サポの原点、我らの原点

もはや疲れ果てたのならばお休みしてもかまわない。

もはや応援できないなら長い時間をかけて回復すればいい。

回復できなくてもそれを恥じる必要はない。

皆さんの人生、

そのステージ・ステージで夢中になるものが変わる事

恥でもなんでもない。

むしろ素晴らしい出会いがあると思う。


故に

まだ戦えるエネルギーを持つサポーターよ。

集結せよ。

まだ折れてない刀を

尽きてない矢を持参し

ピカスタに集結せよ。


今回も、何も見返りはないかもしれない。

しかし、それでも戦えるサポーター達よ、

一緒に戦おう。

一緒にスタジアムをピカピカにして

CLさん達に合流しよう。

大声で歌い

全力で飛び跳ね

一緒に叫ぼう。



楽しくないか??

私は今とてもとても楽しい。

とても楽しみである。


ただ純粋にサッカーを見に行く。

純粋にカマタマーレを応援する。

純粋に選手を励まし支え背中を押す。

この事のみ純粋に楽しめる




この戦局にいたり

本来はサポーターが抱える必要のないミッションから

我らは自由になった。

もう、観客動員も友人お誘い活動もスタグルやイベントの充実も

そんなに関心はない。



すがすがしい

体一つ運び、一途に応援し、選手と一緒に闘えばいい。

腹が減ったらいつもの大好きなグルメを腹に詰め込み

戦うガソリンにしてしまえばいい。


こんなグルメがあれば・・・・

こんなイベントほしい・・・・・

どうしたらお客さん増えるのだろう・・・・

全部横においておこう。


これぞ本来の

純粋な

純度100%の

フットボール・サポーターの醍醐味

今日、カマタマーレと共に戦う

これだけでいい。


これでいいんだ

これが本来のサッカーの楽しみ方である。

もし、

たった一つの「讃岐を応援したい」というテンションに共鳴して

スタジアムにはじめて訪れる人がいたら、

それが本物の観客増である。



残存艦艇に告ぐ

集結せよピカスタに

今節我ら釜軍は反転攻勢にでる。

集結場所     ホームスタジアム ピカラスタジアム

最終集結時刻  7月1日 19:00


全艦艇集結せよ。

全艦艇集結せよ。

全艦艇集結せよ。



IMG_9533.jpg












カマタマーレのブログたくさんあります!!

色々な角度からカマタマーレが語られてます。

ぜひのぞいてみてくださいね!!



にほんブログ村



試合前清掃ボランティア登録はこちらから

下記のアドレスに「からメール」を送信してください。

アドレス  35934711@ra9.jp

案内のwebアドレスがおくられてきます。

そのWEBサイトよりご登録ください。

たくさんお方のご登録よろしくお願いします。

もちろん登録だけしてボラはできる日だけでokです!!!


あくまで試合前任意に1時間程度お掃除をしてくれるボランティアさんの募集です。



カマタマーレ 正式 ボランティア  設営・1日のお申し込みは別です。

正規ボランティアのお申込みは公式ホームページからお申し込みくださいね。



俺たちがカマタマーレ

戦局悪化

多大なるメンタル損耗につきボランティアは減少中とのこと

しかし

しかし

こんな時ほど胸を張り、明るいテンションで

カマタマーレの救援に赴くことはわれらの「誇り」である

絶体絶命のピンチこそ颯爽と現れ

死力を尽くし

傾いた艦艇の復元に

命燃やせる好機を得たのだ。

私は喜んで馳せ参じよう。

今こそその栄誉を得るチャンスなのだ。

連勝中に駆け付けることよりずっと苦しい

だけど我らの声を力を必要としてくれる今こそ

胸を張って駆け付けよう。



陥落寸前の城だからこそ

包囲された孤軍だからこそ

全軍を持って

持てる戦力総てを持って来援し

その窮地を救う戦いに参加したい。

それは

ボランティアでなくていい

事前清掃でなくてもいい

チラシ配りでなくていい

今できる事をできる人すべての戦いである

必ずこの窮地を脱出できる。


諦めた時が本当の敗北である。

次は何か変わるかもしれない。

それまでの経験は、意味は

うまくいかない方法を見つけたに過ぎない。



19位  ロアッソ熊本       勝ち点15

20位 カマタマーレ讃岐    勝ち点13

21位  レノファ山口FC     勝ち点13

22位  ザスパクサツ群馬   勝ち点13


まだ何も失っていない。

残留戦線のど真ん中で戦っている。

我らはまだ戦える。



昨日の敗戦後のつぶやきをもう一度繰り返したい。

何処までもいつまでも戦う。

この夢の舞台に押し上げてくれた数多の讃岐戦士のために戦う。





見ておれ悪魔め、

わしは命ある限り戦うぞ。

決して絶望はしない。

例え最後の1人になっても、わしは絶望しない。

fc2blog_20170626151526efc.jpg



監督、選手、スタッフ、フロントの皆さん

私は絶望しない

カマタマーレは強く美しいサッカーをする事を知っている。

もう一度一緒に戦おう。


なに、命まではとられない。

人生がここで終わるわけでもない。

ただ勝利への布石を淡々と積み重ね

全力で闘えばいいのだ。

私は両手いっぱい広げて

その結果を受け止めよう。


勝ってほしいのではない。

挑戦してほしいのだ。


お耳汚し・・・失礼(笑)




カマタマーレのブログたくさんあります!!

色々な角度からカマタマーレが語られてます。

ぜひのぞいてみてくださいね!!



にほんブログ村



試合前清掃ボランティア登録はこちらから

下記のアドレスに「からメール」を送信してください。

アドレス  35934711@ra9.jp

案内のwebアドレスがおくられてきます。

そのWEBサイトよりご登録ください。

たくさんお方のご登録よろしくお願いします。

もちろん登録だけしてボラはできる日だけでokです!!!


あくまで試合前任意に1時間程度お掃除をしてくれるボランティアさんの募集です。



カマタマーレ 正式 ボランティア  設営・1日のお申し込みは別です。

正規ボランティアのお申込みは公式ホームページからお申し込みくださいね。





798人の宴



幸運にも観戦できた。

お客様のオーダーが当日夕方締切なら観戦できなかった

五分五分の会社から直行状況で

出勤の朝にレプユニの持参を忘れた。

参戦できる事になってから大急ぎでカマタマ本社でタオマフを購入し

ニンスタへ向かった。

カマタマ担当Oさん忙しい時に手を止めさせてごめんね。

感謝感謝感謝。


スタジアム到着は6:45分

喫煙所でY先生と出会いご挨拶。

「僕らがこんだけきても来ても日本経済は回る!!」と先生。

誠におっしゃる通りである。

寧ろ消費活動で日本経済を支える。

チケット代、高速代、ガス代・・・おそらく帰りはSAでご飯食べる。

1万円以上の消費活動である。

カマタマーレサポは日本経済をも支える(笑)



急ぎスタジアムに入る

すでに到着している面々

IMG_9757.jpg

ど平日の夕方にこれだけ集まるのは立派

シャツ・スラックスのタオマフだけの私は冷やかされる

「いやぁ・・・出張で偶然来てて・・・」とお約束のボケを口走る


みんな楽しそう

これでいいのだ


仕事柄思うことがよくある。

仕事で必要なものはお金でも時間でもスキルでもない

画期的な「アイデア」である。

そのアイデアは絶対「遊び」の中でしか育まれない。

だから仕事と同じぐらいのウエートで時間を使い遊ばねばならない。

しっかり今日来た人は胸を張ればいい。

この経験は仕事や人生に必ずプラスの祝福をもたらす。

「絶対、仕事と遊びの関係はリンクしている」

と思うのが社労士としての持論である。(笑)


798人

写真を撮り損ねたがこれはこの試合の観客数である。

敵も味方もすべて含めて1000人を大幅に割る。

スタジアムにはグルメもない

アウェイ座エリア指定もない

JFL時代を思い出す。

歴戦のサポさんは「いや・・・地域リーグを思い出す」とのこと。

そんなののどかな雰囲気

そして風景が広がる。

IMG_9756.jpg


さて、精鋭100名のカマタマーレサポーターは奮戦した

愛媛側もコアスペースにはいいところ200人ぐらいとお見受けする。

声量比べではハンデにはならない。

寧ろ精鋭が集っているわが方が有利か?

カマタマーレ側はいい声がスタジアムに反響する。

今日はアナウンスもいつもと違い控えめなので

声がよくこだまする。

ツイッターで「讃岐応援かっこ良かった!!」とお褒めの言葉もいただけた。

よくまとまり、必死の声援がこだましていたものと思う。

試合中の風景
IMG_9760.jpg


試合は前半やや押し込まれ気味に見えた。

しかし、ボールを奪うと少ないタッチで前線へボールを送る。

しかし少ないタッチで送るボールの精度が落ち着かない

タッチを割るかプレゼントパスになる。

これが何度か繰り返される。

狙いはわかるのだ。

これが通ればビックチャンスはわかっている。

ゲームなのでその試みが100%成功するわけではない。

そこは問題ない。

いまは我慢・・・・

しかし

「これから!!」というタイミングでロストが続くと

何か応援も勢いがそがれてしまう。


ただその状況を足力で打開すべく 

前線の森川・福家・そしてアランが

懸命に駆け回り、ボールを追いかける。

であれば

いつかこのワンタッチの速いボール回しが

得点に結びつくと信じて声を枯らすサポーター

森川、福家が得点する事への期待・・・いや願いを込めて歌う。


勇気がわく事はDF陣

常トレーニングマッチのメンバーで連携が取れているのか

ペナルテーイエリア内では高さで

グラウンダーのパスには体を張り

ゴールを割らせない。

そならばとミドルレンジから放たれるシュートはGK松原が懸命のセービング

前半は危ない場面も有ったが上出来の0-0で終える。


ハーフタイムはグルメがあるわけでないので

喫煙所のそばにある自販機で給水

あれこれ後半の展望を話す。


後半はセットプレーで先制

これはこう着した戦況を

永田・仲間の同時投入により

一気に主導権を奪取した監督の名采配と思う。

前半頻発した単調なパス交換が

仲間のボール保持で落ち着き

永田の機転の利いたパスや散らしも

前半とは違うリズムを作る。

明らかにペナルティーエリアの侵入が増え

いい位置のでのセットプレーが取れ始める。

その流れで掴んだCKを見事に決めて先制。


先制弾!!!

おお!!!

沸き立つ讃岐エリア

みんなでハイタッチ

抱き合い喜ぶ。


この後もしばらく讃岐の時間は続く

後半15分から守りに入った感じではない。

明らかに追加点を奪おうとトライしている。


ただ敵将も老獪である

戦局を変えるべく失点後

レギュラークラスを続けざま投入

これがじわりじわりと流れを引き戻される結果となる

明らかに反対側のサイドで繰り広げられる守備的な時間が

ひとプレー多く、長くなったイメージ

もちろん讃岐側も

得点と同じクォリティ-の攻撃を継続してたように思うが

押され気味の感はあった。


結果 

82' 丹羽 詩温 選手
86' 有田 光希 選手

に立て続けに決められ逆転を許す。


再逆転というかもう一度主導権奪取を試み

讃岐は馬場選手までも投入する。

短時間ではこれを変えるに至らず無念。

タイムアップ。


正直、決着が必ずつくトーナメント。

再度追いつけば延長で再逆転も期待できる。

史上初のPK戦まであり得る。

最後まで勝利の可能性が残る

トーナメントのノックアウト方式の試合に

いつもと違いワクワクした。


いや・・・最後まで勝利の可能性が残る試合はいい。

いつまでも夢見ていられる。


IMG_9765.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

しかし負けてしまった。

今年のサッカーの神様はいろいろ試練を用意頂いているようである。

悔しくないわけはない。

けど、みんな歯を食いしばり、

挨拶にきた選手に何とか拍手

絞り出すように「リーグ戦頼むぞ!!」との激励

割れんばかりの拍手ではない

唇かみしめ「ぱちぱちぱち」その中で散発的な激励である。

それでも野次・誹謗中傷はなし。

少なくとも私には聞こえない。

そしてこれも絞り出すかのように最後にカマタマーレコール。


ええ

ええ


何ぼでも絞り出してあげますよ。

このクラブを見つけて育み愛し続けたいと思った時から

その覚悟はできています。

少なくともここに集う100名はそうなのだと思います。

色々ご批判もあるかと思いますが

絞りとるように作ったあのカマタマーレコール

今年の天皇杯のアンセムにかぶせて思い出にします。


お祭りは終わりました。

少し早いけど。



そして最後のCLさんお言葉が沁みました。痺れた。

今日集まったサポーターを見渡し大きな声で一言

「帰ろう!!!」

「おお!!!」

我らはまだまだ戦えます。


IMG_9767.jpg



2012年この曲を背に鳥栖と戦い浦和と戦った。

遮二無二に純粋に戦いつづけた。

あのすばらしい思い出があるなら

私は今日の敗戦も受け入れられる。

なんのまだまだこれからだ!!

いつかこの頂点に立ってみせる。

戦え、総てのカマタマーレにかかわる漢達!!

もちろん女たちも(笑)

皆さんお疲れ様でした








カマタマーレのブログたくさんあります!!

色々な角度からカマタマーレが語られてます。

ぜひのぞいてみてくださいね!!



にほんブログ村



試合前清掃ボランティア登録はこちらから

下記のアドレスに「からメール」を送信してください。

アドレス  35934711@ra9.jp

案内のwebアドレスがおくられてきます。

そのWEBサイトよりご登録ください。

たくさんお方のご登録よろしくお願いします。

もちろん登録だけしてボラはできる日だけでokです!!!


あくまで試合前任意に1時間程度お掃除をしてくれるボランティアさんの募集です。



カマタマーレ 正式 ボランティア  設営・1日のお申し込みは別です。

正規ボランティアのお申込みは公式ホームページからお申し込みくださいね。





「ご苦労だがもう一度行ってきてくれ」

明日の試合、

どういう位置づけかというと悩ましい。

正直、リーグ戦の戦局が思わしくない。

いや、かなり重要な局面である。

このトーナメント=天皇杯に全力投球する事には

正直躊躇を覚える。


もちろんベスメン規定は尊重される。

しかし主力は3日前に大分で戦ったばかり。

コンディションを考えれば

出場機会に恵まれない選手たち=ベスメンだろう。


ある程度、経験の浅い「若きカマタマーレ」で戦うしかない。

最も相性の悪い難敵「愛媛FC」とである。

老獪なヒグマvs若い狼 の戦いかもしれない。


正直

戦前の予想は「敗色濃厚」かもしれない。

けどね

けどね

何かを変えることのできる「戦い」と信じる。

はじめて愛媛に黒星をつけ

リーグ戦の躍進のヒーローが誕生するかもしれない。


サポも平日の夕方・・少なくとも4時ごろに仕事をきり上げれる力と

つい3日目に通り抜けた高速道をもう一度往復する根性が必要。。

(大分遠征は実質 香川~愛媛・八幡浜 の往復のイメージ)


それでもカマタマーレが戦うなら

私も最大限の努力をして応援の列に加わりたいと思う。

正直、ニンスタに赴けるか否かはわからない。

けれど最後の瞬間まで今節の攻撃隊に加われるよう頑張ってみる。







映画 連合艦隊

空母瑞鶴の甲板で

連戦で少なくなった飛行機と

搭乗員を前にして出撃前の訓示

飛行機は傷つき、搭乗員は疲れている。

敵艦船は優秀なレーダーとハリネズミのような対空砲を備える。


飛行隊長

「あと一押し・・ご苦労だがもう一回行って来てくれ」

全員笑顔で答礼



カマタマーレサポーターで出撃可能な方々へ天の声が・・・・

「ご苦労だが明日もう一度行ってきてくれ」


( ̄^ ̄)ゞ

(`・ω・´)ゞ (`・ω・´)ゞ (`・ω・´)ゞ 了解!!

・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・

エンジン、まわせぇぇえええええ!!!!!


行く気満々ジャン・・・おれ・・(笑)



ニンスタ ナイターはこんな感じです。

IMG_5966.jpg




カマタマーレのブログたくさんあります!!

色々な角度からカマタマーレが語られてます。

ぜひのぞいてみてくださいね!!



にほんブログ村



試合前清掃ボランティア登録はこちらから

下記のアドレスに「からメール」を送信してください。

アドレス  35934711@ra9.jp

案内のwebアドレスがおくられてきます。

そのWEBサイトよりご登録ください。

たくさんお方のご登録よろしくお願いします。

もちろん登録だけしてボラはできる日だけでokです!!!


あくまで試合前任意に1時間程度お掃除をしてくれるボランティアさんの募集です。



カマタマーレ 正式 ボランティア  設営・1日のお申し込みは別です。

正規ボランティアのお申込みは公式ホームページからお申し込みくださいね。





アウェイの洗礼 ~いや、喜んでいただいた方が・・・・~



土曜日はお仕事の方も多い

なかなかアウェイには行けないと思う。

しかし、157名の讃岐サポータが大銀ドームに集う。


19:00キックオフは

讃岐からの行程上ほとんどの方が海路を使う。

22:00以後の愛媛への船便は相当限定されるから

後泊する必要性も出てくる。

この条件下でよく157名も集まったものである。.゚+.(・∀・)゚+.

IMG_9744.jpg


実際21:00試合終了時

何人の方が10:00発の九四フェリーに乗るために

スタジアムを大急ぎで後にする。

佐賀関に無事到着できたのだろうか

とても心配した。

CLさんもそこを心配したか

〆のあいさつで

「まず、帰りましょう。フェリーの時間迫ってる人は急いで出発して!!」

という趣旨の言葉を投げかけていた。

「まずは安全に無事に帰ろう、後片づけはいいから!!」という意味だと思う。

何人かその言葉を聞いてすぐにアウェイエリアを離れた。



私は比較的時間に余裕あったので片づけ手伝って離れる。

そして少し離れた駐車場へてくてく1人歩く

周りは大勢の大分サポさん&応援のお客さん。

この賑わいのなかでは

私のいで立ちは目立つようである。

そりゃ7000人弱の観客数の中

157名しか讃岐レプユニを着たものはいないのだから仕方ない。(笑)

私の周りだけ人が近づけないバリアーが張られているよう。

同一方向を大勢で歩いているのに私の周りには人が寄りつかない。

これは今まで経験したことがない。

Cスタの帰り道なんかはもうぎゅうぎゅうで

勝とうが負けようが岡山サポ讃岐サポが連なって歩く。

しかしここでは

大分サポさん達が気を遣ってくれているのかわかる。

私の存在に気が付くと

声のトーンや歓喜のテンションを抑えて通り過ぎてくれる。


考えすぎかもしれないが

大分サポさん達はみんないい人たちである。

勝者のマナーとでもいうのか振る舞いが素晴らしい。

これまで経験したことのない事だった。

・・・が同じサポーターとしては「遠慮なく大いに盛り上がっていただきたい」と思う。(笑)


もちろん大分サポさんは素晴らしいが

このあたりがJリーグの日本人の素晴らしい所なのかもとおもった。


それとも昨年の経験が更に大分のサポーターを強くたくましくしたのだろうか・・・

そんなことを思った。

IMG_9719.jpg




駐車場は丸亀と同じく無料

しかし来場数はピカスタの倍以上である。

当然、駐車場を出るには時間がかかる。

私は

「あらかじめゆとりある便(23:50発)にしておいてよかった~~~」

とか思いのんびり駐車場出口ヘのながれに車を乗せた。

徐々に徐々に車は前進していて

船の事がなければだれもイライラはしないだろう。

駐車場脱出後も

週末なので大分市内は大変な賑わい

そこをなんとか通り抜け

ようやく10:30に船着き場である別府港が見えるところのまでたどり着く。

そしてにぎやかなラーメン屋さんを見つけた。

「せっかくやから九州ラーメン食べて帰らんと!!」

そんな思いでにぎやかならラーメン屋さんにはいる

しかし

しかし

ドアをあければそこにも大分サポさん達(笑)

中の一人と目が合う

先方は「おっ」という反応。

私はそれ以上気づかれないよう

私はそそくさカウンターの一番奥に座る。

宴の邪魔はしたくないし

なにやら大分さんも久々の勝利ともうかがっている。

大いに盛り上がってほしい。

水差したくない。(笑)

心からそう思い身を隠す。


・・・・・だがそれ以上そのラーメン屋さんはぷっつり喧騒が途切れ

何時の間にか彼らはお店から姿を消していた。


ああ・・・・お気遣い感謝

敗者へのリスペクト感謝


しかし・・・そこまで気を遣わんで大いに飲んで騒いでくれ~~~~~

なんかこっちが申し訳なくなってきた~~~(笑)

優しすぎる~~~


更にやけ食い気味においしいラーメンをいただく事になったのは言うまでもない。

案外これこそ最も堪えた強烈なアウェイの洗礼だった・・・・・

大分サポさんりがとう。

_(:□ 」∠)_

IMG_9749.jpg







カマタマーレのブログたくさんあります!!

色々な角度からカマタマーレが語られてます。

ぜひのぞいてみてくださいね!!



にほんブログ村



試合前清掃ボランティア登録はこちらから

下記のアドレスに「からメール」を送信してください。

アドレス  35934711@ra9.jp

案内のwebアドレスがおくられてきます。

そのWEBサイトよりご登録ください。

たくさんお方のご登録よろしくお願いします。

もちろん登録だけしてボラはできる日だけでokです!!!


あくまで試合前任意に1時間程度お掃除をしてくれるボランティアさんの募集です。



カマタマーレ 正式 ボランティア  設営・1日のお申し込みは別です。

正規ボランティアのお申込みは公式ホームページからお申し込みくださいね。






プロフィール

がくお 

Author:がくお 








2017年 チャント集

2017 カマタマーレ 選手チャント
2017 カマタマーレ 選手チャント posted by (C)がくお

2017 カマタマーレ チームチャント
2017 カマタマーレ チームチャント posted by (C)がくお

ブログサブタイトル 

2017 J1侵攻編

カマタマーレ讃岐公式ホームページ
コチラから


2013年6月30日以前のブログはこちらです
とあるサポーターへの追憶~カマタマーレサポーター日記~


にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 



小学生では水泳を習ってました。水泳の脚力アップにサッカーを習いましたがむしろサッカーの魅力に取りつかれました。しかし小学校5年生からのスタートはハンデでした。伸び盛りのゴールデンエイジにまだサッカーをはじめていないこと。インターネットなどがなく、今ほど理論的な指導はなく、スクールなどは充実していなかったことなど。何よりその才能はサッカーの神様に愛されているとは到底言い難いものだったこと(泣)。選手としてはMF、DF最後はゴールキーパーとして15歳の試合を最後に(中学総体時)に引退しました。

月日は流れ・・・

その後もサッカーは好きで代表戦やJリーグを中心にサッカーを見ていました。トッププレーヤーのため息が出るほどの美しいプレーを見るたび、自身の才能のなさを嘆くこともありました。なぜサッカーをすることにおいて、サッカーの女神は私を愛してくれなかったのか?(同じ名前なのに鹿島の柴崎君は愛されているようです・・・笑)その答えは40歳を過ぎた時に明らかになる出来事がありました。わが郷土にJリーグを目指して闘い始めたサッカーチームが現れたのです。女神様は競技する才能を私に与えなかった。しかし、それと引き換えに「サッカーを愛する才能」をふんだんに授けてくれたたことに気が付きました。そしてその才能を充分発揮できる宝物も与えてくれました。今、私の才能・・・サッカーを愛する才能・・・のすべては一つのチームに注がれています。そのチームの名前はわが郷土から初めて誕生しようとしているプロサッカーチーム・・・「カマタマーレ讃岐」。このチームとともに神様が与えてくれたミッションを果たすべくすすむ大冒険をブログにつづりたいと思います(笑)

よろしくお願いいたします

(=゚ω゚)ノ


このブログタイトルについて

初めてカマタマーレの試合を観戦した時に目にした古参サポーターさんたちの情熱。とても感動したのを覚えています。それ以後、彼らの熱い思いをいつまでも振り返れるよう、そして自分自身が忘れないようにこのタイトルをつけました。

飛行士業

しかし、モデルとなった原作「とある飛空士への追憶」のようにさわやかなブログには程遠く「暑苦しく、無秩序に取り乱した文章」を書き散らかされております。ご容赦ください。ちなみに筆者イメージも原作とは程遠く「飛空士」というより「低牛」のほうがイメージに合致します(笑)

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村 

最新トラックバック

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR