今シーズン最後のお願い

明日頑張りましょう。

よろしくお願いします。













今シーズン皆さんに

色々お願いばかりしてきました。

すいません。

そしてありがとう。










おかげでたくさんの方が

ホームにアウェイに来てくれて

カマタマーレを楽しんでくれました。

本当に嬉しかったです。










そして、最後のお願い(笑)











聞き届けていただけるなら、

もし許されるなら、

明日は出来範囲でいいので

なんとか

車は乗り合わせでお願いします。

可能な方は

公共交通機関のご利用を

お願いします。

m(_ _)m

m(_ _)m

m(_ _)m














できるなら

丸亀商店街さんの企画も

楽しんで欲しいかな。










おうどん、コーヒーなど

振る舞い。

丸亀駅前の指定駐車場は

今回に限って駐車代無料。










もしできるなら

早めの来場を。

12:45にカマフェスは開演です。

最初から

盛り上がってくれから嬉しい。







同時にそれは

自身が駐車場難民にならない。

一石二鳥。

いや、スタジアム渋滞緩和にもなる

一石三鳥でございます。









試合前サポーター清掃は

11時45分から行います。

通常より30分前倒ししてます。

これは

カマフェスを

最初からお楽しみいただくためです。










まだサポーター清掃

参加したことない方

安心して

楽しみに来てくださいね。








通常時間にも

カマタマーレユースさんが

手伝ってくれる関係で

わたくし、お迎えに参ります。








動員あと少し

もし来場を迷っている知り合いいれば

背中押してあげて下さい。

今年のカマタマーレはこれで最後。

見ないなんてもったいない。











色々お願いばかり

大変恐縮











けど満員のピカスタで

今シーズンのファイナルを見たい。









一万人の後押しで戦いたい。

そしてJ2で戦える未来を手に入れたい









さぁて

行きましょう。









最高の相手

その先にある

最高の歓喜を掴みに












最後のエンディングは

感動と祝福のエンドロール。

みんなで一緒に。









そのための仕込みと思い

少し色々お願いでした。








明日、みんなで頑張りましょう。

楽しいサッカーの時間です。

最高の週末が待ってます。

(((o(*゚▽゚*)o)))









今年のお気に入りの一枚

ピカスタではありませんが(汗)















にほんブログ村

強者供が夢の…



強者供が夢の跡

諫早のビジネスホテルで

9時頃眼を覚ます。

慌てて着替え駅に向かう










そこには昨夜2万人を集めた駅とは

思えない穏やかな人通り








唯一、工事現場に何枚も貼られた

このポスターが

昨日確かにJ1昇格かけた闘いが

あった事を証明している。









これがなければ

まるで別の街にいるような錯覚。

穏やか日常の時間が流れている。




昨日のハーフタイムの花火

演出とはいえ別世界の感覚があった。













多くネットで語られているように

J1昇格はゴールでなく

昨日の熱気、注目、感心

そして郷土愛をいかに長く継続できるか

これが長崎さんの目下のテーマだろう。












毎試合2万人が訪れるスタジアム

夢のようだが

J1リーグでは標準かもしれない。










そして、長崎なら叶うかもしれない。












ジャパネットを率いる

高田社長のインタビューを

電車待ちの時間に読む。





そこには

Jクラブの経営哲学が語られている。











何のためのビジネスか

何を目指したビジネスか











ミッションは

ジャパネットと同じなのだと












大人に元気を与え

子供に夢をあたえ

それが社会に活力を与え

そして人々を幸せする。









サッカーを商品と置き換えれば

Vファーレンもジャパネットも

提供しているものは同じなのだと












商品やサッカー観戦は

その媒体に過ぎないと。












カマタマーレ讃岐は

まだまだ小さい。

J2でビリの観客動員数。

予算規模も歴史もまだまだ












高田社長から

我らはどう映るのだろう。











だが、

彼に助けてほしいとは思わない。

彼に支援してほしいともおもわない。

讃岐は我らの郷里のクラブだ。












ただ彼が経営難に苦しむ

J2下位クラブに残してくれたものがある。

Jクラブの支援はとても意義深い。

財務諸表にはのらないが

あるいは負債と見える事もあるが

企業価値高める

素晴らしきコンテンツであると言う事

日本中に知らしめてくれた。








さぁて

我らもまた歩き出しますか。

いつか彼と

クラブ経営の素晴らしさ

熱く話し合える日を

夢見て。




















にほんブログ村

アウェイ長崎戦 観戦記




さよなら長崎。

おめでとう長崎。

一年で帰って来ちゃダメだよ。

そう言い残し多くの讃岐サポは

トラスタを後にした。

ある者は歓喜に沸く長崎のゴール裏へ

大声で叫び。

ある者はボランティアスタッフに

渾身の笑顔と共に












周辺のゴミを拾い手渡す際にわたしも

歓待の礼と共にボランティアに

そう告げる。









讃岐は抵抗した。

必ずボールが転がって来ると信じ

長崎DFラインの裏側を

執拗なまでに付いた。

アレックスが馬場ちゃんが

奮闘する。









先制許した後も

「大丈夫だ、必ずチャンスは来る!!」

「我慢して、シンプルにシンプルに!!」

「大丈夫!出来てる!うちのペースだ」










懸命に選手を励まし

劣勢を感じさせないテンションで

闘いつづけた。










後半、その思い結実させる。

ついにアレックスと馬場ちゃんは

長崎DFラインを突破

あげたドンピシャクロスに

徹也が合わせる。








揺れるゴールネット

歓喜爆発する讃岐ゴール裏。

一通りまわりと抱き合い

ハイタッチ交わすと


長崎ゴール裏に

「見たか!!長崎!!」

と大絶叫。

その瞬間のブレブレ写真














しかし、長崎の昇格にかける思いは

我らの情熱を上回る。












10分後に勝ち越し弾浴びる。











しかし、これで諦める讃岐ではない。

再び追いつく事、

いや、逆転まで信じ

渾身のチャント繰り出し

抵抗続けた讃岐サポ。










いや、一瞬、女神は我らに

微笑みかけたのだ。












同点直後に

更なる猛攻を継続し

長崎を押し込む。











我らに勝利を

勝点3を

残留戦線からの脱出を

女神が自ら手渡そうとした時間

確かにあった。












彼女もまた、今日の結末を

決めかねていたのかもしれない。











ただトラスタに駆けつけた2万2千の

大観衆は女神を引きつけ

彼女の躊躇した

最初のシナリオを

最後まで書き綴る背中押した。

もはやそう思わざる得ないぐらい

長崎のシュートははことごとく

讃岐のゴールを貫いた。








猛攻と防戦












その祝福はほぼ長崎に降り注ぎ

讃岐には試練を課す。












2点のビハインド

それでも1点返せば尚混沌を作り出せる

その混沌が例え1分でも

まだ可能性残せると戦った讃岐サポ


結末は何も変わらなかった。

しかし、何も恥じぬ闘い




それだけは胸張って言える。










トラスタに集いし100数十名の

サポーターの皆さん。

胸張って讃岐に帰ろう。








我らの闘いはまだまだ続くのだから。









おつかれ様でした。






最後に万感の思い込めて


おめでとう長崎。

その瞬間に立ち会えた事

その最後にたちはだかれたこと。

我らはいつまでも誇りに思います。










素晴らしきかなJリーグ。













にほんブログ村

アウェイゲート体験記 40節 松本山雅戦




もし、あのまま

諏訪に住み続けていたら……



20年前

もし人生そう決めていたら

その後、私は喜んで

この大軍団の一員になり

アルウィンのボランティアを

楽しんだ事だろう。










ボラ休憩の時間。

激しい攻防の続くピッチ。

アウェイエリアの最上段に立ち

松本サポーターさんを見下ろし

そんな事を思った。







多分私は

松本サポーターと

松本山雅というクラブが好きなのだろう。











20年前別の決断をし

そして

生き別れた自分と再会している。






馬鹿げた妄想で

山雅サポーターさんに失礼。

けれど何故に

こんなに愛着があるのか?











誠に不思議。






遠く四国の地に住み

相当長い時間遡らねば

信州の民であった事にならないのに

そんな事を思う。





私が土に還る郷土には

既に素晴らしいクラブが

存在している。

地元の英雄が監督と10番。

地元密着。

誇らしく、愛おしく、夢中である。

そこに半分どころか

人生どっぷり浸かっているのに

山雅だけは

このノスタルジー

対戦のたび現れる。







故に思う。

ほぼ信州に無縁な

私ですらそうなのだ。









現役松本人は

もう、虜だろう。










このクラブ、

愛しい恋人か子か友か

いや、もっと

運命的なものかも知れない。








やはり

このクラブには

魔法がかかっている。











人々を導く魔笛を

魔女が奏でているに違いない。(笑)











でなければ

三連休最終日に

14:00キックオフの試合に

信州松本から

四国讃岐まで700名のサポーターが

集結するわけが無い。(笑)







声枯らし

懸命に

太鼓のバチか折れるまで

讃岐相手に戦うだろうか。






すいません。

あまりにも折れた剣のごとく

迫力がありましたので

一枚写真頂きかました。

松本サポさんの死闘の象徴です。







限りない畏怖と羨望。

私はおそらくこれからも

持ち続けるのだろう。


私のカマタマーレ愛続く限り

この思いも。











松本サポーターさん

お疲れ様。

iいつか再戦の時まで

壮健なれ。


















色々な角度からカマタマーレが語られてます。

ぜひのぞいてみてくださいね!!



にほんブログ村

「ゴール裏は…」缶バッチ欲しい。





三連休2日目

本日、お昼は

げんかつきのお蕎麦。











うまし。











うどんより胃に優しい。

妙に感心して逆に不安になる(笑)












明日は良い天気になりそう。

三週間ぶりにボール転がるピッチ

そこがどう出るかが

今回気になる。











「やっとサッカーできる」と

生き生きした選手が見たい。

良い方に転がるといいな。

ボールと幸運が。










そんな事

のほほんと考える

連休中日の昼下がり。












ツイッターで

サポさん達の話題になっている物に

気付く。












漫画サポルト の名言


「ゴール裏は

世界一番

アキらめの悪い場所」



缶バッチ販売中。













ほしい。











いや、

掃除ボラサポさんたちに

お礼で配りたい。

(ニヤリ)











みんなで

お揃いの缶バッチとか

いいじゃん。












それが

あの有名な漫画のセリフ

サポなら

結構「グッと」くるもの。

最高である。








と思ったら申し込みは

1人2つまで

お値段300円ということで断念。









ちぇ〜〜










ん、自分たちでつくっちゃう?

俺たちの言葉で

そう、今年最もグッと来た言葉で









やっぱこれかな

5連勝直前に現れたこの言葉

八月、あの奇跡の八月は

この言葉を心の拠り所に

戦っていた気がする。










今年のカマタマーレ流行語大賞

最有力(笑)




これって誰の持ち物かしら

「缶バッチあげるから作らせて?」

と言ってた使わせてくれるかしら

持ち主さん

よろしくよろしくお願いします。

(*´ω`*)













2017 明治安田生命J2リーグ 第40節

カマタマーレ讃岐 vs 松本山雅FC

《日時》    

2017年11月5日(日) 14:00 KICK-OFF

※12:00 開場/11:45 シーズンパスオーナー様先行優先入場

試合日程
       

《会場》    

Pikaraスタジアム(香川県立丸亀競技場)
       
スタジアムアクセス情報

         

《 イベント情報 》

 http://www.kamatamare.jp/news/2017/10/1031115fc-1.html

《 グルメ情報 》

http://www.kamatamare.jp/news/2017/10/1031115fc.html

《 その他 応援マナー グッズ情報 》

応援マナー

応援グッズ





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



















試合前清掃ボランティア登録はこちらから

下記のアドレスに「からメール」を送信してください。

アドレス  35934711@ra9.jp

案内のwebアドレスがおくられてきます。

そのWEBサイトよりご登録ください。

たくさんお方のご登録よろしくお願いします。

もちろん登録だけしてボラはできる日だけでokです!!!


あくまで試合前任意に1時間程度お掃除をしてくれるボランティアさんの募集です。






カマタマーレ 正式ボランティア  設営・1日のお申し込みは別です。

正規ボランティアのお申込みこちらのサイトから


http://www.kamatamare.jp/news/2017/01/2017-13.html





株式会社カマタマーレ讃岐

〒761-8051 香川県高松市西春日町1059-13

TEL087-887-3280 FAX087-887-3327

定休日:土・日・祝日・ホームゲーム翌日

営業時間:9:00~18:00










色々な角度からカマタマーレが語られてます。

ぜひのぞいてみてくださいね!!



にほんブログ村


プロフィール

がく 

Author:がく 








2017年 チャント集

2017 カマタマーレ 選手チャント
2017 カマタマーレ 選手チャント posted by (C)がくお

2017 カマタマーレ チームチャント
2017 カマタマーレ チームチャント posted by (C)がくお

ブログサブタイトル 

2017 J1侵攻編

カマタマーレ讃岐公式ホームページ
コチラから


2013年6月30日以前のブログはこちらです
とあるサポーターへの追憶~カマタマーレサポーター日記~


にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 



小学生では水泳を習ってました。水泳の脚力アップにサッカーを習いましたがむしろサッカーの魅力に取りつかれました。しかし小学校5年生からのスタートはハンデでした。伸び盛りのゴールデンエイジにまだサッカーをはじめていないこと。インターネットなどがなく、今ほど理論的な指導はなく、スクールなどは充実していなかったことなど。何よりその才能はサッカーの神様に愛されているとは到底言い難いものだったこと(泣)。選手としてはMF、DF最後はゴールキーパーとして15歳の試合を最後に(中学総体時)に引退しました。

月日は流れ・・・

その後もサッカーは好きで代表戦やJリーグを中心にサッカーを見ていました。トッププレーヤーのため息が出るほどの美しいプレーを見るたび、自身の才能のなさを嘆くこともありました。なぜサッカーをすることにおいて、サッカーの女神は私を愛してくれなかったのか?(同じ名前なのに鹿島の柴崎君は愛されているようです・・・笑)その答えは40歳を過ぎた時に明らかになる出来事がありました。わが郷土にJリーグを目指して闘い始めたサッカーチームが現れたのです。女神様は競技する才能を私に与えなかった。しかし、それと引き換えに「サッカーを愛する才能」をふんだんに授けてくれたたことに気が付きました。そしてその才能を充分発揮できる宝物も与えてくれました。今、私の才能・・・サッカーを愛する才能・・・のすべては一つのチームに注がれています。そのチームの名前はわが郷土から初めて誕生しようとしているプロサッカーチーム・・・「カマタマーレ讃岐」。このチームとともに神様が与えてくれたミッションを果たすべくすすむ大冒険をブログにつづりたいと思います(笑)

よろしくお願いいたします

(=゚ω゚)ノ


このブログタイトルについて

初めてカマタマーレの試合を観戦した時に目にした古参サポーターさんたちの情熱。とても感動したのを覚えています。それ以後、彼らの熱い思いをいつまでも振り返れるよう、そして自分自身が忘れないようにこのタイトルをつけました。

飛行士業

しかし、モデルとなった原作「とある飛空士への追憶」のようにさわやかなブログには程遠く「暑苦しく、無秩序に取り乱した文章」を書き散らかされております。ご容赦ください。ちなみに筆者イメージも原作とは程遠く「飛空士」というより「低牛」のほうがイメージに合致します(笑)

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 

最新トラックバック

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR