明日は・・・・お願いしますね!!!

久しぶりの更新になってしまった

しかし、この間は充実した時間だった。

別に

絶望したわけでもなく

いやになったわけでもなく

もちろん、病気や怪我でもない。

サポーターというよりはボランティアとして

カマタマーレを盛り上げる企画に参加させていただいていただけである(笑)


その活動とはコレ!!

能町先生2

「能サポ」サッカー本大賞受賞祝賀会

おかげさまで50名近くの応募をいただいている。

当日はメディア取材の予定もある。

皆さん盛り上がっていきましょう~~~!!!



つまり・・・

ブログ書かずこの祝賀会の脚本を書いていたわけである。

これはこれで楽しかった。


少し予告させていただくと


能町先生をお迎えして親睦交流を図っていただくことメインにしているが

そのイベントをサポートする陣容は


メイン司会者   

地域リーグ時代からカマタマーレを知る某ケーブルメディアの女性レポーターさん

アシスタント司会

作品中最多登場のカリスマ・ボランティアI氏


企画

・お祝いビデオレター

カマタマーレのJFL時代の戦士で

今は世界中で活躍する数多の男達が多数(?)。


・取材当時のスライド上映会

・スペシャル・ゲスト登場

盛りだくさんの企画を用意している。


BGMもこれまでの道のりを思い出せる

サッカー関連曲で絞り込みする予定である。


今回参加いただける方には楽しみにしていただきたい。

ああ・・・自らハードルを上げてしまった・・・少し後悔(笑)


基本「素人の手作り」であることは否めない(笑)

ソコは・・・

皆さんご存知の通り・・・・

会費と一緒に「覚悟」を持参してきてほしい・・・笑


しかも、自身が楽しむことも忘れない男たちの企画であるので

どこかで「グタグタ感満載の宴」になる予感がプンプンする。


それでも現状カマタマーレの空気を吹き飛ばそうと

それぞれの担当が(仕事の合間のできる範囲で)頑張ったイベントである。

「楽しませる!!」とは約束できないが

楽しんでいただける仕掛けを最大のエネルギーは投入して「準備」した。

ある意味

カマタマーレサポ・ボランティアの現状めいいっぱいの

手作り企画である。


皆さん、明日の夜

試合が終わった後でお会いできる事楽しみにしている。

一緒に楽しみましょう~~~

■日時:
5月13日(土) 19:00~21:00(18:30受付開始)

■会場:
セント・カテリーナ(宇多津町浜1番町5-7)

地図はこちら
http://www.catherine.co.jp/map.html



能町先生1



最後にひとつお願いなのだが

いや、額に汗して懇願する訳だが・・(笑)

「今日だったのわすれてたたぁぁぁあああああ!!!!」

だけはなんとはお防ぎいただきたい。

試合の興奮そのままに帰宅してしまわないかが心配・・・・笑

万が一にもそんな方が10名いたら

予算は破綻し、結果大赤字・・・・・(汗)

しばらくアンパンのみの昼食になる運営ボランティアが続出するだろう・・・笑


参加予定の方々各々、ぜひ、お誘いわせの確認頂き

そろって元気に予定どうり

50人弱の参加者でこのイベント始められますようよろしくお願いいたします。

(お祈り・お願い・…懇願・・・・)

\(^o^)/




追伸

なになに・・・試合については??

何か心配あるだろうか??

2017シーズンをこのままでは終わらない。

ここから巻き返す。

私はそれを信じて疑わない。

そして慌てることもない。

この順位付近で勝ち点1どころか得失点1のレベルでしのぎを削る戦場は

ある意味ホームグランドである。

今日明日初めてこの焼けつくエリアに踏み込んだ

金満クラブではない。

長きにわたりそこで戦いつづけてきた戦闘民族

それがカマタマーレサポーターである。

その戦場で生き残り続けてきたのが

カマタマーレ讃岐である。

恐れることはない。



奮起せよ、讃岐サポーター

突破口を開け!!

そこを足掛かりに降格危険エリア脱出せよ。


私はみなさんの後ろでチケットをもぎる。

アウェイサポーターをもてなす。

これはボランティアの援護射撃だ。


俺たちがいる限り

讃岐はあと100年は戦える


IMG_9301.jpg






カマタマーレのブログたくさんあります!!

色々な角度からカマタマーレが語られてます。

ぜひのぞいてみてくださいね!!



にほんブログ村



試合前清掃ボランティア登録はこちらから

下記のアドレスに「からメール」を送信してください。

アドレス  35934711@ra9.jp

案内のwebアドレスがおくられてきます。

そのWEBサイトよりご登録ください。

たくさんお方のご登録よろしくお願いします。

もちろん登録だけしてボラはできる日だけでokです!!!


あくまで試合前任意に1時間程度お掃除をしてくれるボランティアさんの募集です。



カマタマーレ 正式 ボランティア  設営・1日のお申し込みは別です。

正規ボランティアのお申込みは公式ホームページからお申し込みくださいね。









コメント

笑顔

がくおさん

私は、明日は、家内と試合の応援に行ったあと、地元神社の春祭りに孫を連れて福引き等で楽しんできます!

先日の京都戦は負けましたが、一緒に行ったサポーターと道中サッカー談義等で盛り上がって楽しい一日が過ごせました(翌日の仕事は辛かったですが、、、笑)

今日も選手の状態(暗いか?)が心配で仕事の合間に練習見学に行きましたが、いつも以上に明るく楽しく練習していて安心しました!

カマタマーレ讃岐を応援するようになって、多くの方々と知り合いになり、今はチラシ配りや試合の応援をすることが楽しく自然と笑顔が出るようになりました(チラシ配りの写真を見ると年は隠せませんが、、、笑)

今はチームの成績は良くありませんが、まだ、今シーズンは30試合も残っており、全然、悲観していません!

選手には、自分の為に試合を楽しんで貰えれば、サポーターも勝敗に関係なく笑顔で、また、応援に来たいと思ってくれると思います!(Vスタッフされているがくおさんは見れないですが、負けた後、サポーター席に挨拶に来る選手は暗く、拍手する方、ブーイングする方、野次を飛ばす方等がおり、サポーターもどうしたら良いのか戸惑って入るようですが、私は今度の試合ガンバレと声を掛けています!)

出来れば、選手もサポーターもいつも笑顔になれたらと思っています!

いつも、忙しいのに、ブログ更新して貰って有り難く思っていますし、私も思っていることを書いていますので、返事は急ぎませんよ!

明日は行けませんが、皆さんと楽しんで『笑顔』いっぱいの交流会にしてください!

Re: 笑顔

みなさんのおかげで楽しい祝賀会になりました。
ありがとうございました。
しんちゃんも引き続き楽しんでくださいね。
非公開コメント

プロフィール

がくお 

Author:がくお 








2017年 チャント集

2017 カマタマーレ 選手チャント
2017 カマタマーレ 選手チャント posted by (C)がくお

2017 カマタマーレ チームチャント
2017 カマタマーレ チームチャント posted by (C)がくお

ブログサブタイトル 

2017 J1侵攻編

カマタマーレ讃岐公式ホームページ
コチラから


2013年6月30日以前のブログはこちらです
とあるサポーターへの追憶~カマタマーレサポーター日記~


にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 



小学生では水泳を習ってました。水泳の脚力アップにサッカーを習いましたがむしろサッカーの魅力に取りつかれました。しかし小学校5年生からのスタートはハンデでした。伸び盛りのゴールデンエイジにまだサッカーをはじめていないこと。インターネットなどがなく、今ほど理論的な指導はなく、スクールなどは充実していなかったことなど。何よりその才能はサッカーの神様に愛されているとは到底言い難いものだったこと(泣)。選手としてはMF、DF最後はゴールキーパーとして15歳の試合を最後に(中学総体時)に引退しました。

月日は流れ・・・

その後もサッカーは好きで代表戦やJリーグを中心にサッカーを見ていました。トッププレーヤーのため息が出るほどの美しいプレーを見るたび、自身の才能のなさを嘆くこともありました。なぜサッカーをすることにおいて、サッカーの女神は私を愛してくれなかったのか?(同じ名前なのに鹿島の柴崎君は愛されているようです・・・笑)その答えは40歳を過ぎた時に明らかになる出来事がありました。わが郷土にJリーグを目指して闘い始めたサッカーチームが現れたのです。女神様は競技する才能を私に与えなかった。しかし、それと引き換えに「サッカーを愛する才能」をふんだんに授けてくれたたことに気が付きました。そしてその才能を充分発揮できる宝物も与えてくれました。今、私の才能・・・サッカーを愛する才能・・・のすべては一つのチームに注がれています。そのチームの名前はわが郷土から初めて誕生しようとしているプロサッカーチーム・・・「カマタマーレ讃岐」。このチームとともに神様が与えてくれたミッションを果たすべくすすむ大冒険をブログにつづりたいと思います(笑)

よろしくお願いいたします

(=゚ω゚)ノ


このブログタイトルについて

初めてカマタマーレの試合を観戦した時に目にした古参サポーターさんたちの情熱。とても感動したのを覚えています。それ以後、彼らの熱い思いをいつまでも振り返れるよう、そして自分自身が忘れないようにこのタイトルをつけました。

飛行士業

しかし、モデルとなった原作「とある飛空士への追憶」のようにさわやかなブログには程遠く「暑苦しく、無秩序に取り乱した文章」を書き散らかされております。ご容赦ください。ちなみに筆者イメージも原作とは程遠く「飛空士」というより「低牛」のほうがイメージに合致します(笑)

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 

最新トラックバック

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR