長友選手がかつてヨーロッパで苦しい時代を過ごしたとき

総ての人に感謝する事から始めたと聞いたことがあります。

別になぞったわけでなく

今、自然にそういう心境なのです。


カマタマーレに関わるすべての皆さん

ありがとう

そしてこれからもよろしくお願いします。

皆さんと一緒にいつまでも。









カマタマーレのブログたくさんあります!!

色々な角度からカマタマーレが語られてます。

ぜひのぞいてみてくださいね!!



にほんブログ村



試合前清掃ボランティア登録はこちらから

下記のアドレスに「からメール」を送信してください。

アドレス  35934711@ra9.jp

案内のwebアドレスがおくられてきます。

そのWEBサイトよりご登録ください。

たくさんお方のご登録よろしくお願いします。

もちろん登録だけしてボラはできる日だけでokです!!!


あくまで試合前任意に1時間程度お掃除をしてくれるボランティアさんの募集です。



カマタマーレ 正式 ボランティア  設営・1日のお申し込みは別です。

正規ボランティアのお申込みは公式ホームページからお申し込みくださいね。


敵は心の中に

さて1月近く降格圏内にとどまっているわけで

内心穏やかでない。

たぶんみんなそうだろう。

今はその精神状況が醸し出す「敵」が一番厄介である。

私はそう思っている


だけど冷静に戦績を比較してみよう

カマタマーレ

1勝6分7敗

ザスパクサツ 群馬

2勝1分11敗

確かに勝ち数ではあちらが1勝多いが

5つも引き分けが多いのが讃岐。

負けは勝ちの卵ではない。

引分けが勝ちへつながる大切な卵であり

負けは引分けにつなげる教訓を得る事はできるかもしれない。

つまり讃岐は勝てる機会を維持し続け

タイムアップで終了した試合が6つもあるわけである。


群馬もいい試合して敗れた試合もあるだろうが

結果が全てという論調を借りるなら

「いい試合をして」「引き分けという結果を得た」という実績は

間違いなくカマタマーレの方であろう。

それが証拠に現時点勝ち点で上回っている。

讃岐は総得点13得点

ほぼ1試合1得点のペース

得点力のランキングは18位相当

失点は確かに同率の21位ではあるが

下位から眺めるなら

20位相当とも解釈できる。


対する群馬は

総得点は22位最下位の9得点

総失点は申し訳ないがぶっちぎりの最下位 29失点

失点に至っては毎試合2点以上失う平均値である。


直近勝利の勢いはあるだろうがそれは数値化できない

この成績のみ資料として世界中の評論家に試合予想を尋ねたら

恐らく「讃岐優位」の回答が多いと思う。


決戦ではある。


しかし、圧倒的不利な戦局から乾坤一擲・大逆転を目指す戦いではない。

もちろん油断や楽観は厳禁である。

ここは当然クリアーできるサポーター諸兄の事と思う。


であれば我らの敵はなんだ??


それは弱気・焦り・パニック

万が一、先制されたらその度合いに加速・拍車がかかる

それが周りに伝播して最後にピッチに伝染する。

全方面で恐怖が伝播して

体が硬直して、できることができなくなる。

それが一番恐ろしい。


今節こそ

冷静に

堂々と

自信を持って

悠然と胸を張り

何があっても動じない心の強さを内に秘める。

そして最後までこのテンションで戦いつづける。

「鋼鉄の心臓」をもてるか否か??

ここがサポーターの本当の戦いと思う。


懸命に状況から脱出を図ろうとする現場を

俺たちが支えず誰が支えるのか。


WEB上では力強いつぶやきが繰り返される

その通りだ。

その呟きに何度も私は励まされた

そしてリツイートさせていただいた。


誇り高きカマタマーレサポーターよ

我らはそんなにひどいサッカーを見続けてきたか??

否である。皆さんがお分かりな事と思う。


心弱く投げやりな選手がいただろうか??

これも否である。

どんなに点差が開いても勇敢に戦いつづけ

走り続けた戦士を見てきた。

そして運が拙く、僅差で敗れ

深々と頭を下げる戦士たちを見てきた。


夜明け前が一番暗い

「プロなのだから結果がすべて」という意見がある

「高校野球とは違う」という意見もある。


おっしゃる通りである。


しかし、結果を責めるのではなく

その苦境から脱するのに懸命の努力を続ける選手を

励まし続ける事を間違いとは思えない。

誤解を恐れず言えば、

結果、高校野球のように励まし讃える応援を続けても

それはルール違反ではない。

讃えるべき県民文化である。


私はこれまで

讃岐から他クラブ移籍していく選手をほとんど見たことはない。

むしろ「もはや今年のみ」と思った選手が

讃岐に残り、戦いつづけてくれている。

もちろん監督のお人柄やフロントの努力の賜物だろう。

しかし、どんな劣勢下でも励まし支え続けるサポーターの存在が

選手の流出を防ぐ一助になっているのではないかと思う。

もし「まだあの人たちに何も返していない」と思ってくれたなら

それほどサポーターとして光栄なことはないと思う。

サポーターの気質がそういう土壌を作りつつあると思っている。

であればやはり誇るべき文化が育ちつつある。





今節の大事な決戦に私はみなさんの戦列に加われない。

恐らく激戦であろう戦いの最中

皆さんの後ろでチケットをもぎり、預かり品を管理し、プラ柵・看板を撤去している。

しかし、気持ちは同じく戦っている。

我らは試合運営のDF陣だ。ここを放り出して攻撃には加われない。

だから選手を励まし勝利をつかむ声援は皆さんにお任せする。


どうかこの4年間の戦いの記録を思い出し

残留戦線においては百戦錬磨のプライドを持って戦ってほしい。

大丈夫

正直4年間いい思いをさせていただいたことはあまりない(笑)

故に我らは「過保護」に育っていない。

粗食で鍛え上げられている。

そういう意味では群馬サポより屈強である。

そう信じる。


寧ろ楽しめ!!!

「この風、この肌触りこそ俺たちの戦場よ!!!」と


まだ稼働できる、戦う意志の折れていない勇者よ。

ピカスタに集まれ

千客万来の3000人でなくていい。

友達連れて来れなくていい。

雨が降ろうが雪が降ろうが槍が降ろうが集結する

正規軍の精鋭2200で今節を戦う。

緊急事態だ。それでいい。

少数劣勢の環境なら密集して中央突破だ。

今シーズン浮上の橋頭保を、楔を今節打ち込もう。

その最高の宴に参加したい新しい仲間がいれば大歓迎だ。


カマタマーレサポーター

大いに叫び、歌え!!


オーラララーラ

俺たちがカマーターマーレ

オーラララーラ

オーオ・オーオ!!


そしてみんなと一緒に勝利の雄たけびを!!!

日曜日がとても楽しみである。



IMG_7765.jpg





カマタマーレのブログたくさんあります!!

色々な角度からカマタマーレが語られてます。

ぜひのぞいてみてくださいね!!



にほんブログ村



試合前清掃ボランティア登録はこちらから

下記のアドレスに「からメール」を送信してください。

アドレス  35934711@ra9.jp

案内のwebアドレスがおくられてきます。

そのWEBサイトよりご登録ください。

たくさんお方のご登録よろしくお願いします。

もちろん登録だけしてボラはできる日だけでokです!!!


あくまで試合前任意に1時間程度お掃除をしてくれるボランティアさんの募集です。



カマタマーレ 正式 ボランティア  設営・1日のお申し込みは別です。

正規ボランティアのお申込みは公式ホームページからお申し込みくださいね。


万騎長 ダリューンが大暴れする!!!

IMG_9152.jpg


ヤシャシーン

ペルシャ語で「突撃開始」の意味だそうである。


なぜ突然ペルシャ語??・・・・・かというと

応援PR番組「かまたま」で

讃岐応援マネージャー本多春奈様が

原選手を前にして

「アルスラーン戦記に出てくる『ダリューン』にそっくりである」

・・・・・とおっしゃっていたから。


以後、我が家では(私だけだが・・・)彼の事をダリューン様と呼ぶ。

最近は面白がってそう妻も呼ぶ。

妻も娘も息子もアルスラーン戦記は好きなので通じる。

私「まだダリューン様が怪我から戻らないのよ・・・」

妻「早く治るといいね・・・黒衣の戦士ダリューン・・・」

息子「・・・・だれ!??釜玉のダリューンって??」

私「ああ・・原一樹選手の愛称・・・春菜ちゃんが似てるって!!」

娘「・・・どれどれ・・・あ~~~~似てる!!!」



という訳です

作中の舞台設定は中世ペルシャであり

ペルシャ語が多く使われております。


そして作中のダリューンは一騎当千の戦士どころか

1人で1万の兵に値するといわれる戦士中の戦士です。

無敵のパルス騎兵部隊の中核を担う最年少「万騎長」である。



ああ・・・・

ダリューンの活躍がうちの原選手とかぶる・・・


カマタマーレでもそうなってほしい!!!

カマタマの万騎長 原一樹!!

まぁ・・すでにそんなオーラ感じますしなぁ・・・・


王太子をアトロパテネの惨敗から救いだし、

その後も王子の傍で改革を支え続け、

戦いつづけ勝利をし続ける戦士ダリューン。

これからカマタマーレも

そうなっていくストーリーが目に見える。


そして彼が率いるパルス王国軍騎兵の突撃開始の合図が

「ヤシャシーン!!!!!」である。




もし彼が復活するのなら

今日は今からわくわくする。

さぁ、あと2時間半で始まる。



みんな仕事はこれくらいにして突撃開始地点に集合しよう。

集合場所は各自家庭のダゾーン前!!!!

相手にも王様がいるぞ。

Jリーグ創生から戦いつづける老練無双の王様が。



さぁ、行こう

ヤシャシーン!!!!!












すいません・・・

参考までにネットで拾いましたアルスラーン戦記とダリューン画像を拝借・・・・

面白いアニメなのでフールで見てね

小説もおもろいですよ~~
(宣伝すれば拝借を許されると思っている…汗)

アルスラーン戦記

arusura-nnsennki.png


原一樹そっくりの「ダリューン

ダリューン



カマタマーレのブログたくさんあります!!

色々な角度からカマタマーレが語られてます。

ぜひのぞいてみてくださいね!!



にほんブログ村



試合前清掃ボランティア登録はこちらから

下記のアドレスに「からメール」を送信してください。

アドレス  35934711@ra9.jp

案内のwebアドレスがおくられてきます。

そのWEBサイトよりご登録ください。

たくさんお方のご登録よろしくお願いします。

もちろん登録だけしてボラはできる日だけでokです!!!


あくまで試合前任意に1時間程度お掃除をしてくれるボランティアさんの募集です。



カマタマーレ 正式 ボランティア  設営・1日のお申し込みは別です。

正規ボランティアのお申込みは公式ホームページからお申し込みくださいね。


プロフィール

がくお 

Author:がくお 








2017年 チャント集

2017 カマタマーレ 選手チャント
2017 カマタマーレ 選手チャント posted by (C)がくお

2017 カマタマーレ チームチャント
2017 カマタマーレ チームチャント posted by (C)がくお

ブログサブタイトル 

2017 J1侵攻編

カマタマーレ讃岐公式ホームページ
コチラから


2013年6月30日以前のブログはこちらです
とあるサポーターへの追憶~カマタマーレサポーター日記~


にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 



小学生では水泳を習ってました。水泳の脚力アップにサッカーを習いましたがむしろサッカーの魅力に取りつかれました。しかし小学校5年生からのスタートはハンデでした。伸び盛りのゴールデンエイジにまだサッカーをはじめていないこと。インターネットなどがなく、今ほど理論的な指導はなく、スクールなどは充実していなかったことなど。何よりその才能はサッカーの神様に愛されているとは到底言い難いものだったこと(泣)。選手としてはMF、DF最後はゴールキーパーとして15歳の試合を最後に(中学総体時)に引退しました。

月日は流れ・・・

その後もサッカーは好きで代表戦やJリーグを中心にサッカーを見ていました。トッププレーヤーのため息が出るほどの美しいプレーを見るたび、自身の才能のなさを嘆くこともありました。なぜサッカーをすることにおいて、サッカーの女神は私を愛してくれなかったのか?(同じ名前なのに鹿島の柴崎君は愛されているようです・・・笑)その答えは40歳を過ぎた時に明らかになる出来事がありました。わが郷土にJリーグを目指して闘い始めたサッカーチームが現れたのです。女神様は競技する才能を私に与えなかった。しかし、それと引き換えに「サッカーを愛する才能」をふんだんに授けてくれたたことに気が付きました。そしてその才能を充分発揮できる宝物も与えてくれました。今、私の才能・・・サッカーを愛する才能・・・のすべては一つのチームに注がれています。そのチームの名前はわが郷土から初めて誕生しようとしているプロサッカーチーム・・・「カマタマーレ讃岐」。このチームとともに神様が与えてくれたミッションを果たすべくすすむ大冒険をブログにつづりたいと思います(笑)

よろしくお願いいたします

(=゚ω゚)ノ


このブログタイトルについて

初めてカマタマーレの試合を観戦した時に目にした古参サポーターさんたちの情熱。とても感動したのを覚えています。それ以後、彼らの熱い思いをいつまでも振り返れるよう、そして自分自身が忘れないようにこのタイトルをつけました。

飛行士業

しかし、モデルとなった原作「とある飛空士への追憶」のようにさわやかなブログには程遠く「暑苦しく、無秩序に取り乱した文章」を書き散らかされております。ご容赦ください。ちなみに筆者イメージも原作とは程遠く「飛空士」というより「低牛」のほうがイメージに合致します(笑)

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 

最新トラックバック

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR